Strategy&の転職難易度は高い?年収や評判、中途採用情報を紹介

Strategy&の転職難易度は高い?年収や評判、中途採用情報を紹介

Strategy&は戦略コンサル業界で非常に人気が高く、応募者に求められるスキルも難しいものが多いため、転職難易度が高いです。そのため転職するにはきちんと対策する必要があります。そこで今回の記事ではStrategy&の転職で必要な中途採用情報などを紹介します。

記事の目次

  1. 1.Strategy&の転職難易度は高め
  2. 2.Strategy&の事業内容
  3. 3.Strategy&の中途採用の応募資格
  4. 4.Strategy&の中途採用の流れ
  5. 5.Strategy&への転職に必要なスキル
  6. 6.Strategy&の評判
  7. 7.Strategy&の年収
  8. 8.Strategy&への転職は狭き門だが事前準備をして臨もう

Strategy&の転職難易度は高め

Strategy&の転職難易度は高いです。転職難易度が高い理由は、「採用人数が少ない」「コンサル志望者の人気が高い(倍率が高い)」「高いスキルが求められる」からです。

まず転職難易度が高い1つめの理由として、Strategy&は通年でコンサルタント職の中途採用の募集をしていますが、少数精鋭のため採用人数が少ないという点があげられます。しかし積極的に採用は行っているので、まったくチャンスがないというわけではありません。
転職難易度が高い2つ目の理由として、Strategy&は業界内でも高いプレゼンスを持っており、コンサル志望者の間では非常に人気が高いです。そのため応募が多くなる一方、少数精鋭のスタイルなので採用枠が少なく倍率が高くなっている状況です。
転職難易度が高い3つ目の理由は、Strategy&は高い論理的思考力やコミュニケーション能力を持っている人材を中心に集めているという点です。そのため、Strategy&の転職への多くの応募者は優れた人材であり、高いスキルをもっています。それら優れたスキルをもっている応募者と競い合うため、転職難易度は非常に高くなります。

以上の理由から、Strategy&への転職難易度が非常に高いことがわかります。
そのため、Strategy&から内定を勝ち取るためには徹底した対策が必須です。特にコンサル業界はケース面接などの特殊な選考が多いです。よってケース面接などの対策をしっかりと行えば、選考通過率をあげることができます。

Strategy&の事業内容

Photo bygeralt

Strategy&は戦略コンサルティングファームです。1世紀以上に渡ってコンサルティングファームとして活躍してきたブーズ・アンド・カンパニーとPwCが経営統合を行ったことにより創設されました。

Strategy&のサービス内容は、全社事業戦略、カスタマー戦略、ファイナンス戦略、組織戦略、技術・イノベーション戦略といった内容があげられます。
事業領域は自動車、産業機械、医薬・医療、エネルギー、化学、情報通信と非常に幅広い領域にサービスを提供しています。PwCのネットワークを利用できることもあり、クライアント業種は非常に多岐にわたっています。

Strategy&は創業からまだ日が浅く、会社を成長させながら自分の能力を磨いていくことができます。そういった点に魅力を感じる方にとっては、やりがいを感じて働くことができるでしょう。近年は特に、技術・イノベーション戦略や働き方改革に関連した組織戦略なども引き合いがあるため、専門分野をすでに持っている方は即戦力として活躍できます。

法人概要

名称 PwCコンサルティング合同会社
設立 1983年1月31日
(2016年2月29日、組織変更を行いPwCコンサルティング合同会社を設立)
代表者 代表執行役CEO 大竹 伸明
人員数 約3,250名 2021年6月30日現在
所在地 東京
東京都千代田区大手町1‐2‐1 Otemachi One タワー

名古屋
愛知県名古屋市中村区名駅1‐1‐4
JRセントラルタワーズ38F

大阪
大阪府大阪市北区大深町4‐20
グランフロント大阪 タワーA 36F

福岡
福岡県福岡市博多区博多駅中央街8‐1
JRJP博多ビル4F

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

Strategy&の中途採用の応募資格

Photo byRobinHiggins

Strategy&の応募資格は、国内または海外の大学・大学院を卒業した人が対象です。また、2~7年程度の実務経験が必須となっています。直近2年以内にStrategy&中途採用選考に受検した人は除きます。

マッキンゼーは激務?残業時間や評判口コミなどを徹底解説!のイメージ
マッキンゼーは激務?残業時間や評判口コミなどを徹底解説!
マッキンゼーへの中途採用の為に、年収・激務・残業・待遇などの評判や口コミなどを紹介しています。出身者に著名人が多く、在籍するコンサルトへの教育に関する投資には、惜しみない姿勢が伺えます。マッキンゼーへの中途採用をお考えの方は、激務についての当記事は必見です。

Strategy&の中途採用の流れ

Photo bycoffeebeanworks

Strategy&の流れは、まず書類選考を行った後、筆記試験を実施します。その後一次面接、二次面接、三次面接、最終面接という構成です。一次面接の面接官はディレクターが担当し、二次面接はシニアマネージャー、三次面接は人事、最終面接はパートナーが担当します。

Strategy&のパートナー樋崎氏の話は、頭が良くて課題解決さえできれば良いわけではなく、加えてプラスアルファを持つバランスの良い人材こそが優れたコンサルになれると述べています。
そのためStrategy&の面接では経営支援に直結すりょうな設問から、「人生の幸せとは何か」といった抽象的なものまで幅広く質問されます。
一次面接では志望動機や転職理由など一般的な質問が多いですが、1つの質問に対してかなり深堀して質問されるようです。そのような質問の中で、逆境に打ち勝った経験などチャレンジ精神にまつわるエピソードが絡むと評価があがります。一般面接の質問例は以下の通りです。

・前のファームを辞め、なぜstaregy&に転職したか?
・strategy&でどのようなコンサルタントになりたいか?


ケース面接では、strategy&が現在力を注いでいるデジタル分野に関連する質問が多いです。事前準備として、IoTやAIを活用した経営支援の方法などを考えおくと良いでしょう。
しかしケース面接の際も樋崎氏は、頭脳はもちろんのこと、それ以外にも人間的な深みや知的好奇心など、人間力あるいは成長力をも重要していると述べています。単なる売り上げだけではなく、クライアントファーストを考えた回答ができると評価が高くなります。
ケース面接の質問例は以下の通りです。

・Appleの売上を上げる方法
・日本の最適な人口とそう思う理由
・AIを用いて田舎の地域活性化を図る方法


ちなみに、Strategy&はボストンコンサルティングなどの外資系戦略コンサルティングファームからの滑り止めで転職先に選ばれる場合も想定しています。そのため、「なぜStrategy&に入りたいのか」を強く確認されます。事前に準備をし、明確な理由を答えられるようにしておきましょう。

BCGに転職したい!ボストンコンサルティンググループの転職難易度は?のイメージ
BCGに転職したい!ボストンコンサルティンググループの転職難易度は?
BCGへの転職を成功させる為に、転職難易度・面接の対策・BCGの評判や口コミなどを説明しています。日本でトップのシェアを誇り、IT領域にも進出し、他の競合他社とは一線を画すBCGへの転職をお考えの方にとって、必見の内容になっています。

Strategy&への転職に必要なスキル

Photo bygeralt

Strategy&への転職に必要なスキルは、何よりも高い思考力です。これはすべての戦略コンサルタントに当てはまります。
地頭の良い人が戦略コンサルタントに適しているとも言われるようですが、事実(ファクト)をきちんと捉えて推論する思考力がなければ戦略コンサルタントの仕事はできません。
また、高いコミュニケーション能力も必要です。仕事上、クライアントとのコミュニケーションは必須です。クライアントと円滑にコミュニケーションを進め、論点を整理することこそ、価値の高い仕事につながります。

その他、Strategy&への転職に必要なスキルとして、中小企業診断士、公認会計士、税理士の資格を取得しておく方が良いです。これらの資格を持っていれば、クライアント企業からの信頼感や安心感が高まります。しかし必須資格ではありません。
また他には、Excelやマクロで美しい資料を作成できるスキルもあると良いです。それらの能力は、OJTなどで培わうことも可能です。

Strategy&への転職で歓迎される経験は、近年急激に案件が増えている技術・イノベーションに関する知見です。その他、戦略コンサルティングの経験や経営企画など、企業経営に関わる業務での経験があれば歓迎されます。また、案件としては日本に留まらず海外の案件もあるので、英語などの外国語が使えると良いです。

Strategy&の評判

Photo byFree-Photos

strategy&の評判についてはポジティブ・ネガティブ両方の評判が確認できます。

ポジティブな評判の中には、「オンとオフがはっきりしており、プロジェクトがないときはしっかりと休める」「人事評価の透明性が高く、評価の透明性が高い」「チームを超えた連携がとられており、風通しが良い」といったものが確認できました。
strategy&はオンオフの切り替えがはっきりしているようなので、きちんとアウトプットできる社員にとっては評判が高いようです。人事評価の面でも成果主義が浸透しており、公平性を保つことができている様子。また、チームを越えて連携できる環境が整っているため、多くの社員が風通しの良さを実感しているようですね。

一方、ネガティブな評判もあります。「PwCグループとなったことでコンサルとしての幅広い提案がしづらい」「人の入れ替わりが激しく定着せず、人材育成については期待できない」「グローバル活動を売りにしているが、実際は一握りの人しかアサインされていない」といった内容のものが確認できました。

strategy&は成果主義であるため、高いパフォーマンスを発揮できる人にとってはで良い環境かもしれませんが、それ以外の人からは「時間的・精神的に縛られている感覚が強い」という評判が多いです。
また、strategy&はグローバルでの連携を前面に押し出していますが、PwCグループになってからは多くの制約ができてしまい、入社後に実態に対してギャップを感じることが多いと感じている社員も少なくないようです。

その他、strategy&は残業など忙しく激務であるという評判もあります、しかしコンサル業界全体と比べると突出して残業が多いわけではありません。strategy&の平均残業時間は月間55時間なので、一般企業と比較すると多いですが、プロジェクト終了後はまとまった休暇を取ることができます。そういった意味でもstrategy&はオンオフが切り替えやすい傾向にあります。
さらにstrategy&は働き方改革に力を入れており、フレックス制度や在宅勤務を強く推奨しています。そのため成果を出していれば自分の時間をうまく調整しながら働くことができます。

【2021年】KPMGコンサルティングに転職するには?難易度や評判から福利厚生まで解説!のイメージ
【2021年】KPMGコンサルティングに転職するには?難易度や評判から福利厚生まで解説!
KPMGコンサルティングに転職する方法とは?第二新卒が最難関のKPMGのケース問題を突破して内定した非公開の選考体験を紹介します。KPMGの転職難易度や年収、評判や福利厚生など、KPMGコンサルティングに転職するためのポイントも紹介するのでぜひご覧ください。

Strategy&の年収

Photo byTBIT

Strategy&の年収は以下の通りです。
 

役職 年次 年収
アソシエイト 1~4年目 550~700万円
シニアアソシエイト 3~8年目 650~900万円
マネージャー 6~10年目 1100~1300万円
シニアマネージャー 実力による 1300~1700万円
ディレクター 実力による 1500~2000万円
パートナー 実力による 2000万円~

以上の表からもわかるように、Strategy&のアソシエイトからパートナーまで年収の幅が非常に広いです。また、Strategy&は他のコンサルファーム同様、同じ職位であっても評価によって年収が大きく変わります。完全実力主義の会社だと言えるでしょう。

Strategy&の年収のスタートはアソシエイトで550~700万円、シニアアソシエイトで650~900万円、マネージャーで1100~1300万円となっています。strategy&ではマネージャーに昇進したタイミングで年収が1000万円を超えます。年齢の目安としては20代後半~30代前半。そのため順調に進めば30代前半までには年収1000万円に到達します

Strategy&の年収の中でも特にディレクターやパートナーは他業界(一部業界除く)と比較してもかなり高い年収水準になっているのが特徴です。しかし前述したように、そこまでたどり着くのはかなり高いハードルが乗り越えてこなければなりません
strategy&は高い年収が魅力ではありますが、それだけが目的だと高いハードルを乗り越えるのは難しいでしょう。仕事対する興味関心が強くあるか、どんなハードワークであっても続けていけるかが、大事な鍵になってきそうです。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

Strategy&への転職は狭き門だが事前準備をして臨もう

Photo byStockSnap

今回の記事では、Strategy&は、「採用人数が少ない」「コンサル志望者の人気が高い(倍率が高い)」「高いスキルが求められる」という理由で転職難易度が高いという解説をしてきました。

そのため、面接内容の傾向や求められるスキルを身につけ、正確な情報を集めることができれば採用される可能性はぐっと上がるでしょう。Strategy&のような採用倍率が高く、競争が激しい会社へ転職するためには、必ず情報収集が重要になってきます。

そのためにも、インテリゴリラの利用をおすすめします。インテリゴリラでは、転職難易度の高い企業の有益な情報をお届けしています。
まずは以下のURLより、インテリゴリラをチェックしてみましょう。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
hiroyuki0722
ライター

hiroyuki0722

よろしくお願いします。

関連記事

目次

人気記事ランキング