【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧

【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧

特定の業務や業界に特化した、業界特化型コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。業界特化型コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.業界特化型コンサルティングファームとは?
  2. 2.業界特化型コンサルティングファーム一覧

業界特化型コンサルティングファームとは?

業界特化型コンサルティングファームとは、特定の業務や業界に特化したコンサルティングを行う組織です。

具体的には、
独自のデータサイエンス技術を用いてコンサルティングを行うファーム
地下の情報を可視化する技術を用いてコンサルティングを行うファーム
メディアの視聴率調査を用いてコンサルティングを行うファーム
事故や災害などの自然災害リスクマネジメントを行うコンサルティングファーム
ECマーケティングを専門とするEC戦略の支援を行うコンサルティングファーム
などがあります。

特化される業界・業務は多岐に渡り、今後も新しいファームの増加が予想されるコンサルティングファームです。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

業界特化型コンサルティングファーム一覧

シンプレクス

シンプレクスは、金融機関の収益力最大化にフルコミットするために、難易度の高いコンサルティングからシステム開発、保守・運用、クオンツサポート、品質管理に至るまで、すべて自社内で一気通貫したサービスを提供しています。 また、シンプレクスのソリューションは、銀行、証券、FX、仮想通貨、保険という金融機関向けにそれぞれ用意されていて、金融機関特化という点で、他のITコンサルやSIer、SEと差別化できています。 DXへの対応が急務となっている状況下において、シンプレクスは、金融分野での豊富な実績/ノウハウを梃子として、より広範な分野・領域を対象として高付加価値サービスを提供していくと予想されます。

エム・アール・アイリサーチアソシエイツ

エム・アール・アイリサーチアソシエイツは三菱総合研究所と連携し独自のデータサイエンス事業などEBPMを行えるITコンサルティング企業です。 業務内容は大きく分けて「リサーチ・コンサルティングサービス」「数値解析サービス」「ソフトウェアサービス」の3つを主に行なっています。 三菱総合研究所(MRI)の「リサーチ事業」と、独自の「データサイエンス事業」・「解析事業」の専門性・技術力を活かした、EBPM(証拠に基づく政策立案)に応えるシンクタンクとして成長を続けている企業です。

東京海上日動リスクコンサルティング

東京海上日動リスクコンサルティングは事故や災害などの自然災害リスク評価や防犯対策などを行っている東京海上グループの建設コンサルティング会社です。 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社は2021年7月1日より「東京海上ディーアール株式会社」に社名を変更しました。 データ戦略を「新たな成長戦略の柱」と位置づけ、グループデータ戦略の中核機能を担うこととなり、グループベースでのデータ分析力・ソリューション開発力の強化を図っています。

ジオ・サーチ

ジオ・サーチは「人の命と暮らしを守る」建設コンサルティングファームであり、技術開発や製品開発で災害を未然に防ぎ、世界規模で地域づくりや人づくりなど強靭な国づくりを担う活動を行っています。 マイクロ波を活用した独自の技術で地下の情報を可視化し、地中の異常箇所を発見することができるという技術をベースに「路面下空洞調査」、「橋梁床板内部劣化調査」、「埋設物位置確認調査」という3つの事業を行っています。 「国土強靭化貢献団体<レジリエンス認証>」も取得しており、技術開発や製品開発を通して災害を未然に防ぎ、大きくは強靭な国づくりを担う活動を行っている、日本有数の企業と言えるでしょう。

いつも.

いつも.は全国のEC事業者から契約数10,000件以上の実績のあるEC専門のマーケティング総合支援を行う会社です。 楽天市場やアマゾンなどのECマーケット参入を考えている企業のEC戦略の支援を行っています。 ECマーケティングサービスのほかには、EC参入から物流までを代行するサービス、事業やブランドを引き継ぎ運営するサービス、育成型D2C・EC人材マッチングサービスなども展開しています。 ECマーケティングだけに留まらず、運営代行や新規立ち上げ、EC運営の人材育成まで、ECに関して幅広く手掛けているECマーケティング総合支援を行っている企業です。

ビデオリサーチ

ビデオリサーチは、1962年に設立された 「テレビ視聴率」などの各種データ関連サービスを提供するメディア・リサーチ業界の老舗企業です。 株主は広告やテレビ業界が多く、安定しているといえます。 近年、視聴者のライフスタイルの多様化、視聴デバイスの普及による視聴形態の変化に伴い、テレビ視聴の分散化が進んでいます。 そこで、変化に対応すべく「調査世帯の増加」「調査設計の統一」「視聴状況のデータ具体化」「BS放送局の視聴率調査」などを行っています。

エナリス

エナリスは、顧客が電気(電力会社)を自由に選択できる社会を目指し、電力の需給管理業務代行システムなどを行っている企業です。 新電力事業と法人電力ユーザーをつなぎバランスを保つ「需給管理」を創業事業として、貯めておくことのできない電力にたいして、変化の著しい電力市場で総合ソリューションを提供してきました。 また社会課題である、脱炭素社会の実現・エネルギーレジリエンス向上(供給網の強靱化)・適切なエネルギー価値創造というニーズに応えるべく、「エネルギープラットフォーム」の構築という大きなビジョンで事業を行っています。

クレイア・コンサルティング

クレイア・コンサルティングは、ビジネス環境に合わせた「ベストプラクティクス」を追求し、組織・人事領域に専門特化したコンサルティングサービスを提供しています。 米大手コンサルティングファーム「アーサー・アンダーセン」のメンバーが、2002年に独立・創業し、大企業からベンチャー企業まで様々な業種・規模のクライアントにClient Firstを信条とし、期待を確実にカタチにするサービスを提供するプロフェッショナルファームです。 クレイア・コンサルティングは、強みとしているコンサルティングサービスを活用し、さまざまな業種の企業から依頼を受け、それに対応できるコンサルタントのプロがいる環境で学ぶことができる企業です。

エフアンドエム

エフアンドエムは、個人事業主や中小企業を中心にバックオフィス業務改善をサポートしているコンサルティング企業です。 「サービスの水道哲学」というコンセプトのもとに企業経営しており、必ず毎年行う個人事業主や中小企業の会計処理に関するサービスを低価格で高品質に提供しています。 人事労務クラウドシェア率No.1の「オフィスステーション」は継続率99%以上で継続率も高く、安定した業績を保つことが可能です。

LOCUS

LOCUSは動画制作のコンサルティングを行っている企業です。 LOCUSでは、テレビCMのような数百〜数千万の予算をかける必要がなく、リーズナブルな価格で費用対効果の高い動画制作・映像制作が可能です。 低価格で良質な動画を制作できるのが最大の強みで、大手からベンチャーまでさまざまな企業の課題解決に貢献しています。 動画制作のコンサルティング以外には、動画を用いて「採用コンサルティング」「新規事業」を行っています。 取引実績は1,000社を超えており、大手からベンチャーまであらゆる規模・業種の企業のコンサルティングをしています。

プライマル

プライマルは、新規事業立ち上げ経験を活かした、新規事業に特化したコンサルティングファームです。 新規事業の企画、緻密な戦略・計画といった新規事業の立ち上げを一気通貫でサポートしています。 過去950案件で積み上げた理論をもとに、ハッチング活動を通じてビジネスモデル磨き、新規事業立ち上げで不足している各種リソース・機能を知的に粘り強く支援しています。 プライマルは、強みとしている新規事業開発コンサルティングにおいて、クライアントのニーズに寄り添った事業展開と1人の裁量が大きく経験を積める企業です。

ZSアソシエイツ

ZSアソシエイツは少数精鋭のコンサルティングファームでありながら日本国内だけでなく海外にも事業を展開している企業です。 人材も日本国内だけでなく世界中から集まるため、ビジネス英語が必須であり、業務で英語を使うということが言えます。 ZSアソシエイツの事業内容は、営業・マーケティング専門のコンサルティングで幅広い業界に精通していますが、特に医薬品、医療機器メーカーのコンサルティングに強いです。

宝印刷

宝印刷はディスクロージャーの支援やIRの支援を専門とするコンサルティングファームです。 宝印刷は、長年培った情報開示のノウハウを活かし、企業が情報開始をする際に投資家や株主から信頼を得るためにIRの支援をしています。 また、宝印刷の社名は印刷ですが、印刷物に限らず様々なサービスを提供しています。 ディスクロージャーやIRの支援以外にも、Webサイト制作やセミナーの開催、書類の出版などの事業も展開しています。

日本経営

日本経営は1967年に設立された、医療・介護業界に特化したコンサルティング会社で、業界シェアは売上ベースで首位を誇ります。 事業は、「事業戦略・経営コンサルティング」「組織戦略コンサルティング」の2つが主力となっています。 事業内容の領域は、「保険・医療・福祉機関の事業戦略・経営改善のコンサルティング」と「企業・保険・医療・福祉機関の組織戦略コンサルティング」の領域を得意としています。

インターブランドジャパン

インターブランドは1974 年にロンドンで「Novomark」として設立し、現在はニューヨークに本社を置く外資系ブランドコンサルティングファームです。 1979年にニューヨークに進出後、会社名を現在の「Interbrand」に改称しており、1983年に世界第3の拠点となる東京に「インターブランドジャパン」として進出しています。 インターブランドは世界約30ヵ国、40の地域に拠点を置くグローバルファームで、その規模は世界最大級を誇り、世界中のエクセレントカンパニーを顧客に持つ企業です。 インターブランドジャパンでは、日系・外資系企業、政府・官公庁など様々な組織・団体に対し、ブランディングサービスを提供しています。

トライベック・ストラテジー

トライベック・ストラテジー株式会社は、2020年9月1日付けで、子会社の株式会社トライベック・ブランド戦略研究所、トライベック・プロフェッショナルサービス株式会社を吸収合併し、トライベック株式会社へ社名を変更しました。 企業の新たな成長の可能性を広げて、人々の暮らしや未来を豊かにできる力を集結。新たな事業を展開して分散していた経営資源を統合し、サービスデリバリー体制の強化、総合的なデジタルソリューションの提供を目指しています。 トライベック株式会社のサービスは、大きく5つあり、リサーチソリューション・デジタルマーケティング支援・マーケティングオートメーション・広告代理・メディアと幅広いサービスを提供しています。

セレブリックス

セレブリックスは、【風通しの良さ】【成長環境が整っていること】で評判の良い日系大手企業です。 リクルート出身の経営陣が設立した会社のため、リクルートに似た社風で、年齢やキャリアに関係のなく大きな仕事を獲得できるチャンスがあります。 営業会社のため、目標達成に注力している社員が多いことから、努力を惜しまない社員が多く、チームワークが非常に良いと評判です。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

関連記事

目次

人気記事ランキング