シグマクシスに転職したい!気になる事業内容から口コミまでを徹底解説!

シグマクシスに転職したい!気になる事業内容から口コミまでを徹底解説!

シグマクシスに転職してキャリアアップしたいという方は少なくありません。本記事では名だたる大企業にコンサルティングサービスを提供しているシグマクシスの年収や募集している求人、転職選考での質問例などについて紹介しますので、転職希望者の方はぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.シグマクシスの特徴
  2. 2.シグマクシスの企業情報
  3. 3.シグマクシスの待遇や労働環境は?
  4. 4.シグマクシスの評判・口コミは?
  5. 5.シグマクシスの選考情報
  6. 6.シグマクシスの採用情報
  7. 7.シグマクシスに転職したいならおすすめの転職エージェント
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.シグマクシスへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

シグマクシスの特徴

出典: https://www.sigmaxyz.com/assets/img/top/img-ir@2x.jpg

シグマクシスは、2008年に日本の総合商社の代表格である三菱商事と、アメリカにある投資ファンドのRHJインターナショナルの共同出資により設立された日系コンサルティングファームです。

設立の経緯もあって、投資会社や事業会社など各種パートナーとの強いコネクションを有しており、中規模のコンサルティングファームであるのにもかかわらず、魅力的な案件を獲得できるところが特徴です。事業投資も行っているため、コンサルティングサービス以上の付加価値を顧客に提供できます。

シグマクシスの案件の特徴としてはデジタル系や新規事業系の案件に強い点です。社内にデータサイエンス系のタレントが多いため、真の意味での最先端デジタル案件に携われます。また、大型案件にはデジタルトランスフォーメーション系の案件が多く、PMO領域が特に強いです。

シグマクシスの企業情報

出典: https://www.sigmaxyz.com/assets/img/company/img-index-about@2x.jpg

本章では、コンサルティングサービス並びに事業投資を行う東証一部上場日系コンサルティングファームで、シグマクシスの企業情報を紹介します。シグマクシスに転職し、キャリアアップを図りたい方は是非ご覧ください。

シグマクシスの企業概要

シグマクシスは2008年に創設されたばかりの日系コンサルティングファームですが、2013年には東証マザーズへ上場、そして2017年には東証一部に市場変更と、驚異的なスピードで成長を続けてきました。シグマクシスの社員数は約500名ほどと中規模のコンサルティングファームです。

シグマクシスはコンサルティングサービスと事業投資を掛け合わせて成長を遂げてきている会社です。事業投資先には先進的なテクノロジーやビジネスモデルを採用している企業が多数。株式会社モンスター・ラボをはじめ、魅力的な事業投資先とのコラボレーションにも期待できます。

シグマクシスの子会社、関連会社の存在も、シグマクシスの案件獲得力を後押ししています。M&Aアドバイザリー業務や、金融決済サービス提供業務、コンピュータシステムの開発・保守・運用・コンサルティングサービスを手掛ける各社の存在が、シグマクシスが強い領域を物語っています。

シグマクシスの提供しているサービス

シグマクシスはコンサルティングファームとして、主に企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するためのコンサルティングサービスを提供しています。コンサルティングサービスに携わるコンサルタントのロールとしては、PMOを任される案件が多いとのことです。

また、上述したとおり、シグマクシスは企業にコンサルティングサービスを提供するだけではなく、各種事業会社と協業して新規事業開発をしたり、事業投資をしたりして、コンサルティングサービスを超えた価値創造や、顧客への価値提供をしています。

コンサルティングサービスだけではなく、実際に事業の現場に入っていって事業を動かすことに魅力を感じる転職希望者の方も多いのではないでしょうか。コンサルティングサービス+事業投資という2つの軸が、その後のキャリア形成にも有利に働くことでしょう。

シグマクシスが手掛けるプロジェクト事例

シグマクシスが手掛けてきたコンサルティングサービスの事例を紹介します。シグマクシスはデジタルトランスフォーメーション分野に強いコンサルティングファームなので、当該分野で名だたる大手企業との実績を重ねてきています。

株式会社みずほフィナンシャルグループ、ギリア株式会社と共同で、AIを活用した業務効率向上プロジェクトを実施しました。ディープラーニング技術を用い、非定型帳票の事務処理業務の約8割を削減し、劇的な業務効率のアップに貢献しました。

また、日本航空株式会社が約50年間使い続けてきた基幹系システムの全面刷新プロジェクトである「SAKURAプロジェクト」において、シグマクシスのコンサルタントがPMOとして参画し、業務・システムの定義や各部門との調整、システム切替業務など全面的に支援しました。

シグマクシスの待遇や労働環境は?

Photo byStartupStockPhotos

東証一部上場日系コンサルティングファームのシグマクシスの待遇や労働環境はどのようなものなのでしょうか。コンサルティングファームは一般に年収は高い代わりに労働環境は厳しいというのが相場ですが、シグマクシスの場合はどうなのか紹介します。

シグマクシスの待遇

シグマクシスの待遇はどのようなものなのでしょうか。日系大手コンサルティングファームで、東証一部にも上場しているので、高年収であることが期待できます。また、日系コンサルティングファームということで福利厚生も良さそうですが、実態はどうなのでしょうか。本章で解説します。

シグマクシスの平均年収

シグマクシスは東証一部上場企業なので、有価証券報告書で正確な平均年収を知ることができます。2020年3月通期の有価証券報告書によると、シグマクシスの平均年収は1,152万円でした。コンサルティングファームの中でも、かなり高めの平均年収なのではないでしょうか。

シグマクシスの職位ごとの年収レンジは以下のようになっています。
 

職位 年収レンジ
コンサルタント 480万円〜
アシスタントマネージャー 600〜800万円
マネージャー 800〜1,200万円
シニアマネージャー 1,200〜1,800万円

年収1,000万円の大台に乗るには、マネージャーまで昇進しなければなりません。しかし、平均年収が1,152万円とかなり高めになっていますので、マネージャー以上の高年収の社員の方は少なくないのではないでしょうか。

シグマクシスの福利厚生

シグマクシスには、子育てをしながらでも働けるような各種福利厚生制度が整備されています。まず、出産前後は安心して休めるよう産前・産後休暇、妊娠休暇が取得可能です。もちろん産後の育児休暇も取得できます。最大100万円の出産祝金も会社側から支給してくれます。

さらに育児支援手当を満3歳になるまで75,000円支給してくれます。その他にも育児のための時短勤務や看護休暇など、様々な制度が整っているので、これから出産も視野に入れている女性の方にとっては、安心して働ける環境があると言えます。

また、体が資本であるコンサルタントにとっては嬉しい健康管理・増進サポートが各種整備されています。会社付与のスマホに入っているアプリを利用して、ヘルスケア専門家への相談が可能です。

男性

男性

また、ヘルスケア・レジャー・グルメなどの優待サービスも利用可能です。

シグマクシスの労働環境は?

シグマクシスの労働環境はどのようなものなのでしょうか。一般的に、コンサルティングファームはどこも比較的ハードワークであり、残業時間や休日出勤が多いイメージはあります。シグマクシスの場合はどうなのか、本章で解説します。

シグマクシスの残業時間

転職口コミサイトを見ると、シグマクシスの残業時間は、他のコンサルティングファームと同様、プロジェクトや上司次第という口コミが多く見受けられました。プロジェクトが忙しい短納期のものであったり、上司がハードワーク気味である場合は、残業時間も多くなるようです。

一方で、コンサルティングファームの中では比較的ホワイト、という意見も多くありました。裁量労働制が採用されているため、求められるバリューを提供できるアウトプットさえ出していれば、何も言われない場合も多いようです。

総じて、シグマクシスはコンサルティングファームの中では比較的残業時間は短いけれども、一般の事業会社などど比べると残業は多い、ということでしょう。会社のパソコンを持ち歩けるため、残業していなくとも自宅で作業を行っているコンサルタントの方も少なくないようです。

シグマクシスのワークライフバランス

シグマクシスのワークライフバランスもプロジェクトや上司、本人の職位や実力によるようです。クライアント先に常駐するようなプロジェクトで、クライアントに長時間労働のカルチャーがあるような場合、残業も多く、休日出勤も多くなってしまうのは仕方ないでしょう。

特にシグマクシスはデジタルトランスフォーメーション系の案件が多く、システム開発は納期前にプロジェクトが忙しくなることが多いため、ワークライフバランスはなかなか取りづらいのではないでしょうか。戦略系の短期案件も忙しくなりがち、という意見がありました。

入社してから数年間はやはり休日なども取りづらいという意見がある一方で、しっかりと有給休暇を取られているコンサルタントの方もいらっしゃるということなので、やはりプロジェクトや上司、自分の職位やタスクのコントロール具合など複数の変数が絡み合ってワークライフバランスが決まるのでしょう。

シグマクシスの評判・口コミは?

Photo byFree-Photos

東証一部上場企業で、平均年収も非常に高い日系大手コンサルティングファームのシグマクシス。雇用される社員にとってもかなり魅力的な条件がそろっているように見えますが、実態はどうなのでしょうか。

シグマクシスで実際に勤められているコンサルタントの方の口コミ・評判を参考に様々な観点からシグマクシスの実態に迫ります。待遇についてや仕事のやりがい・成長について、社員の雰囲気についてなど、色々な観点についての口コミ・評判を紹介します。

待遇について

シグマクシスの待遇については、他のコンサルティングファームより年収は低い、という意見が多く見受けられました。実際に他のコンサルティングファームに転職していったり、事業会社に転職して年収をアップさせる方もいらっしゃるようです。

ですが、一般の事業会社と比べれば年収も高く、満足されている方が多いです。外資系総合コンサルティングファームなどと同様の給与水準ですし、平均年収は1,000万円を大きく超えていますので、金銭的には転職して満足いかない方は少ないのではないでしょうか。

ボーナスがありませんので、元々事業会社に在籍されていた方は違和感を感じられるかもしれませんが、その分ベースの年俸が高いので満足できるのではないでしょうか。

女性

女性

「年収」が最優先でコンサルティングファームを選ぶのであれば、少し物足りなく感じる水準ではあるかもしれません。

仕事のやりがい・成長について

シグマクシスの仕事のやりがい・成長についてですが、若手に任せる仕事の難易度やスコープが広いため、若手のうちから早く成長できる、という意見がありました。結果として他のコンサルティングファームに転職する場合はより高い待遇で転職できたという声もありました。

クライアントのレベルも高く、プロジェクトの規模も大きいので、プロジェクトを通じてクライアントのマネジメントレベルと関わることができることにやりがいを感じられる方も多かったです。また、プロジェクト終了後にクライアントから感謝されるのが醍醐味だという方もいらっしゃいました。

実績を出すことさえできれば、若手のうちから昇進することも不可能ではないということです。若手のうちは外資系総合コンサルティングファーム並みかそれ以下の給与ですが、早く昇進できるのであれば、追い越すことも可能ですので、早く出世したい方にもおすすめのファームです。

社員の雰囲気について

他のコンサルティングファームと同様、シグマクシスの社員の方々の雰囲気もプロジェクトや部署による、という意見が多く見受けられました。シグマクシスはまだ設立されてから日が浅く、他のコンサルティングファームからシグマクシスに移ってきた上層部が多いため、必然かと思われます。

また、基本的には自由な社風であるという意見が多く、フリーアドレス制度やリモートワーク制度など自由な社風を支える制度について称賛する声も多くありました。裁量労働制なので、自宅での労働も可能であり、アウトプットさえ出していれば文句を言われない自由さは魅力的です。

トップの倉重氏がかつてIBMのコンサルティング部署に在籍されていた経歴があるため、IBMの文化が色濃いという意見がある一方で、マッキンゼーやベイン、アクセンチュアやBIG4など部署ごとのトップがどこのファーム出身かでカルチャーが違う、という声もありました。

評価制度について

一年に一度ある評価と、プロジェクトが終了するごとの評価で、昇進や昇給に対する評価が決まります。若手でも昇進しやすいという意見が見受けられつつも、コンサルタントの数が増えてくるにつれて、評価もやや年功序列的になってきているという意見もありました。

シグマクシスの評価制度については、評価項目が決められているようです。評価項目が決められているので、転職希望の方で無事転職されたあかつきには、まず評価項目を確認することをおすすめします。評価項目に沿ったパフォーマンスを上げるよう意識できるようになるからです。

評価項目は決められているものの、やはり属人的に評価は決められるという意見も少なからずありました。評価制度については多数の辛口な口コミが見られました。しかし、最終的には評価は属人的にならざるを得ないという点については、他のコンサルティングファームも同じなのではないでしょうか。

女性の働きやすさについて

働き方自体がハードなので、体力がない方には大変という意見がありながらも、女性と男性の差はないということです。女性コンサルタントの方も増えてきているので、女性の方でコンサルタントを目指したい方にとってもおすすめできるファームです。

また、女性だけでなく男性も育児休暇や時短制度などを利用している他、育児の際の保育園への送り迎えなどで出社時間をコントロールするなどしているため、子供がいる女性のコンサルタントの方でも働きやすい環境があるようです。

女性

女性

プロジェクトや部署によっても稼働時間やワークライフバランスの加減が違ってきますので、もし入社して「きついな」と思ったとしても、部署を異動して働きやすい環境に変更すれば大丈夫です。特に子供が小さい方などはそのように対応されている方もいらっしゃるようです。

入社理由について

コンサルティングファームでありながら、事業投資も行っており、両方に携われることに魅力を感じて入社されている方が多く見受けられました。コンサルティングファームを経た上で事業会社の幹部や独立を目指すビジョンがある方にとってはとても魅力ある環境です。

また、シグマクシスの幹部の方や、現役コンサルタントの方が優秀なので、優秀な方に囲まれて成長できそうだったから、という理由もありました。他のファームと比べて面倒見が良い部分もあり、入社後も育成してもらえる環境もあるようです。

社員数がまだ500名程度と非常に少なく、ベンチャー企業のような気風があることを魅力に感じて入社された方も少なくありません。確かに他のコンサルティングファームと比べて圧倒的に少ない社員数なので、より自由に活躍できそうです。

シグマクシスの選考情報

出典: https://www.sigmaxyz.com/assets/img/career/img-index-recruit-careers@2x.jpg

東証一部上場日系コンサルティングファームであるシグマクシスの選考情報を紹介します。シグマクシスのコンサルタントの方々は優秀なので、当然転職難易度も高いです。本章で転職に役立つ情報を紹介しますので、シグマクシスに転職希望の方は、是非ご覧ください。

シグマクシスの選考フローと面接内容

シグマクシスの選考フローは、書類選考の後に面接を数回行う形です。一般的なコンサルティングファームの転職選考プロセス同様です。面接の内容については特に特殊なものはなく、志望動機を聞かれるなど一般的な質問が多いようです。

シグマクシスの面接傾向と質問例

シグマクシスの面接傾向と質問例について紹介します。シグマクシスの面接では特徴的な質問などはあまりなく、コミュニケーション能力や人柄、過去の会社での実績などを聞かれるような面接がなされる、ということです。

もしかするとケース面接になる場合もあるかもしれませんので、念のためケース面接の準備もしておいた方が良さそうです。しかし基本的にはシグマクシスへなぜ入社したいのかという志望動機や現職のビジネスモデルやそのビジネスをどう改善するか、といったことを答えられるようにしましょう。

「入社してからどんなことをやりたいのか」ということと「なぜコンサルタントになりたいのか」という質問はよく聞かれるようです。この2点の質問については、納得感のある回答が用意できるよう準備しておくことをおすすめします。

シグマクシスの求める人物像

シグマクシスが求める人物は、ずばり「地頭が良く、コミュニケーションを通じて付加価値を発揮できる人」です。シグマクシスが重視しているのは、コミュニケーションを通じて新しい価値を想像することなので、地頭が良いこととコミュニケーション力があることは必須です。

シグマクシスはそんな人材のことを「アグリゲーター」と呼んでいます。コンサルティングサービスだけでなく、事業投資も行っているシグマクシスだからこそ、多くのプレイヤーたちを巻き込んで新しいビジネスを創っていくことができる環境は整っています。

環境はあるので、社内外のパートナーを巻き込んで新しい付加価値を想像できるような人材であれば、楽しんで仕事ができるでしょう。地頭とコミュニケーション能力に自身のある方は、ぜひシグマクシスの採用に申し込んでみてはいかがでしょうか。

シグマクシスの採用情報

Photo byAymanejed

日系大手コンサルティングファームであるシグマクシスの採用情報を紹介します。シグマクシスは中途採用を行っているので、自身のある方や興味のある方はぜひ応募してみてください。以下で募集を行っている職種について紹介します。

シグマクシスの募集職種

シグマクシスは以下の職種で中途採用者に求人を出しています。

  • プラットフォーム・ソリューションズ
  • オペレーション・デザイン
  • P2(Program & Project)
  • デジタルアーキテクチャー
  • サービスデザイン
  • デジタルコンサルタント
  • デジタルエンジニア
  • クラウドソリューション
  • ビジネス・イノベーション
  • 経営戦略コンサルタント
  • Vision Forest

上記の通り、様々な職種で求人を出していますので、あなたの職歴や希望に沿った求人がきっと見つかることでしょう。

シグマクシスに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

シグマクシスへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

シグマクシスの概要や年収、口コミ・評判、転職選考情報などについて解説しました。

コンサルティングファームには珍しく東証一部上場企業であるシグマクシスは転職人気も高く、当然ながら転職難易度も高いです。

転職難易度が高いシグマクシスへの転職活動を無事成功させるためにも、本記事で紹介した転職エージェントに登録してサポートしてもらうことをおすすめします。

また、実際にシグマクシスへの転職を成功させた方の口コミが載っている転職口コミサイトのインテリゴリラをご覧になって準備されることもおすすめしておきます。以下からインテリゴリラにアクセス可能です。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング