ローランドベルガーの平均年収は高い!内定者の実際の年収を公開!

ローランドベルガーの平均年収は高い!内定者の実際の年収を公開!

戦略コンサルとして有名なローランドベルガーの平均年収やボーナス、残業代について解説します。ローランドベルガーでは日系企業の海外展開や実務を経験できます。チャレンジングで高年収なローランドベルガーの評判や口コミが気になる方はぜひみて下さい。

記事の目次

  1. 1.ローランドベルガーの平均年収は?
  2. 2.ローランドベルガーの特徴
  3. 3.ローランドベルガーの年代役職別平均年収
  4. 4.ローランドベルガーの評価制度
  5. 5.ローランドベルガーのその他の待遇
  6. 6.競合他社と平均年収を比較
  7. 7.ローランドベルガーへの転職に転職エージェントを使用する理由
  8. 8.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  9. 9.ローランドベルガーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

ローランドベルガーの平均年収は?

Photo byFree-Photos

ローランドベルガーの平均年収

様々な評判・口コミから、ローランドベルガーの平均年収は1,052万円です。
給与制度の特徴としては、年俸制でベースの給与に年1回のボーナスが付きます。
ベース給は役職によって固定で決まっており、ボーナスには会社の業績とコンサルタントの評価が反映されます。プロジェクトの評価は公平に下され、フィードバックを得ることもできるため、PDCAを回して改善することができます。ベースに含まれているため、残業代の支給などは無いです。

ローランドベルガーの新卒の初任給は一律550万円

ローランドベルガーの新卒の初任給は一律でベース年俸550万円からスタートとなります。職種はジュニアコンサルタントから始まります。他ファームと比較しても高い金額となっており、今後のUP率にも期待が持てるため、年収が高い会社と思って入社する人も多いでしょう。そのため、新卒入社の倍率は高いと評判です。

外資系コンサルティングファームの平均年収は1,400万円

外資系コンサルティングファーム各社の有価証券報告書によると、平均年収は1,400万円となりました。従業員数や年次、役職などによって大きく異なりますが、ローランドベルガーの平均年収は外資系コンサルティングファームの平均より多少低いようです。
また、ローランドベルガーの社内でも、年次や役職によって大きく年収は異なりますので、年次役職別の年収については後ほど述べさせていただきます。

ローランドベルガーの転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが独自に内定者にインタビューした選考情報によると、下記の3点の情報を抑えておいた方が良いようです。

1.第二新卒で実績が無くても問題無い?内定者の経歴と面接の回答内容とは?
2.地頭だけではない。元面接官が教えるベルガーの選考基準とは?
3.ケース面接で差がついた、内定者の回答のポイントとは?


ローランドベルガーで、第二新卒でコンサル未経験の方でも内定を獲った方がいます。どういった経歴なのか、面接では何を話したのか、気になりますよね。
内定者が面接官から直接選考基準をヒアリングしたところ、3つの要素があったようです。その内の1つは地頭の良さですが、それ以外にも重要なポイントが2つありました。
ローランドベルガーはケース面接を多く出題することで有名です。対策するために内定者は様々な工夫をしていました。

転職評判サイトは真実かわからない情報があるため注意が必要です。
実際に転職の面接で、何を聞かれたかといった内容は一般には公開されておらず、貴重な内定者の生の声が聞けるサイトは特に重宝しましょう。
実際の面接内容や、内定者の経歴が詳細に書かれている、インテリゴリラを利用してみるのはいかがでしょうか。


ローランドベルガーの選考体験記はコチラ

登録30秒!インテリゴリラの選考体験記

ローランドベルガーの特徴

ローランドベルガーの特徴

  • ドイツ・ミュンヘンに本社を置く、欧州系の経営戦略コンサルティングファーム
  • 日系企業海外展開をサポート
  • 長期的な視点でクライアントの成長を支援
  • アントレプレナーシップを尊重する企業文化
  • 最先端技術を擁する企業との提携・協業
  • 若手でも大きな仕事ができる

ローランドベルガー(RB)は、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く、ヨーロッパを代表する経営戦略コンサルティングファームです。
1967年の設立以来、40年にわたって、自動車、消費財、流通、化学、機械、医薬品などの製造業、そして、金融、情報通信、航空・運輸などのサービス業など幅広い業界のクライアントに対する数多くのコンサルティング実績を残してきました。
現在では、世界35カ国に広がり約52オフィスと2,400人を超えるスタッフを擁し(2020年12月現在)、グローバルな視点でのコンサルティングサービスを提供しています。

東京オフィスは、1991年に設立されて以来、アジア地域における同社の牽引力となってきました。
特に現会長である遠藤功氏が社長として就任した2000年以降、「動く戦略」を追求したコンサルティングは多くのクライアントから高い評価を獲得し、これまで著しい成長を遂げ、組織も約110名規模にまで拡大してきました。
日本国内における各種産業向けのコンサルティングサービスに加え、シンガポール、中国、インドネシアにジャパンデスクを設置し、海外展開を加速する日系企業をサポートしています。

また、短期的な企業価値向上・株主価値向上ではなく長期的な視点での成長を志向する事、経営学のセオリーに偏ったトップダウンアプローチを採るのではなく企業の文化・社員の意思を尊重する事、アントレプレナーシップを尊重する企業文化などが挙げられます。

一方で、このようなコンサルティングの徹底は、高いプレッシャーと時にはハードワークをもたらす要因となりうるがゆえ、ローランド・ベルガーは、気骨のある折れない心と高い志を有するメンバーを歓迎する傾向にあります。
そのため、選考のプロセスにおいても、コンサルタントとして十分な論理思考能力や対人関係能力を試されるのに加えて、クライアントを想う心や高いプロフェッショナリズム、そして肉体的・精神的なタフネスも非常に重視されます。

近年では最先端技術を擁する企業との提携・協業も多く、第一線で活躍するプレイヤーたちと知識、経験、企業家的視点をコンサルティング能力と融合させ、卓越した成果を追求しています。

また、若手であっても、クライアントの前でプレゼンテーションをする機会があります。
競合他社ではシニアな役職の仕事ですが、ローランドベルガーでは、若手でもこの重役を担うことができます。

ローランドベルガーに転職したい!内定者の面接対策や年収について解説!のイメージ
ローランドベルガーに転職したい!内定者の面接対策や年収について解説!
戦略コンサルを行うローランドベルガーへの転職の為に、面接対策や特徴をお届けします。内定者からヒアリングした面接対策のポイントや年収比較や評判・口コミなど解説します。最先端技術の追求にも拘りを持っているローランドベルガーへ転職をお考えの方は必見の内容です。

ローランドベルガーの年代役職別平均年収

Photo byStartupStockPhotos

年代別平均年収

下記はローランドベルガーの年代別の平均年収です。
 

年代 平均年収
20代 500〜800万円
30代 950〜1,100万円
40代 1,200〜1,300万円
50代 1,400万円〜


新卒入社でも1年目から500万円を超えています。
新卒入社初年度の年収がすでに大企業における40歳時の平均年収の459万円を超えています。また、平均して7~10年ほどで年収1,000万円の大台に到達します。
年収1,000万円といえば、全就業者のうち上位4.3%程しか到達することができない程の高収入ですが、ローランドベルガーでは新卒入社後10年以内に、その領域にまで到達することができます。

また、外資系の戦略コンサルティングファームでは、日系大手企業と異なり年次を経るごとに給与の上昇率が低下するといったことはありません。
しかしながら、これほどの高い給与を得るには当然リスクもあり、自分の役職で要求されるだけのパフォーマンスを発揮することができなければ、容易に解雇となる「Up or Out」が厳格に適用されているファームでもあります。
そのため、年収やボーナスのみを目的にローランドベルガーを選択するのは避けるべきでしょう。

役職別平均年収

ローランドベルガーの経営コンサルタントは下表のような役職に分けられています。
それぞれの役職により期待できる年収が変わってくるため、以下に役職ごとの平均年収をまとめました。

下記は役職別の平均年収です。
役職 平均年収
ジュニア・コンサルタント 500〜800万円
コンサルタント 800〜1,100万円
シニア・コンサルタントⅠ 1,100〜1,400万円
シニア・コンサルタントⅡ 1,400〜1,700万円
プロジェクト・マネージャー 1,700〜2,100万円
シニア・プロジェクト・マネージャー 2,100〜2,500万円


また、注意が必要なのは、コンサルタント以下のランクとマネージャーでは求められる力が違うということです。
コンサルタントまでは、マネージャーから割り振られる仕事を遂行できる能力が試されます。これらをどれだけコンサルタントが稼働したかというKPIで査定されます。
一方で、マネージャー以降は、クライアントから案件を取ってどれだけ業績に貢献することができたかについてが、年収・ボーナスに直結します。業績の給与への寄与は大きいと評判です。

ローランドベルガーの評価制度

Photo byStartupStockPhotos

ローランドベルガーでは、どのようなコンサルタントが評価されているのかについて知ることで、難易度の高い選考でどのように自分を表現するかの参考になります。
また、転職する前に自分自身が評価される人物像に合致するかについて、考えることも重要です。
以下ではローランドベルガーが求める人物像を紹介します。
 

求める人物像

ローランドベルガーが求める人物像

  • 様々な経験やバックグラウンド
  • 思考力・分析力・知識・ノウハウ
  • 強い向上心
  • 柔軟性やスピード感

中途入社のコンサルタントに期待されることは、これまでの社会での経験を通じて培われた考える力や分析する力、知識、ノウハウを最大限活用し、ビジネス経験者ならではの視点を持ったコンサルティングをクライアントに提供することです。

コンサルタントとしての仕事は通常の事業会社での仕事とは大きく異なり、これまでに身に付けてきた考え方や仕事の進め方が通用しないことも多々あります。
しかし、ビジネスパーソンとして培った多様な経験は、非常に貴重なもので、クライアントに対してより高い付加価値を提供するために必要なものです。

そして、経験と同じく重要なことは、コンサルタントとして自分を成長させたい、という“強い意志”や“向上心”です。
いくら豊富な経験を持っていても、それを武器にコンサルタントとして成長しようという気持ちがなければコンサルタントとして働くことは難しいです。
高い壁を乗り越えてコンサルタントとして成長できるか否かは、その“強い意志”や“向上心”にかかっています

最後に、“柔軟性”と“スピード感”も重要です。時には今までのやり方を変えざるを得ないこともあります。
考え方や仕事の進め方など、今まで体得してきたものを否定されることもありますが、そうした場合にいかに柔軟に自分を変えていけるかが肝要です。
これも中途入社の皆さんに求められる重要な資質です。自分のこれまでの経験や強みの中で、どこを伸ばし、どこは変えていかなければならないのか。
そうした点を素早く見極めて柔軟に変化していくことが求められます。
また、コンサルタントの時間軸は、通常の企業の時間軸の数倍早いと言われます。これまでの時間に対する感覚を捨て去り、いかにコンサルタントしての時間感覚に馴染んでいけるか。
こうした“スピード感”に対する肌感覚を身に付けていくことも大切です。

ローランドベルガーのその他の待遇

Photo byStartupStockPhotos

ボーナス

毎年(場合によっては年に2回)人事評価が行われ、その評価に応じてベースの給与およびボーナスの額が決定されます。
下記はボーナスに関する評判・口コミです。

男性

男性

昇進・給与は競合よりも低いと思います。
額面で実際に、数百万円単位で違います。
昔はボーナスで埋め合わせていましたが、近年はボーナスも減少しその埋め合わせもなくなりました。

女性

女性

給与は他ファームと同様、同世代と比較するとかなりの高級となります。
ボーナスは評価等を考慮し決定されるので、人それぞれであると言えます。
しかし、ベースの給与だけでも同世代と比較すると高いですが、競合に比べれば見劣りします。

評価の基準は次の通りです。
各プロジェクトの評価はコンサルタントとしてのスキルに加え、チームワークなどを総合的に考慮して行われます。
公平かつ客観的な自分の現状が目の当たりにできた上で、成長に繋がる重要な意見となります。
一方で昇進やボーナスに関わる年2回の評価は公正とは言い難く、会社の方針や上司との関係や年功序列が重要となり、伝統的な日本企業の傾向があります。

残業代

年俸制であり、残業代が別途支給されるということはありません
評判・口コミによると平均残業時間は104.1hです。
戦略コンサルは業務上、範囲が多いので、長時間労働になることは否めませんが、同業他社と比較しても非常に長い数字です。
これだけの残業時間を就労しても、残業代の支給は無いので、成長したいというマインドセットがなければ続けることは難しいといえます。

福利厚生

ローランドベルガーの福利厚生では、以下のようなものが用意されています。

ローランドベルガーの福利厚生

  • 社会保険
  • 確定拠出年金制度(401K)
  • 社宅借り上げ

福利厚生の中の社宅借り上げを利用することによって、節税にもなるので、評判・口コミでの評価が高いです。

その他に、研修制度でも、下記が準備されています。
各種グローバルトレーニング制度、国内トレーニング制度、海外オフィスとのエクスチェンジプログラム、MBA留学支援制度、語学学習費用補助

競合他社と平均年収を比較

様々な評判・口コミから外資系戦略コンサルティングファームの競合他社との平均年収を比較した表が、以下のようになります。
 

社名 平均年収      
ベインアンドカンパニー 1,920万円
ボストンコンサルティンググループ 1,860万円
アーサー・D・リトル 1,800万円
マッキンゼー 1,800万円
A.T.カーニー 1,660万円
ローランドベルガー 1,025万円


外資系戦略コンサルティングファームの競合内で年収を比較してみると、五番目に位置しています。
しかし、戦略系ファームは職位が上がるほどにボーナスが占める比重が高くなり、一概に平均年収がいくらであるというのは難しく、あくまで参考値であることに留意してください。

また、ローランドベルガーは残業代が別途で出ないことについては注意が必要です。

ローランドベルガーへの転職に転職エージェントを使用する理由

転職エージェントを利用する理由

  • 独自の非公開求人をもらえる可能性がある
  • 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能
  • 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

ローランドベルガーへの転職成功のコツは、転職エージェントを活用することです。転職エージェントを使うべき理由は上記の3点です。

理由1:非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。
非公開求人とは、事業戦略上などの理由で表立って募集できないが、こっそり人を採用したい企業が、エージェントに依頼する求人です。
給与が高く、ポジションがハイグレードであるケースが多いです。
大手の転職エージェントであれば、ローランドベルガーの非公開求人を保有している可能性があります。

さらに、非公開求人の募集がなかったとしても、あなたのスキルが高ければ「こんな人がいるのですが、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に営業するケースも多々あります。
公式ホームページや転職サイトを見て「特に転職したい求人がない」と思ったとしても、諦めずにエージェントに相談して非公開求人を探すことを推奨します。

理由2:ローランドベルガーや業界に特化した対策が可能

転職エージェントでは、今までの多くの転職希望者を採用企業へ転職させており、大手企業志望であればあるほど、その成功体験を分析して、突破するノウハウを蓄積しています。
具体的には、過去どのような人が受かったのか、またその時にどのような質問をされてどのように回答したかといったデータを、大手の転職エージェントであれば持ち合わせて、日々分析しています。
そのデータの分析結果をもとにした模擬面接や、志望動機や質問に対する回答をあなたと一緒に考えてくれるのです。
特に今回の、ローランドベルガーのようなコンサルティングのファームでは、ケース面接やフェルミ推定が採用面接で実施されることもあり、エージェントとの模擬面接は必要不可欠であると言えます。
また、転職エージェントによっては面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人物像を事前に教えてくれるところもあるため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

その他、面接では伝えきれない転職者の魅力を、人事に別ルートで営業してくれます。
転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を、人事にプッシュしてくれています。
あなたが面接で思うように話せず、本来落ちていたところを、エージェントの営業力で面接を通過にすることは日常的に起きています。
正しいエージェントを選べば、その点で圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。
逆を言えば、交渉力の低いエージェントを選んでしまうと足手まといになることすらありますので、エージェント選びはしっかり行いましょう。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。

本気でローランドベルガーに内定したい方はこちら。

理由3:年収アップ等の交渉も依頼できる

年収の交渉を個人で行うのは、非常に難しいです。「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」と交渉の余地すらないことがほとんどです。
なぜなら、個人経由での応募は最終面接の場で入社同意書を書かされることがほとんどだからです。
転職エージェント経由であれば、最終的な回答は、面接後にエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことが可能です。
少しでも良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

ローランドベルガーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

ローランドベルガーの年収、ボーナス、評判・口コミについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

外資系戦略ファームと比較すると給与やボーナスの水準では劣るものの、高い給与水準であることは間違いありません。
海外展開を加速する日系企業を長期的な視点での成長を模索しながらサポートしています。
また、経営学やMBAでの知識、フレームワークのみに頼らない現場で通用するコンサルティングを信条にしています。
加えて、変化の著しい世界の中で、クライアントをサポートするために、最先端技術を擁する企業との提携・協業に積極的です。
その他、競合他社と比較しても、若手からどんどん挑戦できる風土であることやベンチャー企業のような雰囲気の中で仕事ができることも魅力的です。
しかし、このローランドベルガーで働くためには難易度の高い面接をクリアしなければなりません。

そこで、高難易度の選考が評判の外資系コンサルのローランドベルガーへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、ローランドベルガーのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高いケース面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。

本気でローランドベルガーに内定したい方はこちら。

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング