【14分類】コンサルティングファーム会社一覧|人気外資系から特化型まで

【14分類】コンサルティングファーム会社一覧|人気外資系から特化型まで

高収入の代名詞と言われているコンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事では、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。コンサルティングファームへ転職をお考えの方、興味がある方はぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.コンサルティングファームとは
  2. 2.人気外資系コンサルティングファーム
  3. 3.戦略系コンサルティングファーム
  4. 4.総合系コンサルティングファーム
  5. 5.経営系コンサルティングファーム
  6. 6.シンクタンク
  7. 7.IT・業務系コンサルティングファーム
  8. 8.FAS・M&A
  9. 9.監査法人
  10. 10.財務系コンサルティングファーム
  11. 11.国内独立系コンサルティングファーム
  12. 12.人事系コンサルティングファーム
  13. 13.医療系コンサルティングファーム
  14. 14.業界特化型コンサルティングファーム
  15. 15.事業再生系コンサルティングファーム

コンサルティングファームとは

数ある企業の中でも特に高収入、ハイキャリアと言われるコンサルティングファームについてご紹介します。

コンサルティングファームの仕事は、企業の経営課題を見つけ、解決することです。
中には、その戦略や改善方法を提示するだけでなく、実行まで手助けをするコンサルティングファームも多く登場しています。

コンサルティングファームは、コンサルティング行為に対して報酬を頂く仕組みなので、
「クライアントの課題を明らかにする」「課題を解決するための方法を考える」「解決に向けて実行する」
これらを遂行する能力が求められます。

本記事では、各種コンサルティングファームの分類や業務内容をまとめ、該当する企業をまとめました。
さらに各コンサルティングファームの転職情報や年収、他に評判や激務度などについての解説もありますので、併せてご覧ください。
中には、転職活動で知っておくべき企業の特色や強み、採用情報、内定者からヒアリングした実際の選考内容が掲載されているものもありますので、コンサルティングファームに転職したい方はぜひ見てください。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

人気外資系コンサルティングファーム

高収入であり、ハイキャリアの代名詞ともいえるのが人気外資系コンサルティングファームです。
キャリアアップを目指す人が多く挑戦するため、転職市場において大人気です。

外資系コンサルに明確な定義はありませんが、一般的に外国法人又は外国資本のコンサルティングファームのことを言います。
外資系コンサルティングファームは、クライアント企業の経営上の問題や課題を発見し解決することが主な業務です。

今回はそんな外資系コンサルティングファームの企業を一覧化しました。
「外資系コンサルってよく聞くけど、どの企業が該当するのかわからない」といった方も理解が深まりますのでぜひご覧ください。

日本IBM

日本IBMは、企業の経営課題を抽出し、システム導入やIT技術を用いた経営戦略や事業戦略の立案・実行をするコンサルティングサービスを行っています。 他に、サーバー・ストレージなどを製造しているハードウェア事業を行っており、ソフトウェアの開発と合わせることで、ハードとソフトを兼ね備えた強みを活かして事業展開を行っています。 顧客企業の「DXを推進できる人材の拡充」のニーズに応えるため、日本IBMは2021年度に、DX関連人材を1000人以上中途採用するという、国内IT企業で過去最大級の取り組みを行いました。

リグリット・パートナーズ

リグリット・パートナーズは、豊富なプロジェクト実績とスタートアップコンサルティングファームならではの働きがいや特色のあるITコンサルティングファームです。 リグリッドパートナーズの特徴は本業のコンサルティングに加え、創業5年目の創業フェーズにおいて「会社を創っていく」社内業務を両立する環境下で個人が働きがいを見出し、活躍する社風にあります。 昨年度は2021年版は日本における「働きがいのある会社」ランキングにおいてベストカンパニーに選出され、小規模部門(従業員数25名〜99名以下)で26位にランクインしています。

マーサージャパン

マーサージャパンは成長と買収を通じて拡大し、保健、年金、投資、人材分野のグローバルリーダーへと成長したコンサルティングファームです。 現在、マーサージャパンは世界中で130もの市場でお客様と協働し、彼らの従業員の未来をより明るくし続ける支援をしています。 特徴としては、人事の視点に閉じない戦略的アプローチとグローバル案件に強みを持っている点が挙げられます。 人事屋的なコンサルティングからの脱却を目指し、マッキンゼー、BCG、ワトソンワイアット出身者を経営層に迎え、戦略的アプローチからのコンサルティングを強化しています。

Strategy&

Strategy&は1世紀以上に渡ってコンサルティングファームとして活躍してきたブーズ・アンド・カンパニーとPwCが経営統合を行ったことにより創設された戦略コンサルティングファームです。 Strategy&のサービス内容は、全社事業戦略、カスタマー戦略、ファイナンス戦略、組織戦略、技術・イノベーション戦略といった内容があげられます。 事業領域は自動車、産業機械、医薬・医療、エネルギー、化学、情報通信と非常に幅広い領域にサービスを提供しています。 PwCのネットワークを利用できることもあり、クライアント業種は非常に多岐にわたっています。

PwCコンサルティング

PwCコンサルティングは、業績も好調で、大竹社長のもと過去の事例も豊富で、将来性と評判の高い外資系総合系コンサルティングファームです。 事業内容は、ビジネスコンサルティングから内部統制を手掛けるものまで、フィールドは多岐に渡ります。 世界最大級のコンサルティングファームであるPwCコンサルティングというブランドのもと、あらゆる業種の企業、コミュニティに総合的サービスを展開しています。 160か国のネットワークを持つPwCコンサルティングだからこそ、広い視野とネットワークを持ち、グローバルに活躍できるといえます。

KPMGコンサルティング

KPMGコンサルティングは、BIG4と呼ばれる外資系コンサルティングファームのうちの一つです。 BIG4は元々会計事務所でしたが、コンサルティングファームとしても世界でもトップレベルの評判があります。 KPMGFASの事業領域は「経営戦略」、「M&A/PMI」、「事業再生」、「フォレンジック」ですが、事業再生以外の3分野については、日本企業のグローバル化と海外進出の際に需要があります。 KPMGコンサルティングは総合系コンサルティングファームなので、戦略コンサルティングだけではなく会計系・IT系のプロジェクトについても手掛けています。

アクセンチュア

アクセンチュアは、アイルランドに本社を持ち、世界120カ国以上に事業を展開している世界最大のコンサルティングファームです。 日本国内では、主に「経営コンサルティング」「テクノロジー・サービス」「アウトソーシング・サービス」を提供しています。 日本国内でのアクセンチュアの実績は、日本の一流大手企業や政府機関へのコンサルティングがほとんどです。 特に強みを持っている分野としては、グローバルのビジネス分野やテクノロジー分野が挙げられます。

ベインアンドカンパニー

ベインアンドカンパニーは、1973年にビル・ベインによって設立された、経営戦略コンサルティングファームです。 ベインのコンサルタントは徹底した「結果主義」を標榜し、クライアントのフルポテンシャル実現を目標に、具体的に目に見える成果を出すことを信条として、全社戦略やトランスフォーメーション案件を多く扱っています。 そして、海外プロジェクトへのアサインや海外オフィスへのトランスファー制度などが充実しているため、東京オフィスに来るグローバルメンバーも多く、グローバル・ワンチームで活動しています。

ローランドベルガー

ローランドベルガー(RB)は、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く、ヨーロッパを代表する経営戦略コンサルティングファームです。 1967年の設立以来、40年にわたって、自動車、消費財、流通、化学、機械、医薬品などの製造業、そして、金融、情報通信、航空・運輸などのサービス業など幅広い業界のクライアントに対する数多くのコンサルティング実績を残してきました。 特徴には、短期的な企業価値向上・株主価値向上だけではなく長期的な視点での成長を支援する事、経営学のセオリーに偏ったトップダウンアプローチを採るのではなく企業の文化・社員の意思を尊重する事、アントレプレナーシップを尊重する企業文化、などが挙げられます。

マッキンゼー

マッキンゼーは1926年にジェームズ・O・マッキンゼーによって設立された、年間1600以上のコンサルティング・プロジェクトを手掛けるグローバルな戦略系コンサルティングファームです。 "Fact-base(事実に立脚する)"、"Analytical approach(分析的アプローチ)"という概念、および科学的かつ論理的な問題解決の方法論を、経営コンサルティングの世界で初めて明確なスキームとして確立したことでも有名です。 トップファームであるマッキンゼーのクライアントは、リーディングカンパニーの経営者が多く、難しい仕事が多い中、いかに高い生産性でこなすかが重要であるため、グローバルトレーニングや社費でのMBA留学などの社員教育に関して投資を惜しまない姿勢が見受けられます。

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングは、デロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援する総合系コンサルティングファームです。 会計事務所のバックグラウンドを持つことから、「監査・保証業務」や「税務・法務」から「ファイナンシャルアドバイザリー」など幅広いコンサルティング事業を展開する点も特徴的です。 最近では、企業のIT化に伴って、業務効率化やデジタルトランスフォーメーションの領域にも進出していることから、対応する業務は幅広いものとなっています。 また、クライアントの持続的で確実な成長を支援するコンサルティングサービスはもちろん、社会課題の解決と新産業創造でクライアントと社会全体を支援します。

BCG

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は1963年に創設、アメリカに本社を置く、世界的に有名な戦略コンサルティングファームです。 全世界で戦略コンサルティングビジネスを展開しているため、グローバルで年齢や学歴に偏りのない、多様性に富むチームを抱えており、産業や経営トピックに関する深い専門知識と企業変革を促進する洞察を有しています。 これらに加えて、テクノロジー、デジタルベンチャー、パーパスなどの各領域の専門組織やスキルも活用し、現在の時流にあった難易度の高い経営課題に対しソリューションを提供します。 戦略コンサルのファームの中でもいち早く、ITスキルに着目し総合系コンサルに近い案件も手掛けるようになりました。

A.T.カーニー

A.T.カーニーは1926年に米国シカゴで創立された世界有数の外資系の経営コンサルティング会社です。 高度な専門性、目に見える成果の実現、顧客企業との密接な協働作業を最大の強みとし、現在では全世界41カ国63の拠点に3,600名以上のスタッフとグローバルネットワークを擁します。 あらゆる主要産業分野のグローバル1,000社や各国の大手企業や政府系機関等を中心顧客とし、戦略からオペレーション、ITにいたるまで一貫した高品質のサービスを提供しています。

アーサーDリトル

アーサーDリトルは、1886年にアーサーDリトル博士により設立された世界最古の外資系戦略系コンサルティングファームです。 設立のバックグラウンド・経緯から、伝統的に技術力を中心とした戦略コンサルティングに強みを持っています。日本では製造業を中心としたクライアントに対して、ファームが蓄積してきた技術に対する知見をもとにコンサルティングを行ってきました。 製造業に強く、技術系の知見を強みとするコンサルティングファームということもあり、ファーム内には理系人材が多く在籍していると評判です。

EYストラテジー&コンサルティング

EYストラテジーアンド・コンサルティングは、世界4大会計事務所(BIG4)の一角であるアーンスト・アンド・ヤング(EY)の日本のメンバーファームです。 コンサルティング業務の事例として、ERP (Enterprise Resource Planning) 導入プロジェクト、財務会計業務の戦略的アウトソーシングプロジェクト、海外拠点におけるグローバル人材マネジメント支援プロジェクトなどが挙げられます。 ビジネス環境の急速な変化に則したクロスボーダー案件が多く、EYが培ってきたグローバルで一貫したノウハウやツール、知見と専門性を活かしたサービスの提供を得意としています。

戦略系コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングファームは、企業の経営戦略の策定が一番の仕事です。
クライアントの業務内容だけでなく人事や財務など、企業の全体系を把握し、経営戦略を立てていきます。

業務の流れとしては、戦略の仮説を立てる、情報収集、分析、計画の策定といった流れです。
企業の抱える課題に合わせて、業務改善、M&A戦略などのコンサルティングを提供します。

論理的思考(ロジカルシンキング)とそれをわかりやすく伝えるプレゼンテーション力の2つのスキルが必要とされることが多いです。

以下、戦略コンサルティングファームをまとめましたのでぜひご覧ください。

クニエ

クニエは、NTTデータグループのコンサルティング会社で、経営戦略・企業改革に関するコンサルティングサービスを提供しています。 NTTデータグループの一員であることが強みで、コンサルタントとして高い専門力が身につけられるクニエは、主に製造業の案件が得意であると評判です。 合併前の強みである、NTTデータビジネスコンサルティングの国内の大手製造業の経営コンサルティングを手がけてきた実績と、ザカティーコンサルティングの欧米型のグローバルな知見が融合することで、独自のコンサルティングスタイルを構築しています。

ビジョン・コンサルティング

ビジョン・コンサルティングは、AIなどの最新技術を駆使した事業展開に強みを持つ戦略コンサルティング会社です。 日系企業ながらグローバル性を大切にしている点、最新技術を駆使した事業展開、コンサルティング事業と新規事業の両方を行っているという特徴があります。 AI等の新たな価値を技術の掛け合わせにより社会に価値を提供することで、過去5年の売上高成長率は約2971%と世界トップクラスの成長を遂げている企業です。

経営共創基盤

経営共創基盤はBCG出身の著名な経営コンサルタントである冨山和彦氏が創業した、国内トップクラスの経営コンサルティングファームです。 産業再生機構出身の創業メンバーが多いため、特に事業再生・政府案件の分野を得意領域としているという評判のあるファームです。 ハンズオン型で経営戦略策定だけでなく実行まで参画することで価値を出していくタイプのコンサルティングファームです。 各分野のプロフェッショナルが集っているファームであり、それらの知見を統合してクライアントの価値創造のために難易度の高いプロジェクトを実行しています。

コーポレイトディレクション

コーポレイトディレクションは、国内初の独立系経営戦略コンサルティング会社として設立されたファームで、少数精鋭で採用した新卒全員をマネージャーまで育てあげるという方針を取っています。 さらに、欧米の合理的経営戦略思考を日本企業の経営に融合させることを基本テーマとすることで他ファームとの差別化を図っています。 設立以来、国内外の一流企業や官公庁の外部ブレーンとして実績を重ね、戦略系コンサルティング業界において規模・質両面でのリーディングファームへと成長を遂げています。

ガートナージャパン

ガートナージャパンは、世界最大規模のICT(情報通信技術)のアドバイザリー企業です。 世界100か国以上に拠点を持ち、2,000人以上のリサーチ・アナリスト、15,000人以上のコンサルタントとアソシエイツで構成されています。 ガートナージャパンの主な事業は、リサーチ&アドバイザリー事業、コンサルティング事業、コンファレンス事業の3つを主軸としています。

L.E.Kコンサルティング

L.E.Kコンサルティングは、アメリカだけではなくヨーロッパ、アジア太平洋地域などに業務展開をしている経営戦略コンサルティングファームです。 L.E.K.は幅広い業界での実績を有し、業界リーダー企業と長年にわたる支援・協働を通じて、深い理解とグローバルな専門家ネットワークを築いています。 また、米国の調査会社が選出するコンサルティングファームランキングでは毎年10位前後にランクインしています。 主にヘルスケア(医療機器、製薬会社)、消費財、プライベートエクイティ領域を強みとし、日本においてはビジネス戦略・拡大、課題解決を幅広い経験とノウハウによって顧客企業に提供しています。

Strategy&

Strategy&は1世紀以上に渡ってコンサルティングファームとして活躍してきたブーズ・アンド・カンパニーとPwCが経営統合を行ったことにより創設された戦略コンサルティングファームです。 Strategy&のサービス内容は、全社事業戦略、カスタマー戦略、ファイナンス戦略、組織戦略、技術・イノベーション戦略といった内容があげられます。 事業領域は自動車、産業機械、医薬・医療、エネルギー、化学、情報通信と非常に幅広い領域にサービスを提供しています。 PwCのネットワークを利用できることもあり、クライアント業種は非常に多岐にわたっています。

ベインアンドカンパニー

ベインアンドカンパニーは、1973年にビル・ベインによって設立された、経営戦略コンサルティングファームです。 ベインのコンサルタントは徹底した「結果主義」を標榜し、クライアントのフルポテンシャル実現を目標に、具体的に目に見える成果を出すことを信条として、全社戦略やトランスフォーメーション案件を多く扱っています。 そして、海外プロジェクトへのアサインや海外オフィスへのトランスファー制度などが充実しているため、東京オフィスに来るグローバルメンバーも多く、グローバル・ワンチームで活動しています。

ローランドベルガー

ローランドベルガー(RB)は、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く、ヨーロッパを代表する経営戦略コンサルティングファームです。 1967年の設立以来、40年にわたって、自動車、消費財、流通、化学、機械、医薬品などの製造業、そして、金融、情報通信、航空・運輸などのサービス業など幅広い業界のクライアントに対する数多くのコンサルティング実績を残してきました。 特徴には、短期的な企業価値向上・株主価値向上だけではなく長期的な視点での成長を支援する事、経営学のセオリーに偏ったトップダウンアプローチを採るのではなく企業の文化・社員の意思を尊重する事、アントレプレナーシップを尊重する企業文化、などが挙げられます。

リブコンサルティング

リブコンサルティングは、2012年7月の創業の経営コンサルティング会社で、現在日本を中心にアジア3カ国で事業展開をしている新興のコンサルティングファームです。 また、企業理念である「“100年後の世界を良くする会社”を増やす」に基づき、より良い未来を創っていくのは新たな挑戦を続けるベンチャー企業だと考え、業界では他に例のないベンチャー企業の支援を行っています。 業界別には、ヘルスケア、モビリティ、カーディーラー、製造業、住宅・不動産をカバーしています。 また、韓国、タイ、中国で事業展開もしており、日系企業の海外進出のサポートも行っています。

アクティベーションストラテジー株式会社

アクティベーションストラテジー株式会社(CDIソリューションズ)は、戦略コンサルティングファームとして事業を展開し、業務改革やIT領域のコンサルティングに特化しています。 特徴は、「人間力を武器としている」「洞察力、共創力、完遂力を兼ね備えている」の2つです。 アクティベーションストラテジー株式会社(CDIソリューションズ)は「必ずクライアントを笑顔にする」という信念を持って企業活動を行っています。 クライアントとともにベストな戦略を導き出すため、アクティベーションストラテジー株式会社(CDIソリューションズ)は要不可欠な力を兼ね備えたプロの集団として企業活動を行っています。

イントループ

イントループは、法人向けサービスで、戦略コンサルティングから海外進出支援まで幅広く事業を行っている、独立系のコンサルティングファームです。 このイントループという社名は「Introduction」+「Loop」を組み合わせた造語で、イントループは「企業も人間も、周囲の支えがなければ存在しえない」という企業理念に基づいています。 コンサルティングのサービスでは、戦略コンサルティングや業務改善コンサルティング、ITコンサルティング、RPAコンサルティングなどを行っています。 その他の法人向けサービスではデジタルトランスフォーメーション支援や人材ソリューション、海外進出支援などを行っています。

電通コンサルティング

電通コンサルティングは、電通グループのコンサルティング会社で、経営戦略コンサルティングにおいて高いスキルを持っています。 電通コンサルティングは、誰もがたどり着ける「同じ答え」ではなく、少し違う角度や他の業種に置き換えたときの視点といった第三者視点からのコンサルティングを行い、クライアントにしかできない最適解を導き出すことを目的としています。 クライアント理解を深化させ、クライアントのみにフィットする戦略のオプションをクライアントと一緒に導き出していくことが重要とし、「シェルパ」(案内人)のポジションでのコンサルティングを目指しています。

ウルシステムズ

ウルシステムズは、高い技術力を有し、IT戦略立案から業務改革まで改革を実行する、ITコンサルティングを提供する日系コンサルティングファームです。 経営課題の抽出からプロジェクトの管理、最適なシステムの実現まで利益に対しての最善を目指す企業です。 戦略立案から業務改革までのトータルなサポートに加え、高い技術力を有していることから多くの日系大手企業をクライアントとして活動しています。

インターブランドジャパン

インターブランドは1974 年にロンドンで「Novomark」として設立し、現在はニューヨークに本社を置く外資系ブランドコンサルティングファームです。 1979年にニューヨークに進出後、会社名を現在の「Interbrand」に改称しており、1983年に世界第3の拠点となる東京に「インターブランドジャパン」として進出しています。 インターブランドは世界約30ヵ国、40の地域に拠点を置くグローバルファームで、その規模は世界最大級を誇り、世界中のエクセレントカンパニーを顧客に持つ企業です。 インターブランドジャパンでは、日系・外資系企業、政府・官公庁など様々な組織・団体に対し、ブランディングサービスを提供しています。

総合系コンサルティングファーム

総合コンサルティングファームは、総合という名の通り、幅広いコンサルティングをおこなっています。
戦略・業務・IT・組織人事・財務などのすべてのソリューション(サービス)
製造業、金融、通信、官公庁などあらゆるインダストリー(業界)
これらすべてをカバーしているため、大規模なコンサルティングを提供できるのが特徴です。

コンサルティングの際は、ソリューションやインダストリー別に特化した専門コンサルタントがチームをつくって対応します。
各領域の専門家が協力し、変革をサポートするので、幅広い分野をカバーしていながらも知識や業務が浅いというわけではありません。

総合系ファームは大企業といえる規模の人員を抱えており、国内拠点も東京だけでなく主要都市をカバーしているファームも多くあります。
BIG4に所属するコンサルティングファームは、グループ内に会計事務所、監査法人、法務、ファイナンシャルアドバイザリーなどそれぞれに適した企業を抱えており、連携してグローバルサービスを提供しています。

戦略コンサルティングファームとの差別化として、総合ファームとして戦略立案以降の実行支援まで行うことができる点が挙げられますが、近年では戦略コンサルティングファームも領域を広げる傾向があり、総合系との差がなくなってきている状態です。

ドリームインキュベータ

ドリームインキュベータは、事業創造と成長に業界を固定せず横断的に立ち向かい、数千億円規模の新事業創造に取り組んでいる会社です。 そのために、コンサルティング事業もコアケイパビリティである戦略に加え、技術・政策・デザインも融合させながら独自の方針で展開しています。 元BCGのトップマネジメント陣が創立した会社であり、創業来、その出自をベースに経営の根幹に関わる課題解決をテーマとした戦略コンサルティングサービスを提供してきました。 社内においても、戦略コンサルをベースにした考え方やアプローチ、人材育成が徹底されており、これらを基盤とし、さらに応用・発展させながら、クライアントに対して付加価値を提供しています。

ベイカレントコンサルティング

ベイカレントコンサルティングは、経営戦略の提案、業務効率化を目的としたITコンサルティング業務を主軸としており、戦略策定からハンズオン型の業務・IT推進まで、広範囲にサービスを提供しています。 社内組織はインダストリー毎の縦割りではなく、業界横断で取り組むことができる為、異業種とのアライアンス策定・推進を得意としていると評判です。 またベイカレントは日系企業の海外進出支援も手がけており、目標として「日本発アジアNo1のコンサルティングファーム」を目指すベイカレントは英語力を重視しています。

日立コンサルティング

日立コンサルティングは、親会社である日立製作所が持っている技術力やノウハウを最大限に活用し、公共領域から事業会社まで広範な領域で顧客に対してコンサルティングサービスを提供できる点が強みです。 また、日立製作所の技術だけではなく日立製作所が長年営業する中で構築してきた顧客との関係性も活用し、比較的安定して案件を受注できます。 日立コンサルティングのコンサルタントは、戦略立案などの上流工程を中心に携わるにもかかわらず、親会社である日立製作所に下流工程を任せることで上流から下流まで全ての工程に関わることができます。

日本IBM

日本IBMは、企業の経営課題を抽出し、システム導入やIT技術を用いた経営戦略や事業戦略の立案・実行をするコンサルティングサービスを行っています。 他に、サーバー・ストレージなどを製造しているハードウェア事業を行っており、ソフトウェアの開発と合わせることで、ハードとソフトを兼ね備えた強みを活かして事業展開を行っています。 顧客企業の「DXを推進できる人材の拡充」のニーズに応えるため、日本IBMは2021年度に、DX関連人材を1000人以上中途採用するという、国内IT企業で過去最大級の取り組みを行いました。

クニエ

クニエは、NTTデータグループのコンサルティング会社で、経営戦略・企業改革に関するコンサルティングサービスを提供しています。 NTTデータグループの一員であることが強みで、コンサルタントとして高い専門力が身につけられるクニエは、主に製造業の案件が得意であると評判です。 合併前の強みである、NTTデータビジネスコンサルティングの国内の大手製造業の経営コンサルティングを手がけてきた実績と、ザカティーコンサルティングの欧米型のグローバルな知見が融合することで、独自のコンサルティングスタイルを構築しています。

刀 KaTaNa

刀は、マーケティングに特化したコンサルティングファームです。 マーケティング力の課題を抱えている企業に対し、精鋭マーケターを送り込み、喫緊課題への対処から高度なマーケティングノウハウまで、かなり広い範囲のコンサルティングを行っています。 クライアント企業がマーケティング力を見に付けるために、一時的に問題を解決するだけではなく、問題の解決方法を教えており、「ノウハウを移植するためのノウハウ」を蓄積し、企業が確実にマーケティング力を身に着けられるようなシステム作りに取り組んでいます。

いつも.

いつも.は全国のEC事業者から契約数10,000件以上の実績のあるEC専門のマーケティング総合支援を行う会社です。 楽天市場やアマゾンなどのECマーケット参入を考えている企業のEC戦略の支援を行っています。 ECマーケティングサービスのほかには、EC参入から物流までを代行するサービス、事業やブランドを引き継ぎ運営するサービス、育成型D2C・EC人材マッチングサービスなども展開しています。 ECマーケティングだけに留まらず、運営代行や新規立ち上げ、EC運営の人材育成まで、ECに関して幅広く手掛けているECマーケティング総合支援を行っている企業です。

シグマクシス

シグマクシスは、2008年に日本の総合商社の代表格である三菱商事と、アメリカにある投資ファンドのRHJインターナショナルの共同出資により設立された日系コンサルティングファームです。 シグマクシスはコンサルティングファームとして、主に企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するためのコンサルティングサービスを提供しています。 投資会社や事業会社など各種パートナーとの強いコネクションを有しており、魅力的な案件を獲得できるところが特徴で、事業投資も行っているため、コンサルティングサービス以上の付加価値を顧客に提供できます。

日本能率協会総合研究所

日本能率協会総合研究所は、官公庁や民間企業などさまざまな団体・企業に総合コンサルティングを行っている企業です。 「技術力」「智力」「人間力」の3つを強みとし、クライアントの課題解決に貢献しています。 具体的には、「官公庁の政策立案、計画立案のための調査研究事業」「民間企業のマーケティング、マネジメント領域での各種調査研究事業」「会員制のビジネス情報提供サービス事業」の3つの事業を展開しています。

PwCコンサルティング

PwCコンサルティングは、業績も好調で、大竹社長のもと過去の事例も豊富で、将来性と評判の高い外資系総合系コンサルティングファームです。 事業内容は、ビジネスコンサルティングから内部統制を手掛けるものまで、フィールドは多岐に渡ります。 世界最大級のコンサルティングファームであるPwCコンサルティングというブランドのもと、あらゆる業種の企業、コミュニティに総合的サービスを展開しています。 160か国のネットワークを持つPwCコンサルティングだからこそ、広い視野とネットワークを持ち、グローバルに活躍できるといえます。

KPMGコンサルティング

KPMGコンサルティングは、BIG4と呼ばれる外資系コンサルティングファームのうちの一つです。 BIG4は元々会計事務所でしたが、コンサルティングファームとしても世界でもトップレベルの評判があります。 KPMGFASの事業領域は「経営戦略」、「M&A/PMI」、「事業再生」、「フォレンジック」ですが、事業再生以外の3分野については、日本企業のグローバル化と海外進出の際に需要があります。 KPMGコンサルティングは総合系コンサルティングファームなので、戦略コンサルティングだけではなく会計系・IT系のプロジェクトについても手掛けています。

アクセンチュア

アクセンチュアは、アイルランドに本社を持ち、世界120カ国以上に事業を展開している世界最大のコンサルティングファームです。 日本国内では、主に「経営コンサルティング」「テクノロジー・サービス」「アウトソーシング・サービス」を提供しています。 日本国内でのアクセンチュアの実績は、日本の一流大手企業や政府機関へのコンサルティングがほとんどです。 特に強みを持っている分野としては、グローバルのビジネス分野やテクノロジー分野が挙げられます。

マッキンゼー

マッキンゼーは1926年にジェームズ・O・マッキンゼーによって設立された、年間1600以上のコンサルティング・プロジェクトを手掛けるグローバルな戦略系コンサルティングファームです。 "Fact-base(事実に立脚する)"、"Analytical approach(分析的アプローチ)"という概念、および科学的かつ論理的な問題解決の方法論を、経営コンサルティングの世界で初めて明確なスキームとして確立したことでも有名です。 トップファームであるマッキンゼーのクライアントは、リーディングカンパニーの経営者が多く、難しい仕事が多い中、いかに高い生産性でこなすかが重要であるため、グローバルトレーニングや社費でのMBA留学などの社員教育に関して投資を惜しまない姿勢が見受けられます。

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツコンサルティングは、デロイトの一員として日本のコンサルティングサービスを担い、提言と戦略立案から実行まで一貫して支援する総合系コンサルティングファームです。 会計事務所のバックグラウンドを持つことから、「監査・保証業務」や「税務・法務」から「ファイナンシャルアドバイザリー」など幅広いコンサルティング事業を展開する点も特徴的です。 最近では、企業のIT化に伴って、業務効率化やデジタルトランスフォーメーションの領域にも進出していることから、対応する業務は幅広いものとなっています。 また、クライアントの持続的で確実な成長を支援するコンサルティングサービスはもちろん、社会課題の解決と新産業創造でクライアントと社会全体を支援します。

デロイトトーマツリスクサービス

デロイトトーマツリスクアドバイザリーは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループ「デロイトトーマツグループ法人」の1つです。 監査・保証業務、税務・法務、コンサルティング、リスクアドバイザリー、ファイナンシャルアドバイザリーの5つのビジネスとコーポレート機能からなるサービス展開で、企業や組織へのITリスクに関するコンサルティングサービスを行っています。 またデロイトトーマツグループは、各グループ法人が高い専門領域、業種・業界に特化した知見、グローバルネットワークを生かして地域密着型の支援を行うことで、幅広いサービスを総合的に提供している企業です。

アーサーDリトル

アーサーDリトルは、1886年にアーサーDリトル博士により設立された世界最古の外資系戦略系コンサルティングファームです。 設立のバックグラウンド・経緯から、伝統的に技術力を中心とした戦略コンサルティングに強みを持っています。日本では製造業を中心としたクライアントに対して、ファームが蓄積してきた技術に対する知見をもとにコンサルティングを行ってきました。 製造業に強く、技術系の知見を強みとするコンサルティングファームということもあり、ファーム内には理系人材が多く在籍していると評判です。

EYストラテジー&コンサルティング

EYストラテジーアンド・コンサルティングは、世界4大会計事務所(BIG4)の一角であるアーンスト・アンド・ヤング(EY)の日本のメンバーファームです。 コンサルティング業務の事例として、ERP (Enterprise Resource Planning) 導入プロジェクト、財務会計業務の戦略的アウトソーシングプロジェクト、海外拠点におけるグローバル人材マネジメント支援プロジェクトなどが挙げられます。 ビジネス環境の急速な変化に則したクロスボーダー案件が多く、EYが培ってきたグローバルで一貫したノウハウやツール、知見と専門性を活かしたサービスの提供を得意としています。

船井総研

船井総研は、1970年に設立された社員数1,000名強を誇る日本最大級の経営コンサルティングファームです。 経営コンサルティングでは、月次支援コンサルティング(ソリューションコンサルティング)とプロジェクト型支援コンサルティング(オーダーメイドコンサルティング)があります。 業種・業態・産業別に約140のチームが存在し、それぞれの専門領域でデータ分析や机上の空論に留まらない「現場重視」の調査・分析に始まり競争戦略の策定から 実行支援まで、クライアントの発展のためのあらゆるコンサルティングサービスを提供しています。 中でも、流通・サービス業を得意分野とし大手から中小企業まで広くカバーしています。

進研アド

進研アドは教育に特化した広告会社ですが、その業務は広告を打ち出すだけに留まらず、コンサルタントや教育といった、全国の高等教育機関が抱える教育課題・広報課題を、総合的・戦略的に解決する支援を行っています。 通信教育の最大手であるベネッセホールディングスの連結子会社であり、ベネッセグループならではの教育機関・高校生の双方から得たデータや情報といった教育情報資産を強みとしており、マーケティングリサーチによって全国各地の個性的な教育機関の、偏差値だけでは伝わらない研究内容や校風といったブランド戦略を立案したり、学生募集最適化のマーケティングシステムで、双方のミスマッチングを起こさないよう、広告という観点から貢献すると同時に、申請手続のマーケティングリサーチといった支援も行っています。

山田コンサルティンググループ

山田コンサルティンググループは、1989(平成元)年7月に設立された総合コンサルティングファームです。 健全な価値観・社会貢献・個と組織の成長を企業理念とし、高い目標を掲げて顧客の発展に尽力しています。 山田コンサルティンググループには、会計・税務・法律・事業・M&A・IT・海外・不動産・教育の専門家がおり、企業の経営をサポートしています。 このような強みを存分に生かして山田コンサルティンググループは、大企業から中小企業までさまざまな領域で実績を上げ活躍してきました。

経営系コンサルティングファーム

経営系コンサルティングファームは、名前の通り企業の経営上の問題を解決できるようサポートします。

経営コンサルタントは、戦略、人事、業務、財務、ITなどを含めた、経営全般に携わります。
クライアントは、それぞれの専門分野のコンサルタントを、何人も抱えるのが難しい中小企業が多いようです。

企業の専門家と連携をとって、コンサルティングを進めていくのが特徴です。
業務として、資金調達や事業再生を行うので、クライアントからの感謝を頂くことや末永くお付き合いしていただける場合もあります。

タナベ経営

タナベ経営は、チームコンサルティングブランド(TCB)を展開しており、タナベ経営独自のメソッドで「変化と成長に挑む戦略パートナー」を実現しています。 コンサルティング提案を行うことが目的ではなく、あくまでも「課題解決」という結果を生み出すことが事業目的のひとつで、その結果、企業の繁栄が地域や社会の繁栄へと繋がっていくとタナベ経営は考えています。 そのために、やり抜く力、社会に貢献していきたいという熱い想い、そしてPDCAサイクルを回し、一歩一歩着実に歩みを進めることができる人をタナベ経営は必要としています。

ピー・アンド・イー・ディレクションズ

ピー・アンド・イー・ディレクションズは成長戦略立案や計画策定、実行支援に強い経営コンサルティング企業です。 「P&E」の社名の通り、計画策定(Planning)と実行支援(Excution)の双方からクライアントの事業成長に貢献することをミッションとしています。 新卒でアップルに入社した島田直樹氏が、その後MBA、外資系戦略コンサルティングファームであるボストン・コンサルティング・グループ、ICGジャパンを経て、世の中にはない会社を目指し「プランニング&エグゼキューション」をモットーに創業しました。

レイヤーズ・コンサルティング

レイヤーズ・コンサルティングは、オープンイノベーションの実現が強みの経営コンサルティング事業を行っています。 他には、ロングリレーションシップの構築、経営を4つのレイヤー(層)に分けて考える独特なコンサルティングの体系、クライアントに寄り添ったコンサルティングの進め方が特徴として挙げられます。 コンサルティングの方針が実行主義であり、三現主義を徹底しつつ、クライアントと協働しながら執念と情熱で最後までやりぬく企業です。

新経営サービス

新経営サービスは、京都を中心とした老舗の経営コンサルティング会社です。 各コンサルタントの意見が通りやすく裁量が大きく、小回りの利く中小規模の会社で随時中途採用を募集している、といった特徴があります。 顧客は中小企業がメインで、一部上場からスタートアップまでさざまな企業のコンサルティング実績があり、その数は2000社以上にのぼります。 またGPTWジャパンが主催する「働きがいのある会社」にも5年連続で選出されるなど、社員の労働環境改善にも力を入れている企業です。

リンク・ソリューション

リンク・ソリューションは、株式会社ベンチャー・リンクのコストダウン事業部門を分社化し、現在の株式会社リンク・ソリューションを設立。 その後、ベンチャー・リンクの中小企業ネットワークを活かした大手企業向けの購買活動の支援や、「Total Costdown System」(トータルコストダウンシステム)サービスをスタートさせ、事業を拡大しています。 さまざまな事業を展開する中で、海外に現地法人を設立するなど、幅広く活動し、新たなシステムの構築に取り組んでいます。

日本能率協会コンサルティング

日本能率協会コンサルティングは、株式会社 JIPMソリューションと合併し、現在の日本能率協会コンサルティングとして設立し、「持続可能な社会」の実現を目指し事業を拡大させています。 日本能率協会コンサルティングの特徴は、先進国の技術を日本企業へと還元するため、国の政策として誕生したことです。 日本能率協会コンサルティングの強みは、80年近くにわたり、経営管理技術の開発で企業の躍進をサポートし、築いてあげてきた実績です。 「アジアニゼーション」というコンセプトのもと、成長が著しい市場でのコンサルティングにも注力し、クライアントは50以上の国や地域に広がっています。

BCG

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は1963年に創設、アメリカに本社を置く、世界的に有名な戦略コンサルティングファームです。 全世界で戦略コンサルティングビジネスを展開しているため、グローバルで年齢や学歴に偏りのない、多様性に富むチームを抱えており、産業や経営トピックに関する深い専門知識と企業変革を促進する洞察を有しています。 これらに加えて、テクノロジー、デジタルベンチャー、パーパスなどの各領域の専門組織やスキルも活用し、現在の時流にあった難易度の高い経営課題に対しソリューションを提供します。 戦略コンサルのファームの中でもいち早く、ITスキルに着目し総合系コンサルに近い案件も手掛けるようになりました。

A.T.カーニー

A.T.カーニーは1926年に米国シカゴで創立された世界有数の外資系の経営コンサルティング会社です。 高度な専門性、目に見える成果の実現、顧客企業との密接な協働作業を最大の強みとし、現在では全世界41カ国63の拠点に3,600名以上のスタッフとグローバルネットワークを擁します。 あらゆる主要産業分野のグローバル1,000社や各国の大手企業や政府系機関等を中心顧客とし、戦略からオペレーション、ITにいたるまで一貫した高品質のサービスを提供しています。

サーキュレーション

サーキュレーションは、2014年に設立された、経営課題解決のサービスとして「ProSharing」の開発・運営をはじめとして幅広いプロシェアリングサービスを提供する急成長中の企業です。 設立した翌年の2015年にはベンチャー通信部が開催する、ベストベンチャー100にも選出されるなど、設立当初から注目を集めています。 プロシェアリングと呼ばれるサービスは、サーキュレーションのデータベースに登録している、各分野のプロフェッショナル人材の経験や知見を複数企業に共有し、支援をすることで企業の課題解決をサポートするサービスです。 他に、新規事業・営業支援・M&A・業務改善・広報・ブランディング・財務分析・ガバナンス強化・人事制度改革などを行っています。

シンクタンク

シンクタンクはもともと政策の提言を行う研究機関であり、官公庁向けのリサーチや経済調査などを行っていました。
しかし近年は民間企業に向けたコンサルティングも行うようになりました。
 

シンクタンク系コンサルタントの業務は、経済調査などを通じて、高度な問題を解決していくコンサルタントです。
経済調査、官公庁向けのリサーチの他、ITコンサルタントやマネジメントコンサルタントも行います。

シンクタンク系コンサルティング最大の特徴は、大手クループ企業のチャネルを利用できることです。
それぞれグループに大きな組織を有しているので、そのシステムを通じて広く活動できます。

野村総合研究所

野村総合研究所の最大の特徴は、伝統と実績のある日系最大手のコンサルティングファームだからこそ、国や省庁を巻き込んだプロジェクトが多い点です。 また、コンサルティングファームとして戦略の立案から実行、特にITソリューションの提案まで幅広いフェーズで総合的に提案できるため、幅広いフェーズの知見・ノウハウを得ることができます。 競合は外資系総合系コンサルティングファームと言われますが、野村総合研究所は日系大手であるため、協力して仕事をする雰囲気がある点も特徴です。

みずほ総合研究所

みずほ総合研究所は、リサーチ、コンサルティング、人材育成、セミナーなど幅広く事業を展開しているシンクタンクです。 クライアントは、みずほ銀行の取引先を中心に、中堅・中小企業から大企業、公的機関や外国企業など広範囲にわたります。 みずほ総合研究所は、個別企業の経営サポートから経済、産業の調査・分析まで幅広く活動を展開しており、企業が直面する課題に、さまざまな角度からアプローチしています。 幅広い切り口で最適なソリューションを提供しながらも、抽象的な一般論ではなく、企業の現場で役立つ実践的なコンサルティング・サービスを提供しています。

三菱総合研究所

三菱総合研究所は、三菱グループの総合シンクタンクであり、政府や官公庁などに強みを持つ企業です。 自主性を尊重した働きやすい環境がありながら、平均年収は日系コンサルティング企業内でトップクラスを誇ります。 コンサルティング部門とシンクタンク部門で各々サービスを提供していて、実現できなければ何の価値もないとし、実現し定着するまで支援を継続するスタイルがクライアントから評価されています。

三菱総研DCS

三菱総研DCSは、1970年に三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)の受託計算部門から独立した企業で、2004年からは三菱総合研究所グループに入り、事業をさらに拡大しています。 そんな三菱総研は、IT関連のコンサルティングを行っており、コンサルティング内容の運用までを包括的に行っています。 研究・提言〜分析・構想〜設計・実証〜社会実装といったクライアントの課題解決に必要なプロセスを一貫して行っており、高品質なソリューションサービスを幅広い範囲で提供できるのが最大の強みです。

NTTデータ経営研究所

NTTデータ研究所は、企業経営や行政調査の経営やコンサルティング、情報および通信システムの規格や開発、社会や産業などの調査研究やコンサルティング業務を行っています。 公共分野や金融分野といった社会基盤に関わる顧客をターゲットとしており、社会・業界にイノベーションをもたらすために、従来の産業構造に捕らわれず、新たな社会を提言して実現に向けてアクションを起こすことをミッションにおいています。 他にも、最近では新しい分野として脳科学分野におけるコンサルティングも行っており、人工知能やロボティクスに加えて、新しい技術に関する研究やサービス開発にも力を入れて取り組んでいます。

日本総合研究所

日本総研は、5大シンクタンクのひとつであり、主な事業としてシンクタンク、コンサルティング、ITソリューションの3つの機能が挙げられます。 それぞれの機能を担う各事業部門では、企業や社会に対する新たな課題の提示・発信(イシュー・レイジング)から、課題に対する解決策の提示と解決への取り組み(ソリューション)、新たな市場や事業の創出(インキュベーション)など多岐にわたり、それぞれの分野で企業や社会が求める創造的な付加価値を提供しています。上記のそれぞれの機能を、SMBCグループの総合力を活用しながら日本の産業社会に提供しています。

大和総研

大和総研グループは、「リサーチ」、「コンサルティング」、「システム」の三分野において、それぞれの専門家が時代のニーズに応える独自性の高い情報サービスを提供しています。 最近では、AI技術を活用した様々な研究を行っており、AIを用いた長期の株価予測、銀行照会業務へのチャットボットの導入、地域社会発展のための地域別景況感指標の公開など、具体的な施策も実現してきました。 当社の3つの部門が協業することで、大和総研グループが主体となって、金融資本市場に付加価値の高いサービスを今後も生み出していきます。

浜銀総合研究所

浜銀総合研究所は、主に神奈川県の中堅・中小企業に対して、経営コンサルティング支援をしている企業です。 経営戦略策定・組織再編・M&A・事業承継など企業変革に関する支援から、人事制度・目標管理・ISO取得支援など、幅広いコンサルティングを行っています。 そんな浜銀総合研究所の特徴は「オーダメイド型」「共に考え、行動する」「実行段階まで深くコミットする」の3つです。 クライアントの意見を聞きながら、クライアントにマッチしたオーダーメイドの解決策を提案することをコンサルティングコンセプトとしています。

三菱ケミカル

三菱ケミカルは、化学・バイオテクノロジー・ナノテクノロジー・環境・エネルギー分野を中心に、先鋭的かつ幅広い情報検索、情報処理、調査分析を行う企業です。 化学・環境・バイオ・食品・素材・エレクトロニクス・情報通信等の研究開発・生産技術・事業開発の最前線に従事したスペシャリストがチームを組み、リアルなビジネスを想定したサイエンスベースの調査・分析・提言を行っています。 実際に様々な官公庁や公的期間から多くの調査業務を受注しており、その調査結果についても高い評価をいただいている調査実績があります。

IT・業務系コンサルティングファーム

ITコンサルティングファームは、ITを切り口に顧客のビジネス・経営に関わる解決策を提供するファームを指します。
IT戦略、ERP等のシステム導入など、情報処理システムの構築も含めたコンサルティングを強みとしています。

他ファームのような提案業務を行う企業もありますが、売上の多くはITシステムの導入が占めているのが特徴です。
企業・事業再生、M&Aなどの上流部分の経営戦略についての案件が多い戦略・総合コンサルティングファームと比較して、企業内の業務システム構築による経営の効率化など、企業のミクロな課題解決を行うケースが多いです。

業務コンサルは、クライアント企業の業務プロセスの効率化や、業務フロー改善を主な目的としています。
具体的には、業務フローを分析し、重複や非効率な点を洗い出し、解決策を提案します。
DXが進む現代では、課題解決にERP、SCM、CRMなどのITシステムの導入が行われることが多いです。

ITコンサルとの違いとしては、業務コンサルはあくまでもクライアントの業務プロセス改善に特化したコンサルティングであると言えるでしょう。
しかし多くのITコンサルにおいて、クライアントの業務フロー効率化を目的としたプロジェクトが存在します。
明確な線引きはないので、今回は IT・業務系コンサルティングファームとしてまとめて紹介させて頂きます。

ベイカレントコンサルティング

ベイカレントコンサルティングは、経営戦略の提案、業務効率化を目的としたITコンサルティング業務を主軸としており、戦略策定からハンズオン型の業務・IT推進まで、広範囲にサービスを提供しています。 社内組織はインダストリー毎の縦割りではなく、業界横断で取り組むことができる為、異業種とのアライアンス策定・推進を得意としていると評判です。 またベイカレントは日系企業の海外進出支援も手がけており、目標として「日本発アジアNo1のコンサルティングファーム」を目指すベイカレントは英語力を重視しています。

日立コンサルティング

日立コンサルティングは、親会社である日立製作所が持っている技術力やノウハウを最大限に活用し、公共領域から事業会社まで広範な領域で顧客に対してコンサルティングサービスを提供できる点が強みです。 また、日立製作所の技術だけではなく日立製作所が長年営業する中で構築してきた顧客との関係性も活用し、比較的安定して案件を受注できます。 日立コンサルティングのコンサルタントは、戦略立案などの上流工程を中心に携わるにもかかわらず、親会社である日立製作所に下流工程を任せることで上流から下流まで全ての工程に関わることができます。

シンプレクス

シンプレクスは、金融機関の収益力最大化にフルコミットするために、難易度の高いコンサルティングからシステム開発、保守・運用、クオンツサポート、品質管理に至るまで、すべて自社内で一気通貫したサービスを提供しています。 また、シンプレクスのソリューションは、銀行、証券、FX、仮想通貨、保険という金融機関向けにそれぞれ用意されていて、金融機関特化という点で、他のITコンサルやSIer、SEと差別化できています。 DXへの対応が急務となっている状況下において、シンプレクスは、金融分野での豊富な実績/ノウハウを梃子として、より広範な分野・領域を対象として高付加価値サービスを提供していくと予想されます。

エム・アール・アイリサーチアソシエイツ

エム・アール・アイリサーチアソシエイツは三菱総合研究所と連携し独自のデータサイエンス事業などEBPMを行えるITコンサルティング企業です。 業務内容は大きく分けて「リサーチ・コンサルティングサービス」「数値解析サービス」「ソフトウェアサービス」の3つを主に行なっています。 三菱総合研究所(MRI)の「リサーチ事業」と、独自の「データサイエンス事業」・「解析事業」の専門性・技術力を活かした、EBPM(証拠に基づく政策立案)に応えるシンクタンクとして成長を続けている企業です。

レイスグループ

レイスグループは業種・業界問わず経営顧問事業・スカウト事業・Webソリューション事業など24もの事業を手掛けるコンサルティングファームです。 経営上の課題を解決することをサポートすることを主な事業としていて、クライアントと共にクライアントの歴史を変える取り組みに携わることが出来る点が醍醐味です。 さらに、コンサルの側面を持つ一方で、人材サービスや広告なども手掛けていて、業種や業界は関係なく、多面的な切り口から経営課題の解決を支援している点がレイスグループの最大の特徴です。

ビジョン・コンサルティング

ビジョン・コンサルティングは、AIなどの最新技術を駆使した事業展開に強みを持つ戦略コンサルティング会社です。 日系企業ながらグローバル性を大切にしている点、最新技術を駆使した事業展開、コンサルティング事業と新規事業の両方を行っているという特徴があります。 AI等の新たな価値を技術の掛け合わせにより社会に価値を提供することで、過去5年の売上高成長率は約2971%と世界トップクラスの成長を遂げている企業です。

レイヤーズ・コンサルティング

レイヤーズ・コンサルティングは、オープンイノベーションの実現が強みの経営コンサルティング事業を行っています。 他には、ロングリレーションシップの構築、経営を4つのレイヤー(層)に分けて考える独特なコンサルティングの体系、クライアントに寄り添ったコンサルティングの進め方が特徴として挙げられます。 コンサルティングの方針が実行主義であり、三現主義を徹底しつつ、クライアントと協働しながら執念と情熱で最後までやりぬく企業です。

NTTデータ経営研究所

NTTデータ研究所は、企業経営や行政調査の経営やコンサルティング、情報および通信システムの規格や開発、社会や産業などの調査研究やコンサルティング業務を行っています。 公共分野や金融分野といった社会基盤に関わる顧客をターゲットとしており、社会・業界にイノベーションをもたらすために、従来の産業構造に捕らわれず、新たな社会を提言して実現に向けてアクションを起こすことをミッションにおいています。 他にも、最近では新しい分野として脳科学分野におけるコンサルティングも行っており、人工知能やロボティクスに加えて、新しい技術に関する研究やサービス開発にも力を入れて取り組んでいます。

シアトルコンサルティング

シアトルコンサルティングは、2006年に設立されたITコンサルやSI事業、システム開発を行う企業です。 「チームワーク×テクノロジーで世界を笑顔に」という理念を掲げており、社長自身も「Teamtech社長」と自負するほどのチームプレーを重視する経営に取り組んでいます。 チームワークとITをかけ合わせた事業を展開しており、シアトルコンサルティングでは3A(熱い・明るい・アットホーム)に変える取り組みも進められています。 企業自体も社員を大切にする気持ちを持っているため、社員側の視点に立って、もっと風通しがよく、全員が活躍できる組織作りを行っています。

日本総合研究所

日本総研は、5大シンクタンクのひとつであり、主な事業としてシンクタンク、コンサルティング、ITソリューションの3つの機能が挙げられます。 それぞれの機能を担う各事業部門では、企業や社会に対する新たな課題の提示・発信(イシュー・レイジング)から、課題に対する解決策の提示と解決への取り組み(ソリューション)、新たな市場や事業の創出(インキュベーション)など多岐にわたり、それぞれの分野で企業や社会が求める創造的な付加価値を提供しています。上記のそれぞれの機能を、SMBCグループの総合力を活用しながら日本の産業社会に提供しています。

FutureRays

FutureRays(フューチャーレイズ)は、2006年に創業されたITを活用した技術によるソリューション提案を強みとしたコンサルティング企業です。 2011年頃から顧客の業務改革・改善の実現させるため、業務とICTの一体化が不可欠であると考え、事業領域をコンサルティングだけでなく、ICT導入領域へも拡大し、ICT導入やシステム構築サービス等を相次いで開始していきました。 机上の戦略だけではなく、顧客企業と汗をかきながら実践に取り組むパートナーシップを重視した企業であることが、その特徴です。 大阪と東京の2拠点を本社としながら、拠点の拡大を行い、現在の拠点数は5拠点です。

プラスアルファ・コンサルティング

プラスアルファ・コンサルティングは、世の中に溢れている文章、画像、数値、音声などの可視化されていない情報を見える化し、顧客企業の意思決定や業務の効率化を支援するサービスを提供している会社です。 ”ビックデータを可視化する「見える化プラットフォーム」のリーディングカンパニー”を掲げており、”社員のアイデアから次々と事業を生み出し、持続的に成長し続ける企業”を目標にしています。 プラスアルファ・コンサルティングの強みは、顧客の声を見える化するサービスを提供し、技術やシステムを実務に適用させるコンサルティングノウハウを持っていることであると言えます。

リグリット・パートナーズ

リグリット・パートナーズは、豊富なプロジェクト実績とスタートアップコンサルティングファームならではの働きがいや特色のあるITコンサルティングファームです。 リグリッドパートナーズの特徴は本業のコンサルティングに加え、創業5年目の創業フェーズにおいて「会社を創っていく」社内業務を両立する環境下で個人が働きがいを見出し、活躍する社風にあります。 昨年度は2021年版は日本における「働きがいのある会社」ランキングにおいてベストカンパニーに選出され、小規模部門(従業員数25名〜99名以下)で26位にランクインしています。

トラント

トラントは「ITによるサプライズを!」をミッションに、ITサービスを提供している企業です。 トラントの特徴はエンジニアが活躍し続けるための企業であることです。 活躍し続けられるエンジニアを増やしていきたいという想いを実現させるため、ITエンジニアが自分のスキルやキャリアを開発し、磨き続けることができるよう環境とサポート体制を整えています。 トラントの強みはクライアントのニーズを捉えながら、ITエンジニアに「変化への対応力」を身につけさせることができる点であると言えます。

ガートナージャパン

ガートナージャパンは、世界最大規模のICT(情報通信技術)のアドバイザリー企業です。 世界100か国以上に拠点を持ち、2,000人以上のリサーチ・アナリスト、15,000人以上のコンサルタントとアソシエイツで構成されています。 ガートナージャパンの主な事業は、リサーチ&アドバイザリー事業、コンサルティング事業、コンファレンス事業の3つを主軸としています。

デロイトトーマツリスクサービス

デロイトトーマツリスクアドバイザリーは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループ「デロイトトーマツグループ法人」の1つです。 監査・保証業務、税務・法務、コンサルティング、リスクアドバイザリー、ファイナンシャルアドバイザリーの5つのビジネスとコーポレート機能からなるサービス展開で、企業や組織へのITリスクに関するコンサルティングサービスを行っています。 またデロイトトーマツグループは、各グループ法人が高い専門領域、業種・業界に特化した知見、グローバルネットワークを生かして地域密着型の支援を行うことで、幅広いサービスを総合的に提供している企業です。

アクティベーションストラテジー株式会社

アクティベーションストラテジー株式会社(CDIソリューションズ)は、戦略コンサルティングファームとして事業を展開し、業務改革やIT領域のコンサルティングに特化しています。 特徴は、「人間力を武器としている」「洞察力、共創力、完遂力を兼ね備えている」の2つです。 アクティベーションストラテジー株式会社(CDIソリューションズ)は「必ずクライアントを笑顔にする」という信念を持って企業活動を行っています。 クライアントとともにベストな戦略を導き出すため、アクティベーションストラテジー株式会社(CDIソリューションズ)は要不可欠な力を兼ね備えたプロの集団として企業活動を行っています。

大和総研

大和総研グループは、「リサーチ」、「コンサルティング」、「システム」の三分野において、それぞれの専門家が時代のニーズに応える独自性の高い情報サービスを提供しています。 最近では、AI技術を活用した様々な研究を行っており、AIを用いた長期の株価予測、銀行照会業務へのチャットボットの導入、地域社会発展のための地域別景況感指標の公開など、具体的な施策も実現してきました。 当社の3つの部門が協業することで、大和総研グループが主体となって、金融資本市場に付加価値の高いサービスを今後も生み出していきます。

ウルシステムズ

ウルシステムズは、高い技術力を有し、IT戦略立案から業務改革まで改革を実行する、ITコンサルティングを提供する日系コンサルティングファームです。 経営課題の抽出からプロジェクトの管理、最適なシステムの実現まで利益に対しての最善を目指す企業です。 戦略立案から業務改革までのトータルなサポートに加え、高い技術力を有していることから多くの日系大手企業をクライアントとして活動しています。

イデア・コンサルティング

イデア・コンサルティングは、富士ソフトグループの戦略子会社で、ERP・クラウドソリューションに強みを持つコンサルティング・システムインテグレータです。 主にOracle社、SAP社が提供するパッケージ製品やクラウドサービスの企画提案から、導入・運用保守まで一貫したサービスを提供しています。 サービス内容については「基幹業務支援ソリューション」「経営支援ソリューション」「データ分析・活用ソリューション」「仮想デスクトップ」の4つに分かれています。 Amazon Web Serviceを使い「JD EdwardsEnterpriseOne」を導入する国内初のクラウドERPサービスとして提供開始し、現在は国内No.1の実績を収めています。

FAS・M&A

FASとは「ファイナンシャル・アドバイザリー・サービス」の略称で、主に財務に関する専門的なコンサルを行います。

FASでの仕事内容は、M&A、事業再生、フォレンジック(不正調査)、公共向けアドバイザリーなどが挙げられます。
その中でもM&Aは一番の主要業務だと言えます。

FAS・M&Aで身に付けられるスキルとしては、M&A取引における専門知識や経験、M&Aスキームの知識や経験、会計コンサルとしての資料作成スキルなどが挙げられます。

FAS=M&Aというイメージを持つ人が多いように、コンサルティング業務と投資銀行の業務がどちらもできることがFASの特徴です。

プルータス・コンサルティング

プル―タス・コンサルティングは企業価値評価に強い会社として有名な日本のコンサルティング会社です。 財務コンサルとして、株式の「公正価値」を巡る裁判で多くの実績を残し、裁判での重要判例の基礎となった新株予約権などの評価ロジックを確立しました。 会計、税務、法務、ファイナンス理論、金融工学など、各分野のエキスパートを集め、年間1000件の評価業務から蓄積された評価ノウハウを有するコンサルティング会社です。

監査法人トーマツ

有限責任監査法人トーマツは、BIG4として有名な4大監査法人のデロイト・トーシュ・トーマツグループのメンバーファームです。 監査法人トーマツは監査法人業界でも最大手の一角であるため、クライアントも日本を代表するような大手企業が多く、クライアントの業種も幅広いため、会計士としてキャリアを積むには最高の環境だといえます。 BIG4と呼ばれる監査法人の中でも特に非監査業務に強く、コンサルティングサービスやアドバイザリーサービス分野において堅調にビジネスを拡大していて、監査・非監査両方をあわせてファーム全体として堅調に成長しています。

シグマクシス

シグマクシスは、2008年に日本の総合商社の代表格である三菱商事と、アメリカにある投資ファンドのRHJインターナショナルの共同出資により設立された日系コンサルティングファームです。 シグマクシスはコンサルティングファームとして、主に企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するためのコンサルティングサービスを提供しています。 投資会社や事業会社など各種パートナーとの強いコネクションを有しており、魅力的な案件を獲得できるところが特徴で、事業投資も行っているため、コンサルティングサービス以上の付加価値を顧客に提供できます。

PwCアドバイザリー

PwCアドバイザリーは、世界4大会計事務所であるBIG4の一角としての知名度・信用力を武器に、M&A関連の案件を継続的に受注できる営業力があります。 また、PwCアドバイザリーが他のBIG4と比較しても優れている点としては、事業再生部門の実績が豊富かつメンバーの数も多いため、事業再生部門に強みを持っている点が特徴です。 PwCという会計事務所がバックグラウンドであるため、デューデリジェンスなどの会計系ソリューション領域において圧倒的な強みを持っており、M&A領域でも投資銀行やコンサルティングファームなどとは違ったポジショニングを有しています。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、世界最大規模の「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド」のメンバーファームの一員として、M&Aアドバイザリー、企業価値評価、企業再生・再編支援、不正調査など「企業価値向上」のための経営戦略サポートを実現している会社です。 豊富な知識と経験をもとに企業の経営課題を適切に把握し、迅速かつ的確なソリューションを提供しています。 また、日本企業が事業基盤であるため、働きやすさに定評があります。

KPMGFAS

KPMGFASは、世界4大会計事務所であるKPMGグループの日本におけるメンバーファームのうちの一つです。 KPMGFASが業界内でも評価が高いサービス領域は、バリュエーションとデューデリジェンスの領域です。 これらの領域には会計士のバックグラウンドを持ったレベルの高い社員の方々が多く在籍されており、社員の方々のアウトプットの品質の高さで評価されています。 また、業界としては総合商社や金融機関とのネットワークが強く、これらの業界の企業から定期的に受注して売上を立てられる点も特徴です。

PwC税理士法人

PwC税理士法人は、税理士業界のトップクラスに位置している、BIG4税理士法人のうちの1つで、主に海外展開をする企業を顧客としています。 具体的には、PwC税理士法人は企業税務や国際税務、インターナショナルタックス、M&A税務などの税務コンサルティング、デジタルトランスフォーメーション(DX)などを通じて経営課題解決をサポートしている税理士法人です。 BIG4税理士法人の中でもPwC税理士法人は、中堅企業向けの総合税務サービスがあることで、他社に比べて顧客の幅が広く、またPwCアウトソーシングサービス合同会社、PwC社会保険労務士法人、プライスウォーターハウスクーパースWMS Pte. Ltd.と連携したサービスを展開しています。

フロンティア・マネジメント

フロンティア・マネジメントはM&Aアドバイザリーをはじめとする、様々な経営に関わる業務を行っている企業です。 会計や法律、ビジネスなど企業経営に関わるあらゆる分野の専門性を活用しながら、企業が抱える経営課題を総合的に解決しています。 フロンティア・マネジメントはM&Aアドバイザリー業務の他に、経営コンサルティング、経営執行支援、事業再生支援なども行っており、これらをそれぞれ柔軟に組み合わせながら、経営課題や価値向上などに寄与しています。

監査法人

監査法人とは公認会計士法に基づき、会計監査を目的として設立される法人です。
監査法人設立にあたっては公認会計士が5人以上必要となります。

監査そのものは、公認会計士1人でも可能です。
しかし、大規模な会社の決算書を監査する場合、監査する公認会計士の人数も多人数となります。
そのような大規模監査に対して組織的に質の高い監査を行う必要があるため、監査法人という組織が必要となります。

主な業務は決算書に対する会計監査ですが、コンサルティング業務も実施できます。
※監査先に対しては独立性の観点から監査業務しか提供できません。

FASやコンサルとの違いは、FASやコンサルは企業の成長に関して業務を遂行することに対し、
監査法人は企業の経営管理に関して業務を遂行するところです。

監査法人トーマツ

有限責任監査法人トーマツは、BIG4として有名な4大監査法人のデロイト・トーシュ・トーマツグループのメンバーファームです。 監査法人トーマツは監査法人業界でも最大手の一角であるため、クライアントも日本を代表するような大手企業が多く、クライアントの業種も幅広いため、会計士としてキャリアを積むには最高の環境だといえます。 BIG4と呼ばれる監査法人の中でも特に非監査業務に強く、コンサルティングサービスやアドバイザリーサービス分野において堅調にビジネスを拡大していて、監査・非監査両方をあわせてファーム全体として堅調に成長しています。

東陽監査法人

東陽監査法人は、監査マニュアル及び、監査ツールの監査を実施し、高品質な監査サービスを提供を行なっています。 その東陽監査法人の特徴は、世界130ヶ国のネットワークをもつCrowe Globalの監査マニュアル及び監査ツールに準拠した監査を実施し、国際監査レベルの品質保持及びグロバールな監査ができる点です。 東陽監査法人は、強みとしている特定の業種、業態に偏ることなく、また規模において、大企業から比較的小規模な企業まで幅広く関与している企業です。

あずさ監査法人

あずさ監査法人は、4大国際会計事務所のひとつであるKPMGのメンバーファームとして、146の国と地域に拡がるネットワークを通じて、グローバルな視点からクライアントを支援しています。 金融、情報・通信・メディア、パブリックセクター、消費財・小売業、製造、自動車、エネルギー、ライフサイエンスなど、業界特有のニーズに対応した専門性の高いサービスを提供する体制を有しています。 提供サービスは、監査・金融機関向けサービス・グローバル業務・株式上場(IPO)支援・パブリックセクター・アカウンティングアドバイザリー・Data&Analysis / IT監査と多岐に渡ります。

財務系コンサルティングファーム

財務コンサルティングファームでは、M&A案件の検討・デューデリジェンス・事業再生・経営戦略立案・不正調査・国際会計基準(IFAS)の導入プロジェクトなどを行います。
事業をはじめ、あらゆる資産を数値化して、価値を向上させることが目的です。

主にクライアントの株価の時価総額評価向上のために戦略を練ります。
企業価値を高める提案をおこなうことや中期経営計画の拠り所となる事業価値の判断レポートなども行います。

背景として、監査法人や金融系シンクタンクから派生したファームが金融・財務に特化したファームを設立している場合が多いです。
財務コンサルタントを経験すると、企業の価値を適正に判断する技能が培われるため、事業会社でのCFOなどのキャリアもあります。

プルータス・コンサルティング

プル―タス・コンサルティングは企業価値評価に強い会社として有名な日本のコンサルティング会社です。 財務コンサルとして、株式の「公正価値」を巡る裁判で多くの実績を残し、裁判での重要判例の基礎となった新株予約権などの評価ロジックを確立しました。 会計、税務、法務、ファイナンス理論、金融工学など、各分野のエキスパートを集め、年間1000件の評価業務から蓄積された評価ノウハウを有するコンサルティング会社です。

エフアンドエム

エフアンドエムは、個人事業主や中小企業を中心にバックオフィス業務改善をサポートしているコンサルティング企業です。 「サービスの水道哲学」というコンセプトのもとに企業経営しており、必ず毎年行う個人事業主や中小企業の会計処理に関するサービスを低価格で高品質に提供しています。 人事労務クラウドシェア率No.1の「オフィスステーション」は継続率99%以上で継続率も高く、安定した業績を保つことが可能です。

ウイリス・タワーズワトソン

日本におけるウイリス・タワーズワトソンは、保険代理店およびリスクマネジメント・コンサルティングの分野におけるサービスを提供していることです。 ウイリス・タワーズワトソンの事業運営は「人材」「リスク」「資産」の分野で、データとソリューションを提供し、クライアントのレジリエンスを高め、従業員のパフォーマンスを最大化しています。 イーデザイン損害保険株式会社とリスク分析の面から、クライアントの行動予測に加えて、損保業界で日本初のWebサイトへの反映を可能にする統合的プライシング・ソフトウェアを採用しています。

PwCアドバイザリー

PwCアドバイザリーは、世界4大会計事務所であるBIG4の一角としての知名度・信用力を武器に、M&A関連の案件を継続的に受注できる営業力があります。 また、PwCアドバイザリーが他のBIG4と比較しても優れている点としては、事業再生部門の実績が豊富かつメンバーの数も多いため、事業再生部門に強みを持っている点が特徴です。 PwCという会計事務所がバックグラウンドであるため、デューデリジェンスなどの会計系ソリューション領域において圧倒的な強みを持っており、M&A領域でも投資銀行やコンサルティングファームなどとは違ったポジショニングを有しています。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、世界最大規模の「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド」のメンバーファームの一員として、M&Aアドバイザリー、企業価値評価、企業再生・再編支援、不正調査など「企業価値向上」のための経営戦略サポートを実現している会社です。 豊富な知識と経験をもとに企業の経営課題を適切に把握し、迅速かつ的確なソリューションを提供しています。 また、日本企業が事業基盤であるため、働きやすさに定評があります。

KPMGFAS

KPMGFASは、世界4大会計事務所であるKPMGグループの日本におけるメンバーファームのうちの一つです。 KPMGFASが業界内でも評価が高いサービス領域は、バリュエーションとデューデリジェンスの領域です。 これらの領域には会計士のバックグラウンドを持ったレベルの高い社員の方々が多く在籍されており、社員の方々のアウトプットの品質の高さで評価されています。 また、業界としては総合商社や金融機関とのネットワークが強く、これらの業界の企業から定期的に受注して売上を立てられる点も特徴です。

PwC税理士法人

PwC税理士法人は、税理士業界のトップクラスに位置している、BIG4税理士法人のうちの1つで、主に海外展開をする企業を顧客としています。 具体的には、PwC税理士法人は企業税務や国際税務、インターナショナルタックス、M&A税務などの税務コンサルティング、デジタルトランスフォーメーション(DX)などを通じて経営課題解決をサポートしている税理士法人です。 BIG4税理士法人の中でもPwC税理士法人は、中堅企業向けの総合税務サービスがあることで、他社に比べて顧客の幅が広く、またPwCアウトソーシングサービス合同会社、PwC社会保険労務士法人、プライスウォーターハウスクーパースWMS Pte. Ltd.と連携したサービスを展開しています。

EYストラテジー&コンサルティング

EYストラテジーアンド・コンサルティングは、世界4大会計事務所(BIG4)の一角であるアーンスト・アンド・ヤング(EY)の日本のメンバーファームです。 コンサルティング業務の事例として、ERP (Enterprise Resource Planning) 導入プロジェクト、財務会計業務の戦略的アウトソーシングプロジェクト、海外拠点におけるグローバル人材マネジメント支援プロジェクトなどが挙げられます。 ビジネス環境の急速な変化に則したクロスボーダー案件が多く、EYが培ってきたグローバルで一貫したノウハウやツール、知見と専門性を活かしたサービスの提供を得意としています。

宝印刷

宝印刷はディスクロージャーの支援やIRの支援を専門とするコンサルティングファームです。 宝印刷は、長年培った情報開示のノウハウを活かし、企業が情報開始をする際に投資家や株主から信頼を得るためにIRの支援をしています。 また、宝印刷の社名は印刷ですが、印刷物に限らず様々なサービスを提供しています。 ディスクロージャーやIRの支援以外にも、Webサイト制作やセミナーの開催、書類の出版などの事業も展開しています。

アドバンスト・ビジネス・ダイレクションズ

アドバンスト・ビジネス・ダイレクションズの転職情報について解説。経営改革の分野で高品質なサービスを提供しているアドバンスト・ビジネス・ダイレクションズ。大手コンサル並みのスキルや給与水準でありながら自由な社風とあって、転職先としても魅力的な企業です。

国内独立系コンサルティングファーム

国内独立系コンサルティングファームとは、国内の独立した企業で様々なコンサルティングを行う企業です。
国内でのコンサルティングに加えて、クライアントの海外進出やロールアウトプロジェクトなどの支援を幅広く行うのが特徴です。

多くのコンサルティングファームが欧米の方式をもとにしたコンサルティングを行うのに対し、国内独立系コンサルは日本式のコンサルティングを行っている企業が多いです。そして、クライアントは大企業ではなく中小企業が中心です。

業務内容としては、中小企業経営者の顧問という形で、業績が下向きになった時などにその問題を解決に導くという流れです。
そのため経営戦略のプレゼンテーションを行うのではなく、個別の問題の対応策を求められるという特徴があります。

実践的なコンサルティング業務を軸とし、生産性向上や品質管理など現場レベルでの競争力増強に強みを持っている企業が多いです。
他には、中小企業のトップや経営陣対象の講演会や、人材育成に関する研修カリキュラムや出版物などがあります。

顧客に中小企業が多いため、直接社長と話す機会も多く、中小企業診断士を取得して独立を目指す人にも適している環境です。

ドリームインキュベータ

ドリームインキュベータは、事業創造と成長に業界を固定せず横断的に立ち向かい、数千億円規模の新事業創造に取り組んでいる会社です。 そのために、コンサルティング事業もコアケイパビリティである戦略に加え、技術・政策・デザインも融合させながら独自の方針で展開しています。 元BCGのトップマネジメント陣が創立した会社であり、創業来、その出自をベースに経営の根幹に関わる課題解決をテーマとした戦略コンサルティングサービスを提供してきました。 社内においても、戦略コンサルをベースにした考え方やアプローチ、人材育成が徹底されており、これらを基盤とし、さらに応用・発展させながら、クライアントに対して付加価値を提供しています。

日立コンサルティング

日立コンサルティングは、親会社である日立製作所が持っている技術力やノウハウを最大限に活用し、公共領域から事業会社まで広範な領域で顧客に対してコンサルティングサービスを提供できる点が強みです。 また、日立製作所の技術だけではなく日立製作所が長年営業する中で構築してきた顧客との関係性も活用し、比較的安定して案件を受注できます。 日立コンサルティングのコンサルタントは、戦略立案などの上流工程を中心に携わるにもかかわらず、親会社である日立製作所に下流工程を任せることで上流から下流まで全ての工程に関わることができます。

タナベ経営

タナベ経営は、チームコンサルティングブランド(TCB)を展開しており、タナベ経営独自のメソッドで「変化と成長に挑む戦略パートナー」を実現しています。 コンサルティング提案を行うことが目的ではなく、あくまでも「課題解決」という結果を生み出すことが事業目的のひとつで、その結果、企業の繁栄が地域や社会の繁栄へと繋がっていくとタナベ経営は考えています。 そのために、やり抜く力、社会に貢献していきたいという熱い想い、そしてPDCAサイクルを回し、一歩一歩着実に歩みを進めることができる人をタナベ経営は必要としています。

刀 KaTaNa

刀は、マーケティングに特化したコンサルティングファームです。 マーケティング力の課題を抱えている企業に対し、精鋭マーケターを送り込み、喫緊課題への対処から高度なマーケティングノウハウまで、かなり広い範囲のコンサルティングを行っています。 クライアント企業がマーケティング力を見に付けるために、一時的に問題を解決するだけではなく、問題の解決方法を教えており、「ノウハウを移植するためのノウハウ」を蓄積し、企業が確実にマーケティング力を身に着けられるようなシステム作りに取り組んでいます。

ピー・アンド・イー・ディレクションズ

ピー・アンド・イー・ディレクションズは成長戦略立案や計画策定、実行支援に強い経営コンサルティング企業です。 「P&E」の社名の通り、計画策定(Planning)と実行支援(Excution)の双方からクライアントの事業成長に貢献することをミッションとしています。 新卒でアップルに入社した島田直樹氏が、その後MBA、外資系戦略コンサルティングファームであるボストン・コンサルティング・グループ、ICGジャパンを経て、世の中にはない会社を目指し「プランニング&エグゼキューション」をモットーに創業しました。

ビデオリサーチ

ビデオリサーチは、1962年に設立された 「テレビ視聴率」などの各種データ関連サービスを提供するメディア・リサーチ業界の老舗企業です。 株主は広告やテレビ業界が多く、安定しているといえます。 近年、視聴者のライフスタイルの多様化、視聴デバイスの普及による視聴形態の変化に伴い、テレビ視聴の分散化が進んでいます。 そこで、変化に対応すべく「調査世帯の増加」「調査設計の統一」「視聴状況のデータ具体化」「BS放送局の視聴率調査」などを行っています。

エナリス

エナリスは、顧客が電気(電力会社)を自由に選択できる社会を目指し、電力の需給管理業務代行システムなどを行っている企業です。 新電力事業と法人電力ユーザーをつなぎバランスを保つ「需給管理」を創業事業として、貯めておくことのできない電力にたいして、変化の著しい電力市場で総合ソリューションを提供してきました。 また社会課題である、脱炭素社会の実現・エネルギーレジリエンス向上(供給網の強靱化)・適切なエネルギー価値創造というニーズに応えるべく、「エネルギープラットフォーム」の構築という大きなビジョンで事業を行っています。

野村総合研究所

野村総合研究所の最大の特徴は、伝統と実績のある日系最大手のコンサルティングファームだからこそ、国や省庁を巻き込んだプロジェクトが多い点です。 また、コンサルティングファームとして戦略の立案から実行、特にITソリューションの提案まで幅広いフェーズで総合的に提案できるため、幅広いフェーズの知見・ノウハウを得ることができます。 競合は外資系総合系コンサルティングファームと言われますが、野村総合研究所は日系大手であるため、協力して仕事をする雰囲気がある点も特徴です。

みずほ総合研究所

みずほ総合研究所は、リサーチ、コンサルティング、人材育成、セミナーなど幅広く事業を展開しているシンクタンクです。 クライアントは、みずほ銀行の取引先を中心に、中堅・中小企業から大企業、公的機関や外国企業など広範囲にわたります。 みずほ総合研究所は、個別企業の経営サポートから経済、産業の調査・分析まで幅広く活動を展開しており、企業が直面する課題に、さまざまな角度からアプローチしています。 幅広い切り口で最適なソリューションを提供しながらも、抽象的な一般論ではなく、企業の現場で役立つ実践的なコンサルティング・サービスを提供しています。

三菱総合研究所

三菱総合研究所は、三菱グループの総合シンクタンクであり、政府や官公庁などに強みを持つ企業です。 自主性を尊重した働きやすい環境がありながら、平均年収は日系コンサルティング企業内でトップクラスを誇ります。 コンサルティング部門とシンクタンク部門で各々サービスを提供していて、実現できなければ何の価値もないとし、実現し定着するまで支援を継続するスタイルがクライアントから評価されています。

三菱総研DCS

三菱総研DCSは、1970年に三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)の受託計算部門から独立した企業で、2004年からは三菱総合研究所グループに入り、事業をさらに拡大しています。 そんな三菱総研は、IT関連のコンサルティングを行っており、コンサルティング内容の運用までを包括的に行っています。 研究・提言〜分析・構想〜設計・実証〜社会実装といったクライアントの課題解決に必要なプロセスを一貫して行っており、高品質なソリューションサービスを幅広い範囲で提供できるのが最大の強みです。

シグマクシス

シグマクシスは、2008年に日本の総合商社の代表格である三菱商事と、アメリカにある投資ファンドのRHJインターナショナルの共同出資により設立された日系コンサルティングファームです。 シグマクシスはコンサルティングファームとして、主に企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するためのコンサルティングサービスを提供しています。 投資会社や事業会社など各種パートナーとの強いコネクションを有しており、魅力的な案件を獲得できるところが特徴で、事業投資も行っているため、コンサルティングサービス以上の付加価値を顧客に提供できます。

シアトルコンサルティング

シアトルコンサルティングは、2006年に設立されたITコンサルやSI事業、システム開発を行う企業です。 「チームワーク×テクノロジーで世界を笑顔に」という理念を掲げており、社長自身も「Teamtech社長」と自負するほどのチームプレーを重視する経営に取り組んでいます。 チームワークとITをかけ合わせた事業を展開しており、シアトルコンサルティングでは3A(熱い・明るい・アットホーム)に変える取り組みも進められています。 企業自体も社員を大切にする気持ちを持っているため、社員側の視点に立って、もっと風通しがよく、全員が活躍できる組織作りを行っています。

あしたのチーム

あしたのチームは、ベクトルを親会社として持つ、人事に欠かせないシステムを提供している企業です。 主要サービスとしては、自立型人材の育成とパフォーマンス向上等に定評がある人事評価システム「ゼッタイ評価」と、人事評価制度の運用だけでなく、社員情報の管理が行えるクラウドサービス「あしたのクラウド」です。 同社の人事システムのシェアは第一位です。4000社以上の企業に導入されており、RubyBizグランプリ2017やグッドデザインアワード2019など多数の受賞実績があります。 あしたのチームは、教育・人事評価制度の構築から運用とクラウド化により、人と組織の成長を支援する企業です。

コーポレイトディレクション

コーポレイトディレクションは、国内初の独立系経営戦略コンサルティング会社として設立されたファームで、少数精鋭で採用した新卒全員をマネージャーまで育てあげるという方針を取っています。 さらに、欧米の合理的経営戦略思考を日本企業の経営に融合させることを基本テーマとすることで他ファームとの差別化を図っています。 設立以来、国内外の一流企業や官公庁の外部ブレーンとして実績を重ね、戦略系コンサルティング業界において規模・質両面でのリーディングファームへと成長を遂げています。

日本総合研究所

日本総研は、5大シンクタンクのひとつであり、主な事業としてシンクタンク、コンサルティング、ITソリューションの3つの機能が挙げられます。 それぞれの機能を担う各事業部門では、企業や社会に対する新たな課題の提示・発信(イシュー・レイジング)から、課題に対する解決策の提示と解決への取り組み(ソリューション)、新たな市場や事業の創出(インキュベーション)など多岐にわたり、それぞれの分野で企業や社会が求める創造的な付加価値を提供しています。上記のそれぞれの機能を、SMBCグループの総合力を活用しながら日本の産業社会に提供しています。

FutureRays

FutureRays(フューチャーレイズ)は、2006年に創業されたITを活用した技術によるソリューション提案を強みとしたコンサルティング企業です。 2011年頃から顧客の業務改革・改善の実現させるため、業務とICTの一体化が不可欠であると考え、事業領域をコンサルティングだけでなく、ICT導入領域へも拡大し、ICT導入やシステム構築サービス等を相次いで開始していきました。 机上の戦略だけではなく、顧客企業と汗をかきながら実践に取り組むパートナーシップを重視した企業であることが、その特徴です。 大阪と東京の2拠点を本社としながら、拠点の拡大を行い、現在の拠点数は5拠点です。

プラスアルファ・コンサルティング

プラスアルファ・コンサルティングは、世の中に溢れている文章、画像、数値、音声などの可視化されていない情報を見える化し、顧客企業の意思決定や業務の効率化を支援するサービスを提供している会社です。 ”ビックデータを可視化する「見える化プラットフォーム」のリーディングカンパニー”を掲げており、”社員のアイデアから次々と事業を生み出し、持続的に成長し続ける企業”を目標にしています。 プラスアルファ・コンサルティングの強みは、顧客の声を見える化するサービスを提供し、技術やシステムを実務に適用させるコンサルティングノウハウを持っていることであると言えます。

リンク・ソリューション

リンク・ソリューションは、株式会社ベンチャー・リンクのコストダウン事業部門を分社化し、現在の株式会社リンク・ソリューションを設立。 その後、ベンチャー・リンクの中小企業ネットワークを活かした大手企業向けの購買活動の支援や、「Total Costdown System」(トータルコストダウンシステム)サービスをスタートさせ、事業を拡大しています。 さまざまな事業を展開する中で、海外に現地法人を設立するなど、幅広く活動し、新たなシステムの構築に取り組んでいます。

メディヴァ

メディヴァのは医療業界に対して、戦略の提言だけではなく、人材の入れ替え、組織風土の改善、プロモーションの実施など、ハンズオンで支援している医療系コンサルティングファームです。 医療機関の健全な経営を追求し、コンサルティングファーム出身者の経営ノウハウと、医療業界出身者の経営ノウハウで、新しい形のコンサルティングを手掛けています。 メディヴァは、医療界に「革新と創造」をもたらすため、患者さんと、医療者の思いの共通解の模索に注力しています。高いスキルを持つメンバーで多くの実績をあげている企業です。

人事系コンサルティングファーム

人事系コンサルティングファームは、人と組織に関しての課題解決を専門にコンサルティングをおこなっています。
他コンサルとの違いは、コンサルティングの対象が外部に対してではなく、企業で働く人々だという点です。

人事系コンサルティングファームのコンサルティング業務は大きく分けて3つあります。
人事における各種制度や福利厚生の設計、新人に対する教育や経営層に対する研修、
企業の海外進出や、M&Aにともなう組織の再整備にともなって、人事システムを刷新などを行います。

人事コンサルティングの業務に関して、それぞれ具体的に説明します。
各種制度は、年俸制を導入するために人事制度の再構築、成果主義に基づいた給与体系の見直し、などを行います。
福利厚生は、確定拠出型年金の導入、新しい年金制度、退職金制度の導入、などを行います。
教育や研修は、マネジメント力やモチベーションの向上、組織活性などを図ります。
組織の再整備は、企業の統合や多国籍化で変化した企業に対して、人事のシステム化を図ります。

人事系コンサルティングファームの中でも、外資系と日系では得意とするコンサル領域が異なっています。
外資系人事コンサルは、人事制度や福利厚生、年金などの領域を中心に行っていて、
国内系人事コンサルは、採用や研修のなどの領域を中心に行っています。
人事系コンサルティングファームへの転職の際は、ぜひ参考にしてください。

レイスグループ

レイスグループは業種・業界問わず経営顧問事業・スカウト事業・Webソリューション事業など24もの事業を手掛けるコンサルティングファームです。 経営上の課題を解決することをサポートすることを主な事業としていて、クライアントと共にクライアントの歴史を変える取り組みに携わることが出来る点が醍醐味です。 さらに、コンサルの側面を持つ一方で、人材サービスや広告なども手掛けていて、業種や業界は関係なく、多面的な切り口から経営課題の解決を支援している点がレイスグループの最大の特徴です。

新経営サービス

新経営サービスは、京都を中心とした老舗の経営コンサルティング会社です。 各コンサルタントの意見が通りやすく裁量が大きく、小回りの利く中小規模の会社で随時中途採用を募集している、といった特徴があります。 顧客は中小企業がメインで、一部上場からスタートアップまでさざまな企業のコンサルティング実績があり、その数は2000社以上にのぼります。 またGPTWジャパンが主催する「働きがいのある会社」にも5年連続で選出されるなど、社員の労働環境改善にも力を入れている企業です。

あしたのチーム

あしたのチームは、ベクトルを親会社として持つ、人事に欠かせないシステムを提供している企業です。 主要サービスとしては、自立型人材の育成とパフォーマンス向上等に定評がある人事評価システム「ゼッタイ評価」と、人事評価制度の運用だけでなく、社員情報の管理が行えるクラウドサービス「あしたのクラウド」です。 同社の人事システムのシェアは第一位です。4000社以上の企業に導入されており、RubyBizグランプリ2017やグッドデザインアワード2019など多数の受賞実績があります。 あしたのチームは、教育・人事評価制度の構築から運用とクラウド化により、人と組織の成長を支援する企業です。

クレイア・コンサルティング

クレイア・コンサルティングは、ビジネス環境に合わせた「ベストプラクティクス」を追求し、組織・人事領域に専門特化したコンサルティングサービスを提供しています。 米大手コンサルティングファーム「アーサー・アンダーセン」のメンバーが、2002年に独立・創業し、大企業からベンチャー企業まで様々な業種・規模のクライアントにClient Firstを信条とし、期待を確実にカタチにするサービスを提供するプロフェッショナルファームです。 クレイア・コンサルティングは、強みとしているコンサルティングサービスを活用し、さまざまな業種の企業から依頼を受け、それに対応できるコンサルタントのプロがいる環境で学ぶことができる企業です。

トライアンフ

トライアンフは、戦略立案から実行までの一貫したサービスを提供しており、人事制度設計や評価制度設計、組織診断などの人事・採用コンサルティングで3,000社以上の課題解決をしている企業です。 戦略立案から実行までのサポートを行っており、人事領域のコンサルティングを幅広くカバーしたソリューションを提供しています。 トライアンフが目指しているのは、既存のサービスの枠にとらわれないソリューション提供です。 フレームワークでのコンサルティングではないため、クライアントが抱える課題に対して徹底的に寄り添い、最適な解決策を導き出しています。

ウイリス・タワーズワトソン

日本におけるウイリス・タワーズワトソンは、保険代理店およびリスクマネジメント・コンサルティングの分野におけるサービスを提供していることです。 ウイリス・タワーズワトソンの事業運営は「人材」「リスク」「資産」の分野で、データとソリューションを提供し、クライアントのレジリエンスを高め、従業員のパフォーマンスを最大化しています。 イーデザイン損害保険株式会社とリスク分析の面から、クライアントの行動予測に加えて、損保業界で日本初のWebサイトへの反映を可能にする統合的プライシング・ソフトウェアを採用しています。

マーサージャパン

マーサージャパンは成長と買収を通じて拡大し、保健、年金、投資、人材分野のグローバルリーダーへと成長したコンサルティングファームです。 現在、マーサージャパンは世界中で130もの市場でお客様と協働し、彼らの従業員の未来をより明るくし続ける支援をしています。 特徴としては、人事の視点に閉じない戦略的アプローチとグローバル案件に強みを持っている点が挙げられます。 人事屋的なコンサルティングからの脱却を目指し、マッキンゼー、BCG、ワトソンワイアット出身者を経営層に迎え、戦略的アプローチからのコンサルティングを強化しています。

コーチ・エィ

コーチ・エィは、2001年8月に創業の人事系のコンサルティングを行う日系コンサルティングファームです。 具体的な事業内容には、法人向け組織開発型コーチング事業(システミック・コーチング)組織リサーチ、コーチングの成果測定および研究(コーチング研究所)コーチング型マネジャー育成プログラムの運営(コーチ・エィ アカデミア)などがあります。 まずコーチ・エィは「システミック・コーチング」という考え方に基づき、企業内のリーダーや幹部にコーチングを通じて、組織内に自立した主体的なリーダーを増やすことを目指しています。

アドバンテッジリスクマネジメント

アドバンテッジリスクマネジメントは、メンタル面での課題解決を通して企業の健全な経営をサポートするという独自の事業展開をしている会社です。 急激な市場環境の変化や新しい働き方へのシフトチェンジによって、現代社会人はうつや休業などメンタル面で多くの課題を抱えています。 それに対してメンタルヘルス事業で解決できるというのが、アドバンテッジリスクマネジメントの強みです。 特徴として、メンタルヘルスに関する専門家が多数在籍していて、科学的根拠に基づく改善プログラムを導入している点が挙げられます。

ジェイック

ジェイックは教育融合型人材紹介サービスを営む、人材・教育コンサルティングを行う企業です。 主に、従業員が300名未満の中堅中小企業に対して、自社で教育指導した人材を紹介するサービスを行っています。 ジェイックの強みとして、幅広い事年代のカレッジを持っていることが挙げられるでしょう。「カレッジ」というのはジェイックが儲けている区分の様なもので、フリーターや第二新卒層を対象とした「就職カレッジ」、女性に特化した「女性カレッジ」、大学中退者を対象とした「セカンドカレッジ」などがあります。

グロービス

グロービスは、人材育成と組織開発を推進するグロービス経営大学院(MBA)や、ベンチャー企業への投資・育成を行うグロービス・キャピタル・パートナーズなどの事業を展開しています。 代表取締役の堀義人が1992年に立ち上げ、国内だけでなく、中国やシンガポール、タイなどの海外へも進出しています。 「グロービス経営大学(MBA(経営学修士)プログラム)」「グロービス・マネジメント・スクール」などを運営しています。 グロービス経営大学では、MBA(経営学修士)プログラムを提供しており、高いスキルを持ったビジネスマンの多くに人気です。

医療系コンサルティングファーム

医療系コンサルティングファームは、医療分野に特化したコンサルティングを行うファームです。
具体的には、医療機関(大学病院・クリニック・医療法人など)や、医療・ヘルスケア関連企業(製薬・医療機器メーカーなど)に対して、問題解決のためコンサルティング業務を行う役割です。

医業経営コンサルタントになるためには、公益社団法人日本医業経営コンサルティング協会の実施する指定の講座を受講、筆記と論文の試験に合格、同社団の認定登録が必要です。
医療経営コンサルタントの認定は法人に対しても行われており、条件を満たす企業は法人資格認定を受けることで医業経営コンサルタント業務を行うことができます。

医業経営コンサルタントが独立した資格を必要とされる理由は、医療費負担問題、医師不足問題や法規制の問題などの部分で、医業分野が特殊だからです。
医療系コンサルティングを行う場合、それらの法律や規定事項を把握しておく必要があります。
上記の理由から、医業経営コンサルタントには相応の知識・スキルが求められ、通常の経営コンサルタントとは切り離された資格として独立しているわけです。

コーエイリサーチ&コンサルティング

コーエイリサーチ&コンサルティングは発展途上国への経済開発や海外への技術移転を行っている医療系コンサル会社です。 国内ではまちづくりコンサルタントとして都市再開発などのコンサルティングも実施しています。 特に力を入れてい事業は、発展途上国への事業で、主要取引先組織・事業には「国際協力機構(JICA)」「外務省(MOFA)」「文部科学省(MEXT)」「経済産業省(METI)」「日本貿易振興機構(JETRO)」「国土交通省(MLIT)」「地方自治体 」「民間企業/団体」「アジア開発銀行(ADB)」「世界銀行(WB)」「外国政府」などがあります。

メディヴァ

メディヴァのは医療業界に対して、戦略の提言だけではなく、人材の入れ替え、組織風土の改善、プロモーションの実施など、ハンズオンで支援している医療系コンサルティングファームです。 医療機関の健全な経営を追求し、コンサルティングファーム出身者の経営ノウハウと、医療業界出身者の経営ノウハウで、新しい形のコンサルティングを手掛けています。 メディヴァは、医療界に「革新と創造」をもたらすため、患者さんと、医療者の思いの共通解の模索に注力しています。高いスキルを持つメンバーで多くの実績をあげている企業です。

ZSアソシエイツ

ZSアソシエイツは少数精鋭のコンサルティングファームでありながら日本国内だけでなく海外にも事業を展開している企業です。 人材も日本国内だけでなく世界中から集まるため、ビジネス英語が必須であり、業務で英語を使うということが言えます。 ZSアソシエイツの事業内容は、営業・マーケティング専門のコンサルティングで幅広い業界に精通していますが、特に医薬品、医療機器メーカーのコンサルティングに強いです。

日本経営

日本経営は1967年に設立された、医療・介護業界に特化したコンサルティング会社で、業界シェアは売上ベースで首位を誇ります。 事業は、「事業戦略・経営コンサルティング」「組織戦略コンサルティング」の2つが主力となっています。 事業内容の領域は、「保険・医療・福祉機関の事業戦略・経営改善のコンサルティング」と「企業・保険・医療・福祉機関の組織戦略コンサルティング」の領域を得意としています。

業界特化型コンサルティングファーム

業界特化型コンサルティングファームとは、特定の業務や業界に特化したコンサルティングを行う組織です。

具体的には、
独自のデータサイエンス技術を用いてコンサルティングを行うファーム
地下の情報を可視化する技術を用いてコンサルティングを行うファーム
メディアの視聴率調査を用いてコンサルティングを行うファーム
事故や災害などの自然災害リスクマネジメントを行うコンサルティングファーム
ECマーケティングを専門とするEC戦略の支援を行うコンサルティングファーム
などがあります。

特化される業界・業務は多岐に渡り、今後も新しいファームの増加が予想されるコンサルティングファームです。

シンプレクス

シンプレクスは、金融機関の収益力最大化にフルコミットするために、難易度の高いコンサルティングからシステム開発、保守・運用、クオンツサポート、品質管理に至るまで、すべて自社内で一気通貫したサービスを提供しています。 また、シンプレクスのソリューションは、銀行、証券、FX、仮想通貨、保険という金融機関向けにそれぞれ用意されていて、金融機関特化という点で、他のITコンサルやSIer、SEと差別化できています。 DXへの対応が急務となっている状況下において、シンプレクスは、金融分野での豊富な実績/ノウハウを梃子として、より広範な分野・領域を対象として高付加価値サービスを提供していくと予想されます。

エム・アール・アイリサーチアソシエイツ

エム・アール・アイリサーチアソシエイツは三菱総合研究所と連携し独自のデータサイエンス事業などEBPMを行えるITコンサルティング企業です。 業務内容は大きく分けて「リサーチ・コンサルティングサービス」「数値解析サービス」「ソフトウェアサービス」の3つを主に行なっています。 三菱総合研究所(MRI)の「リサーチ事業」と、独自の「データサイエンス事業」・「解析事業」の専門性・技術力を活かした、EBPM(証拠に基づく政策立案)に応えるシンクタンクとして成長を続けている企業です。

東京海上日動リスクコンサルティング

東京海上日動リスクコンサルティングは事故や災害などの自然災害リスク評価や防犯対策などを行っている東京海上グループの建設コンサルティング会社です。 東京海上日動リスクコンサルティング株式会社は2021年7月1日より「東京海上ディーアール株式会社」に社名を変更しました。 データ戦略を「新たな成長戦略の柱」と位置づけ、グループデータ戦略の中核機能を担うこととなり、グループベースでのデータ分析力・ソリューション開発力の強化を図っています。

ジオ・サーチ

ジオ・サーチは「人の命と暮らしを守る」建設コンサルティングファームであり、技術開発や製品開発で災害を未然に防ぎ、世界規模で地域づくりや人づくりなど強靭な国づくりを担う活動を行っています。 マイクロ波を活用した独自の技術で地下の情報を可視化し、地中の異常箇所を発見することができるという技術をベースに「路面下空洞調査」、「橋梁床板内部劣化調査」、「埋設物位置確認調査」という3つの事業を行っています。 「国土強靭化貢献団体<レジリエンス認証>」も取得しており、技術開発や製品開発を通して災害を未然に防ぎ、大きくは強靭な国づくりを担う活動を行っている、日本有数の企業と言えるでしょう。

いつも.

いつも.は全国のEC事業者から契約数10,000件以上の実績のあるEC専門のマーケティング総合支援を行う会社です。 楽天市場やアマゾンなどのECマーケット参入を考えている企業のEC戦略の支援を行っています。 ECマーケティングサービスのほかには、EC参入から物流までを代行するサービス、事業やブランドを引き継ぎ運営するサービス、育成型D2C・EC人材マッチングサービスなども展開しています。 ECマーケティングだけに留まらず、運営代行や新規立ち上げ、EC運営の人材育成まで、ECに関して幅広く手掛けているECマーケティング総合支援を行っている企業です。

ビデオリサーチ

ビデオリサーチは、1962年に設立された 「テレビ視聴率」などの各種データ関連サービスを提供するメディア・リサーチ業界の老舗企業です。 株主は広告やテレビ業界が多く、安定しているといえます。 近年、視聴者のライフスタイルの多様化、視聴デバイスの普及による視聴形態の変化に伴い、テレビ視聴の分散化が進んでいます。 そこで、変化に対応すべく「調査世帯の増加」「調査設計の統一」「視聴状況のデータ具体化」「BS放送局の視聴率調査」などを行っています。

エナリス

エナリスは、顧客が電気(電力会社)を自由に選択できる社会を目指し、電力の需給管理業務代行システムなどを行っている企業です。 新電力事業と法人電力ユーザーをつなぎバランスを保つ「需給管理」を創業事業として、貯めておくことのできない電力にたいして、変化の著しい電力市場で総合ソリューションを提供してきました。 また社会課題である、脱炭素社会の実現・エネルギーレジリエンス向上(供給網の強靱化)・適切なエネルギー価値創造というニーズに応えるべく、「エネルギープラットフォーム」の構築という大きなビジョンで事業を行っています。

クレイア・コンサルティング

クレイア・コンサルティングは、ビジネス環境に合わせた「ベストプラクティクス」を追求し、組織・人事領域に専門特化したコンサルティングサービスを提供しています。 米大手コンサルティングファーム「アーサー・アンダーセン」のメンバーが、2002年に独立・創業し、大企業からベンチャー企業まで様々な業種・規模のクライアントにClient Firstを信条とし、期待を確実にカタチにするサービスを提供するプロフェッショナルファームです。 クレイア・コンサルティングは、強みとしているコンサルティングサービスを活用し、さまざまな業種の企業から依頼を受け、それに対応できるコンサルタントのプロがいる環境で学ぶことができる企業です。

エフアンドエム

エフアンドエムは、個人事業主や中小企業を中心にバックオフィス業務改善をサポートしているコンサルティング企業です。 「サービスの水道哲学」というコンセプトのもとに企業経営しており、必ず毎年行う個人事業主や中小企業の会計処理に関するサービスを低価格で高品質に提供しています。 人事労務クラウドシェア率No.1の「オフィスステーション」は継続率99%以上で継続率も高く、安定した業績を保つことが可能です。

LOCUS

LOCUSは動画制作のコンサルティングを行っている企業です。 LOCUSでは、テレビCMのような数百〜数千万の予算をかける必要がなく、リーズナブルな価格で費用対効果の高い動画制作・映像制作が可能です。 低価格で良質な動画を制作できるのが最大の強みで、大手からベンチャーまでさまざまな企業の課題解決に貢献しています。 動画制作のコンサルティング以外には、動画を用いて「採用コンサルティング」「新規事業」を行っています。 取引実績は1,000社を超えており、大手からベンチャーまであらゆる規模・業種の企業のコンサルティングをしています。

プライマル

プライマルは、新規事業立ち上げ経験を活かした、新規事業に特化したコンサルティングファームです。 新規事業の企画、緻密な戦略・計画といった新規事業の立ち上げを一気通貫でサポートしています。 過去950案件で積み上げた理論をもとに、ハッチング活動を通じてビジネスモデル磨き、新規事業立ち上げで不足している各種リソース・機能を知的に粘り強く支援しています。 プライマルは、強みとしている新規事業開発コンサルティングにおいて、クライアントのニーズに寄り添った事業展開と1人の裁量が大きく経験を積める企業です。

ZSアソシエイツ

ZSアソシエイツは少数精鋭のコンサルティングファームでありながら日本国内だけでなく海外にも事業を展開している企業です。 人材も日本国内だけでなく世界中から集まるため、ビジネス英語が必須であり、業務で英語を使うということが言えます。 ZSアソシエイツの事業内容は、営業・マーケティング専門のコンサルティングで幅広い業界に精通していますが、特に医薬品、医療機器メーカーのコンサルティングに強いです。

宝印刷

宝印刷はディスクロージャーの支援やIRの支援を専門とするコンサルティングファームです。 宝印刷は、長年培った情報開示のノウハウを活かし、企業が情報開始をする際に投資家や株主から信頼を得るためにIRの支援をしています。 また、宝印刷の社名は印刷ですが、印刷物に限らず様々なサービスを提供しています。 ディスクロージャーやIRの支援以外にも、Webサイト制作やセミナーの開催、書類の出版などの事業も展開しています。

日本経営

日本経営は1967年に設立された、医療・介護業界に特化したコンサルティング会社で、業界シェアは売上ベースで首位を誇ります。 事業は、「事業戦略・経営コンサルティング」「組織戦略コンサルティング」の2つが主力となっています。 事業内容の領域は、「保険・医療・福祉機関の事業戦略・経営改善のコンサルティング」と「企業・保険・医療・福祉機関の組織戦略コンサルティング」の領域を得意としています。

インターブランドジャパン

インターブランドは1974 年にロンドンで「Novomark」として設立し、現在はニューヨークに本社を置く外資系ブランドコンサルティングファームです。 1979年にニューヨークに進出後、会社名を現在の「Interbrand」に改称しており、1983年に世界第3の拠点となる東京に「インターブランドジャパン」として進出しています。 インターブランドは世界約30ヵ国、40の地域に拠点を置くグローバルファームで、その規模は世界最大級を誇り、世界中のエクセレントカンパニーを顧客に持つ企業です。 インターブランドジャパンでは、日系・外資系企業、政府・官公庁など様々な組織・団体に対し、ブランディングサービスを提供しています。

トライベック・ストラテジー

トライベック・ストラテジー株式会社は、2020年9月1日付けで、子会社の株式会社トライベック・ブランド戦略研究所、トライベック・プロフェッショナルサービス株式会社を吸収合併し、トライベック株式会社へ社名を変更しました。 企業の新たな成長の可能性を広げて、人々の暮らしや未来を豊かにできる力を集結。新たな事業を展開して分散していた経営資源を統合し、サービスデリバリー体制の強化、総合的なデジタルソリューションの提供を目指しています。 トライベック株式会社のサービスは、大きく5つあり、リサーチソリューション・デジタルマーケティング支援・マーケティングオートメーション・広告代理・メディアと幅広いサービスを提供しています。

セレブリックス

セレブリックスは、【風通しの良さ】【成長環境が整っていること】で評判の良い日系大手企業です。 リクルート出身の経営陣が設立した会社のため、リクルートに似た社風で、年齢やキャリアに関係のなく大きな仕事を獲得できるチャンスがあります。 営業会社のため、目標達成に注力している社員が多いことから、努力を惜しまない社員が多く、チームワークが非常に良いと評判です。

事業再生系コンサルティングファーム

事業再生系コンサルティングファームは、危機に瀕している事業を、健全な経営状態へと回復させることが主な仕事になります。
その改革の対象が企業全体であれば企業再生と呼びます。

事業・企業の再生とは、資金繰りが悪化、倒産の可能性、不採算の事業部門の保有などに対して、
事業面、財務面、組織・人材面など多方面から改革し、存続・再成長を目指すことです。
資金繰りなどが有事な状況にある場合でも、事業別で高い収益力があったり、市場競争ができる高い技術を持つ企業もあります。
こうした将来性のある企業の負の部分などを取り除き、事業価値、企業価値を再生するのが再生コンサルタントと言えます。

事業・企業の再生系コンサルティングファームは、再生案件の依頼主や業種、年商規模で、各社毎の特徴が判断されます。
業務・IT系コンサルのプロジェクトと比較すると、企業や事業の収益向上に直接的に働きかけるコンサルティングが多いため、目に見える成果を追求する部分も特徴的です。

経営共創基盤

経営共創基盤はBCG出身の著名な経営コンサルタントである冨山和彦氏が創業した、国内トップクラスの経営コンサルティングファームです。 産業再生機構出身の創業メンバーが多いため、特に事業再生・政府案件の分野を得意領域としているという評判のあるファームです。 ハンズオン型で経営戦略策定だけでなく実行まで参画することで価値を出していくタイプのコンサルティングファームです。 各分野のプロフェッショナルが集っているファームであり、それらの知見を統合してクライアントの価値創造のために難易度の高いプロジェクトを実行しています。

山田コンサルティンググループ

山田コンサルティンググループは、1989(平成元)年7月に設立された総合コンサルティングファームです。 健全な価値観・社会貢献・個と組織の成長を企業理念とし、高い目標を掲げて顧客の発展に尽力しています。 山田コンサルティンググループには、会計・税務・法律・事業・M&A・IT・海外・不動産・教育の専門家がおり、企業の経営をサポートしています。 このような強みを存分に生かして山田コンサルティンググループは、大企業から中小企業までさまざまな領域で実績を上げ活躍してきました。

リヴァンプ

リヴァンプは、企業再生を中心に、資本参加を含めた経営への直接参画をおこなっている企業で、経営技術と資本で、クライアントを支援しています。 マーケティングとITという2つの経営技術を柱とした支援サービス、経営者派遣を通じた経営受託、経営支援子会社・事業会社の設立と経営、成長企業へのPE投資などを展開してます。 また、経営ノウハウ蓄積の場として、またクライアントへの経営支援サービスを通じて成長した社員が経営者となるときのゴールとして、自ら飲食店、ブライダル関連、ファッションなどの事業会社を経営することも可能です。

関連記事

目次

人気記事ランキング