アーサーDリトルの平均年収はいくら?残業代や口コミなどを徹底解説!

アーサーDリトルの平均年収はいくら?残業代や口コミなどを徹底解説!

アーサーDリトルの平均年収はいくらくらいなのでしょうか。コンサルティングファームには残業が多い企業が多いですが、その分平均年収が高い企業が少なくありません。今回はアーサーDリトルに転職を希望される方のために口コミなどから集めた年収についての情報を紹介します。

記事の目次

  1. 1.アーサーDリトルの平均年収は?
  2. 2.アーサーDリトルの特徴
  3. 3.アーサーDリトルの年代職業別平均年収
  4. 4.アーサーDリトルの評価制度
  5. 5.アーサーDリトルのその他の待遇
  6. 6.競合他社と平均年収を比較
  7. 7.アーサーDリトルに転職したいならおすすめの転職エージェント
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.アーサーDリトルへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

アーサーDリトルの平均年収は?

Photo byNikolayFrolochkin

アーサーDリトルは少数精鋭の外資系戦略コンサルティングファームなので、参考となるデータが少ないです。しかし転職ゴリラ編集部が転職サイトのデータをもとに独自に推計して結果を算出しましたので、ぜひご覧ください。

アーサーDリトルの平均年収

アーサーDリトルの平均年収は1,097万円です。(口コミサイト参考)
もともと、外資系戦略コンサルティングファームの中でも少数精鋭なファームであり、Up or Outの風潮も緩めなので、ファームに入社すればほぼ確実に1,000万円の大台は超えるようです。

アーサーDリトルにビジネスアナリストとして入社し、数年してコンサルタント・シニアコンサルタントの職位に昇進すれば、年収1,000万円は見えてきます。30代の方であれば高確率で年収1,000万円を超えるという口コミがありました。

アーサーDリトルのビジネスアナリストは年収が600万円程度からスタートし、コンサルタントで1,000万円の大台を超えます。マネージャーになると競合他社と比べても遜色ない水準以上の年収をもらえるようです。

男性

男性

プリンシパルを経てパートナーになると、年収は青天井です。

アーサーDリトルの特徴

[引用元:https://www.adlittle.jp/]

アーサーDリトルジャパンは、製造業を中心としたクライアントをガッチリ握っていて、受注する案件の多くが製造業関連である点が特徴です。アーサーDリトルに入社された方にも、この点について魅力を感じて入社されている方が多く見受けられました。

また、アーサーDリトル出身者は採用市場におけるブランド力もトップティアの外資系戦略コンサルティングファームに負けず劣らずなものになっているようです。アーサーDリトルを退社した後で、PEやVCに転職し活躍されている方も少なくありません。

さらに、アーサーDリトルは最近のコンサルティングファーム全体の潮流とは異なり、純粋な戦略コンサルティング案件がほとんどのようです。最近は戦略コンサルでも実行の領域まで手掛けることが多いですが、依然としてアーサーDリトルは戦略立案に重心を置いている点も特徴です。

アーサーDリトルの社風

アーサーDリトルの企業としての特徴を紹介しましたので、次は社風について紹介します。アーサーDリトルの社員には理系の大学院卒の人材が多いということもあり、理系の研究室のようなアカデミックな雰囲気が漂っています。

また、ビジネスというよりもクライアント企業に対していかにクリエイティブで面白い提案ができるか、といった面を重視しているふしがあるようです。知的なクリエイティビティが重視される環境になっているのでしょう。

今後の展望について

アーサーDリトルジャパンは、他の国の拠点に比べても拡大傾向にあり、ビジネス面は好調なようです。特にアジアを中心としたグローバルプロジェクトに伸びしろがあるので、グローバルな製造業の変革プロジェクトに興味がある方にとっては絶好の環境でしょう。

従来から取引があり、クライアント基盤が固いと評判の自動車業界や製造業界、ヘルスケア業界からのプロジェクトの受注はこれからも続いていく見込みがあるようです。これらの分野はアーサーDリトルが強みとしている技術的知見と相性が良いためでしょうか。

社員数という面では、現在拡大基調にあるようで、アーサーDリトルに転職希望の方にとってはチャンスがありそうです。

男性

男性

拡大基調にあるうちに入社する方が転職難易度は易しいので、入社したい方は早めの準備に取り掛かりましょう。

アーサーDリトルの入社理由

アーサーDリトルに入社された方の入社理由は、これから転職を希望されている方にとっても役立つと思いますので紹介します。

まず、アーサーDリトルの強みである製造業を中心にコンサルティングサービスを提供したい、という理由で入社される方は多いです。アーサーDリトルの特徴かつ強みが「製造業のクライアントと強固な関係で結ばれていること」なので、当然と言えます。

また、理系人材の知的バックグラウンドを存分に活かすことができる「技術における知見を活かしたコンサルティングができる」ということを理由に挙げられる方も非常に多いです。ITだけでなく幅広い分野の理系知識が活用できるのが、アーサーDリトルの魅力です。

アーサーDリトルの年代職業別平均年収

Photo byNikolayFrolochkin

本章ではアーサーDリトルの年収を、様々な観点から紹介します。はじめに、気になる年代別の平均年収を紹介します。次に、アーサーDリトルの職位別年収を紹介します。多角的な視点から年収についてのデータを知ることで、アーサーDリトルに転職すべきかどうか判断できます。

年代別平均年収

アーサーDリトルの年代別平均年収を紹介します。アーサーDリトルの年収データはもともと社員数が少ないということもあり非常に少なく、転職ゴリラ編集部独自の推計になっていることをご了承ください。

アーサーDリトルの年代別平均年収は以下のようになっています。

年代 年収
20代 800万円
30代 1,200万円
40代 1,600万円

40代以上になると、ほとんどがマネージャー以上になってきますので、とても高い推計年収が算出されました。しかし、年代別の平均年収は30代半ば以降になるとほとんど意味をなしません。その年代以降は実力主義で職位別に年収がガクンと変わってくるためです。

職業別平均年収

アーサーDリトルには経営コンサルタント職しかありませんので、職位別の平均年収について紹介します。
アーサーDリトルのコンサルタントの職位には、ビジネスアナリスト、コンサルタント/シニアコンサルタント、マネージャー、プリンシパル、パートナーが存在します。

以下が転職ゴリラ編集部が独自に推計したアーサーDリトルの職位別平均年収です。

職位 平均年収
ビジネスアナリスト 700万円
コンサルタント/シニアコンサルタント 900万円
マネージャー 1,400万円
プリンシパル 2,500万円
パートナー 不明

コンサルタントになると年収1,000万円を超えるチャンスが出てきますが、平均年収としてはまだ1,000万円に届かないくらいです。マネージャーになると1,000万円台後半が見えてきます。他の外資系総合コンサルティングファームよりやや高めくらいの年収水準です

アーサーDリトルの評価制度

Photo bygeralt

アーサーDリトルでは、プロジェクトが終わるたびに受けるレビューと、半年に一回あるパフォーマンスレビューの二軸で、在籍コンサルタントの評価が決定されていきます。一般的なコンサルティングファームの評価システムと同様です。

入社してからある程度の段階までは昇進できるという口コミが多く見受けられました。おそらくコンサルタントの職位までは昇進できるのでしょう。しかしそれからはやはり実力主義で厳しく評価されるので、マネージャー以上になりたい方にはそれなりの覚悟と実力が求められます。

また、外資系戦略コンサルティングファームのほとんどにおいて適用されているUp or Outの傾向は、アーサーDリトルにおいては緩めになっているため、落ち着いてじっくり仕事に打ち込み、評価されるまで粘り続けることができます。

男性

男性

社員に比較的寛容なファームと言えるでしょう。

アーサーDリトルのその他の待遇

[引用元:https://www.adlittle.jp/]

アーサーDリトルの平均年収は、外資系総合コンサルティングファームより少し高い水準であることなどについては上述しましたが、その他の待遇についてはどのようになっているのでしょうか。本章ではボーナスや残業代、福利厚生についても見ていきます。

ボーナス

アーサーDリトルのボーナスは年に一度支給されます。ボーナスの水準はビジネスアナリストのうちは横並びですが、シニアコンサルタントやマネージャーレベルになってくると、個々人の業績によってかなり変わってくるようです。

ボーナスの金額は実際にどの程度なのでしょうか。
転職口コミサイトなどを見ると、ビジネスアナリストやコンサルタントのうちは100〜200万円程度、マネージャーになると100〜400万円程度になるようです。
業績連動なので実際にどれくらい支給されるのかはわかりません。

アーサーDリトルのボーナスの水準は、日系の財閥系企業などに比べると見劣りする可能性もありますが、外資系戦略コンサルティングファームや、外資系総合コンサルティングファームなどと比べても遜色ないレベルと言えるのではないでしょうか。

残業代

アーサーDリトルは年俸制で、みなし残業代が含まれているのか、転職口コミサイトでも残業代についての言及はありませんでした。
おそらく、長時間労働が基本の職場なので、年俸にみなし残業代はあらかじめ含まれているのでしょう。

残業代によって稼ぐ一部の日系企業などと違って、コンサルティングファームの場合は残業代以外で稼げるようになっていないところが多いです。特にマネージャー以上は残業代でなくボーナスで稼ぐシステムになっているので、残業代にはあまり期待しない方が良いでしょう。

しかし、残業代が出ないからといって残業が少ないかというと、そうではないでしょう。
プロジェクトや一緒に働く上司などによって大きく左右されますが、基本的に残業はかなり多いと考えておいた方が良いです。コンサルティングファームで残業しないことはあり得ません。

福利厚生

アーサーDリトルには、女性が働きやすい福利厚生制度が整備されています。
時短勤務や育児休業の制度があり、実際にそれらの制度を使われている方も少なくありません。男性でも育児休業制度を利用してコンサルタントの仕事から一度遠ざかる方もいらっしゃるようです。

また、アーサーDリトルの社員であればキャリアグレードにかかわらず1年間の休暇を取得することができます。特に縛りもないので、1年間思い通りに過ごすことができます。プロジェクトの合間を縫って休むのではなく、まとまって休めるのはとても良い制度なのではないでしょうか。

また、フルタイムMBAやエグゼクティブMBA、博士課程に進学希望の方への修学支援制度があるのも特徴です。授業料を援助してくれる上に、在学期間中もアーサーDリトル社員であり続けることができます。卒業後のキャリアについて思い悩むことなく、思い切り勉強できる点がメリットです。

競合他社と平均年収を比較

外資系戦略コンサルティングファームであるアーサーDリトルの平均年収を、競合他社の年収水準と比較し、アーサーDリトルの年収を評価してみます。
競合他社は外資系戦略コンサルティングファームや外資系総合コンサルティングファーム、日系コンサルティングファームとして比較します。

外資系戦略コンサルティングファームと比較

外資系戦略コンサルティングファームのトップティアであるマッキンゼー、ボストンコンサルティンググループ、ベインアンドカンパニーとアーサーDリトルの年収水準を比較します。それぞれの平均年収を知ることでアーサーDリトルの年収水準に相対的な評価を与えることができます。

まずは気になる戦略コンサルティングファーム最高峰のマッキンゼーの平均年収です。マッキンゼーの平均年収は1,182万円です。転職ゴリラ独自推計のアーサーDリトルの平均年収1,097万円と比べるとやや高めですが、そこまで差はない印象です。

昨今デジタルトランスフォーメーションに力を入れているボストンコンサルティンググループの平均年収は1,424万円です。さらにベインアンドカンパニーの平均年収は1,125万円です。ボストンコンサルティンググループだけとても高い値となっていますが、平均年収はトップティアの戦略コンサルと比べても遜色ない水準と言えるのではないでしょうか

外資系総合コンサルティングファームと比較

アーサーDリトルの平均年収を外資系総合コンサルティングファームと比較してみます。外資系総合コンサルティングファームといえば、BIG4とアクセンチュアですが、BIG4については特に年収の高いデロイトと、BIG4の中で平均的な年収を誇るPwCを比較対象とします。

まず年収がやや高めのデロイトトーマツコンサルティングの平均年収は908万円です。総合系コンサルティングファームは社員数が桁違いに多いので、決して少ないとはいえない水準です。戦略の実行まで行えることを考えると、デロイトを選ぶ方がいても良いのではないでしょうか。

BIG4の中では平均的な年収水準のPwCコンサルティングの平均年収は899万円です。また、社員数が1万人を超えるアクセンチュアの平均年収は863万円です。アーサーDリトルの方が少数精鋭な分、総合系コンサルティングファームよりも平均年収は多めの結果となりました

日系コンサルティングファームと比較

アーサーDリトルの平均年収を日系コンサルティングファームと比較します。東証一部上場で日系最大手コンサルティングファームの野村総合研究所、同じく東証一部上場で戦略系案件にフォーカスしているドリームインキュベータの2つの企業を比較対象とします。

野村総合研究所の場合、有価証券報告書からより正確な平均年収を知ることができます。有価証券報告書によると、野村総合研究所の2020年3月期の平均年収は1,235万2千円です。野村総合研究所は社員数が6,000名以上もいるにもかかわらず驚異の高待遇であることがわかります。

ドリームインキュベータの場合には有価証券報告書で平均年収は記載されていませんでしたので、平均年収を推計してみたところ、平均年収は1,016万円でした。ドリームインキュベータよりもアーサーDリトルの年収の方がやや高いといった印象です。

アーサーDリトルに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

アーサーDリトルへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

アーサーDリトルの平均年収や、特徴などについて解説しました。平均年収も高く、テクノロジーに興味がある人材にとっては魅力的なプロジェクトが豊富なアーサーDリトルは、当然転職難易度も高いです。

難易度が高い転職活動を成功させるには、事前の入念な準備が不可欠です。独力で準備をするよりも、転職について知り抜いている転職エージェントのサポートを借りて、万全の状態で転職活動に望まれることをおすすめします。

また、実際にアーサーDリトルへの転職活動が成功した方の口コミは、転職口コミサイトであるインテリゴリラでご覧になれます。以下のリンクよりインテリゴリラにアクセスし、実際の選考の口コミを見てご参考になさってみてはいかがでしょうか。

アーサーDリトルの選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング