ベイカレントコンサルティングの評判は?サービス内容から口コミまでを詳しく解説!

ベイカレントコンサルティングの評判は?サービス内容から口コミまでを詳しく解説!

ベイカレントコンサルティングへの中途採用で気になる社長、サービス事例、ビジョン、評判について紹介します。コンサル業界の中で阿部社長の元、高いビジョンを持ち総合コンサルを手広く展開し事例も豊富なベイカレントコンサルティングの評判についての当記事は必見です。

記事の目次

  1. 1.ベイカレントコンサルティングの会社評判は?
  2. 2.ベイカレントコンサルティングの企業情報
  3. 3.ベイカレントコンサルティングの将来性
  4. 4.ベイカレントコンサルティングの採用は?
  5. 5.ベイカレントコンサルティングの評判・口コミは?
  6. 6.転職希望者に評判の良いおすすめのサイト
  7. 7.ベイカレントコンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

ベイカレントコンサルティングの会社評判は?

Photo byFree-Photos

日系独立系のコンサルティングファームであるベイカレントコンサルティングでは、業績も好調で、阿部社長のもと、高いビジョンと豊富な事例から、働きがいのある仕事というイメージを抱く方も多いです。
口コミなどによると、企業の経営課題を解決するという仕事柄、どうしても業務は激務となりがちな一方、裁量のある仕事で、能力さえあれば若くても高給を貰えたり、昇進したという事例が豊富です。
そんなベイカレントコンサルティングの評判口コミからわかる社風、労働環境、給与に関する現場社員の声はそれぞれ下記の通りです。

ベイカレントコンサルティングの社風についての口コミ・評判

  • 上司からフィードバックを比較的詳細にもらえ、成長が促進される
  • 努力をしている、成果をあげている人は必ず評価される企業文化
  • 上下関係は非常にフラットで、自由で風通しの良い文化
  • アナリストからパートナーまで全てのコンサルタントが同じ部門(コンサルティング本部)に所属するワンプール制

ベイカレントコンサルティングの労働環境についての口コミ・評判

  • 平均残業時間は35.8h
  • 営業が案件を受注し、コンサルタントがアサインされる
  • 研修などは充実しており、採用してから育てるビジョンを持っている
  • 他社から優秀な人材を引き抜いたり、優秀な新卒を採用しているため、基本的に社員のレベルは高い

ベイカレントコンサルティングの給与についての口コミ・評判

  • 平均年収は825万円
  • 見込み残業45時間分を加味しての給与制度
  • 年収には年2回分(月収1ヶ月分×2回)のボーナスが含まれており、月収×14ヶ月分が年収
  • 他ファームと比較しても、年収レベルは非常に高い傾向
  • 中途採用者の給与は前社+100万〜となっている社員が多く、故に同一ランクの中でも給与の幅はかなり広い

ベイカレントコンサルティングの中途採用を志望する場合、下記でお伝えする評判についての詳しい内容を読むことで自分に合う・合わないを検討してみてください。

ベイカレントコンサルティングの企業情報

Photo byFree-Photos

ベイカレントコンサルティングの企業概要

ベイカレントコンサルティングの企業概要は下記の通りです。
企業概要

社名 株式会社ベイカレント・コンサルティング
BayCurrent Consulting , Inc.
資本金 282百万円
売上高 330億円(2020年2月期)
従業員 2,058名(2020年4月時点)
代表者名 代表取締役社長 阿部 義之
創業 1998年3月25日

ベイカレントコンサルティングの提供しているサービス

ベイカレントコンサルティングは、あらゆる業界に対する戦略から業務・ITに至るまでの豊富なコンサルティング事例を持っています
そこで、培った知見・洞察やネットワークに加え、日本発の総合ファームとしてのケイパビリティを最大限に活かし、あらゆる側面から総合的にクライアント企業の変革をサポートするというビジョンのもと下記のサービスを提供しています。
 

ベイカレントコンサルティングのサービス内容

  • Strategy戦略
  • Digitalデジタル
  • Operationsオペレーション
  • Technologyテクノロジー

Strategy戦略

世界経済の不確実性が各種要因により高まり、各国におけるビジネス環境が激動していく中、こうした変化を正確に捉え、企業成長の方向性を見定め、最適にリソースを配分し、それらを迅速に実行に移していくことが、厳しい競争環境を勝ち抜いていくために必要です。
同社では、国内だけでなく、国境を越えた成長戦略の策定、そのインプリメンテーションまで踏み込むことで、持続的な業績へのインパクトはもちろん、クライアント企業の根本的な組織強化を実現することに重点を置いて各種支援を行っています
 

