モルガンスタンレーへの転職難易度は高い!年収や選考情報などを紹介

モルガンスタンレーへの転職難易度は高い!年収や選考情報などを紹介

モルガンスタンレーへの中途採用枠での転職を目指す為に、難易度、面接内容や傾向などを紹介しています。外資系金融で高年収であり、年次の早いうちからチャレンジできる環境のモルガンスタンレー。転職難易度が高いモルガンスタンレーへの転職をお考えの方は必見です。

モルガンスタンレーの転職難易度は高い

Photo byAymanejed

モルガンスタンレーの転職難易度は非常に高いです。
日系大手企業の投資銀行業界と比較した外資系の括りの中でも年収が非常に高くなっており、ほかの中途採用応募者も優秀な人材が多く応募してくるため、最難関といっても過言ではないほど、難易度が高いといえます。
そんな優秀な転職者のなかから自分をコンサルタントとして中途採用してもらうというのは、並大抵のことではありません。
上記に加えて、定期的な中途採用の転職者を求めているのではなく、不定期で求人募集が行われ、募集枠はそれほど多くありません
また、モルガン・スタンレーでは、即戦力となるような能力を持っている人材を求めている傾向があります。
応募枠が少ないにも関わらず、ほかの転職者のレベルは高く、競争率が非常に高くなり、面接を通過するのは難易度の高いことであることに疑いはありません。
求人募集が行われたらすばやく応募できるよう、求人情報はこまめにチェックし、前もってしっかり準備しておくことが肝心です。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

モルガンスタンレーの企業情報

Photo byFree-Photos

日本国内におけるモルガンスタンレーは、アメリカのモルガンスタンレー・ホールディングスの持株会社です。
さまざなな企業とグループになることで、幅広いサービスを提供しています。
主な関連会社は、証券業務、資産運用業務、不動産関連業務等の金融サービス業務を行う企業です。

モルガンスタンレーの会社概要

モルガンスタンレーと一口に纏められていますが、実は行う金融サービスによって関連会社が分かれています。
最終親会社である米国のモルガンスタンレーが間接的に100%保有する、モルガンスタンレー・ホールディングス株式会社というのを筆頭に、日本における持株会社として、証券業務、資産運用業務、不動産関連業務等の金融サービス業務を行うグループ関連会社を傘下に有しています
具体的には、下記のグループ関連会社があります。

モルガンスタンレーのグループ関連会社

  • モルガンスタンレーMUFG証券株式会社
  • モルガンスタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社
  • モルガンスタンレー・グループ株式会社
  • モルガンスタンレー・キャピタル株式会社
  • 三菱UFJモルガンスタンレー証券

モルガンスタンレーにはさまざまなグループ関連会社があります。
それぞれの会社の業務内容は異なりますが、一貫して債権・株式・投資に関する事業を展開しています。
モルガンスタンレーのグループ関連会社の中で主要な5社について詳しく確認していきましょう。

モルガンスタンレーMUFG証券株式会社

モルガンスタンレーMUFG証券は、出資比率は51%がモルガンスタンレー、49%が三菱UFJ証券で資本構成されています。
債券・株式のセールス&トレーディング、資本市場業務およびリサーチ業務を含む幅広い金融サービスを政府、事業法人、機関投資家に提供しています。

モルガンスタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社

モルガンスタンレー・インベストメント・マネジメント株式会社は、日本のクライアント向けに、公的年金、企業年金、金融機関などの機関投資家向け資産運用業務のほか、国内投信委託会社との運用の再委託契約を中心としたビジネスを展開しています。

モルガンスタンレー・グループ株式会社

モルガンスタンレー・グループは、日本におけるモルガンスタンレーのグループ会社に人事、総務およびIT(情報技術)関連サービスを提供しています。

モルガンスタンレー・キャピタル株式会社

モルガンスタンレー・キャピタル株式会社は、ファンドによって行われる不動産関連資産への投資やアドバイザリー業務から、投資を行った不動産関連資産のアセット・マネジメント業務まで、幅広い投資事業を行っています。

三菱UFJモルガンスタンレー証券

三菱UFJ証券がリーマンショック後にモルガンスタンレー証券(日本支店)の投資銀行部門を統合してから現社名に改名しています。
社名にモルガンスタンレーと入っているだけでなく、資本も三菱UFJ証券とモルガンスタンレーで構成されており、保有は60%が三菱UFJ証券、40%がモルガンスタンレーとなっています。

モルガンスタンレーの事業内容

モルガンスタンレーの事業内容

  • 投資銀行業務
  • 資本市場業務
  • リサーチ業務
  • セールス&トレーディング

モルガンスタンレーの事業内容は、基本的に株式や債券に関わっています。
大きく分けると、投資銀行業務・資本市場業務・リサーチ業務・セールス&トレーディングの4つです。
世界中にグループ会社があるモルガンスタンレーは、グローバルで豊富な情報量を保有しており、その知見を活かしたサービスを展開しています。
サービスが手厚く質が高いと評判のモルガンスタンレーの業務内容について詳しく確認していきましょう。

投資銀行業務

モルガンスタンレーの有するグローバルで豊富な情報力、知見および実績を生かし、戦略的アドバイスや優れたエグゼキューション・サービスを提供しています。
インベストメント・バンキングの分野におけるグローバル・リーダーとして国内外の企業、法人および政府機関のクライアントから支持され、アドバイザリーや資金調達サービスは証券業界でトップクラスです。

資本市場業務

傑出した株式・債券の引受能力を生かし、国際資本市場と投資家をつなぐ重要なパイプ役を果たしています。
関連会社であるモルガン・スタンレーMUFG証券が、債券・株式のセールス&トレーディング、資本市場業務およびリサーチ業務を含む幅広い金融サービスを政府、事業法人、機関投資家をはじめとする日本のクライアントに提供しています。

リサーチ業務

企業、主要産業セクター、各国経済に関するタイムリーかつ仔細にわたるリサーチおよび分析情報を発信しています。
リサーチ業務では、株式リサーチと債券リサーチの両輪で、常に精度の高い情報を市場関係者向けに発信しています。

セールス&トレーディング

国内外の株式、債券・クレジット商品から、外国為替、デリバティブ商品にいたる幅広い商品の提供や取引において証券業界を牽引する執行力を有しています。
また、日々変化するグローバル市場においてリスク管理を重視し、多様な商品の取引や組成、革新的な案件の執行に携わっています。
同事業では、株式業務・債券業務に付随するサービスのみならず、それぞれのアセットクラスでのデリバティブにもサービスを展開し、顧客のニーズに答える多様なソリューションを提供しています。

モルガンスタンレーの選考情報

Photo byAltnet

モルガンスタンレーの選考は、面接が4回とやや多めです。
また、それぞれの面接で面接官が異なるので、それぞれの面接に合わせた対策が必要になります。
質問内容に関して、難易度の高い質問はあまり聞かれない傾向が強いです。
求める人物像を参考にしながら対策するのが、面接を突破するための重要なポイントです。

モルガンスタンレーの選考フローと面接内容

モルガンスタンレーの選考フロー

  • 書類・エントリーシート提出
  • 一次面接
  • 二次面接
  • 三次面接
  • 最終選考面接

一次面接から三次面接までは、面接官として若手社員、人事部が対応し、前職までの経験や志望動機など、基本的な質問をされます。
最終選考面接まで進むと人事部に加えて、役員クラスの社員も登場し、これまでにされた質問を軸に深堀した質問をされます。

モルガンスタンレーの面接傾向と質問例

モルガンスタンレーの面接形式については、グループ面接と1対1の面接があります。
一次~二次はグループ面接、三次~最終は1対1で行われます。
面接回数は、部署によって若干異なりますが、3~4回です。
面接時間は1回につき1時間前後となります。

面接内容では、前職までの経験や志望動機など、基本的な質問から面接が進みます
そのほかにも、「これまでで一番辛かった経験」「ストレスを感じたときの対処法」なども聞かれる場合があるので、自己分析はしっかりと行うほうが良いです。
また、「なぜ競合ではなく、うちを選んだのか」と深く聞かれるので、あらかじめ下調べし、他社との違いを述べ、具体的な理由をいうと採用してもらいやすくなります。
面接の雰囲気は、和やかなムードで行われ、圧迫面接ではありません。
緊張せず、リラックスしながら面接に臨無ことが重要です。

モルガンスタンレーの社風

モルガンスタンレーは、さまざまな会社が合わさってできた企業なだけあり、お互いにカルチャーを認め合う社風があります。
また、柔軟性があり、合わさったことにより拡大したフィールドにおいて一人一人が活躍することができ、チャレンジや変革を求める風土の中で、社員同士も比較的仲が良く、在籍している社員は向上心が強く、常にスキルアップをしようと行動しているため、お互いが刺激し合う環境があります。
 

モルガンスタンレーが転職で求める人物像

モルガンスタンレーの求める人物像

  • 個人として努力し、実績を残せる
  • 対人関係で信頼関係を構築できる

営業や提案業務を行う上で、どのような方法を取れば実績を残せるか自身で常に考えクライアントに対して働きかけることを重要視しています。
また、クライアントと信頼関係を構築し、解決のために提案から実行まで行うことができる人材も求めている傾向があり、面接の際は、そういったことを具体的にアピールできるエピソードを用意すると良いです。

モルガンスタンレーの評判・口コミ

Photo byThorstenF

モルガンスタンレーの評判・口コミは、人材に育成に力を入れているや意見が言いやすいなど、ポジティブな意見が多いです。
意見が言いやすいに関しては、外資系ということもあり風通しがよく自分の意見を聞いてもらいやすい環境であることが理由として大きいと言えるでしょう。
また、職場環境も良く、コンプライアンスやリスク管理などがしっかりしているため、安心して働けるといった口コミが多く見られます。
ただし、社風としては比較的保守的な傾向が強いため、自分の意見を通すにはしっかりとしたプランニングが必要です。

男性

男性

典型的な米系投資銀行で、組織はオープンで上司に対して自分の意見を言いやすい環境にあります。
リスク管理に関わる様々な部署が密接に連携しあって業務をしているところが良いと思います。
つまり、リスク管理と言っても、マーケットリスク管理、クレジットリスク管理、オペレーショナルリスク管理等がありますが、それぞれの部員が同じ場所で働き、互いに密接に連携し合いながら仕事をしています。
週に一度はリスク管理部全体でミーティングを持ち、重要な情報は共有され、一体感をもって運営しています。
たとえ、マーケットリスク管理部にいても、他のリスク管理部で何が起きているかおおよそ把握することが出来ます。

女性

女性

アメリカ発のグローバル企業であり、その成功の秘訣を感じることができます。
トップの意志を隅々までいきわたらせるために、さまざまな工夫がされています。
コンプライアンス、リスク管理は、ずっと日本の会社より進んでおり、そこに適宜コストもかけています。
グローバルで生き残っていくためには、こういう会社が大事にしていて日本の企業がおざなりにしているものを研究していくのがいいものと思われます。

男性

男性

企業文化は風通しが比較的良いと思われます。
部署内であれば、希望次第でチームの移動をさせるなど、人材育成に力を入れていると見られます。
また、中長期的にどのようなキャリアプランがあるのかなども自らのマネジャーや、人事部などとコミュニケーションを密に取ることによって、より高めることが出来る環境と言えます。

幹部クラスの人間との距離も非常に近く、自分の主張が理にかなっていれば、採用もされていく一方で、リーマンショック後にとてもコストには厳しくなっています
業界の中でもかなり保守的な運営を行っていることは否めないです。
これはモルガンスタンレーの株主にとっては何よりの姿勢でありますが、一方で社員にとっては、特にリーマンショック前との差を感じてしまうもの少なくないと思います。
これは給与にも少なからず影響がある要素です。

モルガンスタンレーの平均年収

Photo bynattanan23

モルガンスタンレーの平均年収は、公式の情報がないため非公式ですが、2,450万程度と言われています。
入社2年目でも1,400万円程度と、年収の水準は非常に高いです。
また、重役に就けば年収7,000万円を超えることもあります。
そんなモルガンスタンレーの年齢別・役職別の平均年収について詳しく確認していきましょう。

年齢別平均年収

25歳 1,000〜1,400万円
30歳 1,500〜1,900万円
35歳 2,300〜2,700万円
40歳 2,800〜3,200万円
45歳 2,800〜3,200万円
50歳 2,800〜3,200万円
55歳 2,300〜2,700万円
60歳 1,800〜2,200万円

モルガンスタンレーでは入社1年目から年収1,000万円以上貰えます
また、年齢別の平均年収を見ると、年収のピークは40歳前半から50台前半です。

職種・部門別平均年収

Financial Advisor Associate 500〜900万円
Financial Analyst 700〜1,100万円
Associate 1,150〜1450万円
Vice President - Operations 1,400〜1,800万円
Research Associate 1,300〜1,700万円
IT Senior Associate 1,400〜1,800万円
Senior Software Developer 1,500〜1,900万円
Equity Research Associate 1,500〜1,900万円
Vice President - IT 1,500〜1,900万円
Trading Associate 1,500〜1,900万円
Executive Director - IT 2,000〜2,400万円
Investment Banking Associate 2,100〜2,500万円
Executivve Director 3,000〜3,400万円
Managing Director 7,300〜7,700万円

モルガンスタンレーの役職別平均年収を見ると、最高で7,000万円以上の年収を貰えることがわかります。
最低でも500万円程度で日本の平均年収の436万円を超えており、どのポジションであっても年収の水準は高いです。

モルガンスタンレーへ転職すると出世できる?

Photo byPexels

モルガンスタンレーの出世難易度は高いです。
MUFGの子会社ですので、社内の上層部は三菱UFJ銀行などからの出向者が多く、限られた人しか出世できません。
ただし、出世できるチャンスが全く無いわけではなく、役職が空いているなどタイミングが良ければ出世することが可能です。
実績をあげておくと、出世するチャンスも増えます。

モルガンスタンレーの中途採用情報は?

Photo byStartupStockPhotos

モルガンスタンレーは不定期での中途採用を行っています。
空きのポジションが出たときに中途採用の求人が出されるので、モルガンスタンレーへの転職を考えている人は、常に求人をチェックしておく必要があります。
また、募集されること多い職種としては、投資銀行部門、リサーチ、オペレーション、システム開発などです。

モルガンスタンレーの中途採用情報

モルガンスタンレーでは、通年でのキャリア採用や定期的なキャリア採用の一般募集は行っていません
ただし、キャリア採用を全く行っていないというわけではなく、不定期ですがキャリア採用を行うことがあります。
モルガンスタンレーの中で、求められるポジションや役職を欲しいと思われた際に、募集がコーポレートサイトで行われることになります。
モルガンスタンレーの求人情報は、どのタイミングで募集がかかるのか不明なため、こまめにモルガンスタンレーの公式サイトをチェックすることをおすすめします。
また、転職エージェントによっては、非公開求人を持っている可能性があり、ハイクラス求人の案件を扱っている転職エージェントに登録するのも得策です。

そこで準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。本気でモルガンスタンレーに内定したい方はこちら

モルガンスタンレーの募集職種

モルガンスタンレーのキャリア採用では、投資銀行部門、リサーチ、オペレーション、システム開発などの職種で中途採用を募集しています。
しかし、どの職種でも求めている領域が明確化されています。
例えば投資銀行部門では、TMTをカバーできる人材、リサーチでは株式と言うように専門性が求められています。
その中で、自分に適合した職種に中途採用で応募することが重要です。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

モルガンスタンレーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

Photo bygeralt

モルガンスタンレーの中途採用の転職活動のために、難易度、面接などについて、紹介してきましたがたでしょうか。

モルガンスタンレーは、投資銀行業務、資本市場業務、リサーチ業務、セールス&トレーディングなど幅広い対法人の金融サービスを展開しています。
様々な会社が合併してできた歴史のある企業なだけあり、お互いにカルチャーを認め合う柔軟な社風、チャレンジや変革を求める風土があります。
在籍している社員は向上心が強く、常にスキルアップをしようと行動しているため、お互いが刺激し合う環境があります。

しかし転職難易度は高いです。モルガンスタンレーについての情報を集めて選考に臨んでください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング