プルータス・コンサルティングは企業価値評価に強い会社!年収や転職情報も紹介

プルータス・コンサルティングは企業価値評価に強い会社!年収や転職情報も紹介

プル―タス・コンサルティングは株式の「公正価値」を巡る裁判で多くの実績を残してきているコンサルティング会社です。企業価値評価に強い会社としても有名です。今回の記事では、そんなプル―タス・コンサルティングの実績や年収、転職情報なども合わせて詳しく解説します。

記事の目次

  1. 1.プルータス・コンサルティングは企業価値評価・算定で評価が高いコンサルティング会社
  2. 2.プルータス・コンサルティングの従業員数は多い?
  3. 3.プルータス・コンサルティングの評判
  4. 4.プルータス・コンサルティングの年収
  5. 5.プルータス・コンサルティングの転職で募集している職種
  6. 6.プルータス・コンサルティングは企業価値評価に強い

プルータス・コンサルティングは企業価値評価・算定で評価が高いコンサルティング会社

プルータス・コンサルティングは日本のコンサルティング会社です。株式の「公正価値」を巡る裁判における数々の実績を残し、裁判での重要判例の基礎となった新株予約権などの評価ロジックを確立しました。その他、年間1000件の評価業務から蓄積された評価ノウハウを有するコンサルティング会社です。

プル―タス・コンサルティングは2006年に2名のスタッフでスタートしました。スタートした年は新会社法施行により、時価評価重要性が叫ばれ始めていた時期でした。プル―タス・コンサルティングはスタート直後、それに対応できる専門機関が不在でした。というのは、会計や税務に携わってきた多くの専門家たちにとっては、ファイナンス理論や金融工学に基づいた評価ロジックは未知のものであったからです。ファイナンス理論や金融工学は、新株予約権、新株予約権付社債、種類株式などの金融商品の評価の他に、企業価値評価、デットエクイティスワップにおける債務の評価などにも適用されます。
そのため、プルータス・コンサルティングは、金商品の評価には会計、税務、法務の他にファイナンス理論や金融工学の専門チームが必要であると考え、それらの分野のエキスパートを集めることに

現在のプル―タス・コンサルティングは評価業務のみにとどまらず、日本で初めて、クライアントのニーズに合った新株予約権、ストック・オプション、種類株式、新株予約権付社債などの設計業務を手がけ、年間1000社を超える有価証券の設計に手がける日本最大の独立系評価機関に位置付けられています。
さらにカネボウ事件(株式買取価格決定申請事件)などの裁判で、プル―タス・コンサルティングの評価手法が合理的と判断されました。そのため、日本における価値評価実務において確固たる地位を築くことができました
このカネボウ事件について詳しく説明すると、プル―タス・コンサルティングはこの事件で東京地裁から鑑定補助人として委嘱を受け、DCF法により「1株360円」という鑑定を行いました。この鑑定の際、日本市場における「株式リスクプレミアム」の数値については様々な論議があり難解とされていました。しかしプル―タス・コンサルティングは、株式リスクプレミアムは算定する際、できるだけ長い期間のヒストリカルデータを用いることが相応しいとして、Ibbotoson Associates社の1955年から2005年の統計データ8.5%を採用することにしました。結果として、それらの評価手法が合理的という判断を受けることになりました。


その他にも、プル―タス・コンサルティングは、大王製紙株式会社が2015年に発行した転換社債型新株予約権付社債が有利発行であったとして、筆頭株主の北越コーポレーション株式会社が大王製紙株式会社の取締役に損害賠償を求めた訴訟においても実績を残しています。
これは、原告による最高裁判所への上告が不受理とされ、本新株予約権付社債は有利発行にあたらないとした一審及び二審の判決が確定しました。本事件は、2007年のオートバックスセブン新株予約権付社債発行差止仮処分命令申立事件と並んで、転換社債型新株予約権付社債の発行条件について発行会社側の主張が認められた事例として注目されました。プル―タス・コンサルティングは、そのいずれにおいても第三者評価機関として公正価値の評価を得ています。

このような実績の他にも、M&Aにおけるフェアネス・オピニオンでは、NTTとNTTドコモ、SONYとSONYフィナンシャルホールディングス、東芝など大きな案件に携わり評価を得ています。

プル―タス・コンサルティングの代表取締役社長の野口真人氏は、今後も金融商品や設計に関する日本唯一の最高水準のコンサルティングファームとして努力していくという言葉を発信しています。

プルータス・コンサルティングの会社概要

会社概要
 

名称 株式会社プルータス・コンサルティング
代表者名 代表取締役社長 野口 真人
取締役 専務取締役 岡田 広
常務取締役 山田 昌史
取締役   根岸 秀明
執行役員 岡野 健郎
設立日 2007年7月2日(創業2004年3月)
事業内容  ・上場会社及び非上場会社の株式、新株予約権、社債などの診断・査定
・財務に関する調査(デューデリジェンス)
・資本政策に関するコンサルティング
・上記各号に付帯する一切の事業
所在地 〒100-6030
東京都千代田区霞が関三丁目2番5号
霞が関ビルディング30階

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

プルータス・コンサルティングの従業員数は多い?

Photo byFree-Photos

プル―タス・コンサルティングの従業員数は会社によって異なります。
ここでは、プル―タス・コンサルティングの従業員数について、それぞれ確認していきます。

【株式会社プルータス・コンサルティング DATA】

仕事内容 上場会社および非上場会社の株式・新株予約権・社債などの評価・査定など
従業員 25名

【株式会社プルータス・コンサルティング】 
仕事内容 会計関連評価業務
従業員 40名

【株式会社プルータス・マネジメントアドバイザリー】
仕事内容 M&Aアドバイザリー業務
従業員 13名

アビームコンサルティングへ転職したい!選考難易度から評判・ 面接まで解説!のイメージ
アビームコンサルティングへ転職したい!選考難易度から評判・ 面接まで解説!
アビームコンサルティングへの転職を成功させる為に、難易度・面接の対策・アビームの評判や口コミなどを説明しています。企業の業務効率化やDX(デジタルトランスフォーメーション)に強みを持つアビームへの転職をお考えの方にとって、必見の内容になっています。

プルータス・コンサルティングの評判

Photo bybertholdbrodersen

ここではプル―タス・コンサルティングの評判を紹介します。実際に働いている方から以下のような口コミがみられました。

【年収・給与制度】

男性・在籍5~10年 ベースラリーは他の4大監査法人系FASと大体一緒だが、インセンティブはやったらやった分だけもらえる。はっきり言って青天井だと社長はいつも豪語していた。
逆にペース以上働かなければインセンティブボーナスは0と言うことも充分あり得る。
ワークライフバランスを重視とか言う人はあんまり向いていないかもしれない。

【評価制度】
男性・在籍5~10年 年に2回360度評価があり、上司だけなく部下や同僚からも評価される。
面談は社長が直接やってくれて様々なフィードバックをもらえる。

その他にも、「年々、女性社員が増加している」といった女性が働きやすい環境であることや、「仕事ができる人にはどんどん仕事が来る」というように、能力に応じて正当に評価してもらえる旨の口コミも多く見られました。さらに「クライアントのために新しいものを開発していく風土があり、新規ビジネスにも積極的」「能力があれば、早く良い仕事をまかされる文化」「近年特に多様な働き方が認められるようになった」というポジティブな意見が多く見受けられました。
また、競合他社と比較しても、残業時間や有休消化率、人材の長期育成などの面でも高い評価を得ているようでした。

プルータス・コンサルティングの年収

Photo bykschneider2991

プル―タス・コンサルティングの年収は職種や能力により異なります。
プル―タス・コンサルティングの公開されている年収は、マネージャー800万、エグゼクティブマネージャー1,000万、ダイレクター1,200万であるとされています。

なおプル―タス・マネジメントアドバイザリーの年収は公開されおらず詳細は不明ですが、プル―タス・コンサルティングと同じやり方を引き継いでいるのであれば、プル―タス・コンサルティングで公開されているような年収が得られるでしょう。

ベイカレントコンサルティングの評判は?サービス内容から口コミまでを詳しく解説!のイメージ
ベイカレントコンサルティングの評判は?サービス内容から口コミまでを詳しく解説!
ベイカレントコンサルティングへの中途採用で気になる社長、サービス事例、ビジョン、評判について紹介します。コンサル業界の中で阿部社長の元、高いビジョンを持ち総合コンサルを手広く展開し事例も豊富なベイカレントコンサルティングの評判についての当記事は必見です。

プルータス・コンサルティングの転職で募集している職種

Photo byRonaldCandonga

現在プル―タス・コンサルティングの転職では以下の職種が募集されています。
 

フィナンシャル・アドバイザリー部(FAS) コンサルタント:マネジャー
フィナンシャル・アドバイザリー部(FAS) コンサルタント:スタッフ
エクイティ・アドバイザリー部(EAS) コンサルタント:スタッフ
コンサルティング部(CS) コンサルタント:シニアスタッフ

ここでは「フィナンシャル・アドバイザリー部(FAS)」コンサルタント:マネージャーの募集要項について、詳細を紹介します。

【「フィナンシャル・アドバイザリー部(FAS)」コンサルタント:マネージャー】
仕事
内容
クライアント企業によるM&Aや資金調達を財務的側面から包括的にサポートし、各専門家とも連携しながら、クライアント企業の財務戦略の策定、実行を支援します。
特別委員会に対するフィナンシャル・アドバイザリー業務等、M&Aで注目されているサービスラインにも強みを持ちながらも、柔軟かつ裁量ある風通しの良い組織体制の下、幅広い業務に従事できます。
同社の強みである企業価値評価、さらには会計業務にも携わることができ、多様なキャリアパスの実現が可能です。

【具体的な仕事内容】
フィナンシャル・アドバイザリー業務
・クライアント企業に対するM&A・資金調達アドバイザリー業務
・株式公開買付関連アドバイザリー業務
・特別委員会に対するアドバイザリー業務
・企業価値評価業務
・フェアネス・オピニオン業務
・開示手続・関連書類作成に関するサポート
・その他M&A及び資金調達に関するトランザクション・サポート業務

上記に加え、ご希望のキャリアに応じ、以下の業務もご担当いただきます。
・無形資産等の評価業務
・デューデリジェンス業務
・会計アドバイザリー業務
・裁判所に提出するための意見書作成・訴訟サポート業務
・会員向け配信レポートや経理情報・商事法務への寄稿
・セミナー講師
・社内データベースの構築
求める人材  売上高(M&A案件等)増加に伴う組織強化のため、以下に該当し、チャレンジ精神を持ち、能動的かつ協調性をもって業務に取り組むことが出来る方を募集します。

1.いかに当てはまる方
・投資銀行、コンサルティングファーム等において上記業務経験がある方、
又は、事業会社においてM&A関連業務に携わっていた方
・プロジェクトの統括経験がある方
・上記に準じるキャリアを有する方

2.以下は必須ではありませんが、業務に活かすことができるキャリア及びスキルです
・監査法人や税理士法人などでの経験
・公認会計士、税理士、証券アナリスト等の資格
・プレゼンテーション能力や交渉力、コミュニケーション能力
・ビジネス英語力
雇用
形態
正社員
勤務地 東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビルディング30階
交通(最寄駅) 東京メトロ 「虎ノ門」、「霞が関」駅
勤務時間 9時~18時 フレックス制度あり(実働8時間)
給与 前職の給与水準、能力及び経験により応相談
待遇条件 交通費支給、各種保険完備、賞与(7 月・12 月)、ストック・オプション制度、退職金制度
休日・休暇 土日、祝日、年末年始、有給休暇、慶弔、特別休暇(出産休暇等)、年間休日約130日
採用プロセス 面接回数2~3回(SPI 含む)、必要書類:履歴書(写真貼付)、職務経歴書

採用情報は随時更新されます。定期的に確認するようにしましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

プルータス・コンサルティングは企業価値評価に強い

Photo byStartupStockPhotos

今回の記事では、プルータス・コンサルティングは企業価値評価に強い会社であることや、その年収や転職情報について詳しく紹介してきました

プル―タス・コンサルティングは日本で初めて、クライアントのニーズに合った新株予約権、ストック・オプション、種類株式、新株予約権付社債などの設計業務を手がけ、年間1000社を超える有価証券の設計に手がける日本最大の独立系評価機関に位置付けられています。
カネボウ事件などの裁判で、プル―タス・コンサルティングの評価手法が合理的と判断されたことで、日本における価値評価実務において確固たる地位を築くことができました。
そのような評価によって大きな信用を得たプル―タス・コンサルティングは、企業価値評価に強い会社であるという評価を得ることができたと言えるでしょう。

また、プル―タス・コンサルティングは働きやすい環境や社員の能力に応じた評価をつける会社として、実際に働いている方の満足度は非常に高いものでした。現在もいくつかの職種が募集されいるので、興味がある方は実際に転職活動をはじめてみてはいかがでしょうか。

プル―タス・コンサルティングのような知名度の高い企業に転職するためには、正確な情報を集めることが重要です。正確な情報をもとに正しい面接対策をすれば採用される可能性はぐっと上がるでしょう。プル―タス・コンサルティングのような採用倍率が高く、競争が激しい企業に入社するためには、なおさら情報収集が重要になってきます。

そのためにも、インテリゴリラの利用をおすすめします。インテリゴリラでは、転職難易度の高い企業の有益な情報をお届けしています。
まずは以下のURLより、インテリゴリラをチェックしてみましょう

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
hiroyuki0722
ライター

hiroyuki0722

よろしくお願いします。

関連記事

目次

人気記事ランキング