デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーは激務?残業時間なども解説!

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーは激務?残業時間なども解説!

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーは激務なのでしょうか。デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーへの転職を考えている方に向けて、残業時間や激務度合い、年収や企業としての評判などを解説しますのでぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーは激務なのか?
  2. 2.デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの職種と激務度は?
  3. 3.デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの労働時間や激務度の口コミや評判
  4. 4.デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー社員のその他の評判・口コミ
  5. 5.デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに転職したいならおすすめの転職エージェント
  6. 6.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  7. 7.デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーは激務なのか?

Photo byFree-Photos

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーは激務です。デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーはコンサルティングファームなので、どうしてもクライアントの都合を優先しがちです。結果として残業が多く、ほとんど常に激務であるようです。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーは確かに激務ですが、激務な時とそうでない時の差があるという点で、外資系戦略コンサルティングファームなどと比べると、ややホワイトと言えるくらいの労働環境とも言えます。平日は21時頃に退社可能で、休日出勤も珍しい程度だそうです。

しかし、コンサルティングファームであればどこのファームもそうですが、残業が多いかどうか、激務になりがちかどうかは、クライアントの納期、一緒に働く上司などにも大きく左右されます。激務でない時があっても、基本的に残業が多く激務がちであると思っていた方が良いでしょう。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの職種と激務度は?

Photo byFree-Photos

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの職種にはどのような職種があるのでしょうか。また、それぞれの職種で激務度合いは違うのでしょうか。

本章では、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの職種にはどのような職種があるのか、それぞれの職種の残業時間や激務度合いはどうなのかといった点について解説します。デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに転職希望の方はぜひご覧ください。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの職種

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの職種は大きく分けて2種類で、コンサルタントと事務職です。ほとんどの方がコンサルタントとして入社されます。コンサルタントの方は部署も職務も多様です。

コンサルタントの職種を全て紹介すると多すぎて紹介できないので、ここではその一部だけ紹介します。

コンサルタントの職種

  • バリュエーション(企業価値評価)
  • M&Aトランザクションサービス
  • M&Aアドバイザリー(コーポレートファイナンシャルアドバイザリー)
  • コーポレートストラテジー
  • ライフサイエンスヘルスケアセクター向けアドバイザリー
  • ファイナンシャルアドバイザリー
  • 事業承継コンサルタント
  • インフラ・公共セクターアドバイザリー
  • 知的財産アドバイザリー
  • 気候ファイナンスアドバイザリー
  • グローバルリストラクチャリングアドバイザリー
  • 地域産業振興・再生支援アドバイザリー
  • 不動産アドバイザリー
  • フォレンジック&クライシスマネジメント(不正調査・危機対応支援等)
  • フォレンジック・テクノロジー
  • ITコンサルタント
  • ITエンジニア
  • データサイエンティスト
  • データアナリティクスコンサルタント
  • 公認会計士

コンサルタントの激務度

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーのコンサルタントの激務度合いや残業時間は、部署によっても大きく変わってくるようです。しかし、どの口コミを見ていても「この部署だと残業が少なく、激務ではない」という口コミはありませんでした。

したがって、実態としては部署によらずほとんどのコンサルタントが激務なのでしょう。多くのコンサルタントの方々が「プライベートはない」とか「ワークライフバランスは考えない方が良い」などとおっしゃっています。例え残業が少ない時があったとしても、あまり期待しない方が良いです。

上述しましたが、コンサルティングはクライアントワークなので、クライアントファーストです。クライアントが海外のクライアントであれば、時差も合わせなければいけません。クラアイアントの退社が遅ければ当然コンサルタントもクライアントを気づかい、退社は遅くなります。

事務職の激務度

事務職の方は、基本的に残業も少なめで激務ではない、という評判がありました。プライベートとの調整もしやすいということです。残業が多くて激務がちなコンサルタントの方々とは対照的に、ワークライフバランスも良いでしょう。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの労働時間や激務度の口コミや評判

Photo byEngin_Akyurt

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーにお勤めの方々の労働時間や激務度についての口コミ・評判を紹介します。

男性

男性

案件にもよりますが、夜中や土日にも対応しなければならないプロジェクトなどもあり、ワークライフバランスを求める人には向いていません。特にスタッフのうちは激務です。飲み会などにも参加しなければならないこともあり、ハードです。

女性

女性

そもそもの前提として、ワークライフバランスが最優先ならコンサルティング業界には来ない方が良いです。激務度の実態としては、一緒に働く上司による、といったところでしょうか。私の部署の上司は体調が悪い場合に定時退社したり、お子さんのために在宅勤務したりといったことにも比較的寛容です。

男性

男性

ワークライフバランスを考えて働くことができるプロジェクトもあるにはありますが、逆にそうしたプロジェクトは単純作業が多く、キャリア開発ができない可能性があります。

女性

女性

確かに突発的に対応しなければならないこともあり、残業をしたり、激務になることもあります。しかし自分の仕事さえ終えてしまえば早く退社できることもないわけではありません。

男性

男性

定時は18時ですが、残業せずに定時退社できることはほとんどありません。21〜22時くらいに退社することが平均的です。残業がない日はほぼないと思った方が良いです。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー社員のその他の評判・口コミ

[引用元:https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/real-estate/articles/re/hospitality-covid19-demand-forecast.html]

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーは評判通り、激務であることがわかりました。残業が多く激務ではありますが、その分年収が高いという評判もあります。年収が高ければ、激務であったとしても我慢できるでしょう。

また、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの社風についても気になります。BIG4のFASファームには他にもKPMGやPwCがあります。これらの競合他社とデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーではどのような点が異なっているのでしょうか。

さらに、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに入社される方にとっては、その後のキャリアも気になります。デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに入社すると、どのようなキャリア開発の可能性があるのでしょうか。本章でこれらの評判について解説します。

激務の対価である高給には満足している?

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの社員の方々は、年収について概ね満足しているようです。しかし、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの方の中にも様々な意見や評判がありましたので、以下で紹介します。

男性

男性

労働時間が長かったので、それに見合った年収だとは思います。激務である分、年収は結構高いのでプライベートは充実しています。ワークライフバランスと引き換えですがね。

女性

女性

年収はかなり良いと思います。女性がこのレベルの年収を得られる企業はなかなかありませんので、時給換算を考えなければ概ね満足です。

男性

男性

シニアアナリスト以下は他のFASファームと比べても給与は少ない印象です。ボーナスも少なく感じます。昇進しなければ昇給度合いは少ないので、成長のためと割り切るか、ちゃんと昇進していかなければなりません。

男性

男性

中途入社の場合は、前職の給与が考慮されます。それ以降は昇進しないと昇給もないです。退職金制度があるので、退職金を考慮されているのかもしれませんね。

【2021年版】デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの年収は1,073万円!内定者がボーナス等解説!のイメージ
【2021年版】デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの年収は1,073万円!内定者がボーナス等解説!
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの平均年収は1,073万円です。実際の内定者がデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに転職希望の方に向けて評価制度や平均年収、タイトルごとの給与レンジやボーナス金額などをまとめました。ぜひご覧ください。

人間関係や社員の雰囲気について

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの社員の方々の人間関係についての評判にはどのようなものがあるのでしょうか。以下で紹介します。

男性

男性

外資系ということもあり、風通しがよくフラットです。やることさえやっていれば、文句を言われません。ただし、「やることさえやっていれば」という部分ができないと放置される人もいるのでその点はやはり外資系だなと思うこともあります。

女性

女性

フラットなせいか、ややルーズなところもある印象。会議などが時間通りに始まらなかったり、出社時間が遅かったりと、結構自由。ただし、人間的には穏やかな人が多いので、人間関係は恵まれている。働きやすい人にはとても働きやすい会社だと思う。

男性

男性

基本的に個人主義の個人事業主の集まりのようなもの。あまり教育に関心がないので、自分でしっかりとキャリア開発の軸を持っていないと厳しい。社員同士の付き合いなどは自分から作らないといけない。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの仕事で得られるやりがいや成長環境についての評判を紹介します。

男性

男性

良いプロジェクトにアサインされれば成長できますが、単純作業ばかりのプロジェクトにアサインされると成長できません。特にスキルや実績のない新卒社員の方がそうしたプロジェクトにアサインされてしまうと、使い捨てのようになってしまう恐れもあります。

女性

女性

社員の方もクライアントの方も、仕事で関わる方は優秀な方が多く、とても楽しく仕事ができています。良い上司にも恵まれたので、キャリアも満足のいくものになっています。

男性

男性

スキルセットを身につけるにはとても良い環境だと思います。幅広いスキルを身につけることが可能です。社内に残るなら、シニアヴァイスプレジデント以上になるとかなりの金額をもらうことができます。社外に転職するにしても投資銀行やバイサイドへの転職が可能です。

強みについて

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの強みは何でしょうか。デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー社員の方の多くが口にしていたのはやはり、デロイトトーマツグループのブランド力です。ブランド力があるために継続的に案件受注ができるようです。

社員の方の優秀さについて言及される方も非常に多いです。
外資系投資銀行や会計事務所、コンサルティングファームや日経投資銀行など、様々なバックグラウンドを持った人材が集まっている層の厚さで、クライアントへの価値貢献ができることも強みのようです。

また、ファイナンシャルアドバイザリーサービス業界自体が寡占業界なので、常に一定して需要があり、受注できることも大きいとの声もありました。デロイトトーマツグループのブランド力もあるので、なお一層経営基盤は安定しそうです。

弱みについて

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの弱みについての評判を解説します。多くの方がデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの弱みとして挙げられていたのは、最近入社された社員の方々の教育についてです。

最近は大量に社員の方を採用しているようで、結果として教育が行き届かなくなっていることを心配される方が多くいらっしゃいました。しかし逆に捉えれば、転職希望者の方にとってはチャンスなのではないでしょうか。大量採用を続けているうちに転職してしまいましょう。

また、社員の方を増やして急拡大したこともあり、組織の体制が整っていないことについても弱みと感じられている方が多く見受けられました。主体的にキャリア形成できる方でないと、キャリア開発の可能性が絶たれてしまうかもしれません。

今後の展望について

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの今後の展望についての評判を紹介します。今まで力を入れてきたM&A関連サービスをこれからも主軸にしていくことが見込まれるそうです。海外M&A案件も増えているようなので、引き続きM&Aで安定的に稼げるのではないでしょうか。

また、最近はフォレンジックやクライシス関連のコンサルティングサービスが拡大傾向にあるようです。これらの分野はまだまだ新しく認知度も低いため、市場が拡大していけば堅調に案件も増えていくのではないでしょうか。

また、中小企業の事業承継などの需要が今後増えていく中で、事業承継の分野でも案件を受注できそうです。やはりM&Aを主軸にしつつ、関連する周りの市場でも堅調に拡大を続けていく、というのが多くの方の予想です。

入社理由について

デロイトトーマツアドバイザリーに入社された方の入社理由についての評判を紹介します。M&A関連のアドバイザリーサービスを主軸にしている会社なので、やはりM&A関連の業務に関わりたいという理由で入社される方が非常に多いようです。

M&A関連の業務に未経験でも関わることができる上に、幅広く経験できるため、M&A関連の業務に携わりたい方には最適な環境があるようです。また、BIG4の一角であるブランド力を入社理由に挙げられた方も、当然いらっしゃいました。

また、BIG4の中でも特に規模が大きいファームなので、日本を代表するような大企業と仕事ができることに魅力を感じて入社される方も少なくありません。実際に、入社後にはそのような企業と仕事ができるやりがいを感じられているようです。

女性の働きやすさについて

昨今は女性社員の方の割合が増加傾向にあるため、女性社員の方もますます働きやすくなってきているようです。子供がいらっしゃる方も時短制度や在宅勤務制度を利用して、子育てと両立して働いている女性社員の方もいらっしゃる、とのことです。

ただし、多くの社員の方が強調していますが、やはりワークライフバランスは悪いということには留意しなければなりません。コンサルティング業界で働く以上、男女平等に残業が多く、激務になりがちなことは変わりありません。

女性

女性

今後はそのような風潮も改善されていくとは予測されますが、少なくとも今の段階では、子育てをしつつ仕事よりもプライベート優先な女性の方には働きにくい環境であることは否めません。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーは激務なのかどうかといった点などについて解説しました。

激務ではありますが、給与の高いデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーは転職市場でも人気が高いです。転職エージェントにサポートしてもらうことで、準備万端にして転職選考に臨まれることをおすすめします。

また、転職選考口コミサイトのインテリゴリラでは、実際にデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーへの転職を成功させた方の口コミが載っています。以下のリンクからぜひご覧になってみてください。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング