ローランドベルガーに転職したい!内定者の面接対策や年収について解説!

ローランドベルガーに転職したい!内定者の面接対策や年収について解説!

戦略コンサルを行うローランドベルガーへの転職の為に、面接対策や特徴をお届けします。内定者からヒアリングした面接対策のポイントや年収比較や評判・口コミなど解説します。最先端技術の追求にも拘りを持っているローランドベルガーへ転職をお考えの方は必見の内容です。

記事の目次

  1. 1.ローランドベルガーに転職するには?実際の内定者からヒアリング!
  2. 2.ローランドベルガーの転職に必要な企業情報
  3. 3.ローランドベルガーの待遇や労働環境は?
  4. 4.ローランドベルガーの評判・口コミは?
  5. 5.ローランドベルガーの選考情報
  6. 6.ローランドベルガーの採用情報・転職情報
  7. 7.ローランドベルガーへの転職を考えるうえで転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

ローランドベルガーに転職するには?実際の内定者からヒアリング!

外資系企業でも名高いローランドベルガーに転職をお考えの方に、内定者から実際にヒアリングした情報をお届けします。
ローランドベルガーの転職や中途採用で内定を獲るためには、徹底した会社理解と、面接対策が必要となります。

ローランドベルガーの特徴とは?

ローランドベルガーの特徴

  • ドイツ・ミュンヘンに本社を置く、ヨーロッパを代表する経営戦略コンサルティングファーム
  • 海外展開を加速する日系企業をサポート
  • 長期的な目線でクライアントの成長を支援
  • アントレプレナーシップを尊重する企業文化
  • 最先端技術を擁する企業との提携・協業

ローランドベルガー(RB)は、ドイツ・ミュンヘンに本社を置く、ヨーロッパを代表する経営戦略コンサルティングファームです。
1967年の設立以来、40年にわたって、自動車、消費財、流通、化学、機械、医薬品などの製造業、そして、金融、情報通信、航空・運輸などのサービス業など幅広い業界のクライアントに対する数多くのコンサルティング実績を残してきました。
現在では、世界35カ国に広がり約52オフィスと2,400人を超えるスタッフを擁し(2020年12月現在)、グローバルな視点でのコンサルティングサービスを提供しています。

東京オフィスは、1991年に設立されて以来、アジア地域の顧客の成長を牽引してきました。
特に現会長である遠藤功氏が社長として就任した2000年以降、「動く戦略」を追求したコンサルティングは多くのクライアントから高い評価を獲得し、これまで著しい成長を遂げ、組織も約110名規模にまで拡大してきました。
日本国内における各種産業向けのコンサルティングサービスに加え、シンガポール、中国、インドネシアにジャパンデスクを設置し、海外展開を加速する日系企業をサポートしています。

また、短期的な企業価値向上・株主価値向上だけではなく長期的な視点での成長を支援する事、経営学のセオリーに偏ったトップダウンアプローチを採るのではなく企業の文化・社員の意思を尊重する事、アントレプレナーシップを尊重する企業文化、などが挙げられます。

一方で、このような考え方の徹底は、高いプレッシャーと時にはハードワークをもたらす要因となりうるがゆえ、ローランド・ベルガーは、気骨のある折れない心と高い志を有するメンバーを歓迎する傾向にあります。
そのため、選考のプロセスにおいても、コンサルタントとして十分な論理思考能力や対人関係能力を試されるのに加えて、クライアントを想う心や高いプロフェッショナル精神も非常に重視されます。

近年では最先端技術を擁する企業との提携・協業も多く、第一線で活躍するプレイヤーたちと知識、経験、起業家的視点をコンサルティング能力と融合させ、卓越した成果を追求しています。

ローランドベルガーに転職するならインテリゴリラ

 
インテリゴリラが独自に内定者にインタビューした選考情報によると、下記の3点の情報を抑えておいた方が良いようです。

1.第二新卒で実績が無くても問題無い?内定者の経歴と面接の回答内容とは?
2.地頭だけではない。元面接官が教えるベルガーの選考基準とは?
3.ケース面接で差がついた、内定者の回答のポイントとは?


ローランドベルガーで、第二新卒でコンサル未経験の方でも内定を獲った方がいます。どういった経歴なのか、面接では何を話したのか、気になりますよね。
内定者が面接官から直接選考基準をヒアリングしたところ、3つの要素があったようです。その内の1つは地頭の良さですが、それ以外にも重要なポイントが2つありました。
ローランドベルガーはケース面接を多く出題することで有名です。対策するために内定者は様々な工夫をしていました。

転職評判サイトは真実かわからない情報があるため注意が必要です。
実際に転職の面接で、何を聞かれたかといった内容は一般には公開されておらず、貴重な内定者の生の声が聞けるサイトは特に重宝しましょう。
実際の面接内容や、中途採用内定者の経歴が詳細に書かれている、インテリゴリラを利用してみるのはいかがでしょうか。


ローランドベルガーの選考体験記はコチラ

登録30秒!インテリゴリラの選考体験記
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

ローランドベルガーの転職に必要な企業情報

ローランドベルガーの会社概要

株式会社ローランドベルガーは、1991年に発足したローランド・ベルガー・ストラテジー・コンサルタンツの日本法人です。
日本国内における本格的なサービス展開に加えて、ダイナミックに展開するグローバル市場へのアクセスポイントとして、また、日本の市場・産業・企業情報の発信地として世界各国のオフィスと緊密な連携を取りながらコンサルティングサービスを行っています。
内外民間企業に加え、政府機関など多くのクライアントとの信頼関係に支えられた長期的 な「リレーションシップ・コンサルティング」を実践し、これまでに着実に成果と実績を積み重ねています。

ローランドベルガーの提供しているサービス

ローランドベルガーのコンサルティングサービスでは、業界ごとのindustries、ソリューション別のBusiness Functionsでサービスが区切られています。
前者では、自動車・消費財、エネルギーなどがあげられます。同社は業界内で、製造業案件に強みを持っています。後者では、M&A・IT改革、マーケティングなどがあげられます。

ローランドベルガーが手掛けるプロジェクト事例

ローランドベルガーが実際に手がけた案件について、同社HPに載せられていた詳しい事例を下記で紹介致します。

ローランドベルガーの過去のプロジェクト事例

  • 電装品メーカーの戦略策定
  • 大手アパレルメーカーにおける事業運営システム構築

ローランドベルガーが手掛けた電装品メーカーの戦略策定

電子制御の急速な進展に伴い、自動車部品において電装品の占める割合が高まってきています。
自動車におけるこれからの技術革新の90%はエレクトロニクスによってもたらされるという予測もあり、その重要性が今後も高まっていくことには疑いがないです。
市場の継続した伸長が約束されており、電装品メーカーにとっては売上拡大の好機であるが、一方では様々な問題が生じています。
自動車に搭載するECUの増大が、電子システムとしての自動車の複雑性を累乗的に増加させ、開発の遅れやリコールの増大、開発人員不足などの問題を引き起こしています。
とりわけソフトウエア開発の重要性が飛躍的に上昇し、ソフトウエアの適切な品質・プロセス管理が難しくなてきている現状です。

(同社の支援内容)
このような背景の下、電装品メーカーA社は今後の成長をソフトウエアの品質やプロセス管理の強化だけで担保することは困難と判断し、全社戦略の見直しに着手しました。
支援の依頼を受けたローランド・ベルガーでは車載ソフトウエアの現状の問題を整理し、今後の動向について分析し、シナリオを策定しました。
まずは現状の問題を洗い出し、その問題の多くは自動車メーカーの脆弱なシステム・アーキテクチャによって引き起こされていることを明らかにしました。
その上で、車載ソフトウエア増大の歴史をひもとき、ワイヤーハーネスの重量削減を目指したネットワーク化において、車両システムとしての視点が欠如していたことから、脆弱なシステム・アーキテクチャが構成された流れを確認し、今後のシステム・アーキテクチャの動向を展望しました。
今後の動向における大きな論点として標準化を取り上げ、AUTOSARやJASPERなどの動向や、各社の考え方や取り組みなどから3つのシナリオを策定し、各シナリオにおける部品メーカーとしての基本的な戦略を策定しました。
戦略の検討にあたっては、ローランドベルガーで実施したグローバル・スタディ「部品メーカーの将来」の成果を活用し、部品メーカーが取るべき3つのポジションである、システム・インテグレーター、テクノロジー・サテライト、プロセス・サテライトの車載ソフトウエアにおける適用を試みました。
基本的な戦略を踏まえた上で、システム分野を再定義し、各システム分野における成長性、革新性、A社の競争力、標準化進展のシナリオなどを評価し、システム分野ごとの戦略に落とし込みました。戦略の落とし込みにあたっては従来の部品ビジネスとソフトウエアビジネスの違いを明確にし、未確立の車載ソフトウエアのビジネスモデル構築の道筋も明らかにすることができました。

ローランドベルガーが手掛けた大手アパレルメーカーにおける事業運営システム構築

複数ブランドを個別に事業展開する大手アパレルメーカーA社は、社員個人のマーケティングセンスや創造力を活かして順調に成長してきました。
しかし、事業規模が拡大し、社内外の環境が大きく変わる中で、従来の事業運営手法の限界を感じていました。

(同社の支援内容)
そこで、A社は個人に大きく依存した事業運営の仕組みを会社という組織で再現する、新たな事業運営手法の開発に着手し始めました。手はじめとして、事業運営を客観的・科学的にサポートするための事業運営システムを構築することとした。
まず、5つの基本方針を設定しました。
①事業の現状を客観的に把握できること。
②事業運営のキーとなるドライバーとその関係性を明らかにすること。
③計画策定の妥当性をチェックできること。
④全社経営の視点から資源配分を客観的に判断できること。
⑤従来の個人に依存した手法のメリットは取り入れ、かつ調和させること。
これらを前提に、経営管理のシステムとツールを設計・導入しました。システム導入の結果、A社では事業の現状について社内で幅広く共通認識を得られるようになり、従来は客観的な確認が困難だった事業計画も、策定の根拠や目的・目標を客観的に評価して妥当性を議論できるようになりました。
さらに、これまで計画を立てても検証が行なわれていませんでしたが、仮説検証サイクルが機能しはじめました。一連の成果により、従来の優れた事業運営ノウハウを活かしつつ、仮説検証をベースとした組織としての事業運営を実現し、成功事例や失敗事例も蓄積していくことが可能となりました。

ローランドベルガーの待遇や労働環境は?

Photo bymohamed_hassan

ローランドベルガーの年収や福利厚生などの待遇

ここでは、ローランドベルガーに中途採用で内定を得た方からの評判や口コミを含めて、ローランドベルガーの待遇・平均年収や福利厚生などを書いています。実際に中途採用で内定を得た場合でも、条件や待遇面でマッチしているかは確認しておきたいですね。

ローランドベルガーの平均年収

様々な評判・口コミから、ローランドベルガーの平均年収は1,025万円です。
残業代は出ず、長時間労働も常態化していますので、過酷な労働環境の中での平均年収であることには留意してください。
詳しい記事は下記記事からも確認できますので、併せてご確認ください。

ローランドベルガーの平均年収は高い!内定者の実際の年収を公開!のイメージ
ローランドベルガーの平均年収は高い!内定者の実際の年収を公開!
戦略コンサルとして有名なローランドベルガーの平均年収やボーナス、残業代について解説します。ローランドベルガーでは日系企業の海外展開や実務を経験できます。チャレンジングで高年収なローランドベルガーの評判や口コミが気になる方はぜひみて下さい。

ローランドベルガーの福利厚生

ローランドベルガーの福利厚生では、社会保険完備、確定拠出年金制度(401K)、社宅借り上げが用意されています。社宅借り上げによって、節税にもなるので、評価が高いです。
そのほかに、研修制度でも、下記が準備されています。

福利厚生

  • 各種グローバルトレーニング制度
  • 国内トレーニング制度
  • 海外オフィスとのエクスチェンジプログラム
  • MBA留学支援制度
  • 語学学習費用補助

ローランドベルガーの労働環境は?

ローランドベルガーの労働環境はどうなっているでしょうか。コンサル未経験から中途採用で入った場合、一番驚く部分はコンサルティングファームの働き方です。残業時間やライフワークバランスの観点から、見ていきます。

ローランドベルガーの残業時間

評判・口コミから、平均残業時間は104.1hです。
戦略コンサルは業務上、範囲が多いので、長時間労働になることは否めませんが、同業他社と比較しても非常に長い数字です。

ローランドベルガーのワークライフバランス

基本的に競合他社を見てみると、ワークライフバランスは無いと考えた方がいいという評判・口コミが多いですが、同社はどうなのでしょうか。
下記に、ワークライフバランスの評判・口コミを紹介します。

男性

男性

ワークライフバランスに関しては、ほぼないに等しいです。
平日はほぼすべてタクシー帰りですし、土日も仕事を全くしない日というのはありません
せめて、会社で勤怠管理ぐらいしてほしいですが、管理体系自体も存在しません。

女性

女性

近年、働き方改革により改善傾向にあり、以前と比較すると幾分働きやすい環境になってきました
しかし、社内に長時間労働を賛美する考えや言葉は、上層部に限らず若手にすら存在します。
徹夜で寝ずに仕事をする事を成功体験として誇大に語るパートナーやプリンシパルが複数存在し、それに従う若手も多いことから、働き方という意味ではブラックな傾向は今後も当分続くと思います。

男性

男性

業界に共通してワークライフバランスは悪いと思うが、同業他社の知り合いやエージェントを通じて得た情報から判断すると、その中でも群を抜いて悪いです
深夜・土日に働くことは当たり前であり、特にプロジェクトに入っている期間は、深夜・土日勤務が前提として考えられています。
プライベートライフが犠牲になることはやむを得ないと考えて入社した方がいいです。

より質の高いアウトプットを生み出すためにはトコトン時間を犠牲にしていくというマインドセットがあり、それが作業効率を落としていく、結果アウトプットの質が上がらない、・・・という負の連鎖に陥りがちです。
ただし、基本的に複数プロジェクトにアサインされることは無いため、プロジェクトの合間をぬって、休暇取得によりリフレッシュすることも可能です。

ローランドベルガーの評判・口コミは?

Photo byFree-Photos

ローランドベルガーの待遇についての評判や口コミ

年収、ボーナス、福利厚生、労働環境などの待遇についての評判・口コミについて下記で紹介します。

男性

男性

年収・ボーナス・昇給等について:
年収は高いと感じます。大手戦略ファームと比較してもマネジャー以下は見劣りしないし、昇進が早いので新卒入社だと実質的に他の大手コンサルより良くなることもあります。
ボーナスはオフィスの業績次第で大きく変わり、定められた額の2倍だった年もあれば、直近は1/2にまで減らされました。

福利厚生・オフィス環境ついて:
住宅借り上げなど、金銭面で有利になる福利厚生は充実していると感じます。
しかし、プロジェクトが終わっても最近は休みがとりにくくなりました

女性

女性

給与・ボーナス・昇給等について:
昇進・年収は競合よりも低いと感じる。昔はボーナスで埋め合わせていたが、近年はそれもなくなりました。
ボーナスの減少により、強豪と比べて年収面での魅力が低下しつつあることは否めません

福利厚生・オフィス環境ついて:
福利厚生は日系大手企業に比べると見劣りします。
オフィス環境は、他ファームと比べると悪いと聞いたことがあります。

評価制度について:
PM以上の全員が集まって各スタッフの評価をするが、結果に納得感はないです。常にPM以上による個人的な好き嫌いが評価を大きく左右するため、どれだけ仕事で成果を出しても報われないことがあります。
発言力のある一部のパートナーに評価してもらえることが非常に重要です

ローランドベルガーの仕事のやりがい・成長についての評判や口コミ

仕事のやりがい・成長についての評判・口コミについて下記で紹介します。

男性

男性

仕事のやりがい:
クライアントに親身になって接する点は、このファームの良い点であると思います。また、若手であってもクライアントの前でプレゼンをする経験があり、他の大手ファームでは経験出来ない利点と考えられます。

成長:
他項目でも記載した通り、コンサルタントとしての基礎能力を鍛える上では非常に良い環境です。
今後のキャリアで迷っている若手にとっては、その方向性を見極め、考えるという意味でもオススメのファームです。

女性

女性

仕事のやりがい:
クライアントとの距離感も近くメンバーひとりひとりの役割も大きいので、プロジェクトのやりがいは高いです。
プロジェクトチームも和気あいあいとしているためストレスは少ないです。

成長:
実践を通じた成長環境は、コンサルのアーリーキャリアにおいては十分すぎるくらいに整っています。
体系立ったファームとしてのトレーニングプログラムは他社に比べて薄い印象です。トレーニングは年1回の立候補+選抜制(選抜クライテリアは不透明ですが)です。

男性

男性

仕事のやりがい:
クライアントとの距離が近いことも多く、クライアントから直接感謝の言葉を頂けることは何よりのモチベーションでした。
評価は極めてフェアで、プロジェクトごとにその時のマネージャーが評価をつけ、納得いかなければサインしないことも可能です。
半年ごとに昇進チャンスがあり、そこで引っ掛かれば昇進できます。
各ポジションでの在籍年数については目安はあるものの、実力次第ではあっという間に昇進することは可能です。
マネージャーまでは社内政治的な要素はなく、単純にアウトプットのクオリティと、仕事へのコミットメントで評価されるといって、よいです。

成長:
若手のときから実質1人でプロジェクトを任されるなど、裁量の大きさは想像以上であり、責任も大きくプレッシャーはあったものの、自分のアウトプットがクライアントに刺さる経験が早いうちからできるのは大きなモチベーションであった。
また、サポートスタッフが少ない分すべて自分でやならければいけなかったが、万が一ベンチャー等でバックオフィス機能がなかったとしても、一通りの業務がこなせる自信はつきました。
コンサルタントとしては、ミドルクラスへのプロジェクトが多いため経営的な視点は実に付きにくいものの、事業主としての事業戦略立案のフレームワークやステークホルダーを巻き込んだ意思決定を勝ち取る方法等、戦略+組織を動かす肝は学ぶことが出来ました

社員の雰囲気について

下記が社員の雰囲気についての評判・口コミです。

男性

男性

選民思想が強く、気の合う仲間内だけで集まる小学校のような雰囲気です。 その思想に染まれれば居心地が良いと思うが、少しでも疑問を持ってしまうと耐えられなくなってしまう気がします。
「戦略コンサルだけがコンサルである」という意識が強く、戦略コンサルをしていることへの自意識が(良い意味でも悪い意味でも)とても強いです。
携われる業務自体は非常に難易度が高く、成長できる環境が与えられていると思いますが、その思想に浸かれるかどうかが大きなポイントだと思います。
ただ、「戦略コンサルだから」という名目で、色々とやりたい放題になっている感じが見受けられます

女性

女性

ベンチャーのような雰囲気です。日本にある外資系ではよくあるが、日系色が強く、社員の意識としても、日系的な部分が大きいです。

良くも悪くも自由なので、自らやりたいことを言う、助けを求めるなどしない限り非常に居づらい環境になります。
残業に対する意識も、以前に比べるとかなり良くなったと聞くが、それでも意識レベルでの改革はなされていないと感じます。
特に勤務時間は自己申告制であり、制度上は長時間労働を防ぐようになっているものの、実際は長時間労働になるため、勤怠管理は形骸化しています。

ローランドベルガーの選考情報

Photo by089photoshootings

ローランドベルガーの選考フローと面接内容

ローランドベルガーの選考フローは下記の通りです。
中途採用の面接の参考にしてください。

ローランドベルガーの選考フロー

  • 履歴書・職務経歴書・エントリーシート等の書類選考
  • 筆記試験
  • ケース面接選考を複数回

書類選考では、前職での経験やスキルをしっかり記載し、唯一無二の人材であることをアピールしましょう。同社では多様性を求めていることもあり、その点は非常に厳しく見てくるものと予想されます。

筆記試験では判断推理、数的推理、数学力を試されます。類題などを探してある程度慣れておくことが重要です。

そして、鬼門になる現役のコンサルタントとケース面接ですが、対策は必須です。
そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。

本気でローランドベルガーに内定したい方はこちら。

ローランドベルガーの面接傾向と質問例

ローランドベルガーの面接で最も重要視されるのが、ケース面接です。
これは、面接担当者がクライアントの立場となり、ある問題を提示してその解決策の提言を求めるというものです。
限られた条件をもとに論理的に推論していくフェルミ推定を、前提とする課題も多く出されています。

面接経験者によると、
「ケース面接について、事前に模擬面接などを受けたほうがいい」
「エージェントと過去問を解いてみるのがおすすめ」
「数学とロジカルシンキングが重要」などの評判・口コミがあがっていました。

また下記の点がケース面接では、重要です。

ケース面接で意識したい点

  • 「トップダウン」で考え、仮説をもとに論理的にアプローチする
  • 面接官としっかりコミュニケーションをとり、クリエイティブさを伝える
  • ステイクホルダーだけでなく、CEOまたは株主の視点を取り入れる

上記をケース面接の間にしっかり、意識し、アピールできるようにしましょう。

同社の面接は非常にタフなものです。
経営に対する知識はもちろん、分析力、問題解決力、論理的思考力、コミュニケーション能力、さらにはクリエイティブな発想など、高度な知的能力が要求されます
志望動機などの一般的な質問であっても、面接官にはかなり深堀りされるため、論理的な回答が求められることを肝に銘じておきましょう。

ローランドベルガーの求める人物像

ローランドベルガーが求める人物像は下記の通りです。

求める人物像

  • 様々な経験やバックグラウンド
  • 思考力・分析力・知識・ノウハウ
  • 強い向上心
  • 柔軟性やスピード感

中途入社のコンサルタントに期待することは、これまでの社会での経験を通じて培われた考える力や分析する力、知識、ノウハウを最大限活用し、ビジネス経験者ならではの視点を持ったコンサルタントとしてクライアントに価値を提供することです。

コンサルタントとしての仕事は通常の事業会社での仕事とは大きく異なり、これまでに身に付けてきた考え方や仕事の進め方が通用しないことも多々あります。
しかし、ビジネスパーソンとして培った多様な経験は、非常に貴重なもので、クライアントに対してより高い価値を提供するために必要なものです。

そして、経験と同じく重要なことは、コンサルタントとして自分を成長させたい、という“強い意志”や“向上心”です。
いくら豊富な経験を持っていても、それを武器にコンサルタントとして成長しようという気持ちがなければコンサルタントとして働くことは難しいです。
高い壁を乗り越えてコンサルタントとして成長できるか否かは、その強い意思にかかっています。

最後に、“柔軟性”と“スピード感”も重要です。時には今までのやり方を変えざるを得ないこともあります。
考え方や仕事の進め方など、今まで体得してきたものを否定されることもありますが、そうした場合にいかに柔軟に自分を変えていけるかが肝要です。
これも中途入社の皆さんに求められる重要な資質です。自分のこれまでの経験や強みの中で、どこを伸ばし、どこを変えていかなければならないのか。
そうした点を素早く見極めて柔軟に変化していくことが求められます。
また、コンサルタントの時間軸は、通常の企業の時間軸の数倍早いと言われます。これまでの時間に対する感覚を捨て去り、いかにコンサルタントしての時間感覚に馴染んでいけるか。
中途採用者は、特にこうした“スピード感”に対する肌感覚を身に付けていくことも大切です。

今の仕事ではこれ以上の成長は難しいと感じられている方、自分自身を追い込んで更なる成長を目指してみたい方、これまでの経験を生かしてクライアントに新たな価値を提供したいと思われる方には、とても良いチャレンジングな場所になります。

ローランドベルガーの採用情報・転職情報

Photo byFree-Photos

ローランドベルガーの募集職種

ローランド・ベルガーでは、経営戦略コンサルタント(中途)を通年募集しています。バックオフィスでの募集は現在のところ行われていません。
しかし、選考自体の難易度は非常に高いと評判ですので、書類選考の後のケース面接については転職エージェントなどを利用して、対策しましょう。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。

本気でローランドベルガーに内定したい方はこちら。

ローランドベルガーへの転職を考えるうえで転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

ローランドベルガーの転職方法や特徴、評判・口コミについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

戦略ファームである中、海外展開を加速する日系企業を長期的な視点での成長を模索しながらサポートしています。
また、経営学やMBAでの知識、フレームワークのみに頼らない現場で通用するコンサルティングを信条にしています。
加えて、変化の著しい世界の中で、クライアントをサポートするために、最先端技術を擁する企業との提携・協業に積極的です。
しかし、このローランドベルガーで働くためには難易度の高い面接をクリアしなければなりません。

そこで、高難易度の選考が評判の外資系コンサルのローランドベルガーへ中途採用で転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、ローランドベルガーのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高いケース面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。

本気でローランドベルガーに内定したい方はこちら。

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング