アクセンチュアは激務?残業や評判・ワークライフバランスなどを徹底解説!

アクセンチュアは激務?残業や評判・ワークライフバランスなどを徹底解説!

総合コンサルティングで有名なアクセンチュアの年収・激務・残業などの評判・口コミなどを紹介しています。激務と言われるコンサルティング業界ですが、当社の実態についてはいかがなものでしょうか。アクセンチュアへの転職をお考えの方、激務についての当記事は必見です。

記事の目次

  1. 1.アクセンチュアは激務で評判?実態を調査!
  2. 2.アクセンチュアの企業情報
  3. 3.アクセンチュアは本当に激務なのか?
  4. 4.アクセンチュアの労働時間・激務度の実態
  5. 5.激務の真相は?アクセンチュア社員の口コミ・評判
  6. 6.激務と評判のアクセンチュアへの転職に向いている人とは?
  7. 7.アクセンチュアに転職したいならおすすめの転職エージェント
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.アクセンチュアの激務は以前より改善されている

アクセンチュアは激務で評判?実態を調査!

Photo byStockSnap

労働時間や職務内容からアクセンチュアは、激務であると言えます。
アクセンチュアは、総合系コンサルティングファームとして実力主義を採っており、成果を出すべく残業が多くなり、長時間労働の激務になることが多いです。
その理由は、クライアントの要望やプロジェクト状況を踏まえて柔軟な対応が必要になってくるからです。

またアクセンチュアの平均残業時間は44.3時間です。
残業時間の節目である30時間を超えていることから、忙しい労働環境であると言えます。
しかし、一口に忙しいといっっても、プロジェクトにより左右されます。
また近年では、働き方改革が非常に進んでおり、後ほど述べますが18次以降の会議を原則禁止したり会社が総出で労働環境の改善に努めています
 

アクセンチュアの企業情報

Photo byFirmbee

企業概要

アクセンチュアの企業概要は下記の通りです。

企業概要

社名 アクセンチュア株式会社
創業 1962年
資本金 3億5千万円
代表者 代表取締役社長 江川 昌史
本社 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
従業員数 約14,000人(2020年3月1日時点)
事業内容 「ストラテジー & コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」の4つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供

アクセンチュアの特徴

アクセンチュアの特徴としては下記四点が挙げられます。

アクセンチュアの特徴

  • 最新技術を用いたITコンサルティング
  • 成果が出なくても新たなチャンスを与えられる
  • 働き方改革による柔軟な勤務体制
  • 元気で活発な社風

最新技術を用いたITコンサルティング

アクセンチュアはIT分野に強いため、最新技術を用いたITコンサルティングを行っています
常に新しい挑戦をする風土が根付いているため、最新技術を取り入れやすいです。
また、自社にシステム開発を行うエンジニア部門を構えている為、戦略構想からシステムの保守までを一貫して行えるのも他の競合コンサルティングファームに無い強みです。

成果が出なくても新たなチャンスを与えられる

一般的に外資系コンサルティングファームには、「Up or Out」という「昇進できなければ退職する」という文化があります。
しかし、アクセンチュアには「Up or Elsewhere」という独自の文化があり、
3~4年以内に成果を出せない場合、退職では無く他部署に異動
となります。
今の部署やプロジェクトで成果を出せず、仕事が回ってこなくなったとしても、新たな部署でチャレンジする機会を与えられるため、自分に合った活躍の場を見つけられる可能性が高いです。

働き方改革による柔軟な勤務体制

現在は働き方改革が行われ、時短勤務やフレックス制度など、柔軟な勤務体制になっています。
週3日以上及び週20時間以上の範囲内で勤務時間を設定し、育児や介護、ボランティア活動へ参加できる短日短時間勤務制度や、業務内容に合わせて在宅での勤務が可能な在宅勤務制度、リフレッシュ休暇やボランティア休暇など幅広い制度が備えられています。

元気で活発な社風

評判・口コミからも、チベーションが高い上昇志向の社員が多数在籍していることや、高い専門性を持った人材が多数在籍していることが語られています。
日系企業にはないオープンな雰囲気のなかで熱意を持ちながら、バリバリ働く社員が多いです。

アクセンチュアの事業内容

アクセンチュアは世界最大手の外資系コンサルティングファームです。
世界中に約32万人以上の社員を擁し、120カ国で事業展開しています。
事業内容は主に、経営コンサルティング、デジタルマーケティング、ITコンサルタントサービス、アウトソーシングなどです。
以下の5つの領域で幅広いサービスをソリューションをお客様に提供しています。
・ストラテジー
・コンサルティング
・デジタル
・テクノロジー
・オペレーション
40以上の業界、豊富な経験と専門スキルをもったスタッフを強みとして、世界中の企業のサポートを行なっています。

また、アクセンチュアの代表取締役社長の江川氏によると、以下の2点において、アクセンチュアが日本の成長に貢献できると述べています。

  1. 日本の人材をより付加価値の高い仕事へとシフト
  2. 「デジタルの力」を「組織の力に」取り込む
クライアントの業務自体の改善だけにとどまらず、組織変革の支援も行います。
得意とするデジタル化の支援を行い、できる部分は自動化していくことで、より付加価値の高いサービスを人間が行えるようになります。
単体としてのサービスではなく、戦略や業務コンサルティング、デジタルを組み合わせることができるアクセンチュアならではの強みと言えます。

アクセンチュアの信念

アクセンチュアは下記三点を働く上で全社員が強い信念として持っています。

  1. 強い倫理観とコーポレート・ガバナンス
  2. 人種差別に立ち向かう
  3. 障害のある方の受容を強化する
これら三点を胸に、アクセンチュアの高い品質のコンサルティングサービスを全社員がクライアントに強い責任感を持って提供しています。

アクセンチュアは本当に激務なのか?

Photo by6689062

関わるプロジェクトにより違う

アクセンチュアがクライアント企業と進めるプロジェクトは、海外展開や全社的なデジタル変革など多岐に渡り、期間も数ヶ月単位のものから数年かかるものまで様々あります。
社員の働き方もそのプロジェクトの内容や密度の影響を大きく受けます
プロジェクトのみならず、社内の上司によるところも大きい為、人によっては、アサイン時は仕事に打ち込み、プロジェクト終了後に長期の休暇を取得する人も多くいます。

勤務時間もプロジェクトによって全く異なり、プロジェクトの山場であれば1週間毎日3時間睡眠で、土日も出勤して朝方まで作業をすることもあります。
その一方で、忙しくないときは6時7時あたりに退社できることもあり、
関わるプロジェクトによっては単日の長時間労働や休日出勤は日常茶飯事です。
しかし、プロジェクトとしての繁忙期を過ぎれば、早めに帰宅や長期休暇が取れるなど、メリハリのある仕事の進め方ができる企業と言えます。

アクセンチュアの労働時間・激務度の実態

Photo byAymanejed

働き方改革が進む

アクセンチュアの労働環境について特筆すべきは、グループ全体で社員の女性比率が約4割に達することです。
さらに、2025年には5割にする目標をもっており、そのような目標の達成と優秀なグローバル人材の獲得を目的に、アクセンチュアでは「Project PRIDE」として2015年から働き方改革を進めています
その具体的内容としては下記があります。いくつか紹介します。

  • 18時以降の会議原則禁止
  • 残業の適用ルールを厳格化
  • 社外相談窓口設置
  • 短日短時間制度の導入
  • 在宅勤務制度の全社展開
  • 入社後の育休
  • 時短制度の即時活用可
  • 定時退社奨励や有給休暇取得推進活動の実施
  • 家族に理解を深めてもらうためのオフィス公開および説明会の開催
このような取り組み以外にも、働きやすい環境づくりに向けた管理職研修の義務化や「Project PRIDE」を積極的に推進する社員を表彰するなどして、取り組みの浸透を図っています。

残業時間も少なくなっている

現在のアクセンチュアは働き方改革が進んでおり、労働環境が良くなってきています。
それは、残業時間が100時間程度あり、評判が悪いことに危機感を持った江川社長が、2015年から働き方改革を行ってきたからです。
現在ではかつての100時間程度の残業時間は、40時間に減っています。

「Project PRIDE」と題した働き方改革は社長自らが音頭をとっており、これによりワークライフバランスの適正化が推進されていますしています。

ワークライフバランスは?

ワークライフバランスについて実際に在籍するコンサルタントの評判・口コミについて紹介します。

男性

男性

2020年3-4月以降、在宅勤務への支援が進み在宅環境でワークすることが増えました
自身で業務を進めることができる人材であれば、通勤時間が削減されるため、タスクを調整してワークライフバランスを大幅に改善しています。
18時以降は、全く仕事をしない、土日は、働かないなど全て実現できると思います。一方で、在宅環境で適切にタスクを推進できない人材はかなり、ワークライフバランスが改悪されているように感じます。

女性

女性

一人一人に合わせてワークライフバランスを調整できるとされているが、家庭の事情などのやむを得ない背景がない限り企業風土的にワーク重視が求められます
セールスの面でも、目標の売り上げを達成するためにプロジェクトに入れられる社員の目処がなくても受注する傾向があり、慢性的に人員不足となっています。
スタッフの残業規制に伴い、仕事の終わらないところは管理職が巻き取らないといけない風潮がありますが、元はと言えば無理にプロジェクトを受けているせいとも言えます。

激務の真相は?アクセンチュア社員の口コミ・評判

Photo byFree-Photos

勤務時間・休暇に関する口コミ・評判

勤務時間・休暇に関する口コミ・評判は下記の通りです。

男性

男性

休暇については、ジョブ、プロジェクトの状況に依存します。
とはいえ、やることをやっていれば有給取得の際にとやかく言われることはないのでバランスは取りやすいです。
有給申請は一応申請・承認システムが用意されていますが、運用はほとんどされていません。
1日程度の休暇であればメールを1本送り、休んだ分だけ勤怠管理システムの有給項目に時間をつけるだけです。
有給は時間単位で取得可能なので、1日6時間稼働し、2時間有給取得といったことも可能です。
私傷病休暇制度が存在し、病院の領収書・診断書があれば年間240時間まで有給とは別に取得可能です。

女性

女性

プロジェクト次第です。
多忙なプロジェクトはなかなか休日も予定通りに取れないという事象も発生します。
ヒマなプロジェクトは定時で帰れる場合もあり、一概には言えません。
 また、有給取得フル取得を推奨していることもあり、プロジェクトの合間は休みをとっても全く問題なく、調整が利くならば、長期休暇はどのタイミングで取っても構わないです。
その為、お盆や年末にまとめて支払い休みを取るように迫られるということはまずありません。

年収や給与に関する口コミ・評判

年収や給与に関する口コミ・評判は下記の通りです。

男性

男性

年俸制が採用されています。
ボーナスというものもありますが、日系企業のように年間5か月、6か月分もらえるものではなく、業績等によって毎年1度支給されます。
なので基本的に年俸を年収と考えて、ボーナスはもらえてラッキーぐらいに考えた方が無難です。

女性

女性

基本的に年俸は下がることはなく、退職金が前払い制度です。
毎月退職金を前払いでもらえるので、30年務めて定年退職が近づいたら急に会社の経営が傾いて退職金ゼロになるというリスクはありません。
前払い退職金をIDecoに入れて運用していれば、20代から入社して定年までいれば2000万、3000万は貯められると思います。

女性

女性

年一度の賞与は日系企業と比較するとかなり少ないです。
その一方で、基本給が高いため総合すると日系の同業他社の比較すると給与はそれなりに高いです。
また、炎上案件と呼ばれるような赤字のギリギリのラインのプロジェクトに参画した場合は、残業時間も適切にチャージできない場合があります。
しかし基本的には残業代をしっかりチャージできるので、高い基本給と残業代で高給になります。

仕事のやりがいに関する口コミ・評判

仕事のやりがいに関する口コミ・評判は下記の通りです。

男性

男性

仕事のやりがい:
この点については、人によって様々です。
アクセンチュアでは超上流工程の案件が多く、具体的なサービスやビジネスのローンチに立ち会うことは稀なので、鷹の目から方向性を出すことにやりがいを感じられる人は、やりがいを持って仕事に取り組めると思います。
もっと肌感を持ってやりがいを感じたいひとにとっては、総合ファームとしての案件も多数あります。

女性

女性

仕事のやりがい:
色々なプロジェクト、特に最先端のテクノロジーを活用した新規事業案件が多く、プロジェクトのテーマは面白いものが多いです。
新規事業についてはマッキンゼーやBCGよりも多く、戦略案件についてはデロイトよりも携わる機会が多いのではないかと競合と比べて感じます。
戦略×テクノロジー×新規事業をやりたいなら最高の場所が準備されています。

激務と評判のアクセンチュアへの転職に向いている人とは?

Photo byStartupStockPhotos

専門知識がある

アクセンチュアは、通信・金融サービス・医療・流通など、幅広い業界のコンサルティングを行っています。
そのため、各業界や知見がある人材はは自分の経験を活かせるため、活躍の場が出来る上に貴重な人材として重宝されます
幅広い知識が無くても、特定領域の研究を行っていたなど専門知識があれば、アクセンチュアでは十分活躍の場があります。

新しいことに挑戦したい

アクセンチュアの業務はクライアントの経営課題を斬新な視点から解決することなので、過去の経験や事例に囚われることなく、新たなアイディアを出す必要があります
その為、自ら新しいことに挑戦する意欲があれば、斬新なアイデアを出すことも可能ですし、その姿勢を選考プロセスで見せることができれば採用され、活躍することは十分に可能です。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でにアクセンチュアに内定したい方はこちら

アクセンチュアに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

アクセンチュアの激務は以前より改善されている

アクセンチュアへの転職のために、年収、労働環境の実態、激務かどうか、残業、評判・口コミなどについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

現在のアクセンチュアは働き方改革が進んでおり、労働環境が以前と比べ大幅に改善されています。
2015年からの社長による働き方改革によって、かつて100時間程度あった残業時間も現在では半分以下になったという実績があります。
具体的な改革内容としては、「18時以降の会議を原則禁止」、「残業の適用ルール厳格化」、「短日短時間制度の導入」に加え新型コロナウイルスの感染拡大以降は、在宅勤務が全社的に導入されました。
このような改革のを導入により、残業時間の減少のみならず、離職率は半分以下になりました。
ただ制度を押し付けるのではなく、「生産性を上げる働き方」や「他のプロジェクトで行われている工夫」などの情報共有が行われ、全体として労働時間を減らせる工夫をしようと努めています。
もちろん、業務内容も魅力的で年収も高水準の為、人気を博しています。
しかし、アクセンチュアへの切符を掴むには高難易度の選考を突破しなければなりません

そんな高難易度の選考が評判のアクセンチュアへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、アクセンチュアのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高い面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でにアクセンチュアに内定したい方はこちら。

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング