セールスフォースは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

セールスフォースは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

セールスフォースへの中途採用の為に、年収・激務・残業などの評判・口コミなどを紹介しています。営業活動の分野でクライアントを支援する同社の労働環境の実態についてはいかがなものでしょうか。セールスフォースへの転職をお考えの方は、激務についての当記事は必見です。

記事の目次

  1. 1.セールスフォースは激務なのか?
  2. 2.セールスフォースの職種や仕事内容と激務度は?
  3. 3.セールスフォースの労働時間や激務度の口コミや評判
  4. 4.セールスフォース社員のその他の評判・口コミ
  5. 5.セールスフォースへの転職に転職エージェントを使用する理由
  6. 6.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  7. 7.セールスフォースへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

セールスフォースは激務なのか?

Photo byFree-Photos

セールスフォースは、高年収である一方、激務であると言えます。
セールスフォースは、外資系企業で実力主義を採っており、成果を出すべく残業が多くなり、長時間労働の激務になることが多いです。
特に営業を行う職種では残業が多くなり激務になりがちです。
その理由は、クライアントの要望を踏まえて柔軟な対応が必要になってくるからです。

またセールスフォースの平均残業時間は36.7時間です。
残業時間の節目である30時間を超えていることから、忙しい労働環境であると言えます。

セールスフォースの職種や仕事内容と激務度は?

Photo byFree-Photos

セールスフォースの会社概要

セールスフォースはサンフランシスコに本社を置く外資系企業です。
同社の会社概要は下記の通りです。

会社概要

社名 株式会社セールスフォース・ドットコム
(salesforce.com Co.,Ltd.)
設立 2000年4月
資本金 4億円
代表者 代表取締役会長 兼 社長 小出 伸一
事業内容 クラウドアプリケーション
クラウドプラットフォームの提供
本社 米国セールスフォース・ドットコム / salesforce.com, Inc. 
(所在地:サンフランシスコ) 
代表者:会長 兼 最高経営責任者 マーク ・ ベニオフ 
Chairman & CEO Marc Benioff 
オフィス 東京オフィス
六本木オフィス
名古屋オフィス
大阪オフィス
白浜オフィス
広島オフィス
福岡オフィス
沿革 1999年3月
米国セールスフォース・ドットコム創業
2000年4月
株式会社セールスフォース・ドットコム設立

2004年6月
米国セールスフォース・ドットコム、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場、 
ティッカーシンボル:CRMで取引開始

2005年1月
米国セールスフォース・ドットコム、 セキュリティ監査基準SAS70TypeⅡ 
(監査基準書第70号) 監査完了

2005年3月
米国セールスフォース・ドットコム、 「個人情報保護認証規格」 TRUSTe取得 
2008年1月
株式会社セールスフォース・ドットコム、 プライバシーマーク取得

セールスフォースの事業内容

Photo bymwitt1337

セールスフォースは「新たな道を切り拓く、最強のアプリケーション」をコンセプトに事業を展開しています。
セールスフォースは、世界No.1 CRMで、クライアントのビジネスに成長と拡大を起こしています
見込み客の開拓や新規顧客の獲得、スピーディな商談成約から、スマートな営業、カスタマーサービス、マーケティングまで、さまざまな側面からビジネスの革新と成功をサポートします。
具体的には下記のサービスを展開しています。

  • 営業支援
  • カスタマーサポート
  • マーケティング
  • eコマース
  • エンゲージメント
  • プラットフォーム
  • インテグレーション
  • 分析
  • インダストリ
  • エクスペリエンス
  • 人材育成・学習
  • プロダクティビティ

セールスフォースの職種ごとの激務度

Photo byFree-Photos

セールスフォースでは世界シェアNo1を誇るCRMをクライアントに販売する営業職種と内勤業務であるエンジニア・SEの職種に大別することができます。

エンジニア・SEをはじめとする内勤の職種ではWFHと呼ばれる在宅勤務が認められ、ワークライフバランスの調整は取りやすいです。
しかし、営業職種では年収が営業で上げた数字で評価されることから、激務になりがちです。

また、クライアントの要求などに対応するため、営業職種では土日祝日構わず社内でのコミュニケーションを求められ、残業時間が嵩んでしまいます。
そして、ボーナスについては個人の稼いだ数字から決定され評判・口コミでもインセンティブは青天井であると言われています。
その為、年収を稼ぐためには、営業職種では、準備と営業活動により残業が多くなり激務になってしまいます

セールスフォースの労働時間や激務度の口コミや評判

Photo bymohamed_hassan

セールスフォースの労働環境の実態について把握するために、ワークライフバランスについての評判・口コミを紹介します。

男性

男性

平均すると非常にバランスの取り易い社風であるが、一方で職種柄顧客に対峙する事が前提となる営業部門に於いては其の限りでは無いです。
しかしながら、顧客に提示する資料の作成や客先訪問の準備等に相当な残業を行う者も居れば、効率良く自己のタスク量をコントロール出来て残業が少ない者も居る為、結局は個人の業務スキルの良し悪しに依る所が大きいです。
非顧客対面の内勤営業に於いても制度上在宅勤務が認められてはいるものの、有給休暇と同様に計画的に取得するものであり、連続して取得する事や積極的に在宅勤務を選択する事が推奨されている訳では無いという評判です。

女性

女性

ワークライフバランスは非常に取りやすい会社です。
ワークフロームホーム(WFH)といって、今日は自宅で仕事をしますということが認められ、かなり自分の裁量をもって残業時間をコントロールできます。
また、中途入社でも、入社していきなり有給休暇が結構つきます。
それだけではなく、ボランティア休暇なるものも、別枠でつきます。
このように制度面で整っているだけではなく、実際に職場の雰囲気、上司の理解といった面においても、このような制度を活用しやすいと感じています。
朝の出勤時間も厳密に定められているわけではないので、子供の保育園の送り迎えなどをしてから出社するのも容易にできると思います。

セールスフォース社員のその他の評判・口コミ

Photo byStartupStockPhotos

激務の対価である高給には満足している?

下記に年収の満足度についての評判・口コミを紹介します。

男性

男性

給与制度については、ベース給+インセンティブで理論年俸である年収が決められます。
ベースの給与は従業員ランクによって決定、インセンティブは基本となる金額に目標の達成状況を計算して算出されます。
インセンティブは売上が上がった翌月に支払われるため、年○回のボーナスのようなものはありません。
目標は毎年組織毎に決定されるため、非常に分かりやすいですし、支払われるインセンティブには基本上限は決まっておらず、やればやるだけ稼ぐことができます

評価制度についても、営業の場合は目標達成率が1番の評価軸となります。
マネージャなどの場合はそれ以外にも英語力やチームマネジメントなど他の要素も評価されるようにな理ます。

男性

男性

給与制度は、営業と営業以外で大きく異なります
営業は売れば売るほど青天井であり、商材自体も悪く無く、売る事自体を仕組み化しているので大きく下振れすることが無い仕組みとなっています。
それでもインセンティブの割合が大変高いため安定性は乏しいように見えます。
営業以外はパフォーマンスが年次昇給やインセンティブに反映されるものの予算枠があるため、100%からの上振れは少ないが、逆に下振れも少なく安定していると感じます。
いずれにしても結果を出していれば順調に給与水準は上がっていく仕組みになっています。

評価制度については、年間目標をV2MOMという仕組みで管理し、自分自身の年間目標や実施状況を管理すると同時にマネージャーに伝えるものとして、このV2MOMを利用しています。
外資系であるため数字はもちろん見られますが、前職と比較すると数字以外にも「普段のオペレーション」「振る舞い」「1on1 や社内ツール上での他者からの評価」等を踏まえて評価されます

人間関係や社員の雰囲気について

下記に人間関係や社員の雰囲気についての評判・口コミを紹介します。

男性

男性

日本法人はグローバル組織からはほぼ独立した体制となっています。
大規模買収にプラスして新卒&中途採用の社員数もかなり増え、階層も多段化しているので、他部門や買収製品担当者がどんな活動をしているのか、自ら能動的にキャッチアップしていかないと、全くわからない状態になりがちです。
プロセスが重視されており、目標設定と評価指標が明文化されています。
しかし、最終的に評価されるのは結果なので、特に営業部門の人達は、数字を達成しない限り昇進はできないです。
企業文化は創業者でありCEOのマーク・ベニオフの指針が非常に強く現れており、ビジョンやバリューが明確化され、常にリマインドされます。

女性

女性

社員同士をオハナと呼び家族のような雰囲気を醸成していこうとする文化、市場から求められる成長率の高さによるプレッシャーの強さ、社会に貢献していく文化が共存しています。
営業関連部隊の動きが成長の要となる上、日本支社は他国と比べ日本の体育会系的な文化も混ざっており、営業職はプレッシャーのほうが強くなりがちです。
それ以外の部門はプレッシャーが比較的弱まり、ボランティア活動も活発に行われます。
会社全体としては「働きがいのある企業ランキング」の上位であることの自覚とそれを続けようとする工夫は常々行われており、世界最先端の待遇を維持するよう心掛けているように思います。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

下記に仕事のやりがいや成長環境についての評判・口コミを紹介します。

女性

女性

仕事のやりがい:
顧客の経営課題に対して、提案できない領域がほとんどなく、営業のやる気次第で、かなり広いスコープで提案できるため、本当に顧客のためになる提案を行えます。

成長環境:
よくある自社製品を起点に提案するスタイルではないため、気持ち次第ではコンサルティング的な視点で提案活動ができている気がします。
また、優秀な社員が非常に多いため、コンペとの価格差が10倍あったとしても、製品ではなく営業マンそのものを評価して契約されるケースも多々あります。

男性

男性

仕事のやりがい:
やはり世界でも大きな会社なので、そこに属しているというだけで最先端の情報を手に入れることができます
帰属意識が強ければ非常にやりがい・働きがいを感じることができると思います。
また、外勤営業だと売れば売っただけインセンティブとして給与に反映されるので、やりがいがあると思います。

成長環境:
「やりきる力」「社内営業」などの能力は身につくかもしれません。
行動量を上げることも求められるのでフットワーク軽く活動することの必要性も学べます
20代前半には必要な能力だと思います。

セールスフォースへの転職に転職エージェントを使用する理由

Photo byStartupStockPhotos

セールスフォースへの転職成功のコツは、転職エージェントを活用することです。
転職エージェントを使うべき理由は下記の3点です。

セールスフォースの中途採用で転職エージェントを利用する理由

  • 独自の非公開求人をもらえる可能性がある
  • 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能
  • 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

理由1:非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。
非公開求人とは、事業戦略上などの理由で表立って募集できないが、こっそり優秀な人材を採用したい企業が、エージェントに依頼する求人です。
年収が高く、ポジションがハイグレードであるケースが多いです。
大手の転職エージェントであれば、セールスフォースの非公開求人を保有している可能性があります

さらに、非公開求人の募集がなかったとしても、あなたのスキルが高ければ「こんな人材がいるのですが、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に営業するケースも多々あります。
船井総研の公式ホームページや転職サイトを見て「特に転職したい求人がない」と思ったとしても、諦めずにエージェントに相談して非公開求人を探すことを推奨します。

理由2:セールスフォースや業界に特化した対策が可能

転職エージェントでは、今までの多くの転職希望者を中途採用で採用企業へ転職させており、大手企業志望であればあるほど、その成功体験を分析して、選考を突破するノウハウを蓄積しています。

具体的には、過去どのような人材が受かったのか、またその時にどのような質問をされてどのように回答したかといったデータを、大手の転職エージェントであれば持ち合わせて、日々分析しています。
そのデータの分析結果をもとにした模擬面接や、志望動機や質問に対する回答をあなたと一緒に考えてくれるのです。
特に今回の、セールスフォースのような外資系企業では、日系大手企業のような通常の面接ではなく質問内容が特殊な面接が課される可能性もあり、エージェントとの面接対策は必要不可欠であると言えます。
また、転職エージェントによっては面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人材像を事前に教えてくれるところもあるため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

その他、面接では伝えきれない転職者の魅力を、人事に別ルートで営業してくれます。
転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を、人事にプッシュしてくれています。
あなたが面接で思うように話せず、本来落ちていたところを、エージェントの営業力で面接を通過にすることは日常的に起きています。
正しいエージェントを選べば、その点で圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。
逆を言えば、交渉力の低いエージェントを選んでしまうと足手まといになることすらありますので、エージェント選びはしっかり行いましょう。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気で
セールスフォース
に内定したい方はこちら

理由3:年収アップ等の交渉も依頼できる

年収の交渉を個人で行うのは、非常に難しいです。
「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」と交渉の余地すらないことがほとんどです。
なぜなら中途採用の場合、個人経由での応募は最終面接の場で入社同意書を書かされることがほとんどだからです。
中途採用の人材斡旋を行う転職エージェント経由であれば、最終的な回答は、面接後にエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことが可能です。
少しでも中途採用において、良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

セールスフォースへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

Photo byFirmbee

セールスフォースへの転職のために、年収、激務かどうか、残業、評判・口コミなどについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

セールスフォースは、1999年に設立された社員数1,600名強を誇る外資系企業です。
セールスフォースは、世界No.1 のシェアをCRMの領域で持っています。
事業会社などが、顧客の発掘を行う際に障壁となる見込み客の開拓や新規顧客の獲得、スピーディな商談成約から、スマートな営業、カスタマーサービス、マーケティングまで、さまざまな側面でサービスを展開しています。
在籍者の評判口コミによれば、クライアント企業の経営層に対してCRMの領域で不可能な提案はないと、非常に高品質なサービスを誇っており、同社でのキャリアは刺激的であることに間違いはありません。
しかし、セールスフォースへの切符を掴むには高難易度の選考を突破しなければなりません

そんな高難易度の選考が評判のセールスフォースへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、セールスフォースのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高い面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でセールスフォースに内定したい方はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング