シグマクシスは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

シグマクシスは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

シグマクシスは激務なのでしょうか。企業への投資も行っているコンサルティングファームであるシグマクシスは残業が多く激務なのかという点や、年収、評判など、シグマクシスへの転職を検討されている方に役立つ情報をまとめましたので、ぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.シグマクシスの企業情報
  2. 2.シグマクシスは激務なのか?
  3. 3.シグマクシスの労働時間や激務度の実態
  4. 4.シグマクシス社員の評判・口コミ
  5. 5.シグマクシスに転職したいならおすすめの転職エージェント
  6. 6.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  7. 7.シグマクシスへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

シグマクシスの企業情報

出典: https://www.sigmaxyz.com/

シグマクシスは2008年に創業されたばかりの日系コンサルティングファームです。創業してまもないながらも、すでに東証一部に上場しています。社員数は500名ほどと、中規模の総合コンサルティングファームです。

シグマクシスは総合商社の雄・三菱商事とアメリカの投資会社であるRHJインターナショナルが共同設立したコンサルティングファームなので、両者と関係する各種事業会社や投資会社との強固な関係性を持っています。

シグマクシスにはコンサルティングファームとしての一面だけではなく、投資会社の側面もあります。AIやデジタル関連の事業を行っている先進的な企業に投資しており、投資先企業を巻き込みながらコンサルティングで付加価値を出したり、新規事業を立ち上げたりできる自由度があります。

シグマクシスの特徴

シグマクシスの特徴は、社内に先端デジタル人材を多数抱えているため、最先端のデジタルトランスフォーメーション案件に強い点です。デジタルトランスフォーメーション案件を多く獲得し、日本を代表するような名だたる大企業の顧客に付加価値を提供しています。

また、コンサルティングファームとしてまだ設立してから年数が浅いため、シグマクシスに参画してきたパートナーのそれぞれの出身ファームの特徴がおり混ざっている点も特徴です。IBMやアクセンチュア、マッキンゼーやベインアンドカンパニーなどの文化がおり混ざっています。

シグマクシスは事業投資もできるデジタルに強いコンサルティングファームとして、競合コンサルティングファームと比べてもユニークなポジションを占めており、これからもそのポジショニングを生かして事業規模を拡大していくのではないでしょうか。

シグマクシスの事業内容

シグマクシスは、企業や官庁を相手にコンサルティングサービスを提供しています。上記で紹介したデジタルトランスフォーメーション以外にもPMOやビジネスプロセス変革、M&A戦略立案プラットフォーム戦略立案など、様々な領域でコンサルティングサービスを提供しています。

また、一般的な他のコンサルティングファームと同様、インダストリー別の組織もあります。インダストリーとスキルの両軸で、顧客に最適なコンサルティングサービスを提供できる体系があります。コンサルタントの方々も自身に最適な環境を選んで価値提供に専念できます。

また、コンサルティングサービスで培ったコネクションやスキルを生かして、事業投資も行っています。

男性

男性

ベンチャーキャピタルへの投資を通じたインキュベーションなどのようなものから、社員の方によるベンチャー企業立ち上げなど、企業経営の現場でも価値創造に取り組んでいます。

シグマクシスのトップメッセージと今後の事業展開

シグマクシスのビジョンや、大切にしている価値観、今後の会社の展望を知るために、トップメッセージと今後の事業展開について紹介します。シグマクシス転職者の方にとってこれから同社がどのような方向に向かうのか知るために重要な情報なので、ぜひご覧ください。

トップメッセージ

シグマクシスの代表取締役会長である倉重氏が公式サイト上にで代表メッセージを載せています。代表メッセージでたびたび言及されているのは「共創型価値創造モデル」についてです。シグマクシスはこれからも共創型価値創造に取り組んでいく旨が語られています。

「共創型価値創造モデル」の背景にあるのは世界の急速なデジタル化です。デジタル化のスピードについていくためにも、企業や官庁にはこれまで以上にスピーディーな変革が求められています。しかし、これまで通りの「自前主義」の姿勢では、変化についていくことができません。

したがって、これまでとは姿勢を変えて、外部のビジネスパートナーたちと上手くコラボレーションして価値を共創していく必要があります。シグマクシスは自社でもコンサルティング+事業投資を行うことで共創型価値創造をリードしていけるのではないでしょうか。

今後の事業展開

シグマクシスは今後もデジタルトランスフォーメーション領域での案件獲得力とデリバリー力を武器に事業規模を拡大していくでしょう。転職口コミサイトの社員の方々の評判においても、シグマクシスのデジタル力を評価する声が多く、この強みを武器に拡大していくのが基軸になりそうです。

また、シグマクシスの事業投資領域での可能性について言及する口コミ・評判も多く、事業投資領域とデジタルトランスフォーメーション領域の掛け合わせでさらに成長していくのではないでしょうか。

デジタル領域に強いと評判の企業複数社に投資を行っていますので、それらの企業とのコラボレーションを通じて、自社のケイパビリティとあわせてさらにデジタル領域でエッジを効かせた事業展開ができるのではないかと推察されます。

シグマクシスは激務なのか?

出典: https://www.sigmaxyz.com/

シグマクシスは激務なのでしょうか。シグマクシスだけではなく、一般的にコンサルティングファームは残業が多く激務であると評判です。なぜコンサルティングファームは残業が多く、激務になってしまいがちなのでしょうか。

それはコンサルティングファームがクライアントありきの商売だからという点が大きいです。クライアント企業の担当者の方が残業をしていて激務を強いられているのであれば、もちろんコンサルタント側も同様に残業をしなければならず、激務になりがちです。

また、クライアントと一緒に働くケースでなくとも、コンサルティングファームはクライアントの要求水準を満たすために残業をして激務になりがちという評判があります。シグマクシスの場合も残業が多く激務なのでしょうか。本章では社員の方の転職口コミサイトの評判を紹介し、実態に迫ります。

激務の噂は本当なのか?

シグマクシスの社員は残業が多く、激務であるという評判は一部当たっています。上述したようにコンサルティングファームは基本的に客商売なので、クライアントの要求によって残業が多く、激務になることが多いという社員の方の評判は少なくありませんでした。

他方で、シグマクシスは業務量をコントロールできるので、アウトプットさえきちんと出していれば残業は多くならず、激務にもならないという声も比較的多く見受けられました。コンサルティングファームの中でも残業が多く激務になりやすいファームもある中で環境としてはホワイトなのかもしれません。

残業が多く激務であるという評判と、そうでない評判が半々くらい見受けられましたので、総じて、シグマクシスはコンサルティングファームの中では残業が少なめで、激務であることは少ないのではないかと推察されます。比較的ホワイトなコンサルティングファームだと言えそうです。

シグマクシスの労働時間や激務度の実態

Photo bylukasbieri

シグマクシスで激務になりやすいプロジェクトは、戦略系の短期プロジェクトか、レガシーシステムの刷新などのIT系の長期常駐プロジェクトに多いという評判があります。

女性

女性

比較的楽なプロジェクトでは毎日定時で退社することが可能なプロジェクトもあるという口コミもありました。

シグマクシス社員の評判・口コミ

Photo byStockSnap

東証一部上場企業で、これから有望な領域であるデジタルトランスフォーメーションに強みを持っているシグマクシスは、他のコンサルティングファームと比べてもかなり魅力的なファームです。転職希望者の方にとっても、魅力的に映るのではないでしょうか。

しかし、実際のところ、職場として魅力的なのかどうかは社員の方々の口コミや評判を見てみなければわかりません。そこで本章では、シグマクシスの社員の方々の口コミ・評判から、シグマクシスの実態に迫ります。

シグマクシスの年収や、社内の雰囲気、仕事のやりがいや成長環境、女性の働きやすさや評価制度、入社理由など、さまざまな観点の口コミ・評判を紹介します。シグマクシスに転職希望の方は、これらの口コミ・評判にもぜひ目を通してみてください。

激務の対価である高給には満足している?

シグマクシスの社員の方々は激務の対価として得られる高い年収におおむね満足しているようです。有価証券報告書によると、シグマクシスの平均年収は1,152万円です。多くの一般の事業会社よりもはるかに多い平均年収です。平均年収が1,000万円を超える事業会社はそうありません。

しかし、職位ごとに年収を見ると競合のコンサルティングファームよりも低い年収になることもあるようです。競合である日系コンサルティングファームや外資系総合コンサルティングファームと比べると、平均年収は高いですが、職位ごとの年収ですと負けることもあるようです。

これはシグマクシスの社員数が約500名と少なめの社員数であるのに対して、競合の日系大手コンサルティングファームや外資系総合コンサルティングファームの社員数が何千人単位であることが原因として大きいのではないかと思われます。しかし、高年収であることに違いはありません。

激務なシグマクシスの社内の人間関係や雰囲気について

シグマクシスは中堅規模のコンサルティングファームですが、プロジェクトや部署ごとにそれぞれのカルチャーが形成されているという口コミが多く見受けられました。シグマクシスは2008年にできたばかりのファームですので、まだまだ全体のカルチャーのようなものは少ないのかもしれません。

個人主義で実力主義的な雰囲気があるという口コミも少なくありませんでした。コンサルティングファームとしてではなく、投資先の企業とジョイントベンチャーを設立するなどフットワークが軽いベンチャー企業のようなところもありますので、実力主義的な文化が育つのかもしれません。

風通しがよく、自由な社風であるという声も多くありました。部署間同士での交流などもあり、もし入社しても部署間異動などはしやすい空気があるのではないかと推察されます。社員数がまだ少ない中堅規模のコンサルティングファームだからこそ、まだ自由度の高さが残っているのかもしれません。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

シグマクシスで得られる仕事のやりがいについては、「若手のうちから仕事を任されるため早く成長できる」点を挙げる方が多く見受けられました。他のコンサルティングファームですと人数も多く若手に任せることができないファームもありますが、シグマクシスでは若手でも活躍できそうです。

また、コンサルティングファームとして多様かつ優秀な人材を獲得できているため、社内の優秀な人材と一緒に切磋琢磨できることをやりがいに感じている方も少なくありませんでした。上昇志向のある方は、シグマクシスに転職すれば満足できる環境があるのではないでしょうか。

成長環境については、若手にも任せる文化があるため、早いうちから成長できます。また、研修の機会も豊富にあり、会社から支援を受けて研修を受けられます。OJTで学んだ知識・ノウハウをより体系的に身につけるために、研修を活用できます。

女性社員の働きやすさについて

シグマクシスは女性社員にも働きやすい環境があります。特に、キャリアと子育てを両立するための各種制度が整備されています。子供を産むにあたって取得できる産前休暇・産後休暇が取得でいます。また、子育てをするにあたっての育児休暇・育児のための時短勤務制度もあります。

育児休暇や時短勤務制度は女性だけでなく男性コンサルタントの方でも利用されていますので、女性も使いやすくなっています。さらに、出産の際には、最大100万円まで出産祝金が支給されますし、育児支援手当を満3歳になるまで75,000円支給してもらえます。

女性コンサルタントの方々の口コミを見ても、「育休などは取りやすい」という口コミが多く、制度が実際に利用されていることがわかります。

女性

女性

他のコンサルティングファームでは実態としては制度の利用がしづらいファームもありますので、その点シグマクシスはおすすめできます。

社員の評価制度について

プロジェクトごとの評価と毎年1回の評価との2つの評価で、人事評価が決まります。マーケットにおける客観的な市場価値で人事評価が下るので、公平感がある評価になっているようです。年に1度の評価は直接の上司が行うわけではありません。

しかし、公平性を担保するために「直接の上司が評価を行わない」評価スタイルが逆に公平でないと感じられているコンサルタントの方々もいらっしゃるようです。確かに社内の方とはいえ、普段関わりのない方から評価されるのは逆に不公平かもしれません。

そもそも論として、人事評価に完全な公平性はあり得ません。その点を理解した上で人事評価の実態については、実際に転職してから社内の方々に聞いてみると良いでしょう。評価制度に沿ったパフォーマンスを上げなければ、いくら頑張っても昇進するのは難しいためです。

入社した理由について

転職サイトの口コミ・評判を見ると、コンサルティングサービスだけでなく、事業投資も行っている点に魅力を感じて入社された方が多いようです。より企業経営の現場に近づいて仕事ができるため、ビジネスマンとして実力を上げられる環境がある点はやはり魅力的なのではないでしょうか。

また、コンサルティングファームの中では比較的ワークライフバランスも良いと評判で、しかもリモートワークなども可能な点が、「働きやすそう」ということで魅力に感じられて入社された方も少なくありません。子育て・介護などをされている方には大きなメリットです。

さらに、事業会社やコンサルティング会社など、多様なバックグラウンドを持った人材が集まっており、そのような人材と切磋琢磨することで成長できる点も多く言及されていました。成長意欲の高い方にとっても満足のいく環境がシグマクシスにはあるのでしょう。

シグマクシスに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

レバテックキャリア|IT・WEB業界に特化・業界トップクラスの実績

[引用元:https://career.levtech.jp/]

レバテックキャリア』は業界トップクラスの求人数と内定実績を誇る、ITエンジニア専門の特化型転職エージェントです

IT・WEB業界の急成長中の人気ベンチャーや大手企業まで幅広く求人を保有しており、エンジニアやデザイナーがスキルを活かしたキャリアアップを実現できる企業選びを全力でサポートしています。

他の転職エージェントと比較してきめ細やかな対応を受けることができ、また業界や技術への知見が深いアドバイザーが多数在籍しているため、エンジニア視点でのアドバイスを受けることができる点も好評です。
ITエンジニアの方で転職を考えられている方は、まず最初に登録すべきサイトでしょう。

レバテックキャリア 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

シグマクシスへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

シグマクシスが激務なのかどうかという点や、口コミ・評判などについて解説しました。

比較的ホワイトなコンサルティングファームであるため、シグマクシスは転職人気が高く、結果として転職難易度も高いです。

難易度の高い転職を成功させるためにも、転職エージェントに登録して転職活動をサポートしてもらうことをおすすめします。

また、転職選考口コミサイトのインテリゴリラでは、シグマクシスへの転職を成功させた方の口コミが載っていますので、以下のリンクからぜひご覧ください。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング