Amazon Japanの平均年収は?職種別の平均年収や福利厚生を徹底解説!

Amazon Japanの平均年収は?職種別の平均年収や福利厚生を徹底解説!

Amazon Japanへの転職を考えている方は、年収情報が気になるでしょう。他にも、福利厚生や英語力、転職に必要なスキルなどAmazon Japanに関係する情報を掲載しています。Amazon Japanの年収研究に、是非ご参考ください。

記事の目次

  1. 1.Amazon Japanの平均年収は約1,100万円
  2. 2.Amazon Japanの特徴
  3. 3.Amazon Japanの年代職業別平均年収
  4. 4.Amazon Japanの評価制度
  5. 5.Amazon Japanのその他の待遇
  6. 6.競合他社と平均年収を比較
  7. 7.Amazon Japanへの転職に転職エージェントを使用する理由
  8. 8.Amazon Japanに転職したいならおすすめの転職エージェント
  9. 9.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  10. 10.Amazon Japanへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

Amazon Japanの平均年収は約1,100万円

Photo bynattanan23

転職ゴリラが口コミサイトを調査した結果、Amazon Japanの平均年収は約1,100万円になりました。

国税庁が2020年9月に発表した民間給与実態統計調査によると、日本国内の平均年収は436万円です。
そのため、Amazon Japanは、日本国内にある企業の中でも非常に高い水準の給与が貰える企業と言えるのではないでしょうか。

そこで、ここではAmazon Japanの平均年収について詳しく確認していきましょう。

Amazon Japanの過去5年間の売上高の推移

次に、Amazon Japanの過去5年間の売上高の推移をご紹介いたします。

年度 売上高
2015年 82億6,400万ドル
2016年 107億9,700万ドル
2017年 119億700万ドル
2018年 138億2,900万ドル
2019年 160億200万ドル

Amazon Japanの売上高推移を見ると、規模を拡大し高成長を維持していると言えるでしょう。

Amazon Japanでは、さまざまな新規事業を展開しているので、これからも売上が伸び続けることが予想できるのではないでしょうか。

また、売り上げが伸び続けているAmazon Japanは、年収の水準も伸びていくことが期待できるでしょう。

情報通信業の平均年収は596万円

国税庁が2020年9月に発表した民間給与実態統計調査によると、情報通信業の平均年収は596万円となっています。

そのため、平均年収が約1100万円であるAmazon Japanは、業界内でも非常に高い水準の給与が貰える企業だと言えるでしょう。

Amazon Japanへ転職したい方はこちらもチェックのイメージ
Amazon Japanへ転職したい方はこちらもチェック
「Amazon Japanに転職したいけど難易度が高そう」と思っている方も多いでしょう。本記事ではAmazonへの転職難易度から年収、口コミなどを解説します。転職成功させるコツも紹介するので、Amazonへ転職したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

Amazon Japanの特徴

[引用元:https://japan.cnet.com/article/35128165/]

Amazon Japanの特徴として挙げられるのは以下の通りです。

特徴

  • 日本最大のECサイト「Amazon」を運営している
  • ECサイト「Amazon」以外にも、次々に新規サービスを展開している
  • 業界内での給与が高めである
  • 業界内での残業時間が少ない
  • フレックス制度が導入されており、働きやすい環境である
  • 中途採用の社員が多い
  • 企業の成長スピードが早いため、社員も成長スピードを求める人が多い
  • 外資系であるため、転職するためには英語力などのスキルが必要

特にAmazon Japanは1995年に創業されましたが、新卒採用を始めたのが2012年からとなっており、他の企業よりも圧倒的にスキルのたかい中途採用の社員が多いです。

外資系であるため、英語力などのスキルも必要であるのも特徴です。

また、中途採用で入社する場合は、英語力だけではなく、即戦力になれるスキルなどが必要となります。

Amazon Japanの年代職業別平均年収

Amazon Japan全体の平均年収だけではなく、年代別や職業別の平均年収に知っておくと良いでしょう。

そこで、ここではAmazon Japanの「年代別平均年収」と「職業別平均年収」について、企業口コミサイトなどのデータを参考にして詳しくご紹介いたします。

年代別平均年収

転職ゴリラがさまざまな企業口コミサイトを調査した結果、Amazon Japanの年代別平均年収は以下の通りになりました。

年代 平均年収
20代 526万円
30代 787万円
40代 1,039万円
50代 900万円

年代別平均年収を見ると、Amazon Japanでは40代になると平均年収が1,000万円を超えています
そのため、40代になれば半数以上の社員が年収1,000万円を超えると言えるのではないでしょうか。

