PwCアドバイザリーは激務?残業時間や口コミ評判・企業情報を徹底解説!

PwCアドバイザリーは激務?残業時間や口コミ評判・企業情報を徹底解説!

PwCアドバイザリーは激務なのでしょうか。本記事ではPwCアドバイザリー社員は残業が多く激務なのかどうかという点や、年収水準、企業としての評判などを解説します。グローバルネットワークを持つPwCアドバイザリーへの転職を希望されている方はぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.PwCアドバイザリーは激務なのか?
  2. 2.PwCアドバイザリーの職種・仕事内容について
  3. 3.PwCアドバイザリーの労働時間や激務度の実態
  4. 4.PwCアドバイザリー社員の評判・口コミ
  5. 5.激務でハイレベルなPwCアドバイザリーへの転職に向いている人物像
  6. 6.PwCアドバイザリーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

PwCアドバイザリーは激務なのか?

[引用元:https://www.pwc.com/jp/ja/services/deals/mergers-acquisitions.html]

PwCアドバイザリーは残業が多く、激務なのでしょうか。PwCアドバイザリーは元々FASサービスを提供するコンサルティングファームなので、業務の性質上残業が多く激務になりやすいのではないかと推察されます。

プロジェクト単位でクライアントワークを行うコンサルティングファームにおいては、プロジェクトの難易度や納期によっても残業時間や激務度合いが左右されます。また、クライアント社内の労働環境自体が残業が多く激務気味だとコンサルタント側も気を遣って残業しがちです。

本章では、PwCアドバイザリーは残業が多く、激務になりやすいのかどうかを転職口コミサイトなどの口コミ・評判を参考に解説します。世界的権威のあるPwCグループのコンサルティングファームということで転職希望者に人気が高いPwCアドバイザリーの激務度合いはどの程度なのでしょうか。

激務の噂は本当なのか?

PwCアドバイザリーが激務だという評判は、人それぞれだというのが結論のようです。
PwCアドバイザリーで勤務されている社員の方々の口コミを見ると、残業が多くなって激務気味になるプロジェクトや部署もあるにはありますが、ほとんどの場合で調整が効くようです。

PwCアドバイザリーの中でも残業が少なめで激務になりにくい部署はフォレンジック部門だという評判がありました。PwCアドバイザリーの他の部署(M&A・事業再生など)については、業務の性質上、残業しがちだったり激務になりやすい時期もあるでしょう。

しかし、働き方改革以降はPwCアドバイザリー社内でも残業量を抑制するようなイニシアチブが働いているという評判があるので、そこまで激務になることもないでしょう。

男性

男性

若手社員のうちはマネージャー以上が仕事を巻き取ってくれるため、残業については調整ができるようです。

PwCアドバイザリーの職種・仕事内容について

Photo bygeralt

PwCアドバイザリーは主にファイナンシャルアドバイザリーサービスを提供しているコンサルティングファームですが、ファインシャンシャルアドバイザリーファームといえど、その中で働かれている社員の方々の職種は様々です。

PwCアドバイザリーのメインの3事業領域は「M&A」、「事業再生」、「インフラファイナンス」ですが、他にも「フォレンジック」や「企業価値向上のための経営戦略」などの事業領域があり、それぞれの事業領域でコンサルタントの仕事内容は異なります。

そこで本章では、PwCアドバイザリーの職種にはどのような職種があるのか、またそれらの職種はどのような仕事を実際にするのかについて解説します。PwCアドバイザリーに転職希望の方は、自分に合った職種を見つけてみてください。

PwCアドバイザリーの職種

PwCアドバイザリーの職種について解説します。PwCアドバイザリーの職種には大きく分けて以下のような職種があります。

職種

  • ストラテジーコンサルタント
  • マネジメントコンサルタント
  • テクノロジーコンサルタント
  • リスクコンサルタント

2021年1月現在、中途採用を募集中の職種には以下のような職種があります。

  • Deals Strategy
  • Deal Analytics
  • Deals Operations Advisory
  • 金融機関向けアドバイザリー(買収/組織再生支援等)
  • 事業再生
  • フォレンジックテクノロジーサービスチーム
  • Deals West(大阪ディールアドバイザリー部門)
  • 海外事業再生
  • フォレンジック・コアチーム
  • 事業再生 Operational Restructuring
  • SDGsに係る経営戦略策定支援・M&A構想及び実行支援
  • モデリング
  • バリュエーション
  • M&A アドバイザリー
  • バリューコンサルティング
  • トランザクションサービス
  • トランザクションサービス(金融)
  • 次世代都市開発分野におけるアドバイザー
  • インフラ・PPP
  • 官公庁・公的機関向けのPFI・PPP(官民連携パートナーシップ)プロジェクトのアドバイザー
  • エネルギーマネジメントアドバイザー
  • インフラ・PPP
  • 海外インフラアドバイザー

上記のように多様な職種があるので、あなたの希望に沿った職種も見つかりやすいです。

ストラテジーコンサルタントの仕事内容

PwCアドバイザリーのストラテジーコンサルタントは、主にM&Aに関わる経営戦略立案を実施するプロジェクトを行うことが多いです。企業ビジョン構築や中期経営計画策定、事業ポートフォリオ最適化戦略の立案などとともに、M&A戦略を立案します。

PwCのブランド力もあって受注するクライアントも日本を代表するような大企業が多いです。そのような大企業のCXOクラスと若手のうちから対等に議論し、M&A戦略を立案していくことができるとてもエキサイティングな職種がストラテジーコンサルタントです。

海外とのクロスボーダープロジェクトなどもあるため、、英語を使って仕事ができる方が有利です。英語力を活かして働きたい方にとってはとても魅力的な職種です。

男性

男性

一方で戦略系のプロジェクトは激務になりやすく、ワークライフバランスを重視したい方には不向きな職種です。

マネジメントコンサルタントの仕事内容

マネジメントコンサルタントの仕事内容は、ストラテジーコンサルタントと被る部分もあります。しかし、一般的に言われているのは、ストラテジーコンサルタントよりもマネジメントコンサルタントの方が、業務レベルの個別具体的な改善支援などを行うことが多いということです。

マネジメントコンサルタントの典型的な仕事内容としては、組織改革や人事改革などのプロジェクトです。組織風土を改革することで全社的な経営効率の改善を図るといった内容のプロジェクトに入り、施策の立案から実行支援まで行うようなプロジェクトです。

女性

女性

ただし、上述したようにマネジメントコンサルタントが全社戦略や中期経営計画の策定プロジェクトなどにアサインされることも少なくありません。したがって、ストラテジーコンサルタントとマネジメントコンサルタントでは、職務内容に実質あまり違いはありません。

テクノロジーコンサルタントの仕事内容

PwCアドバイザリーのテクノロジーコンサルタントは、主にフォレンジック領域でのエンジニアリングサービスを提供しています。フォレンジックサービスの内容は、贈収賄や汚職などを防止するためのリスク管理サービスや、産業スパイ防止のための調査サービスなど多岐に渡ります。

テクノロジーコンサルタントの仕事内容は、ITテクノロジーを活用してクライアント企業を守るためにどんな施策が打てるかを提案したり、実際にリスク管理ができるソフトウェアを導入したりする仕事です。そのため、ITテクノロジー領域への深い知見やスキルがなければ務まらない職種です。

他のコンサルティングファームのテクノロジーコンサルティング領域で元々働いていた方や、IT企業で開発を行っていた方向けにおすすめの職種です。

男性

男性

テクノロジーコンサルティングも領域的には激務になりやすい職種のため、ワークライフバランスを重視したい方には向きません。

リスクコンサルタントの仕事内容

PwCアドバイザリーのリスクコンサルタントも、主にフォレンジックサービスに関わるリスクコンサルティングを提供しています。情収賄・汚職及び競争法に関する不正調査や、M&A時の贈収賄・汚職関連のデューデリジェンス、マネーロンダリング防止関連サービスなどのサービスがあります。

他にも係争・訴訟支援サービスや、サイバーセキュリティリスク管理サービスなど、専門性の高いコンサルタントの方でなければ務まらない職務内容が多いです。会計や法律、ITテクノロジーなど、それぞれの分野で資格や確固たるスキルを持っているような方でなければ採用されるのは難しそうです。

女性

女性

PwCアドバイザリーのフォレンジック部門は、他の部署と比べてワークライフバランスについては比較的良好であるという評判がありますので、激務ではない環境でコンサルタントとしてキャリアを積みたい方にとっては、PwCアドバイザリーのフォレンジック領域のコンサルタントはおすすめです。

PwCアドバイザリーの労働時間や激務度の実態

Photo byFree-Photos

PwCアドバイザリーの激務度については、上述したように、プロジェクトや部署によるというのが実態のようです。確かに、評判通り事業会社などと比べると激務であることは間違いありません。ワークライフバランスを最優先したい方におすすめできる企業ではありません。

しかし、能力やスキル、資格を活かしてバリバリ活躍したい方にとってはとても良い環境なのではないでしょうか。激務ではありますが、クライアントワークを通じて自身のキャリアを築いていくことができますし、結果として人脈も築くことができます

PwCアドバイザリーに入社してワークライフバランスを追求したい場合は、比較的激務ではないと評判のフォレンジック部門に行くか、あるいは社内での自身のポジションを確立した上で、上手く仕事量を調整するしかないでしょう。

PwCアドバイザリー社員の評判・口コミ

Photo byFree-Photos

本章ではPwCアドバイザリー社員の方の評判・口コミについて紹介します。PwCアドバイザリーの年収や、社内の雰囲気、やりがいや成長環境など、転職希望者の方が気になるであろう観点について評判・口コミを参照し、PwCアドバイザリーの実態に迫ります。

激務の対価である高給には満足している?

PwCアドバイザリーの社員の方々の感覚としては、年収水準は安く感じられる方が少なくないようです。職位ごとに年収レンジが決まっており、その年収レンジは外資系戦略コンサルティングファームより低いですが、会計事務所や外資系総合コンサルティングファームよりやや高い水準ではあります。

職位ごとの年収レンジはアソシエイトが500〜700万円、シニアアソシエイトが700〜900万円、マネージャーが1,000〜1,300万円、シニアマネージャーが1,300〜1,600万円、ディレクターが1,800〜2,200万円、パートナーが3,000万円以上という年収レンジになっています。

外資系戦略コンサルティングファームなどと比べると激務度は低いので、年収がやや低くてもそこは釣り合いが取れているという評価もできます。

男性

男性

ワークライフバランスを重視しつつも、コツコツと高年収を目指していきたい方にはおすすめの環境なのではないでしょうか。

人間関係や社員の雰囲気について

PwCアドバイザリーは個人主義的な側面が強いようです。それぞれの社員の方々の専門性が異なっているという事情も大きいのでしょう。また、プロフェッショナルファームなので、個人を実力主義で評価するという評価制度がそのような雰囲気を形成している要員かもしれません。

部門によっても社員の方々の雰囲気は異なっているようです。バリュエーションとモデリングの部署には外国人社員の方々も多く、特に風通しの良い環境になっているようです。PwCアドバイザリーは外資系企業ということもあり、基本的には風通しが良い環境があるということです。

PwCアドバイザリーは個人主義的な環境ということもあり、業務終わりの飲み会などは少ないようです。働き方改革以降は余計に減ってきているのではないでしょうか。

女性

女性

したがって、業務さえ終わらせれば帰宅できるので、業務以外のことが要員で帰宅時間が遅くなることはないようです。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

PwCアドバイザリーは激務になることもありますが、社員の方々の多くは仕事自体にやりがいを感じながら勤務されているようです。PwCのブランド力とポジショニングの強さから、著名な大企業のCXOレベルと仕事ができるため、やりがいは大いにあるでしょう。

自分の手掛けたプロジェクトが日経新聞の一面などに掲載されることもあるようなので、仕事を通じて世の中に貢献できている実感は確実に得られます。日本や世の中全体のために専門性を通じて貢献していきたいという志がある方にとってはとても良い環境でしょう。

男性

男性

特にPwCアドバイザリーが市場から高く評価されている事業再生領域のプロジェクトは、それだけ難易度も高く、プロジェクトを通じて他のファームでは得られないキャリアを築くことが可能です。事業再生領域でキャリア形成を図りたい方にとっては、PwCアドバイザリーは非常におすすめです。

女性の働きやすさについて

PwCアドバイザリーは女性コンサルタントの方も働きやすい環境が整っており、かつ女性コンサルタントの方を積極採用しています。女性の方でPwCアドバイザリーに転職希望の方にはチャンスがあるので、ぜひ積極的に採用選考に応募してみてください。

実際に、2021年1月現在、PwCアドバイザリー合同会社の代表執行役は女性の方が務められています。女性以上のマネージャーの方の比率も増えつつあり、増やそうというイニシアチブも社内で働いているようなので、出世を目指したい方にとってもおすすめできます。

女性

女性

PwCアドバイザリーは子育てについての制度や環境も整っています。育休や産休はもちろん整備されており、何度も制度を利用されている方もいらっしゃいます。そのような方であってももちろんマネージャー以上に昇進されており、働きやすいです。

激務でハイレベルなPwCアドバイザリーへの転職に向いている人物像

PwCアドバイザリーが求めている人材は、まず専門性がある人材でしょう。会計や法律、ITテクノロジーなど、何らかの分野で専門性を持っており、なおかつそれらの専門性を深めていきたいという志がある方がまず求められています。

また、「なぜPwCアドバイザリーでないといけないのか」といった点について自身のキャリアに基づいて納得できる回答を提供できる方でないとならないでしょう。PwCアドバイザリーの強みである「グローバル」、「事業再生」などの要素と絡めて志望理由を作っておきましょう。

PwCアドバイザリーには激務ではない時期やプロジェクトがあるとしても、基本的には激務になりがちです。したがって、ワークライフバランスを最優先したい方には向きません。ワークライフバランスを重視したい方は事業会社を選んだ方が無難です。

PwCアドバイザリーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

PwCアドバイザリーが激務なのかどうかという点に焦点を絞って解説しました。

転職人気の高いPwCアドバイザリーへの転職を成功させるために、上記で紹介した転職エージェントに登録されることをおすすめします。

また、転職選考口コミサイトのインテリゴリラでは、実際にPwCアドバイザリーへの転職を成功させた方の体験談が載っています。以下のリンクからアクセスできますので、ぜひご覧になってみて、転職の準備に活かしてください。

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング