日立コンサルティングの平均年収は780万円?ボーナスや評価制度など解説!

日立コンサルティングの平均年収は780万円?ボーナスや評価制度など解説!

日立コンサルティングの平均年収は780万円です。。本記事では、日立コンサルティングに転職希望の方に向けて、日立コンサルティングの基本給与やボーナス、平均年収などの報酬について、他社と比較して評価しつつ紹介しますのでぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.日立コンサルティングの平均年収は?
  2. 2.日立コンサルティングの特徴とは?社風や成長環境・今後の展望等を紹介
  3. 3.日立コンサルティングの年代職業別平均年収
  4. 4.日立コンサルティングの評価制度
  5. 5.日立コンサルティングのその他の待遇
  6. 6.日立コンサルティングの競合他社と平均年収を比較
  7. 7.日立コンサルティングに転職したいならおすすめの転職エージェント
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.日立コンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

日立コンサルティングの平均年収は?

出典: https://www.hitachiconsulting.co.jp/cmn_images/index/hot_topics95.jpg

日立コンサルティングは、転職希望者からの評価も高い日系コンサルティングファームです。日立製作所が完全親会社なので、コンサルティングファームの中でもテクノロジーに強みを持っているコンサルティングファームとして独自のポジションを築いています。
転職希望者からの評価は高い日立コンサルティングですが、平均給与はどの程度なのでしょうか。日立コンサルティングのボーナスも含めた平均給与について早速紹介します。

日立コンサルティングの平均年収

日立コンサルティングの平均年収は780万円と高く、業績次第のボーナスや大手ならではの福利厚生があります。
日立コンサルティングの平均年収は、外資系戦略コンサルティングファームの競合に比べると平均年収は低いですが、日系コンサルティングファームや、外資系総合コンサルティングファームなどの平均年収に匹敵するくらいの水準です。

日立コンサルティングの年収に関する待遇もご紹介します。ボーナスは100万~200万円、ボーナスが出ないこともあり、その分月給に高く反映される形です。残業代もマネージャー以上になると裁量労働制になり支給されなくなります。福利厚生は子育てや介護、カフェテリアや財形貯蓄等コンサルティングファームには無いようなものも多数あります。この点は、親会社が日立製作所が入っているからこその手厚さでしょう。後ほどの見出しでも、詳細に紹介します。

日立コンサルティングの転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

日立コンサルティングの特徴とは?社風や成長環境・今後の展望等を紹介

出典: https://www.hitachiconsulting.co.jp/cmn_images/index/hot_topics76.jpg

日立コンサルティングの特徴は、日立製作所が親会社であることで、日立製作所が今まで積み上げてきたテクノロジーに対する知見やノウハウを利用したトータルソリューションをクライアントに提供できることです。ITだけでなく、様々な分野のテクノロジーにおいて知見・ノウハウがあるのが強みです。

テクノロジーに強みがある点だけでなく、日立製作所が今まで積み上げてきたクライアントとの関係性を利用して案件を獲得できる強みもあります。今までの信用を利用できるので、経営において重要性の高い案件を獲得できる可能性が高く、面白い仕事ができる可能性が高いです。

また、日立コンサルティングは規模感がまだまだ小さく、社員数は約400名程度なので、レベルの高いコンサルティングプロジェクトであっても若手コンサルタントに任せる裁量が大きいです。結果として、若手のうちから早く成長できる環境がある点も特徴です。

日立コンサルティングの社風

日立コンサルティングには、外資系戦略コンサルティングファームのようにUp or Outではなく、どちらかというと長く在籍している社員を育てていく雰囲気があるようです。コンサルティングファームでコツコツと成長していきたい方にとっては魅力的な社風です。

日立コンサルティングは日立製作所のコンサルティング部門として発祥した経緯があるため、日立製作所出身の社員も多く在籍していますが、他のコンサルティングファーム出身者や事業会社出身者など、様々なバックグラウンドを持った社員の方々が在籍しています。

したがって、日立製作所のような日系企業の社風を残しつつも、プロジェクトや部署ごとにも様々な文化があるようです。外資系コンサルティングファーム出身の社員の方も多いので、外資系コンサルティングファームと日立製作所のミックスのようなカルチャーと形容される方もいらっしゃいます。

日立コンサルティングの成長環境

日立コンサルティングは社員数が約400名と少なめなので、若手のうちから大きなプロジェクトを任されることもあり、若手社員の方が早く成長できる環境があります。外資系でも大規模なファームですとなかなかそういったチャンスもないので、日立コンサルティングのこの環境は魅力的です。

日立コンサルティングに中途で転職される方については、研修などの機会でコンサルティングの基礎を学ぶチャンスがあります。事業会社からコンサルティングファームに転職される方であっても、その点は安心できます。

しかし、基本的にはコンサルティングする中でOJTでコンサルティングスキルを身につけます。

男性

男性

他のコンサルティングファームであっても、入社後の研修の後はOJTでコンサルティングスキルを身につけるファームが多いので、この点は他のファーム同様です。

日立コンサルティングの今後の展望

日立コンサルティングは今後も日立製作所が築いてきた信用やコネクションを活用して、クライアント網を拡大していくでしょう。他のコンサルティングファームと異なり、ソフトウェアだけでないハードウェア領域のテクノロジーを保有している日立製作所と組める強みを今後も活用できます。

日立コンサルティングのコンサルティング領域はITだけでなく、地球温暖化問題や、エネルギー問題など、広範な分野に及んでいます。国内公共領域のコンサルティング案件をよく受注しているので、これからは国内で実施したことをグローバルに横展開するという方向性もあり得るのではないでしょうか。

また、日立コンサルティングはこれからも日立製作所グループのブレインとしての役割も担い続けていくでしょう。日立製作所のIoTやAIなどのテクノロジーを事業戦略に落とし込んでいく際に、インハウスコンサルタントとして重要な役割を果たしていくはずです。

日立コンサルティングの年代職業別平均年収

Photo bygeralt

日立コンサルティングの平均年収は780万円ですが、日立コンサルティングの年代別・職業別平均年収はどの程度なのでしょうか。本章では、日立コンサルティングの年代別・職業別平均給与を紹介します。日立コンサルティングに転職したい方はぜひご覧ください。

年代別平均年収

日系コンサルティングファームである日立コンサルティングの平均給与については、転職口コミサイトなどのデータが少ないため、年代別に給与を算出することはできませんでした。以下で紹介する日立コンサルティングの職業別平均給与を参考に考えてみてください。

職位別平均年収

日立コンサルティングの職種には、基本的にはコンサルタントしかありませんので、日立コンサルティングのコンサルタントの職位別給与水準について紹介します。日立コンサルティングの職位別給与水準は以下のようになっています。
 

職位 給与水準
アナリスト 400〜600万円
コンサルタント 600〜800万円
シニアコンサルタント 800〜1,000万円
マネージャー 1,000〜1,200万円
シニアマネージャー 1,400万円〜

上記の職位別給与水準から、年代別給与水準も考えられます。20代のうちはアナリスト、コンサルタント、シニアコンサルタントのいずれかである可能性が高いので年収1,000万円を超えるのは難しいです。しかし、30代を超えると年収1,000万円も見えてくるような給与テーブルになっています。

日立コンサルティングの評価制度

出典: https://www.hitachiconsulting.co.jp/cmn_images/index/hot_topics80.jpg

日立コンサルティングの評価制度はどのようなものなのでしょうか。日立コンサルティングの人事評価には2段階あり、アサインされたプロジェクトでの評価と、所属する組織のトップの評価です。それぞれの基準に基づいて、コンサルタントに対する評価が行われ、給与やボーナスが決定します。

日立コンサルティングのボーナスについては個人としての業績が高い人ほど多くなります。マネージャー以下のコンサルタントの方のボーナスは全社の業績に連動し、シニアマネージャー以上の方のボーナスは事業部の業績に連動して算出されます。

転職口コミサイトの口コミを見ると、日立コンサルティングの評価制度については賛否両論でした。公正な評価に基づいて給与やボーナス、昇進が決められていると思っていらっしゃる方もいれば、属人的な評価になっていることを不満に思われている方も両方いらっしゃいました。

日立コンサルティングのその他の待遇

出典: https://www.hitachiconsulting.co.jp/

日立コンサルティングの年収は、外資系総合コンサルティングファーム並みであることは上述しました。日立コンサルティングの他の待遇についてはどのようになっているのでしょうか。本章では、日立コンサルティングの待遇全般について紹介します。

日立コンサルティングのボーナスや残業代、福利厚生全般について紹介しますので、日立コンサルティングに転職希望の方はぜひご覧ください。

日立コンサルティングのボーナス

日立コンサルティングのボーナスはコンサルタント以上になると支給されるようです。上述したように、個人の業績を評価されてボーナスが決まるため、評価が高ければ高いほどボーナスの金額も上がります。

ボーナスの金額はコンサルタントの方であれば100万円台、マネージャーの方であれば200万円台の方が多いようです。シニアマネージャー、ディレクターの方であればさらにボーナスの金額も上がるようですが、金額がどの程度になるかまでは口コミがありませんでした。

多くの総合系コンサルティングファームでは完全年俸制でボーナスが出ないことも少なくありません。

女性

女性

まとまった金額をボーナスとして支払ってくれる日立コンサルティングは、コンサルティングファームの中では太っ腹と言えるかもしれません。

日立コンサルティングの残業代

残業代については他のコンサルティングファームと同様、マネージャー以上になると裁量労働制になるので支給されなくなります。アナリストやコンサルタント、シニアコンサルタントの間は残業代で稼ぐことができます。

若手のうちは付加価値を出しづらく、労働時間を費やすことで価値貢献をさせるというある意味合理的なモデルです。実際問題として、若手のうちは業務を効率的に終わらせるのも難しいでしょうから、残業代が若手のうちだけでも出るのは嬉しいです。

逆にマネージャー以上になると裁量労働制になり残業代は出ませんが、その分年俸やボーナスが出ますので、一長一短です。

日立コンサルティングの福利厚生

日立コンサルティングの福利厚生は、基本的な社会保険が整備されているのはもちろんのこと、子育てや介護をしながらでも働けるような整備がそろっています。他のコンサルティングファーム同様のレベルではないでしょうか。社員数が少ない割には制度は整っていると言えるでしょう。

日立コンサルティングの子育てのための福利厚生制度には、育児休業制度や産休制度、育児のための時短勤務制度などがあり、実際にこれらの制度を利用されている方も少なくないようです。したがって、子育てしながらでも働ける環境自体は整っているといえそうです。

また、介護のための福利厚生制度としては、介護休業制度や介護のための時短勤務制度があります。他にも財形貯蓄制度を利用してコツコツと貯蓄できたり、カフェテリアプラン制度を利用して、ヘルスケアやトラベルサービスなどを優待価格で利用できます。

日立コンサルティングの競合他社と平均年収を比較

日立コンサルティングの年収を競合他社と比較します。日立コンサルティングの平均年収は780万円と、外資系総合コンサルティングファームか、日系コンサルティングファームと同じくらいの平均年収です。

日立コンサルティングの年収がどの程度の平均年収なのかを評価するために、日系コンサルティングファーム、外資系総合コンサルティングファーム、外資系戦略コンサルティングファームのそれぞれの平均年収と比較します。

コンサルティングファームは他の業界に比べてかなり高年収なので、そもそもが平均年収が高い企業同士で比べることになりますが、日立コンサルティングはその中でも年収が高い方なのかどうか、本章で分析します。

日系コンサルティングファームの競合他社と比較した結果とは?

日立コンサルティングの平均年収780万円を他の日系コンサルティングファームと比較します。東証一部企業であり、日系最大手コンサルティングファームの野村総合研究所、NTTデータが親会社のコンサルティングファームであるクニエ、東証一部上場企業のシグマクシスを比較対象とします。

社員数が多いながらも、日系最大手コンサルティングファームの野村総合研究所の平均年収は1,235万円とかなりの高年収です。やはり日系最大手コンサルティングファームということで、人材の質にこだわる結果、年収も高くなっているようです。

NTTデータ系列のコンサルティングファームであるクニエの平均年収は916万円です。日立コンサルティングよりも若干高めの年収と言えます。そして、デジタルトランスフォーメーショ関連のコンサルティングに強いシグマクシスの平均年収は1,152万円とさらに高いものになっています。

日立コンサルティングと外資系総合コンサルティングファームと比較した結果とは?

日立コンサルティングの平均年収を外資系総合コンサルティングファームと比較します。外資系総合コンサルティングファームの中でも代表的なファームであるBIG4とアクセンチュアの各社と比較することで、日立コンサルティングの平均年収を評価します。

BIG4の中でも平均的な年収水準であるPwCコンサルティングの平均年収は899万円です。日系コンサルティングファームよりも、外資系総合コンサルティングファームの平均年収の方が若干低めになっていますが、パートナーの年収も含めればより高い平均年収となるはずです。

また、デジタルトランスフォーメーション領域で一番強いアクセンチュアの平均年収は863万円です。アクセンチュアの社員数は1万人以上にもかかわらず、アクセンチュアの平均年収も日立コンサルティングの平均年収を上回りました。

外資系戦略コンサルティングファームと比較

日立コンサルティングと外資系戦略コンサルティングファームの平均年収を比較します。特に、外資系戦略コンサルティングファームの中でもトップレベルの年収を誇る御三家、マッキンゼー・ボストンコンサルティンググループ・ベインアンドカンパニーの3社と比較します。

外資系戦略コンサルティングファームトップのマッキンゼーの平均年収は1,182万円、マッキンゼーと並び称されるボストンコンサルティンググループの平均年収は1,424万円、ベインアンドカンパニーの平均年収は1,125万円です。

外資系戦略コンサルティングファームは軒並み日立コンサルティングよりも平均年収が高い結果になりました。結論としては、日立コンサルティングの平均年収はコンサルティングファームの中ではやや控え目な平均年収であると評価できます。

日立コンサルティングに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

日立コンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

日立コンサルティングの平均年収などについて紹介しました。

年収は控え目であるものの、日立製作所のグループ会社であり、なおかつ比較的ホワイトなコンサルティングファームということで人気がある日立コンサルティング。

当然転職難易度も高いので、転職を希望される方はコンサルティングファームの転職に強い転職エージェントにサポートしてもらうことをおすすめします。

また、転職選考口コミサイトのインテリゴリラには、日立コンサルティングへの転職を成功させた方の口コミが載っています。以下のリンクからアクセスして、口コミをご覧になってみてください。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング