ピー・アンド・イー・ディレクションズの転職で必要なポイントは?学歴は必要?

ピー・アンド・イー・ディレクションズの転職で必要なポイントは?学歴は必要?

ピー・アンド・イー・ディレクションズへ転職すると年収1000万円達成も可能なため転職者に人気です。成長戦略立案や計画策定、実行支援に強い経営コンサルティング企業。この記事ではピー・アンド・イー・ディレクションズの転職をお考えの方に激務の実態や年収を紹介します。

記事の目次

  1. 1.ピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職は実力次第で年収1000万円以上狙える
  2. 2.ピー・アンド・イー・ディレクションズの会社概要
  3. 3.ピー・アンド・イー・ディレクションズの事業内容
  4. 4.ピー・アンド・イー・ディレクションズで転職するのに必要な学歴は?
  5. 5.ピー・アンド・イー・ディレクションズの中途採用情報
  6. 6.ピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職が向いている人
  7. 7.ピー・アンド・イー・ディレクションズは激務なのか?
  8. 8.ピー・アンド・イー・ディレクションズの福利厚生
  9. 9.ピー・アンド・イー・ディレクションズの評判
  10. 10.ピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職は実業次第で高年収も可能

ピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職は実力次第で年収1000万円以上狙える

ピー・アンド・イー・ディレクションズは「P&E」の社名の通り、計画策定(Planning)と実行支援(Excution)の双方からクライアントの事業成長に貢献することをミッションとしている、経営コンサルティング会社です。
給与は年俸制で、評価結果で年収が決まります。目標の達成度に応じて支払われる業績給が年収の10パーセントから70パーセントと幅広く、頑張り次第では30代でも年収1000万円を狙えます。
しかし、案件1つ1つの難易度は高く、場合によっては複数のプロジェクトを掛け持ちしなければならないなど、結果を出す為にはどうしても長時間労働になり、終電を逃すことも珍しい話ではありません。
長時間労働に耐えうる体力と精神力は必要ですが、本人の実力や頑張り次第では若手でも高い年収が狙えるという、ピー・アンド・イー・ディレクションズの転職情報についてご紹介します。

コンサルティングファームへの転職ならインテリゴリラ

コンサルティングファームに転職をお考えでしょうか?
インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、コンサルティングファームへ転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。
志望業界が未経験である場合、志望企業が未経験での採用を行っているかどうかも確認しなければなりません。
そして志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。
中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。

実際にコンサルティングファームの選考では、対策必須ともいえるケース面接の出題頻度が高いです。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。
内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

コンサルティングファームの企業一覧はこちら

【高収入の代名詞】人気外資系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【高収入の代名詞】人気外資系コンサルティングファーム会社一覧
高収入の代名詞と言われている外資系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。外資系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【戦略立案のプロフェッショナル】戦略系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【戦略立案のプロフェッショナル】戦略系コンサルティングファーム会社一覧
経営戦略立案のプロフェッショナルである戦略系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。戦略系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【すべてのサービスと業界に対応】総合コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【すべてのサービスと業界に対応】総合コンサルティングファーム会社一覧
幅広く大規模なコンサルティングを行うことができる総合コンサルティングファームの人気企業をご紹介します。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。総合コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【経営者と二人三脚】経営コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【経営者と二人三脚】経営コンサルティングファーム会社一覧
経営支援のプロフェッショナルである経営コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。経営コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【業務フロー・システム改善】IT・業務系コンサルティングファーム一覧のイメージ
【業務フロー・システム改善】IT・業務系コンサルティングファーム一覧
業務フローや業務システムの改善を得意とするIT・業務系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があれば転職情報、年収情報、評判や激務度についても確認できます。ITコンサル、業務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧
企業価値、株価向上のために活躍する財務コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。財務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【人事システムの刷新!?】人事系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【人事システムの刷新!?】人事系コンサルティングファーム会社一覧
人事システムや福利厚生の構築を行う人事系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。人事系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【専門資格の認定登録が必須】医療系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【専門資格の認定登録が必須】医療系コンサルティングファーム会社一覧
公益社団法人日本医業経営コンサルティング協会の認定登録が必要な医療系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についても確認できます。医療系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧
特定の業務や業界に特化した、業界特化型コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。業界特化型コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧のイメージ
【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧
危機に瀕している事業(企業)を回復させる、事業再生系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。事業再生系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【経済調査のプロフェッショナル】シンクタンク会社一覧のイメージ
【経済調査のプロフェッショナル】シンクタンク会社一覧
経済調査をはじめとしたコンサルティングが可能なシンクタンクの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。コンサルやシンクタンクに興味がある方はぜひご覧ください。
【個別の問題解決力が必要】国内独立系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【個別の問題解決力が必要】国内独立系コンサルティングファーム会社一覧
クライアントに寄り添った個別の問題解決が可能な国内独立系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についても確認できます。国内独立系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。
【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめのイメージ
【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめ
企業買収・売却のプロであるFAS・M&Aアドバイザーの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。FAS・M&Aに興味がある方はぜひご覧ください。
【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧のイメージ
【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧
会計監査のプロフェッショナルである監査法人の人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。公認会計士や監査法人に興味がある方はぜひご覧ください。

ピー・アンド・イー・ディレクションズの会社概要

Photo byPixource

ピー・アンド・イー・ディレクションズの設立は2001年9月。新卒でアップルに入社した島田直樹氏が、その後MBA、外資系戦略コンサルティングファームであるボストン・コンサルティング・グループ、ICGジャパンを経て、世の中にはない会社を目指し「プランニング&エグゼキューション」をモットーに創業しました。

社員数は50名で、主要コンサルタント10名を筆頭に、プロジェクトごとにチームを組み、攻めの戦略にフォーカスを当てた支援をしているのが特徴です。
米国や中国、東南アジア、インドを拠点に活動している現地企業と提携をするなど海外ネットワークも整えていて、日本のみならずグローバルな企業の事業成長支援も行っています。

<ピー・アンド・イー・ディレクションズ会社概要>

会社名 株式会社ピー・アンド・イー・ディレクションズ
設立 2001年9月
代表取締役 島田直樹
取締役 清水新
高嵜祐輔
長谷川幸生
木部賢二
監査役 少徳健一
会長 塩見嵩夫
特別顧問 竹内弘高
所在地 東京都中央区銀座6-8-7交詢ビルディング8階
社員数 50名
資本金 7,000万円

ピー・アンド・イー・ディレクションズの事業内容

フリー写真素材ぱくたそ

ピー・アンド・イー・ディレクションズは企業成長および事業成長を実現するための戦略立案およびその実行支援を行うことを主な事業としています。

企業を取り巻く環境の急速な変化にも対応した、徹底的な構造化・ビジュアル化技術や二次情報収集、圧倒的なフィールド調査を基にした【事業分析・事業環境分析】、様々な規模・業界の支援を行った経験で培った各業界に対する知見を基にした【新規事業立ち上げ】【成長戦略の策定と実行】、成長を再加速させる為の戦略フレームワークに基づいた【事業計画策定】の他、新商品開発やM&Aの推進、アライアンス、海外進出の支援や海外での事業支援も行っています。

クライアントとなる企業は大企業から中小企業、海外の企業と幅広く、経営コンサルティングというよりも事業支援にフォーカスすることで、業界の中でも独自のポジションを構築しています。

ピー・アンド・イー・ディレクションズで転職するのに必要な学歴は?

フリー写真素材ぱくたそ

ピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職に必要な学歴ですが、ピー・アンド・イー・ディレクションズの公式HPの採用情報によると、応募資格は「国内外の四年制大学の卒業資格」とあります。
経営コンサルタントになる為に特定の学歴や資格は必要ではなく、学歴よりも経験を重視しているコンサルティング会社も多くありますが、ピー・アンド・イー・ディレクションズの場合、応募資格にはっきりと「四年生大学の卒業資格」と記載されているので、経験があっても最終学歴が高卒などではピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職は難しいと言えます。
又、同じく応募資格には「日本語での業務遂行能力があること」とあるので、日本語が母国語ではない場合、日本語能力試験N1または旧試験1級を保有していることが履歴書審査上の条件となっています。

ピー・アンド・イー・ディレクションズの中途採用情報

Photo byAymanejed

ピー・アンド・イー・ディレクションズでは、通年で中途採用の募集を行っています。
募集しているのはコンサルタント職のみで、事務職の募集は行っていません。
ピー・アンド・イー・ディレクションズの公式HPの採用ページには勤務地や福利厚生、休日や休暇に関しては簡単に記載されていますが、転職を考える重要なポイントの1つである給与などの基準は公開されていません。キャリア転職情報サイトの口コミによると、中途入社3年目の30代で年収が600万円から700万円とのことです。
その他、コンサルタント経験がなくても応募は可能等、中途採用の応募に必要な語学力やキャリアステップ、評価については公式HPのFAQのページで公開されていますので、ぜひ参考にして下さい。

中途採用でコンサルタント経験は必須ではない

ピー・アンド・イー・ディレクションズの中途採用はコンサルタント経験が必須ではありません。
経歴や、クライアントの課題が何かを明確にする能力、課題解決のための手法を提案できるか、現実的で具体的に行動できるかなどコンサルタントに適した能力や思考を持っているかや、人間性を重視し選考しています。

中途採用入社の社員の前職は金融機関、ベンチャー企業など様々で営業職、IT関連、総務部門など職種も様々です。

 

採用担当者が特に重視している点は話に一貫性があるかどうか

ピー・アンド・イー・ディレクションズでは現役のコンサルタントが面接官で面接を行います。
面接では社風に合う人材かどうかはもちろんのこと、話していることに一貫性がある内容かどうかを特に重視しているのです。

コンサルタントはクライアントへ論理的に説明できなければならないため、話していることに一貫性がない場合は面接で不利となる可能性があります。

これまでの経歴や、スキルなどは具体的な経験を交えて論理的に話せるようにしておきましょう。
クライアントが関わる業務のエピソードがあれば、課題やどのように解決していったかを話せるようにしておくと面接官は採用した場合の働くイメージやどの部署が最適化などを考えられるようになります。

またピー・アンド・イー・ディレクションズ入社後のキャリアプランを話せるようにしておくと良いです。面接官や会社の考え方にもよりますが、キャリアプランがマッチした場合は採用されやすくなります。

 

ピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職が向いている人

Photo byCounselling

ピー・アンド・イー・ディレクションズが求める人物像ですが、ピー・アンド・イー・ディレクションズの公式HPで公開されている【求める人物像】には「本気で仕事に取り組める方、好奇心旺盛で挑戦意欲の高い方」とあります。
同社は基本的に仕事を最優先し、自己成長や自己実現を求める人に対して全力でバックアップする社風です。
顧客に寄り添い、クライアントへの支援を通じて会社の成長と個人の成長の両方を実現する、見た目がきれいなだけの戦略だけではなく泥臭い業務を経て成長する等を働く意味と捉えていることから、
ピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職が向いているのは「プライベートを気にせず仕事に没頭できる人」、「クライアントファーストを実現できる人」と言えます。

又、転職の際、前職のキャリアやスキルが重視されるケースもありますが、ピー・アンド・イー・ディレクションズでは「事業会社でも成功する経営者になる」を人材育成のゴールとしており、教育トレーニングによって【コンサルティング能力】はもちろん、【得意技を持つ・実行できる】、【人を動かせる】、【企業価値向上の結果を出せる】といった成長ステップを想定しているので、前職でのコンサルティング業務経験は特に必要とされていません。
代表取締役の島田氏は「人柄を一番に重視しており、コンサルティング経験にはこだわっていない。クライアントと一緒に計画を作って、一緒に汗をかきながら実行していくことができる、凝り固まっていない柔軟な頭を持っている方が同社にフィットする」と明言しています。

ピー・アンド・イー・ディレクションズは激務なのか?

Photo bystevepb

ピー・アンド・イー・ディレクションズについて調べると、ワークバランスが悪く、激務であるような噂が多く目につきます。
ピー・アンド・イー・ディレクションズではプロジェクトベースでの働き方になることや、案件1つ1つの難易度が高く、1人が最低2つ以上のプロジェクトにアサインされるなど、どうしても長時間労働になりやすい環境です。
結果を出すためにはクライアント以上に働かなければならず、自分のミッション達成の為には深夜まで働くのはもちろん、休日出勤も当たり前という風潮です。
これを激務と取るか、ミッション達成の為には当然と取るかは本人次第になりますが、ある程度プライベートを犠牲にする覚悟がなければ、長く務めるのは難しい職場と言えます。

ピー・アンド・イー・ディレクションズの福利厚生

フリー写真素材ぱくたそ

ピー・アンド・イー・ディレクションズの福利厚生は、交通費全額支給や各種手当など最低限のものが用意されています。

そのため他コンサルティングファームのような資格取得支援、食事代補助、ベビーシッター補助金など望む方にはピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職が向いていないかもしれません。

 

ピー・アンド・イー・ディレクションズの評判

フリー写真素材ぱくたそ

ピー・アンド・イー・ディレクションズの評判を、実際に勤務していたことがある、又は現在も勤務している方たちから寄せられた口コミをもとにまとめてみました。

ポジティブな評判で多かったのが、若手にとって成長環境が整っていることや、若手でも責任ある仕事を任せられることで働き甲斐をとても感じるというものです。
ピー・アンド・イー・ディレクションズは実力主義のコンサルタント業界には珍しく、若手育成の基盤ができていて、人材教育に力を入れています。結果が出れば若手でも公平に評価してもらえるという点もモチベーションアップに繋がり、結果としてそれが全体の利益へと繋がります。
ネガティブな評判で多かったのは、やはりワークバランスの悪さです。利益よりもクライアントファーストという姿勢は良い点としても捉えられる反面、仕事最優先で終電を逃す長時間労働の常習化や、休日に出勤するのは当たり前という社風は、プライベートを犠牲にしなければならず、仕事とプライベートの両方を充実させたいと思う人には良い社風とは言えません。又、長時間労働は女性の働きやすさにも影響する為、女性目線でもワークバランスの悪さが際立つようです。

コンサルティングファームへ転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、コンサルティングファームへの転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

コンサル転職ならインテリゴリラ

コンサルティングファームの選考体験記が網羅

 

会社名 転職難易度 人気度
マッキンゼー&カンパニー ★★★★★ ★★★★
ボストンコンサルティンググループ ★★★★ ★★★★
ベイン・アンド・カンパニー・ジャパン ★★★★ ★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★
日本IBM ★★★ ★★★
アビームコンサルティング ★★★ ★★★
インテリゴリラでは、上記のようなコンサルティングファームの選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例(ケース面接含む)
・内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

 
 
会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

コンサル転職ならインテリゴリラ

ピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職は実業次第で高年収も可能

Photo bygeralt

以上、経営コンサルタント会社ピー・アンド・イー・ディレクションズについてご紹介しました。
幅広く多様な案件領域とクライアントファーストであるが故にどうしても激務になってしまう反面、クライアントの課題解決に真摯に向き合えるので、働き甲斐がある会社です。
若手が積極的に重要なポジションに就くことも可能で、勤続年数に拘らず公平な評価を行っている為、頑張り次第で若手でも年収アップが狙えることや、クライアント経験には拘らない、若手の教育にも力を入れていることなどから、20代の転職希望者も多くいます。

ピー・アンド・イー・ディレクションズは新卒採用をメインとしていながらも、通年で中途採用の募集をしています。その為、経営コンサルタント業に興味がある、キャリアアップを目指しているという人がコンスタントに応募していることが予想されますが、公式HPで公開されている情報が少なく、毎年どれくらいの数を採用しているかは、はっきりとしていません。

転職活動はしっかりと準備をして挑む必要があり、その為には、情報収集が重要な鍵となります。
インテリゴリラは転職難易度が高い企業の内定者にインタビューをして内定のポイントをまとめているだけではなく、面接の質問内容といった、実際の選考体験記が無料で読める転職情報サイトです。
ピー・アンド・イー・ディレクションズへの転職を考えている人は、ぜひインテリゴリラを活用して、転職活動を有利に進めて下さい。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加

コンサルティングファーム一覧

【14分類】コンサルティングファーム会社一覧|人気外資系から特化型までのイメージ
【14分類】コンサルティングファーム会社一覧|人気外資系から特化型まで
高収入の代名詞と言われているコンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事では、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。コンサルティングファームへ転職をお考えの方、興味がある方はぜひご覧ください。

人気外資系コンサルティングファーム

【高収入の代名詞】人気外資系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【高収入の代名詞】人気外資系コンサルティングファーム会社一覧
高収入の代名詞と言われている外資系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。外資系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

戦略系コンサルティングファーム

【戦略立案のプロフェッショナル】戦略系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【戦略立案のプロフェッショナル】戦略系コンサルティングファーム会社一覧
経営戦略立案のプロフェッショナルである戦略系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。戦略系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

総合コンサルティングファーム

【すべてのサービスと業界に対応】総合コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【すべてのサービスと業界に対応】総合コンサルティングファーム会社一覧
幅広く大規模なコンサルティングを行うことができる総合コンサルティングファームの人気企業をご紹介します。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。総合コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

経営コンサルティングファーム

【経営者と二人三脚】経営コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【経営者と二人三脚】経営コンサルティングファーム会社一覧
経営支援のプロフェッショナルである経営コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。経営コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

IT・業務系コンサルティングファーム

【業務フロー・システム改善】IT・業務系コンサルティングファーム一覧のイメージ
【業務フロー・システム改善】IT・業務系コンサルティングファーム一覧
業務フローや業務システムの改善を得意とするIT・業務系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があれば転職情報、年収情報、評判や激務度についても確認できます。ITコンサル、業務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

財務コンサルティングファーム

【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【企業価値UP】財務コンサルティングファーム会社一覧
企業価値、株価向上のために活躍する財務コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。財務コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

人事系コンサルティングファーム

【人事システムの刷新!?】人事系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【人事システムの刷新!?】人事系コンサルティングファーム会社一覧
人事システムや福利厚生の構築を行う人事系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。人事系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

医療系コンサルティングファーム

【専門資格の認定登録が必須】医療系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【専門資格の認定登録が必須】医療系コンサルティングファーム会社一覧
公益社団法人日本医業経営コンサルティング協会の認定登録が必要な医療系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についても確認できます。医療系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

業界特化型コンサルティングファーム

【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【新しい企業増加中】業界特化型コンサルティングファーム会社一覧
特定の業務や業界に特化した、業界特化型コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。業界特化型コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

事業再生系コンサルティングファーム

【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧のイメージ
【事業も企業もV字回復】事業再生系コンサルティングファーム一覧
危機に瀕している事業(企業)を回復させる、事業再生系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。事業再生系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

シンクタンク

【経済調査のプロフェッショナル】シンクタンク会社一覧のイメージ
【経済調査のプロフェッショナル】シンクタンク会社一覧
経済調査をはじめとしたコンサルティングが可能なシンクタンクの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。コンサルやシンクタンクに興味がある方はぜひご覧ください。

国内独立系コンサルティングファーム

【個別の問題解決力が必要】国内独立系コンサルティングファーム会社一覧のイメージ
【個別の問題解決力が必要】国内独立系コンサルティングファーム会社一覧
クライアントに寄り添った個別の問題解決が可能な国内独立系コンサルティングファームの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についても確認できます。国内独立系コンサルに興味がある方はぜひご覧ください。

FAS・M&Aアドバイザリー

【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめのイメージ
【企業買収・売却のプロ】FAS・M&Aアドバイザリー企業まとめ
企業買収・売却のプロであるFAS・M&Aアドバイザーの人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。FAS・M&Aに興味がある方はぜひご覧ください。

監査法人

【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧のイメージ
【会計監査のプロフェッショナル】監査法人 企業一覧
会計監査のプロフェッショナルである監査法人の人気企業を厳選してお届けします。当記事から、気になる企業があった際に転職情報、年収情報、評判や激務度についてもすぐに確認できます。公認会計士や監査法人に興味がある方はぜひご覧ください。
田前希美
ライター

田前希美

医療系の職場で10年弱働き、今は子育てをしながらWEBライターをしています。多方面にアンテナを張り、幅広く様々なジャンルの記事を執筆中。

関連記事

目次

人気記事ランキング