Digitalデジタル

デジタル技術の進歩は、あらゆる企業に対して、カスタマーエクスペリエンス(CX)の非連続な進化を促しています。
しかし、デジタル技術を使いこなし、進化を達成できる企業は限られているのが実態です。
デジタルを使いこなす鍵は、技術の可能性と限界を見極める眼、その可能性を我が物とする実装力、そして進化を遂げ切る変革力の3つだと同社は考えています。
ベイカレントでは、デジタル・イノベーション・ラボを核に、鍵となる3つのケイパビリティを高めています。
その知見を基に、クライアントのデジタルトランスフォーメーション(DX)と、DXを通じた非連続なCX進化の実現を支援しています。

Operationsオペレーション

事業の多角化やグローバル化、M&Aなどへの取り組みが加速する中、複雑度が増す組織や現場オペレーションを、戦略との整合性および現場との親和性を勘案したモデルに変革していくことで、確固たる競争優位性を築くことが求められています
同社では、現状の分析を踏まえ、商品(サービス)企画/開発、調達/購買、生産、物流、販売、間接部門など多岐に渡る分野でのオペレーション能力を高めるとともに、恒常的に組織が活性化するような仕組みの構築を行うことで、企業変革の支援を行っています

Technologyテクノロジー

従来のようなコストに貢献する「守りのIT」だけでなく、収益に貢献する「攻めのIT」まで、ITを中核に据えたビジネスの範囲が拡大しています。
また、モバイル、ソーシャル、クラウド、ビッグデータ、IoTなどのテクノロジーの進化により新たなビジネスの潮流が生み出されつつあり、こうした環境の変化に適応するITの活用により競争力を高めることが求められています。
同社では、戦略を実行し、オペレーションに革新をもたらすITのグランドデザインに加え、IT組織とベンダーの機能分担や他部門との連携、ITに関するコスト削減など、多岐に渡る課題解決を行うことで、ROIの高いITの活用をサポートしています。

ベイカレントコンサルティングのサービス事例

ベイカレントコンサルティングにおける飲料メーカーへの「データ可視化・ガバナンス強化に向けた調達業務改革」の事例を紹介します。
この事例では、調達支出データの可視化およびガバナンス強化を目的として、クライアント企業における調達業務改革を支援しました。
調達業務改革を実現するために、属人化・ブラックボックス化していた現行業務プロセスの調査・可視化、新調達システム導入における要件定義、新業務プロセスの設計、全社員への教育、サプライヤーとの調整などを実施しました。

ベイカレントコンサルティングの将来性

Photo byFree-Photos

ベイカレントコンサルティングの社長

ベイカレントコンサルティングの社長には阿部義之氏が就かれています。
肩書きは代表取締役社長になっています。
阿部社長は、89年(平元年)電気通信大を卒業後、野村総合研究所入社し、08年ベイカレント・コンサルティングに入社し、執行役員に就きました。
その後、15年に取締役に就任し、現職である社長に至っています。

ベイカレントコンサルティングの経営方針

日本企業は持続的な成長を実現するために、業界横断でのビジネスモデルの構築やソーシャルイノベーションの実現、グローバルでの競争力強化やM&Aによる事業拡大、デジタルトランスフォーメーションといったチャレンジを続ける一方で、日本の生産力低下に備えたワークスタイル改革なども必要不可欠な取り組みとなっています。

ベイカレントコンサルティングは、あらゆる業界への総合的な課題解決を通じて培った知見・事例、ネットワークの活用はもちろん、同社自身が日本企業だからこそ理解できる価値観や文化やビジョンを織り込んだコンサルティングサービスの提供により、クライアント企業の成長に貢献することを使命としています。

今後、より一層ビジネス環境が複雑化・高度化していきますが、同社自身も時代の変化・進化に柔軟に対応できる人材の育成に努め、クライアント企業のベストパートナーとしてあり続けることが予想されます。
その具体的な行動ビジョンとして、2019〜2021年度の中期経営計画では下記三点を掲げています。

