【2021年版】アフラックの中途採用は難しい!理由は求められるスキルの高さにあり!

【2021年版】アフラックの中途採用は難しい!理由は求められるスキルの高さにあり!

アフラックの中途採用は難しいと評判で、その理由は求められるスキルの高さにあります。アフラック生命保険株式会社は、がん保険・終身医療保険などを提供しており、コマーシャルなどでも話題になっています。その中で同社の中途採用の選考の内容、突破するノウハウを紹介します。

記事の目次

  1. 1.アフラックへの中途採用は難しい!理由は求められるスキルの高さにあり!
  2. 2.アフラックの中途採用で有利になる人の特徴
  3. 3.アフラックの中途採用選考フロー
  4. 4.アフラックの中途採用の求人情報
  5. 5.選考難易度が高いアフラックに転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  6. 6.アフラックの中途採用を成功させたいならしっかりとした準備を!

アフラックへの中途採用は難しい!理由は求められるスキルの高さにあり!

Photo by くーさん

アフラックへの中途入社はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【求められるスキルが高い】という理由で難易度が高いという結果になりました。
その理由としては、下記二点が挙げられます。

  • アフラックの営業職や技術職の中途採用求人は職務経験や専門スキルが必要とされていることが多い
  • 特に外資系は中途採用は即戦力を求める傾向があるので難しい

事業内容

アフラックの事業内容は、がん保険・終身医療保険などの提供です。
世界で初めて認知症もカバーできる保険も扱っており、がん保険の契約保有件数1位となっています。

それだけではなく、0歳の子供から入れる保険もありますし、教育費もサポートしています。

「生きるための保険」に特化し、他の国内大手生命保険会社とは異なる独自路線を歩むことを意識しています。
がん保険や医療保険などの「第三分野」に強みを持っているのがアフラック生命保険株式会社の大きな魅力であり、特徴でもあると言えます。

近年では、お客様との距離を縮めるために、来店型店舗「アフラックサービスショップ」や「よくわかる!ほけん案内」を各地に開設し、それと同時にお客様へのコンサルティング体制もいっそう強化しています。

アフラックは年収が高く人気の職種なので、中途入社の難易度は高いと言えます。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
それらを把握するための強力なインテリゴリラを紹介します。

アフラックなどの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

アフラックの中途採用で有利になる人の特徴

Photo byPexels

アフラック生命保険株式会社に転職しやすい人の特徴は、以下の通りです。

  • 同業種での実務経験がある
  • 金融業界や保険業界で就労経験がある
  • コミュニケーション能力やタスク進行能力がある
アフラック生命保険株式会社の中途採用では、基本的に全てのポジションで同業界もしくは同職種での実務経験が求められており、即戦力を前提とした採用となっています。
例えば、営業関連職であれば「法人営業経験3〜5年以上」、さらにポジションによっては金融業界もしくは保険業界での業界経験が求められています。

プルデンシャル生命保険に転職するには?気になる平均年収やクチコミなどを徹底解説!のイメージ
プルデンシャル生命保険に転職するには?気になる平均年収やクチコミなどを徹底解説!
転職エージェント出身者が、プルデンシャル生命への転職について徹底解説します。 これまでの経験や最新情報をもとに、プルデンシャル生命の評判や転職難易度、年種、職種ごとの情報などをお伝えします。 営業職の詳細など記載しているので、是非ご覧ください。

アフラックの中途採用選考フロー

Photo byFree-Photos

アフラックの面接を突破するには、社風の理解、経営戦略に該当する中期経営計画の理解が不可欠です。
また、内定を掴むためには、「なぜアフラックなのか」を明確に答えられるように他社の研究や業界研究も必須です。

アフラックの中途採用の選考プロセス

内定までの選考期間は1週間~1カ月、書類選考後、通常2回の面接があります。
1次面接は現場の管理職2次面接は人事担当者および役員との面接となることが多いです。

面接では、業務に必要な資格について、実務経験の確認などは当然あるものの、高度に専門的な内容よりも応募者の人柄や考え方、仕事に対する基本的な姿勢を探る質問をされることが多く、スキルよりも人物評価を重視しているようです。

アフラックの中途採用面接の傾向

過去にアフラックの選考を受けた人から、「志望動機は?」といったオーソドックスな質問から、「あなたを苦手だと思う人は、どんな人だと思うか」といった、やや意表をついた質問までさまざまなものが見受けられます。
これらの質問は、応募者の人となりを知ることによって、「業務遂行にあたっての誠実さ」や「顧客と適切な関係を築ける人物かどうか」を見極められていると言えます。
希望する職種への理解を深めておくのはもちろんのこと、自分の性格や志向、価値観を明確にしておくことが不可欠です。

また、異動の可能性に関する質問や、配属部署の離職率が高いことについて質問されたとの話もあり、仕事をするにあたっての姿勢や困難への立ち向かい方も問われていると言えます。
入社後、自分の意に反した状況にあっても前向きな姿勢を保つことができるかは、志望動機にも関わる重要なポイントです。
自分の中でもう一度整理してみる必要があります。

アフラックの中途採用面接の攻略法

アフラックの面接を受ける上では、経営戦略を理解しておくことが不可欠です。
2018年度の事業報告の中で、「AflacVISION2024」として、創業50周年にあたる2024年までのビジョンを発表されています。
​​​​​​​経営戦略を理解し、イノベーティブな精神をもって顧客のニーズを的確に捉え、ビジネスを切り拓いていける人材、かつ誠実で適切な行動を取ることのできる人材が求められています。

また、アフラックの面接でよく聞かれる質問のひとつに「なぜアフラックか」というものがあります。
面接官がこの質問を通して知りたいのは、「この人物は何をやりたいのか」「それが当社で可能なのか」「この人の経歴が当社でどう活かされるか」といった視点ももちろんですが、「本当に当社のことを理解しているか」という側面も合わせて見ています。

業界理解や職種理解の枠を超えて、アフラックという企業についてしっかりと理解するためには、競合となりやすい企業の他社研究も忘れないようにしましょう。
具体的には、以下のような生命保険の競合企業について調べておくことがおすすめです。

  • 東京海上日動あんしん生命保険
  • ソニー生命保険
  • メットライフ生命保険

プルデンシャル生命保険の年収はどのくらい?年齢・職種別の平均年収を徹底解説!のイメージ
プルデンシャル生命保険の年収はどのくらい?年齢・職種別の平均年収を徹底解説!
プルデンシャル生命保険への転職について、年収・賞与・職種・給与体系・福利厚生などを説明しています。フルコミッション型で、年収が非常に高いと言われる一方で非常に生き残ることが難しいと言われるプルデンシャル生命への転職をお考えの方にとって、必見の内容です。

アフラックの中途採用の求人情報

Photo byFree-Photos

次に、アフラックの中途採用の求人情報を紹介いたします。
公式HPを参考に現在募集が行われている求人について紹介します。

【ポジション 保険コンサルタント】

  • 職務内容

お客さま一人ひとりに真摯に寄り添い、人生を守り、豊かにするために必要な保障のご提案を行います。
そこからお取引が広がっていくことも多く、未経験の方であっても長く安定した成果を上げられます。
また、会社が定めた個人ノルマはありません。
何を目標とし、1日をどう使い、どのお客さまへご提案を行うか。そのすべてを個人の裁量にお任せしており、自分のスタイルに合った働き方を叶えることが可能です。

  • 必要なスキルや資格

・普通自動車運転免許保持者(AT可・寒冷地も周っていただく可能性があります。)
・コンプライアンスを遵守できる方
・お客様に寄り添ったご提案のできる方
※未経験者OKですが、業界経験者は優遇いたします。

  • 勤務地

転勤はなく、全国にある事業所のいずれかに配属されます。
事業所は、宮城、東京、神奈川、愛知、京都、大阪、広島、福岡にあります。
なお、希望勤務地への配属となります。

アフラックでは、部署を明記して中途採用の募集を行っています。
現在募集されているのは、資産運用リスク管理スタッフ、ITスタッフ、デジタルイノベーション担当スタッフ、店舗スタッフ、コールセンター業務スタッフです。
自身が応募する職種の特性に応じて、どのような人物が期待されているのかを考え、自己分析してみるのがおすすめです。

圧倒的高収入を誇るプルデンシャル生命保険の激務度は?気になる実態を徹底解説!のイメージ
圧倒的高収入を誇るプルデンシャル生命保険の激務度は?気になる実態を徹底解説!
プルデンシャル生命保険に転職したいと考えている方に向けて、プルデンシャル生命保険の激務度や特徴、口コミを紹介します。同社の特徴をもとに、実態を考察していきます。プルデンシャル生命保険の激務度が気になる方や転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

選考難易度が高いアフラックに転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

アフラックの中途採用を成功させたいならしっかりとした準備を!

Photo bygeralt

アフラックの中途採用が難しい理由、選考内容、求める人物像、求人情報を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

アフラック生命保険株式会社は、がん保険・終身医療保険などを提供しています。世界で初めて認知症もカバーできる保険も扱っており、がん保険の契約保有件数1位となっています。
そんなアフラックでは、中途採用が難しいだけでなく、年収も高水準である為、応募者も優秀な人材が殺到します。
そういった難易度の高い企業への転職は情報収集が大切になります。
具体的には、過去にどのような人材が転職に成功したのか、また、選考フローではどのような質問をされ、どのような受け答えをすることで合格を掴み取れたのかという事です。
通常、転職活動での選考体験記は情報が出回っていないため、閲覧をすることは難しいですが、インテリゴリラでは可能です。
是非、インテリゴリラを活用して転職活動を有利に進めてみてはいかがでしょうか。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング