監査法人トーマツは激務?残業やワークライフバランスを解説!

監査法人トーマツは激務?残業やワークライフバランスを解説!

監査法人トーマツは激務なのでしょうか。本記事では監査法人トーマツは残業が多くて激務なのかどうかということや、年収についての評判・口コミ、企業としての評判など、監査法人トーマツに転職希望の方に役立つであろう情報をまとめて紹介します。

記事の目次

  1. 1.監査法人トーマツの企業情報
  2. 2.監査法人トーマツは激務なのか?
  3. 3.監査法人トーマツの労働時間や激務度の実態
  4. 4.監査法人トーマツ社員の評判・口コミ
  5. 5.激務でハイレベルな監査法人トーマツへの転職に向いている人物像
  6. 6.監査法人トーマツに転職したいならおすすめの転職エージェント
  7. 7.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  8. 8.監査法人トーマツへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

監査法人トーマツの企業情報

Photo bymohamed_hassan

監査法人トーマツは、世界的に権威のある4大会計事務所のうちの一つであるデロイト・トーシュ・トーマツグループのメンバーファームです。監査法人トーマツは1968年に日本初の全国規模の監査法人として設立されて以来、堅調に拡大を続けてきました。

監査法人トーマツの社員数は2020年8月末日現在6,851名です。監査法人トーマツの社員のうち、3,267名が公認会計士となります。監査法人トーマツでは、非監査業務の割合も多いため、公認会計士以外の社員の方々も大勢在籍されていらっしゃいます。

2020年5月期の監査法人トーマツの売上高は1,145億9,200万円です。うち監査業務の売上高が809億円、非監査業務の売上高が336億円です。非監査業務の売上高は4大会計事務所の中でもトップを誇ります。また、監査法人トーマツの全体の売上高も、BIG4の中でトップです。

監査法人トーマツの特徴

監査法人トーマツの最大の特徴は、BIG4と呼ばれる世界的にも権威と実績のある4大会計事務所のうちの一つであるデロイト・トーシュ・トーマツグループのメンバーファームであることです。最大手監査法人なので、日本を代表するようなクライアントを相手に監査業務を行うことができます。

また、デロイトグループの知見・ノウハウを利用して、多くのナレッジを社内に蓄積していることも特徴です。これまでの知見やナレッジをもとに監査業務・非監査業務を実施できるので、社員の方々も社内ナレッジを参照でき、デリバリーの質の向上につながります。

また、大手監査法人であることの資本力と、社内のIT人材の力を活用して、監査業務分野のITイノベーションに注力していることも特徴です。サイバーリスクコンサルタントや、データサイエンティストなどのIT人材と協力し、監査のためのITイノベーションを次々と生み出しています。

監査法人トーマツの事業内容

監査法人トーマツは、監査事業と非監査事業の両軸で事業を行っています。監査・保証業務については「会計監査」、「Audit Innovation」、「IPO(株式上場)」、「IFRS(国際会計基準)」の4つの軸で事業を運営しています。

非監査業務(リスクアドバイザリー)については「ストラテジック&レピュテーションリスク」、「レギュラトリーリスク」、「ファイナンシャルリスク」、「オペレーションリスク」、「サイバーリスク」とそれぞれのリスク領域でのコンサルティング業務があります。

上述したように、監査法人トーマツの特徴は非監査業務(リスクアドバイザリー)部門のシェアがBIG4でナンバーワンであることです。成長性も高いので、もし監査業務をやるためにトーマツに入社したとしても後からこれらの領域に異動して監査業務以外のフィールドで活躍することもできます。

監査法人トーマツのトップメッセージと今後の事業展開

監査法人トーマツに転職を希望されている方、あるいはこれから転職を考えている方にとって、監査法人トーマツのこれからのビジョンや進んでいく方向性については気になるところだと思います。本章で監査法人トーマツのトップメッセージと事業展開について紹介しますので、ぜひご覧ください。

トップメッセージ

監査法人トーマツのトップメッセージから、監査法人トーマツのこれからの方向性に関わる部分や重要と思われる部分を紹介します。監査法人トーマツのビジョンとして、監査法人一般の目的である「経済社会の健全な発展に貢献すること」を挙げています。

監査業務を通じて日本や世界の経済発展に貢献していきたいという思いがある方は、監査法人トーマツでその志に沿った仕事ができます。また、監査法人トーマツは社内で働く人材が、気持ちよく働けるような環境を用意している点についても、トップメッセージで強調しています。

一般的に監査法人は繁忙期に激務になりやすいと評判ですが、監査法人トーマツは業界最大手ということもあり、激務にならないようになるべく環境を整えていく姿勢を見せています。ワークライフバランスを重視し、激務でない環境で働きたい方にとっても、最適な環境があるのではないでしょうか。

今後の事業展開

監査法人トーマツのこれからの事業展開については、これまで同様監査業務を主軸としつつ、社内のIT人材を活用して監査領域のITイノベーションを起こしていく方向性で事業を伸ばしていくのではないかと推察されます。また、リスクコンサルティング領域も伸ばしていくでしょう。

監査法人トーマツは社内に、AIエンジニアやデータサイエンティスト、サイバーリスクコンサルタントなどIT関連の最先端人材を確保しています。これらの人材のスキルと、これまで積み上げてきたトーマツ社内の監査領域における知見やノウハウを利用して、イノベーションを起こしていくでしょう。

割合としては大きい監査業務自体も、堅調に成長していくと推測されます。監査業務はこれからも日本経済や世界経済のマクロの成長とともに成長できます。マクロな経済成長はこれからも続いていくはずなので、監査業務の成長性についても疑う余地がありません。

監査法人トーマツは激務なのか?

Photo byStartupStockPhotos

監査法人トーマツは残業が多く、激務なのでしょうか。監査法人の働き方としては、繁忙期にはプライベートもないほど忙しく激務になりがちであると評判です。平日は残業が多夜遅くまで働いており、休日であっても残業が終わらなければ出勤して終日働くくらい激務な時期もあります。

また、監査法人トーマツには非監査業務のコンサルティングサービスを行う部署もあります。コンサルティングファームも恒常的に残業が多く激務になりがちです。監査法人トーマツのリスクコンサルティングを提供する部署は激務なのでしょうか。

本章では、転職口コミサイトなどの情報を参考に、監査法人トーマツは激務なのかどうか、実態に迫ります。監査法人トーマツのワークライフバランスについて気になる方はぜひご覧になってみてください。

激務の噂は本当なのか?

監査法人トーマツは他の監査法人同様に、繁忙期になると残業が多くなり、激務になるようです。どうしてもワークライフバランスを最優先したい場合には、監査法人で会計士としてのバックグラウンドを作った後で、ワークライフバランスの良い事業会社などに転職するのも良いでしょう。

会計監査業務にしても、リスクコンサルティング業務にしても、クライアントワークであるという性質上どうしても激務になりがちです。監査法人トーマツへ転職する場合には、特に新人のうちには残業が多く、激務になりやすいことを覚悟しておいた方が良いでしょう。

監査法人トーマツの繁忙期は4〜5月ですが、この時期には毎日22時まで残業をして、場合によっては朝残業をすることもあると評判です。また、休日出勤も非常に多くなるという評判もあります。繁忙期にはプライベートの予定も立てづらいでしょう。

監査法人トーマツの労働時間や激務度の実態

Photo byFree-Photos

監査法人トーマツは評判通り激務であることを、特に監査部門について上記で解説しました。コンサルティング部門の場合、どのようなパターンで激務になるのかについて本節で解説します。コンサルティング部門の場合、プロジェクトや上司、クライアントによって残業量や激務度合いは変わります。

クライアントがホワイト企業である場合、最終成果物をクライアントに納期通りに提出できるようプロジェクト内部で調整できればホワイトな労働環境を実現できます。したがって、上司や同僚と一緒に成果物を期日通りにデリバリーできるよう頑張るだけです。

男性

男性

クライアント側にもややブラックな労働環境がある場合、コンサルティングファーム側もクライアントにあわせて残業量を増やしたりすることもあり、激務になりがちです。クライアントが遅くまで居残っている場合には、コンサルタント側も当然クライアントを気遣って帰宅しづらくなるからです。

監査法人トーマツ社員の評判・口コミ

Photo byPexels

監査法人トーマツ社員の方々の評判・口コミを紹介します。監査法人トーマツの年収についてや、社内の雰囲気について、監査法人トーマツの仕事をする中でのやりがいについてなど、様々な観点についての評判・口コミを探ります。

激務の対価である高給には満足している?

監査法人トーマツの社員の方々は激務の対価としてもらっている高級には満足しているようです。転職口コミサイトなどの評判においては、「ダウンサイドはないがアップサイドもない」というフレーズで表現されている方がいらっしゃいましたが、こちらが本音に近いのではないでしょうか。

監査法人トーマツの年収はジュニアスタッフのうちは年収500〜700万円、シニアスタッフは年収750〜900万円、マネージャーは年収900〜1,100万円、シニアマネージャーは年収1,100〜1,300万円です。パートナーになると年収1,500万円以上になります。

監査法人トーマツは大手監査法人の中でもトップクラスの待遇を誇りますが、それでもパートナークラスにならなければ年収1,500万円は超えません。他の日系大手金融機関や総合商社、コンサルティングファームなどと比べてしまうと「アップサイドはない」という気持ちになるのもわかります。

人間関係や社員の雰囲気について

監査法人トーマツの社内には実力主義的な雰囲気があるようです。風通しもよく意見しやすい環境があるようです。ただし、実力主義的な環境であることのデメリットとしては、実力がない人にはあまり仕事が回ってこないという過酷さもあります。

社員の方々にはプロフェッショナルであることを期待されるので、仕事においては体育会系的なところがあり、結果として激務になってしまうこともあるという評判があります。しかし、業務後の飲み会などはあまりないらしく、あくまで業務面のみで体育会系のハードさが求められるということです。

女性

女性

仕事中心のワークライフバランスを送りたい方や、仕事を通じて世の中や社会に貢献していきたいと考える方にとっては最適な環境と言えそうです。しかし、生活重視の方や、仕事はそこそこで良いと考える人にとっては、カルチャー的にマッチしないかもしれません。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

会計士資格を持って会計監査業務をされている方の多くは、「資格を活かして働いていること」や「専門性を活かして働けること」などにやりがいを感じて働いていらっしゃいます。専門性を活かして働きたい方にはおすすめできる環境です。

また、監査法人トーマツは会計監査業界の中でも最大手の一角なので、クライアントには日本を代表するような大企業が多く、クライアントワークを通じてやりがいを感じることができるようです。専門性を活かして日本や社会全体のために貢献したいという志があれば、やりがいを持って働けます。

若手のうちから手を上げれば大きな仕事を任せてもらえる環境もあり、その点についてやりがいに感じられている社員の方も少なくありませんでした。監査業務でも、コンサルティング業務でも、若手のうちから大きな責任を持って働きたい方にとってはチャンスが豊富にありそうです。

女性社員の働きやすさについて

監査法人トーマツには育児をしながらでも女性社員の方々が働きやすいような環境が整っています。育休や産休の制度は当然用意されており、その上利用されている社員の方々は少なくないようです。育休を何度も取得されている方もいらっしゃいますので、その点は安心して働けます。

また、デロイトトーマツ企業内保育園、育児コンシェルジュサービス、繁忙期における臨時託児サービスなど、他の企業ではあまりないような育児についての福利厚生サービスもとても充実しています。ベビーシッターサービスを利用する際の補助金などもあるようです。

女性

女性

会計士という職業は激務であるということもあり、社員の方の入れ替わりも一定数あります。家計事務所サイドとしては会計士の社員数を確保したいという事情もあるので、時短勤務や在宅勤務なども快く受け入れてくれる環境があるようです。

入社理由について

入社理由については、入社面接をされた社員の方々の人柄の良さや、風通しの良さそうな雰囲気について言及されている方が多くいらっしゃいました。もちろん、部署や人によってそれぞれですが、総じて話しやすいフランクな社員の方が多いようです。

監査法人トーマツのネームバリューを入社理由について挙げられている方も当然いらっしゃいました。世界4大監査法人グループの一つであるデロイト・トーシュ・トーマツグループのファームを経れば、日本国内だけでなく海外の事業会社や会計事務所でも働ける可能性が出てくるでしょう。

また、グローバルな会計ファームということもあり、海外駐在の可能性があることや、グローバルな監査業務ができることについて魅力を感じて入社される方も少なくありませんでした。グローバルに活躍したい方にとって、監査法人トーマツは良い環境なのでしょう

激務でハイレベルな監査法人トーマツへの転職に向いている人物像

Photo byFirmbee

監査法人トーマツの業務は時期によってはとても忙しいものになるので、繁忙期にはワーク優先のライフスタイルを送れる方でないとそもそも働き続けるのは困難でしょう。クライアントのために時には仕事が激務になる覚悟がある人が求められます。

また、監査法人トーマツの採用面接では「プロフェッショナルであることへのこだわり」についてよく聞かれます。プロフェッショナルであるために日々研鑽できるかどうかや、プロフェッショナルとしてこれからどのように活躍したいか、そのビジョンがある方が採用されやすいでしょう。

さらに、監査法人トーマツはビジョンとして公益に資することを目指していますので、自身が働くことによって日本や世の中全体のために尽くしていきたい、という思いがある方も求められています。

監査法人トーマツに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

監査法人トーマツへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

監査法人トーマツが激務なのかどうかといった点などを紹介しました。

監査法人トーマツは激務な時もありますが、それでも時短勤務や育休など働きやすさを調整できるので、会計事務所の中でもワークライフバランスは取りやすい方でしょう。

待遇も良く、転職人気も高いため、転職難易度は当然高くなります。難易度の高い転職を成功させるためにも上記で紹介した転職エージェントに登録されることをおすすめします。

また、転職選考口コミサイトのインテリゴリラでは、実際に監査法人トーマツへの転職を成功させた方の口コミを載せていますので、ぜひ以下のリンクからアクセスしてご覧になってみてください。

監査法人トーマツの選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング