KPMGFASの平均年収は?採用情報や転職難易度など徹底解説!

KPMGFASの平均年収は?採用情報や転職難易度など徹底解説!

Big4の中でも年収が高いと言われているKPMGFASの平均年収はいくらなのでしょうか。本記事ではKPMGFASの年齢・職種別年収や競合他社と比べての平均年収など、KPMGFAS転職希望の方が気になる情報を紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

記事の目次

  1. 1.KPMGFASの平均年収は?
  2. 2.KPMGFASの役職別平均年収
  3. 3.競合他社と平均年収を比較
  4. 4.KPMGFASの年収モデル例、その他の年収事例とボーナス
  5. 5.KPMGFASの評価制度・昇給するには
  6. 6.KPMGFASの特徴
  7. 7.KPMGFASの採用情報
  8. 8.KPMGFASのワークライフバランスや女性の働きやすさなどの口コミは?
  9. 9.KPMGFASへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

KPMGFASの平均年収は?

KPMGFASの平均年収は、転職サイトの情報によると約1,281万円です。KPMGFASの平均給与は、評判通り他の外資系総合コンサルティングファームなどと比べるととても高い給与になりました。BIG4のFASの中でも、トップクラスの給与水準です。

KPMGFASはベース給与とボーナスの水準がとても高く、外資系戦略コンサルティングファームにはやや劣るものの、外資系総合コンサルティングファームの中ではトップクラスの年収水準であると評価されることが多いです。

下記に年収に関する口コミを紹介しますので、転職の際はぜひ参考にしてください。

男性

男性

基本給プラス残業代+年一回のボーナス(6月末締め9月支給)。

スタッフの場合は年度末にマネージャー以上が行う評価及びノーなす額が決定される。
評価会議自体では一人ひとりのスタッフの強み弱みが真撃に議論されているとは思うが、党是n影響力のある評価者とそうでない評価者がいるため、前者の評価者の下で高パフォーマンスを出すことが高評価を取得する秘訣であると思う。また、難度が高かったり大変な案件に関わる方が高評価を取得しやすいと感じた。

女性

女性

他のビック4と比べても給与水準は高いイメージ。ボーナスについては、業績によるが、基本給(年)の半分くらい。

実力よりは、YES MANになるのが勝者になることに。政治プレイに上手い人にはオススメできるかと。

コンサルティングファームへの転職ならインテリゴリラ

コンサルティングファームに転職をお考えでしょうか?
インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、コンサルティングファームへ転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。
志望業界が未経験である場合、志望企業が未経験での採用を行っているかどうかも確認しなければなりません。
そして志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。
中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。

実際にコンサルティングファームの選考では、対策必須ともいえるケース面接の出題頻度が高いです。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。
内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

コンサルティングファームの企業一覧はこちら

【高収入の代名詞】人気外資系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【高収入の代名詞】人気外資系コンサルティングファーム会社一覧
高収入の代名詞と言われている外資系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。外資系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【戦略立案のプロフェッショナル】戦略系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【戦略立案のプロフェッショナル】戦略系コンサルティングファーム会社一覧
経営戦略立案のプロフェッショナルである戦略系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。戦略系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【すべてのサービスと業界に対応】総合コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【すべてのサービスと業界に対応】総合コンサルティングファーム会社一覧
幅広く大規模なコンサルティングを行うことができる総合コンサルティングファームの人気企業をご紹介します。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。総合コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【業務フロー・システム改善】IT・業務系コンサルティングファーム一覧のイメージ
【業務フロー・システム改善】IT・業務系コンサルティングファーム一覧
業務フローや業務システムの改善を得意とするIT・業務系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があれば転職情報、年収情報、評判や激務度についても確認できます。ITコンサル、業務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧
企業価値、株価向上のために活躍する財務コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。財務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧
特定の業務や業界に特化した、業界特化型コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。業界特化型コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧のイメージ
【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧
危機に瀕している事業(企業)を回復させる、事業再生系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。事業再生系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめのイメージ
【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめ
企業買収・売却のプロであるFAS・M&Aアドバイザーの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。FAS・M&Aに興味がある方はぜひご覧ください。
【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧のイメージ
【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧
会計監査のプロフェッショナルである監査法人の人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。公認会計士や監査法人に興味がある方はぜひご覧ください。

KPMGFASの役職別平均年収

Photo bynattanan23

KPMGFASの役職別年収は下記の通りです。

役職 年収
アソシエイト 600万円〜
シニアアソシエイト 800万円〜
マネージャー 1,000万円〜
シニアマネージャー 1,200万円
ディレクター 1,400万円〜
パートナー 2,000万円〜

KPMGFASは職位ごとに給与レンジが決まっています。
実際に転職サイトなどで口コミを見ていると、シニアアソシエイトの段階で1,200万円の給与や、1,450万円の給与を得ている社員の方の口コミがありました。もちろんこれは業績連動のボーナスによるところが大きく、ボーナス金額が大きい年は一気に1,000万円以上の給与になるようです。

競合他社と平均年収を比較

Photo bystevepb

KPMGFASの平均年収を競合他社と比較して、どれくらいの水準であるのか評価します。KPMGFASの平均年収と同じくらいの水準であると予測されるFAS業界、並びにやや高いと思われる外資系戦略コンサルティングファーム業界の競合他社と比較します。

FAS業界の競合他社と比較

KPMGFASの平均年収は1,281万円ですが、競合他社と比較して多いのでしょうか。FAS業界の競合他社でもあり、同じBIG4仲間でもあるPwCアドバイザリー、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの両者と比較します。

PwCアドバイザリーの平均年収は1,002万円です。また、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの平均年収は1,079万円です。どちらのFASファームも、KPMGFASの平均年収を大きく下回りました。

評判通り、FAS業界で待遇を重視して会社を選ぶのであれば、KPMGFASを選ぶのが正解でしょう。

外資系戦略コンサルティングファーム業界と比較

外資系戦略コンサルティングファーム業界とも平均年収を比較します。まず、外資系戦略コンサルティングファーム業界最高峰のマッキンゼーの平均年収は1,182万円です。マッキンゼーにも平均年収で勝っているとは驚きです。

一方で、ボストンコンサルティンググループの平均年収は1,424万円です。さすがに外資系戦略コンサルともなると、平均年収1,400万円を超えてくるファームもあるようです。

さらに、ベインアンドカンパニーの平均年収は1,125万円です。こちらもKPMGFASの平均年収を下回りました。外資系戦略コンサルティングファーム各社と比較してもやはり、KPMGFASの年収水準は格別に高いと評価できます。

KPMGFASの年収モデル例、その他の年収事例とボーナス

Photo byPublicDomainPictures

KPMGFASの年収モデルはどのようなモデルになっているのでしょうか。本章では、KPMG社員の方々の年収モデルについて解説します。転職希望者の方が転職した後に具体的にどの程度の年収を得られるか分かりますので、ぜひご覧ください。

年収モデル例

KPMGFASのコンサルタントの方々の年収レンジは、職位によって決まります。ベースの年俸+残業代+ボーナスという形で年収が決まってきますので、業績連動のボーナス金額が大きい年はそれだけ年収も高くなります。

ボーナスも含めると入社1〜3年目はアソシエイトで年収700〜900万円程度、3〜7年目はシニアアソシエイトで年収900〜1,400万円程度、7〜14年目はマネージャーで年収1,200〜1,800万円程度といったところではないでしょうか。もちろんマネージャー以上に昇進するのは難しいです。

KPMGFASの年収レンジは、競合他社のFASや外資系総合コンサルティングファームなどと比べてもコンペティティブな数値になっています。結果として、転職難易度も非常に高くなっています。それに比例して入社される方々の能力も非常に高くなっているため、市場からの評価も高いのでしょう。

その他の年収事例

KPMGFASのコンサルタント以外の方々の年収はそこまで高くないようです。事務職の方ですと、入社して2〜3年は年収400万円程度となり、普通の事業会社の事務職と同じくらいの給与レンジになります。コンサルタントの方々とは給与レンジが大きく異なります。

KPMGFASのボーナス

KPMGFASの賞与は、年に1回7・8月に開催される評価会議の評価ででた結果のボーナスが9月に支給されます。
平均給与が高くなるのは、業績連動のボーナス金額が大きいことが一因です。ボーナスの金額はアソシエイト時代から200〜350万円もらえますが、シニアアソシエイトになると300〜600万円ももらえます。マネージャーにならずとも1,000万円台半ばの給与水準が達成可能です。

またKPMGFASのボーナスは、業績連動で支給されます。会社全体の業績も部署の業績も絶好調の時は、基本給と同レベルのボーナスが出るという口コミもありました。

KPMGFASで残業代が出るのは、他のコンサルティングファームと同様にアソシエイトとシニアアソシエイトだけです。マネージャー以上になると残業代は支給されませんので、シニアアソシエイトで残業がかなり多い年は、マネージャーの給与水準と変わらない場合もあるようです。

男性

男性

一説によると、シニアアソシエイトでも、会社・部署・個人全ての業績が絶好調でボーナス金額がマックスまで支給されている上に、残業時間も多い状態が続いた年などは、年収2,000万円を超えることもあるという噂です。競合他社に比べて圧倒的に高い年収水準です。

KPMGコンサルティングの転職難易度は?・年収や採用大学も紹介のイメージ
KPMGコンサルティングの転職難易度は?・年収や採用大学も紹介
KPMGコンサルティングへ転職を検討しているあなたに難易度・年収・過去の採用大学などを解説。第二新卒が最難関のKPMGのケース問題を突破して内定した非公開の選考体験も紹介。総合コンサルティング企業であるKPMGコンサルティングの転職情報をぜひご覧ください。

KPMGFASの評価制度・昇給するには

Photo byFree-Photos

KPMGFASは、年に1回ある評価会議で、コンサルタントの方々の次年度の昇給や昇進について決定しています。役職が上がらない限りベース年俸は固定です。アソシエイト・シニアアソシエイトの間はプロジェクトデリバリーへの貢献度いかんによって評価が決まります。

マネージャー以上の評価についてはプロジェクトデリバリーの貢献度はもちろんのこと、それ以上にセールスの貢献度いかんによって評価が決まる部分が大きいとのことです。セールスの業績については明確に評価しやすいので、評価における比重も高いようです。

転職口コミサイトの口コミなどを見ていると、実力主義というよりも、社内政治が上手い方が評価されやすい傾向にある、という口コミもありました。しかしこの点についてはどこのコンサルティングファームでも同じなので、あらかじめ受け入れて立ち回る方が賢いでしょう。

KPMGFASの特徴

[引用元:https://home.kpmg/jp/ja/home/about/offices/tokyo-2.html]

KPMGFASの特徴について解説します。KPMGFASの最大の特徴は、世界4大会計事務所であるKPMGグループの日本におけるメンバーファームのうちの一つであることです。KPMGのブランド力で、日本有数の大企業からの信用を得て、受注もしやすくなっています。

KPMGFASが業界内でも評価が高いサービス領域は、バリュエーションとデューデリジェンスの領域です。これらの領域には会計士のバックグラウンドを持ったレベルの高い社員の方々が多く在籍されており、社員の方々のアウトプットの品質の高さで評価されています。

また、業界としては総合商社や金融機関とのネットワークが強みになっているらしく、これらの業界の企業から定期的に受注して売上を立てられる点も特徴です。資本力のある日本の代表的な企業群とのネットワークを築いているので、これからも安定して成長が見込めます。

コンサル業界の平均年収ランキング!職種・職位別年収や最高年収も公開!のイメージ
コンサル業界の平均年収ランキング!職種・職位別年収や最高年収も公開!
平均年収が高いことで知られているコンサル業界。今回はコンサル業界の平均年収ランキングをご紹介します。コンサルタントの職種・職位別年収や最高年収ランキングも解説。コンサル業界へ転職する際のコツについても解説しますのでぜひ参考にしてください。

KPMGFASの採用情報

Photo byStartupStockPhotos

KPMGFASの現在の中途採用情報を紹介します。

部署

  • Corporate Finance部門
  • Transaction Services部門
  • Restryvturing部門
  • Forensic部門
  • Strategy&Integration部門
  • Financial Services Group部門
  • Corporate Strategy&Support部門
  • Junior Associate

勤務地

東京都千代田区大手町

勤務時間

9:15~17:15(休憩1時間)
フレックスタイム制(シニアアソシエイト、アソシエイト)

休日休暇

  • 週休2日制(土・日)
  • 祝日
  • 年末年始
  • 創立記念日
  • 有給休暇
  • 特別休暇
  • 慶弔休暇

福地厚生

  • 交通費支給
  • 社保完備
  • カフェテリアプラン制度
  • 財形貯蓄制度
  • 公認会計士企業年金基金
 

KPMGFASのキャリア採用の募集内容は、上記の通りです。

募集職種は、部門ごとに分かれており、その中で役職別に募集を行なっています。

募集条件も職種によって様々ですが、キャリア採用の場合は、基本的にある程度の業務経験が求められます。
Corporate Finance部門のマネージャー候補以上の応募条件は下記の通りです。

  • M&Aまたは企業再生に関するアドバイザリー実務3年以上
  • 企業・事業価値評価実務3年以上
  • 財務デューデリジェンス実務3年以上
  • 国内金融機関における融資、不良債権処理、調査、ファンドマネージャー業務実務3年以上
  • 戦略系コンサルティング会社におけるM&A関連コンサルティング業務実務3年以上
  • 一般行事業会社における事業企画・経営企画・投資審査実務3年以上
  • 四大会計事務所、国内監査法人または税理士法人実務3年以上
  • 4年制大学卒以上の学歴 
  • ビジネス遂行可能な英語力
  • 公認会計士(日本・米国)、税理士、証券アナリスト、MBA等の資格歓迎
  • エクセル、ワード、パワーポイント等Windowsソフトが使える方
  • M&A案件エキゼキューション経験必須(マネージャー候補シニアアソシエイト採用)


KPMGFASの福利厚生サービスで一番嬉しいものはカフェテリアプランです。在籍していると付与されていくポイントを利用して、宿泊施設やスポーツクラブ、エステ、健康関連食品、医薬品、チケットなどの購入ができます。
また、各種休暇制度も非常に取得しやすいようです。コンサルティングファームの多くがそうですが、プロジェクトの合間に長期休暇を取れるようになっているので、働いている時期とそうでない時期でメリハリをつけてリフレッシュしながら働けます。
KPMGFASには、いざという時にご両親の介護ができるような介護支援制度も整備されています。介護休業を取得した場合には介護保険給付しかもらえなくなり収入が減少してしまい、社員の方も困ってしまいます。そのような場合にも介護休業者等貸付制度で金銭的サポートを得られます。

KPMGFASの応募方法は、履歴書、職務経歴書、志望動機書を郵送なたは電子メールで行います。

転職を考えている方は、公式サイトから詳しい情報を確認しましょう。

KPMGFASのワークライフバランスや女性の働きやすさなどの口コミは?

Photo byhelpsg

KPMGFASは、年収水準もとても高く、市場でも評価されている優良企業です。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。本章では、KPMGFASにお勤めの社員の方々の口コミ・評判を通して、KPMGFASの実態を分析します。

KPMGFASのワークライフバランスや女性の働きやすさなどについて、これからの展望など、KPMGFASに転職希望の方が気になるであろう各種観点について、転職口コミサイトなどから実態に迫ります。

KPMGFASに転職希望の方、FASファームの実態について知りたい方は、本章をぜひ最後までご覧になってみてください。

ワークライフバランス

女性

女性

働き方改革とはいえ、外部によく見せるために存在しているものに過ぎない環境。上司の暗黙的な圧迫に襲われて徹夜が続く日々を過ごす人がほとんど。マネージャー以上は、成長させるためにわざと「チャレンジ」を与えると言いながら、スタッフのポジションに相当するスキル・リソース・タイムライン的に消化しきれない仕事を丸投げしてくることがよくある。そこから得られる学びもあるが、体力・精神的に苦しくなりがちな環境で、ワークライフバランスなんて夢みたいな話。

男性

男性

コーポレートファイナンスは労働量が特に多いため激務ではあるが、直近フレッk酢タイム制が導入されており、勤務時間の融通は効かせやすい。有給の取得も強く推奨されており、チームメンバーでカバーし合いながら好きな日に休みを取ることは可能。

KPMGFASのワークライフバランスについての口コミを見ると、激務だという方もいれば、調整しやすいという方もいるので、コンサルティングファームとしては一般的な水準なのではないでしょうか。むしろ、ワークライフバランスは良い方かもしれません。

コンサルティングファームが激務であることは宿命です。クライアントワークであり、本質的には代行業であるコンサルティングサービスは、クライアントへの価値貢献のためにあらゆる手段を尽くして最上のアウトプットを提供しなければならず、そのために激務になりがちです。

KPMGFASにはコンサルティングプロジェクトの合間には休暇が取りやすいという評判もありますし、在宅勤務制度や時短勤務制度などもあります。
また、アウトプットさえ出せれば勤務時間を調整できるという口コミがあるため、コンサルティングファームとしては労働環境が良い方、というのが結論です。

女性の働きやすさ

男性

男性

女性であることで差別されることは一切無いが、それは裏返せば男性と同じハードワークが求められるということではある。
産休は全く問題なく取得できる。

女性

女性

diversityと大騒ぎしていても、男性文化・古い思考の塊が支配している環境であり、若手の女性スタッフとしてやっていくのは相当苦しい。
女性マネージャーの場合は、非常にいい感じのライフを過ごしている様子であるが、タスクの設計をちゃんと行わず(もしくは出来ない)、下っ端へ仕事を丸投げして早く帰れているようなイメージ。

KPMGFASは、社員の方からも「女性でも働きやすい職場である」という評価がなされています。KPMGFASの女性社員の方の多くが何度も産休・育休を取得されている実績があるため、子育てをしながらでも働きやすい雰囲気はあるようです。

育児のための支援制度は産休・育休だけではありません。コンソーシアム型保育施設を利用できるので、育休明けに子供を預ける場所について悩む必要はありません。また、子供を保育所に入れるための「保活コンシェルジュサービス」を利用して、保育園を探すサポートも提供してくれます。

また、上述したカフェテリアプランのポイントを育児サービスの利用に使うことができる他、ベビーシッターサービスを利用する際には利用金額を援助してくれます。

キャリア開発・事業展望

男性

男性

ある意味キャリア開発はできた。コミュニケーションやリーダーシップ、リスク管理などのソフトスキルに関しては、成長実感している。しかし、テクニカルなスキルは、想像していたのとは違うベクトルにキャリアが進んでいると感じる。そこあまり主体的にコントロールできておらず、退職するしか無いか検討を始めた。

女性

女性

自分次第だと思う。実務にもはねるため常に自己研鑽は必要になってくるとは思う。
キャリアとしてはタイミングが良ければ他部門の案件に携わることもできるため、視野は広がると思う。

KPMGFASの今後の事業展望について解説します。KPMGFASは、世界4大会計事務所の一角であるKPMGグループの日本におけるメンバーファームのうちの一つとして、今後も堅調に成長を続けていくことが見込まれます。

KPMGFASの事業領域は「経営戦略」、「M&A/PMI」、「事業再生」、「フォレンジック」ですが、事業再生以外の3分野については、これからも日本企業のグローバル化と海外進出に当たって必要とされ続ける分野であり、需要は底堅いと思われます。

また、事業再生の分野についても、現在進行形で人材不足に悩まされており、少子高齢化でマクロ経済全体の不調が継続するであろう日本経済においては、堅調に需要が伸びていくのではないでしょうか。一定以上のサービス水準が保てれば、まだまだ伸びていく余地がある事業領域です。

入社理由

男性

男性

M&Aに関するスキルを得たうえで、キャリアを広げていきたいと考えたため。

女性

女性

人がいいと感じたことと、グローバルでのネットワーク構築のチャンスがあること

KPMGFASの入社理由で多かったのは、BIG4の中でも「サービス品質に対する評価がとても高いので、その中で働けば自身もレベルアップできる」といった理由です。この理由については入社後も妥当であったと考えられる方が多く、品質は実際に高いようです。

また、KPMGグループのブランド力を入社理由として挙げられた方も非常に多かったです。KPMGFASに入社すれば、KPMGグループ内の他の会社に異動できるだけではなく、その後のキャリア形成においても有利に働くため、入社理由としては妥当です。

また、20代・30代の若いうちから多くの案件に関わり、責任のある立場を任されるので、若手のうちの成長環境として最適という声もありました。その分、ワークライフバランスはワークの方に偏りますが、成長したい方にうってつけの環境があるようです。

コンサルティングファームへ転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、コンサルティングファームへの転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

コンサル転職ならインテリゴリラ

コンサルティングファームの選考体験記が網羅

 

会社名 転職難易度 人気度
マッキンゼー&カンパニー ★★★★★ ★★★★
ボストンコンサルティンググループ ★★★★ ★★★★
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン ★★★★ ★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★
日本IBM ★★★ ★★★
アビームコンサルティング ★★★ ★★★
インテリゴリラでは、上記のようなコンサルティングファームの選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例(ケース面接含む)
・内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

 
 
会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

コンサル転職ならインテリゴリラ

KPMGFASへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

Photo bystuartlimedigital

KPMGFASの平均年収などについて解説しました。

FAS業界でもとりわけ年収が高く、外資系戦略コンサルティングファームと比べても遜色ない年収水準であるKPMGFASは、当然転職人気も高いです。

人気ある企業への転職を成功させるためにも、上記で紹介した転職エージェントに登録されることをおすすめします。

また、転職選考口コミサイトのインテリゴリラでは、実際にKPMGFASへの転職を成功させた方の体験談が載っています。以下のリンクからアクセスしてご覧になってみてください。

KPMGFASの選考体験記一覧はこちら

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

コンサルティングファーム一覧

【14分類】コンサルティングファーム会社一覧|人気外資系から特化型までのイメージ
【14分類】コンサルティングファーム会社一覧|人気外資系から特化型まで
高収入の代名詞と言われているコンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事では、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。コンサルティングファームへ転職をお考えの方、興味がある方はぜひご覧ください。

人気外資系コンサルティングファーム

【高収入の代名詞】人気外資系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【高収入の代名詞】人気外資系コンサルティングファーム会社一覧
高収入の代名詞と言われている外資系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。外資系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

戦略系コンサルティングファーム

【戦略立案のプロフェッショナル】戦略系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【戦略立案のプロフェッショナル】戦略系コンサルティングファーム会社一覧
経営戦略立案のプロフェッショナルである戦略系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。戦略系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

総合コンサルティングファーム

【すべてのサービスと業界に対応】総合コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【すべてのサービスと業界に対応】総合コンサルティングファーム会社一覧
幅広く大規模なコンサルティングを行うことができる総合コンサルティングファームの人気企業をご紹介します。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。総合コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

経営コンサルティングファーム

IT・業務系コンサルティングファーム

【業務フロー・システム改善】IT・業務系コンサルティングファーム一覧のイメージ
【業務フロー・システム改善】IT・業務系コンサルティングファーム一覧
業務フローや業務システムの改善を得意とするIT・業務系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があれば転職情報、年収情報、評判や激務度についても確認できます。ITコンサル、業務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

財務コンサルティングファーム

【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧
企業価値、株価向上のために活躍する財務コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。財務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

人事系コンサルティングファーム

医療系コンサルティングファーム

業界特化型コンサルティングファーム

【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧
特定の業務や業界に特化した、業界特化型コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。業界特化型コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

事業再生系コンサルティングファーム

【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧のイメージ
【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧
危機に瀕している事業(企業)を回復させる、事業再生系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。事業再生系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

シンクタンク

国内独立系コンサルティングファーム

FAS・M&Aアドバイザリー

【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめのイメージ
【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめ
企業買収・売却のプロであるFAS・M&Aアドバイザーの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。FAS・M&Aに興味がある方はぜひご覧ください。

監査法人

【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧のイメージ
【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧
会計監査のプロフェッショナルである監査法人の人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。公認会計士や監査法人に興味がある方はぜひご覧ください。
樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事