【2021年内定者が解説】マッキンゼーの平均年収は高い?評価制度やボーナス等を解説!

【2021年内定者が解説】マッキンゼーの平均年収は高い?評価制度やボーナス等を解説!

マッキンゼーへ転職する際の年収・ボーナス・福利厚生や評判を紹介。内定者が何を意識して内定を獲ったかのポイントも紹介。難易度トップで高い年収のマッキンゼー・アンド・カンパニーを解説します。グローバルで実力主義のマッキンゼーへ転職をお考えの方は必見の内容です。

記事の目次

  1. 1.マッキンゼーの平均年収はいくら?年収推移や業績推移を確認!
  2. 2.マッキンゼーの特徴や会社概要
  3. 3.マッキンゼーの年代役職別平均年収
  4. 4.マッキンゼーの評価制度
  5. 5.マッキンゼーのその他の待遇
  6. 6.競合他社と平均年収を比較
  7. 7.マッキンゼーへの転職に転職エージェントを使用する理由
  8. 8.圧倒的高品質な選考体験情報ならインテリゴリラ
  9. 9.マッキンゼーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

マッキンゼーの平均年収はいくら?年収推移や業績推移を確認!

マッキンゼー・アンド・カンパニーの平均年収は1,800万円・平均年齢30歳程度で推移しています。
初任給については、ボーナスを含めて700万円弱と極めて高額な年収となり、入社5年次の平均年収は1,500万円以上で日本の全就業者のトップ1.2%以内に、入ります。
入社10年次の平均年収は3,000~5,000万円となり、日本の全就業者のトップ0.2%に到達します。

しかし、マッキンゼー・アンド・カンパニーを始めとした外資系戦略コンサルティングファームでは、Up or Out制度を厳格に運用しているファームが多くなります。
入社したファームに10年以上残れるコンサルタントは同期の中で1割以下という評判・口コミが見受けられます。
しっかりキャリアを身につけなければ、生涯年収で日系大手企業を下回る可能性もあることには注意する必要があります。

マッキンゼーの過去5年間の業績推移

マッキンゼーは、非上場企業で業績の開示などは行っていません。
現状、わかる範囲で2017年度の売上高は8,412億円ということでした。
しかしこの数字は、景気の循環で、景気が悪化する際には、大手企業はコンサルタントへのフィーを抑える傾向にあるので、変動があります。

外資系コンサルティングファームの平均年収は1,400万円

外資系コンサルティングファーム各社の有価証券報告書によると、平均年収は1,400万円となりました。従業員数や年次、役職などによって大きく異なりますが、マッキンゼー・アンド・カンパニーの平均年収は外資系コンサルティングファームの平均よりかなり高いです。

また、マッキンゼーの社内でも、年次や役職によって大きく年収は異なりますので、年次役職別の年収については後ほど述べさせていただきます。

マッキンゼーへの転職なら選考内容が読めるインテリゴリラ

インテリゴリラが独自に内定者にインタビューした選考情報によると、マッキンゼーへの転職を考えるなら下記の3点の情報を抑えておいた方が良いようです。

1.マッキンゼーは他の戦略ファームと選考が大きく異なる。内定者の対策方法とは?
2.ほかの戦略コンサルと異なるマッキンゼーのケース問題とその回答方法とは?
3.マッキンゼーの職務経歴において意識すべきポイントとは?


マッキンゼーの面接内容は選考内容が大きく異なります。特に特徴的であるのは、エクスペリエンス面接と呼ばれる、成果を出した経験のエピソードを話せというものがあります。選考内容を実際に見て、対策する必要があります。
同様に、ケース面接に関しても他ファームと大きく異なります。ありきたりなフレームワークを提案しても評価されない傾向にあり、短い時間で良い提案をするために、内定者は何度も練習をしています。
職務経歴の評価ポイントは、独自性のあるものである必要があります。マッキンゼーのような少人数のコンサルタントチームで働くことを考えると、普通の人では当然内定は出ないです。現職やその他で、他の人にはないだろう経験をしっかり積んで、選考に臨みましょう。

実際に転職の面接で、何を聞かれたかといった内容は一般には公開されておらず、貴重な内定者の生の声が聞けるサイトは特に重宝しましょう。
実際の面接内容や、内定者の経歴が詳細に書かれている、インテリゴリラを利用してみるのはいかがでしょうか。


マッキンゼー・アンド・カンパニーの選考体験記はコチラ

マッキンゼーの特徴や会社概要

[引用元:https://www.mckinsey.com/]

マッキンゼーの特徴は、優秀な元マッキンゼーの方が多く、プロのコンサルタントとしての誇りがあります。

マッキンゼーの特徴

  • 卒業生に著名人が多い
  • One Firm Policy
  • コンサルタントの教育に力を入れている
  • 人間関係がウェットである

卒業生に著名人が多い

優秀なコンサルタントが所属しているだけでなく、政財界にも影響力のある大前研一さんや、DeNAの南場智子さんなど、さまざまな業界にトップのビジネスパーソンを輩出しています。

One Firm Policy

マッキンゼーの特徴の一つとして、「One Firm Policy」が挙げられます。
これは、世界中の拠点を一つの組織として扱う考え方です。
通常、外資系ファームの日本支社は本社と切り離して考えられることが多いですが、マッキンゼーにこの傾向は見られません。
そのため、日本でプロジェクトを行う際も、海外オフィスと緊密な連携を行っており、日本に勤めながらグローバルな働き方ができます。

マッキンゼーはあらゆる業界の案件に強く、国内上位30社の8割に相当する企業に対してサービスを提供しています。
戦略案件が強みであるとされていますが、近年では実行支援にも力を入れています。
ただし、実行支援に関してはフィーの高さもあり、短期間で終了するものがほとんどであるようです。
また、近年はデジタル・マッキンゼーを設立し、ITをテーマとする案件の支援においても存在感を増しています。

コンサルタントの教育に力を入れている

高いバリューを提供する戦略コンサルの中でも、トップファームであるマッキンゼーのクライアントは、リーディングカンパニーの経営者が多数を占めています。
そんなクライアントが持ちかける案件は難解なものが多いです。

このような難しい仕事をいかに高い生産性でこなすかが重要であるため、社をあげてグローバルトレーニングなどの社員教育にリソースを割いているそうです。
社員教育に関しては、投資を惜しまない姿勢が見受けられます。

人間関係がウェットである

グローバル体制に強みを持つマッキンゼーは、多様なバックグラウンドを持ったコンサルタントが多いです。
社員同士のオフィス外での交友が多いため、人間関係はウェットです。
しかし、仕事となると一切の妥協ができないためドライな雰囲気になるようです。
良好な人間関係のもと、厳しく切磋琢磨しあえる環境であることが分かります。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの会社概要

社名 マッキンゼー・アンド・カンパニー・インコーポレイテッド・ジャパン
設立 1971年
従業員数 320人
資本金 非公開
代表者 ジョルジュ・デヴォー
所在地 〒106-0032
東京都港区六本木1-9-10
アークヒルズ仙石山
森タワー

マッキンゼーの転職は最難関!選考で重要なポイント3選と面接対策をどこよりも詳細に解説!のイメージ
マッキンゼーの転職は最難関!選考で重要なポイント3選と面接対策をどこよりも詳細に解説!
マッキンゼーへ転職する上で、難易度・年収・面接対策・評判を掲載。非公開の内定者の選考体験記を、内定のポイントや面接での問答含めて詳細に公開。平均年収の水準もかなり高いとされています。全世界でも名高いマッキンゼーへの転職する際に必見の内容となっています。
マッキンゼーは激務?残業時間や評判口コミなどを徹底解説!のイメージ
マッキンゼーは激務?残業時間や評判口コミなどを徹底解説!
マッキンゼーへの中途採用の為に、年収・激務・残業・待遇などの評判や口コミなどを紹介しています。出身者に著名人が多く、在籍するコンサルトへの教育に関する投資には、惜しみない姿勢が伺えます。マッキンゼーへの中途採用をお考えの方は、激務についての当記事は必見です。

マッキンゼーの年代役職別平均年収

[引用元:https://www.mckinsey.com/about-us/overview]

年代別平均年収

マッキンゼーの年次別平均年収は下記の通りです。
 

年次     年収
20代 700〜1,800万円
30代 2,000〜2,500万円
40代 2,500万円~

入社5年目以降については、役職が実力次第で変わるので、給与もパフォーマンス次第となります。
また、入社初年度の年収がすでに大企業における40歳時の平均年収の459万円を上回っており、平均して3年ほどで年収1,000万円の大台に到達します。
年収1,000万円といえば、全就業者のうち上位4.3%程しか到達することができない程の高収入ですが、マッキンゼーでは弱冠25歳にしてその領域にまで到達することができます。
そればかりか、外資系の戦略コンサルティングファームでは、日系大手企業と異なり年次を経るごとに給与の上昇率が低下するといったことはありません。

しかし、マッキンゼーでは、入社から1年以内に、ファームを去る人もおり、実力主義です。
これほどの高い給与を得るには当然リスクもあり、自分の役職で要求されるだけのパフォーマンスを発揮することができなければ、容易に解雇となる「Up or Out」が厳格に適用されているファームでもあります。
そのため、給与のみを目的にマッキンゼーを選択するのは避けるべきでしょう。

役職別平均年収

下記が役職別平均年収の表になります。

役職名 年収
ビジネスアナリスト 700万円~1,000万円
アソシエイト 1,000万円~1,500万円
マネージャー 1,500万円~2,000万円
アソシエイトパートナー 2,000万円~3,000万円
パートナー 5,000万円~
リサーチ 900万〜

多くの新卒入社や実務経験2年未満の場合、ビジネスアナリストからのスタートですが、MBAホルダーや特殊な業種での実務経験を積んだ人は、アソシエイトからのスタートになります。
また、年齢が高く、様々な業種での経験を積んだ人はマッキンゼーではマネージャーからスタートします。

マッキンゼーの評価制度

[引用元:https://www.mckinsey.com/jp/careers/careers-in-japan]

マッキンゼーの評価制度は、年齢に関係なく、成果主義となっています。
勤務評価に関しては、プロジェクトごとの評価、そして半期に1度の評価があります。
仕事のアウトプットから公平に評価されるようになっています。
仕事意欲が高い人、高い目標を達成したいという野心的な人であれば、やったことがそのまま自分に返ってくるため、やりがいがあると言えます。
特段の条件をクリアするということではなく、360度評価という体勢がとられており、周囲の年齢も役職も様々な人が評価者となります。

求める人物像

マッキンゼーで求められる人物像として下記があげられます。

求められる人物像

  • 積極的に仕事に取り組む主体性
  • 責任感
  • グローバルな視点
  • 精神的肉体的なタフさ

積極的に仕事に取り組む主体性

マッキンゼーのコンサルタントには、「所属部門・部署」はありません。
また、「辞令」や「配属」、「転勤命令」もありません。
マッキンゼーでは、プロフェッショナルとして働く者のキャリアは、誰かに指示されて形成されるものではなく、自ら設計し組み立てていくものであると考えられています。
一人ひとりの目標を自分で立て、その道筋を自分で設計し、自らの努力により着実に進むのです。
そこでマッキンゼーでは、トレーニング制度、語学研修、留学支援など多様な支援策が用意されています。

責任感

マッキンゼーのキャリアパスの基本は、成果主義(Meritocracy)です。
何歳か、何年在籍したかではなく、何を成し遂げたかによって評価されます。
年次に関係なく次の役割が与えられるので、責任感を持って、成果を出せる人材を必要としています。

グローバルな視点

マッキンゼーでは、個々人のキャリアプランと希望に基づき、グローバルに活躍できる舞台が多く存在します。
例えば、日本企業と欧米企業の合併マネジメントやジョイントベンチャーの経営支援であれば、欧米各オフィスと東京オフィスの共同チームとなります。
海外オフィスへのトランスファー(転勤)も、本人の希望に基づいて実施されます。
トランスファーは、現地でのコンサルティング業務に支障のない語学力に加え、日本支社において1年以上働き、基本的スキルを習得したと認められるコンサルタントが対象となります。

精神的肉体的なタフさ

リーディングカンパニーの経営者の課題解決支援という業務は、重責であり、毎日定時に終わる仕事ではありません。
しかし、コンサルタントに求められることは長時間働くことではなく、高いアウトプット(仕事の成果)を一定の時間内に出すことです。そのためには生産性を高めることが重要です。

マッキンゼーのその他の待遇

Photo byFree-Photos

ボーナス

下記はボーナスに関する評判・口コミです。

男性

男性

アソシエイトであれば、ベース給に加え、ボーナスが100万円、退職金積み立てが200万円程度です。そのほか、食費などの経費精算できるベネフィットも多く、給与明細以上の待遇でした。

ボーナスについては、業績評価によるものの、在籍し続ければ毎年約100万円くらいずつ年収は上がり続けていきます。ボーナスは評価によって、0にもなれば、標準額の2倍程度にまで上がることもあります

女性

女性

コンサルティングファームでは珍しく、退職金制度は手厚い一方で、ボーナスは少ないです。年収全体としては、ボーナスも含めて毎年6-8パーセントくらいで上がってくイメージです。

残業代

下記は残業代に関する評判・口コミです。

男性

男性

残業代の支給はありません

しかし、昼食などの食事には一定額の補助があり、オフィス内のドリンクなどは全て無料です。帰宅の際のタクシー代も全額支給されます。

福利厚生

マッキンゼーの福利厚生については下記の通りです。

マッキンゼーの福利厚生

  • 退職金制度
  • 有給休暇
  • 育児休暇
  • 介護休暇

外資系企業であるため、家族手当や住宅手当の福利厚生は期待できません。
しかし、マッキンゼーは外資系企業としては珍しく、退職金制度が用意されています
年収の16%程度が退職金として、自動的に積み上げられるようになっていますので年齢に関係なく、勤めた期間が長いほど、退職金がもらえる制度と言えますね。
ちなみに、これは年棒とは別に支給されます。

この他にも、食事代については一定額の補助があり、オフィス内のドリンクなどは全て無料です。
残業後の帰宅の際のタクシー代も全額支給されます。

このようにマッキンゼーの福利厚生は、同業の外資系戦略コンサルの福利厚生に比べてかなり手厚くなっています。
これらの制度は、快適な職場環境を提供することで労働効率を向上させる目的もありますが、金銭(給与)として支給せずに福利厚生として支給することで会社や社員の税金を安く抑えようとする意図もあります。

そのため、額面上は同じ給与だとしても日本企業と比較すると年間に実質100万円から200万円程度マッキンゼーの方が高くなる計算になります。

競合他社と平均年収を比較

競合他社との平均年収を比較した表が、以下のようになります。
 

社名 年収
ベインアンドカンパニー 1,920万円
ボストンコンサルティンググループ 1,860万円
アーサー・D・リトル 1,800万円
マッキンゼー 1,800万円
A.T.カーニー 1,660万円

戦略系コンサルティングファームの競合内で年収を比較してみると、3番目に位置しています。
しかし、戦略系ファームは職位が上がるほどにボーナスが占める比重が高くなり、一概に平均年収がいくらであるというのは難しく、あくまで参考値であることに留意してください。

また、マッキンゼーではこのほかに退職金制度も充実しているので、実際には年収としては額面よりも100~200万円高いと考えると、トップのベインアンドカンパニーと大差がないといえます

マッキンゼーへの転職に転職エージェントを使用する理由

Photo byStartupStockPhotos

理由1:非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。
非公開求人とは、事業戦略上などの理由で表立って募集できないが、こっそり人を採用したい企業が、エージェントに依頼する求人です。
給与やポジションなどがハイクラスであるケースが多いです。
大手の転職エージェントであれば、マッキンゼーの非公開求人を保有している可能性があります。

さらに、非公開求人の募集がなかったとしても、あなたのスキルが高ければ「こんな人がいるのですが、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に営業するケースも多々あります。
公式ホームページや転職サイトを見て「特に転職したい求人がない」と思ったとしても、諦めずにエージェントに相談して非公開求人を探すことを推奨します。

理由2:マッキンゼーや業界に特化した対策が可能

転職エージェントでは、今までに多くの転職希望者を採用企業へ転職させており、大手企業志望であればあるほど、内部の選考を熟知して突破するノウハウを蓄積しています。
具体的には、過去どのような人が受かったのか、またその時にどのような質問をされてどのように回答したかといったデータを、大手の転職エージェントであれば持ち合わせています。
そのデータをもとにした模擬面接や、志望動機や質問に対する回答をあなたと一緒に考えてくれるのです。
特に今回の、マッキンゼーのような外資系の戦略コンサルティングのファームでは、ケース面接やフェルミ推定が実施されることもあり、模擬面接は必要不可欠であると言えます。
また、転職エージェントによっては面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあるため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

その他、面接では伝えきれない転職者の魅力を、人事に別ルートで営業してくれます。
転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を、人事にプッシュしてくれています。
あなたが面接で思うように話せず、本来落ちていたところを、エージェントの営業力で面接を通過にすることは日常的に起きています。
正しいエージェントを選べば、その点で圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。
逆を言えば、交渉力の低いエージェントを選んでしまうと足手まといになることすらありますので、エージェント選びはしっかり行いましょう。


そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でにマッキンゼー内定したい方はこちら

理由3:年収アップ等の交渉も依頼できる

年収の交渉は個人で行うのは、非常に難しいです。「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」と交渉の余地すらないことがほとんどです。
なぜなら、個人経由での応募は最終面接の場で入社同意書を書かされることがほとんどだからです。
転職エージェント経由であれば、最終的な回答は、面接後にエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことが可能です。
少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

圧倒的高品質な選考体験情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

マッキンゼーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

Photo byFree-Photos

マッキンゼーの年収・ボーナス・福利厚生や評判・口コミについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

外資系企業では、年収が高いが福利厚生が充実していないという評判・口コミが見られますが、マッキンゼーでは退職金制度をはじめとして非常に福利厚生が充実していました。
世界のリーディングカンパニーの8割がクライアントであるので、非常に働きがいがある会社です。
グローバルで実力主義と評判の同社に是非、挑戦してみてはいかがでしょうか。

そこで、高難易度の選考が評判の外資系コンサルのマッキンゼーへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、マッキンゼーのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度が高いと評判のケース面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でにマッキンゼー内定したい方はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング