フロンティア・マネジメントへの転職は難しい?M&A業界での立ち位置も紹介

フロンティア・マネジメントへの転職は難しい?M&A業界での立ち位置も紹介

フロンティア・マネジメントは様々な分野の専門家が一つに集まった会社で、M&Aアドバイザリーや事業再生支援、経営コンサルティングなど幅広い業務を手掛けています。少数精鋭の企業風土を持ち、成果主義である側面があります。フロンティア・マネジメントの他の情報も詳しくご説明します。

記事の目次

  1. 1.フロンティア・マネジメントはM&Aアドバイザリー企業
  2. 2.フロンティア・マネジメントの転職情報
  3. 3.フロンティア・マネジメントの中途採用の求人情報
  4. 4.フロンティア・マネジメントの設立背景
  5. 5.フロンティア・マネジメントの主な業務
  6. 6.フロンティア・マネジメントの強み
  7. 7.フロンティア・マネジメントが選ばれる理由
  8. 8.フロンティア・マネジメントはスペシャリストの集まりである

フロンティア・マネジメントはM&Aアドバイザリー企業

フロンティア・マネジメントはM&Aアドバイザリーをはじめとする、様々な経営に関わる業務を行っている企業です。会計や法律、ビジネスなど企業経営に関わるあらゆる分野の専門性を活用しながら、企業が抱える経営課題を総合的に解決しています。フロンティア・マネジメントではこれらの分野に精通した専門家が揃っています。

M&Aとは"Merger and Acquisitions"のことで(Merger:合併、Acquisitions:買収)、2つ以上の会社が1つになったり、ある会社が他の会社を買ったりすることです。このM&Aを遂行したり支援する、つまりアドバイスしたりすることを、M&Aアドバイザリー業務と言います。

フロンティア・マネジメントはM&Aアドバイザリー業務の他に、経営コンサルティング、経営執行支援、事業再生支援なども行っており、これらをそれぞれ柔軟に組み合わせながら、経営課題や価値向上などに寄与しています。経営コンサルティングとは会社を経営していく上で生じる問題や課題に対してコンサルティング業務を行うことです。クライアント企業の経営戦略を策定したり、厳しい競争世界の中で勝ち残っていくための方針や計画なども策定します。
具体的なものを挙げると中期経営計画の策定などがあります。

経営執行支援とは、人材をクライアント企業に派遣し、実際に経営したり経営推進を行うことです。マネジメントの経験を豊富に持つ年代の高めの人材から、それより下の年代の人材も併せて派遣し、常駐型の経営執行支援を行っています。
派遣される人材にはCEOやCFOといった人材も含まれています。

事業再生支援とは、厳しい状況に陥っている企業が倒産するのを免れるための支援を行うことです。厳しい状況の要因は業績不振などがありますが、これにより金融機関等から追加融資を受けられず、資金繰りが出来なくなります。結果として倒産など望まない結果に陥ってしまいます。

まとめると、フロンティア・マネジメントは各分野の専門家が、それぞれの専門性を生かしながら、M&Aアドバイザリー業務をはじめとした企業の経営支援にまつわる業務を展開しています。

会社概要

フロンティア・マネジメントの会社概要についてご説明いたします。
 

  概要
会社名  フロンティア・マネジメント株式会社
所在地 〒106-6241
東京都港区六本木3-2-1
住友不動産六本木グランドタワー41階
設立年月日    2007年1月4日
資本金 163百万円
代表取締役 大西 正一郎 松岡 真宏
従業員数 227名(グループ連結)
(2020年12月末日現在)
事業内容 経営コンサルティング事業、ファイナンシャル・アドバイザリー事業、再生支援事業、制度関連助言業務、教育研修事業、資金支援業務

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

フロンティア・マネジメントの転職情報

Photo byRussell_Clark

フロンティア・マネジメントの転職情報を見ていきましょう。

大きなポイントとしては2つあります。

1つ目は中途メインの少数精鋭であることです。
いわゆる日系コンサルの雰囲気がありますが、実力主義の風潮もあります。若手も一定の裁量を与えられて、任せてもらえるようです。

2つ目は平均年収の高さです。
平均年収は1,398万円で、競合と比べても高めです。働き方は職種・案件などによっても大きく異なります。残業は月平均100時間です。

ファンドブックに転職するには?気になる年収・口コミや選考について徹底解説!のイメージ
ファンドブックに転職するには?気になる年収・口コミや選考について徹底解説!
ファンドブックは、きわめて優秀なスキルを有するM&A仲介会社です。業務の難易度が高いことも手伝って待遇は恵まれており、転職先としては魅力的。 本記事では、ファンドブックの会社概要や、転職後の待遇などについて詳しく解説します。

フロンティア・マネジメントの中途採用の求人情報

Photo bygeralt

フロンティア・マネジメントの転職情報を見ていきましょう。

募集職種は経営コンサルタント、M&Aアドバイザリー、事業再生コンサルタント、経営執行支援です。
応募資格としては、該当の業務経験を持っていて、以下に記す実務経験がある方、もしくは興味のある人です。

業務経験とは公認会計士、米国公認会計士、税理士、M&Aアドバイザー、証券アナリスト、コンサルタント、弁護士のことを指します。
実務経験は、M&Aアドバイザリー業務/デュー・ディリジェンス業務、ターンアラウンド業務のことを指します。

フロンティア・マネジメントの設立背景

Photo byStockSnap

フロンティア・マネジメントの設立の背景についてご説明いたします。前提として、創業時のメンバーの多くは株式会社産業再生機構の出身者が中心であり、こちらの会社での案件を通じてM&Aの業務について多くの知見やノウハウを得ました。

経営コンサルティングやM&Aアドバイザリー業務、事業再生支援業務などにおいて、ビジネスや金融、会計、法律など様々な分野において最適な解を見つけ、全体として「全体最適」にもっていくことが重要です。一般的に経営コンサルティングやM&Aアドバイザリー業務、事業再生支援業務などの業務を遂行する企業は、プロジェクトや案件ごとに会計事務所やコンサルティング会社、法律事務所などを利用し、それぞれ専門性を確保しに行きます。

しかし派遣される専門家はそれぞれ別々の組織に所属している人々です。立場も異なりますし、専門家全体で共通の思考や目的を持っているとは限りません。また、複数の専門家が、緊密なコミュニケーションを図りつつ連携し、円滑に経営コンサルティング、事業再生又はM&Aの業務を遂行していくことは難しいです。加えて、各々で最適を目指した結果「部分最適」の集合体となることは、必ずしも「全体最適」であるとは限りません。

こういった多様なバックグラウンドを持った専門家を一つのコンサルティングファームに集めることで、より綿密なコミュニケーションを取ることができ、「全体最適」を提供することが可能であると考えました。結果として、「複雑化・高度化する経営課題につき、多様な専門的手法を駆使して、総合的に解決すること」を目的として、平成19年1月に設立されました。

日本M&Aセンターへ転職するためには?気になる評判や転職成功のコツを徹底解説!のイメージ
日本M&Aセンターへ転職するためには?気になる評判や転職成功のコツを徹底解説!
日本M&Aセンターへの転職を成功させる為に、難易度・面接の対策・評判や口コミなどを説明しています。高齢化社会の到来でM&Aの需要が高まる中、特に中小企業の事業承継に伴うM&Aに強みを持つ日本M&Aセンターへの転職をお考えの方にとって、必見の内容になっています。

フロンティア・マネジメントの主な業務

Photo byHeungSoon

フロンティア・マネジメントの主な業務を見ていきましょう。

結論として、フロンティア・マネジメントは主な業務は「M&Aアドバイザリー業務」「経営コンサルティング業務」「事業再生支援業務」の3つを抱えています。以下で詳しくご説明します。
 

経営コンサルティング

経営コンサルティング業務について詳しくご説明します。クライアント企業の経営戦略の立案や中期経営計画の策定及び実行支援を行っています。経営戦略には全社戦略・事業戦略・機能別戦略など多岐にわたります。これらの他に常駐型で実行支援を行う経営執行支援や、M&Aに関連して実施される事業デュー・ディリジェンス等のサービスまで提供しています。デュー・ディリジェンスとは投資行う際に、投資対象の企業の価値やリスクを調査することです。

特徴としては3点あります。
1つ目は、自社組織能力分析に基づいた成長戦略策定をサポートすることが可能であるということです。フロンティア・マネジメントには各種製造業や流通、サービス業など幅広い業種の事業会社での実務経験を有するメンバーが在籍しています。それぞれが持つ独自で豊富な経験に基づき、成長戦略策定をサポートすることが可能です。

2つ目は、組織の風土改革をサポートすることが可能であるということです。企業にはそれぞれ歴史がありますが、その歴史と共に変えられないしがらみや企業風土といったものがあります。こういったものの変革を、速いスピードで行います。

3つ目は、AIなどを活用したソリューションなども可能であるということです。AIなどと書きましたが、具体的にはIoTやFinTech等の先端技術も含みます。これらを活用したソリューションを提供するだけでなく、新たな成長機会の創出に繋げたり、新たなビジネスモデルの構築も推進していきます。

M&Aアドバイザリー・事業承継

M&Aアドバイザリー・事業承継業務について詳しくご説明します。フロンティア・マネジメントはクライアント企業が行うM&Aや組織再編に業務全般に関する助言・補佐業務を行っています。具体的な業務はM&A戦略の立案、対象企業の選定及びアプローチ、各種のデュー・ディリジェンス(調査・分析)や企業価値算定や取引条件・契約書交渉、クロージング(資金決済等)手続きなどです。

加えて、事業承継を目的としたM&Aも行っています。これは会社の後継者問題を背景としたものです。日本では少子高齢化が進んでいるため、近年ニーズが高まっています。

事業再生

事業再生について詳しくご説明します。フロンティア・マネジメントは再生支援を必要とする企業に対し、完全なサポートを行っています。具体的には事業再生計画策定から実行支援、金融機関との利害調整、経営改革(ターンアラウンド)のための経営参画、各種再生手続き上の支援などです。

フロンティア・マネジメントの強み

Photo bystevepb

フロンティア・マネジメントの強み

  • 高い専門性
  • 個々のケースに応じたサポート
  • 価値を最大限に高めるビジネスプランニング力
  • 高い実績のあるスペシャリストによるサポート

フロンティア・マネジメントの強みは4つあります。

高い専門性

フロンティア・マネジメントの強みとして高い専門性があります。

フロンティア・マネジメントには弁護士・税理士・会計士などの士業の専門家や、経営コンサルタントや投資銀行出身者など、各分野の専門家が集まっています。
これらのように、多様なバックグラウンドを持つ人材が同一の団体に所属しています。結果として継続的にチームプレーを行うことが出来、高品質でスピード感のあるサービスを提供することが出来ます。

また、メガバンクや地方銀行などの全国をカバーする金融法人とのネットワークを有しています。これにより、金融法人と取引のある取引先までアクセスが可能となります。

個々のケースに応じたサポートを実現

フロンティア・マネジメントの強みとして個々のケースに応じたサポートを実現することがあります。

フロンティア・マネジメントのでは経営コンサルティングとM&Aアドバイザリーの両面から柔軟な組み合わせで様々なケースにも対応可能です。これら片方だけだと、乏しい提案になりかねません。

また、コンサル支援から法務・財務デューディリジェンスまでのワンストップ型の企業支援を行っています。一気通貫にサポートを行うことも可能です。

価値を最大限に高めるビジネスプランニング力

フロンティア・マネジメントの強みとして価値を最大限に高めるビジネスプランニング力があります。

フロンティア・マネジメントではまず、ビジネス戦略の立案及びビジネスプランの策定を優先して実施します。その後必要なサポートをしていきます。

また、クライアントの企業価値の向上に強くコミットします。事業再生を強みとしていましたが、その過程で事業再生の失敗でクライアントの事業の断絶に直結することもあるためです。
その結果としてリピート受注も高いです。

高い実績があるスペシャリストによるサポート

フロンティア・マネジメントの強みとして高い実績があるスペシャリストによるサポートがあります。

フロンティア・マネジメントでは特定の業界を複数年見てきたベテランスペシャリストが適切なアドバイスを行います。
スペシャリストには、それぞれの得意ジャンルがありますし、各プロジェクトに配置されたスペシャリストにより、最適なプランニングを実現します。

また、日本M&Aマーケットレビュー アドバイザー・ランキングで7番目に入っています。

M&A総合研究所の転職難易度は?M&A業界出身者が魅力や内定獲得のコツについて解説!のイメージ
M&A総合研究所の転職難易度は?M&A業界出身者が魅力や内定獲得のコツについて解説!
M&A総合研究所の内定を獲得する為に、転職難易度や評判・口コミなどをM&A出身者が解説します。最先端のAI技術を含むテクノロジーを取り入れた「M&A×TECH」のリーディングカンパニーであるM&A総合研究所への転職を考えている方に必見の内容になっています。

フロンティア・マネジメントが選ばれる理由

Photo byStartupStockPhotos

フロンティア・マネジメントを利用する際に知っておきたいことを見ていきましょう。

以下で詳しく述べますが、「事業再編の検討は資本政策や提携戦略の立案も実行できる」「M&A戦略を立てる場合は長期的なアドバイスも可能」「クロスボーダーM&Aを検討する場合はワンストップサービスが可能であること」です。

事業再編の検討は資本政策や提携戦略の立案も実行できる

フロンティア・マネジメントでは事業再編の検討は資本政策や提携戦略の立案も実行できます。

事業再生計画策定において、その実行支援だけではなく、資本政策や提携戦略の立案も行います。
金融機関を通じたネットワークや、他の投資家候補や各企業などとの独自ネットワークを有するため、様々な立案が可能です。
また上述しましたが、高いコミットメント力を持っているため深い立案が可能です。

M&A戦略を立てる場合は長期的なアドバイスも可能

フロンティア・マネジメントでは、M&A戦略を立てる場合は長期的なアドバイスも可能です。

フロンティア・マネジメントでは独自のリサーチ力を有しています。
各専門家の技術知見に基づく長期ビジョンの提示はもちろん、M&A成約後を見据えた長期的なアドバイスも可能です。

クロスボーダーM&Aを検討する場合はワンストップサービスが可能

フロンティア・マネジメントではM&Aを検討する場合はワンストップサービスが可能です。

フロンティア・マネジメントはクロスボーダーM&Aの経験者や米国公認会計士などが在籍しています。国内経験者よりも幅広いアドバイスを享受することが出来るでしょう。クロスボーダーM&Aとは国をまたいで行うM&Aのことです。

また、初期検討段階でのコンサルや成約後の経営サポートまで行うなど、長い時間軸でのサポートを提供します。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

会社名 転職難易度 人気度
マッキンゼー&カンパニー ★★★★★ ★★★★
ボストンコンサルティンググループ ★★★★ ★★★★
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン ★★★★ ★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★
日本IBM ★★★ ★★★
アビームコンサルティング ★★★ ★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

 
 
会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

フロンティア・マネジメントはスペシャリストの集まりである

Photo byStartupStockPhotos

まとめると、フロンティア・マネジメントは様々な専門家が一つに集まった会社で、M&Aや事業再生支援、経営コンサルティングなど幅広い業務を手掛けています。

風土としては少数精鋭かつ実力主義で、業務経験と実務経験を積んでいる必要があるでしょう。しかし、会計士・税理士・弁護士とどれを専門にするかという観点では門戸は広いでしょう。

難易度が高い企業への転職は情報をきちんと収集することが大切です。持っている情報量の差で結果が大きく決まると言っても過言ではありません。

インテリゴリラでは転職に対する手厚いサポートを行っています。

難関企業をはじめとして、様々な企業の選考体験記なども掲載しています。ぜひ一度インテリゴリラを活用してみてはいかがでしょうか。あなたの転職活動にきっと役立つでしょう。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
菅野
ライター

菅野

京都大学の4回生です。就職活動の中でビジネスについての知識を身に着け、アウトプットしていきます。よろしくお願いします。

関連記事

目次

人気記事ランキング