2019〜2021年度の中期経営計画

  • 優秀な人材の確保
    →新規採用240名(新卒、未経験者含む)を目指し若手コンサルタントを早期戦力化する
  • 営業体制の強化
    →増員したコンサルタントに見合う案件数確保のため、営業人員を増員することに加え、デジタル関連コンサルティング案件の受注増に向けてデジタルイノベーションラボを拡充する。これによりノウハウ・ナレッジの蓄積、提案力強化、研修の充実、ブランディング推進を行う。
  • 内部管理体制の強化
    →一部市場変更を受けて、ガバナンス・コンプライアンス体制強化のため、管理部門の増員を行う。品質管理部など、コンサルタントの活動やキャリア形成を支援する部門の強化にも着手する。

またベイカレントは日系企業の海外進出支援も手がけており、中長期的な目標として「日本発アジアNo.1コンサルティングファーム」というビジョンも掲げています

ベイカレントコンサルティングの採用は?

Photo byFree-Photos

ベイカレントコンサルティングの採用方針

ベイカレントコンサルティングは過去にコンサルティング事例が豊富な実力者を採用するよりも、採用してから育てるというビジョンを貫いています
採用してから育てるために、下記のように充実した教育体制が敷かれています。

  1. エントリー研修
  2. 職位別研修
  3. 選抜プログラム
  4. 業界・サービス別研修
  5. キャリアカウンセリング

コンサルタントとして入社してから、社内でのキャリアアップ、キャリアデザインまでを手広くサポートする体制がベイカレントコンサルティングでは充実しています。

 

ベイカレントコンサルティングの求める人物像

ベイカレントコンサルティングの求める人物像は下記のようになります。

ベイカレントコンサルティングの求める人物像

  • 若手・第二新卒
  • ITエンジニア(開発・保守運用)の経験がある
  • PM/PLや事業企画・経営企画の経験がある

戦略コンサルティングファームを除く総合系コンサルティングファーム全般について言えることですが、コロナ禍であっても積極的に採用をおこなっており、若手や第二新卒を多数採用しています。
加えて、アクセンチュアやアビームコンサルティングを筆頭としたコンサルのデジタル領域やDXの分野への進出がめざましく、ベイカレントも他に遅れを取らずITコンサルティングの事例が増えています
そのため、SEやエンジニアのPM・PL経験者が求められるケースが増えています。

そこで、実際に各トップ企業に採用された方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でベイカレントコンサルティングに内定したい方はこちら。

ベイカレントコンサルティングの評判・口コミは?

Photo byFree-Photos

待遇についての口コミ・評判

ベイカレントコンサルティングにおける待遇についての評判・口コミを下記で紹介します。

男性

男性

見込み残業を加味しての給与制度であるが、見込み残業時間を超過することがないように管理が強化されているため、良い待遇であると感じます。
若手のうちは、定量的な面においては、営業が案件を受注しコンサルタントがアサインされるという特性上、多少の運要素もあるように感じます。
また、定性的な面においては、人事担当がプロジェクトリーダーとのコミュニケーションを比較的多くとっていることもあり納得感が得られます。
フィードバックも比較的詳細にしてもらえます。

女性

女性

年収には年2回分(月収1ヶ月分×2回)のボーナスが含まれており、月収×14ヶ月分が年収となります。
また、月収にはみなし残業代(45h分)も含まれています。
他ファームと比較しても、年収レベルは非常に高い傾向となっており、平均的な評価が得られているスタッフレベルであれば、年100万円の昇給も発生します。
また、中途採用者の給与は前社+100万〜となっている社員が多く、故に同一ランクの中でも給与の幅はかなり広くなっていると感じられます。
近年では国内企業の高年収ランキングの上位にも位置付ける企業となっており、高収入が見込めるという観点だけで見れば、非常に良い会社であると考えられます。

評価制度としては、スタッフレベルであれば、稼働率が定量的な評価の主な指標となり、評価全体のかなりの割合を占めます。
一方、定性的な評価は上長から人事担当者へ共有される情報が基となるため、馬が合わない上長とのプロジェクトにアサインされてしまうと、その分の煽りを受ける事になります。
よって、基本的なことではあるが、アサインされたプロジェクトのクライアントに好かれる事も重要ではある一方、上長へ気に入られる事も昇給、昇格においては非常に重要な要素となってきます。

仕事のやりがい・成長についての口コミ・評判

ベイカレントコンサルティングにおける仕事のやりがい・成長についての評判・口コミを下記で紹介します。

男性

男性

仕事のやりがい:
通常の日本企業と比較し、与えられた仕事をやる、ではなく、自分でプロジェクトを選べる点が面白いです。
これは、アサインする側、アサインされる側双方に権利があり、選択肢があるところは異色ではないかと思います。
大企業にありがちな、きめ細かな総務や情報システムはないですが、必要最低限の仕組みで運営されており、そこが管理タスクの軽減や、高い給料に反映されており、満足しています。

成長:
研修などは充実していると感次ますが、当然のことだが、自立したコンサルタントが求められており、自ら意識的に取り組む必要はあります。

女性

女性

仕事のやりがい:
評価制度は定量・定性評価があり、定量は単純に年間の売り上げ、定性はクライアント、上司の評価となりますが、売り上げが低くても定性評価が充実しているため努力をしている、成果をあげている人は必ず評価されます。
またコンサルタントという性質上、難易度の高めな案件が多く、そういった点からも働きがいは十分にあります。

成長:
他社から優秀な人材を引き抜いたり、優秀な新卒を採用しているため、基本的に社員のレベルは高いです。
そういった人材とチームとして案件を推進していく性質上、スキルアップのスピードは非常に早い印象です。
また、成果主義のため成果を果たせば確実に評価され、逆もまた然りのため、個々人のモチベーションが高く、スキルアップに繋がる研修等の環境が充実してるため、成長できる環境であると思います。
ただし、幅広に様々なエリアのキャリアを開発できる形態のため、どのエリアのスキルを伸ばしていくか考えずに業務に取り組むと、器用貧乏な人材になるリスクはあると言えます。

社員の雰囲気についての口コミ・評判

ベイカレントコンサルティングにおける社員の雰囲気についての評判・口コミを下記で紹介します。

女性

女性

多くのファームでは、インダストリーやサービスにて部門があり、それらに所属することになりますが、アナリストからパートナーまで全てのコンサルタントが同じ部門(コンサルティング本部)に所属するワンプール制となっています。
そのため、希望する案件があれば入れる可能性はあります。
ただし、ジュニアの場合はニーズにマッチした人材がいなければポテンシャル採用となる可能性がありますが、シニアになると実績ベースでのアサインとなるため、自分の得意な案件に入ることが基本的な流れとなります。
ただし、社内での実績や人脈を構築していくことでキャリアの幅を広げていくことは可能です。

男性

男性

自由で風通しの良い文化だと思います。
役員と若手が談笑していることに違和感がないカルチャーです。
プロジェクトを選んだり、評価について物申すことを寛容に見てくれる傾向にあります。
もちろん、実力が認められている前提ではありますが。 また、良くも悪くも職位を越えたチャレンジの機会を頂けることが多く思います。
職位が上の部下を持つなど、謎体制になることも…。
良い上司に恵まれれば積極的に成長のきっかけ与えていただけますし、成長の観点では恵まれた環境だと思います。

転職希望者に評判の良いおすすめのサイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

ベイカレントコンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

ベイカレントコンサルティングへの中途採用のために、社長の思いやビジョン、サービス事例、評判・口コミについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

ベイカレントコンサルティングは、阿部社長の元、あらゆる業界に対する戦略から業務・ITに至るまでの様々なサービスを提供しています。
これまでの豊富なコンサルティング事例で培った知見・洞察やネットワークに加え、日本発の総合ファームとして高いビジョンと自負であらゆる側面から総合的にクライアント企業の変革をサポートしています。
口コミ等を参考にしても、同社ではコンサルティングサービスの中で戦略やIT側面のデジテルやテクノロジーも経験できることから、非常に高いビジョンを持ちながら仕事ができる刺激的な職場です。
しかし、そんな同社に入社するためには非常に高難易度の選考を突破しなければなりません。

そんな高難易度の採用プロセスであるベイカレントコンサルティングへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、ベイカレントコンサルティングのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高いケース面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に採用された方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でベイカレントコンサルティングに内定したい方はこちら。

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング