【2021年版】ベインへの転職難易度は?年収/評判/面接対策について徹底解説

【2021年版】ベインへの転職難易度は?年収/評判/面接対策について徹底解説

ベインアンドカンパニーなどの外資系戦略ファームへの転職を考えている、ベインの選考難易度や年収を知りたい人におすすめです。実際に内定を取られている方の面接準備や求める人物像を解説していますので、ベインアンドカンパニーへの転職をご検討の方には必見の内容です。

記事の目次

  1. 1.ベインアンドカンパニーの転職難易度は?
  2. 2.ベインアンドカンパニーの企業情報
  3. 3.ベインアンドカンパニーのキャリアパス・待遇・労働環境は?
  4. 4.ベインアンドカンパニーの評判・口コミは?
  5. 5.ベインアンドカンパニーの選考情報
  6. 6.ベインアンドカンパニーの採用情報
  7. 7.ベインアンドカンパニーに転職するならおすすめのサイト
  8. 8.ベインアンドカンパニー への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

ベインアンドカンパニーの転職難易度は?

ベイン・アンド・カンパニーは、中途採用を通年行っているため、多くの人に転職するチャンスがあります。しかし、その難易度は非常に高いです

ベイン・アンド・カンパニーに転職するためには、厳しい面接を突破しなければなりません。採用までには何度も面接が行われ、4次面接まで来ても、不採用となることも多々あります。
志望するにあたって、絶対に必要な資格や経験などはありませんが、外資系である為、ある程度の英語力は求められます。最低でもTOEIC900点オーバーくらいの実力は必要です。

また、職務経験によっては、応募できるポジションに影響します。正社員としての実務経験が5年未満ならばアソシエイトコンサルタント、5年以上ならばコンサルタントのポジションへの志望が可能です。

ベインアンドカンパニーのような難易度が高い選考を突破するには、過去の転職成功者の体験談を知ることが重要なってくるでしょう。

ベインアンドカンパニーに転職するにはインテリゴリラがおすすめ

内定者にインタビューした選考情報によると、下記3点の理由で、ベインアンドカンパニーへの転職難易度は非常に高いと言えます。

1.ベインアンドカンパニーの転職希望者のレベルが高い
2.ケース面接の難易度が高く、短時間で質の高い回答を用意しないといけない
3.カルチャーを理解してフィット度が高いことをアピールする必要がある


ベインアンドカンパニーには、コンサルティングファーム業界出身者はもちろん、未経験の業界でトップの成績を残した優秀な方が転職してきます。また、少数精鋭のため募集人数も少なく、倍率は非常に高いです。
また、面接ではコンサルティングファーム特有のロジカルさが求められ、フェルミ推定やケース面接といった、選考対策が必須となっています。
実際に転職の面接で、何を聞かれたかといった内容は一般には公開されておらず、貴重な内定者の生の声が聞けるサイトは特に重宝するべきです。
実際の面接内容や、内定者の経歴が詳細に書かれている、インテリゴリラを利用してみるのはいかがでしょうか。

ベインの選考体験記はこちら

ベインアンドカンパニーは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!のイメージ
ベインアンドカンパニーは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!
ベインアンドカンパニーへの中途採用の為に、労働環境・激務度・評判・口コミなどを紹介しています。激務と言われるコンサルティング業界ですが、当社の実態についてはいかがなものでしょうか。ベインアンドカンパニーへの転職をお考えの方は、激務についての当記事は必見です。
ベインアンドカンパニーの平均年収はいくら?ボーナスや残業まで徹底解説!のイメージ
ベインアンドカンパニーの平均年収はいくら?ボーナスや残業まで徹底解説!
ベインアンドカンパニーへの転職で気になる平均年収、ボーナス、残業代、待遇などの評判・口コミを紹介します。年収が高いと評判のコンサルティング業界で、1業種1社の顧客第一主義と成果主義をとことん貫き続けるベインアンドカンパニーへ転職をお考えの方は必見の内容です。

ベインアンドカンパニーの企業情報

[引用元:https://officee.jp/catalog/]

ベインアンドカンパニーの企業概要

ベイン・アンド・カンパニーは、1973年に米国ボストンにて設立され、創業者は、元BCG・ヴァイス・プレジデントであったビル・ベインです。
設立時には、ビル・ベインを含む元BCGのコンサルタント総勢10名で参画しスタートしました。
マッキンゼー、BCGなどと比べると後発となるベインは、他社戦略コンサルと差別化するために、下記二点のコンセプトがあります。

ベインアンドカンパニーのコンセプト

  • 1業種1社の顧客第一主義
  • 成果主義(コンサルティングの質はクライアントの株価によって評価されるべきという厳正な姿勢)

今でもこのコンセプトは大事にされており、ベインの企業理念は「結果主義」です。

真に進むべき道「True North(真北)」を示すことを信条とし、企業(クライアント)の変革を成功させ、クライアントが市場を上回る業績を実現することを大切にしています。
実際、ベインが支援をするクライアント企業の株価は市場平均(S&P500)に対し約4倍のパフォーマンスを達成しています。
またベインは、北米、欧州、アジア、南米、アフリカなど、世界37ヵ国、59拠点にオフィスを展開し、約8,000名のコンサルタントが働いています。

ベインアンドカンパニーの特徴

外資系コンサルのベインアンドカンパニーの特徴は、下記五点です。

ベインアンドカンパニー の特徴

  • ブレークスルーと持続可能な結果を常に重視
    持続可能な革新的かつ大胆なソリューション
  • 熱心で協力的、かつ率直な人材
    親身になってクライアント自身、またそのチームとビジネスのことを気に掛ける
  • クライアントと共に取り組むユニークで効果的な手段
    行程の各段階でチームのケーパビリティを構築
  • 現状を鵜呑みにしないマインドセット
    現状に疑問を投げかけ、新たな未来を見据えるべく支援を行う
  • 目的と同様、その過程も重視
    最重要課題にフォーカスし、リスクや障害、チャンスを前もって見極め、確実に変革を起こす

ベインのミッションは「クライアントがトランスフォーメーションを達成すること」です。その中でも、True North(真北)の精神である、「常にクライアント、社員、コミュニティに対して正しいことを行う」が信条であり、信条を表す姿勢は具体的には下記四点あります。

ベインアンドカンパニー の信条

  • パッションとコミットメント
    「結果」を求める熱意、それはクライアントの成功のために全力でクライアントに寄り添うことです。 ベインは最高のクオリティ、プロフェッショナリズム、そして倫理規範の順守をもって揺るぎないコミットメントを確約します。
  • オープンで誠実
    誠実に、現状をありのままに伝えることを大切にしています。現在信じていることに対して、1%でも誤っている可能性があれば、それを正直に伝えます。
     
  • 実践的
    実践的で「自ら動く」アプローチをもって、業務遂行を重視し、判断をアクションに転換します。
  • One Team
    「ワン・チーム(1つのチーム)」の考え方で信頼しあい、敬意を表してお互いをサポートする。常にこの考え方を大切にしています。この行動規範のもと業務を遂行することで、クライアントの成功を実現します。

また、同社は結果への熱意を他社と比較しても持っており、クライアントと様々な形態の「連動報酬」制を締結しています。これは、クライアントの「結果」と当社の得る経済的なインセンティブを連動させるものです。
実際に、クライアントの結果とコンサルティングフィーが連動
するので、同社の社員の結果に対するコミットメントが見えます。

ベインアンドカンパニーの提供しているサービス

ベインアンドカンパニーは、テクノロジーからサービス業まで、幅広い業界をカバーしています
深い専門知識や、他業界で培われた主要な経営テーマでの経験を結び付け、クライアントニーズに特化したチームが、新しい発想で具体性のある解決策を提案します。

また、最重要ビジネス課題解決のために、様々な業種や地域において、M&Aやマーケティング支援などを提供し、最適な経営判断を下せるように支援しています。
特に、M&A案件とプライベートエクイティの支援に強みを持ています。

ベインアンドカンパニーが手掛けるプロジェクト事例

ここでは、三つの案件を紹介したいと思います。

  • 外資系ソフトウェア企業のプライシング戦略支援
ベインアンドカンパニーが、外資系ソフトウェア企業の大規模トランスフォーメーションの一環として、難易度が高いプライシング戦略における複雑性と不透明性の軽減に取り組んだ案件があります。
ベインの支援で、クライアントは適正価格を算出するケイバビリティを構築して適切な価格設定と値引き管理の改善を行いました。
組織内の価格設定での役割と責任も明確化されたため毎年数百万ドルの収益増となりました。
  • 金融サービス会社の構造改革と成長戦略支援
金融サービス会社のA社は高コスト体質となりビジネスモデルを拡大したために顧客ロイヤルティの低下に直面していました。
ベインアンドカンパニーは5億超のコスト削減を伴う構造改革と成長戦略の見直しによって顧客ロイヤルティ獲得を支援した結果、A社の株価は上昇して金融業界における地位の回復に成功しました。
  • 工業製品メーカーの企業再生支援
外資系工業製品メーカーのA社が倒産の危機に直面、ベインアンドカンパニーは組織の複雑性の軽減と組織の再設計等を提案した結果、A社の業績は上がり高い利益水準を誇る企業となりました。

ベインアンドカンパニーのキャリアパス・待遇・労働環境は?

Photo byStartupStockPhotos

ベインアンドカンパニーのキャリアパス

ベインアンドカンパニーのキャリアパスは下記のとおりです。

  1. アソシエイトコンサルタント
  2. コンサルタント
  3. ケースチームリーダー
  4. マネージャー
  5. プリンシパル
  6. パートナー
アソシエイトやコンサルタントは、マネージャーの指揮下で、プロジェクトを遂行します。自らの判断に基づき、必要な情報収集・分析・提言を行います。
マネージャーは、プロジェクトマネジメントの責任者として、顧客開拓 や知財開発、人材の採用・教育等、内部管理における活動も期待されることになります。
パートナーやプリンシパルは、共同経営者やプロジェクト運営責任者として意思決定を行ったり、知財開発・人材の採用・教育・評価等、内部管理における主導的役割を担います。
 

ベインアンドカンパニーの待遇

ベインアンドカンパニーの平均年収

ベイン・アンド・カンパニー全体での平均年収は公開されていませんが、1,920万円程度と言われています。
※外資就活参照

新入社員の1年目の年収は、650万円でかなり大きな金額と言えます。
給与はポジションに応じて決まるため、昇進しない限り昇給もありません。

最初はアソシエイトコンサルタントとして採用ですが、4年目あたりにはシニアアソシエイトコンサルタントに昇進するのが通例であり、ここで年収は1000万円を突破します。
そして、ケースチームリーダーで約2500万円、プリンシパルで約5000万円、パートナーで最大1億円程度の年収となります。
しかし、多くの場合、コンサルタントに昇進する前の20代のうちに退職するという評判です。

ベインアンドカンパニーの福利厚生

ベイン・アンド・カンパニーの福利厚生は、外資系にも関わらず、非常に充実しています。
多くの人が気になる家賃補助などは用意されていないですが、平均年収も高く設定されている為、不満である評判はあまりありません。
下記が福利厚生のラインナップです。

福利厚生

  • 社会保険完備
  • 適格退職年金制度
  • 研修制度
  • 社内イベント
  • 毎週金曜日のハッピーアワーなど、各種イベントが開催
  • 海外支社への異動
  • 海外勤務を希望する従業員には、できるだけ広く門戸を開放
  • 1日2000円分のご飯代を支給
  • タクシー代支給
  • 終電後の帰宅の場合、一定の範囲内の金額は経費精算可

外資系コンサルファームは、通常は福利厚生の充実度が低いところが多いのですが、ベイン・アンド・カンパニーはその逆で、かなり福利厚生が充実しています。

ベインアンドカンパニーの労働環境は?

ベインアンドカンパニーの残業時間

ベイン・アンド・カンパニーの月間残業時間は、平均で約70時間です。

徹底した成果主義が、会社の信念であるため、ハードワークになりがちなのが特徴です。プロジェクトが忙しい時には、休日出勤を強いられるケースも多々あります。

ベインアンドカンパニーのワークライフバランス

意思決定を迫るタイミングなど重要な局面を迎える前は、仕事はハードですが、長いプロジェクトでも緩急があるので、期間中、ずっと忙しいわけではないです。
長期休暇をしっかり取ってリフレッシュする社員が多く、「Leave of Absence」と呼ばれる制度の利用者も一定数います。
これは、休暇中に行うアクティビティが将来の自身の成長に寄与すると会社が認めた場合に、最長6か月の休暇を取得できる制度です。
この期間にベインで得られた問題解決能力を、NPO団体で働くことや自身のビジネスアイディアへ応用することを通じて社会に活かす人もいます。

また、育児休業についても、女性社員はさることながら、男性社員も数か月単位で取得しています。
「子育てをパートナーと同等に行いたい」「いましかない子どもの成長を見逃したくない」と、積極的に休みを取得する姿勢を尊重してくれます。
ここからもわかるように、制度が形としてあるだけではなく、社員がしっかり活用していることがわかります。

ベインアンドカンパニーの評判・口コミは?

[引用元:https://www.bain.com/ja/]

待遇について

待遇についての評判・口コミは下記の通りです。

男性

男性

年収については、外資戦略ファームの中では最も高いです。 評価についても、時間をかけてやっていただいているが、外資系でドライな部分もあり、一度見切られると評価の挽回は難しいです。

女性

女性

給与は、競合他社に比べて、非常に恵まれていると感じます。特に、コンサルタントクラス以上になるとかなり年収があがる。競合と異なるのは、ボーナスの比率が著しく高いことで、パフォーマンス次第では年収が大きく上下しうる仕組みになっています。 

仕事のやりがい・成長について

仕事のやりがい・成長についての評判・口コミは下記の通りです。

男性

男性

仕事のやりがい
支援しているクライアントが、今までとは違う考え方やスキルを身につけて、活躍する姿を見た時にやりがいを感じます。当初、「難易度が高くて、こんなことはできないなあ」と仰っていた方が、「これをやりましょう」と言動が変わり、モチベーションが一段上がった瞬間を目撃したときは、この仕事を選んで良かったと感じます。

成長
難易度の高い問題を、整理して真の答えにたどり着くスキルが、私の中では一番伸びたスキルだと思っています。

女性

女性

仕事のやりがい
働いている人と雰囲気がいいです。人数が100人少し超えたぐらいですので、顔と名前が一致し、アットホームな雰囲気があります。シニアなパートナーとの距離も近く気軽にフィードックがもらえるのでモチベーションが保てます。

成長
グローバル研修が充実しており、英語環境でビジネスを遂行する力はとても身につきます。ただし、得意なところを伸ばすというよりも、一通り問題解決については穴がないことが求められ、この点が他の戦略ファームと考え方が大きく違います。なので、人材のばらつきが少なく総じて優秀だが、飛び切り優秀出会ったり専門性がある人がいない優等生的な集団です。

社員の雰囲気について

社員の雰囲気についての評判・口コミは下記の通りです。

女性

女性

ベインのコンサルティングワークは、クライアントを含めたチームで行います。そのメンバーの一員として気持ちよく仕事ができる方が多いです。そこで自分がするべきことを的確、且つプロアクティブに見つけて役割を果たせる人、自分の意見を発信できる人、困っている人を積極的にサポートできる前向きな姿勢をお持ちの人が多いです。

男性

男性

一緒に働く人から、いままでにない考え方や働き方を学べる同僚が多いと評判です。人材のすばらしさがベインアンドカンパニーの一番の魅力です。

「何かを変えたい」と強く思う人にとってコンサルタントは大きなやりがいが感じられる職業ですし、そのなかでもベインは、東京にいながらもグローバルな空気を感じながらスケールの大きなケースを数多く経験できる会社です。専門的な経験を持ち、高い意欲と志のもと仕事をしている人が多いです。

ベインアンドカンパニーの選考情報

[引用元:https://www.bain.com/ja/careers/]

ベインアンドカンパニーの選考フローと面接内容

ベインアンドカンパニーの選考フローは、転職者によって様々ですが、外資系コンサルである為、難易度は高く下記のようになっています。

選考フロー

  • 経歴面接
      ↓
  • ケース面接
      ↓
  • 筆記ケース面接

ケース面接は、複数回行われここでの難易度が非常に高いです。
現役のコンサルタントが、面接官として鋭い質問を投げかけてくるので、非常に難易度が高いということは頷けます。

ベインアンドカンパニーの面接傾向と質問例

経歴面接では、履歴書や職務経歴書を元にして、これまで社会人として歩んできた経歴を中心に、志願者がどのようなキャリアゴールを描いているかを質問されます
一般的な内容であるため、きちんと自己分析を行えば、十分に対応できます。
面接官は、「なぜ他社ではなく、この会社で仕事がしたいのか」という部分を最も重要視しています。

また、過去のキャリアによっては、職歴や学術的経験に基づき、過去に経験したプロジェクトについて、説明を求められることもあります。
経歴面接を無事にパスするために、以下のような難易度の高い質問に対して答えられるよう、準備しておきましょう

経歴面接での質問例

  • 志望動機は何ですか?
  • 今までで最も誇りに思う体験は何ですか?
  • 可能であればやり直したいと思う体験は何ですか?どのようにやり直したいですか?
  • 昨年あなたが下した難しい決断は何でしたか?
  • あなたがリーダーシップを発揮したのはどのような時でしたか?
  • インターンシップについて、楽しめた点、あまり楽しめなかった点?
  • 自由時間の使い方は?
  • あなたはベインアンドカンパニーでどのような貢献ができますか?
  • チームの向かっている方向性を変えた時、どのような役割を担っていましたか?また、どのように実行したのですか?

上記9項目については、必ず回答を準備した上で、面接に臨みましょう。

経歴面接の後は、いよいよ難易度の高いケース面接に進みます。
ケース面接では、ベイン・アンド・カンパニーが実際に取り扱ったことがあるクライアント案件を題材にしてテーマが出されます。
すなわち、実践力が図られます。ケース面接において重視されるのは、以下の5点です。

ケース面接において見られるポイント

  • 問題解決のアプローチ
  • 分析力とクリエイティブな思考性の有無
  • 提言構築のためにどのようにデータを活用して課題を定量化するか
  • 自身のアイデアを伝えるコミュニケーションスキル
  • 提言実行のための提案内容

ケース面接は、志願者と面接官がディスカッションする形式で進められます。
面接官のレスポンスが非常に速く、質問内容も鋭いことが多いため、しっかりとトレーニングを積んだうえで臨むことが大切です。
また、ケース面接終了後には、面接官からフィードバックを受けることができ、実際の会社の取り組みを知ることができます。
次に面接に臨む機会があった場合には、そのフィードバックも踏まえた回答をすることが大切です。

また、筆記ケース面接では、資料で課題を示されます。
およそ20~30枚程度の分量です

そして55分間の思考時間が与えられ、筆記ケース面接では下記について問われます。

筆記ケース面接で聞かれる点

  • クライアントの現状把握
  • 考え得るアクション
  • それぞれのアクションについてのトレードオフ

上記の点について、55分以内で考え、最終的にはベストな解決策を提示します。
その後、面接官とのディスカッションが行われます。
思考時間は55分間と、限られた時間しかないので、時間を有効に活用するために、段取りを組んだり、優先度をつけたりしなければならず、かなり実践力が求められます。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でケース面接を攻略したい方はこちら

採用大学や採用人数について

ベイン・アンド・カンパニーには、かなり高学歴の人材が集まります。具体的には、東京大学を始めとする難関国公立、早慶などの難関私大がほとんどです。外資系コンサルファームは「実力さえあれば、学歴は関係ない」という声もよく聞きますが、新卒に限って言えば、かなり強力な学歴フィルターが存在すると考えた方が良いです。実際に、新卒採用の際に、書類選考に合格できるのは、上記の学歴の人だけである場合が、多いです。

採用人数については、新規採用の場合は、10人程度とかなり少なくなっています。しかし、新規採用者は5年以内に退職することも多く、年間を通して中途採用活動を行っているという事情もあるため、全社員の大多数は中途採用者です。

ベインアンドカンパニーの求める人物像

ベイン・アンド・カンパニーは、「True North(真北)の追求」を信条としており「True North」とは

  • パッションとコミットメント
  • オープンで誠実
  • 実践的
  • One Team

の4項目です。 上記の性格を備えた人材が、同社にて求められていると言えます。
そして何よりも重宝しているのが結果を出せる人材です。
クライアント企業の業績連動のフィーをもらう制度もあることから、とにかく結果を出せる人が求められます。
そのため、採用面接においても具体的に結果を出せるような提案ができるか、ということが厳しく問わレルという評判・口コミが見られます。

ベインアンドカンパニーの採用情報

[引用元:https://www.bain.com/ja/careers/explore-roles/]

ベインアンドカンパニーの募集職種

ベインアンドカンパニーでは、コンサルタント職とコンサルタント職以外の職種で募集されています。
コンサルタント職以外でも、各種専職のポストがあります。
新卒の人材から、様々な業界や組織で豊富な経験を有する方まで、幅広く募集しています。
コンサルタント職以外の職種では下記で募集されています。

  • アドバンスド・アナリティクス&カスタマー・インサイト
  • ビジネス・コンサルティング専門職
  • コンサルティング業務サポートサービス

上記のように、世界中のオフィスで、優秀なメンバーから成るチームが、コンサルタント職をサポートしています。

コンサルタント

コンサルタント職でも、募集の仕方に違いがあるようです。インターンシップでは、直接的な採用ではなく、インターンシップ終了後に優秀な人にのみ内定が出るという仕組みです。もちろん、インターンシップに行くこと自体も難易度が高いとの評判・口コミが見られます。

  • アソシエイト コンサルタント インターンシップ
新卒学生向けインターンシップの一環として、アソシエイトコンサルタント インターン プログラムを提供しています。プログラムでは、ベインのプロジェクトチームの一員として、コンサルティングの実務に触れ、現実のビジネス戦略課題に取り組む機会を得られると同時に、徹底したトレーニングやチーム内でのOJTも提供されます。
  • アソシエイト コンサルタント
新卒学生の方、実務経験が2年未満の方がスタートするポジションです。日々の業務を通じて、これまで学業で学んだことやその他の経験を通じて培った力を試し、高めることができる魅力的なポジションです。優秀な能力を備え、思いやりと助け合いの精神にあふれる仲間と一緒に、やりがいのある課題に取り組みます。
  • サマーアソシエイト プログラム(インターンシップ)
サマーアソシエイト プログラムは、ビジネススクール・各種大学院に在学中で実務経験をお持ちの方が対象であり、優れたプログラムとしての受賞歴もあります。
  • コンサルタント
コンサルタントは、プロジェクト推進の中核的存在であり、クライアント・チームメンバーとの協働作業においてリーダー的役割を担います。ビジネススクール・各種大学院に在学中で、実務経験のある人のスタートポジションになります。

その他、下記のポジションでのコンサルタント職でも、募集があります。

その他のコンサルタント職

  • シニアポジション
  • マネージャー
  • シニアマネージャー
  • アソシエイトパートナー
  • パートナー

ベインアンドカンパニーに転職するためには英語力が必要?

ベイン・アンド・カンパニーでは、外資系企業であり、東京オフィスにも多くの外国人社員が在籍しているため、日常業務において、英語を使う機会が多くあるとの評判です。
その為、ある程度の英語力は必要です。

海外支社への異動を希望する際には、当然ですが、非常に高い英語力が求められます。
ベイン社の新卒採用の募集要項では、英語力に自信がない人をTOEIC730点程度であると定義しています。
そういった方向けに、入社前に語学留学プログラムを用意しているほどです。
要するに、TOEICが730点程度、もしくはそれ以下の場合には、ベイン・アンド・カンパニーでの業務には大きな支障をきたす可能性があると考えられます。

ベインアンドカンパニーに転職するならおすすめのサイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

ベインアンドカンパニー への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

Photo byStartupStockPhotos

ベインアンドカンパニーは、自己成長が実現でき、またやりがいのあるクライアントの経営課題に挑戦できる魅力的な評判のある会社です。
しかし、そこで働くためには難易度の高い面接をクリアしなければなりません。

そこで、外資系コンサルのベインアンドカンパニーへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、ベインアンドカンパニーのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高いケース面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でに有名企業へ内定したい方はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング