アーサーDリトルは激務?残業時間や口コミなどを徹底解説!

アーサーDリトルは激務?残業時間や口コミなどを徹底解説!

一般にコンサルティング企業は残業が多く激務であるという評判がありますが、アーサーDリトルも激務なのでしょうか。本記事ではアーサーDリトルの激務どの実態や年収など、アーサーDリトルに転職を希望される方に役立つ情報をまとめて解説します。

記事の目次

  1. 1.アーサーDリトルの企業情報
  2. 2.アーサーDリトルは激務なのか?
  3. 3.アーサーDリトルの労働時間や激務度の実態
  4. 4.アーサーDリトル社員の評判・口コミ
  5. 5.激務でハイレベルなアーサーDリトルへの転職に向いている人物像
  6. 6.アーサーDリトルに転職したいならおすすめの転職エージェント
  7. 7.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  8. 8.アーサーDリトルへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

アーサーDリトルの企業情報

[引用元:https://www.adlittle.jp/]

アーサーDリトルはマサチューセッツ工科大学に籍を置いていた科学者アーサー・デホン・リトル博士が1886年に創設しました。
世界最古の戦略コンサルティングファームとして、現存する戦略コンサルティングファームの中でもいまだに世界的に評判高くあり続けています。

アーサーDリトルジャパンは1978年に創設されました。社員数は約100名程度と少なく、少数精鋭なスタイルの外資系戦略コンサルティングファームです。
創業当初から、技術分野の知見をいかに経営に活かすかといった技術経営の視点からのコンサルティングを得意としてきました。

アーサーDリトルは「side by side」の理念を掲げ、常にクライアントファーストでコンサルティングにあたります。
アーサーDリトルジャパンの社員の方々も、クライアントに価値貢献することをやりがいに感じて働かれている方々が多数いらっしゃると評判です。

アーサーDリトルの特徴

アーサーDリトルの特徴は、豊富なテクノロジー人材や、テクノロジーへの知見を武器に、クライアントに対して技術戦略を絡めた戦略立案をするプロジェクトが多いことです。
アーサーDリトルの社員の方には理系の大学院卒人材が多いため、そうした分野に特に強いと評判です。

アーサーDリトルジャパンは製造業界や自動車業界、ヘルスケア業界の顧客と強固な関係性を保っており、それらの業界に対するコンサルティングプロジェクトが多いです。
そのため、アーサーDリトル社内には製造業界出身で中途入社される方も非常に多いと評判です。

アーサーDリトルジャパンは少数精鋭スタイルの戦略コンサルティングファームなので、実行フェーズまで実施しないピュアな戦略案件が多いことも特徴です。

男性

男性

転職すれば、いわゆる「戦略コンサルティングファーム」の醍醐味を存分に味わうことができるのではないでしょうか。

アーサーDリトルの事業内容

アーサーDリトルはテクノロジーへの深い理解と「side by side」でクライアントへ寄り添う姿勢を武器に、製造業をはじめとする技術をコア・コンピタンスとするクライアントに対して、戦略コンサルティングサービスを提供しています。

アーサーDリトルが得意とする技術への理解を必要とする分野のプロジェクト事例を紹介します。
例えば2016年には、ドバイ、及びストックホルムにおいて、スマートシティ戦略を立案するプロジェクトを手掛けました。

アーサーDリトルのクライアントは製造業界中心ですが、各国政府や官庁など、国家レベルのプロジェクトも受注しています。
例えば、ヨーロッパトップの公共事業に向けて、原子力廃止戦略の策定プロジェクトなども手掛けています。

アーサーDリトルのミッションと今後の事業展開

アーサーDリトルは世界最古のコンサルティングファームとして、世界的に評判が高いコンサルティングファームの地位を占めていますが、これからはどうなのでしょうか。アーサーDリトルのミッションと今後の事業展開を紹介します。

ミッション

アーサーDリトルのミッションを公式サイトから引用します。

ADLのミッションは、生産性重視の時代からクリエイティビティ重視の新しい時代へ、ビジネスや組織を導くことです。

上記の通り、アーサーDリトルはクリエイティブを重視する姿勢を打ち出しています。
また、イノベーション創出のためのコンサルティングに力を入れる旨、公表しています。

おそらくその含意されているところとしては、確実に効果が出るが短期的な利益を追い求める効率化を図るコンサルティングよりも、長期的なビジョンや長期的な利益を生み出せるような戦略立案を重視するということでしょう。

今後の事業展開

アーサーDリトルジャパンは上場企業ではないので、正確な資料は公表されてはいませんが、アーサーDリトルジャパンは現在、ビジネス的には好調で堅調に拡大基調にあるという評判があります。
今後も成長していくために、社員数についても採用を増加させている傾向にあるということです。

アーサーDリトルジャパンオフィスは、これからもアジア地域の重要なオフィスとして、アジア全域に対するコンサルティングサービスを提供していくことになるでしょう。
2014年にはシンガポールオフィスを開設し、ますますアジアにコミットしていく姿勢を示しました。

これからはテクノロジーへの知見・ノウハウを引き続き強みとして、日本の製造業界や自動車業界、ヘルスケア業界などに対するグローバル化支援などで業績を拡大させていくのではないでしょうか。

男性

男性

アジア企業の日本進出という切り口でテクノロジーをてこに戦略立案、という線もあり得ます。

アーサーDリトルは激務なのか?

Photo byPavlofox

アーサーDリトルは残業が多く、激務なのでしょうか。外資系戦略コンサルティングファームをはじめ、どこのコンサルティングファームも残業が多く、激務であるという評判があります。
アーサーDリトルは残業が多くて激務なのかどうか、本章で紹介します。

激務の噂は本当なのか?

アーサーDリトルが激務であるという評判は本当です。アーサーDリトルに転職された社員の方の口コミや評判を見ると、入社して数年間は平日はもちろん終電間近・終電過ぎまで、土日も休まず働いていた、という方の口コミも多く見受けられました。

しかしこの点に関しては他の外資系戦略コンサルティングファームなどと同様ですが、上司やプロジェクト、自分自身の職位次第で激務をコントロールできます。例えば、自分がマネージャーになれば、ある程度業務量をコントロールして激務を抑えることができます。

上司やプロジェクトが激務を強いるようなものであれば、仕方ないでしょう。また、クライアントファーストの理念が浸透している業界なので、コンサルティング業界は恒常的に残業を強いられ激務になりやすいです。

男性

男性

残業が多く、激務ばかりの環境に耐えられない方には向いていないでしょう。

アーサーDリトルの労働時間や激務度の実態

[引用元:https://www.adlittle.jp/]

アーサーDリトルは、基本的には残業が多く激務である旨上述しましたが、最近は社内でも残業が多い労働環境を改善するためのイニシアチブが走っているとのことです。
以前に比べれば、残業も減って、働きやすくなってはきているようです。

また、有給休暇を取得する社員の方も多く、プロジェクトの合間に長期休暇をとって長期間の海外旅行に行かれる社員の方も少なくないそうです。
確かにプロジェクトに参画している間は残業が多く大変ですが、長期休暇をとってメリハリをつけて働くことは可能です。

有給休暇とは別に、アーサーDリトルの社員であれば、1年間の長期休暇も申請すれば取得可能です。
また、子供がいる社員が働きやすくなるよう時短制度もあるので、子育てしなければいけない事情から、残業を避けるために時短制度を利用する社員の方もいるようです。

アーサーDリトル社員の評判・口コミ

Photo byivanovgood

アーサーDリトルは外資系戦略コンサルティングファームとして、日本でも一定のプレゼンスを獲得しています。アーサーDリトルに入社すると、年収も高く、その後のキャリアも拓けるので、入社される社員の方のレベルも非常に高いと評判です。

本章ではレベルの高いアーサーDリトル社員の方々の口コミ・評判を分析して、アーサーDリトル社の実態に迫ります。アーサーDリトルの年収や社員の方々の雰囲気、仕事のやりがいなど様々な観点で分析します。

激務の対価である高給には満足している?

アーサーDリトルの平均年収は1,097万円と非常に高い水準です。特にマネージャー以上になると競合の外資系戦略コンサルティングファームなどと比べても遜色ない水準になるので、満足している社員の方々も多いようです。

アーサーDリトルの年収は、基本給+ボーナスという形で算出されます。基本給はビジネスアナリストやコンサルタントのうちは個人への連動度合いは少なく横並びですが、マネージャー以上になってくると個人の成績次第でボーナスも弾み、年収も大きく変動します。

アーサーDリトルのプリンシパル、パートナーともなると年収は数千万円の世界になってくるので、ほとんどの方が満足しているのではないでしょうか。パートナーになると年収は青天井なので、「もっと稼ぎたい」という気持ちに逆になるのかもしれません。

職位ごとの年収

アーサーDリトルの職位はビジネスアナリスト、コンサルタント・シニアコンサルタント、マネージャー、プリンシパル、パートナーの順番で階層ができています。職位が上がるごとに年収の上昇具合も上がっていきます。

新卒でビジネスアナリストとして入社した場合は600万円ほどからスタートし、コンサルタント・シニアコンサルタントあたりで年収1,000万円の大台に乗ります。だいたい30歳過ぎには年収1,000万円を超えるとのことなので、30代で転職される方もすぐ1,000万円は超えるのではないでしょうか。

そして、マネージャーになると年収1,000万円台中盤になり、プリンシパルで年収2,000万円台になります。パートナーともなると、トップクラスは年収は億円単位を超えてきます。

社員数が100名程度しかいないため、ほとんどの社員の方について年収1,000万円は超えていそうです。

人間関係や社員の雰囲気について

アーサーDリトルには理系の大学院卒というバックグラウンドを持ったコンサルタントの方が多いため、理系の研究室のような温和でアカデミックな雰囲気があるようです。同じようなバックグラウンドを持っている方にとっては非常に居心地が良いのではないでしょうか。

また、アーサーDリトルのクライアントにも日系の伝統的な大企業が多く、社員の方々にもそれらの企業から転職されてきた方が多いため、日系企業のように社員同士のチームワークがよく、先輩コンサルタントが後輩コンサルタントの面倒を見るような雰囲気があるとのこと。

外資系戦略コンサルティングファームではUp or Outといって昇進しなければ社内に残りづらい雰囲気がありますが、アーサーDリトルの方の転職サイトでの口コミを見ると、アーサーDリトルではそのような傾向はなく、昇進しない方も活かしていくような雰囲気があります。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

アーサーDリトルは他の外資系戦略コンサルティングファームと同様激務ではありますが、やりがいを感じて働かれている方がほとんどです。また、アーサーDリトルを経て、事業会社の幹部として活躍したり、PE、VCで活躍される方も多いので、成長環境も申し分ありません。

アーサーDリトルで働く仕事のやりがいとしては「クライアントに感謝されること」だったり、「社会に貢献できていること」をやりがいとして挙げられている社員の方が多いです。他にも「若手から早く成長できる環境があること」をやりがいとして挙げられる方も少なくありません。

アーサーDリトルが手掛けるプロジェクトにはピュアな戦略案件が多く、若手のうちから日本を代表する大企業の経営層に対してコンサルティングを行うことができるため、早く成長できる環境があります。プロジェクトを経験し、修羅場を潜る中で成長できます。

研修制度について

社内研修制度は整っています。OJTだけでなくグローバルのスタッフが参加するグローバルトレーニングに参加可能です。また、働いているうちに認められれば、1年間の海外駐在が可能です。パリやロンドン、ドバイやシンガポールなど、希望する地域で就業できます。

また、修学支援制度も充実しています。フルタイムMBA・エグゼクティブMBA・博士課程に進学したい方向けに、ファームが授業料を支援してくれます。フルタイムMBA・博士課程に関しては授業料も全て負担してくれるので、向学心がある方にとって最適な環境です。

アーサーDリトルジャパンの方の口コミでは、確かに研修制度はあるもののコンサルティング会社の昔からのやり方として、まだまだOJT中心に教育するスタイルがあるようです。しかし上記の制度も活用すれば、より幅の広いキャリア形成ができそうです。

女性を支援する環境があるか

アーサーDリトルには、女性コンサルタントの方の比率も増えてきているようです。女性社員の方の比率だけでなく、マネージャー以上や役員にも女性コンサルタントの方が増えてきているので、女性の方でアーサーDリトルに転職を希望されている方にはチャンスがあります。

また、女性が子育てをしながら働くことができる時短制度や育休制度も整備されています。育休制度についてはアーサーDリトルの男性社員も利用するため、結果として女性社員も利用しやすい環境にあるようです。

評価の面でも女性社員と男性社員の差別はもちろんないので、キャリア志向の女性の方には絶好の環境と言えるでしょう。

女性

女性

アーサーDリトルで何年かコンサルティングに打ち込んだ後で、より働きやすい事業会社に転職するという選択肢もありです。

激務でハイレベルなアーサーDリトルへの転職に向いている人物像

アーサーDリトルが求めている人物は、テクノロジーへの興味・知見を活かして、新しいビジネスモデルを構築できるような人材です。もちろん、理系で大学院まで進学して研究されていたバックグラウンドがある方は有利になるでしょう。

しかし、アーサーDリトル社内には文系出身のコンサルタントの方もいらっしゃいます。文系出身の方も論理的思考力とコミュニケーション能力、テクノロジーへの興味があれば入社できるようです。実際にアーサーDリトルジャパンでは、一時期文系人材の方が多かった時期があると評判です。

アーサーDリトルの選考面接では「なぜ他のコンサルティングファームではなくアーサーDリトルなのか」という質問が頻出します。この点について深く腹落ちできるような回答を面接官の方に提供できて、なおかつケース面接で論理的に回答できれば、文系の方も入社できるチャンスがあります。

アーサーDリトルに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

アーサーDリトルへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

本記事では、アーサーDリトルの激務の実態などについて解説しました。

アーサーDリトルは転職する価値が高いだけに、転職難易度も高いです。上記で紹介した転職エージェントの方にサポートしてもらい、準備をしっかりして転職選考に臨まれることをおすすめします。

また、転職口コミサイトのインテリゴリラでは、実際にアーサーDリトルに転職に成功された方の選考時の情報を記載しています。以下からご覧になれますので、ぜひご覧いただき、転職に向けて準備してみてはいかがですか。

アーサーDリトルの選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング