KPMGFASの平均年収はいくら?ボーナスや評価制度など徹底解説!

KPMGFASの平均年収はいくら?ボーナスや評価制度など徹底解説!

KPMGFASの平均年収はいくらなのでしょうか。本記事ではKPMGFASの給与やボーナス事情、FAS・M&Aや財務コンサルを行う競合他社と比べて平均年収をどう評価できるかなど、KPMGFAS転職希望の方が気になる情報を紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

記事の目次

  1. 1.KPMGFASの平均年収は?
  2. 2.KPMGFASの特徴
  3. 3.KPMGFASの年収モデル例とその他の年収事例
  4. 4.KPMGFASの評価制度・昇給するには
  5. 5.KPMGFASのボーナス・残業代・福利厚生などの待遇の口コミは?
  6. 6.競合他社と平均年収を比較
  7. 7.KPMGFASに転職したいならおすすめの転職エージェント
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.KPMGFASへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

KPMGFASの平均年収は?

Photo bynattanan23

KPMGFASの平均年収はどの程度なのでしょうか。KPMGFASはベース給与とボーナスの水準がとても高く、外資系戦略コンサルティングファームにはやや劣るものの、外資系総合コンサルティングファームの中ではトップクラスの年収水準であると評価されることが多いです。

KPMGFASは職位ごとに給与レンジが決まっています。基本給についての給与レンジは次のようになっています。アソシエイトが600〜800万円、シニアアソシエイトが800〜900万円、マネージャーが1,000万円超、シニアマネージャーが1,200万円超です。

KPMGFASはボーナスの給与水準もとても高いと評判です。アソシエイト時代からボーナスが200〜350万円程度もらえます。このように給与水準のとても高いKPMGFASですが、平均年収はどの程度の年収になるのか、次節で解説します。

KPMGFASの平均年収

KPMGFASの平均年収は1,242万円です。KPMGFASの平均給与は、評判通り他の外資系総合コンサルティングファームなどと比べるととても高い給与になりました。BIG4のFASの中でも、トップクラスの給与水準です。

KPMGFASの平均給与が高くなるのは、業績連動のボーナス金額が大きいことが一因です。ボーナスの金額はアソシエイト時代から200〜350万円もらえますが、シニアアソシエイトになると300〜600万円ももらえます。マネージャーにならずとも1,000万円台半ばの給与水準が達成可能です。

実際に転職サイトなどで口コミを見ていると、シニアアソシエイトの段階で1,200万円の給与や、1,450万円の給与を得ている社員の方の口コミがありました。もちろんこれは業績連動のボーナスによるところが大きく、ボーナス金額が大きい年は一気に1,000万円以上の給与になるようです。

KPMGFASの特徴

[引用元:https://home.kpmg/jp/ja/home/about/offices/tokyo-2.html]

KPMGFASの特徴について解説します。KPMGFASの最大の特徴は、世界4大会計事務所であるKPMGグループの日本におけるメンバーファームのうちの一つであることです。KPMGのブランド力で、日本有数の大企業からの信用を得て、受注もしやすくなっています。

KPMGFASが業界内でも評価が高いサービス領域は、バリュエーションとデューデリジェンスの領域です。これらの領域には会計士のバックグラウンドを持ったレベルの高い社員の方々が多く在籍されており、社員の方々のアウトプットの品質の高さで評価されています。

また、業界としては総合商社や金融機関とのネットワークが強みになっているらしく、これらの業界の企業から定期的に受注して売上を立てられる点も特徴です。資本力のある日本の代表的な企業群とのネットワークを築いているので、これからも安定して成長が見込めます。

KPMGFASの年収モデル例とその他の年収事例

Photo byPublicDomainPictures

KPMGFASの年収モデルはどのようなモデルになっているのでしょうか。本章では、KPMG社員の方々の年収モデルについて解説します。転職希望者の方が転職した後に具体的にどの程度の年収を得られるか分かりますので、ぜひご覧ください。

年収モデル例

KPMGFASのコンサルタントの方々の年収レンジは、職位によって決まります。ベースの年俸+残業代+ボーナスという形で年収が決まってきますので、業績連動のボーナス金額が大きい年はそれだけ年収も高くなります。

ボーナスも含めると入社1〜3年目はアソシエイトで年収700〜900万円程度、3〜7年目はシニアアソシエイトで年収900〜1,400万円程度、7〜14年目はマネージャーで年収1,200〜1,800万円程度といったところではないでしょうか。もちろんマネージャー以上に昇進するのは難しいです。

KPMGFASの年収レンジは、競合他社のFASや外資系総合コンサルティングファームなどと比べてもコンペティティブな数値になっています。結果として、転職難易度も非常に高くなっています。それに比例して入社される方々の能力も非常に高くなっているため、市場からの評価も高いのでしょう。

その他の年収事例

KPMGFASのコンサルタント以外の方々の年収はそこまで高くないようです。事務職の方ですと、入社して2〜3年は年収400万円程度となり、普通の事業会社の事務職と同じくらいの給与レンジになります。コンサルタントの方々とは給与レンジが大きく異なります。

KPMGFASの評価制度・昇給するには

Photo byFree-Photos

KPMGFASは、年に1回ある評価会議で、コンサルタントの方々の次年度の昇給や昇進について決定しています。役職が上がらない限りベース年俸は固定です。アソシエイト・シニアアソシエイトの間はプロジェクトデリバリーへの貢献度いかんによって評価が決まります。

マネージャー以上の評価についてはプロジェクトデリバリーの貢献度はもちろんのこと、それ以上にセールスの貢献度いかんによって評価が決まる部分が大きいとのことです。セールスの業績については明確に評価しやすいので、評価における比重も高いようです。

転職口コミサイトの口コミなどを見ていると、実力主義というよりも、社内政治が上手い方が評価されやすい傾向にある、という口コミもありました。しかしこの点についてはどこのコンサルティングファームでも同じなので、あらかじめ受け入れて立ち回る方が賢いでしょう。

KPMGFASのボーナス・残業代・福利厚生などの待遇の口コミは?

Photo byhelpsg

KPMGFASは、年収水準もとても高く、市場でも評価されている優良企業です。しかし、実際のところはどうなのでしょうか。本章では、KPMGFASにお勤めの社員の方々の口コミ・評判を通して、KPMGFASの実態を分析します。

KPMGFASのボーナスや残業代について、福利厚生制度について、ワークライフバランスについて、女性の働きやすさについて、これからの展望など、KPMGFASに転職希望の方が気になるであろう各種観点について、転職口コミサイトなどの口コミから実態に迫ります。

KPMGFASに転職希望の方、FASファームの実態について知りたい方は、本章をぜひ最後までご覧になってみてください。

ボーナス・残業代

KPMGFASのボーナスについては、上述の通り業績連動で支給されます。アソシエイトの段階から200〜350万円、シニアアソシエイトになると300〜450万円程度と、かなり太っ腹な支給水準です。会社全体の業績も部署の業績も絶好調の時は、基本給と同レベルのボーナスが出るという口コミもありました。

KPMGFASで残業代が出るのは、他のコンサルティングファームと同様にアソシエイトとシニアアソシエイトだけです。マネージャー以上になると残業代は支給されませんので、シニアアソシエイトで残業がかなり多い年は、マネージャーの給与水準と変わらない場合もあるようです。

男性

男性

一説によると、シニアアソシエイトでも、会社・部署・個人全ての業績が絶好調でボーナス金額がマックスまで支給されている上に、残業時間も多い状態が続いた年などは、年収2,000万円を超えることもあるという噂です。競合他社に比べて圧倒的に高い年収水準です。

福利厚生

KPMGFASの福利厚生について解説します。
KPMGFASの福利厚生サービスで一番嬉しいものはカフェテリアプランです。在籍していると付与されていくポイントを利用して、宿泊施設やスポーツクラブ、エステ、健康関連食品、医薬品、チケットなどの購入ができます。

また、各種休暇制度も非常に取得しやすいようです。コンサルティングファームの多くがそうですが、プロジェクトの合間に長期休暇を取れるようになっているので、働いている時期とそうでない時期でメリハリをつけてリフレッシュしながら働けます。

KPMGFASには、いざという時にご両親の介護ができるような介護支援制度も整備されています。介護休業を取得した場合には介護保険給付しかもらえなくなり収入が減少してしまい、社員の方も困ってしまいます。そのような場合にも介護休業者等貸付制度で金銭的サポートを得られます。

ワークライフバランス

KPMGFASのワークライフバランスについての口コミを見ると、激務だという方もいれば、調整しやすいという方もいるので、コンサルティングファームとしては一般的な水準なのではないでしょうか。むしろ、ワークライフバランスは良い方かもしれません。

コンサルティングファームが激務であることは宿命です。クライアントワークであり、本質的には代行業であるコンサルティングサービスは、クライアントへの価値貢献のためにあらゆる手段を尽くして最上のアウトプットを提供しなければならず、そのために激務になりがちです。

KPMGFASにはコンサルティングプロジェクトの合間には休暇が取りやすいという評判もありますし、在宅勤務制度や時短勤務制度などもあります。
また、アウトプットさえ出せれば勤務時間を調整できるという口コミがあるため、コンサルティングファームとしては労働環境が良い方、というのが結論です。

女性の働きやすさ

KPMGFASは、社員の方からも「女性でも働きやすい職場である」という評価がなされています。KPMGFASの女性社員の方の多くが何度も産休・育休を取得されている実績があるため、子育てをしながらでも働きやすい雰囲気はあるようです。

育児のための支援制度は産休・育休だけではありません。コンソーシアム型保育施設を利用できるので、育休明けに子供を預ける場所について悩む必要はありません。また、子供を保育所に入れるための「保活コンシェルジュサービス」を利用して、保育園を探すサポートも提供してくれます。

また、上述したカフェテリアプランのポイントを育児サービスの利用に使うことができる他、ベビーシッターサービスを利用する際には利用金額を援助してくれます。

女性

女性

育休復帰後も在宅勤務制度や時短勤務制度も積極的に利用して働けます。

事業展望

KPMGFASの今後の事業展望について解説します。KPMGFASは、世界4大会計事務所の一角であるKPMGグループの日本におけるメンバーファームのうちの一つとして、今後も堅調に成長を続けていくことが見込まれます。

KPMGFASの事業領域は「経営戦略」、「M&A/PMI」、「事業再生」、「フォレンジック」ですが、事業再生以外の3分野については、これからも日本企業のグローバル化と海外進出に当たって必要とされ続ける分野であり、需要は底堅いと思われます。

また、事業再生の分野についても、現在進行形で人材不足に悩まされており、少子高齢化でマクロ経済全体の不調が継続するであろう日本経済においては、堅調に需要が伸びていくのではないでしょうか。一定以上のサービス水準が保てれば、まだまだ伸びていく余地がある事業領域です。

入社理由

KPMGFASの入社理由で多かったのは、BIG4の中でも「サービス品質に対する評価がとても高いので、その中で働けば自身もレベルアップできる」といった理由です。この理由については入社後も妥当であったと考えられる方が多く、品質は実際に高いようです。

また、KPMGグループのブランド力を入社理由として挙げられた方も非常に多かったです。KPMGFASに入社すれば、KPMGグループ内の他の会社に異動できるだけではなく、その後のキャリア形成においても有利に働くため、入社理由としては妥当です。

また、20代・30代の若いうちから多くの案件に関わり、責任のある立場を任されるので、若手のうちの成長環境として最適という声もありました。その分、ワークライフバランスはワークの方に偏りますが、成長したい方にうってつけの環境があるようです。

競合他社と平均年収を比較

KPMGFASの平均年収を競合他社と比較して、どれくらいの水準であるのか評価します。KPMGFASの平均年収と同じくらいの水準であると予測されるFAS業界、並びにやや高いと思われる外資系戦略コンサルティングファーム業界の競合他社と比較します。

FAS業界の競合他社と比較

KPMGFASの平均年収は1,242万円ですが、競合他社と比較して多いのでしょうか。FAS業界の競合他社でもあり、同じBIG4仲間でもあるPwCアドバイザリー、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの両者と比較します。

PwCアドバイザリーの平均年収は1,002万円です。また、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの平均年収は1,079万円です。どちらのFASファームも、KPMGFASの平均年収を大きく下回りました。

評判通り、FAS業界で待遇を重視して会社を選ぶのであれば、KPMGFASを選ぶのが正解でしょう。

外資系戦略コンサルティングファーム業界と比較

外資系戦略コンサルティングファーム業界とも平均年収を比較します。まず、外資系戦略コンサルティングファーム業界最高峰のマッキンゼーの平均年収は1,182万円です。マッキンゼーにも平均年収で勝っているとは驚きです。

一方で、ボストンコンサルティンググループの平均年収は1,424万円です。さすがに外資系戦略コンサルともなると、平均年収1,400万円を超えてくるファームもあるようです。

さらに、ベインアンドカンパニーの平均年収は1,125万円です。こちらもKPMGFASの平均年収を下回りました。外資系戦略コンサルティングファーム各社と比較してもやはり、KPMGFASの年収水準は格別に高いと評価できます。

KPMGFASに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

KPMGFASへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

KPMGFASの平均年収などについて解説しました。

FAS業界でもとりわけ年収が高く、外資系戦略コンサルティングファームと比べても遜色ない年収水準であるKPMGFASは、当然転職人気も高いです。

人気ある企業への転職を成功させるためにも、上記で紹介した転職エージェントに登録されることをおすすめします。

また、転職選考口コミサイトのインテリゴリラでは、実際にKPMGFASへの転職を成功させた方の体験談が載っています。以下のリンクからアクセスしてご覧になってみてください。

KPMGFASの選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング