タナベ経営は激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

タナベ経営は激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

タナベ経営への中途採用の為に、年収・激務・残業などの評判・口コミなどを紹介しています。激務と言われるコンサルティング業界ですが、同社の実態についてはいかがなものでしょうか。タナベ経営への中途採用をお考えの方は、激務についての当記事は必見の内容になっています。

記事の目次

  1. 1.タナベ経営は激務なのか?
  2. 2.タナベ経営の職種と激務度は?
  3. 3.タナベ経営の労働時間や激務度の口コミや評判
  4. 4.タナベ経営社員のその他の評判・口コミ
  5. 5.タナベ経営への転職に転職エージェントを使用する理由
  6. 6.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  7. 7.タナベ経営への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

タナベ経営は激務なのか?

Photo byFree-Photos

タナベ経営の労働環境は、口コミや評判によると激務であると言えます。
タナベ経営は、独立系コンサルティングファームで実力主義を採っており、コンサルティングファームでありながら営業成績を出すべく残業が多くなり、長時間労働の激務になることが多いです。

またタナベ経営の平均残業時間は49.6時間です。
残業時間の節目である30時間を超えていることから、忙しい労働環境であると言えます。
シンクタンク系のコンサルティングファームの平均残業時間は口コミや評判によると約40時間、総合系のファームでは55時間であることを考慮するとコンサルティング業界の中では標準的な激務度であると言えます。

タナベ経営の職種と激務度は?

Photo byFree-Photos

タナベ経営の職種

タナベ経営では複数のコンサルタントが同時にプロジェクトに関与し、事業戦略/収益改革/組織デザイン/経営システムなど、複数の課題テーマごとにチームを編成して、同時並行でプロジェクトを進める「チームコンサルティング」を提供しています。
コンサルタント職の人材が、定期的なミーティング(戦略会議)でディスカッションを重ね、徹底的に検討し、現実の戦略・経営課題に柔軟に対応し、的確な判断で最適な解決策を導き出します
ここではコンサルタント職の激務度を紹介します。

コンサルタント職の激務度

コンサルタントの職種では、下記の特徴から残業が多く非常に激務であると言えます。

コンサルタントの職種の特徴

  • 平均残業時間49.6時間
  • 裁量労働制のため、出来るまで取組み続けなければならない
  • 会社としてのナレッジが少ないため、個々のパワーが必要
  • 日々の業務に忙殺されているので、本来のコンサルタント職として必要なスキルや知識、経験を得る事も少ない
  • 月に数回、金土の泊りがけセミナーを実施(セミナーを売っている会社なので)する為、その準備が大変で代休も取れない

また、クライアントの要求などに対応するため、土日祝日構わず社内でのコミュニケーションを求められます。
ボーナスについても個人の営業成績が直結することから、評判・口コミでも「コンサルティング会社である一方で営業会社」とも言われています。

これらの特徴と残業時間から考えても同社のコンサルタント職は非常に激務であると言えます。

タナベ経営の労働時間や激務度の口コミや評判

Photo byAymanejed

タナベ経営の労働環境の実態について把握するために、ワークライフバランスについての評判・口コミを紹介します。

男性

男性

年間休日数は120日以上あり、安定した休日はありますが、仕事とプライベートをいかにうまく分けられるかは自分次第だと思います。
休日でも仕事をやろうと思えばできてしまう環境なので、自分でメリハリをつけることでワークライフバランスを調整することが大切です。
残業するかしないかも1人で仕事をするようになればある程度自分のペースで決められます。

女性

女性

ワークライフバランスの調整は、非常に難しかったです。
中途入社で苦労しましたが、月に数回、金土の泊りがけセミナーを実施(セミナーを売っている会社なので)するのですが、それの準備が大変です。
セミナーの準備がうまく運ばないと、夜中の2時でも3時でも4時でも残って、責任を持って準備を完成させることになります。
土曜日に開催しているセミナーの分を、平日に振休で休んでいる人は、基本的に見たことがありません。
そんなこんなで、平均の残業時間はとんでもないことになります。

男性

男性

社内打合せが非常に多く、また打合せも意見がまとまらず、時間のみを無駄に消費していることがあります。
昔からいる方達はそれが当たり前なのか特に問題視をしている感も無く、今後改善されていくような事もないです。
会社としてのナレッジは皆無の為、個々のパワーが必要になる為、致し方ないが、ライバル企業等は生産性も向上、かつ利益率も向上している中、完全に遅れを取っている感は否めないです。
日々の業務に忙殺されているので、本来のコンサルタント職として必要なスキルや知識、経験を得る事も少なく、また自己啓発等で社外セミナーや勉強会、交流会等に参加する時間も無く、会社全体の底上げもなかなかなされない状況です。
上層部に中途入社で経験やスキルを持っている方を迎え入れる風土でもない為、結論から言うと、今後も同じような状況が続くと思われます。

タナベ経営社員のその他の評判・口コミ

Photo byStartupStockPhotos

激務の対価である高給には満足している?

下記に年収の満足度についての評判・口コミを紹介します。

男性

男性

年収は基本給が低めですが、出張費を含めて高級になる場合があります。
それは、コンサルティング業務で、ほとんど顧客先に出向くため、毎月の出張費が思いのほか収入源として、多くなっていて、総額としては、それなりの金額となります。

女性

女性

コンサルタント職につくと成果・能力次第でどんどん年収が上がります。
コンサルティング、営業力に関する日々の生産性が点数化されそのまま直結します。
よって、コンサルティングだけではなく、営業力もないと高評価・高年収には結びつかないです。

男性

男性

実力主義の為、良くも悪くも成果によって給与が変わります
上がる時はとことん上がりますし、下がることもありますが、年収1000万キープするのは非常に難しいです。

評価制度も完全に実力主義に裏打ちされています。
とくにキャリア採用の人は年齢や性別関係なく、成果で評価が決まる単純な仕組みです。 その為、なんの成果もあげなくても上司に媚を売るだけで評価や給与が上がることはほぼないと考えた方がいいです。

人間関係や社員の雰囲気について

下記に人間関係や社員の雰囲気についての評判・口コミを紹介します。

男性

男性

会社自体はかたい雰囲気がありますが、社員のタイプは様々です。
昔ながらの体育会系の人もいれば、新しい働き方を取り入れようとする人もいたり、人それぞれの働き方を見ていると少し面白いです。
コンサルタントは働くうえで向き不向きが分かれる仕事ですが、会社としては安定しているので安心して働き続けられます。

女性

女性

事業所と本社では雰囲気がまったく異なります
また、会社数の多い東京、大阪では、クライアント先が多くなりますので、お盆や正月も返上しないといけないほど業務を抱えます。
一方、地方の事業所はのんびりとした様子です。

東京、大阪の事業所の経営コンサルタント職の社員は非常に多忙で、それは、少数精鋭をとっていることによります
その理由は、自身の経営状態が悪ければ、顧客への説得力がないためです。
従って、経営コンサルタントは、多数のクライアントを抱えながら、なおかつ、生産性、効率性を求められます。
また、有能なコンサルタントには、どんどん仕事が舞い込みますので、長が業務の振り分けをきちんとしてくれる折衝、発言力がなかったりすると、同僚内での雰囲気が悪くなったりすることもありしました。

男性

男性

よく言えば、実力主義、悪く言えば、個人事業主の集まりのような側面もあります。
ただ、新入社員でも、中途入社の場合でも、エルダーという先輩社員が付いてくださるので、わからないことを聞いたり、基本的な事をおしえていただいたりできて安心です。
コンサルタント(社内資格)になるための道筋もしっかりしており、研修もあるので、教育ということについてはやはり一流であり、セミナーを売っているコンサルファームだけのことはあります。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

下記に仕事のやりがいや成長環境についての評判・口コミを紹介します。

男性

男性

仕事のやりがい:
責任のある仕事を任せてもらえると大変な反面、働きがいを感じます。
給料も同世代の同性と比べると全然もらえていると思ってます。
あとは人相手の仕事ですので、クライアントから感謝されたときには働いてる意味を実感できます。

成長環境:
様々な研修会などの研修制度が用意されており、とくに新卒採用者は年を追うごとに成長していける環境が整っています
そこら辺はさすが上場企業と言う風に思います。
若いうちから様々なことにチャレンジできるので、本人のやる気次第でキャリアアップしていくことができます。

男性

男性

仕事のやりがい:
やはり感謝してもらえた時、仕事を覚えていくこともやりがいです。
コンサルタントとしての知識は、すぐに習得できるものではなくOJTや研修を通して身に付いていっており、自分の成長を感じられることも今はやりがいになっています。
近い将来、1人で提案をしても、多くの方から信頼されるようになる未来が見通せます。

成長環境:
1年目はエルダー制度といって、教育係が必ず1人ついてくれます。
その為、放置されたり分からないことを誰に聞いたらいいか分からないといった現象もおきませんでした。
まだまだ私自身成長過程ですが、バリバリ働きたいという思いでコンサルティング会社に入ったので、女性で役職についている人を見て、私も負けていられないと思っています。

女性

女性

仕事のやりがい:
自分の成長が身にしみてわかり、営業成績がものを言う会社なので給料が増えていくことが成長したという証であり、やりがいに繋がります。

成長環境:
高いコミュニケーションスキルが身に付く為、転職してもだいたいの対人業務はできると言える。
コンサルの知識だけでなく営業力も身に付き、プライベートの場においても、コミュニケーションスキルが高いのは役に立ちます。

タナベ経営への転職に転職エージェントを使用する理由

Photo byjaneb13

タナベ経営への転職成功のコツは、転職エージェントを活用することです。
転職エージェントを使うべき理由は下記の3点です。

転職エージェントを使うべき理由

  • 独自の非公開求人をもらえる可能性がある
  • 業界/企業に特化した対策(職務経歴書・面接など)が可能
  • 年収アップなど待遇の交渉もお願いできる

理由1:非公開求人を紹介してもらえる可能性がある

転職エージェントは、転職サイトや企業採用ページに載っていない「非公開求人」を大量に保有しています。
非公開求人とは、事業戦略上などの理由で表立って募集できないが、こっそり優秀な人材を採用したい企業が、エージェントに依頼する求人です。
年収が高く、ポジションがハイグレードであるケースが多いです。
大手の転職エージェントであれば、タナベ経営の非公開求人を保有している可能性があります

さらに、非公開求人の募集がなかったとしても、あなたのスキルが高ければ「こんな人材がいるのですが、採用しませんか?」と、転職エージェントが企業に営業するケースも多々あります。
タナベ経営の公式ホームページや転職サイトを見て「特に転職したい求人がない」と思ったとしても、諦めずにエージェントに相談して非公開求人を探すことを推奨します。

理由2:タナベ経営や業界に特化した対策が可能

転職エージェントでは、今までの多くの転職希望者を中途採用で採用企業へ転職させており、大手企業志望であればあるほど、その成功体験を分析して、選考を突破するノウハウを蓄積しています。

具体的には、過去どのような人材が受かったのか、またその時にどのような質問をされてどのように回答したかといったデータを、大手の転職エージェントであれば持ち合わせて、日々分析しています。
そのデータの分析結果をもとにした模擬面接や、志望動機や質問に対する回答をあなたと一緒に考えてくれるのです。
特に今回の、タナベ経営のような独立系のコンサルティングファームでは、選考フローでケース面接やフェルミ推定などの特異なフローがあり、エージェントとの模擬面接は必要不可欠であると言えます。
また、転職エージェントによっては面接担当者の名前や人柄、担当者が好む人材像を事前に教えてくれるところもあるため、他の候補者よりも圧倒的に有利に面接を進めることが可能です。

その他、面接では伝えきれない転職者の魅力を、人事に別ルートで営業してくれます。
転職エージェントは多くの場合、面接が終わった後に人事担当者と連絡をとっており、その際に面接では伝えきれないあなたのスキルや魅力を、人事にプッシュしてくれています。
あなたが面接で思うように話せず、本来落ちていたところを、エージェントの営業力で面接を通過にすることは日常的に起きています。
正しいエージェントを選べば、その点で圧倒的に有利に転職活動を進めることができます。
逆を言えば、交渉力の低いエージェントを選んでしまうと足手まといになることすらありますので、エージェント選びはしっかり行いましょう。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でにコンサルティングファームに内定したい方はこちら。

理由3:年収アップ等の交渉も依頼できる

年収の交渉を個人で行うのは、非常に難しいです。
「どのタイミングで言えばいいんだろう…?」と交渉の余地すらないことがほとんどです。
なぜなら中途採用の場合、個人経由での応募は最終面接の場で入社同意書を書かされることがほとんどだからです。
中途採用の人材斡旋を行う転職エージェント経由であれば、最終的な回答は、面接後にエージェント経由で伝えることができますので、その時に年収交渉をしてもらうことが可能です。
少しでも中途採用において、良い条件で転職したければ、転職エージェントを使いましょう。

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 掲載企業一覧はこちら

タナベ経営への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

タナベ経営への転職のために、年収、激務かどうか、残業、評判・口コミなどについて、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

タナベ経営は、1957年に創業された日本を代表する独立系経営コンサルティングファームです。
2005年には、東証一部に上場を果たし、過去6年間では増収増益を達成し、社員数も右肩上がりで増えている大変勢いのある企業です。
現在経営理念として掲げている「ファーストコールカンパニー」を着実に実行し、100年先もクライアントから一番に選ばれる企業になるべく業績も成長しているので、非常に刺激のある環境下で仕事ができます
しかし、同社への切符を掴むには高難易度の選考を突破しなければなりません

そんな高難易度の選考が評判のタナベ経営へ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、タナベ経営のような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高い面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

より準備を万全にしたい方は、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。
本気でコンサルティングファームに内定したい方はこちら

亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング