【市場拡大中】M&A仲介のプロフェッショナル|M&A企業一覧

【市場拡大中】M&A仲介のプロフェッショナル|M&A企業一覧

M&Aの仲介を行う企業をまとめてご紹介します。M&Aは、少子高齢化による経営者の高齢化とその継承者問題で増加傾向にあります。今後も拡大傾向にあるM&A市場で、M&A仲介を主な業務としている企業をまとめました。M&A転職をお考えの方はぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.M&Aとは
  2. 2.M&A 会社一覧

M&Aとは

M&A(エムアンドエー)とは、「Mergers and Acquisitions」の略です。
M&Aの意味は、「企業の合併・買収」のことです。
企業や事業の全部または一部の移転を伴う取引を指し、一般的には「会社(または経営権)の取得」を意味します。
「買収」と聞くと、外資系企業が会社を乗っ取るイメージもありましたが、近年は企業の成長戦略の手段として多く行われています。
一般的に広義のM&Aとして、業務提携、資本提携などによる経営の協力関係を含める考え方があります。
反対に、狭義のM&Aとしては、企業の合併・買収が一般的な考え方とされています。

M&Aの種類は多岐に渡りますが、日本国内のM&Aにおいて、もっとも多く行われているのは「株式譲渡」です。
中堅・中小企業において、狭義のM&Aの8割~9割が「株式譲渡」とも言われています。
そして「株式譲渡」以外の残りほとんどが「事業譲渡」となっています。
「事業譲渡」は「株式譲渡」と異なり、譲渡する範囲を決めることができますが、その分手続きは煩雑となります。

M&Aによる主なメリットは、売り手側は後継者問題の解決、買い手側は加速度的な事業成長ができる点にあります。
売り手側は、後継者がいない場合に、経営・財務基盤の強固な信頼できる企業に譲渡することで、事業を継続、または発展できます。
買い手側は、新規事業への参入や市場シェアの拡大を目指す場合に、加速度的に事業を発展させることが可能です。

M&A 会社一覧

今回は、そんな魅力的なM&Aの仲介などを主な業務としているM&A企業をまとめました

各社の記事には、転職活動で知っておくべき企業の特色や強み、採用情報、内定者からヒアリングした実際の選考内容が掲載されているものもありますので、M&Aに転職したい方はぜひそちらも併せてご覧ください。

M&Aキャピタルパートナーズ

M&Aキャピタルパートナーズは、M&A業界の中でもトップを争う成果主義の会社です。 M&Aコンサルタントはソーシング(売り案件の開拓)〜クロージング(成約)まで一気通貫で全ての工程を担当するため、案件の成約の際のインセンティブも非常に大きいです。 同社のM&Aコンサルタントは一気通貫で売り手と買い手を担当、自ら直接会社の経営者に営業を行い、案件を獲得するスタイルを取っている為、M&A業界の中で最も新規開拓力を重視しています。

ストライク

ストライクは、1997年に公認会計士・税理士の荒井邦彦社長が創設した、公認会計士を中心としたM&A支援のスペシャリストが集まる企業です。 高い専門性と倫理観を持つスタッフが集まっており、初期相談からM&Aの契約まで、顧客の思いに寄り添った専門サービスを提供しています。 また、全国の会計事務所や弁護士事務所、不動産鑑定士などと緊密な連携を行うことで、常に全国各地の最新情報を収集し、あらゆるニーズに対してさまざま解決策を提示できるのがストライクの特徴です。 ストライクは、M&A仲介業務以外にも財務デューデリジェンス・企業価値評価・企業の再生支援などの事業を展開しています。

ファンドブック

ファンドブックは、M&A業界で大きな信頼を勝ち得ている畑野幸治氏を代表者として、2017年に設立されたスタートアップ企業です。 ファンドブックの特徴としては、企業がベストな売り手、買い手を見つけやすくなるように「M&Aの買い手と売り手を結びつけるプラットフォーム」を有している点が挙げられるでしょう。 さらに、着手金が発生せず、成果報酬型を採用しているため、ファンドブックを利用している企業は、M&Aが成立するまでお金をかける必要がない点も特徴です。 また、他のM&Aプラットフォームでは見かけられない点として、「M&Aが成立するまでファンドブックがサポートする仕組み」があるという点も見逃せません。

M&A総合研究所

M&A総合研究所は創業3年目のM&A仲介のベンチャー企業です。 M&A 仲介業務に最先端のAI技術を含むテクノロジーを取り入れた「M&A×TECH」のリーディングカンパニーで、属人性の高いM&A業務をテクノロジーで効率化・高度化すべく、国内最大手のAI 企業である PKSHA Technology ファンドとの資本業務提携も行っています。 M&A業界はアナログな営業手法が一般的ですが、テクノロジーを取り入れている為、M&Aコンサルタントが圧倒的に効率の良い営業活動を行うことを可能にしました。 また、同社は代表取締役CEOの佐上氏自身が M&A により東証一部上場に会社売却をした経験から、業界では珍しい「完全成功報酬制」を取り入れております。

日本M&Aセンター

日本M&Aセンターは、中小企業間に特化したM&A仲介の国内最大手(独立系)で、M&A支援に特化したサービスを提供しています。 全国の地銀や会計事務所等にも独自ネットワークを有しており、特に事業承継案件に強みをもっています。 日本M&Aセンターの特徴は、中小企業のM&A仲介の国内最大手(独立系で東証一部上場企業)で、5,000件を超えるM&A成約支援実績があります。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

会社名 転職難易度 人気度
株式会社日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー ★★★ ★★★★
KPMGFAS ★★★ ★★★★
M&Aキャピタルパートナーズ ★★★ ★★★
株式会社ストライク ★★★ ★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

 
会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。
 

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

関連記事

目次

人気記事ランキング