日立コンサルティングに転職するには?採用情報や評判を徹底解説!

日立コンサルティングに転職するには?採用情報や評判を徹底解説!

日立コンサルティングに転職する上で求人情報や評判など転職活動で役立つ内容を詳細に公開します。日立コンサルティングはテクノロジー力を活かした広範な領域で活躍する企業です。日立製作所グループで総合コンサルが可能な日立コンサルティングに転職する際、必見の内容です。

記事の目次

  1. 1.日立コンサルティングの特徴
  2. 2.日立コンサルティングの企業情報
  3. 3.日立コンサルティングの社風
  4. 4.日立コンサルティングの待遇や労働環境は?
  5. 5.日立コンサルティングの評判・口コミは?
  6. 6.日立コンサルティングの選考情報
  7. 7.日立コンサルティングの採用情報
  8. 8.日立コンサルティングへの転職に向いている人の特徴
  9. 9.日立コンサルティングへの転職に有利なスキル
  10. 10.日立コンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

日立コンサルティングの特徴

日立コンサルティングの最大の特徴は、日立製作所のグループ会社として日立製作所が持っている技術力やノウハウを最大限に活用し、顧客に対してソリューションを提案できることです。日立製作所が長年培ってきた技術力をダイレクトに活かせる点は他のファームでは絶対にできません。

また、日立製作所の技術だけではなく、日立製作所が長年営業する中で構築してきた顧客との関係性も活用し、比較的安定して案件を受注できます。日立製作所が関わってきた産業領域は幅広く、公共領域から事業会社まで、幅広い産業に対してトータルソリューションを提案できます。

また、日立コンサルティングは日立製作所のグループ会社であるため、戦略立案などのコンサルティングの上流工程のみに集中できる上に、ソリューション構築においてはグループ会社の日立製作所に頼めるため、上流から下流まで関わることができるという一石二鳥のようなことが可能です。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

日立コンサルティングの企業情報

出典: https://www.hitachiconsulting.co.jp/solution/images/pic_scm.jpg

日立コンサルティングは日立製作所100%出資親会社の日系コンサルティングファームです。本章では、日立コンサルティングの企業概要や、日立コンサルティングが提供しているサービス、日立コンサルティングが手掛けるプロジェクト事例を紹介します。

日立コンサルティングの企業概要

日立コンサルティングは、日立製作所を親会社として2002年に設立されました。日立コンサルティングの社員数は410名と他のコンサルティングファームと比較すると、社員数は少なめの中規模のコンサルティングファームと言えます。

日立コンサルティングは元々、1990年に日立製作所内に設立されたコンサルティング部門発祥です。経営戦略の立案からITシステムの構築まで、トータルソリューションを提供するために作られました。そうした経緯があるため、日立製作所本体に対するコンサルティング案件もいまだに多いです。

日立コンサルティングの親会社である日立製作所はモビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、ITと広範な領域で事業展開しています。日立コンサルティングは親会社である日立製作所が展開する様々な領域のテクノロジー力も利用してコンサルティングサービスを提供できる点が強みです。

日立コンサルティングの提供しているサービス

日立コンサルティングはクライアント企業に対してコンサルティングサービスを提供しています。一般的なコンサルティングファームと同様、ソリューション軸とインダストリー軸を掛け合わせ、クライアント企業に対して最適なソリューションを提供します。

日立コンサルティングのコンサルタントは、他の総合系コンサルティングファームなどとは異なり、戦略立案などの上流工程を中心に携わるにもかかわらず、親会社である日立製作所に下流工程を任せることで上流から下流まで全ての工程に関わることができます。

日立コンサルティングの得意なソリューションは、親会社の日立製作所のテクノロジーの知見・ノウハウを活かしたトータルソリューションです。特に公共領域でのソリューションには強く、日立製作所が従来より得意としていた技術力とあわせてソリューションを提供できます。

日立コンサルティングが手掛けるプロジェクト事例

日立コンサルティングが手掛けるプロジェクト事例を紹介します。日立コンサルティングが強い公共領域では、「日本生活協同組合連合会」の「温室効果ガス削減計画策定プロジェクト」で、2050年までにCO2を90%削減するための計画策定をコンサルタントがサポートしました。

また、外部環境の変化や社会のIT化の進展により、変革の必要性が高くなってきている銀行業界においては、10年先の近未来を見据えて銀行のチャネル戦略策定プロジェクトを、日立コンサルティングのコンサルタントがサポートしました。

さらに、日立グループの技術力をよってプロジェクトを進めた事例を紹介します。「Global e-Service on TWX-21」プロジェクトでは、これまで日立建機が培ってきた建設機械の管理・保全サービスを他業種にも展開するプロジェクトで、日立コンサルティングもサポートしました。

アビームコンサルティングへ転職したい!選考難易度から評判・ 面接まで解説!のイメージ
アビームコンサルティングへ転職したい!選考難易度から評判・ 面接まで解説!
アビームコンサルティングへの転職を成功させる為に、難易度・面接の対策・アビームの評判や口コミなどを説明しています。企業の業務効率化やDX(デジタルトランスフォーメーション)に強みを持つアビームへの転職をお考えの方にとって、必見の内容になっています。

日立コンサルティングの社風

Photo byRonaldCandonga

日立コンサルティングの求人における要求に応えるには、社風をしっかりと把握しておく必要があります。

日立コンサルティングの社風

  • 自立した働き方
  • 上司の顔色を伺いだらだら働かない
  • 仕事が終われば上司よりも先に帰る

日立コンサルティングの働き方として、ダラダラ仕事をするという感覚は全くなく、上司より早く帰ることに抵抗がないです。
部下に残るような指示はなく、言ったところで気にもしない人材が多く在籍しています。

アビームコンサルティングへ転職したい!選考難易度から評判・ 面接まで解説!のイメージ
アビームコンサルティングへ転職したい!選考難易度から評判・ 面接まで解説!
アビームコンサルティングへの転職を成功させる為に、難易度・面接の対策・アビームの評判や口コミなどを説明しています。企業の業務効率化やDX(デジタルトランスフォーメーション)に強みを持つアビームへの転職をお考えの方にとって、必見の内容になっています。

日立コンサルティングの待遇や労働環境は?

Photo byFree-Photos

日立コンサルティングのコンサルタントの待遇や労働環境はどのようなものなのでしょうか。日立グループということもあり、待遇も労働環境も比較的良好であると推察されますが、実態はどうなっているのか、本章で紹介します。

日立コンサルティングの待遇

日立コンサルティングの待遇はどのようなものなのでしょうか。日立コンサルティングは日系コンサルティングファームとして福利厚生は良いイメージがありますが、年収についてはどうでしょう。本章で解説します。

日立コンサルティングの年収は年俸制ですが、コンサルタント以上になると業績が良い時などはスポットボーナスをもらえるようです。他の外資系総合コンサルティングファームなどでは、ある程度の職位以上にならないとそもそもボーナスをもらえることもないので、その点はメリットです。

男性

男性

また、他の一部のコンサルティングファームと異なり、残業代もしっかりと出るようなので、残業代で稼ぐことも可能です。全くの年俸制でみなし残業代が多いコンサルティングファームと違い、残業で稼ぐことも可能なのは魅力と言えば魅力です。

日立コンサルティングの平均年収

転職口コミサイトのデータをもとに転職ゴリラ編集部が推計したところ、日立コンサルティングのコンサルタント職の平均年収は780万円です。他の日系コンサルティングファームや、外資系総合コンサルティングファームと同じ程度か、やや低めの平均年収になりました。

日立コンサルティングの職位ごとの年収レンジは以下のようになっています。
 

職位 年収レンジ
アナリスト 400〜600万円
コンサルタント 600〜800万円
シニアコンサルタント 800〜1,000万円
マネージャー 1,000〜1,200万円
シニアマネージャー 1,400万円〜

職位別の年収水準を見ると、他の日系総合コンサルティングファームや、外資系総合コンサルティングファームとあまり変わりません。そもそも日立コンサルティングのコンサルタント数が少ないために、平均年収だけは見かけ上低めに算出されてしまったのでしょう。

日立コンサルティングの福利厚生

日立コンサルティングの福利厚生について解説します。日立コンサルティングには、有給休暇や各種社会保険だけではなく、子育てや介護など、様々なライフイベントをこなしながらでも働きやすい環境が整備されています。

出産をする際に取得できる出産休暇や出産後に休暇を取得できる育児休業制度、子供がある程度大きくなってからでも子供のために在宅時間を増やせる時短勤務制度など、子供を育てる親にとって嬉しい各種制度は整備されています。

また、介護が必要になった親を介護するために取得できる介護休業制度や介護のための時短勤務制度もあります。

女性

女性

さらに、財形貯蓄を利用して効率的に貯蓄できたり、カフェテリアプランを活用して、各種サービスをお得に利用できます。基本的な福利厚生については完備されていると言えるでしょう。

日立コンサルティングの労働環境は?

日立コンサルティングで働くコンサルタントの方々の労働環境はどのようになっているのでしょうか。日立コンサルティングは伝統的な日本の大企業である日立製作所が親会社のコンサルティングファームということもあり、日系企業の労働環境に近いのでしょうか。

一般的にコンサルティングファームで働くコンサルタントの労働環境は事業会社よりも過酷であることが少なくありません。朝に出社してから終電で帰るまでずっとオフィスで仕事に集中していたり、場合によっては終電がなくなっても仕事をしている、といった労働環境があるファームも多いです。

日立コンサルティングのコンサルタントも、他のコンサルティングファームと同様、激務な労働環境におかれていると想像できますが、実態はどうなのでしょうか。本章で日立コンサルティングのコンサルタントの労働環境について紹介します。

日立コンサルティングの残業時間

転職口コミサイトでは、日立コンサルティングのコンサルタントの残業時間はプロジェクトや所属する部署による、という声が数多く見受けられました。他のコンサルティングファームと同様です。残業時間が多いプロジェクトもあれば、少ないプロジェクトもあるようです。

ただし、やはりコンサルティングファームであるためクライアントファーストであり、クライアントの都合を優先すれば残業は多くなりがち、ということでした。コンサルティングファームであればどこもそうなので、日立コンサルティングに入社したい方であっても覚悟しなければなりません。

稼働が多いプロジェクトなどでは、週6日出勤で、毎日早朝出勤、終電すぎ帰宅というような生活を2〜3ヶ月続けたようなプロジェクトもあるそうです。

女性

女性

やはり、残業時間や休日時間はかなり多いと考えて入社した方が後で後悔しません。

日立コンサルティングのワークライフバランス

上述のように、日立コンサルティングのコンサルタントもプロジェクトや部署によって忙しくなる点は他のコンサルティングファーム同様です。しかし、日立コンサルティングの組織風土としては、ワークライフバランスが取りやすい雰囲気はあるようです。

ワークライフバランスを取るための育休制度や時短勤務制度などは整備されていますし、それらの制度を利用すれば良好なワークライフバランスを維持するのも可能でしょう。また、ダラダラと残業するのではなく、業務が終われば定時で上がれるカルチャーもあります。

総じて、日立コンサルティングのコンサルタントのワークライフバランスは、他のコンサルティングファームと比べて良好だと言えそうです。有給休暇取得も奨励されていて取得しやすいので、長期休みを取って旅行にいくなどして、プライベートも比較的充実させられるのではないでしょうか。

日立コンサルティングは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!のイメージ
日立コンサルティングは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!
日立製作所が親会社の日立コンサルティングは残業が多く激務なのでしょうか。日立製作所との連携でITソリューションに強い、総合コンサルティング企業です。日立コンサルティングに転職希望の方に向けて激務なのかどうかや、年収についての評判・口コミなどを紹介します。
アクセンチュアの転職難易度は?面接対策から評判や年収まで徹底解説!のイメージ
アクセンチュアの転職難易度は?面接対策から評判や年収まで徹底解説!
アクセンチュアへの転職を成功させる為に、難易度・面接の対策・アクセンチュアの評判や口コミなどを説明しています。戦略立案からITを駆使した総合コンサルに強みを持つ世界最大級のコンサルティングファームへの転職をお考えの方にとって、必見の内容となっています。

日立コンサルティングの評判・口コミは?

出典: https://www.hitachiconsulting.co.jp/solution/images/pic_digital.jpg

日立コンサルティングのコンサルタントは、日立製作所グループの各企業と連携しながらクライアントに最適なソリューションを提案できるので、コンサルティングファームの中でも独自のポジショニングで転職希望者からも人気を集めているコンサルティングファームです。

上述のように、日立コンサルティングは独自のポジションと魅力を有しているコンサルティングファームですが、実際のところ、社員のコンサルタントの方々はファームに対してどのように思われているのか、気になるところです。

本章では、日立コンサルティングの評判・口コミについて、様々な観点から紹介します。日立コンサルティングの待遇についてや、仕事のやりがい・成長について、社員の雰囲気についてなどの評判・口コミを紹介しますので、日立コンサルティングに転職希望の方はぜひご覧ください。

待遇について

日立コンサルティングの報酬については、他のコンサルティング各社よりもやや低めの報酬水準であることをあまりよく思っていない口コミ・評判が少なからず見受けられました。同じ職位同士の年収水準で比較すると、確かに他の総合系コンサルティングファームよりやや低い水準です。

しかし、若手でも評価されると早く昇進できる実力主義的な評価制度が機能していることを肯定的に捉えている声もありました。早く昇進できれば、その分報酬水準も上がるので、若手のうちはもらえやすいのではないか、という評価をされるコンサルタントの方もいらっしゃいました。

また、ボーナスについては個人評価と連動しているので、そこをモチベーションにされている方も少なくありません。ボーナスの業績は、マネージャー以下は全社の業績に連動していて、シニアマネージャー以上は事業部の業績に連動しています。

仕事のやりがい・成長について

日立製作所が親会社のコンサルティングファームということで、日立コンサルティングのクライアントには日本を代表するような大企業が多く、それらのクライアントの事業課題を解決できることにやりがいを感じているコンサルタントの方は多いです。

また、日立コンサルティングはコンサルタントの社員数が約400名程度とやや少なめなので、小規模プロジェクトが多く、一人ひとりの裁量が大きい点を魅力に感じる社員の方も少なくありません。若手は上司の手足になりがちな大規模ファームと比べてその点は魅力的です。

成長環境という意味でも、若手のうちからクライアントと直接コミュニケーションを取る機会が与えられるため、成長が早いという声が多く見受けられました。日立製作所グループの会社と一緒にプロジェクトを進めるため、関係者を巻き込んでプロジェクトを推進する力もつきそうです。

社員の雰囲気について

上述した通り、日立コンサルティングは元々日立製作所のコンサルティング部門として発祥した経緯があるため、日立製作所のように社員を大切にする雰囲気があるようです。外資系戦略コンサルティングファームのようにUp or Outではなく、社員には長く在籍してほしいと考えている、とのことです。

日立コンサルティングには新卒、事業会社出身者、日立製作所出身者、アクセンチュアなどの外資系総合コンサルティングファーム出身者など、様々なバックグラウンドを持ったコンサルタントがいらっしゃいますので、配属される部署によって文化も異なるようです。

しかし、基本的には日立製作所のカルチャーを受け継いでいるので、一部の外資系コンサルティングファームのように殺伐としている感じではなく、一体感のある雰囲気があるようです。日系企業のような雰囲気のあるコンサルティングファームに入社したい方にはおすすめできる魅力的な環境です。
 

女性の働きやすさについて

女性コンサルタントの方であっても子育てをしながら働ける制度は整っていますし、実際にそれらの制度を利用しながら働いている女性コンサルタントの方も少なくないそうですので、女性でも働きやすいのではないでしょうか。

産休を何度も取ることができたり、比較的融通は効くようです。しかし、コンサルティングファームであるため、他の事業会社と比べればやはりワークライフバランスはワークに傾きがちであることは、あらかじめ覚悟した上で入社されることをおすすめします。

女性社員の比率も増えてきており、実力があれば当然昇進できます。昨今の女性管理職を増やそうという社会の流れに後押しされて、マネージャー以上の女性コンサルタントの方もこれからますます増えていくのではないでしょうか。

女性

女性

実力がある女性の方には当然チャンスがあります。

日立コンサルティングの選考情報

Photo byalda2

日立製作所グループの中でも特に転職難易度の高い日立コンサルティングの選考情報を紹介します。日立コンサルティングの選考フローと面接内容、日立コンサルティングの面接傾向と質問例、日立コンサルティングの求める人物像など、気になる求人情報をまとめて紹介します。

日立コンサルティングの選考フローと面接内容

日立コンサルティングの選考フローは書類選考、Webテスト、一次面接、二次面接、三次面接というフローです。他のコンサルティングファームと比べると面接回数が少ないため、比較的プレッシャーを感じずに転職選考に臨めるのではないでしょうか。

日立コンサルティングの面接内容は、他のコンサルティングファームの面接などと同様、フェルミ推定やケース面接と、普通の質問が混在しています。コンサルティングファーム面接対策の本などを読んで、求人内容に耐え得るフェルミ推定とケース面接の対策をしておきましょう。

特にケース面接については練習が必要になりますので、コンサルティングファームの転職に強い転職エージェントに登録した上で面接対策をしてもらうのがおすすめです。本記事で後述しますので、転職エージェントを活用してみることをおすすめします。

日立コンサルティングの面接傾向と質問例

日立コンサルティングの求人面接では、「なぜコンサルタントになりたいのか」、「なぜ他のコンサルティングファームではなく日立コンサルティングなのか」など、基本的な質問が多く、変化球のような質問は少ないので、しっかりと準備して臨めば大丈夫です。

これまでの職務経験について聞かれることも多いです。特に前職のビジネスモデルについてはよく話せるようにしておきましょう。また前職のビジネス環境、並びにビジネスを改善するためにはどうしたら良いのか具体的な提案まで話せるようにすると尚良いです。

フェルミ推定の質問では「北海道にピアノ調律師は何人いるか」など少しトリッキーな質問も出ますが、フェルミ推定はあくまで思考の粒度や、思考プロセスを見られるものなので、正確である必要はそこまでありません。ちゃんと練習してから面接を受ければ大丈夫です。

日立コンサルティングの求める人物像

日立コンサルティングが求めている人材像はスキル面で言うと「論理的思考力」、「ファシリテーション能力」、「コミットメント」を持ち合わせている人材です。それぞれがプロジェクトを推進する際に不可欠な能力なので、これらを持ち合わせているかどうかを問われます。

論理的思考力は面接の際に厳しく問われます。面接官の方の質問に対して、面接官の方が期待した方向に球を打ち返さなければ、「論理的思考ができない」と判断されてしまいます。準備の際に論理的に回答できるよう入念に練習しておきましょう。

ファシリテーション能力とコミットメントについては、前職の経験を話す際にそれらの能力を持ち合わせていることがアピールできるよう、ストーリーを組み立てておきましょう。そのストーリーを話せば、2つのスキルを持っていることがアピールできる状態まで組み立てられればOKです。

【2021年版】フューチャーへの転職は難しい?面接対策など詳しく解説のイメージ
【2021年版】フューチャーへの転職は難しい?面接対策など詳しく解説
フューチャーは最先端テクノロジーを駆使した日系コンサルティング企業です。フューチャーは知名度も高く転職は難しいです。しかし正確な情報を集めて対策をすれ転職できるばフューチャーに転職できる可能性は高まります。この記事では転職の面接対策などについて解説します。

日立コンサルティングの採用情報

Photo by377053

日立コンサルティングの採用情報を紹介します。日立コンサルティングは社員数約400名程度と中規模のコンサルティングファームではありますが、様々な職種で社員を募集しています。ぜひ本章を読んで、あなたに合った職種で応募してみてください。

日立コンサルティングの募集職種

日立コンサルティングが募集している職種は基本的に「コンサルタント」のみですが、コンサルタントにも以下のように様々な種類のコンサルタント職種があります。

  • BPRコンサルタント
  • PMOコンサルタント
  • DXコンサルタント
  • 経理・財務改革コンサルタント
  • 経営管理改革コンサルタント
  • グローバル専門コンサルタント
  • SCM/ECMコンサルタント
  • 再エネコンサルタント
  • アナリティクスコンサルタント
  • HRテクノロジー・ワークスタイル変革コンサルタント
  • デジタル戦略&オペレーション変革コンサルタント
  • ビジネスデザインコンサルタント
  • ビジネスコンサルタント
  • 公共コンサルタント
  • 事業戦略コンサルタント

上記のように、様々なコンサルタント職種があるので、あなたの希望に沿ったコンサルタント職種に応募してみてください。

【2021年版】フューチャーへの転職は難しい?面接対策など詳しく解説のイメージ
【2021年版】フューチャーへの転職は難しい?面接対策など詳しく解説
フューチャーは最先端テクノロジーを駆使した日系コンサルティング企業です。フューチャーは知名度も高く転職は難しいです。しかし正確な情報を集めて対策をすれ転職できるばフューチャーに転職できる可能性は高まります。この記事では転職の面接対策などについて解説します。

日立コンサルティングへの転職に向いている人の特徴

Photo byStartupStockPhotos

日立コンサルティングへの転職に向いているのは以下の3点の要素を持ち合わせている人と言えます。

日立コンサルティングへの転職に向いている人

  • 公共分野や社会インフラ系の大規模案件に携わりたいこと
  • 自ら成長して成果に結びつけられること
  • 安定した経営基盤の下で業務を進めたいこと

日立コンサルティングは他のコンサルティングファームと同様に厳しい環境ではありますが、外資系コンサルティングファームほどのUp or Outな環境ではないので、実力をつけながら安定的に働きたい場合は検討の価値がある企業と言えます。

日立コンサルティングへの転職に有利なスキル

Photo byLalmch

日立コンサルティングは、対応する案件として社会課題の解決や次世代社会の構想策定といった内容が多いことに加え、ITをはじめとした技術分野の深堀が必要な案件も多いことが特徴です。特に最近はAI・ロボティクス分野でもサービスが必要とされることが増えているため、技術分野での知見や経験がある方は歓迎される傾向にあります。

中途で入社する際には、ロジカルシンキングやリーダーシップ、冷静な分析力、コミュニケーション力など基本的なコンサルティングスキルが必要になり、応募対象の部門が主に担当する業界分野での経験、知見からどのような実績を出してきたのかを述べる必要もあります。
グローバル案件もあるため、語学力もアピールポイントとなります。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

日立コンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

Photo by089photoshootings

日立コンサルティングの転職情報や口コミなどについて解説しました。

日系企業の良さを残しつつ、人気職種のコンサルタントになれるとあって、日立コンサルティングの転職人気は高いです。そのため、当然転職難易度も高くなります。

難易度の高い転職を成功させるには入念な準備が不可欠です。コンサルタント転職に強い転職エージェントに登録してサポートしてもらうことをおすすめします。

 

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング