セールスフォースへの転職はあり?未経験でも転職できる?難易度や年収も紹介

セールスフォースへの転職はあり?未経験でも転職できる?難易度や年収も紹介

セールスフォースへの転職を考えているのであれば、年収や面接、評判といった情報が気になると思います。また外資系企業ですので、英語スキルが重要なのかも知りたいのではないでしょうか。そこで、今回はセールスフォースの転職に関する情報をご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.セールスフォースへの転職って実際ありなの?
  2. 2.転職難易度は非常に高い
  3. 3.セールスフォースは未経験でも転職できる?
  4. 4.セールスフォースに転職したい人は知っておくべき企業概要
  5. 5.セールスフォースの福利厚生
  6. 6.セールスフォースの採用情報
  7. 7.セールスフォースの面接でよく聞かれる質問例
  8. 8.転職したい人必見!セールスフォースの評判
  9. 9.セールスフォースへの転職成功を叶えるためのコツ
  10. 10.徹底的な情報収集をしてセールスフォースへの転職を成功させよう!

セールスフォースへの転職って実際ありなの?

https://geniee.co.jp/media/tool/salesforth_servicecloud/

セールスフォースへの転職はありです。
年収が高く、福利厚生も充実しているため、非常に良い環境の中で働くことができます。
また、バリバリと仕事をしてキャリア開発ができるのもセールスフォースの特徴です。
仕事に対し高い意識を持って取り組んでいる社員が多く、モチベーションを保ちながら自分自身を成長させられます
ただし、転職難易度が高いため、セールスフォースに転職したいのであればしっかりとした対策が必要です。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

転職難易度は非常に高い

https://www.vorkers.com/a0910000002WZ8v/pr/

セールスフォースの転職難易度は非常に高いです。その理由として以下のことが挙げられます。

セールスフォースの転職難易度が高い理由

  • 実力主義を採用しているため
  • 未経験で応募できる職種がないため

外資系企業であるセールスフォースは、年功序列の体質がなく、実力主義の体質が非常に強い企業です。
そのため、中途採用であっても、即戦力となる人材を求める傾向が強く、転職難易度が高いと言えるでしょう。
募集要項にも「大きな実績を残していること」などと記載されている場合があり、そのような点からも転職難易度が高いことがわかります。

また、即戦力となる人材を求めるので、未経験で応募できる中途採用の求人がないのもセールフォースの転職難易度を上げている要因の1つです。

セールスフォースに向いている人

セールスフォースに向いている人材は、以下の通りです。

セールスフォースに向いている人

  • 英語が話せる
  • 成長意欲がある
  • 新規開拓の営業経験がある
  • IT業界の法人営業経験がある
  • セールスフォースを扱う代理店に就業経験がある

セールスフォースは、営業が中心の企業ですので、営業が得意な人はセールスフォースに向いています。
また、海外とのやり取りもあるため、英語のスキルも必要です。
社風は実力主義であるため、仕事に対して成長意欲があると良いでしょう

英語が話せる

セールスフォースの求人には「英語スキルは必須ではない」と掲載されています。
ですが、実際に「即戦力の人材」と考えると、多岐に活躍できる英語スキルを持っている方が良いと言えるでしょう。
英語のスキルを持っていれば、英語を使った営業や英語を使って他国の支店とやりとりなど業務の幅が広がります

ただし、営業先のほとんどは、英語を使わない日系企業ですので、英語スキルがないことを理由に不採用にされることはないでしょう。

成長意欲がある

セールスフォースは、年功序列ではなく、実力主義の体質が強い企業です。

そのため、セールスフォースでは、自分の業績をあげるために常に学び成長していく意欲が重要だと言えるでしょう。

新規開拓の営業経験がある

セールスフォースは、クラウドコンピューティングサービスの提供をする企業です。
そのため、同じ企業に何度も営業するのではなく、新しい企業に営業するのが業務の中心になります。

よって、新規開拓の営業経験がある人材はセールスフォースに向いていると言えるでしょう。

IT業界の法人営業経験がある

セールスフォースは、法人に向けて製品を販売しています。

また、セールスフォースの製品はIT技術を活用していますので、IT業界での法人営業経験がある人材は、セールスフォースに向いていると言えるでしょう。

セールスフォースを扱う代理店に就業経験がある

代理店の就業経験があれば、他の企業で働いていた人材よりもセールスフォースの営業に慣れているでしょう。

そのため、営業する製品を最初から学ぶ必要がなく、即戦力として活躍できる可能性が高いため、セールスフォースに向いていると言えます。

セールスフォースは未経験でも転職できる?

https://media.monex.co.jp/articles/-/15620

セールスフォースへの転職を未経験ですることは、難しいです。
求人には必ず求める経験・スキルが記載されています。
経験やスキルが足りていない方は、一度他の会社で経験を積んでみるのがおすすめです。

セールスフォースへの転職はあり?未経験でも転職できる?難易度や年収も紹介のイメージ
セールスフォースへの転職はあり?未経験でも転職できる?難易度や年収も紹介
セールスフォースへの転職を考えているのであれば、年収や面接、評判といった情報が気になると思います。また外資系企業ですので、英語スキルが重要なのかも知りたいのではないでしょうか。そこで、今回はセールスフォースの転職に関する情報をご紹介いたします。

セールスフォースに転職したい人は知っておくべき企業概要

セールスフォースの企業概要

  • 企業理念
  • 事業内容
  • 職種別平均年収
  • 業績
  • 社風・カルチャー
  • 将来性

実際に転職活動を行い、セールスフォースに応募するのであれば、企業概要を理解しておくことが重要になります。
特に中途採用面接では、セールスフォースの企業概要に関する質問がよく聞かれるでしょう。

そこで、ここではセールスフォースの企業概要について詳しくご紹介いたします。

企業理念

セールスフォースは、以下の4つを企業理念として掲げています。

セールスフォースの企業理念

  • 信頼
  • カスタマーサクセス
  • イノベーション
  • 平等

セールスフォースは「信頼」「カスタマーサクセス」「イノベーション」「平等」の4つを企業理念としています。
以上の4つの意味を考えてみると、セールスフォースは相手を思う気持ちを大切にしていると言えるでしょう。
顧客企業や社員を大切にする文化は、セールスフォースが人気企業である理由の1つとして挙げられます。

信頼

セールスフォースが販売するクラウドコンピューティングサービスは、企業のあらゆる情報を取り扱うプラットフォームです。

取扱企業は15万社を超えており、セキュリティや信頼性、コンプライアンスを確保した事業基盤を提供することがセールスフォースで重要視されています。

カスタマーサクセス

セールスフォースは、今まで顧客企業の成功があったからこそ、セールスフォースも成長してきたと考えています。

そのため、セールスフォースは、顧客企業をしっかりと成功できるようなサービスを提供し続けられるよう意識しています。

イノベーション

セールスフォースは、常に最先端の技術と共に、ビジネスの自動化と効率化、生産性の向上を追求しています。

近年ではAIを利用したサービス、またこれからはAIのさらに先のサービスの提供を目指しています。

平等

セールスフォースは、社員の多様性に敬意を払い、その多様性にこそ価値があると信じています

そのため、セールスフォース独自の文化「Ohana」などを取り入れ、平等への取り組みをしています。
(参考)
「Ohana」はハワイ語で「家族」という意味です。
Salesforceではお客様、従業員、パートナー、コミュニティを含んだ意味で「Ohana」という言葉が使われます。
互いを大切に思い、共に楽しみ、世界をより良い場所にするために協力していこうという想いが込められています。

事業内容

セールスフォースの事業内容は、クラウドコンピューティングサービスの提供です。

具体的なサービスを挙げると、以下のようなクラウドコンピューティングサービスを提供しています。

セールスフォースが提供しているサービス

  • 営業活動を効率化できる「Sales Cloud」
  • リアルタイムな顧客対応を実現できる「Service Cloud」
  • マーケティング活動を自動化する「Marketing Cloud」
  • 収集したデーターを分析できる「Analytics Cloud」

これらのサービスは、あらゆる分野で役立てることが可能です。そのため、世界中でさまざまな企業がセールスフォースのサービスを利用しています。

職種別平均年収

セールスフォースの職種には、大きく分けると「基本情報処理者」と「営業」の2つがあります。

口コミサイトの情報を元に調査すると、職種別平均年収は以下の通りです。

職種 平均年収
基本情報処理者 450万円
営業 1,178万円

セールスフォースの営業職では非常に高い年収を貰うことができるでしょう。
また基本情報処理者であっても、国税庁が発表している日本国内の平均年収436万円を超える平均年収になっています。

業績

[引用元:https://investor.salesforce.com/financials/default.aspx]

セールスフォースの業績は、非常に安定しています。

セールスフォースの製品は、非常に顧客満足度が高く、ユーザー目線で製品を作っているため、業績でも良い結果を出せていると言えるでしょう。

社風・カルチャー

実力主義の企業は、社員間であまり協力せず個人で仕事を行う傾向が強いです。
ですが、セールスフォースの場合は、社員を家族のよう大切にするカルチャーがあります。

そのため、助け合い、喜びを分かち合い、個人のモチベーションを高く保てる社風であるのがセールスフォースの特徴です。

その結果、セールスフォースは、Great Place to Work Institute Japanが発表する「働きがいのある会社ランキング 2019」で1位に選出されています。

将来性

セールスフォースは、将来性がある企業だと言えます。
その理由は、最新テクノロジーをいち早く導入しているなど、業界の最先端にある企業だからです。

また、M&Aも積極的に行っているため、今後さらなる事業拡大が期待できるでしょう。

セールスフォースの福利厚生

https://tamagojob.com/annualincome-salesforce/

セールスフォースの福利厚生

  • 社員持株制度
  • 団体生命保険や所得補償保険の加入
  • 養子縁組、不妊治療に対する手当
  • 従業員支援プログラムの利用
  • オンデマンドの対話型学習コースの使用
  • 医療保険プランの加入

セールスフォースは「家族のように従業員を支える」といった特徴がある企業です。
上記の福利厚生を見て分かる通り、仕事と関係のない「養子縁組」や「不妊治療」をサポートする制度が充実しています。
これらの制度が充実しているのは、社員の家族として捉えることで社員の本当の家族も含め会社がサポートするという考えを持っているからだそうです。

また、セールスフォースでは福利厚生がどの程度使われているのかを把握するために、自社システムで利用データを分析しています。
そのため、社員が使いやすい洗練された福利厚生制度であることがわかります。

セールスフォースの採用情報

セールスフォースの採用情報

  • 中途採用の募集ポジション
  • 中途入社でもキャリアアップ可能
  • 面接で重視されるポイント

セールスフォースへの転職を考えているのであれば、中途採用情報を知っておくことは重要です。

そこで、ここではセールスフォースの「中途採用ポジション」と「中途入社のキャリアアップ」の2つについて詳しくご紹介いたします。

中途採用の募集ポジション

セールスフォースの中途採用では、大きく分けて以下の2つの職種を募集しています。

セールスフォースが中途採用で募集しているポジション

  • 営業職
  • 技術職

セールスフォースが現在募集している職種は「営業職」と「技術職」です。
営業職は「インサイドセールス」と「アカウントセールス」に分かれており、転職難易度も変わってきます。
技術職は応募条件が必ず設定されており、ある程度の経験がなければ転職は難しいです。

営業職

セールスフォースの営業職では、主に「インサイドセールス」と「アカウントセールス」の募集が行われています。

インサイドセールスとは、顧客と直接会わずに電話やメールなどで営業をする職種です。
アカウントセールスとは、大口の企業に直接営業する職種です。

特にアカウントセールスは「IT業界で法人営業経験が5年以上ある」などの条件があり、転職難易度が高い職種となっています。

技術職

技術職では、セールスフォースの製品の回収や新規システム開発を行っている職種になります。
新規システム開発は1ヶ月〜3ヶ月の周期で回っており、常に新しいものを作れるのが技術職の特徴です。

また、転職の応募要件には「Salesforce開発2年以上」や「オブジェクト指向言語の経験1年以上」といったものがあります。

中途入社でもキャリアアップ可能

セールスフォースは、中途入社でもキャリアアップが可能です。
実力主義であるセールスフォースは、個人の成績が良ければ良いほど評価されます。

そのため、年齢や勤続年数なども関係なくキャリアアップが可能な企業です。

面接で重視されるポイント

セールスフォースの中途採用面接で重視されるポイントは、以下の通りです。

セールスフォースが面接で重視していること

  • セールスフォースについてしっかりと理解をしているか
  • 転職すべき理由が明確であるか
  • セールスフォースの企業文化に共感できてるか
  • 自分のキャリアを見据えているか
  • チームプレイができる人材かどうか
  • セールスフォースの企業理念についてどのように考えているか

セールスフォースの面接では、企業とマッチしているかが重要視されます。
即戦力となるスキルを持っていることも重要ですが、企業文化への共感や理解が最も大切です。
また、成長意欲が高い人材が多く集まる企業ですので、今後のビジョンがあるかも重要視されています。

日本マイクロソフトに転職する方法!難易度や気になる年収・評判や面接対策を徹底解説!のイメージ
日本マイクロソフトに転職する方法!難易度や気になる年収・評判や面接対策を徹底解説!
日本マイクロソフトへ転職する上で知りたい、難易度・年収・面接対策・評判を記載。非公開内定者の選考体験記として、面接の質問内容・ポイントを詳細に公開。年収は高く、仕事にもやりがいがある企業と評判は非常に良いです。日本マイクロソフトへ転職したいなら必見の内容です。

セールスフォースの面接でよく聞かれる質問例

Photo bysterna_is

セールスフォースの面接でよく聞かれる質問例

  • あなたの強みを挙げてください
  • 現職で学んだことを挙げてください
  • なぜセールスフォースで働きたいと思うのか?
  • 過去のクライアントでの成功体験と成功要因は?
  • 苦労したときにどのように乗り越えたか?
  • 今までに働いてきた業界について説明してください

セールスフォースの面接では、難易度が高い質問でなく、よく聞かれる基本的な質問が多いです。
ただし、実力主義の文化が強いセールスフォースでは、過去の成功例や課題に対してどのように取り組むのかといった点が重要視されます
そのため、前職での成果などを細かく説明できるよう事前にまとめておくことが必要です。

また、成功例や課題解決能力に関する質問が問われることを想定した志望動機や自己PRも考えておくと良いでしょう。
自分の強みや得意としていることなどを伝えておくことで、良い印象を残せるようになります。

転職したい人必見!セールスフォースの評判

転職したい人必見!セールスフォースの評判

  • 良い評判
  • 悪い評判

転職活動をしている際、やはり一番知りたい情報は、企業に在籍している社員からのリアルな口コミですよね。

そこで、ここではセールスフォース社員から寄せられたリアルな口コミを「良い評判」と「悪い評判」の2つに分けてご紹介いたします。

良い評判

男性

男性

セールスフォースの社内は非常に明るく雰囲気が良いです。
また、中途採用で入社してくる人がほとんどですので、お互いに助け合う文化がありますね。
そのため、風通しが良く仕事しやすいのがセールスフォースの特徴です。

女性

女性

給与水準が高いのがセールスフォースの良い点です。
成果を出せば出すほど、給与が上がっていくので、モチベーションを高めながら仕事することができます。

悪い評判

男性

男性

給与が完全に個人の実績がベースとなっています。
そのため、セールスフォースで働くのであれば絶対に実績を残さないといけません。

セールスフォースへの転職成功を叶えるためのコツ

セールスフォースへの転職成功を叶えるためのコツ

  • 転職エージェントを活用する
  • 面接体験談を見ておく

セールスフォースへの転職成功を叶えるためには、転職活動におけるコツを知っておくことが重要です。

そこで、ここでは「転職エージェントの活用」と「面接体験談の調査」の2つについて詳しくご紹介いたします。 

転職エージェントを活用する

転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。転職エージェントを利用するメリットとしては、以下の3つが挙げられます。

転職エージェントを利用するメリット

  • 非公開求人を保有している可能性がある
  • 特定の企業に特化した対策が可能
  • 給与交渉もお願いできる

では、それぞれについて詳しく確認していきましょう。

非公開求人を保有している可能性がある

転職エージェントは、非公開求人を数多く保有しています。

そのため、企業のホームページや転職サイトでは知ることのできない求人を知ることができ、自分の希望にぴったりの求人と出会える可能性が高くなると言えるでしょう。

特にセールスフォースのような大企業だと、数多くの非公開求人を転職エージェントに提供している可能性があるので、転職エージェントの利用は必須です。

男性

男性

非公開求人とは、普通の人では知ることのできない求人のことです。
非公開にされている理由としては、企業のホームページに掲載しておくと応募が殺到し、採用コストがかかってしまうことなどが挙げられます。
そのため、転職エージェントを通して非公開求人を知る必要があるのです。

特定の企業に特化した対策が可能

転職エージェントは今までに何人もの転職活動を支援しており、さまざまな企業の転職についての情報を持っている「転職のプロ」と言える存在です。

また、過去に転職エージェントを利用した人から「面接で聞かれた質問」などを調査しているため、さまざまな企業の転職に特化したサポートができる体制をとっています。

実際に行われる面接形式での練習も行ってくれるので、中途採用面接の対策として転職エージェントを利用するのもおすすめです。

給与交渉もお願いできる

「年収を上げてほしいけど交渉をするのは気が引ける…」なんて方も多いでしょう。

自分でやるとちょっと気が引けるような企業との交渉も行ってくれるのが転職エージェントです。

給与交渉以外にも面接の日程調整なども、転職エージェントが交渉してくれます。

そのため、転職エージェントを利用することで、転職活動を円滑に進めることができます。

面接体験談を見ておく

セールスフォースの転職を成功させるために、面接体験談を見ておくことも重要です。

面接体験談を見ておくことで、本番前に面接のイメージができ、本番で失敗しにくくなると言えるでしょう。

また、特におすすめなのが、面接体験談の失敗談を見ておくことです。

失敗談を見ておけば、失敗した原因を知ることができます。本番にその原因を意識しておけば、失敗をせずに面接を乗り越えることができると言えるでしょう。

セールスフォースは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!のイメージ
セールスフォースは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!
セールスフォースへの中途採用の為に、年収・激務・残業などの評判・口コミなどを紹介しています。営業活動の分野でクライアントを支援する同社の労働環境の実態についてはいかがなものでしょうか。セールスフォースへの転職をお考えの方は、激務についての当記事は必見です。

徹底的な情報収集をしてセールスフォースへの転職を成功させよう!

[引用元:https://www.salesforce.com/jp/]

今回は、セールスフォースの転職に関する情報について詳しくご紹介いたしました。

転職を成功させるためには、英語のスキルはあった方が良いと言えるでしょう。
英語のスキル以外にも、過去に実績をしっかりと残しておく必要があります。

また、セールスフォースへの転職を考えているのであれば、転職活動を手厚くサポートしてくれる転職エージェントに相談するのがおすすめです。

 

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
佐藤健太
ライター

佐藤健太

人材系の会社を2年ほど経験し、現在はWebライターとして活動しています。キャリア系などの記事を中心にさまざまなジャンルを執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング