【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧

【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧

企業価値、株価向上のために活躍する財務コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。財務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.財務系コンサルティングファームとは?
  2. 2.財務系コンサルティングファーム一覧

財務系コンサルティングファームとは?

財務コンサルティングファームでは、M&A案件の検討・デューデリジェンス・事業再生・経営戦略立案・不正調査・国際会計基準(IFAS)の導入プロジェクトなどを行います。
事業をはじめ、あらゆる資産を数値化して、価値を向上させることが目的です。

主にクライアントの株価の時価総額評価向上のために戦略を練ります。
企業価値を高める提案をおこなうことや中期経営計画の拠り所となる事業価値の判断レポートなども行います。

背景として、監査法人や金融系シンクタンクから派生したファームが金融・財務に特化したファームを設立している場合が多いです。
財務コンサルタントを経験すると、企業の価値を適正に判断する技能が培われるため、事業会社でのCFOなどのキャリアもあります。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

財務系コンサルティングファーム一覧

プルータス・コンサルティング

プル―タス・コンサルティングは企業価値評価に強い会社として有名な日本のコンサルティング会社です。 財務コンサルとして、株式の「公正価値」を巡る裁判で多くの実績を残し、裁判での重要判例の基礎となった新株予約権などの評価ロジックを確立しました。 会計、税務、法務、ファイナンス理論、金融工学など、各分野のエキスパートを集め、年間1000件の評価業務から蓄積された評価ノウハウを有するコンサルティング会社です。

エフアンドエム

エフアンドエムは、個人事業主や中小企業を中心にバックオフィス業務改善をサポートしているコンサルティング企業です。 「サービスの水道哲学」というコンセプトのもとに企業経営しており、必ず毎年行う個人事業主や中小企業の会計処理に関するサービスを低価格で高品質に提供しています。 人事労務クラウドシェア率No.1の「オフィスステーション」は継続率99%以上で継続率も高く、安定した業績を保つことが可能です。

ウイリス・タワーズワトソン

日本におけるウイリス・タワーズワトソンは、保険代理店およびリスクマネジメント・コンサルティングの分野におけるサービスを提供していることです。 ウイリス・タワーズワトソンの事業運営は「人材」「リスク」「資産」の分野で、データとソリューションを提供し、クライアントのレジリエンスを高め、従業員のパフォーマンスを最大化しています。 イーデザイン損害保険株式会社とリスク分析の面から、クライアントの行動予測に加えて、損保業界で日本初のWebサイトへの反映を可能にする統合的プライシング・ソフトウェアを採用しています。

PwCアドバイザリー

PwCアドバイザリーは、世界4大会計事務所であるBIG4の一角としての知名度・信用力を武器に、M&A関連の案件を継続的に受注できる営業力があります。 また、PwCアドバイザリーが他のBIG4と比較しても優れている点としては、事業再生部門の実績が豊富かつメンバーの数も多いため、事業再生部門に強みを持っている点が特徴です。 PwCという会計事務所がバックグラウンドであるため、デューデリジェンスなどの会計系ソリューション領域において圧倒的な強みを持っており、M&A領域でも投資銀行やコンサルティングファームなどとは違ったポジショニングを有しています。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー合同会社は、世界最大規模の「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド」のメンバーファームの一員として、M&Aアドバイザリー、企業価値評価、企業再生・再編支援、不正調査など「企業価値向上」のための経営戦略サポートを実現している会社です。 豊富な知識と経験をもとに企業の経営課題を適切に把握し、迅速かつ的確なソリューションを提供しています。 また、日本企業が事業基盤であるため、働きやすさに定評があります。

KPMGFAS

KPMGFASは、世界4大会計事務所であるKPMGグループの日本におけるメンバーファームのうちの一つです。 KPMGFASが業界内でも評価が高いサービス領域は、バリュエーションとデューデリジェンスの領域です。 これらの領域には会計士のバックグラウンドを持ったレベルの高い社員の方々が多く在籍されており、社員の方々のアウトプットの品質の高さで評価されています。 また、業界としては総合商社や金融機関とのネットワークが強く、これらの業界の企業から定期的に受注して売上を立てられる点も特徴です。

PwC税理士法人

PwC税理士法人は、税理士業界のトップクラスに位置している、BIG4税理士法人のうちの1つで、主に海外展開をする企業を顧客としています。 具体的には、PwC税理士法人は企業税務や国際税務、インターナショナルタックス、M&A税務などの税務コンサルティング、デジタルトランスフォーメーション(DX)などを通じて経営課題解決をサポートしている税理士法人です。 BIG4税理士法人の中でもPwC税理士法人は、中堅企業向けの総合税務サービスがあることで、他社に比べて顧客の幅が広く、またPwCアウトソーシングサービス合同会社、PwC社会保険労務士法人、プライスウォーターハウスクーパースWMS Pte. Ltd.と連携したサービスを展開しています。

EYストラテジー&コンサルティング

EYストラテジーアンド・コンサルティングは、世界4大会計事務所(BIG4)の一角であるアーンスト・アンド・ヤング(EY)の日本のメンバーファームです。 コンサルティング業務の事例として、ERP (Enterprise Resource Planning) 導入プロジェクト、財務会計業務の戦略的アウトソーシングプロジェクト、海外拠点におけるグローバル人材マネジメント支援プロジェクトなどが挙げられます。 ビジネス環境の急速な変化に則したクロスボーダー案件が多く、EYが培ってきたグローバルで一貫したノウハウやツール、知見と専門性を活かしたサービスの提供を得意としています。

宝印刷

宝印刷はディスクロージャーの支援やIRの支援を専門とするコンサルティングファームです。 宝印刷は、長年培った情報開示のノウハウを活かし、企業が情報開始をする際に投資家や株主から信頼を得るためにIRの支援をしています。 また、宝印刷の社名は印刷ですが、印刷物に限らず様々なサービスを提供しています。 ディスクロージャーやIRの支援以外にも、Webサイト制作やセミナーの開催、書類の出版などの事業も展開しています。

アドバンスト・ビジネス・ダイレクションズ

アドバンスト・ビジネス・ダイレクションズの転職情報について解説。経営改革の分野で高品質なサービスを提供しているアドバンスト・ビジネス・ダイレクションズ。大手コンサル並みのスキルや給与水準でありながら自由な社風とあって、転職先としても魅力的な企業です。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

関連記事

目次

人気記事ランキング