Amazon Japanに転職したい!転職難易度から年収・評判・口コミまで徹底解説!

Amazon Japanに転職したい!転職難易度から年収・評判・口コミまで徹底解説!

「Amazon Japanに転職したいけど難易度が高そう」と思っている方も多いでしょう。本記事ではAmazonへの転職難易度から年収、口コミなどを解説します。転職成功させるコツも紹介するので、Amazonへ転職したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

記事の目次

  1. 1.Amazon Japanの事業内容とビジネスモデル
  2. 2.Amazon Japanの募集職種と必要なスキル
  3. 3.Amazon Japanの評判とカルチャー
  4. 4.Amazon Japanの選考フローと難易度
  5. 5.Amazon Japan中途採用の適性検査
  6. 6.Amazon Japanの年収相場
  7. 7.Amazon Japanの労働環境
  8. 8.Amazon Japanへの転職を成功させる方法
  9. 9.Amazon Japanに転職したいならおすすめの転職エージェント
  10. 10.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  11. 11.転職エージェントや転職サイトから情報収集をする

Amazon Japanの事業内容とビジネスモデル

[引用元:https://www.amazon.com/]

Amazon Japan(正式名称:アマゾンジャパン合同会社、以下Amazon)は、1998年に東京に設立された企業で、本社はアメリカにあります。

Amazonの主な事業は、幅広い商品を取り扱うオンラインストア事業(eコマース)です。

オンラインストア事業以外にも、AWS(Amazon Web Service)というクラウドサービスや、Amazonモバイルサービスなども展開しています。
オンラインストア事業は国内トップシェアを誇っているため、今後の将来性も期待できるでしょう。

また、国外への事業展開も行っているため、Amazonに転職すればグローバルに活用できる可能性があります。

Amazon Japanの募集職種と必要なスキル

[引用元:https://www.amazon.com/]

つぎに、Amazonの募集職種や必要なスキルについて解説していきます。
Amazonの募集職種は種類が豊富なため、ここでは、代表的な以下3つの職種について紹介します。

Amazonの代表的な募集職種

  • 総合職・一般職
  • ハイレイヤー職
  • エンジニア職

総合職・一般職

総合職や一般職は、未経験からでも挑戦しやすい職種です。なぜなら、ハイレベルな専門スキルよりも、これまでの経験やコミュニケーションスキルなどを重視されるからです。

具体的に総合職や一般職へ転職する場合の、求められるスキルを一部紹介します。

職種 求められるスキル
営業
  • 3年以上の営業・コンサルティング経験
  • 基本的なPCスキル(Excel、Wordなど)
バイヤー(物流管理)
  • 数値分析スキル
  • 財務分析スキル
リスク管理調査
  • 手順書の通りに丁寧に作業できるスキル
  • 基本的な英語スキル
秘書
  • 臨機応変な対応力や気配り
  • 基本的なPCスキル(Excel、Wordなど)

中には3年以上の経験が求められる場合がありますが、基本的にはPCスキルやヒューマンスキルが求められます。上記以外にもさまざまな職種があり、職種ごとに求められるスキルは異なります。

ハイレイヤー職

ハイレイヤー職とは、アナリストや人事、事業開発・戦略を行う職種を指します。

ハイレイヤー職に転職する場合は専門的なスキル・経験が求められるため、まったくの未経験からでは転職難易度が高いです。参考までに、ハイレイヤー職に求められるスキルをいくつか紹介します。

職種 求められるスキル
ビジネスアナリスト
  • 3年以上のデータ分析・システム構築の経験
  • 閾値の定義やデータ推移予測などのスキル
人事
  • 5年以上の人事経験
  • マネジメントや問題解決スキル
  • ビジネスレベルの英語力
マーケティング
  • マーケティングの戦略策定や実行、プロジェクトリーダーの経験
  • 高度な分析スキル
  • ビジネスレベルの英語力
事業開発・戦略
  • インターネット業界での豊富な業務経験
  • ビジネスレベルの英語力
上記のように各職種ごとの経験はもちろん、高い英語力も求められます。求められる英語力のレベルは、TOEICスコア700~800点が目安です。

職種に対する豊富な経験や英語力があるなら、ハイレイヤー職への転職に活かせるでしょう。

エンジニア職

エンジニア職とは、Amazonのシステム開発や導入、Webシステム制作などを行う職種です。エンジニアは専門職ということもあり、プログラミング言語の知識やシステム開発の経験が求められます。

具体的には、以下のようなスキルが必要です。

職種 求められるスキル
ソフトウェア開発
  • JavaやLinux環境での開発経験
  • AWSやクラウドプラットフォームについての知識
  • ビジネスレベルの英語力
デザイナー
  • ウェブサイトの制作経験(HTML/CSS/JavaScript)
  • PhotoshopやIllustratorでの制作経験
  • コミュニケーション力
エンジニア職はチームで開発する機会が多いため、システム開発の経験だけではなく、コミュニケーション力も求められます。

さらに、海外のエンジニアと開発する可能性もあるため、英語力があると良いでしょう。

Amazon Japanの評判とカルチャー

Amazonのサービスのことは知っていても、「社風や評判は知らない」という方も多いでしょう。

社風や評判を知っておかないと、転職後に「思っていたのと違う」と後悔する可能性があります。転職後に後悔しないためにも、Amazonの評判とカルチャーについて確認しておきましょう。

社風・文化

Amazonには、「全員がリーダーとしての自覚を持って働く」という文化があります。

上記以外にも、仕事におけるスピード感や、自己成長を重視する傾向が強いです。そのため、「主体的に行動できる」「現状に満足せず成長できる」という人は、Amazonの社風になじめる可能性があります。

逆に、「決まったことをやっていたい」「新しいことに挑戦するのが苦手」という人は、入社後に後悔する可能性があります。後悔しないためにも、事前に社風や「求められる人物像」などを理解しておきましょう。

また、Amazonの社員は新卒入社よりも中途入社の割合が多いと言われているため、中途入社も十分に狙えます。

評判・口コミ

Amazonで実際に働いていた人の評判、口コミをいくつか紹介します。ぜひ、転職活動の参考にしてください。

男性

男性

とにかくスピードが早いです。
飽きる間も感じさせないほどのスピード感です。
それが心地よく感じる方、経営者スピリットで働くサラリーマンには、学び多い職場だと思います。

男性

男性

上司、同僚、部下の多角評価を導入しています。
一定のロジックに沿って明確なルールの下で評価されます。年功序列的な理不尽さは皆無です。
実力主義です。

女性

女性

福利厚生はかなり整っており、有給休暇の取得も当たり前な風土のため気兼ねなく長期休暇も取れます。
企業として社員を大切にしてくれているのが、わかりやすい。

男性

男性

カルチャーが全く合わない。
自分で情報収集ができないと入社日から他の人より遅れる。

引用:転職会議

評判・口コミを見ると、「実力主義でしっかり評価される」「社員を大切にしてくれる」といった評判が見受けられました。

一方で、Amazonではスピード感を持って働くことが求められるため、「カルチャーが合わなかった」という評判もありました。

転職後に後悔しないためには、評判・口コミを含め、事前にしっかりと情報収集を行いましょう。評判や口コミについては、記事後半で紹介する「転職会議」という転職サイトで確認できます。

Amazon Japanの選考フローと難易度

[引用元:https://www.amazon.com/]

ここでは、Amazonの選考フローと難易度について確認していきましょう。
以下3つのポイントについて、解説していきます。

Amazonの選考フローと難易度

  • 選考フロー
  • 面接で聞かれた質問
  • 面接の難易度

選考フロー

Amazonの公式採用ページによると、選考フローは以下の通りとされています。

Amazonの選考フロー

  • STEP1.エントリー
  • STEP2.書類選考
  • STEP3.1次面接
  • STEP4.ループ面接
  • STEP5.内定・入社

職種やポジションによっては、上記の選考フローとは異なる場合があるので、ご注意ください。

「STEP1.エントリー」から「STEP3.1次面接」までは、多くの企業で採用されている選考フローに近いですが、Amazonでは「STEP4.ループ面接」が用意されています。
「STEP4.ループ面接」では、複数の面接官と個別に面接を行い、場合によっては4次面接まで行うケースもあります。

面接の難易度も高いと言われているため、面接対策には特に力を入れましょう。

面接対策の一例を挙げると、Amazonの面接では「詳細かつ簡潔に説明すること」が求められます。そのため、面接で話す内容については情報の過不足がないよう、簡潔にまとめておきましょう。

つぎに、面接で聞かれる質問をご紹介します。

面接で聞かれた質問

Amazonの面接で聞かれた、または聞かれる可能性が高い質問は、以下の通りです。

Amazonの面接で聞かれること

  • 志望動機
  • 過去に問題を解決した経験
  • なんらかの成果を上げた経験
  • チームメンバーのモチベーションを上げたり、共同作業をするためにどのような行動をしていたか

過去になんらかの成果を上げた経験がある場合は、成果のデータや指標も説明し、話に具体性を持たせましょう。成果を上げるまでの状況や自身がとった行動、結果について具体的に説明することで、面接官にもあなたの成果が伝わりやすくなります。

また、プロジェクトリーダーとしての経験がある場合は「プロジェクトリーダーとして活動したときの話」についても、質問される可能性が高いです。

エンジニア職の面接では技術的な質問をされる可能性が高いため、プログラミング言語やライブラリ、データベースなどについて話せるように準備しましょう。

このように、過去の経験や出来事について質問されるため、面接前にはこれまでの経歴・キャリアの棚卸しを行いましょう。

Amazonについての選考情報をより深く知りたい方には、転職情報サイトのインテリゴリラの利用がおすすめです。
内定者に直接インタビューをして作成した選考体験記が掲載されており、面接の質問内容や内定を勝ち取ったポイントを徹底解説しております。併せて登録してみてください。
=================================================================
内定者の自己PR、面接内容、選考ポイントが全てわかる。
Amazon Japanの選考体験記はこちら

=================================================================

面接の難易度

Amazonは外資系企業ということもあり、面接難易度は高いです。さらに、世界的な大企業であるため応募者が多く、倍率も高いようです。

ここまで解説したように、難易度が高いAmazonに転職するためには英語力やリーダーシップなどのハイレベルなスキル、豊富な経験などが求められます。

また、エンジニア職に転職するなら、面接で技術的なスキルをアピールする必要があります。そのため、転職を成功させるためには自身の強みを把握し、的確にアピールすることが重要です。

「自身の強みがわからない」「経歴の棚卸しが苦手」という方は、転職エージェントに相談しましょう。
転職エージェントでは、キャリアの棚卸しから職務経歴書の書き方など、さまざまなサポートが受けられます。

おすすめの転職エージェントについては、記事の後半で紹介します。

Amazon Japan中途採用の適性検査

Amazonに転職する際、場合によっては1次面接のタイミングで、適性検査が実施されます。Amazonの公式採用ページでは「PCを使ったテストなど」と記載されていますが、適性検査の詳細については個別に連絡が来るようです。

ただ、「Amazonの募集職種と必要なスキル」で解説したように、Amazonは英語力を重視する傾向が強いです。

そのため、英語力が求められる職種に転職したいなら、英語を勉強しておく必要があります。英語力の目安としては、Amazonが「ビジネスレベルの英語力」と定める「TOEICスコア700~800点」を目指すと良いでしょう。

Amazon Japanの年収相場

[引用元:https://www.amazon.com/]

Amazonは、転職難易度が高く人気のある企業ですが、年収相場はどうなっているのでしょうか?ここでは、Amazonの年収相場を「年収別」「職種別」にご紹介します。

平均年収

Amazonの平均年収は約1,100万円と言われています。
※口コミサイトを参考

年齢や職種によって違いがあるので、下記で詳しくみていきます。

年齢別平均年収

年齢別の平均年収は、以下の通りです。

Amazonの年齢別平均年収

  • 20代:約550万円
  • 30代:約665万円
  • 40代:約850万円
  • 50代~60代:900万円~1,000万円

※口コミサイトを参考

上記の通り、40代・50代になると年収が大きく上がり、中には年収1,200万円以上の方もいるようです。スキルレベルや役職などによって、平均年収は異なります。

国税庁のデータでは、給与所得者全体の平均給与は441万円とされているため、Amazonの年収は高いと言えるでしょう。

職種別平均年収

つぎに、職種別の平均年収について見ていきましょう。

Amazonの職種別平均年収

  • 営業:650万円
  • 企画・管理:680万円
  • クリエイティブ:520万円
  • エンジニア(IT系):740万円
  • 運輸・物流:590万円

※口コミサイトを参考

上記のなかで、もっとも平均年収が高いのは「エンジニア(IT系)」です。専門スキルや高い英語力が求められる分、平均年収も高いのでしょう。

企画・管理系の職種の場合、役職によっては年収1,000万円を超える方もいるようです。

賞与等の給与制度

Amazonの給与制度は年俸制であるため、ボーナスの支給はありません。しかし、中途入社の社員には「サイニングボーナス」が支給される場合があります。

「サイニングボーナス」とは中途採用者に対して支給される一時金のようなもので、入社してから2年間、分割で支給されます。支給額は前職での経験や、スキルなどによって決定されるようです。また、入社3年目からは自社株が付与される制度があります。

給与の評価制度については、年に1回評価が行われており、「チームへの貢献度」や「個人の業績」などの実力が重視されます。そのため、努力して結果を出せれば、その分給与にも反映されるでしょう。

正社員ではなく契約社員として入社した場合は、時給制となります。

Amazon Japanの労働環境

Photo byPexels

Amazonに限らず、転職をするなら転職先の労働環境について、気になる方も多いでしょう。
ここでは、Amazonの残業時間について解説します。

残業時間

Amazonの残業時間は「30時間〜40時間程度」と言われています。

口コミサイトの調査では、日本の平均残業時間は「月47時間」という結果が出ています。そのため、Amazonの残業時間はそこまで多くないと言えるでしょう。また、フレックスタイム制度も整っているため、自分のペースで働くことが可能です。

ただし、職種・役職によって残業時間は異なるので、転職エージェントなどを通じて情報収集を行いましょう。
Amazonでは基本給に残業代も含まれているため、指定の残業時間を超えない限りは残業代は支給されませんのでその点もご注意ください。

Amazon Japanへの転職を成功させる方法

[引用元:https://www.amazon.com/]

Amazonは中途採用を行っていますが、転職難易度は高いです。そのため、Amazonへの転職を成功させるためには、無料で転職サポートが受けられる転職エージェントを使いましょう。

転職エージェントを使う

転職エージェントを利用すれば、転職成功率を上げるためのサポートが無料で受けられます。たとえば、基本的な職務経歴書の書き方や、面接対策など。

上記以外にも、転職エージェントをおすすめする理由を3つ紹介します。

Amazonへの転職に転職エージェントをおすすめする理由

  • 理由1:非公開求人を紹介される可能性がある
  • 理由2:業界やAmazonに特化したサポートを受けられる
  • 理由3:年収面等の交渉を代理で行ってもらえる

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

理由1:非公開求人を紹介される可能性

Amazonへの転職に転職エージェントを利用すべき理由、1つ目は「非公開求人を紹介される可能性があるから」です。転職エージェントは、一般公開されていない「非公開求人」を多数保有しています。

「非公開求人」とは、転職サイトや求人広告に掲載されていない求人を指します。非公開求人は、一般公開されている求人よりも好待遇・高年収であることが多いです。

好待遇の求人には応募者が殺到しやすいため、企業が採用コストを下げるために非公開としていることが考えられます。一般公開されている求人に応募する場合は、ライバルとなる応募者が多いため、内定獲得の難易度が高いです。

その点、非公開求人に応募する場合はライバルとなる応募者が少ない上に、転職エージェントからのアドバイスも受けられます。したがって、非公開求人を紹介してくれる転職エージェントを利用することで、転職成功率を上げられるのです。

理由2:業界やAmazonに特化したサポートを受けられる

転職エージェントは、Amazonを含めた多くの企業への転職をサポートした実績があります。そのため、転職エージェントを利用することで、業界やAmazonに特化したサポートを受けられるのです。

具体的には、Amazonでの面接を想定した模擬面接や、的確にアピールするための書類の書き方などのサポートが受けられます。転職サポートに加えて、転職成功率を上げるための、以下のような情報も教えてもらえます。

転職エージェントから教えてもらえる情報

  • 実際に内定を獲得した人の特徴や、転職に失敗した人の特徴
  • 面接ではどのようなことを聞かれるのか
  • 面接の質問に対する回答例
  • 企業や採用担当が求めている人物像

上記のような情報は、インターネット上にはほとんど掲載されておらず、実際に転職サポートを行った転職エージェントだからこそ把握している情報です。

そのため、転職エージェントを利用することで、有利に転職活動を進められるのです。

年収面等の交渉を代理で行ってもらえる

転職エージェントを利用すれば、年収面等の交渉を代行してくれます。

個人で応募する場合、面接中に年収交渉を切り出せず、年収が下がってしまう可能性があります。また、年収交渉のタイミングや交渉方法を間違えると、企業から悪い印象を持たれることも考えられるでしょう。

そのため、少しでも「年収を上げたい」「年収交渉が苦手」という気持ちがあるなら、転職エージェントを利用しましょう。年収面以外にも、転職エージェントによっては以下のような交渉も代行してくれます。

転職エージェントが代行してる交渉

  • 労働条件の交渉
  • 入社日の交渉
  • 企業との連絡・面接の日程調整

年収交渉はもちろん、上記の代行サービスは無料で受けられるので、ご安心ください。

Amazon Japanに転職したいならおすすめの転職エージェント

現在の転職市況感

2020年10月の転職市況感としては、正直厳しくなってきています。

ここ数年は雇用情勢が比較的安定していたこともあり、求人数・求職者数ともに高い水準で推移していましたが、2020年の1月からは有効求人倍率が下がりはじめ、コロナの影響も相まって5月の段階では1.20倍となり、市場は売り手市場から買い手市場に変化しました。

今回のコロナショックによる自粛や経済活動の縮小は長期化する可能性が高く、「落ち着いたら動き始めよう」と思っていても、なかなか状況が好転しないという可能性もあるという状況です

上記の理由から、企業の採用HPを見ても募集が減少している状況が顕著に見られます。
ただし、このような状況でも転職エージェントにはAmazonの非公開求人が存在する場合があり利用してみる事をおすすめします。

またAmazon志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. Amazonに関する求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. Amazon以外の適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力と豊富に求人を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
Amazonへ転職したいのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の評判・口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある評判・口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

転職エージェントや転職サイトから情報収集をする

Amazonは世界的な大手企業であり、入社するには高いスキルが求められるため、入社難易度が高いです。

難易度が高いAmazonに転職するためには、転職エージェントや転職サイトを利用することをおすすめします。
転職エージェントや転職サイトを利用すれば、好条件な「非公開求人」を紹介してくれる可能性があります。
また、Amazonの選考に特化した情報も得られるので、転職成功率も上がるでしょう。さらに年収交渉も代行してくれるため、「年収アップしたい」という方には特におすすめです。
また、転職後にミスマッチを起こさないためにも、社風や口コミなどの情報も確認しましょう。
社風や口コミについても、「転職会議」などの転職サイトや転職エージェントから、情報収集できます。

また、インテリゴリラの選考体験記では実際に内定者から聞いた選考情報を読めます。しっかり選考対策をして他の転職希望者と差をつけましょう!
=================================================================
Amazon Japanの面接内容まるわかり!内定のための必勝法は?
Amazon Japanの選考体験記はこちら

=================================================================

転職エージェントや転職サイトを利用して、Amazonへの転職を成功させてください。

ほんま
ライター

ほんま

接客業を7年、ITエンジニアを3年ほど経験し、現在はWebライターとして活動中。一般転職やエンジニア転職、IT系などのジャンルを中心に執筆を行っています。これまで得た知識・経験をもとに、価値ある情報をお届けできたらと思います。

関連記事

目次

人気記事ランキング