デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の転職・採用!年収・評判も

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の転職・採用!年収・評判も

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の転職難易度・中途採用情報を紹介。リスクアドバイザリー部門で多くの実績を残している外資系コンサル企業。会社強みや年収も紹介しますのでデロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社へ転職を考えている方はぜひご覧ください

記事の目次

  1. 1.デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の中途採用は様々な職種の募集あり
  2. 2.2022年デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社へ名称変更
  3. 3.デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社が求めるのは「パッション」
  4. 4.デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社のキャリアパス
  5. 5.デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社はITリスクに関するコンサルに強い
  6. 6.デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の会社概要
  7. 7.デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の強み
  8. 8.デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の評判
  9. 9.デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の年収
  10. 10.デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社はAWS認定パートナーの全株式を取得?
  11. 11.デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社への転職は最新情報をチェックしよう

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の中途採用は様々な職種の募集あり

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の採用情報を紹介します。

現在、下記の職種で募集が行われています。
・ITアドバイザリーコンサルタント
・金融機関向けITコンサルタント
・保険業界向けデジタルリスクコンサルタント
・DX推進コンサルタント
・クラウドコンサルタント
・データリスクコンサルタント
・会計システムコンサルタント
・EPM \ BI系システムコンサルタント
・プロセスマイニング・RPA、業務デジタル化コンサルタント
・DX GRC・コンサルタント
・システムエンジニア
・PMO /PGMO領域コンサルタント
・セクター別デジタルオファリング開発&セールス担当


デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の待遇は、下記の内容になります。

・諸手当:雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金

 ・休日/休暇:土日祝日、年末年始、有給、慶弔、育児、介護休暇

・福利厚生:退職金制度、総合福祉団体定期保険、財形貯蓄制度、定期健康診断、自己啓発援助、企業年金基金、定年退職制度、継続雇用制度


デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の募集職種は、基本的にコンサルタントやエンジニアが多く、ほとんどが部門ごとのコンサルタントを募集している形です。
福利厚生に関しては、一般的な内容で特殊な制度等はありません。ですが過去の職種・職位によって待遇内容が変わる場合があります。

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社は出向だけ募集しているのか?

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社への転職の場合、勤務地は東京事務所です。また有限責任監査法人トーマツ入所後の出向か直接入社となっています。
その他それぞれの職種で採用の必須条件が細かく示されており、主にその職種での実務経験が問われます。グローバルな事業展開をしていることから、英語力があると採用に有利です。
求められる人物像は、粘り強さ・素直さ・主体性・自己分析力・論理的思考力・コミュニケーション能力・将来どうなりたいか目標やイメージを持っているなどが挙げられています。

コンサルティングファームへの転職ならインテリゴリラ

コンサルティングファームに転職をお考えでしょうか?
インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、コンサルティングファームへ転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。
志望業界が未経験である場合、志望企業が未経験での採用を行っているかどうかも確認しなければなりません。
そして志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。
中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。

実際にコンサルティングファームの選考では、対策必須ともいえるケース面接の出題頻度が高いです。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。
内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

コンサルティングファームの企業一覧はこちら

【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧
企業価値、株価向上のために活躍する財務コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。財務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧
特定の業務や業界に特化した、業界特化型コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。業界特化型コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧のイメージ
【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧
危機に瀕している事業(企業)を回復させる、事業再生系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。事業再生系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめのイメージ
【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめ
企業買収・売却のプロであるFAS・M&Aアドバイザーの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。FAS・M&Aに興味がある方はぜひご覧ください。
【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧のイメージ
【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧
会計監査のプロフェッショナルである監査法人の人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。公認会計士や監査法人に興味がある方はぜひご覧ください。

2022年デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社へ名称変更

フリー写真素材ぱくたそ

2022年6月、デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社はデロイト トーマツ リスクサービス株式会社から名称変更されました。

名称変更の理由は公式サイトによると、「複雑な事業環境下での持続的成長に向けた企業活動において、今やリスクを適切に判断し経営に活かすことが必要であり、リスクアドバイザリーというサービス領域の認知が急速に高まってきています。DTRSは2009年の設立以来、リスクアドバイザリービジネスにおけるデジタルリスク領域のサービスを一貫して提供し、クライアントのビジネスの成長に大きく貢献してきました。今回の変更は、デジタルの重要性が増す中でリスクアドバイザリーの中核を担う企業としてビジネス名と企業名のブランドを統一し、リスクアドバイザリーというビジネスの社会的認知・ブランディング向上の一端を担うことを企図しています。」とのことでした。
(公式サイト:https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/about-deloitte/articles/news-releases/nr20220525.html 引用)

現在の企業活動はリスクを判断し経営に活かすことが大切であるため、リスクアドバイザリーという分野でクライアントのビジネス成長に貢献する目的で名称変更をしました。
デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社では主にIT領域のリスク低減を目的とした戦略の立案、プロセスの分析、マネジメントを支援します。

 

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社が求めるのは「パッション」

Photo byALEEN

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社では社員に「パッション」を求めています。
「パッション」とは内面の熱意を指し、そのパッションがあふれて情熱やエネルギーとなり高いパフォーマンスを発揮したり、仕事をやり抜く力、クライアントから高い信頼を得ることを目指しています。

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の「パッション」は、リスクアドバイザリー部門だけではなく、他分野への関心、自分自身の将来へのキャリアへのパッションも歓迎しています。

 

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社のキャリアパス

Photo by Håkan Dahlström

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社のキャリアパスはビジネスアナリストからパートナー・マネージングディレクターまでの7段階です。

ビジネスアナリストはコンサルタントと一緒に案件をこなしていきコンサルタントとしての基礎を学びます。コンサルタントは自ら解決策を提言しシニアコンサルタントに伝達する役割です。シニアコンサルタントは現場リーダーの役割でコンサルタントが提言したプロジェクトの解決策に対して助言を行います。
マネージャー・シニアマネージャーはクライアントと高い信頼関係を構築し、プロジェクトがスムーズに遂行できるようにリードし、コンサルティングサービスを提供する役割です。

最高峰であるパートナー・マネージングディレクターは大規模プロジェクトを担当しながら部下が遂行しているプロジェクトの管理を行います。

中途採用の場合は必ずビジネスアナリストからのスタートではなくスキルや経験を考慮し、どのポジションからスタートになるか決定します。

 

監査法人トーマツへの転職を成功させるポイント!中途採用情報を紹介のイメージ
監査法人トーマツへの転職を成功させるポイント!中途採用情報を紹介
監査法人トーマツへの転職を成功させるポイントを紹介。企業概要や社風や年収もあわせて紹介していきます。日本の大手監査法人で転職者に人気の勘沙穂応身トーマツ。監査法人トーマツの採用選考において聞かれる質問例、職位ごとの年収などをまとめて紹介します。

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社はITリスクに関するコンサルに強い

フリー写真素材ぱくたそ

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社は、日本で最大級のビジネスプロフェッショナルグループ「デロイトトーマツグループ法人」の1つです。
監査・保証業務、税務・法務、コンサルティング、リスクアドバイザリー、ファイナンシャルアドバイザリーの5つのビジネスとコーポレート機能からなるサービス展開で、企業や組織へのITリスクに関するコンサルティングサービスを行っています。クライアントのグローバルな企業経営のために、ITリスクを抑えた戦略を考え、適切な管理・監督によって遂行するための支援しています。
またデロイトトーマツグループは、各グループ法人が高い専門領域、業種・業界に特化した知見、グローバルネットワークを生かして地域密着型の支援を行うことで、幅広いサービスを総合的に提供している企業です。

リスクアドバイザリーとコンサルとの違い

リスクアドバイザリーとは専門領域に対してのプロで、コンサルは稼ぐために成長戦略やクライアントの課題すべてに対して対応することが求められます。

例えば経営計画を策定する場合、コンサルは中期経営計画のリスクを策定する場合が多く、リスクアドバイザリーの場合は一方、リスクアドバイザリーの場合は会社全体の方向性に対してアドバイスを行います。そのため長期展望にむけた経営基盤の強化などリスク対策の案件が多い印象です。

 

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の会社概要

Photo byPublicDomainPictures

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社は、日本企業特有のニーズに対応するために設立され、海外の日系企業に対して、日本語による国際的サービスの提供などを行なっています。日本語対応可能なプロフェッショナルを全世界に配置することで、 グローバル日系企業に対し日本の文化や習慣を世界的ネットワークによる豊富な経験と専門知識で提供しています。
デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社は、国内外の幅広いエリアで高いサービスを提供している企業です。

会社名 デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社
代表取締役 岩村 篤
設立年月日 2009年4月1日
社員数 123名
本社所在地 東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング
資本金 50,000,000円
主なサービス内容 ・アカウンティング アーキテクチャー/RPA
・プロセスマイニング
・クラウドコンピューティング
・ファイナンシャル リスク コンプライアンス
・デジタルインテリジェンス コグニティブ
・デジタルガバナンス ストラテジー/テクノロジー デジタル リスクマネジメント
・データリスクマネジメント

 

デロイトトーマツリスクサービスより社名変更

2022年6月1日よりデロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社は、デロイトトーマツリスクサービスより社名を変更しました。

現代はリスクを適切に判断し経営に活かすことが最重要です。そのためリスクアドバイザリー分野の必要性が急速に高まっています。デロイトトーマツリスクサービスでは設立以来、リスクアドバイザリー分野においてクライアントの課題に対してサポートしてきました。社名を変更することでリスクアドバイザリーを提供しているというビジネスと社名を統一することが目的です。
 

デロイトトーマツコンサルティングの年収は?役職・年代別年収も紹介!のイメージ
デロイトトーマツコンサルティングの年収は?役職・年代別年収も紹介!
デロイトトーマツコンサルティングは、日本最大級のコンサルティングファームです。デロイトトーマツコンサルティングの平均年収や役職・年代別年収、競合他社との年収比較も紹介します。そのほか転職採用情報や社員の口コミ・評判を記載していますので、ぜひ参考にしてください。

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の強み

Photo byPhotoMIX-Company

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の強みは、監査法人がバックグラウンドであることで、信頼性や歴史によるクオリティの高さを持ち合わせています。コンサルティングやFASが連携していることで、経営課題解決のアプローチとして、セキュリティコンサルティングを提供することができます。
その他にもデロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社は、グループ内でキャリアが開かれており、ビジネス領域だけでなくセキュリティリスク領域に携わることができます。また、グローバルと国内の連携が取れることもデロイトの強みです。
 

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の評判

Photo byStartupStockPhotos

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の評判を紹介します。

職場の雰囲気としては、「コンサルタントとしてのスピード感、行動力があれば成長できる環境」「コンサルティング会社でありながら、監査法人のルールが強くあり自由度は少ない」「男女差別などはなく、ワークライフバランスへの考慮や施策が広がりつつある」などがあります。

働きがいに関しては、「様々な事業案件に着手できるので、知識や経験を広げることができる」「年功序列の雰囲気があり、社内教育が弱いが中途採用では即戦力が選べれるので、個々の能力が高い」「クライアントは大手が多いので、その分案件も大きくやりがいを感じられる」などがあります。

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の年収

Photo bynattanan23

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の平均年収は、出向社員の場合もあるので正確な年収はわかっていませんが、転職サイトなどの調べによると約500〜1,200万円といわれています。
賞与は年に3回あり、昇格は能力査定が行われた上で決められます。役職や職種によって待遇が異なり、それぞれの能力で決定されるので、転職の際は役職につけるよう経験を上げておくことが重要です。マネージャーとしての実務経験や、具体的な業務経験があると採用に有利になります。その他にもその職種で活かせるスキルを身につけておきましょう。

新卒者の平均年収は538万円~

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社の新卒者の平均年収は538万円~です。
 

学士 5,380,100円
修士博士 5,673,500円

上記の年収は固定時間外手当月25時間分が含み、月25時間を超過した時間外勤務、深夜勤務、休日勤務の割増賃金は別途支給されます。



 

デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの年収・ボーナス等解説!のイメージ
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの年収・ボーナス等解説!
デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーの平均年収は1,031万円です。実際の内定者がデロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリーに転職希望の方に向けて評価制度や平均年収、タイトルごとの給与レンジやボーナス金額などをまとめました。ぜひご覧ください。

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社はAWS認定パートナーの全株式を取得?

Photo byadamr

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社は、2021年にAWS認定パートナーである株式会社MMMの全株式を取得し、MMMはデロイトトーマツウェブサービス株式会社に変更しました。

MMMの先進的な技術開発力を、デロイトトーマツグループのサービスアプリの開発・展開スピードに活かせるよう人材の採用と育成を拡大し、サービス支援体制を強化しています。
自社のアプリ開発やクライアント企業のクラウド活用を発展させることで、日本企業におけるコーポレート部門のデジタル変革を進めています。

コンサルティングファームへ転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、コンサルティングファームへの転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

コンサル転職ならインテリゴリラ

コンサルティングファームの選考体験記が網羅

 

会社名 転職難易度 人気度
マッキンゼー&カンパニー ★★★★★ ★★★★
ボストンコンサルティンググループ ★★★★ ★★★★
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン ★★★★ ★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★
日本IBM ★★★ ★★★
アビームコンサルティング ★★★ ★★★
インテリゴリラでは、上記のようなコンサルティングファームの選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例(ケース面接含む)
・内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

 
 
会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

コンサル転職ならインテリゴリラ

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社への転職は最新情報をチェックしよう

Photo by Got Credit

以上の内容をまとめると、デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社はクライアントのITリスクを抑えた戦略でグローバル化を支援するコンサルティング企業であるため、企業コンサルにおけるコンサルティング能力の向上ができる企業です。

転職の際には、コンサルティングを行う上で必要なコミュニケーション能力や経歴が高いことが有利になるといえます。
グローバルな事業展開をしていることから、英語力を身につけておくことで採用に有利になります。

デロイトトーマツリスクアドバイザリー株式会社への転職の際には、高いスキル、豊富な経歴をアピールできるようにしましょう。

そのために、まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントの担当者は、高いスキル、豊富な経歴を活かした転職サポートをしてくれます。

高いスキルを求められる難関選考の場合、ハイキャリア向けの転職情報サイト「インテリゴリラ」の利用をおすすめします。
 

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

コンサルティングファーム一覧

【14分類】コンサルティングファーム会社一覧|人気外資系から特化型までのイメージ
【14分類】コンサルティングファーム会社一覧|人気外資系から特化型まで
高収入の代名詞と言われているコンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事では、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。コンサルティングファームへ転職をお考えの方、興味がある方はぜひご覧ください。

人気外資系コンサルティングファーム

戦略系コンサルティングファーム

総合コンサルティングファーム

経営コンサルティングファーム

IT・業務系コンサルティングファーム

財務コンサルティングファーム

【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧
企業価値、株価向上のために活躍する財務コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。財務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

人事系コンサルティングファーム

医療系コンサルティングファーム

業界特化型コンサルティングファーム

【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧
特定の業務や業界に特化した、業界特化型コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。業界特化型コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

事業再生系コンサルティングファーム

【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧のイメージ
【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧
危機に瀕している事業(企業)を回復させる、事業再生系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。事業再生系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

シンクタンク

国内独立系コンサルティングファーム

FAS・M&Aアドバイザリー

【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめのイメージ
【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめ
企業買収・売却のプロであるFAS・M&Aアドバイザーの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。FAS・M&Aに興味がある方はぜひご覧ください。

監査法人

【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧のイメージ
【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧
会計監査のプロフェッショナルである監査法人の人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。公認会計士や監査法人に興味がある方はぜひご覧ください。
Fujita
ライター

Fujita

関連記事

目次

人気記事ランキング