PwCアドバイザリーの平均年収はいくら?ボーナスや評価制度など徹底解説!

PwCアドバイザリーの平均年収はいくら?ボーナスや評価制度など徹底解説!

PwCアドバイザリーの平均年収はいくらなのでしょうか。PwCアドバイザリーへの転職を検討されている方に向けて、PwCアドバイザリーの評価制度や給与レンジ、ボーナスなど、PwCアドバイザリーの年収にまつわる情報をまとめて紹介します。

記事の目次

  1. 1.PwCアドバイザリーの平均年収は?
  2. 2.PwCアドバイザリーの直近の業績や今後の展望は?
  3. 3.PwCアドバイザリーの年収モデル例とその他の年収事例
  4. 4.PwCアドバイザリーの評価制度・昇給するには
  5. 5.PwCアドバイザリーのボーナス・残業代・福利厚生などの待遇の口コミは?
  6. 6.競合他社と平均年収を比較
  7. 7.PwCアドバイザリーに転職したいならおすすめの転職エージェント
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.PwCアドバイザリーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

PwCアドバイザリーの平均年収は?

Photo byPublicDomainPictures

PwCアドバイザリーは世界的にも権威のある4大会計事務所のうちの一つであるPwCグループの日本におけるメンバーファームのうちの一つです。世界155ヵ国にあるPwCのグローバルネットワークを活用して、クライアントにサービスを提供しています。

PwCアドバイザリーは日本におけるFASサービスファームの中でも特に事業再生分野で強みを持っており、市場からも評価されています。ただでさえ年収水準が高いFASファームの中でも特徴あるファームなので、平均給与も高いのではないでしょうか。

本章ではPwCアドバイザリーの平均給与を紹介します。PwCアドバイザリーに転職希望の方はぜひご覧になってみてください。

PwCアドバイザリーの平均年収

PwCアドバイザリー合同会社の平均年収は989万円です。
PwCアドバイザリーの平均年収は、外資系戦略コンサルティングファームや投資銀行などと比べてしまうと劣って感じますが、会計事務所や外資系総合コンサルティングファームなどよりは比較的高い平均給与と言えるのではないでしょうか。

PwCアドバイザリーの給与水準は、次に示すように職位が上がるごとに上がっていきます。アソシエイトの年間給与は500〜700万円、シニアアソシエイトは700〜900万円、マネージャーは1,000〜1,300万円、シニアマネージャーは1,300〜1,600万円です。

さらに昇進してディレクターになると年間給与は1,800〜2,200万円、パートナーの給与は3,000万円以上の青天井です。
PwCアドバイザリーは平均給与も高いですが、昇進し続けていけばどこまでも給与水準を高めていくことができ、とても夢がある給与テーブルになっています

PwCアドバイザリーの直近の業績や今後の展望は?

[引用元:https://www.pwc.com/jp/ja/services/deals/mergers-acquisitions.html]

PwCアドバイザリーの直近の業績はどのようになっているのでしょうか。本章ではPwCアドバイザリーの直近の業績や今後の展望について紹介します。PwCアドバイザリーに転職希望の方はぜひご覧になってみてください。

PwCアドバイザリーの直近の業績

PwCアドバイザリー単体の業績については残念ながら開示されていなかったため、PwC Japanグループ全体の直近の業績を紹介します。
PwCジャパングループ全体の2020年の業績は1,867億円でした。アシュアランス、コンサルティング、税務・法務サービスなども含めた数字です。

PwCアドバイザリー単体の数字ですと、おそらくですが数百億円といったところでしょう。PwCアドバイザリー以外のFASファームについても業績が開示されていないところが多いため判断はしがたいですが、堅調に成長しているのではないでしょうか。

PwCアドバイザリー以外の業績ですが、PwCあらた監査法人の業績は開示されています。
PwCあらた監査法人の売上高は543億円、営業利益率は5.22%でBIG4の中でもトップです。おそらくPwCアドバイザリーもPwC全体の利益体質にのっとり、儲かっているでしょう。

PwCアドバイザリーの今後の展望

PwCアドバイザリーは今後も「事業再生」、「M&A」、「インフラファイナンス」の3つの軸で成長していくでしょう。特にM&Aの分野は国内・海外共に市場が成長し続けており、まだまだチャンスは拡大していくでしょう。

これからは世界155ヵ国にあるPwCのグローバルネットワークを活かして、クロスボーダー案件も増えていくでしょう。特にアジア地域の経済発展には目覚ましいものがあるので、日本企業のアジア進出のような案件においてM&Aや事業再生分野で案件を獲得できるのではないでしょうか。

男性

男性

また、そもそもPwCという看板の力で仕事を取ってこれるので、あまり積極的に動かなくとも事業再生やM&Aの仕事は受注できるでしょう。BIG4の会計系ファームでありながら、なおかつFASが提供できるというポジショニングの力はやはり強いです。

PwCアドバイザリーの年収モデル例とその他の年収事例

Photo byTumisu

PwCアドバイザリーの給与モデル例とその他の給与事例について紹介します。PwCアドバイザリーの給与はどの程度なのでしょうか。また、PwCアドバイザリーの給与事例にはどのようなものがあるのでしょうか。本章で解説します。

PwCアドバイザリーの給与モデルはベースの年俸にボーナスが乗っかる形です。ボーナスは入社2年目から支給されるとのことです。ボーナスの金額はアソシエイトで100〜200万円台、シニアアソシエイトでボーナス200〜300万円台です。

またマネージャーはボーナス200〜400万円台、シニアマネージャーはボーナス200〜400万円台、ディレクターになるとボーナスは500万円台、パートナーのボーナスは青天井のようです。まとまった金額のボーナスが支給される点はPwCアドバイザリーの給与モデルの素晴らしい点です。

年収モデル例

PwCアドバイザリーの給与モデル例について解説します。PwCアドバイザリーの給与モデルは職種によって変わることはありません。したがって、上記で解説した職位ごとの給与モデルがそのまま適用できることになります。

給与はアソシエイトで500〜700万円、シニアアソシエイトで700〜900万円です。マネージャーで1,000〜1,3000万円です。アソシエイトからシニアアソシエイトへの昇進は比較的スムーズにできますが、ボーナスはアソシエイト時代から年間200万円程度支給されます。

シニアアソシエイトには20代半ば〜30代後半まで様々な年齢層の方がいらっしゃり、マネージャーへの昇進を控えています。いつまでも評価されず昇進できないと肩たたきのような退職勧奨もあるという噂です。

男性

男性

給与やボーナスは良くても評価や人事制度では厳しい面もあります。

その他の年収事例

PwCアドバイザリーのその他の年収事例ですが、基本的に上記の年収モデルに沿っているので特筆すべきものはありません。きちんと評価されてパートナーまで昇進できれば年収は青天井です。逆に評価されなければシニアアソシエイトくらいで昇進が止まってしまいます。

シニアアソシエイトでも長年勤められていれば年収1,000万円程度と、平均年収より高い年収は達成できるようです。しかし平均年収を大きく上回る1,000万円台半ばから後半の年収レンジを達成したければ、やはり評価されるしかありません。

若くしてマネージャーになるにしても、20代後半〜30代前半程度でなれるスピード感ですので、より早く昇進してガンガン年収を上げたい方にはPwC以外のファームをおすすめします。少しゆっくり目でも毎年の評価でコツコツとキャリアアップをしていきたい方にはPwCはおすすめです。

PwCアドバイザリーの評価制度・昇給するには

Photo byFree-Photos

PwCアドバイザリーの評価制度・昇給について解説します。
PwCアドバイザリーの評価制度は、実力主義の厳しい評価制度です。毎年1回プロモーションのチャンスがあり、そこで評価されればプロモーションできます。同じ職位の上のレベルの方からプロモーションしていきます。

アソシエイトやシニアアソシエイトのうちは年功序列的な側面が強いようですが、ある程度年次がいくと実力主義的な評価になります。上述したように、40歳近くでもシニアアソシエイトの方もいらっしゃいますが、逆に20代後半でマネージャーの方もいらっしゃいます。

これから転職される中途入社の方であっても実力主義なのでチャンスはあります。ただし、部署や社内の組織同士の力関係によって昇進が左右されるウェットな面もありますので、早く評価されたい方に関しては、入社してからなるべく社内の横・縦のつながりを作ることに努めましょう。

PwCアドバイザリーのボーナス・残業代・福利厚生などの待遇の口コミは?

Photo bynattanan23

PwCアドバイザリーのボーナスや福利厚生などの気になるテーマについて、転職口コミサイトなどの口コミ・評判を紹介し、PwCアドバイザリーの実態に迫ります。PwCアドバイザリーへの転職をお考えの方はぜひ全ての口コミに目を通してみてください。

ボーナス・残業代

ボーナスの算出方法は社員の方の口コミによればブラックボックスになっているようです。ボーナス金額を上げたければ入社の段階でベース年収の金額を引き上げる交渉をしておくと良さそうです。ただし、ボーナスは全体の業績と連動しているという点については確実にわかっています。

残業代については50時間分がみなし残業代として年俸に含まれています。したがって、50時間以上残業すると残業代が支払われますが、50時間以上残業してはいけない雰囲気があり、実際には「残業代」という形で残業代を受け取ることはあまりないようです。

残業代が支給されるのはシニアアソシエイトまでです。マネージャー以上になると残業代もなくなるので、どれだけ働いたかではなく、成果によってしか給与額の変動はありません。もちろん、成果を上げればその分ボーナスとして給与に返ってきます。

福利厚生

福利厚生については基本的な制度は整っています。まず育児休業や時短勤務制度があるので、働きながら育児をしやすい環境があります。会社のビルの2階に保育所があるので、保育所に子供を預けることも可能です。

育児休業などの制度は実際に社員の方々に積極的に利用されており、それらの制度を利用したからといって不利になることはありません。制度を利用された女性社員の方でも難なく昇進されている方は少なくないようです。

有給休暇についてもプロジェクトにアサインされていない期間については難なく取得できます。2週間や1ヶ月などある程度まとまった期間の休暇を取得し、海外旅行に出かけるなどバケーションの取得自体はとてもやりやすい環境があります。

ワークライフバランスについて

PwCアドバイザリーの仕事は基本的にクライアントワークになるので、激務になりやすいです。クライアントの都合に合わせなければならないため、クライアントが遅くまで働いていれば、やはりコンサルタント側も気を遣って遅くなったりする場面もあります。

また、事業再生やM&Aなど難易度が高く、なおかつステークホルダーも多い業務を担当するため、業務の面でも激務になりやすいと言えます。特にプロジェクト期間中はプライベートなどはないと思った方が良いでしょう。プライベートの予定はまず立てられないでしょう。

しかし、リモートワークや時短勤務、裁量労働制などの制度を上手く利用すれば、激務にならないよう調整することも可能です。若手のうちはこれらの制度を利用できないかもしれませんが、ある程度年次がいけば、これらの制度を利用して働きやすい環境を自分で整備できるでしょう。

女性の働きやすさについて

女性については上述の通り、育児休暇などは取得しやすく、育児をしながら働ける環境があり、制度面での女性の支援はあります。また、それらの制度を実際に利用されている女性社員の方も多いので、安心して制度を利用できます。

マネージャー以上の女性社員の方を増やそうというイニシアチブも働いているため、女性で入社希望の方にはチャンスがあります。実際に現在のPwCアドバイザリー合同会社の代表執行役は女性の方なので、女性の方にもチャンスがある会社と言えるでしょう。

女性

女性

マネージャー以上の女性社員だけでなく、社員全体の中で女性社員を増やそうという雰囲気もあり、女性社員の方を積極採用されています。女性の方にはチャンスがあるので、女性社員の比率がまだあまり多くない今のうちに採用選考に応募してみることをおすすめします。

弱みについて

PwCアドバイザリーの弱みは、現時点ではクロスボーダーの案件がそれほどないという点です。しかし、この点についてはこれからクロスボーダー案件が増えていく見込みもあるので、弱みというほどの弱みではありません。

また、M&Aや事業再生といった分野で事業を展開しているため、マクロ経済の動向に業績がダイレクトに左右されてしまう点は弱みです。マクロ経済の急激な悪化はそれほどないとはいえど、これからも世界レベルの不況は定期的にやってきます。

PwCという看板の力がとても強いため、営業力がないのではないか、という口コミもありました。会計系に強いファームで事業再生やM&Aを頼みたいとなると、自然とPwCアドバイザリーに仕事を発注する、となるので、この点については仕方ないかもしれません。

入社理由について

M&A領域での専門性を高めたいという理由を入社理由に挙げられている方は非常に多いです。実際にこの点については入社してからもギャップがないようなので、M&A領域のプロフェッショナルとしてキャリア形成していきたい方にとっては最適な環境なのではないでしょうか。

また、コンサルタントとして経営の中枢に関わっていきたい、という理由で入社される方も非常に多いです。この点についても入社してからさほどギャップはないようです。一部の総合コンサルのように「コンサル」という肩書きからかけ離れた内容をやらされることはないようです。

当然ながらPwCのブランド力を入社理由に挙げられている方も少なくありませんでした。PwCは国内では知名度は低いものの、グローバルにおけるブランド力は抜群なので、グローバルなキャリア形成を目指されている方にとっては魅力的に感じるようです。

競合他社と平均年収を比較

PwCアドバイザリー合同会社の平均年収989万円と競合他社の平均年収を比較します。BIG4系のFASを競合他社として、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーと、KPMG FASの2社と比較します。

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの平均年収は1,079万円、KPMG FASの平均年収は1,242万円でした。両者ともPwCアドバイザリーの平均年収を上回りましたので、PwCアドバイザリーの平均年収は競合よりもやや控え目と言えるかもしれません。

PwCアドバイザリーに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

PwCアドバイザリーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

PwCアドバイザリーの年収について解説しました。

グローバルでのブランド力があるPwCアドバイザリーは転職人気も高いです。人気ある会社への転職を成功させるためにも、上記で紹介した転職エージェントに登録されることをおすすめします。

また、転職選考口コミサイトのインテリゴリラでは、実際にPwCアドバイザリーへの転職を成功させた方の口コミが載っています。以下のリンクからアクセスしてご覧になってみてください。

PwCアドバイザリーの選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング