【業務フロー・システム改善】IT・業務系コンサルティングファーム一覧

【業務フロー・システム改善】IT・業務系コンサルティングファーム一覧

業務フローや業務システムの改善を得意とするIT・業務系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があれば転職情報、年収情報、評判や激務度についても確認できます。ITコンサル、業務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.IT・業務系コンサルティングファームとは?
  2. 2.IT・業務系コンサルティングファーム一覧

IT・業務系コンサルティングファームとは?

ITコンサルティングファームは、ITを切り口に顧客のビジネス・経営に関わる解決策を提供するファームを指します。
IT戦略、ERP等のシステム導入など、情報処理システムの構築も含めたコンサルティングを強みとしています。

他ファームのような提案業務を行う企業もありますが、売上の多くはITシステムの導入が占めているのが特徴です。
企業・事業再生、M&Aなどの上流部分の経営戦略についての案件が多い戦略・総合コンサルティングファームと比較して、企業内の業務システム構築による経営の効率化など、企業のミクロな課題解決を行うケースが多いです。

業務コンサルは、クライアント企業の業務プロセスの効率化や、業務フロー改善を主な目的としています
具体的には、業務フローを分析し、重複や非効率な点を洗い出し、解決策を提案します。
DXが進む現代では、課題解決にERP、SCM、CRMなどのITシステムの導入が行われることが多いです。

ITコンサルとの違いとしては、業務コンサルはあくまでもクライアントの業務プロセス改善に特化したコンサルティングであると言えるでしょう。
しかし多くのITコンサルにおいて、クライアントの業務フロー効率化を目的としたプロジェクトが存在します。
明確な線引きはないので、今回は IT・業務系コンサルティングファームとしてまとめて紹介させて頂きます。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

IT・業務系コンサルティングファーム一覧

ベイカレントコンサルティング

ベイカレントコンサルティングは、経営戦略の提案、業務効率化を目的としたITコンサルティング業務を主軸としており、戦略策定からハンズオン型の業務・IT推進まで、広範囲にサービスを提供しています。 社内組織はインダストリー毎の縦割りではなく、業界横断で取り組むことができる為、異業種とのアライアンス策定・推進を得意としていると評判です。 またベイカレントは日系企業の海外進出支援も手がけており、目標として「日本発アジアNo1のコンサルティングファーム」を目指すベイカレントは英語力を重視しています。

日立コンサルティング

日立コンサルティングは、親会社である日立製作所が持っている技術力やノウハウを最大限に活用し、公共領域から事業会社まで広範な領域で顧客に対してコンサルティングサービスを提供できる点が強みです。 また、日立製作所の技術だけではなく日立製作所が長年営業する中で構築してきた顧客との関係性も活用し、比較的安定して案件を受注できます。 日立コンサルティングのコンサルタントは、戦略立案などの上流工程を中心に携わるにもかかわらず、親会社である日立製作所に下流工程を任せることで上流から下流まで全ての工程に関わることができます。

シンプレクス

シンプレクスは、金融機関の収益力最大化にフルコミットするために、難易度の高いコンサルティングからシステム開発、保守・運用、クオンツサポート、品質管理に至るまで、すべて自社内で一気通貫したサービスを提供しています。 また、シンプレクスのソリューションは、銀行、証券、FX、仮想通貨、保険という金融機関向けにそれぞれ用意されていて、金融機関特化という点で、他のITコンサルやSIer、SEと差別化できています。 DXへの対応が急務となっている状況下において、シンプレクスは、金融分野での豊富な実績/ノウハウを梃子として、より広範な分野・領域を対象として高付加価値サービスを提供していくと予想されます。

エム・アール・アイリサーチアソシエイツ

エム・アール・アイリサーチアソシエイツは三菱総合研究所と連携し独自のデータサイエンス事業などEBPMを行えるITコンサルティング企業です。 業務内容は大きく分けて「リサーチ・コンサルティングサービス」「数値解析サービス」「ソフトウェアサービス」の3つを主に行なっています。 三菱総合研究所(MRI)の「リサーチ事業」と、独自の「データサイエンス事業」・「解析事業」の専門性・技術力を活かした、EBPM(証拠に基づく政策立案)に応えるシンクタンクとして成長を続けている企業です。

レイスグループ

レイスグループは業種・業界問わず経営顧問事業・スカウト事業・Webソリューション事業など24もの事業を手掛けるコンサルティングファームです。 経営上の課題を解決することをサポートすることを主な事業としていて、クライアントと共にクライアントの歴史を変える取り組みに携わることが出来る点が醍醐味です。 さらに、コンサルの側面を持つ一方で、人材サービスや広告なども手掛けていて、業種や業界は関係なく、多面的な切り口から経営課題の解決を支援している点がレイスグループの最大の特徴です。

ビジョン・コンサルティング

ビジョン・コンサルティングは、AIなどの最新技術を駆使した事業展開に強みを持つ戦略コンサルティング会社です。 日系企業ながらグローバル性を大切にしている点、最新技術を駆使した事業展開、コンサルティング事業と新規事業の両方を行っているという特徴があります。 AI等の新たな価値を技術の掛け合わせにより社会に価値を提供することで、過去5年の売上高成長率は約2971%と世界トップクラスの成長を遂げている企業です。

レイヤーズ・コンサルティング

レイヤーズ・コンサルティングは、オープンイノベーションの実現が強みの経営コンサルティング事業を行っています。 他には、ロングリレーションシップの構築、経営を4つのレイヤー(層)に分けて考える独特なコンサルティングの体系、クライアントに寄り添ったコンサルティングの進め方が特徴として挙げられます。 コンサルティングの方針が実行主義であり、三現主義を徹底しつつ、クライアントと協働しながら執念と情熱で最後までやりぬく企業です。

NTTデータ経営研究所

NTTデータ研究所は、企業経営や行政調査の経営やコンサルティング、情報および通信システムの規格や開発、社会や産業などの調査研究やコンサルティング業務を行っています。 公共分野や金融分野といった社会基盤に関わる顧客をターゲットとしており、社会・業界にイノベーションをもたらすために、従来の産業構造に捕らわれず、新たな社会を提言して実現に向けてアクションを起こすことをミッションにおいています。 他にも、最近では新しい分野として脳科学分野におけるコンサルティングも行っており、人工知能やロボティクスに加えて、新しい技術に関する研究やサービス開発にも力を入れて取り組んでいます。

シアトルコンサルティング

シアトルコンサルティングは、2006年に設立されたITコンサルやSI事業、システム開発を行う企業です。 「チームワーク×テクノロジーで世界を笑顔に」という理念を掲げており、社長自身も「Teamtech社長」と自負するほどのチームプレーを重視する経営に取り組んでいます。 チームワークとITをかけ合わせた事業を展開しており、シアトルコンサルティングでは3A(熱い・明るい・アットホーム)に変える取り組みも進められています。 企業自体も社員を大切にする気持ちを持っているため、社員側の視点に立って、もっと風通しがよく、全員が活躍できる組織作りを行っています。

日本総合研究所

日本総研は、5大シンクタンクのひとつであり、主な事業としてシンクタンク、コンサルティング、ITソリューションの3つの機能が挙げられます。 それぞれの機能を担う各事業部門では、企業や社会に対する新たな課題の提示・発信(イシュー・レイジング)から、課題に対する解決策の提示と解決への取り組み(ソリューション)、新たな市場や事業の創出(インキュベーション)など多岐にわたり、それぞれの分野で企業や社会が求める創造的な付加価値を提供しています。上記のそれぞれの機能を、SMBCグループの総合力を活用しながら日本の産業社会に提供しています。

FutureRays

FutureRays(フューチャーレイズ)は、2006年に創業されたITを活用した技術によるソリューション提案を強みとしたコンサルティング企業です。 2011年頃から顧客の業務改革・改善の実現させるため、業務とICTの一体化が不可欠であると考え、事業領域をコンサルティングだけでなく、ICT導入領域へも拡大し、ICT導入やシステム構築サービス等を相次いで開始していきました。 机上の戦略だけではなく、顧客企業と汗をかきながら実践に取り組むパートナーシップを重視した企業であることが、その特徴です。 大阪と東京の2拠点を本社としながら、拠点の拡大を行い、現在の拠点数は5拠点です。

プラスアルファ・コンサルティング

プラスアルファ・コンサルティングは、世の中に溢れている文章、画像、数値、音声などの可視化されていない情報を見える化し、顧客企業の意思決定や業務の効率化を支援するサービスを提供している会社です。 ”ビックデータを可視化する「見える化プラットフォーム」のリーディングカンパニー”を掲げており、”社員のアイデアから次々と事業を生み出し、持続的に成長し続ける企業”を目標にしています。 プラスアルファ・コンサルティングの強みは、顧客の声を見える化するサービスを提供し、技術やシステムを実務に適用させるコンサルティングノウハウを持っていることであると言えます。

リグリット・パートナーズ

リグリット・パートナーズは、豊富なプロジェクト実績とスタートアップコンサルティングファームならではの働きがいや特色のあるITコンサルティングファームです。 リグリッドパートナーズの特徴は本業のコンサルティングに加え、創業5年目の創業フェーズにおいて「会社を創っていく」社内業務を両立する環境下で個人が働きがいを見出し、活躍する社風にあります。 昨年度は2021年版は日本における「働きがいのある会社」ランキングにおいてベストカンパニーに選出され、小規模部門(従業員数25名〜99名以下)で26位にランクインしています。

トラント

トラントは「ITによるサプライズを!」をミッションに、ITサービスを提供している企業です。 トラントの特徴はエンジニアが活躍し続けるための企業であることです。 活躍し続けられるエンジニアを増やしていきたいという想いを実現させるため、ITエンジニアが自分のスキルやキャリアを開発し、磨き続けることができるよう環境とサポート体制を整えています。 トラントの強みはクライアントのニーズを捉えながら、ITエンジニアに「変化への対応力」を身につけさせることができる点であると言えます。

ガートナージャパン

ガートナージャパンは、世界最大規模のICT(情報通信技術)のアドバイザリー企業です。 世界100か国以上に拠点を持ち、2,000人以上のリサーチ・アナリスト、15,000人以上のコンサルタントとアソシエイツで構成されています。 ガートナージャパンの主な事業は、リサーチ&アドバイザリー事業、コンサルティング事業、コンファレンス事業の3つを主軸としています。

デロイトトーマツリスクサービス

デロイトトーマツリスクアドバイザリーは、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループ「デロイトトーマツグループ法人」の1つです。 監査・保証業務、税務・法務、コンサルティング、リスクアドバイザリー、ファイナンシャルアドバイザリーの5つのビジネスとコーポレート機能からなるサービス展開で、企業や組織へのITリスクに関するコンサルティングサービスを行っています。 またデロイトトーマツグループは、各グループ法人が高い専門領域、業種・業界に特化した知見、グローバルネットワークを生かして地域密着型の支援を行うことで、幅広いサービスを総合的に提供している企業です。

アクティベーションストラテジー株式会社

アクティベーションストラテジー株式会社(CDIソリューションズ)は、戦略コンサルティングファームとして事業を展開し、業務改革やIT領域のコンサルティングに特化しています。 特徴は、「人間力を武器としている」「洞察力、共創力、完遂力を兼ね備えている」の2つです。 アクティベーションストラテジー株式会社(CDIソリューションズ)は「必ずクライアントを笑顔にする」という信念を持って企業活動を行っています。 クライアントとともにベストな戦略を導き出すため、アクティベーションストラテジー株式会社(CDIソリューションズ)は要不可欠な力を兼ね備えたプロの集団として企業活動を行っています。

大和総研

大和総研グループは、「リサーチ」、「コンサルティング」、「システム」の三分野において、それぞれの専門家が時代のニーズに応える独自性の高い情報サービスを提供しています。 最近では、AI技術を活用した様々な研究を行っており、AIを用いた長期の株価予測、銀行照会業務へのチャットボットの導入、地域社会発展のための地域別景況感指標の公開など、具体的な施策も実現してきました。 当社の3つの部門が協業することで、大和総研グループが主体となって、金融資本市場に付加価値の高いサービスを今後も生み出していきます。

ウルシステムズ

ウルシステムズは、高い技術力を有し、IT戦略立案から業務改革まで改革を実行する、ITコンサルティングを提供する日系コンサルティングファームです。 経営課題の抽出からプロジェクトの管理、最適なシステムの実現まで利益に対しての最善を目指す企業です。 戦略立案から業務改革までのトータルなサポートに加え、高い技術力を有していることから多くの日系大手企業をクライアントとして活動しています。

イデア・コンサルティング

イデア・コンサルティングは、富士ソフトグループの戦略子会社で、ERP・クラウドソリューションに強みを持つコンサルティング・システムインテグレータです。 主にOracle社、SAP社が提供するパッケージ製品やクラウドサービスの企画提案から、導入・運用保守まで一貫したサービスを提供しています。 サービス内容については「基幹業務支援ソリューション」「経営支援ソリューション」「データ分析・活用ソリューション」「仮想デスクトップ」の4つに分かれています。 Amazon Web Serviceを使い「JD EdwardsEnterpriseOne」を導入する国内初のクラウドERPサービスとして提供開始し、現在は国内No.1の実績を収めています。

リヴァンプ

リヴァンプは、企業再生を中心に、資本参加を含めた経営への直接参画をおこなっている企業で、経営技術と資本で、クライアントを支援しています。 マーケティングとITという2つの経営技術を柱とした支援サービス、経営者派遣を通じた経営受託、経営支援子会社・事業会社の設立と経営、成長企業へのPE投資などを展開してます。 また、経営ノウハウ蓄積の場として、またクライアントへの経営支援サービスを通じて成長した社員が経営者となるときのゴールとして、自ら飲食店、ブライダル関連、ファッションなどの事業会社を経営することも可能です。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

関連記事

目次

人気記事ランキング