ただし、外資系企業であるAmazon Japanは、実力主義の文化が強い企業です。
よって、個人の業績によっては、年齢に関係なく年収1,000万円に到達できるでしょう。

職業別平均年収

口コミサイトを参考にした結果、Amazon Japanの職業別平均年収は以下の通りになりました。

職業 平均年収
IT・情報処理 902万円
事務・オフィスワーク 884万円
マーケティング・商品企画・広告宣伝 931万円
人事 712万円
経理・財務・監査担当者 1,150万円
営業 930万円
経営・管理・企画・戦略 1,061万円

Amazon Japanでは、「経理・財務・監査担当者」「経営・管理・企画・戦略」といった職種の年収が高い結果になりました。
その他も平均年収900万円を超えている職種が多く、非常に高水準な年収になっています。

また、職種によっては差があるものの、日本国内の平均年収436万円と比べると、どの職種も年収の水準は高いと言えるでしょう。

Amazon Japanの評価制度

Photo byFree-Photos

次に、Amazon Japanの「評価制度」と「求める人材」についてご紹介いたします。

Amazon Japanの評価制度

Amazon Japanでは、社員を公平に評価するために以下のような評価基準が設けられています。

評価基準

  • SMARTゴールに対するパフォーマス
  • 360度からのフィードバック
  • Calibration調整

では、それぞれについて詳しく説明していきましょう。

SMARTゴールに対するパフォーマンス

Amazon Japanには、明確なゴールを設定するために「SMART」という5つの原則を取り入れています。

「SMART」の5原則

  • Specific(具体的)
  • Measurable(測定可能)
  • Achievable(達成可能)
  • Relevant(会社及びチーム目標との関連)
  • Time bound(明確な達成時期)
それぞれのSMARTに対して、5段階評価が行われます。評価回数は年1回あり、中間で進捗確認が1回あります。

360度からのフィードバック

Amazon Japanでは、リーダーシップや仕事の進め方を公正に評価するため、360度からのフィードバックを取り入れています。

360度からのフィードバックでは、計10数名の同僚や他部署関係者から評価してもらうため、公平かつ客観的な評価をしてもらえるのが特徴です。

フィードバックの内容も具体的な事例を踏まえたものですので、自分の普段の行いが評価される評価方法となっています。

Calibration調整

現在のAmazon Japanは、オンラインECサイト「Amazon.co.jp」の運営だけではなく、「AWS」や「Amazonプライム」など新しいサービスの提供をしています。

以上のように、成長し続けているAmazonでは、社員の成長も極めて重要です。

そのようなAmazonでは、事業部門ごとに部門長クラスの人間が集めり、各部署の評価を再チェックする「Calibration調整」が導入されています。

Calibration調整の評価項目は以下の通りです。

  • 評価基準が幅広い
  • 部下が上司を評価する
  • 同僚や関係者も評価車となる
  • 現時点だけではなく成長性も加味する
  • 評価が妥当かどうかチェックする
以上のような評価方法を取り入れることで、Amazon Japanでは公正な評価ができる体制を整えています。

求める人材

Amazonには、「チームを持つマネージャーであるかどうかにかかわらず、全員がリーダーである」という考え方があります。

また、「チームを持つマネージャーであるかどうかにかかわらず、全員がリーダーである」という考え方には、以下の14項目の行動指標が「Our Leadership Principles」として設定されています。

Our Leadership Principles

  • 顧客を起点に考え行動する「Customer Obsession」
  • 会社全体のために行動する「Ownership」
  • 革新と創造を求める「Invent and Simplify」
  • 多くの経験に基づく正しい判断を行う「Are Right, A Lot」
  • 常に高い水準を追求する「Insist on the Highest Standards」
  • あらゆる可能性を模索する「Think Big」
  • スピードを重要視する「Bias for Action」
  • 少ないリソースでより多くのことを実現する「Frugality」
  • 人に敬意を持って接する「Earn Trust」
  • 全ての業務に関心を持つ「Have Backbone; Disagree and Commit」
  • 困難があっても決して妥協しない「Deliver Results」

「Our Leadership Principles」の14の項目は、採用選考をする際にも重要視されているポイントですので、Amazonへの入社を考えている場合は意識しておくと良いでしょう。

Amazon Japanのその他の待遇

次に、Amazon japanの「ボーナス」「残業代」「福利厚生」について詳しくご紹介いたします。

ボーナス

Amazon Japanには、日系企業のようなボーナスはありません
ボーナスがない代わりに、福利厚生としてRSU制でアメリカの本社Amazon.comの株が付与されます。

また、株の付与額は、社員のレベルによって決められます。
レベル3以上が正社員のレベルとなり、株が付与されるのはレベル4以上からです。
全社員が同じ福利厚生を受けられるのではなく、競争性を作るためにレベルごとに分けられています

男性

男性

Amazonの株は、1株1000ドル以上の高値で取引されているので、株の付与でも十分ボーナスの代わりになります。
株の付与数は、少ない人だと数株、多い人だと何十〜何百株という数の株をもらうことが可能です。
株はパフォーマンスによってもらえる数が変わってくるので、株の付与はAmazon Japanの社員のモチベーション維持につながっています。

残業代

Amazon Japanは、年俸制であるため、みなし残業代として給与の中にあらかじめ一定の残業代が含まれています

また、みなし残業代分以上の残業をした場合のみに残業代が支払われます。

男性

男性

現在のAmazon Japanでは、残業時間を縮小しているので、もともとの給与に含まれているみなし残業時間内で収まることが多いです。
毎日残業といったことは、今のAmazon Japanではありません。
また、フレックス制度も導入されているため、無駄な残業時間が減ったということもありますね。
ただし、繁忙期には残業が増える傾向があるので、繁忙期に入れば残業代が入るといったイメージです。

福利厚生

Amazon Japanの福利厚生は、以下の通りです。

福利厚生

  • 制限付株式
  • 確定拠出年金
  • 社会保険
  • 休暇制度
  • 社内公募制度
  • 健康診断
  • 通勤交通費
  • 会員制福利厚生制度
  • 社員割引
  • 従業員アシスタントプログラム
  • 団体生命保険

Amazon Japanでは福利厚生が充実していると言えるでしょう。
Amazon Japanでは、従業員こそ会社の成功と発展のために最も重要な要素であると考えています。

そのため、従業員が健康を維持・促進し、また災害や病気の発生時には従業員とその家族への影響が最小限に抑えるように、福利厚生が設計されています。

競合他社と平均年収を比較

次に、企業系口コミサイトのデータを参考に「Google Japan」「Apple Japan」「Facebook Japan」の平均年収との比較をご紹介いたします。
 

企業名 平均年収
Amazon Japan 1,100万円
Google Japan 1,500万円
Apple Japan 600万円
Facebook Japan 1,200万円

Amazon Japanの平均年収は、「Google Japan」「Apple Japan」「Facebook」3社と比べると、3番目に平均年収が高い結果になりました。

ただし、2番目のFacebook Japanと年収の差がそこまでないため、競合企業の中でAmazon Japanの平均年収は普通であると言えるのではないでしょうか。

Amazon Japanへの転職に転職エージェントを使用する理由

Amazon Japanへの年収に関する情報を知って、Amazon Japanへの転職したいと思った方もいるでしょう。

Amazon Japanへ転職するのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。
転職エージェントの利用をおすすめする理由は、以下の3つになります。

転職エージェントについて

  • 非公開求人を紹介してもらえる可能性がある
  • Amazon Japanや業界に特化した対策が可能
  • 年収アップ等の交渉も依頼できる

では、それぞれについて詳しく説明していきましょう。

理由1:非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

転職エージェントは、数多くの非公開求人を保有しており、利用者の希望や能力にあった非公開求人を紹介してくれます。

非公開求人とは、企業の採用コスト削減や採用戦略を隠すために、企業のホームページや転職サイトなどに掲載されていない求人のことです。
そのため、一般の人が非公開求人を知るためには、転職エージェントなどを通す必要があります。

また、非公開求人を知ることで自分の希望にあった求人を見つけられる可能性が高くなります

理由2:Amazon Japanや業界に特化した対策が可能

転職エージェントは、転職を専門とした「転職のプロ」と言える存在ですので、Amazon Japanの転職に関する情報や業界に関する情報について非常に詳しく知っています。

また、過去の転職エージェント利用者から「Amazon Japanの中途採用面接で聞かれた質問」などのアンケートを取っているため、Amazon Japanの転職に必要な情報を教えてくれます。

その他にも、実際に行われた面接と同じ形式での練習もすることが可能です。

理由3:年収アップ等の交渉も依頼できる

転職エージェントは、年収アップ等の交渉も行ってくれます。

特に年収アップの交渉や面接日程の交渉などは、直接企業に言いづらく、転職活動が上手く進まない原因になりかねません。
転職活動を円滑に進めるためにも、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

Amazon Japanに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

2020年10月の転職市況感としては、正直厳しくなってきています。

ここ数年は雇用情勢が比較的安定していたこともあり、求人数・求職者数ともに高い水準で推移していましたが、2020年の1月からは有効求人倍率が下がりはじめ、コロナの影響も相まって5月の段階では1.20倍となり、市場は売り手市場から買い手市場に変化しました。

今回のコロナショックによる自粛や経済活動の縮小は長期化する可能性が高く、「落ち着いたら動き始めよう」と思っていても、なかなか状況が好転しないという可能性もあるという状況です

上記の理由から、企業の採用HPを見ても募集が減少している状況が顕著に見られます。
ただし、このような状況でも転職エージェントにはAmazon Japanの非公開求人が存在する場合があり利用してみる事をおすすめします。

また転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. Amazon Japanに関する求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. Amazon Japan以外の適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力と豊富に求人を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント
  • doda|求人数No.2・転職サポートが評判
  • パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート
  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載
  • レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

リクルートエージェント|求人数No.1・優秀なコンサルタント

[引用元:https://www.r-agent.com/]

リクルートエージェント』は、求人保有数・内定数ともにNo.1の国内最大手の総合転職エージェントです。
担当になるアドバイザーによってサービス品質やサポートの手厚さに差があると言われますが、口コミ調査ではどの指標も総じてトップレベルで、第二新卒や未経験向け求人からハイキャリア層まで幅広いユーザーからの支持を集めています。
業界最大手なので、大企業やメガベンチャーへの多数の転職実績もあり、下記の2つの大きなメリットがあります。

  • 社内に圧倒的な企業情報や選考ノウハウの蓄積
  • 業界最大手ゆえのNo.1の非公開求人保有量
Amazon Japanへ転職したいのであれば、最初に登録すべき転職エージェントでしょう。

リクルートエージェント 登録フォームはこちら

doda|求人数No.2・転職サポートが評判

[引用元:https://doda.jp/]

doda』は、転職サポートに定評のある国内トップクラスの総合転職エージェントです

求人保有数はNo.1では無いものの、担当アドバイザーによってサービスの質が異なるという口コミも少なく、サポート体制がしっかり構築されているエージェントだと言えます。
また履歴書添削・面接対策等の実践的なサポートも手厚く評判の良いエージェントの1つです。
リクルートの担当者が微妙なこともあるため、必ず登録しておきましょう。

また、転職サイト内にある『転職人気企業ランキング』(下記で詳しく解説しています。)は転職市場でどのような企業が人気なのかを知りたい人には参考になるので一見の価値はあります。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

パソナキャリア|最高評価の手厚いサポート

[引用元:https://www.pasonacareer.jp/]

パソナキャリア』は、2020年オリコン顧客満足度調査1位の総合転職エージェントです

手厚いサポート・フォローには定評があり、初めての転職に不安がある方には特におすすめです。本当にたくさんの求人を提案してくれるので、転職市場の動向を知りたい人や、色々な求人を見比べて見て判断したい人にもおすすめです。

求人数では業界最大手の『リクルートエージェント』や『doda』には劣るものの、求人情報の収集先として活用することもできるので、他の転職エージェントと併用して利用することをおすすめします。

パソナキャリア 登録フォームはこちら

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

Amazon Japanへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

[引用元:https://www.amazon.com]

今回は、Amazon Japanの年収について詳しくご紹介いたしました。

Amazon Japanの年収は、日本国内の企業や同じ業界の企業と比べると、非常に高い水準であると言えるでしょう。
また、福利厚生などのその他の待遇も良く、非常に働きやすい環境が整っているため、Amazon Japanに転職したいと思った方もいるのではないでしょうか。

ただし、Amazon Japanに転職するためには、英語力や即戦力になるスキルが必要です。
ですので、Amazon Japanへの転職を考えている際は、手厚いサポートのある転職エージェントを利用するのがおすすめです。
是非、転職エージェントに登録して、Amazon Japanへの転職を成功させてください。

また、その他の企業の選考情報も知りたい方には転職情報サイトのインテリゴリラの利用がおすすめです。

内定者から聞いた選考体験記など、非公開の情報があるので他の転職希望者に大きく差をつけることができます。
併せて確認しましょう。
=================================================================
Amazon Japanの面接でよく聞かれる質問は?

=================================================================

佐藤健太
ライター

佐藤健太

人材系の会社で2年ほど経験し、現在はWebライターとして活動しています。キャリア系などの記事を中心にさまざまなジャンルを執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング