ウルシステムズの年収は平均いくら?ボーナスや口コミ・評判をチェック!

ウルシステムズの年収は平均いくら?ボーナスや口コミ・評判をチェック!

ウルシステムズへの転職で気になる平均年収、ボーナス、労働環境や待遇などの評判・口コミを紹介します。年収が高いと評判のコンサルティング業界で、戦略的なIT活用や最適な方向性の支援に強みを持つウルシステムズへ転職をお考えの方は必見の内容となっています。

記事の目次

  1. 1.ウルシステムズ平均年収は?
  2. 2.ウルシステムズの直近の業績や今後の展望は?
  3. 3.ウルシステムズの年収モデル例とその他の年収事例
  4. 4.ウルシステムズの評価制度・昇給するには
  5. 5.ウルシステムズのボーナス・残業代・福利厚生などの待遇の口コミは?
  6. 6.競合他社と平均年収を比較
  7. 7.ウルシステムズへの転職に転職エージェントを使用する理由
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.ウルシステムズへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

ウルシステムズ平均年収は?

Photo byAlexsander-777

ウルシステムズの平均年収は809万円です。
同社の給与制度としては、裁量労働制で、40時間分の残業代込みで、通勤手当て、深夜早朝勤務手当てはありますが、住宅手当てや役職手当て、退職金もないです。
つまり、力をつけていない人は残業代で平均年収を伸ばすことはできず仕事自体に取られる時間が必然的に多くなってしまいます。

ウルシステムズの直近の業績や今後の展望は?

Photo byFree-Photos

企業概要

ウルシステムズの企業概要は下記の通りです。
企業概要

会社名 ウルシステムズ株式会社
創業日 2000年 7月 25日
設立日 2011年 10月 3日
資本金 1億円(2020年3月31日現在)
代表者 代表取締役社長 漆原 茂
事業内容 戦略的ITコンサルティング事業
主要取引銀行 三井住友銀行 丸ノ内支店
所在地

〒104-6014
東京都中央区晴海 1-8-10 トリトンスクエア タワーX 14階

グループ企業 ・ULSグループ株式会社
ウルシステムズを含むグループ企業の持株会社です。上場企業としてグループ全体の経営配分を行っています。

・ピースミール・テクノロジー株式会社
ウルシステムズの兄弟会社です。官公庁・公共事業体向けに発注側支援コンサルティングを提供しています。
主要取引先
  • 株式会社IMJ
  • アスクル株式会社
  • アットホーム株式会社
  • ANAシステムズ株式会社
  • 出光興産株式会社
  • SBIホールディングス株式会社など多数

提供しているサービス

ウルシステムズが提供するサービス内容は、下記四点です。

ウルシステムズが提供するサービス内容

  • IT戦略立案
  • 業務要件定義
  • プロジェクトマネジメント
  • 戦略的IT開発

IT戦略立案

経営戦略や事業戦略と合致したIT戦略を立案するための支援を行います。
ビジネスニーズとの乖離をなくすことでIT投資の成功率を高めます。
ラインナップとして、全社ITグランドデザインやシステム化計画立案を行っています。

業務要件定義

お客様のビジネスゴールや業務課題を踏まえ、目指すべき業務プロセスのあり方を策定します。
あわせて業務プロセスを実現するためのシステムの要件を定義します。
ラインナップとして、ビジネスモデリング、業務分析・設計、要件定義があります。

プロジェクトマネジメント

お客様のプロジェクトマネジメント力を強化します。
過度のベンダー依存から脱却し、お客様自身がプロジェクトを主導できるようにします。
そのためにウルシステムズは、プロジェクト管理支援、RFP策定・ベンダー選定、開発プロセス標準化、IT要員育成のラインナップを提供しています。

戦略的IT開発

最先端のテクノロジーを駆使した戦略的ITを開発します。
また、お客様自身がシステムを内製するための支援も行います。
アーキテクチャ設計・構築、先端技術検証、システム品質向上を通じて戦略的ITの開発に貢献します。

ウルシステムズの今後の展望

ウルシステムズの代表取締役社長の漆原茂氏による経営理念では、「常にお客様とともに。お客様のビジネスの成功のために。」を合言葉にしています。
ITはビジネス戦略そのもので、その活用如何が企業の命運を左右するため、ベンダーやコンサルティングファームへの「丸投げ」は通用しません。
今後は、お客様自身がITを舵取りする必要があり、IT投資のイニシアチブを握るために必要なサポート、最先端のテクノロジーを使ってビジネスモデルをどう革新するかを中心に支援していく方針です。

ウルシステムズの年収モデル例とその他の年収事例

Photo bynattanan23

年収モデル例

ウルシステムズにおける代表的な職種は、顧客の課題解決と実行支援をITの視点から行うコンサルタントの職種です。
口コミ・評判によるとコンサルタントの職種の場合の年収レンジは、400万円〜1,200万円です。

また、口コミ・評判を参考に役職別にみると、コンサルタントで400万円、シニアコンサルタントで年収600万円~900万円、マネージャーで年収 800万円とボーナスとなります。
マネージャーに昇進すると、案件の受注数により年収がブレるので、シニアコンサルタントよりも少ない数字での下限になっています。

ウルシステムズの評価制度・昇給するには

Photo bymohamed_hassan

求める人物像

ウルシステムズの求める人物像については、「マインド面で求めること」と「経験面で求めること」の二つの角度から紹介します。

マインド面で求めることは下記四点です。

  1. 顧客本位の考え方ができる
  2. エンジニアとしてのプライドを持っている
  3. 意欲的・自律的である
  4. 変化を楽しめる

顧客本位の考え方ができる

ウルシステムズのミッションはお客様の課題を解決することであるため、お客様のビジネスに興味がなければ務まりません
同社は技術を重視していますが、それは目的があってのものです。
技術にしか興味がない場合はミスマッチになる可能性が高いですが、お客様の役に立ちたいという思いを持った人なら相性は良いはずです。

エンジニアとしてのプライドを持っている

ウルシステムズのメンバーはエンジニアとしてお客様のビジネスと向き合います。
開発案件はもちろんコンサルティング案件も同様で、お客様が期待するのは経営戦略や事業企画のノウハウではなく、業務システムとテクノロジーに関する知見です。
エンジニアという仕事にプライドを持つ人こそが楽しめる仕事です。

意欲的・自律的である

指示待ちメンバーで構成された大規模な組織より、意欲的で自律的なメンバーが揃った少人数のチームの方がずっと良い仕事ができます。
与えられた仕事の目的を考え、自らの役割に意義を見出し、自分なりの基準をもって仕事をするという価値観に共鳴するメンバーがウルシステムズには集まっています。

変化を楽しめる

ウルシステムズの案件は多岐にわたり、1つとして同じものはありません。
お客様によって背景や課題は異なりますし、解決に向けたアプローチも毎回変わります。
特定の知識や技術を身につければ万事解決という世界ではなく、試行錯誤こそが日常です。

経験面で求めることは、下記四点です。

  1. 業務アプリケーションの新規開発経験がある
  2. オープン系技術での開発経験がある
  3. 顧客折衝経験がある
  4. リーダー経験がある

業務アプリケーションの新規開発経験がある

業務アプリケーションの新規導入や刷新が大半です。
よって、新規開発の経験が欠かせません。
パッケージソフトを使用することもありますが、その都度、最適な製品を選定するため、特定の製品に関する知識を武器とすることは難しい環境です。

オープン系技術での開発経験がある

開発言語は基本的にオープン系言語を使用します。
Javaや.Netなどオブジェクト指向の静的型付言語での開発経験を持っていることが望ましいです。
実際の案件で使用する言語は多岐にわたりますが、キャッチアップさえできれば問題ありません。
なお、汎用機に関しての知見を求められる機会はほとんどありません。

顧客折衝経験がある

お客様の課題を解決することがウルシステムズのミッションです。
システムを開発する側の論理だけでなく、お客様側の論理も理解する必要があります
お客様の期待に責任を持って応える姿勢も求められます。
顧客折衝の機会を得られるかは年齢や商流にもよりますが、30歳以上であればお客様と直接やりとりした経験が期待されます。

リーダー経験がある

ウルシステムズはプロジェクトの推進役としてお客様や開発会社を牽引することを期待されます
新たな仲間にも同様の振る舞いが期待されます。
現職で何らかの物事を推進してきた経験があれば親和性が高いはずですし、そうした実績をお持ちかどうか見極める手がかりとして、リーダー的な立場を任されているかを問われます。

ウルシステムズのボーナス・残業代・福利厚生などの待遇の口コミは?

Photo bymohamed_hassan

ボーナス・残業代

下記では、ボーナス・残業代に関する評判・口コミについて紹介します。

男性

男性

裁量労働制で、40時間分の残業代込みになっていますが、残業時間が40時間に満たなくても、40時間以上になっても給与は一定です。
通勤手当て、深夜早朝勤務手当てはありますが、住宅手当てや役職手当て、退職金はないです。
なお、賞与は半期に一度、個人評価と会社業績により、決まります。
しかし、最高評価を取っても数パーセント程度の昇給額で、少ないと感じた。

女性

女性

ITコンサルタントとしては普通の平均年収で、安くもなく高くもないです。
ただし、昇給レンジが非常に小さく、且つ絶対評価であるため、いくら成果があっても大幅な昇給にはならないです。
絶対評価だと一見上がりやすく思いますが、所詮原資は決まっているので理由をつけて大幅昇給させない傾向が強いです。
中途で入社する際はギリギリまで交渉してベースアップしておいたほうがいいです。
10年勤めても今の評価制度では大した昇給が見込めないと言う社内での評判もあります。

女性

女性

昇格以外でのと給与増は期待できないです。
賞与は人事査定に応じて増減しますが、夏冬1.5か月程度と思ってよいです。
残業代は込みですが、深夜残業手当は申請すれば支給されます。

人事評価については半期ごとに目標設定をし、期末に上司と面談のうえ評価を決定し、人事評価基準に沿って昇給降給が決定されます。
昇格は自部署の本部長推薦の後に、論文および他部署本部長との面談によって決定され非常にプロセスが多いです。

福利厚生

ウルシステムズでは下記の福利厚生とその他制度が準備されています。

年次有給休暇
特別休暇
看護休暇
慶弔休暇
リフレッシュ休暇
アニバーサリー休暇
介護休暇
介護休業
育児休業
ベビーシッター割引券
配偶者のお祝い
子女入学祝
iDeCo
持株会
財形貯蓄
能力開発補助
団体長期障害所得補償保険
短時間勤務

競合他社と平均年収を比較

Photo bykschneider2991

日系IT系コンサルティングファームであるウルシステムズ競合として視野に入ってくるのが、ガートナージャパン、フューチャーアーキテクト、キャップジェミニです。
口コミ・評判を参考に競合他社との平均年収を比較した表が、以下のようになります。

社名 平均年収
ガートナージャパン 1,268万円
フューチャーアーキテクト 822万円
キャップジェミニ 819万円
ウルシステムズ 809万円

競合内で平均年収を比較してみると、ウルシステムズは四番目に位置しています。
加えて、評判口コミから、昇格以外でのと給与増は期待できず昇格しても少ししか給与が上がらないと評判なので、転職前のベースアップ交渉が鍵をにぎります

ウルシステムズへの転職に転職エージェントを使用する理由

Photo byAnandKze

ウルシステムズへの転職成功のコツは、転職エージェントを活用することです。
転職エージェントを使うべき理由は下記の3点です。 

転職エージェントを利用する理由

  • 独自の非公開求人をもらえる可能性がある
  • 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能
  • 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

理由1:非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。
非公開求人とは、事業戦略上などの理由で表立って募集できないが、こっそり優秀な人材を採用したい企業が、エージェントに依頼する求人です。
年収が高く、ポジションがハイグレードであるケースが多いです。
大手の転職エージェントであれば、ウルシステムズの非公開求人を保有している可能性があります。

さらに、非公開求人の募集がなかったとしても、あなたのスキルが高ければ「こんな人材がいるのですが、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に営業するケースも多々あります。
ウルシステムズの公式ホームページや転職サイトを見て「特に転職したい求人がない」と思ったとしても、諦めずにエージェントに相談して非公開求人を探すことを推奨します。

理由2:ウルシステムズや業界に特化した対策が可能

転職エージェントでは、今までの多くの転職希望者を中途採用で採用企業へ転職させており、大手企業志望であればあるほど、その成功体験を分析して、選考を突破するノウハウを蓄積しています。

具体的には、過去どのような人材が受かったのか、またその時にどのような質問をされてどのように回答したかといったデータを、大手の転職エージェントであれば持ち合わせて、日々分析しています。
そのデータの分析結果をもとにした模擬面接や、志望動機や質問に対する回答をあなたと一緒に考えてくれるのです。
特に今回の、ウルシステムズのようなIT系のコンサルティングファームでは、選考フローでプログラミング選考などの特異なフローがあり、エージェントとの模擬面接は必要不可欠であると言えます。
また、転職エージェントによっては面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人材像を事前に教えてくれるところもあるため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

その他、面接では伝えきれない転職者の魅力を、人事に別ルートで営業してくれます。
転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を、人事にプッシュしてくれています。
あなたが面接で思うように話せず、本来落ちていたところを、エージェントの営業力で面接を通過にすることは日常的に起きています。
正しいエージェントを選べば、その点で圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。
逆を言えば、交渉力の低いエージェントを選んでしまうと足手まといになることすらありますので、エージェント選びはしっかり行いましょう。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でにコンサルティングファームに内定したい方はこちら。

理由3:年収アップ等の交渉も依頼できる

年収の交渉を個人で行うのは、非常に難しいです。
「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」と交渉の余地すらないことがほとんどです。
なぜなら中途採用の場合、個人経由での応募は最終面接の場で入社同意書を書かされることがほとんどだからです。
中途採用の人材斡旋を行う転職エージェント経由であれば、最終的な回答は、面接後にエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことが可能です。
少しでも中途採用において、良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

ウルシステムズへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

ウルシステムズへの転職のために、平均年収、ボーナス、待遇、求められる人物像や評判・口コミなどについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

ウルシステムズは2000年の創業以来、ITコンサルティングを提供してきました。
その中での事業内容としては、IT戦略立案、業務要件定義、プロジェクトマネジメント、戦略的IT開発の四軸で展開してきました。
平均年収については、口コミを参考に809万円裁量労働制で、40時間分の残業代込みになっています。
ボーナス含め給与水準もITコンサルティング企業内でトップクラスで高いことも特徴です。
コンサルティングサービス自体も、クライアントに高く評価されており、非常にやりがいのある仕事であるといえます。
そんな、同社への切符を掴むには高難易度の選考を突破しなければなりません。

そんな高難易度の選考が評判のウルシステムズへ転職したいのなら、口コミや評判の良い転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、ウルシステムズのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているという口コミが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高い面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でコンサルティングファームに内定したい方はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング