リブコンサルティングの評判は?口コミや事業内容を詳しく解説!

リブコンサルティングの評判は?口コミや事業内容を詳しく解説!

リブコンサルティングへの中途採用で気になる同社の社長、サービス事例、ビジョン、評判について紹介します。競争の熾烈なコンサル業界の中で独立系で関社長の元、コンサルティングサービスを展開しています。関社長率いるリブコンサルティングの評判についての当記事は必見です。

記事の目次

  1. 1.リブコンサルティングの会社評判は?
  2. 2.リブコンサルティングの企業情報
  3. 3.リブコンサルティングの将来性
  4. 4.リブコンサルティングの採用は?
  5. 5.リブコンサルティングの評判・口コミは?
  6. 6.転職希望者からの評判が良いおすすめのサイト
  7. 7.リブコンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

リブコンサルティングの会社評判は?

Photo byAymanejed

日系独立系コンサルティングファームであるリブコンサルティングでは、業績も好調で、創業者でもある関社長のもと豊富な事例と将来性も高いということから、やりがいのある仕事というイメージを抱く方も多いです。
口コミによると、企業の経営課題を顧客のビジョンを考慮しながら解決するという仕事柄、どうしても業務は激務となりがちな一方、裁量のある仕事で、能力さえあれば若くても高給を貰えたり、昇進しやすいと言うメリットがあります。
評判口コミからわかる社風、労働環境、給与に関する現場社員の声はそれぞれ下記の通りです。

リブコンサルティングの社風についての口コミ・評判

  • 自分の成長を重んじ、真摯に取り組む同僚に囲まれる
  • 「成長」に対して、プライドを持とうという意識が高い
  • 「100年後の世界を良くする会社を増やす」というビジョンを社長含め全社員が共有している
  • 上司にも意見を言いやすい、受け入れられやすいフラットな環境

リブコンサルティングの労働環境についての口コミ・評判

  • 平均残業時間は74.5h
  • グレード制を敷いており、グレードアップのために必要なスキルなどが詳細に定義されている
  • 各グレードにおける給与レンジも含めて社員に公開されている
  • 定期的にトレーナーや上司と目標や現状のパフォーマンスについてレビューをもらう機会がある
  • コンサルティングスキルだけでなく、前線での戦闘力が鍛えられる
  • 社内の教育体制は非常に充実し、中途入社でもキャッチアップは可能

リブコンサルティングの給与についての口コミ・評判

  • 平均年収は814万円
  • 半年に1度の給与改定で年齢や年次に関係なく、パフォーマンスによって給与が決まる
  • 中途入社の場合は、給与は前の職場の金額も考慮してもらえる
  • 高い評価を得られれば、5年程度で幹部への登用など、短期間での昇進も可能

リブコンサルティングの中途採用を志望する場合、下記でお伝えする評判についての詳しい内容を読むことで自分に合う・合わないを検討してみてください。

リブコンサルティングの企業情報

Photo byStartupStockPhotos

リブコンサルティングの会社概要

下記はリブコンサルティングの企業概要になります。
企業概要

会社名 株式会社リブ・コンサルティング
(英名:LiB Consulting co.,ltd)
事業内容 総合経営コンサルティング業務
企業経営に関する教育・研修プログラムの企画・運営
設立 2012年7月
社員数 190名
※2021年4月時点
社長 代表取締役社長 関 厳(せき いわお)
本社所在地 〒100-0004 東京都千代田区大手町1丁目5-1
大手町ファーストスクエア ウエストタワー 19階/20階
TEL: 03-5220-2688
拠点所在地 タイ(バンコク)

リブコンサルティングの事業内容

リブコンサルティングの事業内容は下記の通りです。
どのライフサイクルのクライアント企業に対してもサービスが提供できるような地盤が整っています。

リブコンサルティングの事業内容

  • ベンチャー・スタートアップ
  • マーケティング戦略
  • 営業戦略
  • 経営戦略
  • 組織開発
  • 海外戦略
  • 新規事業開発
  • デジタルトランスフォーメーション

リブコンサルティングのサービス事例

リブコンサルティングのサービス事例として「社内データ・情報分析を通じた示唆出しプロジェクト」を紹介したいと思います。
当事例では、社内にPOSデータや営業活動データ等がたくさんあり、しっかり分析を出来ていないという状態でした。
そんなクライアント企業向けに、データ分析における調査設計から分析実行、示唆出しまでを行いました。
具体的には、まずは今後の事業戦略や、現状課題、明らかにされたい論点等をヒアリングした上で、リサーチプロブレムを設計しました。
その上で、各種データ整理・分析を行い、ディスカッションを通じて統計的な示唆をまとめていきました。
上記に留まらず、今後のデータ蓄積や定期分析の方針についてもアドバイスを行なった事例でした。
 

リブコンサルティングの将来性

Photo byPublicDomainPictures

リブコンサルティングの社長

株式会社リブコンサルティング代表取締役社長には関 厳(せき いわお)氏が就かれています。
関社長は、リブ・コンサルティングの創業者です。
関社長は、東京大学卒業後、大手経営コンサルティング会社に入社し、同社史上最年少で専務取締役に就任し、コンサルティング部門の責任者として活躍しました。
その後、関社長は独立を果たし、2012年、リブコンサルティングを設立しました。
関社長は、トップコンサルタントとして幅広い業界のコンサルティング支援に携わっています。

リブコンサルティングの経営方針・経営ビジョン

リブコンサルティングでは、「“100年後の世界を良くする会社”を増やす、そんなコンサルティングをしていこう」という経営ビジョンを掲げています。
リブコンサルティングは、2012年7月に関社長と数名のコンサルタントで始めた経営コンサルティング会社です。
関社長が独立する以前も、経営コンサルティング会社でコンサルタントとしてクライアントの課題解決に関わっていました。
しかし、キャリアを重ねるにつれ、会社の方針との間にギャップを感じるようになり、「”100年後の世界を良くする会社”を増やす、そんなコンサルティングをしていこう」というビジョンから、リブが生まれました。
リブコンサルティングは、経営コンサルティングの会社であり、特定部門に対するコンサルティングではなく、クライアントの経営における根本的な課題に触れ、会社全体の「業績」「CIS」「EIS」「人財育成」「より良い仕組み」のレベルを総合的に高めていくためのコンサルティングを行っています
クライアントの経営陣と真正面から向き合うのは、非常に難しいことです。
そのため、コンサルティング会社としては珍しく人財育成に力を入れており、新入社員から役員まで、階層別の教育プログラムに取り組んでいます。
また、コンサルタントとして持つべき心構えを「リブ・マインド」としてまとめ、自身の成長に対する貪欲な姿勢や、クライアントの成果創出への執着心などを高いレベルで持ち続けることを社員に求めています。
これからも「“100年後の世界を良くする会社”を増やす」ことを通じて、社会に貢献していくと予想されます

リブコンサルティングの採用は?

Photo byMagicDesk

リブコンサルティングの採用方針

リブコンサルティングは人材を採用するにあたり、「集合天才×現場主義」というビジョンを掲げています
企業経営における様々な問題の多くは現場に起因しており、いかに素晴らしい戦略やビジョンであっても、現場で実行されなければ何の成果も生むことができません。
クライアントの課題・事例に対し、具体的な解決策を提案するために、一人ひとりのプロフェッショナルが教え合い、学び合うことで、組織として提供できる価値を高めていきます
強い「個」がさらに上を目指して努力する、それがリブ・コンサルティングの掲げているビジョンです。

リブコンサルティングの求める人物像

リブコンサルティングの求める人物像は下記の通りです。

リブコンサルティングの求める人物像

  • 100年後の世界を良くする会社を増やすという経営ビジョンに共感できる
  • 経営者・経営層のパートナーとなりうる
  • 戦略を考えていく思考力は勿論、組織を動かしていく、人を育てていくという情熱や人格を持っている
  • 集合天才の考えに基づいた風土にマッチする
  • 成長意欲が高い

リブコンサルティングの場合は、過去の採用事例を見てみても、あまりコンサルティング業界の経験にはこだわっていません
一言でいえば資質や、やる気が重視されているといえます。
100年後の世界を良くする会社を増やすという経営ビジョンにどれくらい共感できるか、お互い切磋琢磨しながら成長していこうというリブコンサルティングの人材育成の価値観に共感できるかなどが過去事例を鑑みるに重視されていると分かります。
年齢などもあまり懸念する事項ではなく、過去の採用事例からも若い方も、比較的ベテランの方まで幅広いです。

リブコンサルティングの評判・口コミは?

Photo byStartupStockPhotos

待遇についての口コミ・評判

リブコンサルティングにおける待遇についての評判・口コミを下記で紹介します。

男性

男性

給与制度は、半年に1度の給与改定なので、1年待たないと給与アップが見込めない同業他社に比べて、チャンスが多いです。
年齢や年次に関係なくパフォーマンスによって給与が決まるので納得性が高いです。
また、グレード制を敷いており、グレードアップのために必要なスキルなどが詳細に定義されています。
また各グレードにおける給与レンジも含めて社員に公開されています。
半年に一度の評価で自分はこの半年で何ができて、次回グレードを上げるために何に取り組むべきかをきちんと上司やトレーナーと話し合って翌半年の目標を設定することになっています。
期中にも定期的にトレーナーや上司と目標や現状のパフォーマンスについてレビューをもらう機会があり、透明性と納得性は高いです。

女性

女性

給与水準は、管理職以上であれば高水準だと思います。
なお中途入社の場合は、給与は前の職場の金額などで決まり、入社後の実際の仕事量や貢献度と給与の額が連動していない場合もあるように感じます。

評価制度も充実しています。
一般のコンサルタントは、アポ(テレアポなど)の数、受注(コンサル契約の獲得)の金額、付加価値(コンサル契約した案件にどれだけ貢献したかなどで付与される数字)の金額などで評価や表彰をされます。
創業時からいままでいくつか評価制度の変更があり、社員によっては入社時期などで評価基準が違うことも多々あります。
高い評価を得られれば、5年程度で幹部への登用など、短期間での昇進も可能です。

仕事のやりがい・成長についての口コミ・評判

リブコンサルティングにおける仕事のやりがい・成長についての評判・口コミを下記で紹介します。

男性

男性

仕事のやりがい:
短期間でコンサルタントのスキルを身に付けることができます。
多忙で時間がいくらあっても足りないが、その後の長い人生で、一生もののスキルは得られます
地方の中小企業の顧客が多く、地方の活性化などに取り組みたい人は、足がかりになると思います。

成長:
中途入社などを毎年多数採用していますが、退職者も多いようで、社員の入れ替わりは多いように感じます。
退職後に自営でコンサルタント業を始め、当社の下請として退職後に業務委託者になる社員もいます。
社内研修は入社時やその後も段階的に行われ、内容も実践的で多岐に渡り、充実しています。

女性

女性

仕事のやりがい:
20代からオーナー経営者と一緒に仕事ができ、企業の変革に携わることにやりがいを感じます。
また最近は、ベンチャー企業の支援も多く、これから業界を変えていく、世の中を変えていくというフェーズに携わることができるのもやりがいの1つです。

成長:
社内の教育体制は非常に整っています。
年次ごと、役職ごとに、質の高い育成プログラムが整えられており、どの年齢/どの役職から入社したとしても、成長できる環境があります。
また最近、支援テーマは戦略から実行まで、クライアント規模は1兆円を超える大手企業から数億円のベンチャー企業まで、本当に幅広いプロジェクトがあり、自ら手を挙げて求めるスキルや経験を積むことが十分に可能です。

社員の雰囲気についての口コミ・評判

リブコンサルティングにおける社員の雰囲気についての評判・口コミを下記で紹介します。

男性

男性

全員が自己研鑽やクライアントへの価値提供にプライドを持っている企業文化です。
クライアント成果に至るまで、戦略策定だけでなく実行促進を行います。
コンサルティングスキルだけでなく、前線での戦闘力が鍛えられるので、この上ない成長環境だと思いますが、働き方は凄まじいので、その覚悟がない方にはおすすめできません

女性

女性

「成長」に対して、プライドを持とうという意識が高い文化です。
そのため、成長意欲の高い人が集まっています。
事業部によって方針は違いますが、「100年後の世界を良くする会社を増やす」というミッションはどの事業部も変わらず持っており、ぶれないところだと思います。
社員同士はフラットな関係です。
上長にも意見を言いやすい、受け入れられやすい環境だと思います。
もちろん、ただの愚痴はダメですが、 意思があっての意見であれば、真摯に聞いてくれる文化です。

転職希望者からの評判が良いおすすめのサイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

リブコンサルティングへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

リブコンサルティングへの中途採用のために労働環境、社長の思い、ビジョン、過去の事例、成長性のある事業内容、評判・口コミ、転職情報について、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

リブコンサルティングは、2012年の創業以来、成長性の高いコンサルティングを幾多のクライアントに提供し豊富な事例を積み重ねてきました。
具体的には、経営戦略、事業戦略、営業戦略、マーケティング戦略、人材開発・教育、業務改善など、経営課題を解決するための戦略立案〜実行・検証までのコンサルティングを実施しています。
クライアントの経営目標やありたい姿を実現するために、経営計画を立案するだけではなく、役員会と現場を何往復もしながら、中長期な事業づくり、組織づくり、人づくりの実現にコミットした事例が散見されます。
ククライアントはベンチャー企業、グローバルユニコーン、地域の優良・有力企業など、世の中にインパクトを与える・イノベーションを起こす企業、地域・地方を活性化する企業がメインとなっており、仕事の結果が明確にわかり達成感を感じることができます。
そんな同社でのコンサルティングワークは、その強力な事業基盤から刺激的であることに間違いありません。
しかし、同社の選考プロセスは、非常に難易度が高いです。

そんな高難易度の採用プロセスであるリブコンサルティングへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、リブコンサルティングのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高いケース面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも転職成功に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にして転職を成功させたい方は、実際に各トップ企業に採用された方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でコンサルティングファームに内定したい方はこちら。

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング