【2021】経営共創基盤に転職!内定者から選考のポイントや面接の回答を聞いてみた!

【2021】経営共創基盤に転職!内定者から選考のポイントや面接の回答を聞いてみた!

経営共創基盤に転職した人から、重要な3点のポイントを聞きました。中途採用の内定者は選考準備にかなりの時間をかけ、仕事でも結果を残しています。転職難易度が高く年収や福利厚生も魅力的な経営共創基盤への転職をお考えの方が知りたい情報をまとめて紹介します。

記事の目次

  1. 1.経営共創基盤に転職するには?内定者に選考のポイントを聞いてみた
  2. 2.経営共創基盤の転職に関わる会社概要や企業情報
  3. 3.経営共創基盤に転職した人の待遇や労働環境は?
  4. 4.経営共創基盤の転職に関する評判・口コミは?
  5. 5.経営共創基盤の選考情報
  6. 6.経営共創基盤の採用情報
  7. 7.圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  8. 8.経営共創基盤への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

経営共創基盤に転職するには?内定者に選考のポイントを聞いてみた

出典: https://www.igpi.co.jp/

経営共創基盤への転職をお考えでしょうか。
経営共創基盤の転職難易度は、転職者の出身業界に関する実践的かつ高難易度なビジネスケースと長期的なプロジェクトへの参画可能性を検討されるため、非常に高いです。

未経験から転職される場合は、他のコンサルティングファームで新卒から働いている方と比較して、何をPRできるか、しっかり考えた方が良いでしょう。
また、会社の特徴やビジネスモデルをしっかりと理解してアピールするなど、中途採用で無事内定を獲得した後の働くイメージを、しっかり伝えるようにしましょう。

経営共創基盤の会社概要や特徴

経営共創基盤はBCG出身の著名な経営コンサルタントである冨山和彦氏が創業した、国内トップクラスの経営コンサルティングファームです。
産業再生機構出身の創業メンバーが多いため、特に事業再生・政府案件の分野を得意領域としているという評判のあるファームです。

従来型の戦略コンサルティングファームと異なり、ハンズオン型で経営戦略策定だけでなく実行まで参画することで価値を出していくタイプのコンサルティングファームです。
これは現在ではコンサルティング業界の主流となりつつあるスタイルでもあります。

各分野のプロフェッショナルが集っているファームであり、それらの知見を統合してクライアントの価値創造のために難易度の高いプロジェクトを実行しています。
コンサルティングファーム出身者だけでなく、弁護士や会計士など社員の方のバックグラウンドは多様です。

経営共創基盤に内定した人の選考体験はインテリゴリラで

内定者が語る経営共創基盤で内定を獲るための3つのポイント

インテリゴリラが独自に経営共創基盤の内定者にインタビューした選考情報によると、上記の3点の情報を抑えておいた方が良いようです。

経営共創基盤では、基本的にプロジェクトが中長期のものがメインとなります。実際にクライアントと一緒に働くことを考えて、ビジネスマナーや見え方のところを実は見ています。コンサルタントでこういった基本的なことを指摘されることはあまりないため意外に感じられるかもしれませんが、求められる水準は非常に高いです。
例えば自動車メーカー出身者の場合は、自動車の生産管理や部品の調達等、実に深い専門性のある知識が求められます。ご自身がいらっしゃる業界だからとあまり対策をせずにトライすると、面接官の造詣の深さや専門性の高さに何も回答できなくなります。
また、上記のように中長期のプロジェクトをすることとなるため、求められる経験もそれに近しいエピソードを用意する必要があります。特に現職の期間が短い方については、行った施策が長期的な目線で見た場合、どういった貢献ができたかは自己分析しておいた方が良いでしょう。

実際に転職の面接で、何を聞かれたかといった内容は一般には公開されておらず、貴重な内定者の生の声が聞けるサイトは特に重宝しましょう。
実際の面接内容や、内定者の経歴が詳細に書かれている、インテリゴリラを利用してみるのはいかがでしょうか。

経営共創基盤の選考体験記はコチラ
 

経営共創基盤/戦略コンサルタント/Vol.1 | インテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

経営共創基盤の転職に関わる会社概要や企業情報

Photo byStartupStockPhotos

経営共創基盤はクライアントの長期的な価値創出のためにハンズオン型で支援する経営コンサルティングファームです。
経営共創基盤は従来国内を中心にクライアントを拡大してきましたが、現在では上海、シンガポール、ハノイにもオフィスを設けて海外にも進出しています。

本章ではハンズオン型支援を行う経営共創基盤の企業情報や提供しているサービス、プロジェクト事例などを紹介します。

経営共創基盤の会社概要

経営共創基盤の会社概要

社名 株式会社 経営共創基盤 Industrial Growth Platform, Inc.(IGPI)
住所 〒100-6608
東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 グラントウキョウサウスタワー8階
事業内容

長期的・持続的な企業価値・事業価値の向上を目的とした『常駐協業(ハンズオン)型成長支援』/成長支援や創業段階での支援あるいは再生支援など、企業や事業の様々な発展段階における経営支援を実施

資本金 31億円
代表パートナー 村岡 隆史 代表取締役CEO
カンパニー ・IGPIカンパニー
・ものづくり戦略カンパニー(製造業特化型)
従業員数 プロフェッショナル220名、グループ合計5,200名


株式会社経営共創基盤は2007年にBCG出身の冨山和彦氏が創業した経営コンサルティングファームです。
コンサル関係者の間では、IGPIという呼称もよく使われています。
従業員数220名に対してパートナーが18名と少数精鋭な印象のあるファームと言えます。

ハンズオン型で経営支援を行うという触れ込みのとおり、グループ会社や出資先も多様です。
例えば、グループ会社のみちのりホールディングスでは公共交通事業体の価値向上に努め、南紀白浜エアポートでは空港運営事業に取り組んでいます。

産業再生機構出身の冨山和彦氏が創業したファームということもあり、政府系案件が多いファームです。
東京だけでなく、シンガポール、上海、ハノイにも拠点を設けているため、最近では海外案件も増えてきているという評判があります。

 

経営共創基盤の提供しているサービス

経営共創基盤は、戦略から実行までをクライアントと一緒に手掛けるハンズオン型の経営コンサルティングサービスを提供しています。

コンサルティングサービスを提供している領域としては、「ものづくり」、「ベンチャー支援」、「AI・ビッグデータ」、「最先端テクノロジー」、「M&Aアドバイザリー」、「クロスボーダー」、「事業再生」などがあります。

前述したように、交通事業や地方空港の経営など難易度の高い実業の経営も行っています。
コンサルティングだけでなく実業も経営していることが、ハンズオン型経営コンサルティングファームとしての説得力を担保しています。

経営共創基盤が手掛けるプロジェクト事例

経営共創基盤のプロジェクト事例を紹介します。
従来より評判のある事業再生の領域では、「製造業における構造改革プランの策定」や「海外拠点のリストラクチャリングの陣頭指揮」など、難易度の高いテーマを手掛けています。

また、経営コンサルティングファームに入社するなら一度は経験してみたい「全社成長戦略の立案と実行支援」のような、戦略コンサルティングファームならではの難易度が高い花形プロジェクトも手掛けています。

ITに強い総合系コンサルティングファームが得意としている領域である、デジタルトランスフォーメーション分野の案件も増えてきていると評判です。

経営共創基盤に転職した人の待遇や労働環境は?

Photo byQuinceCreative

経営共創基盤の待遇や労働環境はどのようなものなのでしょうか。
一般的には、「経営コンサルティングファームの労働環境は過酷だが、年収などの待遇は良い」という評判がありますが、IGPIについてはどうなっているのか、本章で解説します。

経営共創基盤の年収や福利厚生などの待遇

経営共創基盤の待遇を年収と福利厚生に分けて紹介します。
経営コンサルティングファームの中でもトップの年収水準を誇るのは戦略コンサルティングファームです。
戦略コンサルよりの高待遇なファームであると評判の経営共創基盤の待遇の実態を本章で深堀りします。

経営共創基盤の平均年収

経営共創基盤の推定平均年収は1,079万円です。
経営共創基盤の平均年収は同業他社と比べて高く感じますが、これはそもそもの社員数が少ないことが理由でしょう。
少数精鋭なため、社内に残っている人材の多くが年収1,000万円以上のようです。

年収水準は以下のようになっています。
 

職位 年収
アソシエイト 500万円〜
シニアアソシエイト 700万円〜
アソシエイトマネジャー 1,000万円〜
マネジャー 1,300万円〜
ディレクター 1,700万円〜2,500万円
マネージングディレクター 不明

事業会社では到達する難易度が高い年収1,000万円のラインを軽く超えることができます。
転職難易度が高い割には他の外資系戦略コンサルや、外資系金融と比べると年収が見劣りするという評判もありますが、それでも高年収に違いはありません。

経営共創基盤の平均年収はいくら?気になる口コミなど徹底解説!のイメージ
経営共創基盤の平均年収はいくら?気になる口コミなど徹底解説!
経営共創基盤への難易度の高い転職で気になる年収・残業や評判・口コミなどを紹介します。年収が高いと言われるコンサル業界で、交通事業経営/地方空港運営やファンドに近い事業も行なっています。他とは違うユニークな経営共創基盤へ転職をお考えの方は必見の内容です。

経営共創基盤の福利厚生

経営共創基盤の福利厚生について紹介します。
経営共創基盤は社会保険完備、通勤手当全額支給などの基本的な制度の他、総合系コンサルティングファームなどにはない社宅制度もあり、福利厚生は充実している方だと言えます。

また、経営共創基盤は研修制度も充実しています。
入社時研修や定例研修、VODプログラム、留学支援制度など、各種支援を通じて人材育成に力を入れています。

特に留学支援制度は難易度が高くとも経営共創基盤に転職するだけの価値がある制度です。
社員として在籍しながら留学することが可能な制度です。

男性

男性

必ずしもMBAを取る必要があるわけではありません。
LLMやMPAなど、コースは自分で選択できます。

経営共創基盤の残業時間やワークライフバランスなどの労働環境は?

経営共創基盤の労働環境は、事業会社と比較すると激務ですが、他のコンサルティングファームと比較した場合には、相対的に働きやすいという評判がありました。

コンサルティングファームなので、プロジェクトや上司によって稼働時間が変わるのは仕方ありません。
経営共創基盤の場合も終電を逃したり、週末を返上して働かなければいけない場面もかなりあるようです。

経営共創基盤の残業時間

経営共創基盤の残業時間は、前述のとおりプロジェクトや上司次第です。
ただし、他のコンサルティングファームや企業と同様、職位の階層を上がっていくほど、コントロールが効くようになっていきます。
終電以降まで残って作業するようなプロジェクトは少なくありません。

経営共創基盤のワークライフバランス

ワークライフバランスを最重要視している人は経営共創基盤への転職を目指している方ではあまりいるとは思えませんが、そういった方には向いていない企業と言えるくらい労働時間は長いです。
基本的にはプライベートのコントロールは効かないと思った方が良いでしょう。

コンサルティング業界でもワークライフバランスの良さを標榜しているファームが最近出てきましたが、基本的にはワークライフバランスという概念自体、「クライアントファースト」を是とするコンサルティング業界とは相入れません。

経営共創基盤は激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!のイメージ
経営共創基盤は激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!
経営共創基盤への中途採用の為に、年収・激務・残業などの評判・口コミなどを紹介しています。激務と言われるコンサルティング業界ですが、当社の実態についてはいかがなものでしょうか。経営共創基盤への中途採用をお考えの方は、激務についての当記事は必見です。

経営共創基盤の転職に関する評判・口コミは?

出典: https://www.igpi.co.jp/career/

経営共創基盤は創業者の冨山和彦氏をはじめ、パートナーにコンサルティング業界のスターコンサルタントを多数抱えるコンサルティングファームです。
各種ビジネス系メディアへの出演も多いパートナーの塩野誠氏をはじめ、多数のスターコンサルタントが名を連ねています。

特に創業者の冨山和彦氏は難易度の高いプロジェクトをいくつも成功させてきたトップコンサルタントです。
JALをはじめとする国内トップクラスクライアントの企業再生案件を数々成功させてきました。
冨山氏個人のコンサルタントとしての評判も経営共創基盤の名声を高めています。

上記のように、タレントを抱えるコンサルティングファームとしての経営共創基盤の評判は揺るぎないものですが、社員として働く際の評判・口コミはどのようなものでしょうか。
本章では待遇や仕事のやりがい、社員の雰囲気についての評判を紹介します。

経営共創基盤の待遇について

経営共創基盤の待遇については上述しました。
それを社員の方がどう感じているかについてですが、経営共創基盤は新卒で入社する難易度も、転職難易度も高い割に、給与が安いと感じられているようです。
賞与は年一回支給と決まっています。

経営共創基盤の新卒入社難易度は、国内大手総合商社や、外資系戦略コンサルティングファーム、外資系総合コンサルティングファームなどに匹敵します。
それらの企業のうちのいくつかは経営共創基盤よりも高い年収レンジを確保しているため、低く感じることもあるようです。

事業内容に共感して経営コンサルティングファームの中でも特に経営共創基盤に魅力を感じるという方には良いですが、年収や待遇に魅力を感じてコンサルティングファームを目指すのであれば、他の外資系コンサルティングファームを目指す方が良いかもしれません。

仕事のやりがい・成長について

経営共創基盤は、コンサルティングファームの中でもハンズオン型の実行支援を得意とするファームなので、実行支援にまで携わることができることにやりがいを感じる社員の方は多いようです。
特にクライアントから感謝の言葉をもらった時にやりがいを感じるとのことです。

また、経営共創基盤は大企業向けコンサルティング以外にも企業再生支援やベンチャー投資など、幅広い領域でサービスを提供しているため、多様なキャリアパスがあることを魅力に感じている方も多いようです。

男性

男性

研修や社内の上位メンバーからの指導によって、コンサルタントとしての成長を支援してくれる体制があり、そこに魅力を感じている社員も多いようです。

社員の雰囲気について

経営共創基盤の社内は、コンサルティングファームらしく非常に自由で風通しの良い環境があります。
新卒社員レベルでもパートナーに自由に意見できます。
また、社員の方々は人間的に成熟した方が多く、とても仕事しやすい環境があります。

創業者の冨山和彦氏の実績を慕って入社された社員の方も多いため、自由でありながらもまとまりもあり、非常にバランスの良い組織になっているようです。

男性

男性

一部のコンサルティングファームのようにギスギスした雰囲気はありません。

経営共創基盤の選考情報

[引用元:https://www.igpi.co.jp/career/]

転職難易度が高いと評判の経営共創基盤の選考情報について紹介します。
少数精鋭型のファームのため、転職プロセスも非常に厳しいものと想定されます。
本章の内容を最後までご覧いただき、難易度の高い選考プロセスを通過するためにぜひお役立てください。

経営共創基盤の選考フローと面接内容

経営共創基盤の選考フローは一次面接、筆記試験(Webテスト)、二次面接、最終面接というものです。
一次面接からマネージャーとの面接が始まります。

コンサルティングファームの転職面接と言えば「ケース」が取り上げられがちですが、経営共創基盤の面接では前職の経験をビジネスモデルという視点から俯瞰して聞かれることが多いので、あらためて前職での経験や得た知識などを棚卸ししておく必要があります。

より具体的な選考情報を知りたい方は、実際の転職成功者の口コミを集めた転職口コミサイトのインテリゴリラでご覧いただくのがおすすめです。

経営共創基盤の面接傾向と質問例

面接の質問としては、「転職志望者の方の前職のビジネスモデルや業界の概観の説明」、「ケース」、「逆質問」、「志望理由」などが聞かれるようです。
コンサルティングファームの面接でよく聞かれるような質問が多いので、コンサル対策の転職本などを見て研究するのがおすすめです。

一次面接、二次面接までは穏やかに行われることも多いようですが、最終面接ではかなり詰められる場面もあるとかないとか。
コンサルティング会社への転職経験者は同じような場面を他のファームの面接でも経験されているかと思いますが、焦らず受け答えすれば問題ありません。

男性

男性

経営共創基盤の面接の傾向は特殊なものではなく、他のコンサルティングファームの面接対策をしていれば準備はそこまで難しいというほどではないでしょう。

経営共創基盤の求める人物像

経営共創基盤が求める人物像は、以下の3つの資質を持つ人材であるとホームページ上で公表されています。

求める人物像

  • 成果へのコミットメント
  • プロアクティブ、チャレンジ・成長志向
  • 高い人間力・チームワーク

ピュアな戦略コンサルティングファームと異なり、特にハンズオン型の経営支援を得意とするファームなので、「高い人間力・チームワーク」の項目は重視されるでしょう。
実際に現場で人を動かせる人間力がなければ、通用しないファームだからこその項目です。

経営共創基盤の採用情報

Photo byFree-Photos

経営コンサルティングファームの中でも少数精鋭で、転職難易度が高いと評判の経営共創基盤の採用情報を紹介します。
コンサルティングファームへの転職を希望している方はぜひご覧ください。
あなたにマッチした希望職種の求人が出ているかもしれません。

経営共創基盤の募集職種

経営共創基盤の募集職種は全て「経営コンサルタント」です。
ですが、以下の領域ごとに中途採用者を募集しているので、あなたの得意領域で応募してみてください。

  • IGPIカンパニー
  • ものづくり戦略カンパニー
  • IGPIビジネスアナリティクス&インテリジェンス
  • 日本共創プラットフォーム(JPiX)
  • みちのりホールディングス
「みちのりホールディングス」に応募した場合は、経営コンサルタントとしてよりかは、リアルな経営人材として活躍することになります。

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

経営共創基盤への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

経営共創基盤は国内でも屈指のスターコンサルタントを抱えた、ハンズオン支援を得意とする経営コンサルティングファームです。

前述したとおり、転職難易度は当然高いです。万全の準備で転職面接に臨むためにも、コンサル転職に強い転職エージェントのサポートを受けてしっかりと対策されることをおすすめします。


また、その他の企業の選考情報も知りたい方には転職情報サイトのインテリゴリラの利用がおすすめです。
内定者から聞いた選考体験記など、非公開の情報があるので他の転職希望者に大きく差をつけることができます。
併せて確認しましょう。
=================================================================
経営共創基盤の面接でよく聞かれる質問は?
経営共創基盤の選考体験記はこちら

=================================================================

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング