M&A総合研究所の転職難易度は?M&A業界出身者が魅力や内定獲得のコツについて解説!

M&A総合研究所の転職難易度は?M&A業界出身者が魅力や内定獲得のコツについて解説!

M&A総合研究所の内定を獲得する為に、転職難易度や評判・口コミなどをM&A出身者が解説します。最先端のAI技術を含むテクノロジーを取り入れた「M&A×TECH」のリーディングカンパニーであるM&A総合研究所への転職を考えている方に必見の内容になっています。

記事の目次

  1. 1.転職希望者急増!M&A総合研究所の転職難易度は?
  2. 2.M&A総合研究所の競合優位性や今後の展望は?元M&A出身者が徹底解説!
  3. 3.M&A総合研究所の採用情報について
  4. 4.M&A総合研究所に転職するためには?
  5. 5.M&A総合研究所の年収と労働環境について
  6. 6.口コミからわかるM&A総合研究所の評判は?
  7. 7.M&A総合研究所に転職したい人必見!おすすめの転職サイト
  8. 8.M&A総合研究所への転職を成功させるためには?

転職希望者急増!M&A総合研究所の転職難易度は?

[引用元]https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000039539.html

M&A総合研究所は創業3年目のM&A仲介のベンチャー企業です。M&A 仲介業務に最先端のAI技術を含むテクノロジーを取り入れた「M&A×TECH」のリーディングカンパニーで、属人性の高いM&A業務をテクノロジーで効率化・高度化すべく、国内最大手のAI 企業である PKSHA Technology ファンドとの資本業務提携も行っています。

M&A業界はアナログな営業手法が一般的ですが、テクノロジーを取り入れている為、M&Aコンサルタントが圧倒的に効率の良い営業活動を行うことを可能にしました。また、同社は代表取締役CEOの佐上氏自身が M&A により東証一部上場に会社売却をした経験から、本当の意味で経営者に寄り添った、業界では珍しい「完全成功報酬制」を取り入れております。

まずはM&A総合研究所の転職難易度について、解説していきます。

M&A総合研究所の転職難易度について

日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライクなどのM&A仲介業界を代表する企業の転職難易度は非常に高い事はよく知られています。一見、非上場企業であるM&A総合研究所の入社難易度は、それほど高くないのではないかと思われるかもしれません。しかし、実際には、M&A総合研究所の転職難易度はM&A仲介業界トップクラスだと言えるでしょう。

理由は、「採用枠が少ない一方で、優秀な方の応募が非常に多い」ことです。
M&A仲介業界トップ企業である日本M&Aセンターは、年間100名近いM&Aコンサルタントを採用していますが、M&A総合研究所は数十名程度の少数精鋭組織のため、採用枠がそれほど多くはありません。しかし、同社は転職先として人気が急上昇しており、応募者数も日に日に増えているため、応募倍率は極めて高くなっているのが現状です。
また、応募者は、同業の大手M&A仲介会社の社員はもちろん、メガバンク(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)、大手証券会社(野村證券、大和証券、SMBC日興証券)、キーエンスや外資系コンサルティングファーム(マッキンゼー&カンパニー、アクセンチュア)など、各々の業界で卓越した実績を残した強者です。よって、内定獲得までの道のりは極めて厳しいものとなるでしょう。
M&A総合研究所への転職をお考えの方は、具体的な選考内容を理解し、実際に内定を獲得した方がどのように面接準備を行い内定獲得に至ったのかをしっかりチェックしましょう。

M&A総合研究所に転職したい人が急増している理由

業界最高水準の報酬体系

冒頭でもお伝えしましたが、同社はM&A 仲介業務に最先端のAI技術を含むテクノロジーを取り入れ、あらゆる業務を効率化しているため、従業員への利益還元の最大化できており、高インセンティブが実現しています。
また、同社は 2022 年に上場を目指しており、ストックオプションが付与される可能性もあるため、給与以外で資産形成できる事も転職希望者にとって大きな魅力となっています。
 

圧倒的に成長できる環境

同社独自で開発したシステムにより営業の一連のフローを効率化しているため、同社のM&Aコンサルタント1人あたりが担当できる平均案件数は、競合他社のM&A仲介会社の2倍以上に上ります。
M&Aコンサルタントとして一人前になるためには、成約実績を積む事が最も重要なことです。多くの案件を担当出来るという事は、成長できるか否かという点で最も重要な要素です。また、M&A 仲介会社出身者や弁護士、会計士による専門知識習得のための教育プログラムを設けており、成約のための環境は十分に整っていると言えます。M&A仲介業務未経験で入社する方にとっては、圧倒的なスピードで成長できる環境だと言えるでしょう。
 

最先端のIT知識や業務効率化スキルが身につく

M&A総合研究所は、エンジニアとしての経験もある代表の佐上氏が設立した会社であり、最先端のIT技術に圧倒的な強みを持っております。
例えば、社内のシステムにおいては、営業メンバー自身が社内エンジニアに開発要件を上げることで、日々機能改善がなされています。
エンジニアだけでなく、M&Aコンサルタント自身もどうすればIT技術により日々の業務を効率化・仕組み化していけるのか?ということを考えるようになるため、自然と最先端のIT知識や業務効率化スキルを身につけることができる点も大きな魅力でしょう。

転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

M&A総合研究所の競合優位性や今後の展望は?元M&A出身者が徹底解説!

Photo byMarandaP

M&A総合研究所の競合優位性

M&A総合研究所の強みは、競合他社で属人化している業務にテクノロジーを取り入れ、また独自のビジネスモデルを確立する事により収益性と効率性の高さを実現している事です。
下記では、大きく3つの業務フロー毎の説明と、当社の特長・強みについて述べていきます。

1.ソーシング:ソーシングとは、主に売り案件を開拓するという意味で、オリジネーションや案件開発とも呼ばれます。従来の手法では、M&Aコンサルタントの行動量でカバーする営業手法で案件を獲得するのが主流でしたが、同社では圧倒的なWEBマーケティング力により、WEB経由の流入チャネルを独占し、効率的なソーシングを実現しています。

2.マッチング:適切な相手先を探すマッチングという業務は、これまで、M&Aコンサルタント個人の能力や知見に依存していました。しかし同社は、独自のAIマッチングアルゴリズムを開発し、メンバーの全員が高速かつ高精度なマッチングができる環境を実現しています。同社が保有する、国内トップクラスのM&Aメディアの情報収集力と、そのデータを適切に処理できる技術を武器に、急速にマッチングの精度を高めています。

3.エグゼキューション:案件の進行の指揮を取るエグゼキューションと呼ばれる業務は、従来アナログな管理手法でディールを管理していましたが、自社開発システムにより、効率的なディール管理を可能にしています。

このように、最先端のIT技術に圧倒的な強みを持つ佐上社長のもと、最先端のAI+IT技術を徹底的に活用することで、業界トップの収益性と効率性を実現しています。

M&A総合研究所の創業者について

M&A総合研究所の創業者である佐上氏は、神戸大学卒業後、サイバーエージェントグループの株式会社マイクロアドに入社。入社後は広告配信システムDSPのアルゴリズム開発を担当し、エンジニアとしてのスキルはこの時に磨かれたそうです。
また、会社員時代は個人事業主として活動もし、その時に年収2億円程度の大金を稼ぐことが出来ていましたが、税金の高さや累進課税の厳しさを感じ、この頃にバイアウトやタックスヘイブンに関心を持ち始めたそうです。
当時から起業を考えていた同氏は2016年、ECやWEBメディア事業を手掛けるメディコマの前身になる会社、Alpacaを創業。そして、2017年3月にはPR会社のベクトルに株を譲渡し、上場企業の傘下に入ることになりました。また、ベクトルに会社を売却する前からベクトルに在籍した約1年半の間で、M&Aの売り手、買い手両方の立場になることが多々あり、その時にM&Aは成約までの時間が長すぎて、売り手と買い手双方に大きな負担がかかっているという事に課題意識を持ったそうです。
2018年末にはメディコマの代表を退任後、M&A総合研究所を設立しました。同氏の祖父が不動産業を営み、父が継がずに仕方なく廃業した時に、後継者がいなければ廃業するしかないという自営業の大変さを間近で見たことも創業のきっかけになっているとの事です。

M&A総合研究所の事業内容

M&A総合研究所の主な事業内容は、下記の3つです。競合他社と比較して特徴的な点は、上記で述べたようにM&Aプラットフォーム事業とM&Aメディア事業に注力している事です。

M&Aプラットフォーム事業                                      WEB上で会社・事業を譲渡したい方と会社・事業を買収したい方を繋ぐ、マッチングプラットフォームになります。
M&A仲介事業                     M&Aコンサルタントが専属でフルサポートするM&Aの仲介事業となります。
M&Aメディア事業 国内最大級のM&A情報発信メディア「M&A総合研究所ポータル」と「M&A総合研究所マガジン」を運営しております。

 

M&A総合研究所のトップメッセージと今後の事業展開

公式HPには、M&A総合研究所の創業背景やクライアントに提供できる価値について、トップメッセージとして述べていますので、下記に記載します。

 

 

経営者の平均年齢の高齢化は進み、後継者不在の中小企業の廃業増加が社会問題化しています。近年ではM&Aも、事業承継の選択肢の一つとして広く認知されてきています。
しかし、この時代に、重要な役割を果たすべきM&A業界には、様々な解決すべき問題が残っていると考えています。
私自身、過去に自身が立ち上げたIT会社を譲渡致しました。上場企業の傘下入りにより、社会的信用力が向上、事業も拡大し、このM&A自体は良い結果を齎しました。
一方で、その道中、M&A仲介会社と接点を持つ中で、3つの大きな問題点に直面致しました。

「M&Aの成立有無に関わらず、高額な着手金・中間金・月額報酬が発生する料金体系」
「担当者次第で提案内容にばらつきがある、属人的な業務体質」
「あくまで仲介人に過ぎず、的確なアドバイスが受けられない」

これら業界が抱える問題を是正する事で、全ての経営者様に、M&Aの真のメリットを享受する事を目指し、M&A総合研究所を立ち上げました。

弊社は以下の3軸による「満足のM&A」を全ての経営者様に提供致します。

1.完全成功報酬制

・通常の仲介会社や金融機関では、着手金・中間金・月額報酬等の手数料が成約に関わらず発生致しますが、弊社では譲渡企業様から、これらを一切頂きません。

2.ビッグデータとAI技術を組み合わせた、最適なマッチング

・弊社は国内最大級のM&Aサイトを有し、M&Aに関する大量の情報をデータとして日々蓄積しております。また、AI技術による独自のマッチングシステムにより、これらのデータから最適なお相手を導き出します。

3.経験豊富なアドバイザーによるサポート

・実際に経営者としてM&Aによる会社譲渡を経験しているメンバーや、10件以上の会社・事業の買収を経験しているメンバー、20件以上のM&A仲介経験のあるメンバー等、様々な側面からM&Aを熟知したメンバーが的確にご支援致します。

また同社では、全国の事業承継を考える経営者や事業拡大を目指す企業の方々に向け、最多のPV数を誇るM&Aメディアを運営。これによりクライアントである全国の中堅・中小企業の経営者からの問い合わせは急増しています。このようなWebチャネルの拡大が当社の飛躍的な成長に直結し、2018年度から2019年度にかけて売上高が急増、2020年度も更なる成長が見込まれています。
また、2022年にはIPOを予定しており、社員全員が一丸となり日々邁進しています。上場後は、M&A仲介事業だけでなく、自らM&Aを駆使することで、更なる事業拡大を目指していく予定です。将来独立したい、経営者としてのマインドやスキルを磨きたいと考えている方にはこれほど恵まれた環境はないでしょう。
 

M&A総合研究所の採用情報について

Photo bygeralt

現在の同社の募集職種はM&Aコンサルタント、営業事務、Webマーケター、会計士、インサイドセールス、セールスアナリティクスなど多岐にわたりますが、M&Aコンサルタントは年間で10~20名程度を採用しています。現在は新卒採用は行っておらず、M&A業界未経験者の採用も積極的に行っています。

M&Aコンサルタントの業務は、対峙する経営者のみならずその会社で働く従業員や、社員の家族、取引先の方々の人生をも左右する、非常に責任の大きいお仕事です。
そのため、M&A総合研究所では大手M&A仲介会社でM&Aコンサルタントとしての豊富な経験を積んだ後、更なるキャリアアップを求めている方や、未経験でも証券会社・銀行・コンサルティングファーム・メーカーなどで優秀な成績を収めた転職者も採用しています。
 

M&A総合研究所に転職するためには?

[引用元]https://masouken.com/

M&A総合研究所の社風や求める人物像の理解が重要

M&A総合研究所の内定を獲得するためには、どんな人物像を理想的な採用像としているかを知ることが大切です。この点を抑えられれば、内定獲得可能性を引き上げられます。

求める人物像

  • チームプレー
  • 論理的思考能力
  • 行動量
  • 経営者の懐に飛び込める力

M&A総合研究所の佐上社長が採用する際に重要視しているポイントは、「チームプレーができるか」です。M&A仲介会社には、トップセールスや専門家が集まっているため、個人プレーをする方が多いというイメージを持たれがちです。
しかし、同氏が大切にしているのは、「経済的に豊か」「会社が楽しい」「プライベートが充実している」と社員が感じられているかどうかという点です。
例えば、「沢山案件を成約してお金は稼いでいるが、社内では誰とも会話しません。」「稼げてはいるが、家庭の問題を抱えていてプライベートが大変です。」という人は、幸福度は低いと考えられており、そういった点で会社として働きやすくて、社員が仲良くて、楽しく仕事が出来る集団を目指した組織作りをされているとの事です。
社長が社員の幸せについてここまで深く考えている会社はほとんどないですし、実際に離職率も非常に低いことからも、チームプレーを大事にしつつ、メリハリをつけながら仕事に打ち込みたいという方にとっては、非常に魅力的な環境だと思います。
 

M&A総合研究所の選考回数

選考回数は2〜4回で、人によって異なります。基本は人事→社長→取締役という流れですが、選考途中で会食があったり、1回目から社長が出てきたりするケースもあります。日本M&Aセンターのように、作文試験やプレゼンテーションなど準備がマストである独自の選考は設けられていないため、選考対策には時間をかけなくても良いのではと思う方もいらっしゃいますが、冒頭でもお伝えした通りM&A総合研究所の方が選考通過率は低いため、入念な面接準備が必要です。
 

M&A総合研究所の面接の特徴

聞かれることは非常にシンプルですが、面接を受けた方に面接感想について聞くと、大半の方は何をジャッジされているのか分からないと言います。面接内容は「なぜM&A仲介に興味をもったのか。」「なぜM&A総合研究所なのか。」程度で、その後会社説明を受けた後に、「何か質問はありますか?」と聞かれるのみの場合もあるそうです。面接の中で見られている観点としては、過去の実績や特筆したスキルよりも、パーソナリティの部分を中心に確認されています。そのため、上記に記載したM&A総合研究所の求める人物像については、しっかり理解しておきましょう。また、具体的な選考情報や内定獲得のためのポイントを知りたい方は、実際に内定者にインタビューして独自に入手した選考体験記を読んでみてはいかがでしょうか?
インテリゴリラへの登録はこちら

M&A総合研究所の年収と労働環境について

Photo byFree-Photos

M&A総合研究所の平均年収

M&A総合研究所の平均年収は公表されておりませんが、年収モデルは下記の通りです。

<想定年収例>
■ 27歳・入社1年目
4,200,000円(基本給)+4,800,000円(インセンティブ)=9,000,000円(年収)

■ 30歳・入社2年目
8,000,000円(基本給)+14,600,000円(インセンティブ)=22,600,000円(年収)

■ 34歳・入社3年目
12,000,000円(基本給)+24,400,000円(インセンティブ)=36,400,000円(年収)

特に注視すべきは高いインセンティブ率です。同業他社と比較しても最高水準のインセンティブ設計になっています。日本M&Aセンターの平均年収が1,315万円(2020年3月期有価証券報告書参照)ということを考えると、給与は非常に高額であることがわかります。
 

M&A総合研究所の労働環境について

M&A仲介という仕事は非常に責任の伴う仕事であるため、同業他社同様に労働時間が長くなってしまう事は多々あるでしょう。ただし、上記でお伝えしたように、佐上社長は「社員の幸せにはプライベートの充実も必要だ」と考えているので、充実した生活を送ることができるでしょう。

口コミからわかるM&A総合研究所の評判は?

Photo byFree-Photos

年収の満足度

年収の満足度についての口コミからわかる評判は以下の通りです。

男性

男性

内定の際に提示されたオファー年収は固定で420万円だったので、前職の年収よりも下がったなと感じていたのですが、インセンティブ率が非常に高く多くの案件を担当できるため、入社後すぐに前職の年収を大幅に超えることができました。満足度の高い報酬体系だと思います。

仕事のやりがいや個人の成長

仕事のやりがいや個人の成長についての口コミからわかる評判は以下の通りです。

男性

男性

一人あたりの担当案件数が多く早期に場数を踏むことができたので、キャッチアップできるまでにそんなに時間はかからなかったです。また、無駄な作業は全て効率化・仕組み化しており、本来時間をかけるべき箇所に時間を割けているので、その点は非常に有難いです。
 

人間関係や社員の雰囲気

人間関係や社員の雰囲気についての口コミからわかる評判は以下の通りです。

男性

男性

創業間もない会社のため、入社年次が近いメンバーが多く、また前職が一緒だった人も一定数いるため、和気あいあいとした雰囲気の中働くことができています。

M&A総合研究所に転職したい人必見!おすすめの転職サイト

圧倒的高品質な選考情報サイト

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にも日本M&Aセンター/M&Aキャピタルパートナーズ/マッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【日本M&Aセンター・M&Aキャピタルパートナーズなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、最難関企業の特別選考のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

M&A総合研究所への転職を成功させるためには?

M&A総合研究所の転職難易度、競合優位性や選考情報について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?2022年の上場に向け、今後事業・組織ともに急拡大していく同社ですが、転職市場での人気が急上昇しているため、面接対策無しで内定を獲得する事は困難でしょう。

M&A総合研究所への転職を考えている方は、実際に内定を獲得した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを活用してみてはいかがでしょうか?



 

有名企業の選考実体験を掲載 | インテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

関連記事

目次

人気記事ランキング