インテグループの転職情報|転職難易度や平均年収も紹介

インテグループの転職情報|転職難易度や平均年収も紹介

インテグループの転職情報について解説 します。
コンサルティング会社の採用情報や評判、事業内容などの情報も公開。
インテグループに興味のある方、M&A仲介に転職を考えている方はご覧ください。

記事の目次

  1. 1.インテグループの転職情報を紹介
  2. 2.インテグループの転職難易度は高い?
  3. 3.インテグループの平均年収は?
  4. 4.インテグループはどんな会社?強みも紹介
  5. 5.インテグループの価値観とは?
  6. 6.インテグループは転職難易度が高い|準備をして転職を成功させよう

インテグループの転職情報を紹介

Photo byStartupStockPhotos

インテグループは、M&Aのプロセスを一貫して行っているコンサルティング企業です。

インテグループでは現在、中途採用のコンサルタントを募集しています。実際の求人情報は下記の通りです。

募集職種 コンサルタント
雇用形態 正社員
勤務地 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル4F
就業時間 1日の標準労働時間:8時間(休憩60分)・コアタイム(11時~16時)・フレックスタイム制
休日休暇 土日祝日・年末年始休暇・年次有給休暇
福利厚生  社会保険(健康保険/厚生年金保険/雇用保険/労災保険)
応募資格
  • 大卒以上(必須)
その他
・M&A業務の経験者
・法人営業/金融/財務会計/コンサルティングの業務経験者
・会計士/税理士/弁護士/司法書士等の有資格者
・起業/新規事業立ち上げ/事業責任者等の経験者
 
  • 選考ブロセス
  1. 書類選考
  2. 適性検査
  3. 面接(2〜3回)

インテグループの中途採用は、新卒入社の場合基本的な待遇に違いはなく、応募資格も特にスキルや経験が求められることはありません。

応募の際は、ホームページでのエントリー後にメールにてやり取りが進められ、書類審査・適性検査に加えて複数回の面接があります。

中途採用での応募は、大学卒業以上の経歴が求められますが、M&A業務経験やコンサルティング経験がなくてもよいとされています。また、英語力や運転免許などの資格も不要です。

インテグループでは、コミュニケーション能力や営業力のある人物を求めており、コンサルティング能力に関しては一から学ぶことができます。ですが、実際に応募する際はコンサルティング経験・M&A業務の経験があると採用に有利です。

インテグループの中途採用に応募する際は、コミュニケーション能力や営業力があるのはもちろん、活かせる経歴に関してもアピールできるようにしておきましょう。

そのためにも、企業情報について詳しく知っておく必要があります。
下記にインテグループの事業内容や強み、評判を記載していますので、応募の際に役立てましょう。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

インテグループの転職難易度は高い?

Photo bygeralt

インテグループの転職難易度は高いといえます。

インテグループの転職難易度が高い理由として、現在の転職市場においてM&A仲介業界の需要が高まっていることが挙げられます。少子高齢化が進む現代では、経営者不足による企業の買収が後を立たず、その企業間の仲介にM&A仲介企業は欠かせない存在となっています。

そのためインテグループへの転職希望者の多くは、金融、商社メーカーなどの法人営業経験者であり、実際に採用されている転職者の実績をみると下記のような業界のトップクラスが集まっています。

  • M&A経験者
  • コンサルティングファーム
  • 証券会社
  • 金融機関
  • 総合商社
  • 外資系生命保険会社
  • 公認会計士
  • 不動産

その他にも、業界大手の日本M&Aセンターから転職している人もいるので、競争率の高さからインテグループの転職難易度は非常に高い企業です。

インテグループの平均年収は?

Photo bynattanan23

インテグループの平均年収は、公式ホームページなどで公開されていないため明確な金額は分かりませんが、転職サイトなどの情報によると、約1,642万円といわれています。

この金額は、2021年5月末時点での1年以上在籍しているコンサルタントの直近1年間の平均年収であり、他の企業と比較しても非常に高い年収です。
 

インテグループの年収は、月収+インセンティブ+賞与となっており、賞与は実績などで変動しインセンティブは売上の最大40%以上で上限はありません。その他にもストックオプション制度も備わっています。

インセンティブにより、個人の年収の差が大きくなりますが、ストックオプションの制度は100%支給されるので、実際の年収は大きいと予想されます。

年収が高い理由

インテグループの年収が高い理由として、下記の2つが挙げられます。

  1. 固定給の高さ
  2. インセンティブの高さ

インテグループの固定給は経験や実績によって決まり、初年度で360万円~2,000万円と高い給与水準となっています。

インセンティブ制度は「完全成功報酬制」の「成約額」×「成約件数」×「インセンティブ率」からなっています。インテグループの1人当たりの年間成約組数が2.5組、業界の標準が1.3組なので、倍近い件数です。またインテグループのインセンティブは、中間均等や着手金はなく、成約時のみ発生します。

インテグループでは、譲渡・譲受企業を一貫して担当しながら、領域を拡げる事でより多くの案件をこなせており、高いインセンティブ率であることから、業界でも非常に高い年収が得られます。

インテグループはどんな会社?強みも紹介

Photo bygeralt

インテグループは、2007年に設立されたM&A仲介・アドバイザリー事業を行うコンサルティングファームです。

少子高齢化や過疎化が進む現代では、後継者不足に悩む企業が増加しています。特に日本の中小企業は、日本の企業数約350万社あるうちの99.7%を占めており、事業承継問題が起こっているのが現状です。そこでインテグループは、中小企業のM&Aに特化した仲介・アドバイザリーを行っています。

業績不振や創業者利益の獲得、会社の発展など、さまざまな問題を抱えた経営者から会社・事業の譲渡に関する問題をクライアントとともに、解決しています。

クライアントにとって企業戦略の選択となるM&Aを担うインテグループは、仲介企業として、アドバイザーとして品質の高いサービスを提供しています。

インテグループの強み

インテグループの強みは、完全成功報酬制度・高いM&A成約実績・M&A成立の速さです。

インテグループでは、クライアントがリーズナブルな価格でM&A仲介を依頼できるよう、成功確率の高い案件を見定め着手金や中間金なしで案件を進めています。そのため、業界でもトップクラスの成約率をあげており、完全成功報酬制度を実現させています。

またインテグループは、中小企業のM&Aに特化した仲介・アドバイザリーを行っていることから、財務、法務、労務などに関する専門性の高いプロフェッショナルなコンサルタントが集まっている企業です。そのためスピード感のある成約を実現でき、約3〜6カ月の短期間でM&Aを成立させています。

以上の強みがクライアントからの高い信頼を得ていることで、インテグループのブランド力につながっています。

インテグループの価値観とは?

Photo byStartupStockPhotos

インテグループは、下記の3つの価値観を持ってサービスを提供している企業です。

  • インテグリティ
  • オーナーシップ
  • プロフェッショナリズム
価値観は、社員が企業で働く上での指針となる役割を担う重要な要素です。社員全員が企業の価値観に共感し、働くことができれば組織として目指すべきゴールが見えてきます。

インテグループでは、上記の3つの価値観を持ってクライアントに寄り添ったより良いサービスができるよう、事業を展開しています。
3つのそれぞれの価値観の意味・使命を下記にて紹介します。

インテグループに転職をする際には、企業をより知るために重要な要素となるので、企業の持つ価値観を理解し、その使命を持って働けるよう内容をきちんと理解しておきましょう。

インテグリティ

インテグループの持つ価値観の1つ目は、「インテグリティ」です。

インテグリティとは、クライアントや社員、株主、そして社会に対して、リスクを隠すことなく誠実に真実を話すことを意味しています。

そのための行動として、インテグループでは下記の行動を徹底して事業を進めています。

  • クライアントに専門家のセカンドオピニオンを受けることか許容する
  • 案件に問題が発覚した場合、誠実に相手に状況を伝える
  • クライアントの望む成果が出ない場合、契約解除に応じる
インテグループは上記の内容以外にも、クライアントの利益にならない状況などに対して誠実に対応する行動を重要視している企業です。

信頼関係に重きを置いている企業だからこそ、短期的な利益よりも長期的な利益を得られるようこのような価値観を持ってサービスを提供しています。

オーナシップ

インテグループの持つ価値観の2つ目は、「オーナーシップ」です。

オーナーシップとは、インテグループで働く社員全員が経営者としての自覚と責任を持ち、自ら考え行動することを意味しています。

コンサルタントとして上司や会社からの支持を煽ぐのではなく、自らが主体となってクライアントのために能動的に行動し、相談から成立までの業務を一貫して行うことを重視しています。
担当者が一貫して業務を行うことで下記のようなメリットが得られます。

  • ミスコミュニケーションをなくし、より良いサービスができる
  • M&Aのプロセスを早く習得でき、コンサルタントとしてのノウハウが身につく
  • 達成感が得られ、モチベーションにつながる
また企業としてノルマの設定がなく、個人での主体的な行動が求められていることで、自己管理ができるようになります。そのため会社に縛られるという管理がなくなり、自分のライフスタイルに合った働き方が可能です。

プロフェッショナリズム

インテグループの持つ価値観の3つ目は、「プロフェッショナリズム」です。

プロフェッショナリズムとは、プライドと謙虚さを持ち、合理的で効率的に業務を遂行することを意味しています。

クライアントにより良いサービス・提案ができるよう、新しい情報・アイデアをみづから学ぶ姿勢がコンサルタントのプロフェッショナルとして求められます。

自分の持つ案件にただ取り組むというだけでなく、業務の優先順位を考え効率的に行動し、成果とクライアントの満足度を高められるようにすることが重要です。
量よりも質を重視した働き方で、他社と協力して業務を遂行する必要があります。

成果に繋がらない仕事、官僚主義的な考えをなくし良い結果につながるプロセスを身につけられるようにしましょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

インテグループは転職難易度が高い|準備をして転職を成功させよう

以上の内容をまとめると、インテグループはクライアントの需要を熟知し中小企業に特化したM&A仲介・アドバイザリーを行うコンサルティングファームです。また高い成約率・完全報酬制度などにより、クライアントからの信頼を得ている企業です。

転職の際には、コンサルティング、営業を行う上で必要なコミュニケーション能力・M&Aやコンサルティング経験の高さが有利になるといえます。
中途採用の応募要件では特に資格や経験は求められていませんが、高いスキル・経験を積んでいることで、他の応募者よりも採用に有利になります。
そのため、自分の経歴や資格などの強みをしっかりアピールできるよう準備を行いましょう。

インテグループへの転職の際には、高いコミュニケーション力、M&Aやコンサルティング経歴・スキルをアピールできるようにしましょう。

そのために、まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントの担当者は、高いコミュニケーション力、豊富な経歴・スキルを活かした転職サポートをしてくれます。

高いスキルを求められる難関選考の場合、ハイキャリア向けの転職情報サイト「インテリゴリラ」の利用をおすすめします。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
Fujita
ライター

Fujita

関連記事

目次

人気記事ランキング