大和総研の年収は平均いくら?ボーナスや口コミ・評判をチェック!

大和総研の年収は平均いくら?ボーナスや口コミ・評判をチェック!

大和総研への転職で気になる平均年収、ボーナス、労働環境や待遇などの評判・口コミを紹介します。平均年収が高いと評判のコンサルティング業界で、大和グループの強力な後ろ盾があり、充実していると高い評判のある大和総研へ転職をお考えの方は必見の内容です。

記事の目次

  1. 1.大和総研の平均年収は?
  2. 2.大和総研の企業概要や今後の展望は?
  3. 3.大和総研の年収モデル例とその他の年収事例
  4. 4.大和総研の評価制度・昇給するには
  5. 5.大和総研のボーナス・残業代・福利厚生などの待遇の口コミは?
  6. 6.競合他社と平均年収を比較
  7. 7.大和総研への転職に転職エージェントを使用する理由
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.大和総研への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

大和総研の平均年収は?

Photo bynattanan23

大和総研の平均年収は720万円です。
同社では、基本給の他に残業代の支給があり、6, 12月の年2回の賞与の支給があります。
賞与の支給についてはグループ業績によるところが大きく証券の影響を強く受けます。
 一方で、大和グループの評判の高い福利厚生が使え、家賃補助や住宅補助などの充実により、可処分所得は平均年収の数字で見えるより大きいといえます。

大和総研の企業概要や今後の展望は?

Photo byjarmoluk

企業概要

下記は大和総研の企業概要になります。
企業概要

社名 株式会社大和総研
創業 平成20年10月1日
本社 東京都江東区冬木15番6号
TEL(03)5620-5100(代表)
代表者 代表取締役社長 中川 雅久
資本金 1,000百万円
資格 電気通信事業者(総務省)
プライバシーマーク付与事業者(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)

提供しているサービス

大和総研では、リサーチ、コンサルティング、システムという三分野でサービスを提供しています。
それぞれの概要を下記で紹介します。

リサーチ

リサーチでは、シンクタンクとしての調査分析を基に、幅広い情報発信と政策提言活動で社会に貢献しています。
マクロ経済、金融資本市場に関する専門家集団としての実績を積み重ね、政策形成に関与する機会も増えてきており、地方創生、フィンテック、ESG(環境・社会・ガバナンス)投資など、研究領域は広がり続けており、今後も同社では、経済、社会、金融資本市場の活性化と発展に寄与する取り組みを行っていきます。

コンサルティング

コンサルティングでは、事業戦略の策定支援から実行支援に至るワンストップサービスにより、クライアントの課題解決と成長戦略を描きます
証券系シンクタンクとして蓄積してきた「知見」、受け継がれた「洞察力」をいかんなく発揮し、さらには最先端のIT技術を支えてきた大和総研グループのSI機能と連携し、時代を先取りしたコンサルティングを展開していきます。
具体的な提供内容としては、「経営ビジョン」、「M&Aの活用」、「事業再編」などがあります。

システム

システムでは、高品質で信頼性の高いシステムサービスを提供し、テクノロジーでクライアントのビジネスを強力に推進させます。
お客様とビジネスを共創するシステムコンサルティングや、AI技術やデータサイエンスの知見に基づいたシステムインテグレーション、即応性と柔軟性を兼ね備えた共同利用型システムサービス、最新鋭のデータセンターによる運用サービスなど、クライアントのビジネスを支えるシステムソリューションをフルラインで提供しています。

大和総研の今後の展望

大和総研グループは、「リサーチ」、「コンサルティング」、「システム」の三分野において、それぞれの専門家が時代のニーズに応える独自性の高い情報サービスを今後も提供していきます。
最近では、AI技術を活用した様々な研究を行っており、AIを用いた長期の株価予測、銀行照会業務へのチャットボットの導入、地域社会発展のための地域別景況感指標の公開など、具体的な施策も実現してきました。
当社の3つの部門が協業することで、大和総研グループが主体となって、金融資本市場に付加価値の高いサービスを今後も生み出していきます。

大和総研の年収モデル例とその他の年収事例

Photo bykaboompics

年収モデル例

大和総研では自社内で、ICTソリューションを形に変えるべくシステム開発を行う職種と、顧客の課題解決と実行支援を行うコンサルタントの職種が存在します。
口コミや評判によると、システム開発の職種の場合の平均年収レンジは、430万円〜1,000万円で、コンサルタントの場合は、450万円〜1,100万円です。
両職種の中で、大きな差があるということはありませんが、コンサルタント職種の方が若干高めといえます。

また、口コミや評判によると、一般的に20代で500万、30代で1,000万を超えるという年収モデルになります。 

大和総研の評価制度・昇給するには

Photo byStartupStockPhotos

求める人物像

大和総研で求められる人物像として下記が挙げられます。

大和総研の求める人物像

  • チャレンジ精神旺盛な人材
  • 「変化」に対応できる人材

大和総研グループでは、口コミや評判によると若手社員に責任のある仕事を任せ、それを周りがサポートする風土があります。
これは、経験を積ませることで多くを学び成長してもらうことを目的としています。
また、個々の社員も教えられるより自ら学ぶ姿勢を強く持ち、積極的にチャレンジし、自己研鑽に取り組んでいます。
このような社風が、社員一人ひとりの能力を育くむことに繋がり、世の中にベストソリューションを生み出す原動力になっています。

また大和総研グループでは、評価される仕事ぶりや行動タイプで下記五点をあげています。

  1. 人を巻き込み仕事を進める
  2. 情報の共有や発信が積極的
  3. 失敗を恐れずチャレンジする
  4. やりぬく力、根性がある
  5. 後輩や仲間など人を育てる
業務を進める上では、社内/社外のさまざまな方々とやりとりをし、チームとしてプロジェクトを成し遂げる必要があります。
その際必要となるのは、自らが主体的に動き、周りの関係者と積極的にコミュニケーションをとって進めていく力です。
一方で、世の中に付加価値の高いサービスを提供するためには、今までにない新たな取り組みにチャレンジする場合でも、自分と社会を成長させるべく、前向きに取り組む姿勢が求められます。

大和総研のボーナス・残業代・福利厚生などの待遇の口コミは?

Photo byFree-Photos

ボーナス・残業代の口コミ

下記では、大和総研のボーナス・残業代に関する評判・口コミについて紹介します。

男性

男性

 基本給は他社と比べて高めで、残業代もきちんと出るので、毎月貰える額は同年代と比べてかなり多いと思います。
ただし、賞与はグループ業績によるところが大きく証券の影響を強く受けます。

評価制度としては、年2回、部課長による評価のフィードバックがありますが、実際に業務で部課長と関わる機会は多くなく、単に気に入られているかどうかが大きい気がします。
評価が上がれば賞与額も上がりますが、賞与はグループ業績の影響の方が大きいのでモチベーションに繋がりにくいです。

女性

女性

賞与は6月と12月に支給されます。
大和証券グループ各社合同で、従業員組合員が経営陣に対して賞与交渉を行います。
交渉と言っても、前半期(上期、下期)の業績からグループ全体の賞与額を決める計算式があり、基本的にはその計算式に当てはまることとなります。
ほぼ業績と比例関係で賞与が変動するため、ある意味賞与の考え方としては妥当と言えます。
また、全体の賞与額がグループ各社に割り当てられるが、この割合が各社によって異なります。
当然、事業規模や売り上げが最も大きい大和証券への賞与の割り当てが高くなります
大和証券の売り上げがグループ全体の8割程度を占めるため、大和証券の業績によってグループ各社の賞与額が左右されることになります。
その為、2017年以降、しばらく下降傾向が続いています。

男性

男性

新卒から基本給は順調に上がっていき、管理職になる年齢までは年収は基本的に上昇していきます。
ただしボーナスについては大和証券グループ全体の業績によってボーナスの総額が、決まりそこから個人評価で支給されるため、懸命な努力や評価が上がっても、全体のパイが小さくなれば下がります。
また、家賃手当が手厚く、管理職になる前までは結婚すると9万円ほど支給されるので、そこそこいい立地のマンションに住むことが可能です。
年収に家賃手当は含まないので、額面年収より実態の年収の方が多く、そこは魅力的です。

福利厚生の口コミ

大和総研では下記のような福利厚生とその他の制度が設置されています。

大和総研の福利厚生とその他の制度

  • 福利厚生
    ・財形貯蓄制度、従業員持株会、確定拠出年金、つみたてNISA、奨学金返済サポート
    ・定期健診、人間ドッグ、健康開発センター(医師・カウンセラー在室)など
    ・ベビーシッター制度、保育施設費用補助、所定時間外労働の免除など
    ・保活サポートデスク、介護コンシェルジュサービス
    ・独身寮、保養所
  • 休日・休暇
    ・完全週休2日制(土日)、祝日、年末年始 ※土・日・祝祭日に出社した場合は振替休日を取得
    ・連続休暇最長10日、リフレッシュ休暇最長5日、フレックス休暇最長12日、勤続感謝休暇5日
    ・有給休暇17~23日(結婚準備休暇、キッズセレモニー休暇、ファミリー・デイ休暇、親の長寿祝い休暇、1時間単位の年休など)
    ・慶弔休暇(結婚時など)、看護休暇、介護休暇、公務休暇など
  • 諸手当・補助
    ・通勤・超過勤務・家族・昼食手当
    ・独身寮、住宅補助
    ・保育施設費用補助、出産一時金(62万円、3人目以降は200万円が追加)

下記は、大和総研の福利厚生に関する評判・口コミについて紹介します。

男性

男性

福利厚生もかなり手厚く、若手は格安(8,000円/月ほど)で独身寮に住め、寮を出た後も住宅補助が出ます。
既婚者になっても、9万円の家賃補助が出ます。
昼食手当3500円以外に積立NISAや従業員持株会もあり、資産形成に繋がります。

女性

女性

日系企業の福利厚生のよさを活用できる理想像です。
福利厚生として、通勤手当に加え、出産祝い一時金等も充実しており、課長代理、もしくは結婚することで住宅手当が上限で相当額でることとなります。
それを満たさないうちは、会社の寮での生活となりますが、寮によって会社への近さ、風呂、トイレの共同もしくは部屋付きなのかが異なるため、そこは運次第となります。

競合他社と平均年収を比較

Photo byFirmbee

日系シンクタンク系コンサルティングファームである大和総研の競合として視野に入ってくるのが、野村総合研究所、三菱総合研究所、みずほ総合研究所、日本総合研究所です。
口コミを参考に競合他社との平均年収を比較した表が、以下のようになります。

 

社名 平均年収
野村総合研究所 1,088万円
三菱総合研究所 876万円
みずほ総合研究所 739万円
大和総研 720万円
日本総合研究所 679万円

競合内で平均年収を比較してみると、大和総研は四番目に位置しています。
シンクタンク系コンサルティングファームの中では、高水準な平均年収である競合が存在することは事実ですが、大和グループの充実した福利厚生を使うことができます。
これにより、家賃補助、昼食補助などを活用することで手元のお金では、他の競合よりも高い場合も出てきます。

また、給与制度については年功序列の色が強く、給与もボーナスも在籍年数が上がるにつれて高くなっていきます
しかし、日系の大手企業に比べれば、実力主義の側面が強くボーナスも個人次第の部分が多いので、上記の給与を比較した表はあくまで参考値として捉えてください。

大和総研への転職に転職エージェントを使用する理由

Photo byAymanejed

大和総研への転職成功のコツは、転職エージェントを活用することです。
転職エージェントを使うべき理由は下記の3点です。

転職エージェントを使うべき理由

  • 独自の非公開求人をもらえる可能性がある
  • 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能
  • 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

理由1:非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。
非公開求人とは、事業戦略上などの理由で表立って募集できないが、こっそり優秀な人材を採用したい企業が、エージェントに依頼する求人です。
年収が高く、ポジションがハイグレードであるケースが多いです。
大手の転職エージェントであれば、大和総研の非公開求人を保有している可能性があります。

さらに、非公開求人の募集がなかったとしても、あなたのスキルが高ければ「こんな人材がいるのですが、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に営業するケースも多々あります。
大和総研の公式ホームページや転職サイトを見て「特に転職したい求人がない」と思ったとしても、諦めずにエージェントに相談して非公開求人を探すことを推奨します。

理由2:大和総研や業界に特化した対策が可能

転職エージェントでは、今までの多くの転職希望者を中途採用で採用企業へ転職させており、大手企業志望であればあるほど、その成功体験を分析して、選考を突破するノウハウを蓄積しています。

具体的には、過去どのような人材が受かったのか、またその時にどのような質問をされてどのように回答したかといったデータを、大手の転職エージェントであれば持ち合わせて、日々分析しています。
そのデータの分析結果をもとにした模擬面接や、志望動機や質問に対する回答をあなたと一緒に考えてくれるのです。
特に今回の、大和総研のようなシンクタンク系のコンサルティングファームでは、選考フローでプログラミング選考、フェルミ推定、ケース面接などの特異なフローがあり、エージェントとの模擬面接は必要不可欠であると言えます。
また、転職エージェントによっては面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人材像を事前に教えてくれるところもあるため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

その他、面接では伝えきれない転職者の魅力を、人事に別ルートで営業してくれます。
転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を、大和総研の人事にプッシュしてくれています。
あなたが面接で思うように話せず、本来落ちていたところを、エージェントの営業力で面接を通過にすることは日常的に起きています。
正しいエージェントを選べば、その点で圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。
逆を言えば、交渉力の低いエージェントを選んでしまうと足手まといになることすらありますので、エージェント選びはしっかり行いましょう。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でにコンサルティングファームに内定したい方はこちら。

理由3:年収アップ等の交渉も依頼できる

年収の交渉を個人で行うのは、非常に難しいです。
「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」と交渉の余地すらないことがほとんどです。
なぜなら中途採用の場合、個人経由での応募は最終面接の場で入社同意書を書かされることがほとんどだからです。
中途採用の人材斡旋を行う転職エージェント経由であれば、最終的な回答は、面接後にエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことが可能です。
少しでも中途採用において、良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

大和総研への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

大和総研への転職のために、給与、ボーナス、待遇、求められる人物像や評判・口コミなどについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

大和グループの総合シンクタンク系のコンサルティングファームである同社は、証券系シンクタンクとして蓄積してきた「知見」、受け継がれた「洞察力」をいかんなく発揮し、最先端のIT技術を支えてきた大和総研グループのSI機能と連携し、時代を先取りしたコンサルティングを展開してきました。
今後は、AI技術を活用した様々な研究をベースに、金融資本市場に付加価値の高いサービスを提供していきます。
そんな、同社への切符を掴むには高難易度の選考を突破しなければなりません。

そんな高難易度の選考が評判の大和総研へ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、大和総研のような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高い面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でコンサルティングファームに内定したい方はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング