第二新卒もアクセンチュアに転職可能!転職難易度や選考・面接内容を紹介

第二新卒もアクセンチュアに転職可能!転職難易度や選考・面接内容を紹介

第二新卒でアクセンチュアへの転職を考えている方もいるでしょう。アクセンチュアの第二新卒採用は、選考基準のレベルが高いため、難易度も高いです。そこで、今回は第二新卒でアクセンチュアへの転職を成功させるための情報をご紹介いたしますので、参考にしてみてください。

アクセンチュアへ第二新卒で転職!難易度や選考内容を調査!

https://www.green-japan.com/job/38952

本記事では、「アクセンチュア」という企業の特徴についてや、事業内容、転職情報について紹介します。

転職の際には企業の事業、取り組みについての情報を知っておくことが重要です。
企業について最低限の情報をしっかり身に付けておきましょう。

実際に進められる採用の進み方や、転職の際のポイント、アクセンチュアが求める人物像などの情報をまとめていますので、アクセンチュアという企業に興味のある方は是非ご覧ください。
 

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

アクセンチュアとは

アクセンチュアの強みや事業の内容について紹介します。

企業の事業分野や領域展開、働く環境についての情報を頭にいれて、自分に合った企業であるかを確認しましょう。

アクセンチュアはグローバル展開をしている企業であるため、社内の雰囲気についても紹介します。

アクセンチュアとは

  • アクセンチュアの特徴
  • アクセンチュアの事業内容
  • アクセンチュアは第二新卒で転職が可能

アクセンチュアの特徴

アクセンチュアは、さまざまな分野や産業に対応している世界最大級のコンサルティングファームです。

2020年の時点では、従業員数が世界で53万人を超え、世界51ヵ国200都市以上に拠点を抱えています。

これほどの大規模の企業で数多くの従業員数を抱えているのにもかかわらず、従業員への投資を惜しみなくするのがアクセンチュアの特徴です。

その中でも、社内SNSなど、社員同士でやりとりできるツールが発達しています。社内SNSとは、業務に関する質問をしたり共有ができるツールです。

そのため、社内SNSを使って「ここがわからないのですが、教えてくれませんか?」などの質問をすれば、アクセンチュアの社員の誰かがすぐに回答してくれる仕組みがあり、非常に仕事がしやすく成長できる環境が整備されている会社だと言えます。

アクセンチュアの事業内容

アクセンチュアでは、「ストラテジー & コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」の4つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供しています。

コンサルティングでは、戦略の策定から実行までを一貫して行っているため、幅広い業務を経験することが可能です。

また、世界120ヵ国以上にクライアントを抱えており、グローバルに活躍することもできます

アクセンチュアは第二新卒で転職が可能

アクセンチュアでは第二新卒での転職が可能です。

社会人経験が半年以上4年未満の方であれば、第二新卒採用枠の求人に応募できます

また、第二新卒枠で入社後は、世界水準の研修プログラムやビジネス最前線のプロジェクトに参加することが可能です。

アクセンチュアの第二新卒の求人

アクセンチュアの第二新卒募集職種、募集時期についての内容をまとめました。
職種については、業務内容についても紹介します。
どんな業務内容なのかを理解し、自分のやりたい仕事ができるのか確認しましょう。
 

アクセンチュアの第二新卒の求人

  • 第二新卒で募集されている職種
  • 通年で採用

第二新卒で募集されている職種

現在、アクセンチュアの第二新卒で募集されている職種は、以下の通りです。

  • ビジネス・テクノロジーコンサルタント
  • ソリューション・エンジニア
以下は、それぞれの職種の業務内容です。

ビジネス・テクノロジーコンサルタント

ビジネス・テクノロジーコンサルタントとは、顧客である企業や公的機関の複雑化するビジネス課題に対し、変革のリーダーとして改革の筋道を描き、先端テクノロジーを活用してプロジェクトを推進・実行するのが仕事です。

ソリューション・エンジニア

高いIT開発専門性に基づいてIT戦略/ビジネスグランドデザインをシステム仕様へ落とし込み、多種多様な技術要素を組み合わせてスピーディに高品質なシステムを構築するのが仕事です。

通年で採用

アクセンチュアは第二新卒採用を通年で行っています。

一年中いつでも応募ができ、自分が転職活動を始めたいタイミングで始められます

そのため、第二新卒でアクセンチュアへの転職を成功したいのであれば、しっかりと事前に準備をしてから求人に応募するようにしましょう。

アクセンチュアへ第二新卒で転職の難易度

アクセンチュアへの転職難易度はどのくらいなのか、応募資格や採用に有利になる資格などについて紹介します。

求められる資格、スキルをしっかり確認し応募しましょう。

アクセンチュアへ第二新卒で転職の難易度

  • 倍率は10倍以上
  • 必要な学歴は?
  • 英語力は必須か?

倍率は10倍以上

アクセンチュアの第二新卒採用の倍率に関する公式の発表はありませんが、10倍以上の倍率であると言われています。

世界最大級の規模を誇るコンサルティングファームですので、それほどの人気があってもおかしくないと言えるでしょう。

必要な学歴は?

アクセンチュアでは、職種によって学歴が問われない場合もあります。

一般的に戦略系の職種は学歴を問われる傾向がありますが、それ以外の職種であれば学歴を問われないことがほとんどです。

ただし、内定が貰えるののは、MARCHや関関同立以上の学歴を持っている方が多いです。

他のコンサルティングファームだと東大や一橋、早慶といったトップレベルの学歴を持つ方の採用がほとんどであるため、アクセンチュアは他のコンサルティングファームより学歴のフィルターの基準が低いと言えます。

英語力は必須か?

アクセンチュアは外資系コンサルティング会社ですが、英語能力に関して強く求められていません。

ですが、外資系企業に就職するのであればTOEICスコアは700点台を持っている方が良いです。

外資系を目指すのであれば勉強しておくことをおすすめします。


 

アクセンチュアで働くやりがい

アクセンチュアは、バーチャルな組織体制でグローバルな社風があることから、個々のスキルが高く、優秀な人材が多い環境であるため、刺激を多くもらえます。

また、大手企業をクライアントとしているため、大きな案件を担当するチャンスが多いです。

率先して仕事を取りに行くモチベーションを持って挑むことで、さまざまな経験と自身の成長を感じられる職場環境となっています。

アクセンチュアへ第二新卒で転職の選考・面接内容

アクセンチュアの転職を進めるにあたり、流れや必要な準備について確認しましょう。

選考の際に、面接が特に重視されるので、面接対策をきちんとしておく必要があります。
面接の内容例についても紹介していますので、チェックしてみてください。

アクセンチュアへ第二新卒で転職の選考・面接内容

  • 選考フロー
  • 面接内容例
  • 準備しておくと良いこと

選考フロー

アクセンチュアの第二新卒採用で行われる選考フローは以下の通りです。

 

Step.1 Webテスト(玉手箱)
Step.2 1次面接
Step.3 2次面接
Step.4 3次面接/内定

アクセンチュアのWebテストは、短い時間で多くの問題を処理する能力が求められる玉手箱形式です。

言語・計数・性格検査の3つの内容から成り立っており、しっかりとした対策が必要になります。

面接は、1次面接と2次面接の2回で終わる場合がほとんどですが、場合によっては3次まで続く場合があるそうです。

もともと2次面接まで行われる予定だったのにもかかわらず、3次面接まで行われた場合は、他の部門での適性があるか判断されてることが考えられます。

そのため、予定されていた面接回数よりも多く面接が行われる際は、不安にならずにありのままの自分を話すようにしましょう。

面接内容例

アクセンチュアはコンサルティングファームですので、面接では論理的思考が優れているかどうかを判断されます

論理的思考を判断するために、以下の2つのパターンの面接を用意しているのがアクセンチュアの面接の特徴です。

  • グラフなどの資料を提示され、その資料について一緒に議論していく形式
  • 与えられたケース問題を30分で解決し、その後プレゼン
では、それぞれについて詳しく説明していきましょう。

グラフなどの資料を提示され、その資料について一緒に議論していく形式

この面接形式では、論理的思考力だけではなく、素早い判断力があるかどうかも判断されます

面接では次々に質問が飛んでくるため、急いで答えたくなってしまいがちですが、落ち着いて考えることが重要です。

面接では、質問された直後に答える必要はなく「考えるため30秒時間をください」など、回答の論理が破綻しないよう冷静に対応する必要があります

質問の例は以下の通りです。

例:競合他社2社の業績を見せられた後に「業績を見てどのような状態が読み取れるか?」「それぞれの会社で解決しなくてはいけない問題は?」などの質問が聞かれる

与えられたケース問題を30分で解決し、その後プレゼン

こちらの面接形式では、論理的思考力とプレゼンの能力があるかどうか判断されます

プレゼンの時間は5分から10分と短いので、正確かつ要点を端的にまとめることが重要です。

コンサルティングファームはどれだけ良い施策や問題の解決方法ができたとしても、クライアントに上手く説明できなければ意味がありません

そのため、面接の時点でどれだけのプレゼン力があるか判断され、内定を貰うには印象に残る良いプレゼンをしなくてはいけないと言えます。

また、論理的思考力においても30分と長い時間を貰っているので、論理が破綻せずに確実にケース問題を解決する必要があります。

質問の例は以下の通りです。

例:「少子高齢化の解決方法」というお題を30分考えた後に、面接官にプレゼン

準備しておくと良いこと

アクセンチュアの面接は、一般的な企業と比べると特徴的な面接であると言えるため、準備しておくと良いこともある程度決まってきます。

転職を成功させるために、準備しておくと良いこととして挙げられるのが、練習問題の反復です。

アクセンチュアの面接の質問は、内容が異なるものであっても、論理的思考を求める問題ですので、ある程度似通った部分があります。

そのため、インテリゴリラなどに掲載されているアクセンチュアが過去に出した質問例を参考に、さまざまな質問の問題を解いておくことが重要です

また、特徴的な質問以外にも一般的な企業で問われる以下のような質問の答えも用意しましょう。

  • どうしてコンサルティングファームに入社したいのか?
  • アクセンチュアに入社したい理由は?
  • なぜ他社のコンサルティングファームではないのか?
  • コンサルタントになりたい理由は?
  • アクセンチュアにはどのようなイメージがありますか?
  • 入社後のキャリアプラン・人生の展望は?
  • 他に興味のある業界や企業はあるか?
一般的な質問と言っても、コンサルティングファームということで、他の企業や業界に関する質問もされるのが特徴です。

その他の質問は、志望動機やキャリアプランなどの他の企業と変わらない一般的な質問だと言えます。

以上のような質問にも対応できるよう、事前に準備をしっかりとしておきましょう。

アクセンチュアは転職後の異動が可能?

アクセンチュアの社内での異動は、上司に相談の上承諾を得ることができれば手続き後に可能となります。

しかし、異動先にネゴシエーションしておくことが必要となる可能性があります。

また、部署が違うと転職のような形になるので面接があります。

 

アクセンチュアの平均年収

アクセンチュアの平均年収は867万円程度と言われています。
 

アクセンチュアの給与制度は、賞与か残業代がもらえます。
アナリストやコンサルタントは、残業代は出ますが、働き方改革により月40時間以上の残業はできず、賞与はもらえません。
また、マネージャー以上の役職は、残業代はもらえなくなる代わりに、賞与がもらえます。


 

アクセンチュアでの働き方

アクセンチュアで働くにあたり、社内の雰囲気や環境がどのようなものなのか下記に4つのポイントでまとめましたので紹介します。

自分が実際に働くことをイメージしてみてください。

アクセンチュアでの働き方

  • 社風
  • 激務度
  • 働きやすさ
  • 福利厚生

実力主義の社風

アクセンチュアは実力主義の会社です。

実力があり経営陣に認められれば若くても給与は高く、昇進する可能性があります。
ですが、実力がなければ会社に居づらい思いをしたり、辞めて欲しいと退職勧奨を受ける可能性があります。


 

激務度はプロジェクトによる

アクセンチュアのようなコンサルティングファーム業界は激務であると言われています。
その理由は、任されるプロジェクトが自分の専門分野であるとは限らないため、情報収集を十分に行う必要があります。また、企画が通るまでの時間も要し、クライアントとの連携ために何度も足を運ぶ必要もあるので、激務と言われることがあります。

現在の労働環境は、働き方改革により改善途上の業界ですが、労働負荷が高い分、知識や経験を得られたり高収入であったりというメリットがあります。
 

フレックス制度があり働きやすい

アクセンチュアでは、一定の条件を満たすことができれば、下記3つのいずれかの働き方の制度を利用することができます。

フレックス制度:標準総労働時間内での始業・終業時間の自主決定
在宅勤務制度:業務内容に合わせた在宅での勤務
短日短時間勤務制度:週3日以上・週20時間以内の勤務時間設定

充実している福利厚生

アクセンチュアでは、下記の福利厚生が設けられています。

確定拠出年金制度:給与の5%を毎年拠出、早期退職金としても可
従業員株式購入プラン:アクセンチュアの株式社員割引
長期収入所得補償:病気や怪我の際、最大5年間年収の60%補償
法人会員及び契約施設・ホテル等の割引特典:ホテル等での社員割引
ポイント・割引サービス:健康保険経由でポイント付与
健康サポート:年1回の健康診断、カウンセリング支援など
 

アクセンチュアへの転職が向いている人

アクセンチュアへの転職が向いている人は、テクノロジーに興味がある人です。

アクセンチュアが現在関わっている案件は、IT技術やデジタルに関係するものがほとんどですので、テクノロジー領域を専門としてコンサルティングをします。

当然、コンサルタントとして仕事をするので、戦略に興味がある人もアクセンチュアに向いていると言えます。

そのため、最新のテクノロジー技術に興味があって、コンサルタントになりたい人は、アクセンチュアへの転職を考えてみると良いでしょう。

企業が第二新卒に求めていることとは?

企業が第二新卒に求めていることとは?

  • コミュニケーション能力の高さ
  • 仕事に対する責任感と意欲
  • 社会人としての基本的なスキルやマナー
  • 仕事内容の理解度

転職を成功させるためには、企業が求めていることを理解しておくことが重要です。

第二新卒採用は新卒採用と異なり、一度社会人を経験しているため、企業は第二新卒に対して社会人としてのスキルをある程度求めています。

そこで、ここでは企業が第二新卒に求めていることをご紹介いたします。

コミュニケーション能力の高さ

第二新卒採用は、何も経験してない新卒と異なります。第二新卒であれば、一度企業に入っているので、社会人としてある程度のコミュニケーション能力が求められます。

社会人としてのコミュニケーション能力とは、単に話を盛り上げれるというようなコミュニケーション能力ではなく、「相手が考えていることを見抜く力」や「相手に合わせた会話ができる力」のことです。

コンサルティングファームあるアクセンチュアでは、社内や社外問わず多くの人とコミュニケーションを取ります。

コミュニケーションを取るときに、社内とクライアントでは、使う単語や話し方などが大きく変わってきます。

第二新卒採用では、基本的にどの企業でも高いコミュニケーション能力が求められますが、コンサルタントであれば特に高いコミュニケーション能力が求められると言えるでしょう。

仕事に対する責任感と意欲

第二新卒は、一度社会人を経験していますが、長くても数年程度しか仕事を経験していません。

そのため、企業が第二新卒に最も求めているのは高いスキルではなく、仕事に対する責任感と意欲です。

特に新卒として入社しすぐ辞めて第二新卒になってしまった場合、「理由もなく途中で諦めてしまっただけなのではないか」「働く意欲がなく辞めてしまっただけではないか」「とりあえず就職したいだけなのではないか」などと疑われてしまいます。

第二新卒として転職を成功させたいのであれば「新卒の時のようにすぐ辞めない」ということを企業側に理解してもらうことが必要です。

面接では、前職で意識してたことや具体的なエピソードなどを話すと、仕事に対する意欲や責任感を企業側に理解してもらいやすくなります。

社会人としての基本的なスキルやマナー

新卒で入社した際は、メールの書き方、名刺交換の方法など基本的なビジネススキルやマナーを学ぶ機会があります。

ですが、第二新卒の場合はそのような機会がなく、いきなり即戦力として加わる場合が多いです。

そのため、一度社会人を経験している第二新卒は、面接の時点で社会人としての基本的なスキルやマナーが求められます

仕事内容の理解度

第二新卒では、担当する業務の内容をある程度理解した状態で面接に挑むのが前提です。

ある程度社会人の経験があるので、経験を活かし、自分がどのような業務を行うのかを想定しておく必要があります

アクセンチュアに第二新卒で入社したいのであれば、インテリゴリラのようなサイトで業務内容を調べたり、転職エージェントに業務内容について問い合わせたりしておくと良いでしょう。

第二新卒でアクセンチュアに応募する方法

第二新卒でアクセンチュアに応募する方法

  • 採用ページからエントリーする
  • 転職サイトを利用する
  • 転職エージェントを利用する

アクセンチュアの第二新卒にエントリーするには、転職エージェントからのエントリーがおすすめです。

企業の採用ページや転職サイトからもエントリーは可能ですが、転職エージェントからエントリーすれば転職活動を円滑に進められます。

では、それぞれのエントリーについて詳しく解説していきましょう。

採用ページからエントリーする

アクセンチュアでは、「ビジネス・テクノロジーコンサルタント」と「ソリューション・エンジニア」の2つの職種が第二新卒採用として企業の採用ページに掲載されています。

企業の採用ページにから直接エントリーすることができるので、2つの職種のどちらかに興味があれば応募してみるとよいでしょう

転職サイトを利用する

転職サイトにもアクセンチュアの求人が掲載されています。

企業の採用ページと同様に転職サイトからもエントリーすることは可能です。

転職エージェントを利用する

第二新卒採用枠を狙ってアクセンチュアに応募するのであれば、転職エージェントの利用が1番おすすめです。

転職エージェントは、企業の採用ページや転職サイトに掲載されていない非公開求人を保有しています。

つまり、アクセンチュアの第二新卒では、転職エージェントを通さないと見られない求人があるということです。

自分の希望やスキル、経験にマッチした求人を転職エージェントが保有していれば、紹介してもらいエントリーすることができます。

また、転職エージェントでは求人の紹介以外にも、面接対策、面接の日程調整など転職活動を幅広くサポートをしてくれます。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

第二新卒もアクセンチュアへの転職は可能

以上の内容をまとめると、アクセンチュアは世界最大級のコンサルティングファームであるため、幅広い領域で経験を積むことができます。
第二新卒の募集も行っているため、転職の際にはコンサルティングを行う上で必要なコミュニケーション能力や社会人としてのスキルやマナー、仕事に対する意欲の高さをアピールする必要があります。

 

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
佐藤健太
ライター

佐藤健太

人材系の会社を2年ほど経験し、現在はWebライターとして活動しています。キャリア系などの記事を中心にさまざまなジャンルを執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング