日本経営へ転職する人の特徴や内定者の口コミとは?評判や採用情報も!

日本経営へ転職する人の特徴や内定者の口コミとは?評判や採用情報も!

日本経営は1967年に設立された、医療・介護業界に特化したコンサルティング会社です。業界シェアは売上ベースで首位を保持しており、知名度も高い会社です。今回の記事では、その知名度の高い日本経営に転職すべきか、評判や採用情報などとあわせてを詳しく解説します。

記事の目次

  1. 1.日本経営へ転職すべき?
  2. 2.日本経営の企業情報を詳細に解説
  3. 3.日本経営の評判・口コミ
  4. 4.日本経営の採用情報
  5. 5.日本経営に転職したい方への求人情報
  6. 6.日本経営への転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

日本経営へ転職すべき?

Photo byRonaldCandonga

現在日本経営への転職を検討している方は、日本経営へ転職すべきだといえます。その理由として日本経営は、医療介護業界に特化した老舗コンサルティング会社、男女関係なく活躍できる環境が整備され働きやすいと評判というものがあげられます。

まず1つめの理由として、日本経営には1967の設立以来、日本全国の医療・福祉施設、企業に対して、経営改善、人事制度設計、財務管理、リスクマネジメントなどあらゆる側面からコンサルティングサービスを提供してきた実績があります。高い信頼を得ている日本経営のグループ社員は2,000名を越えており、業界屈指のコンサルティングファームといえるでしょう。そのため、日本経営への転職希望者も多く人気が高いため、転職すべき会社だといえます。

2つめの理由として、日本経営には新商品開発コンテスト、語学留学制度、大学院通学制度、社内異動制度といった「好奇心」を原動力に、様々なことにチャレンジできる環境があります。男女や年齢は関係なく好奇心とチャレンジ精神されあれば誰でも活躍できます。また、日本経営は若手にも比較的大きな裁量を与えて任せる風土があるため、能力がある人は入社後すぐに活躍できます。そのため、日本経営へ転職すべきだといえます。

その他、日本経営は中途採用を随時行っているため、応募できる機会が多くあります。また、さまざまな職種で募集しているためトライしやすいともいえます。

日本経営のように、人気の企業は入社難易度が高くなります。企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握する必要があります。
そのためにもインテリゴリラの利用をおすすめします。インテリゴリラでは、入社難易度の高い企業の有益な転職情報をお伝えしています。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

日本経営の企業情報を詳細に解説

Photo bycegoh

日本経営は1967年に設立された、医療・介護業界に特化したコンサルティング会社です。業界シェアは売上ベースで首位を誇ります
日本経営の会社概要は以下の通りです。

会社概要

本社所在地 (大阪本社)大阪府豊中市寺内2-13-3(日本経営ビル)
(東京本社) 東京都品川区東品川2-2-20(天王洲オーシャンスクエア22F)
代表者 代表取締役会長 藤澤 功明
代表取締役社長 平井 昌俊
設立 1967年
資本金 約21億円
売上 連結244億円(日本経営グループ全体として/2016年度)
従業員 連結1,314名、単体112名(平均年齢31.5歳/2017年3月)
事業内容 経営・戦略など各種コンサルティング業務

日本経営の事業内容

次に日本経営の事業内容を紹介します。
日本経営は「事業戦略・経営コンサルティング」「組織戦略コンサルティング」の2つを主力ビジネスとなっています。
事業内容の「保険・医療・福祉機関の事業戦略・経営改善のコンサルティング」の領域では、「病院建替え」「病床再編」「JCI認証支援」「生産性向上支援」「DPCデータ」「M&A支援」となっています。
「企業・保険・医療・福祉機関の組織戦略コンサルティング」の領域では、「人事マネジメントシステムの設計・導入」「医師人事マネジメントシステムの設計・導入」「第三者評価認証所得支援」「組織活性化の測定・支援」「管理者研修・スタッフ研修」「人材開発・組織開発」となっています。

日本経営のトップメッセージと事業計画

日本経営は、「未来の社会を見据えて社会の成長発展に貢献するー私たちは将来世代にわたって、社会が良くなるように、医療、介護、自治体、企業など様々な方の経営支援や戦略策定をサポートいたします」というメッセージを企業HPで出しています。

日本経営代表の平井氏は、国が掲げる成長戦略の一つであるヘルスケア産業の分野において、日本経営がこれまで国際化を鑑み、国内で先駆けて第三者評価による国際規格の認証支援などの取り組みを行ってきたと述べています。今後の事業計画についても、「今後もグローバリゼーションは一層進むと予見いたします。アジア諸国は人口40億人となり、経済などに於きましても世界を牽引していく規模となっています。各国、文化や制度などの違いはありますが、新たな氣づきをもとに果敢に国際化に向けた扉を開いて参ります」と述べています。
このことから、今後の日本経営がさらに国際化へ向け積極的に事業に取り組んでいくことがわかります。

日本経営のグローバル展開について

日本経営は2013年から海外出向制度をスタートし、現在(2019年時点)までにタイ・フィリピン・ベトナムに社員を派遣し事業を展開しています。また、日本経営には海外語学研修制度(フィリピン等)があります。

日本経営の評判・口コミ

Photo bygeralt
男性

男性

独特の文化があり、なれるまでに少し時間を要する。体育会系のノリが強いため、文科系の人間には初めは少し違和感があるかもしれない。
創業者が京セラの稲盛和夫に傾倒しており、京セラのフィロソフィーの読み合わせや新入社員は自社でつくっているフィロソフィーを読み感想文を書くなどの課題があったと聞く。
個人成果主義型からチームでの協業重視の評価制度へ変更があり、社風が変わりつつあるが、まだまだ個人成果主義的な思考が残っている。

次に日本経営の評判について、口コミを紹介します。

【組織体制・企業文化】

男性/在籍3年未満/現職/新卒入社 独特の文化があり、なれるまでに少し時間を要する。体育会系のノリが強いため、文科系の人間には初めは少し違和感があるかもしれない。
創業者が京セラの稲盛和夫に傾倒しており、京セラのフィロソフィーの読み合わせや新入社員は自社でつくっているフィロソフィーを読み感想文を書くなどの課題があったと聞く。
個人成果主義型からチームでの協業重視の評価制度へ変更があり、社風が変わりつつあるが、まだまだ個人成果主義的な思考が残っている。

【働きがい・成長】
男性/在籍3~5年/現職/新卒入社 「自分の仕事は自分で決定できる」点に、最も働きがいを感じる。個々人には売上目標が課せられるが、条件はそれくらいであり、その目標をどうやって達成していくかは、自分で選択することができる。
例えば若手コンサルタントであっても、セミナーを開催し新規顧客を獲得する、既存顧客との関係をさらに深めて継続案件に繋げる、プロポーザルに手挙げをする、など、目標達成に向けた業務のバリエーションは様々である。当然若手の場合、営業、受注、納品まですべて一人で完結させることはできないが、そこはチームとしてバックアップする風土が社内にある。
上から業務内容を強制されることはないため、会社の歯車の一部という感覚もない。すべての仕事において、自分が納得して取り組むことができる。

【成長・キャリア開発】
男性/在籍3~5年/現職/新卒入社 (良い面)
社内のキャリアについて。ある程度自分で決定できる。最近では、部署や拠点間の異動も、かなり個人の希望が反映されているように感じる。異動まではいかなくとも、二足のわらじのように他部署・他拠点と連携しているケースもある。転職しなくても様々なキャリアを試せる環境はとても貴重だと感じる。

(悪い面)
仕事内容が自由で強制されないが故に、「とりあえずこれをやっておけば一人前になれる」という道標は存在しない。そのため若手にとっては、キャリア形成に関して不安を感じやすい環境かもしれない。そこはあくまでも自己成長を求められる。先輩や上司も、自分で自分の強みを伸ばして成長してきた人が多いため、ロールモデルがあるようで、ない。


日本経営は現在、組織体制の変革に取り組んでいる際中ではあるものの、個人成果主義的な思考が残っているようです。
働きがいとしては、自分の仕事を決定して取り組める環境であるため、目標達成までの道筋を自由に決められる点が社員に評価されているようです。一方、自由であるが故にキャリア形成に対する不安をも感じやすい環境であるという口コミも見受けれらた。

日本経営の採用情報

Photo bycoffeebeanworks

日本経営は現在多くの職種で中途採用の募集をしています。
次は、日本経営の採用職種や平均年収、労働環境について解説します。

日本経営の採用職種

現在、日本経営では多くの職種で中途採用が募集されています。詳細は以下の通りです。
 

対象者 募集職種
・病院経営・介護経営コンサルティング経験者
・上記以外のコンサルティング経験者で、ヘルスケア業界にご関心をお持ちの方
・病院勤務経験者で、経営コンサルティングにご関心をお持ちの方
・病院において10年以上の経営企画責任者の経験をお持ちの方
・製薬会社出身者(MRの方など)で、経営コンサルティングにご関心をお持ちの方
・医療機器メーカー出身者で、経営コンサルティング会社にご関心をお持ちの方
・金融業界の法人営業経験者で、経営コンサルティングにご関心をお持ちの方
・公認会計士、税理士、中小企業診断士、社会保険労務士で、経営コンサルティングにご関心をお持ちの方 
・ICT・システム関係者の方でヘルスケア業界にご関心をお持ちの方
・財務会計コンサルタント        
・医業・介護経営コンサルタント
・戦略・M&Aコンサルタント
・組織人事コンサルタント
・ITコンサルタント
・リスクマネジメントコンサルタント
・その他専門コンサルタント

日本経営の平均年収

日本経営の平均年収は550万円です。日系コンサルティング会社としては平均的あるいはやや低めとなっています。

給与は年功序列的とされていますが、コンサルタントの仕事は個人成績に応じたインセンティブも存在します。昇給のチャンスは年1回(10月)、賞与は年2回(7月, 12月)支給されます。
日本経営の福利厚生は、大企業並みに完備されています。日本経営には独身寮や住宅補助に加えて、持株会、社内預金、持ち家支援制度社員、社内保育園などもあり、非常に充実しています。

日本経営の労働環境

日本経営の平均時間は月60時間程度となっています。これは、例えば競合他社のタナベ経営( 月約45時間)などと比べると残業は多めという結果になります。

日本経営に転職したい方への求人情報

Photo bycoffeebeanworks

現在、日本経営では中途採用を募集しています。職種は先にも述べた通りです。
提出書類は履歴書・職務経歴書です。選考方法は面接、適性検査、課題提出となっています。
日本経営の転職の待遇と勤務について以下の通りです。
 

給与 経験・スキルを考慮し、当社規定により決定
賞与 年2回(7月・12月)
※個人の成果・業績を賞与に反映
諸手当 交通費全額支給
昇給 年1回(10月)
勤務地

「本社」
大阪府豊中市

「支社」
東京都品川区
福岡市博多区

札幌市中央区

愛媛県松山市

勤務時間 8:30~17:30

(平成23年度より変形労働時間制採用)

休日休暇 週休2日制(土・日曜日)・祝日・慶弔休暇・年末年始休暇・有給休暇・資格試験休暇・所属長リフレッシュ長期休暇(1ヶ月間)、育児・介護休暇
保険・福利厚生

<保険>
健康保険・厚生年金保険・雇用保険・労災保険
<福利厚生>
1.制度
健康診断、社内預金、持ち家支援、住宅補助、従業員持株会、生活支援、子育て支援、親孝行融資、永年勤続表彰、退職金ほか
・育児休暇制度も整っており、女性が活躍できる職場です。

2.施設
独身寮、社内保育園(大阪)

3.社内行事
社員旅行、社員家族クリスマス会、各種レクリエーション
・社内イベントあり!

 4.研修
 階層別研修、社内勉強会、社外研修、チャレンジキャリアステップ制度などを通じてトップコンサルタントになるための支援をいたします。

5.留学
 海外、大学院

6.その他
資格取得支援、提携フィットネスクラブ、顧客常駐コンサルティング

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

日本経営への転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

Photo bybertholdbrodersen

今回の記事では、日本経営は【医療介護業界に特化した老舗コンサルティング会社】【男女関係なく活躍できる環境が整備され働きやすいと評判】という理由から、日本経営へ転職すべきという解説をしてきました。
その他、日本経営は現在、中途採用を随時行っており、応募できる機会が多くあるためチャンスが作りやすいです。給与面では平均的でしたが、充実した福利厚生が完備されており、働きやすい職場環境であると評判も高いです。
転職活動をされている方は、これを機に日本経営への転職を検討されてみてはいかがでしょうか。

現在転職を検討されている方には、インテリゴリラの利用をおすすめします。インテリゴリラでは、転職難易度の高い企業の有益な情報をお届けしています
まずは以下のURLより、インテリゴリラをチェックしてみましょう。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
hiroyuki0722
ライター

hiroyuki0722

よろしくお願いします。

関連記事

目次

人気記事ランキング