日立コンサルティングは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

日立コンサルティングは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

日立製作所が親会社の日立コンサルティングは残業が多く激務なのでしょうか。日立製作所との連携でITソリューションに強い、総合コンサルティング企業です。日立コンサルティングに転職希望の方に向けて激務なのかどうかや、年収についての評判・口コミなどを紹介します。

記事の目次

  1. 1.日立コンサルティングの企業情報
  2. 2.日立コンサルティングは激務なのか?
  3. 3.日立コンサルティングの労働時間や激務度の実態
  4. 4.日立コンサルティング社員の評判・口コミ
  5. 5.激務でハイレベルな日立コンサルティングへの転職に向いている人物像
  6. 6.日立コンサルティングに転職したいならおすすめの転職エージェント
  7. 7.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  8. 8.日立コンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

日立コンサルティングの企業情報

出典: https://www.hitachiconsulting.co.jp/

日立コンサルティングは、親会社である日立製作所のコンサルティング部門として発祥しました。現在では、日立製作所のブレーン、並びにコンサルティングファームとして、日本を代表するような大企業・官庁などのクライアントに対してコンサルティングサービスを提供しています。

日立コンサルティングの社員数は2020年2月末時点で410名と、他の総合系コンサルティングファームと比較すると少なめです。ITソリューションなどの戦略の実行については親会社である日立製作所に任せることができるので、日立コンサルティングの社員数は少ないのかもしれません。

日立コンサルティングの親会社である日立製作所には、研究開発機能、モビリティ、ライフ、インダストリー、エネルギー、ITなど様々な部署があり、それらの部署と連携してソリューションを提供できます。また、日立製作所本体だけでなく、日立グループ各社とも連携可能です。

日立コンサルティングの特徴

日立コンサルティングの最大の特徴は親会社の日立製作所と連携して顧客にコンサルティングサービスを提供できる点です。また、日立製作所が今まで営業する中で培ってきたクライアント網を活用して案件を受注できる点は日立コンサルティングの大きな強みです。

外資系総合コンサルティングファームなどの中には、IT系のソリューション構築に強いファームはあります。しかし、IT系以外のハードウェアの領域も絡めてソリューションを提案できるのは、日立製作所や関連会社のテクノロジーを活用できる日立コンサルティングくらいではないでしょうか。

日立コンサルティングのクライアントには、日立製作所が従来より関係性を構築してきた公共領域のクライアントが多いと評判です。しかし、最近話題の再生可能エネルギー領域や、フィンテック領域、IoT領域などのコンサルティング需要を抱えた民間企業のクライアントも少なくないという評判もあります。

日立コンサルティングの事業内容

日立コンサルティングはクライアント企業に対して様々なコンサルティングサービスを提供しています。大きく分けて、マネジメントコンサルティング・業務コンサルティング・ITコンサルティングの3領域のコンサルティングサービスがあります。

日立コンサルティングのコンサルティングサービスは、ソリューション別サービスと業種別サービスの2つの軸で分けることもできます。この点については他のコンサルティングファーム同様です。それぞれの領域で専門性を磨いているコンサルタントがコンサルティングサービスを提供しています。

ソリューション別サービスについては、経営・事業戦略、業務改革、CRM、SCM、働き方改革・人財活用、サステナビリティ、Society 5.0、ITコンサルティング、デジタルコンサルティングのそれぞれの領域でコンサルティングサービスを提供しています。

日立コンサルティングのトップメッセージと今後の事業展開

日立コンサルティングの今後の事業展開はどのような展開になるのでしょうか。本章では、日立コンサルティングのトップメッセージや、今後の日立コンサルティングの方向性やビジョン事業展開などについて紹介します。

トップメッセージ

日立コンサルティングのホームページ上で公表されているトップメッセージから、日立コンサルティングが大切にしている価値観やビジョンについて紹介します。日立コンサルティングのトップメッセージにおいても、親会社である日立製作所との関係性が強調されています。

日立製作所を筆頭とする日立グループは、エネルギー・自動車・鉄道・金融・製造といった国の基幹産業ともいうべき領域における様々な企業と取引をしてきた実績を強調され、これらの企業との強固な関係性を今後も築いていくとのことです。

男性

男性

また、日立製作所自身がインフラ分野のテクノロジーやITテクノロジーを掛け合わせて「社会イノベーション」を手がけてきた実績についても触れ、これからも日立グループとともにこれからも社会イノベーションを創出していくビジョンが語られています。

今後の事業展開

日立コンサルティングはこれまで同様、IoTやAIなど、日立グループが保有する最先端テクノロジーへの知見やノウハウを活かして、ソフト・ハード両方のテクノロジーに強いコンサルティングファームとしてコンサルティングサービスを提供していくでしょう。

また、日本において公共領域のクライアントに対して様々なコンサルティングサービスを提供してきたこれまでの経歴やノウハウを活かし、日本で成功した事例をグローバルでも展開するといった方向性で事業を拡大することもできます。

日立コンサルティングは単体だと約400名程度とあまり人数が多いわけではないため、これからも日立グループとの連携を通じて、日立グループのブレインとして活躍していくという方向性が最も蓋然性が高いです。

日立コンサルティングは激務なのか?

出典: https://www.hitachiconsulting.co.jp/

日立コンサルティングは残業が多く激務なのでしょうか。コンサルティングファームは一般的に残業が多く激務であるという評判があります。日立製作所のカルチャーを受け継いでいる日立コンサルティングはあまり激務のイメージがありませんが、実際の評判はどうなのか本章で紹介します。

激務の噂は本当なのか?

日立コンサルティングは残業が多く激務なのかどうかですが、激務であるという評判と、激務ではなくプロジェクトによってはワークライフバランスが取れるという評判と両方ありました。したがって、必ずしも残業が多く激務というわけではない、というのが実態に近いようです。

コンサルティングファームにおいては、プロジェクトやプロジェクトの上司のスタイルいかんによって、残業が多いかどうか、激務なのかどうかが決まることが多いです。その点では、日立コンサルティングも他のコンサルティングファーム同様です。

日立コンサルティングの中でも、昨今は残業を減らすようなイニシアチブが取られているようなので、ワークライフバランスが良好なコンサルティングファームに転職されたい方にもおすすめできるコンサルティングファームと言えます。

日立コンサルティングの労働時間や激務度の実態

出典: https://www.hitachiconsulting.co.jp/

日立コンサルティングのコンサルタントの残業時間や激務度はプロジェクトや上司によることは上述しました。これは他のコンサルティングファームも同様ですので、日立コンサルティングだけ特に残業が多いというわけではありません。実態として残業する場合はどれくらい残業するのか、実例を紹介します。

転職口コミサイトを見ると、始発出社で働き出し終電、あるいは終電すぎまで残業して週6日労働、という働き方を2〜3ヶ月続けるようなハードなプロジェクトもあるようです。プロジェクトによっては、やはり終電すぎまで残業することもあるのが実態です。

日立コンサルティングは比較的良好なワークライフバランスを実現できるコンサルティングファームであるという評判もあり、実際にそうなのですが、完全に残業なしというわけにはいきません。

男性

男性

激務な時は激務になるので、その点覚悟して入社しなければ後で確実に後悔することになります。

日立コンサルティング社員の評判・口コミ

Photo by089photoshootings

日立コンサルティングの評判・口コミについて紹介します。日立コンサルティングの年収や社内の雰囲気、仕事のやりがいや成長環境、女性の働きやすさについて、評価制度など、様々な角度から日立コンサルティングの評判・口コミを深掘りして紹介します。

激務の対価である高給には満足している?

日立コンサルティングで働くコンサルタントの方は、激務の対価としてもらえる年収に満足されている方が多いようです。アナリストやコンサルタントなど、職位がまだ低い場合には競合と比べてそこまで年収は高くありませんが、シニアコンサルタント以上になると満足いく年収になるとのことです。

実際のところ、日立コンサルティングの平均年収は780万円と、他のコンサルティングファームと比べてもやや控え目です。これは転職口コミサイトのデータをもとに推計していますので、アナリストやコンサルタントの方のデータが多く入っていることが原因かと思われます。

シニアコンサルタントになると800〜1,000万円の年収レンジになりますので、競合のファームと比べても魅力的な年収水準です。マネージャーにならなければ1,000万円を超えないファームもありますので、日立コンサルティングはある程度まで職位が上がれば年収が高いファームと言えます。

人間関係や社員の雰囲気について

日立コンサルティングは元々日立製作所のコンサルティング部門として発足した経緯があるため、日立コンサルティングの上層部の方々は日立製作所出身の方が多く、日立製作所のカルチャーや雰囲気が強いようです。

日立製作所は、「基本」や「正道」を重視するカルチャーなので、良くも悪くも「型」を重視します。また、外資系コンサルティングファームのようにガツガツしている雰囲気はあまりなく、チームワークを重視する温和なカルチャーと言えます。

中堅や若手には外資系コンサルティングファーム出身者や事業会社出身者など、様々なバッググラウンドのあるコンサルタントがいらっしゃいますが、外資系コンサルティングファームのような個人主義的な雰囲気も一部あるようです。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

日立コンサルティングのコンサルタントの方の口コミを見ると、日本を代表する名だたるクライアントと仕事ができることがやりがいになっている方も多いようです。また、クライアントの業界も多様なので、様々な業界の企業をコンサルティングできる点を魅力に挙げられている方もいらっしゃいました。

日立コンサルティングは社員数が約400名程度と少なめなので、一人ひとりに任される裁量が大きく、若手のうちからプロジェクトをリードできることをやりがいとして挙げられた方も数多く見受けられました。

成長環境については、上記の通り若手のうちから成長できる環境があります。また、コンサルタントの研修も充実しており、OJTだけではなく座学でも体系的にコンサルティングを学べます。また、日立グループの研修も受けられるので、研修で様々なことを学び、レベルアップできます。

女性の働きやすさについて

日立コンサルティングには年々女性のコンサルタントの方も増えてきており、女性の方でも働きやすい環境が整ってきています。社員の方の女性比率が増えてきているので、これからはマネージャー以上の女性比率もより増えていくのではないでしょうか。

子育てをしながらでも働きやすい福利厚生制度も整備されています。産休や育休、育児のための時短勤務制度などの制度があるので、子供を育てたい方でも安心です。また、これらの制度は実際に利用されているので、形式だけということでもありません。

評価の面でも当然、男女の評価は公平です。コンサルティングファームなので、評価はアウトプットベースで評価されます。

女性

女性

短時間で労働する場合、それなりのアウトプットを出さなければ当然高評価はもらえませんので、その点は覚悟して時短勤務制度など取得する必要があります。

評価制度について

日立コンサルティングの人事評価には2つのプロセスがあります。1つはプロジェクトが終わるごとに直属の上司からなされる評価。もう1つは1年に1度ある所属する組織のトップからなされる評価です。この2つの評価で昇進や昇給が決まります。

転職口コミサイトで評価制度についての口コミを見ると、「あまり明確な評価基準などがあるようには思えない」という声も見受けられました。人事については不透明なところがあるようです。上司の主観で決まるという意見も数多かったです。

しかし、いくら評価項目を決めたところで、人事評価はどうしても属人的なものになってしまうのはどこのコンサルティングファームも一緒です。それを覚悟して、最初から上司に評価されるように行動する方がクレバーです。

入社理由について

日立コンサルティングに転職して入社された方の理由で多かったのは、「ホワイトな働き方ができそうだったから」というもので、実際に外資系コンサルティングファームから転職された方の意見によると、「日立コンサルティングの方がホワイトな働き方ができる」とのことでした。

また、若手のうちから大きなプロジェクトに関われることや、日立コンサルティングでないとできないコンサルティングテーマがあること、日立製作所グループの最先端テクノロジーを活かしたコンサルティングができることなどを理由に挙げられている方もいらっしゃいました。

総じて、日立コンサルティングはホワイトなコンサルティングファームで働きたい方や、日立製作所グループの先端テクノロジーを活かしてコンサルティングをしたい方、若くから成長したい方などにおすすめできるコンサルティングファームと言えるでしょう。

激務でハイレベルな日立コンサルティングへの転職に向いている人物像

Photo byLoganArt

日立コンサルティングはどのような人材を求めているのでしょうか。第一に、コンサルティングで重要なのは「クライアントファースト」であることを理解して、クライアントや社会課題解決のために使命感を持って働くことができる人材です。

また、論理的思考力と学習能力を持っている人材です。クライアントに対して納得感のある提案をするには論理的思考力は重要です。また、日々学習し続けなければ最先端のコンサルティングサービスを提供できないため、日頃から学習をし続けられる学習能力もなければなりません。

さらに、コンサルティングは人と組織を動かす仕事なので、人を動かすマネジメント力や、コミュニケーション能力がある人材は求められるでしょう。今までの職歴の中でマネジメント経験や、苦労して組織を動かし、成功に導いた経験がある人ほど採用される可能性が高いです。

日立コンサルティングに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

日立コンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

日立コンサルティングは激務なのかどうかという点や、口コミ・評判などについて解説しました。

結論としては、日立コンサルティングは比較的労働環境の良いコンサルティングファームです。したがって、当然転職難易度も高くなります。

難易度の高い転職活動を成功させるには、事前の入念な準備が欠かせません。転職準備を一緒にサポートしてもらえる転職エージェントに登録して、準備してみてください。

また、転職選考口コミサイトのインテリゴリラでは、日立コンサルティングへの転職を成功させた方の口コミが載っています。以下のリンクから口コミをご覧になってみてください。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング