A.T.カーニーは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

A.T.カーニーは激務?残業やワークライフバランスなどを徹底解説!

A.T.カーニーに転職するにはどのような人材になれば良いのでしょうか。また、激務という噂は本当なのでしょうか。本記事では、気になるA.T.カーニーの年収や企業としての評判、残業や激務なのは本当かどうかなど、転職希望者の方に役立つ情報をお届けします。

記事の目次

  1. 1.A.T.カーニーの企業情報
  2. 2.A.T.カーニーは激務なのか?
  3. 3.A.T.カーニーの労働時間や激務度の実態
  4. 4.A.T.カーニー社員の評判・口コミ
  5. 5.激務でハイレベルなA.T.カーニーへの転職に向いている人物像
  6. 6.A.T.カーニーに転職したいならおすすめの転職エージェント
  7. 7.転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト
  8. 8.A.T.カーニーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

A.T.カーニーの企業情報

[引用元:https://www.jp.kearney.com/]

A.T.カーニーは数ある外資系コンサルティングファームの中でもトップクラスのファームです。戦略コンサルティングファーム御三家であるMBB(マッキンゼー、BCG、ベイン)と並び称されることもあります。2020年からグローバルブランド名を「A.T.Kearney」から「Kearney」に変更しました。

1926年に米国シカゴでマッキンゼーのシカゴオフィスが分離独立する形で創設されました。世界41ヵ国と地域に63拠点を設け、グローバルの社員数は約3,600名、日本オフィスの社員数は約200名と少数精鋭なスタイルの戦略コンサルティングファームです。

日本法人会長の梅澤高明氏をはじめ、メディアに出演するトップレベルのスターコンサルタントが多数在籍しています。梅澤氏はテレビ東京の番組「ワールドビジネスサテライト」でコメンテーターとしても活躍されており、目にしたことがある読者の方も少なくないでしょう。

A.T.カーニーの特徴

A.T.カーニーの最大の特徴はコスト削減分野などのオペレーションコンサルティングの分野に強いという評判があることです。A.T.カーニーは単なる戦略コンサルティングファームではなく、オペレーションコンサルティングとあわせてクライアントの価値向上に貢献できるファームです。

他の外資系戦略コンサルティングファームと異なり、クライアントに常駐しながら価値を出していくスタイルのコンサルティングファームなので、戦略を描くスキルだけでなく、「クライアントをどうやって動かすか」という部分のスキル、つまりマネジメント能力が身につきます。

若手社員にも積極的に仕事を任せるので、優秀な若手コンサルタントが多く在籍しています。若手の頃から活躍してグローバルに通用するビジネス力を付けたいという方にはうってつけのコンサルティングファームと言えるでしょう。

A.T.カーニーの事業内容

A.T.カーニーは経営コンサルティングサービスを提供する外資系戦略コンサルティングファームです。評判のあるコスト削減領域以外にも幅広い領域でコンサルティングサービスを提供しています。

A.T.カーニーが最も得意としていて顧客基盤をガッチリと押さえているのはエネルギー業界であるという評判があります。他のコンサルティングファーム同様、業界プラクティスとサービスプラクティスの縦軸と横軸でサービスラインが成り立っています。

A.T.カーニーのクライアントには日本を代表するようなクライアントが多く、大きなやりがいを持ってコンサルティングできるでしょう。クライアントからのリピート率も高いと評判なので、長期的な視座を持ってコンサルティング業務に臨めます。

A.T.カーニーの直近の業績

2019年のA.T.カーニーのグローバル全体の売り上げは1,400,000,000ドルです。日本円にして1,000億円以上の売り上げがあることになります。一方で、A.T.カーニー日本法人の売り上げは公表されていません。

コンサルティング業界の中では売り上げは決して多い方とは言えません。グローバルでトップの売り上げを誇るのはアクセンチュアです。また、ピュアな戦略コンサルティングファームの中でグローバルでトップの売り上げがあるのはマッキンゼーです。

しかしながら、A.T.カーニー日本法人は社員数が少ないながらも強固な顧客基盤を持っていると評判なため、業績は堅調に推移していると予測されます。A.T.カーニーの顧客のリピート率は非常に高いという評判もあり、業績に関しては問題ありません。

A.T.カーニーのトップメッセージと今後の事業展開

A.T.カーニーのトップメッセージと今後の事業展開を紹介します。A.T.カーニーの現トップは2020年1月1日付けで38歳という若さにしてA.T.カーニー日本法人の代表取締役に就任された関灘茂氏です。関灘氏は史上最年少の若さで代表取締役に就任されました。

関灘氏が志しているA.T.カーニーのこれからのあり方を知れば、A.T.カーニーに転職したいという希望をお持ちの方にもきっと役立つはずです。

トップメッセージ

A.T.カーニー日本法人代表取締役の関灘氏のメッセージより、転職希望者のあなたに役立ちそうな部分を引用して紹介します。

「KEARNEYの日本オフィスに在籍する20代・30代のコンサルタントが、KEARNEYをキャリア形成の足場として、留学・出向・海外オフィストランスファー・NPO設立などによる兼業など多様な選択肢を持ち、“尖った個” へ、創造と変革のリーダーへと成長することを後押しする

A.T.カーニーのトップは、日本オフィスのコンサルタントに対して「尖った個」であることを期待し、また、そのための支援をしていく旨トップメッセージで表明しています。

男性

男性

「個」としての実力を発揮したい・伸ばしたい方にとってA.T.カーニーは最適な環境であると言えるでしょう。

今後の事業展開

今後の事業展開については評判では「クライアント企業との関係性が強いため安定的に推移していく」というものが多いようです。

A.T.カーニーのトップメッセージによると、今まで通りビジネス領域をコア・コンピタンスとしつつも、テクノロジーやクリエイティブのプロフェッショナルと協働し、日本社会や世界の発展に貢献できるようなプロジェクトに関わっていきたいということでした。

昨今のコンサルティングファーム業界全体での規模拡大の流れとは逆に、少数精鋭で信頼されるコンサルタントの多いコンサルティングファームであり続けようという志向があるようです。ということは、A.T.カーニーのコンサルタントは希少であり続けるので、市場価値も高いままでいられるでしょう。

A.T.カーニーの年収

A.T.カーニーは激務ということもあってか、年収水準は他の戦略コンサルティングファームと同様とても高いです。職位ごとの年収水準は以下のようになっています。
 

職位 年収
ビジネスアナリスト 660〜700万円程度
シニアビジネスアナリスト 800〜1,000万円程度
アソシエイト 1,300〜1,700万円程度
マネージャー 1,900〜2,200万円程度
プリンシパル 3,000万円〜
パートナー 5,000万円〜

年収水準は激務であることも報われるくらい高いものです。マッキンゼーやベインなど、年収が高いと言われている外資系戦略コンサルティングファームの競合と比べても、遜色ない水準であると言えるでしょう。

A.T.カーニーは激務なのか?

Photo byFree-Photos

A.T.カーニーは残業が多く、激務なのでしょうか。
一般にコンサルティングファームはどこのファームも残業が多く、激務であると言われています。
「クライアントファースト」と呼ばれる通り、クライアントの希望を社員の事情よりも優先しがちなコンサルティング業界の構造的な問題でもあります。

しかし、働き方改革以降は「残業が多くて激務」という評判があったコンサルティングファームでも、時短勤務や積極的な休暇の取得、残業時間の減少など、ある程度ワークライフバランスの改善があったようです。

A.T.カーニーは「残業が多くて激務」であることが定説となっている外資系戦略コンサルティングファームです。
実態はどうなっているのか、転職サイトの口コミ・評判などから探ってみたいと思います。

激務の噂は本当なのか?

A.T.カーニーの社員は残業が多くて激務であるという評判は本当のようです。
転職口コミサイトにある評判では、退職理由に「残業が多くて激務である」ことを挙げられている方が多く、キャリアの通過点としては良いものの長く働き続けるのは難しい企業と言えます。

コンサルタントが優秀であることを前提にスケジュールやスコープが組み立てられているため、作業効率が高いコンサルタントでないと納期までに質の高いアウトプットが用意できず、結果として残業が増えて激務になりがち、ということのようです。

特に戦略コンサルティングファームの場合には、クライアントに提出するのが「資料」になるので、正解がなく、残業が増えて激務になりがちなようです。
A.T.カーニーも例外ではないという評判でした。

A.T.カーニーの労働時間や激務度の実態

Photo byStartupStockPhotos

A.T.カーニー社員は残業が多く激務であることについては上述しましたが、具体的に労働時間はどのようなものになっているのでしょうか。
転職サイトの口コミや評判を見ると、やはり終電後の時間まで残業して働くことも多いようです。

これもコンサルティング業界全体に言えることですが、残業が多く激務になるかどうかはプロジェクトや上司次第という面も多分にあります。激務になりやすいプロジェクトや、ハードワークを志向する上司のもとにつくと、どうしても終電間近、あるいは終電後まで残業することになりがちです。

しかし、有給休暇の消化率は高いようです。
というのも、プロジェクトとプロジェクトの合間に長期休暇が取れるので、その際に休暇が取得できます。

男性

男性

コンサルティング業界ならではの働き方、休み方です。

A.T.カーニー社員の評判・口コミ

Photo byStartupStockPhotos

A.T.カーニー社員の口コミ・評判を様々な観点で見てみたいと思います。
残業が多くて激務であるということはわかりましたが、他にも社風やワークライフバランス、やりがいや女性の働きやすさなど、気になる観点についての口コミ・評判を紹介します。

激務の対価である高給には満足している?

A.T.カーニー社員は激務の対価として高い給与を得ていることについて、概ね満足しているようです。転職口コミサイトにおいて、A.T.カーニー社員が自社の給与水準について不満を言っているような口コミは見当たりませんでした。

A.T.カーニーの給料水準は、どの総合系コンサルティングファームよりも上ですし、トップの水準を誇る外資系戦略コンサルティングファームの中でも遜色ないものですので、当然と言えます。

昇進や昇給、ボーナスが決まる評価制度についても不満があるような口コミはあまり見当たりませんでした。概ね、社内の評価通りにこれらも決定されているようです。半年に一回、グローバルの評価基準で評価が決まります。

人間関係や社員の雰囲気について

代表取締役がまだ30代と若いこともあり、若手でも活躍できるカルチャーがあります。パートナー相手にもフラットに発言でき、自由闊達に意見交換できる環境があるようです。会社としても、それを支援しています。

また、他のコンサルティングファームよりも「個人主義的」というキーワードを出されている口コミが多くありました。チーム力を売りにしているコンサルティングファームもありますが、「個」として活躍したい方には最適の環境です。

さらに、日本や世界のために活躍したいという大きな志を持っている社員の方が多い、という口コミもありました。これは関灘氏のトップメッセージにも表明されていた志向なので、「日本や世界のために何かしたい」という方にはフィットするファームと言えます。

激務の中で得られる仕事のやりがいや成長環境について

日本を代表するようなクライアントを相手に、クライアントが直面している難題に対して解決策を考える提案ができるので、とてもやりがいがあるという口コミが多く見受けられました。使命感を持って働けるので、仕事にやりがいを求める方にとっては最高の環境です。

また、社内だけではなくクライアント側にもとても優秀な方が多いため、切磋琢磨できる環境がある、という口コミも少なくありませんでした。若手のうちからレベルの高い社内・社外の人材と交流することで早く成長できます。

プロジェクトが終わるごとにプロジェクトのマネージャーから評価をもらうシステムになっています。また、一人ひとりにメンターがついており、メンターの方とも相談しつつ、キャリアアップについて考えられます。

女性の働きやすさについて

出産後も育休・産休・時短制度を活用して働き続ける女性コンサルタントの方も実際にいらっしゃるようです。日本法人全体としても女性社員比率の向上を目標と掲げているため、働きやすい環境や支援はあると言っていいでしょう。

ただし、コンサルティングという仕事の性質上、どうしてもクライアント優先になりがちなので、やはり激務になりがちなのは変わりません。

しかし、女性社員の方の割合は増えつつあるのも事実なので、これからますます女性社員の方が働きやすい環境になっていくのではないか予測されます。

入社理由について

A.T.カーニーに入社された方の入社理由で多かったものは、「日本の産業全体を良くしていきたいという志があったから」、「若手の成長環境が整っているから」などです。

実際に入社した後もその理由は妥当だったと感じられている方が多いようです。社会全体に対する「べき論」を語れて、難易度が高いプロジェクトに若いうちから取り組み成長していきたい方にとっては、A.T.カーニーは理想の環境と言えるのではないでしょうか。

激務でハイレベルなA.T.カーニーへの転職に向いている人物像

Photo byniekverlaan

A.T.カーニーが求める人材像は、論理的な思考ができるだけではなく、代表的な日本企業の今の事業構造や市場に対して課題感を持ち、自らの志を持ってモチベーション高く働くことができるような人物です。

また、A.T.カーニーのコンサルタントは他の戦略コンサルティングファームと異なり常駐型のプロジェクトに派遣されることもあってか、人間力を求めているようです。
当然、人間力がなければクライアントを動かすこともできないためです。

コンサルタントを志向される方であれば大丈夫かとは思いますが、向上心の強い方であることも求めています。

男性

男性

国内・海外問わずトップクラスのクライアントの上層部の方々を相手にするわけですから、当然の要件です。

A.T.カーニーに転職したいならおすすめの転職エージェント

転職エージェントの利用をおすすめする理由

転職志望の貴方のために、下記の3つの条件を満たす転職サイトを厳選しました。

  1. 幅広い業界の求人(非公開を含む)を保有している可能性が高いか
  2. 適性に見合った大手・有名企業の求人も提案できる力を保有しているか
  3. 転職を手厚くサポートできる体制と優秀なエージェントが社内にいるか
具体的におすすめな転職エージェントは下記のとおりです。
(登録自体は3分程度、完全無料で費用等は一切かかりません)

おすすめの転職エージェント

  • JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1
  • ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

JACリクルートメント|ハイキャリアの転職サポートで実績No.1

[引用元:http://www.jac-recruitment.jp/]

JACリクルートメント』は、外資系・大手日系企業のグローバル案件については国内実績No.1で、管理職ラスや年収800万円以上のハイキャリア層向けエージェントの中では間違いなく求人の質・量共にトップレベルといえるでしょう。

特にグローバルポジションの管理職や専門職求人を豊富に抱えています。
また、他の転職エージェントと異なり企業担当がアドバイザーを兼務しているため、企業の情報を詳細に知ることができ、面接対策なども非常に手厚いです。そのため選考通過率が圧倒的で、年収交渉もしっかりやってくれると好評です。

アドバイザーの提案力も高く、希望求人以外にも自分の志向にあったおすすめの求人をしてくれると好評なので、キャリアやスキルに自信のある方は、是非登録して利用してみてください。

JACリクルートメント 登録フォームはこちら

ビズリーチ|ハイクラスの優良求人を多数掲載

[引用元:https://www.bizreach.jp/]

ビズリーチ』は求職者とヘッドハンター・求人企業とを繋ぐハイクラス向け転職サービスです

登録すると希望の条件・経験にあった求人の紹介やヘッドハンターからのスカウトが届きますが、ヘッドハンターの質はばらつきがあるため、しっかりと見定める必要があります。

また、ハイクラス向けに特化した転職サイトなだけあり、年収1000万円以上の求人が求人全体の約3~4割を占めるため、自分のキャリアを上げていきたい方は現在の市場価値を測るためにも登録しておいて損はないでしょう。

ビズリーチ 登録フォームはこちら

転職サイトと合わせてみるべきおすすめのサイト

おすすめの転職サイト

  • 圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ
  • 自分の市場価値を確認するならミイダス
  • 口コミから企業を知るなら転職会議
  • 今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

圧倒的高品質な選考情報ならインテリゴリラ

インテリゴリラ』は最難関企業への転職を目指す若手ハイキャリア向けに、
実際に内定を獲得した方々から独自の方法で入手した
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。

インテリゴリラ 登録フォームはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が豊富

[例:Googleの選考体験記]

上記一例でGoogleの選考体験記を載せましたが、
他にもマッキンゼー/リクルートグループ/メルカリ/エムスリー/ベルフェイス/LINEなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

・内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
・面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
・内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されていることです。

【期間限定公開中】Googleの選考体験記はこちら
【アクセンチュア・楽天・Amazonなど】選考体験記掲載企業一覧はこちら

業界経験のあるNo.1エージェントが在籍

GoogleやAmazon、デロイトトーマツコンサルティングやPwCコンサルティング、楽天をはじめとするメガベンチャーなど世界トップクラスの名だたる企業での勤務経験のあるエージェントや現役社員からサポートを受けられることもあります。

内定をもらうためのコツや実際働いてみてのやりがいなど、生の声を聞く事もできます。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接など、
最難関企業の特別選考
のご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

自分の市場価値を確認するならミイダス

[引用元:https://miidas.jp/]

転職アプリの『ミイダス』は自分の経験・スキルと他の転職者のデータを照らし合わせる事で
市場価値を分析し、ニーズに合う企業から直接オファーが届くサービス
です。

また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断することで、
より自分にフィットしたオファーを受け取ることが可能になります。

ミイダス 公式サイトはこちら

自分の市場価値を測れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダスの主な特徴は「自分と似た経歴・年齢・スキルを持つ方の転職実績」や「自分が興味のある業界・業種にどんな方がいくらの年収で転職できたのか」を知れることです。

転職エージェントに聞くよりも客観的な自分の市場価値を知ることができます。

ミイダス 公式サイトはこちら

企業からのオファーを受け取れる

[引用元:https://miidas.jp/]

ミイダス経由で企業から来るオファーは「面接確約」のため、
書類選考なく面接をすることができるのも大きな特徴です。

情報登録するだけで勝手にオファーが来るので、
忙しくて転職活動にあまり時間がかけられない方には特におすすめです。

ミイダス 公式サイトはこちら

口コミから企業を知るなら転職会議

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議』は、転職口コミ数300万件以上・会員数700万人以上の国内最大級の口コミ情報サイトです。

転職先として気になる企業の中で働く方の口コミを事前に確認しておく事は、
入社後に「そんなはずじゃなかった。」と後悔しないためにも非常に重要です。

数ある口コミサイトの中でも、転職会議は最も信頼のおける情報源として活用すべきです。

また、登録したプロフィール情報を基に自分に適した求人を検索することもできるため、求人サイトとしての利用も可能です。

転職会議 登録フォームはこちら

企業の口コミがチェックできる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では、実際に働いていた元社員や現社員の企業口コミをチェックすることができます。

残業時間、有休消化率、年収、平均年齢といった情報が図やグラフで分かりやすく説明されているのが特徴です。

また、口コミは面接・選考、退職理由、福利厚生、ワークライフバランスなどカテゴリ分けされており、リアルな口コミを確認することができます。面接が何回行われたかといった具体的な情報も手に入れることができます。

転職会議 登録フォームはこちら

口コミと一緒に求人が探せる

[引用元:https://jobtalk.jp/]

転職会議では企業の口コミだけでなく、求人も掲載されています。

各企業で求人がある場合は、口コミページに「募集している求人」として求人が載っているので非常に分かりやすいです。口コミも求人も一緒に確認したい人は無料登録してみましょう。

転職会議 登録フォームはこちら

今人気の企業を知るなら転職人気企業ランキング

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

転職サイト『doda』のサイト内にある『 転職人気企業ランキングは、ビジネスパーソン約5,000人に「転職するならどこの企業を選ぶ?」というテーマで調査をした結果をランキング形式で掲載している、信憑性の高いランキングが集まっているサイトです。

どの企業が人気なのか、どの求人が人気なのか毎年のトレンドがわかります。

上位は大手有名企業が中心ですが、自分が知らない隠れ人気企業や求人が紛れている可能性があるため、人気企業への転職を考えられている方は直近のトレンドを確認するためにも
登録しておいた方が良いでしょう。

doda 登録フォームはこちら
転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

信憑性の高いランキングが集まっている

[引用:https://doda.jp/guide/popular/]

 
転職人気企業ランキングは転職サイトのdodaが調査を行っているので信憑性があります。

ランキングは、総合・業種別・職種別・男女別・年代別・年収別・職位別になっているので求人探しの参考になります。

doda 登録フォームはこちら

A.T.カーニーへの転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

A.T.カーニーへの転職を希望される方向けに、A.T.カーニーは残業が多くて激務なのかどうか、ワークライフバランスはどうなっているのかという点を中心に解説しました。

A.T.カーニーへの転職は難易度がとても高いです。独力で準備するのは非常に困難なので、転職エージェントにサポートしてもらうことをおすすめします。

また、以下のリンク先にある転職選考口コミサイトのインテリゴリラで、A.T.カーニーの選考体験記事をご一読されることもおすすめします。

有名企業の選考体験記一覧はこちら

樋口 正
ライター

樋口 正

フリーランスWebライターの樋口正です。事業会社から第二新卒で外資系コンサルティング会社に転職した経験や、英語を活かして働いていた経験などを活かし、読者の皆様に役立つ実践的な転職記事を書いてまいります。Webライターとしては主に金融・転職・Webマーケティング関連のジャンルの記事を多く執筆しています。

関連記事

目次

人気記事ランキング