A.T.カーニーの転職難易度は?気になる年収や評判についても徹底解説

A.T.カーニーの転職難易度は?気になる年収や評判についても徹底解説

A.T.カーニーは経営コンサルティングを行っています。そんなA.T.カーニーの転職難易度を年収や評判と共に解説します。幅広い業界の支援を行いながら、IT面での支援にも定評のあるA.T.カーニーに転職をお考えの方はぜひご覧ください。

記事の目次

  1. 1.A.T.カーニーの転職難易度は?
  2. 2.A.T.カーニーの企業情報
  3. 3.A.T.カーニーの待遇や労働環境は?
  4. 4.A.T.カーニーの評判・口コミは?
  5. 5.A.T.カーニーの選考情報
  6. 6.A.T.カーニーの採用情報
  7. 7.A.T.カーニー への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

A.T.カーニーの転職難易度は?

A.T.カーニーへの転職難易度は非常に高いです。

A.T.カーニーは少数精鋭型の外資系戦略コンサルティングファームであり、募集人数が非常に少ないです。
狭き門でありながらほかの転職者は実力者が多く、全体的にレベルが高いと評判です。
その中で採用してもらうとなると、難易度が高くなります。
採用してもらうためには、ほかの転職者と差をつけられるスキルや経験が必要であり、面接の際にはそういった能力をアピールできるかどうかが重要です。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

A.T.カーニーの企業情報

[引用元:https://www.tokyo-midtown.com/jp/index.html]

A.T.カーニーの企業概要

A.T.カーニーは1926年に米国シカゴで創立された世界有数の外資系の経営コンサルティング会社です。
高度な専門性、目に見える成果の実現、顧客企業との密接な協働作業を最大の強みとし、現在では全世界41カ国63の拠点に3,600名以上のスタッフとグローバルネットワークを擁します。
あらゆる主要産業分野のグローバル1,000社や各国の大手企業や政府系機関等を中心顧客とし、戦略からオペレーション、ITにいたるまで一貫した高品質のサービスを提供しています。

A.T.カーニーの特徴

A.T.カーニーの特徴は下記の四点です。

A.T.カーニーの特徴

  • 高度な専門性、目に見える成果の実現、顧客企業との密接な協働作業
  • 経営層・マネジメント層に対する戦略策定とそれを実行できる粒度にまで落とし込んだ現場のアクションプランの策定
  • 戦略からオペレーション、ITに至るまで一貫した高品質のサービス
  • クライアントの9割は日本企業で構成

戦略からオペレーション、ITに至るまで一貫した高品質のサービスを提供し現場にも介入しているのは、戦略系のファームでありながら珍しい点です。
また、クライアントの9割は日本企業で構成されることも特徴的で、顧客の「目に見える成果」創出を通じて日本の産業全体の競争力を強化し、「日本の変革」を大きく掲げ名実ともに「The Best Firm」となることを目標としています。

その他、社内ではワークライフバランス含め、働く環境を見直す社内プロジェクトが実施され、コンサルタントの定着率が近年顕著に高まってきています
またプロジェクトのアサインメントにあたっては、社内公募制度を採用しており、コンサルタントの希望が大きく加味されることも特徴です。
又、育児休暇制度等が充実していることもコンサルタントの定着率の高さに繋がっています。

A.T.カーニーの提供しているサービス

A.T.カーニーは、金融、通信、ハイテク、自動車、消費財・小売をはじめとする幅広い業界の支援を行なっています。
また、クライアントへのソリューション提供としても、M&Aやアナリティクスという外資系戦略ファームの定番サービスのみならず、デジタルトランスフォーメーションなどのIT面での支援サービスも充実しています。

A.T.カーニーが手掛けるプロジェクト事例

A.T.カーニーが手掛けたプロジェクト事例としては、下記の通りです。

  • 三菱商事の中期経営計画策定
  • 資生堂の中期経営計画策定
  • プエルトリコの2025年国家ビジョン策定

ほとんどのコンサルティングプロジェクトは、守秘義務により公開されません。
しかし、日本を代表する有名企業のほとんどのバックにはコンサルティングファームがおり、新規事業や経営戦略など企業にとって重要な課題解決を担っています。

A.T.カーニーの待遇や労働環境は?

Photo byStartupStockPhotos

A.T.カーニーの待遇

A.T.カーニーの平均年収

A.T. カーニー の平均年収は1,660万円/平均年齢30歳程度と推定されます。
※外資就活参照

下記の表は、新卒入社のビジネスアナリストからの役職別の平均年収です。

役職名 年次(目安) 年収(推定)
ビジネスアナリスト 1年~ 660~700万円
シニア・ビジネスアナリスト 3年~ 800~1,000万円
アソシエイト 5年目~ 1,300~1,700万円
マネージャー 実力次第 1,900~2,200万円
プリンシパル 実力次第 3,000万円~
パートナー 実力次第 5,000万円~



新卒採用の初任給は、ボーナスを含めて約660万円と極めて高額な年収となります。
外資系の戦略コンサルティングファームは、総合系コンサルティングファームと比較して年収が高くなる傾向があり、世界4大総合系コンサルティングファーム(Big4)で最も初任給の高いと目される、デロイトトーマツコンサルティング(約570万円)より1割以上高い年収となりました。

ただし、A.T. カーニーを始めとした外資系戦略コンサルティングファームでは、Up or Outを厳格に運用しているファームが多くなります。
入社したファームに10年以上残れるコンサルタントは同期の中で1割以下であり、働き続けること自体、難易度が高いことなのです。

A.T.カーニーの福利厚生

A.T.カーニーの福利厚生は下記の通りです。

福利厚生

  • 各種保険
  • 社会保険完備
  • 退職金制度
  • MBA留学制度
  • 育児休暇・産休
  • 海外支社へのトランスファー

外資系の戦略系コンサルティングファームには福利厚生が少ないことが多いですが、A.T. カーニー は外資系の他ファームと異なり退職金などの福利厚生を備えています。
また、住宅補助などは用意されていませんが、その分年収も高いので、満足している人は多いと評判です。

A.T.カーニーの労働環境は?

A.T.カーニーの残業時間

平均残業時間は、75.6時間です。
残業時間が長く、3週間のプロジェクトでは1度しか帰宅することができないこともあるという評判・口コミもあります。

その一方で、休日に関しては非常にバランスを調整しやすい会社であり、コンサルタントの有給の消化率は非常に高いという評判があります。
一方で、プロジェクトによっては、情け容赦のない残業・休日稼働を強いられることもあります。
日系外資系問わず、アサインされるプロジェクトによって大きく忙しさが変化することが特徴です。

A.T.カーニーのワークライフバランス

A.T.カーニーのワークライフバランスについては、下記の表を確認してください。
 

副業可否 可能
勤務時間 記載なし
休日 土日祝日(週休二日制)
その他の休日・休暇 年末年始、有給休暇、慶弔休暇など
平均残業時間 76.5時間
フレックス制度 有り
リモートワーク 有り
産休・育休制度 有り
時短勤務 有り

平均残業時間は外資系コンサルであることから長いです。
しかし副業が可能であることやフレックス制度やリモートワークも可能であることから非常に自由度が高いことが伺えます。

また、プロジェクト中の休みは望めないですが、プロジェクト間は長期休暇が取れるので、全体としてワークライフバランスは良いと言えます。
しかし、プロジェクトの負荷によって深夜残業をせざるを得ない場面もあり、運と個人の効率が大きく左右するという評判・口コミが散見されました。

A.T.カーニーの評判・口コミは?

[引用元:https://www.jp.kearney.com/careers/working-here]

待遇について

待遇についての評判・口コミは下記の通りです。

男性

男性

給与制度: ベースは昇級した年(あるいは入社した年)から、そのランクで在籍した年数に応じてあがります。通常数年以内にランクがあがることが期待されているため、上がれない場合はすぐに頭打ち、逆に高い評価を得て昇進すればどんどん増える、という構造ですボーナスは当然ですが、個人の評価次第です。

評価制度: プロジェクトごとに評価があり、その総体として年間の評価があります。半年に一度シニアが一同にそろう評価会議があり、各ランクごとに1日をかけて1人1人の評価を決めていきます。これは?と疑問に思うような評価はほとんど耳にしたことがないです。

女性

女性

給与制度: 年俸制であり、残業代はありませんベース報酬に加え、会社業績と個人成績に応じて年間ボーナスが出ます。ランクが高い人ほどベース報酬に対してボーナスの掛け率が高いです。 

評価制度: プロジェクト終了毎に貢献度と能力が評価される。 ジュニアメンバーの評価は、ほぼコンサルティングスキルがすべてです。 ランクが上がるにつれ、営業活動への貢献、ファーム全体への貢献(メンバー育成やチームビルディング、PR活動、採用活動等)に対する評価の重要性が増えます。標準的には、1ランク3年前後で昇進していくイメージです。同じランクのまま3-5年昇進しなければ、退職勧告されることもあります。また、試用期間(6か月)中の評価によって、本採用にならないケースが20%程度ある

仕事のやりがい・成長について

仕事のやりがい・成長についての評判・口コミは下記の通りです。

男性

男性

仕事のやりがい: 日本の大企業の難易度の高い課題に直面する機会が多いです。このような日本企業が持っている高難易度の課題に対して真摯に向き合い、仮説を立てて問題分析して、ベストソリューションを提案します。難しいクライアントの課題に立ち向かえることが、この仕事のやりがいです。

成長: 一人ひとりにメンターがついています。プロジェクト終了後はプロジェクト評価を含めて、フィードバックをもらいます。プロジェクトの中でも、お願いすれば、マネージャーから定期的にフィードバックをもらうことが可能です。 また、日本オフィスでは定期的に外部講師を招いた勉強会もあります。積極的に参加すれば、知見や視野が広がります。

女性

女性

仕事のやりがい: クライアントが時には社運をかけるような最重要課題と定常的に対峙するので大変な苦労を伴います。その分アウトプットに対してクライアントから感謝の言葉を頂いた時や、大きなインパクトを出せたと感じられる時にはもっともやりがいを感じます

成長: ハード、ソフト問わずスキル面、時には職業人として更に磨きをかけるには何が必要か、どう伸ばすか、定期的にフィードバックやアドバイスをもらえる機会があります。自分からそういう場をセットしてどんどんインプットをもらうことも推奨されている雰囲気かと思います。

男性

男性

仕事のやりがい:クライアントの本質的な変革の瞬間に立ち会い、その後押しをできた時に最も強い喜びを感じます。一定程度コンサルタントを続けていると、その成果がより具体化・大きくなって目の前に現れるのを見られることもあり、その際には感無量です。そうした変革の場に一緒にしたクライアントとは、長い間を経ても付き合いが続くのも良いところです。

成長:とにかく新しい業界やイシューにごく短期で対応すること、本質的な問いを立てそれを考える事、クライアントにそれを伝える事などを磨くことが出来ました。相対的に他の外資系コンサルティング会社よりも任される責任が大きく、結果として成長スピードは速い様に思います。また、ベンチャー等に転職して活躍している同僚も多く、そういった点でも有用な経験を積めると感じます。

社員の雰囲気について

社員の雰囲気についての評判・口コミは下記の通りです。

男性

男性

周りには優秀な人材が多くいるので、学べることは限りなくあります。この企業で努力しさまざまなスキルや知識を吸収すれば、どこに行っても通用できると思えるほど、濃密であり、スキルアップしたい人には向いている企業です。

女性

女性

外資系らしいフラットな組織で、若手でも自由に意見を述べ、またそれを実行に移すことがでます。例えば、競合の外資系コンサルだとマネージャーにならないと会社の肩書を使って対外的な発信は、許可されないですが、同社では積極的に奨励されます。定期的に業界紙の記事の企画が募集され、集まった中では年次や肩書等考慮されず純粋に面白そうかどうかを広報と業界紙編集部で決めていました。

男性

男性

タイトルに関係なくフラットに議論を交わせる、むしろそれを求められる環境です。しかしそこには、論破し合う類ではなく、クライアントに質の高いアウトプットを提供できるように、意見を出し合って一緒に昇華させていく方がイメージに近いです。

A.T.カーニーの選考情報

[引用元:https://www.jp.kearney.com/careers/working-here]

難易度の高いA.T.カーニーの選考情報について紹介します。

A.T.カーニーの選考フローと面接内容

一般の中途採用における選考フローは下記の通りです。

選考フロー

  • 書類選考
  • WEBテスト
  • 面接

通常の中途採用に加えて、数年の実務経験を積んだ後に、専門知識を習得するためにビジネススクールなどに進学した人が在学中に就職活動をする場合には「MBA採用」もあります。

面接では、志望動機などの一般的な質問事項から始まりますが、中心になるのは難易度が非常に高いケース面接です。

A.T.カーニーの面接傾向と質問例

A.T.カーニーの面接で最も重要視されるのが、ケース面接です。
これは、面接をおこなうコンサルタントがクライアントの立場となり、ある問題を提示してその解決策の提言を求めるというものです。
限られた条件をもとに論理的に推論していくフェルミ推定を、必要とする課題も多く出されています。

面接経験者は、「ケース面接について、事前に模擬面接などを受けたほうがいい」「エージェントと過去問を解いてみるのがおすすめ」「数学とロジカルシンキングが重要」などの口コミがあがっていました。
またA.T.カーニー自身も、下記の点が面接で重要であると言っています。

面接での評価する点

  • 論理的にアプローチする
  • 「トップダウン」で考える
  • 仮説を立てる
  • コミュニケーションをとる
  • 限界を知る
  • クリエイティブに考える
  • ブレインストーミング
  • CEOまたは株主の視点を取り入れる
  • 正しいシグナルを送る

上記をケース面接の間にしっかり、アピールできるようにしましょう。

同社の面接は非常にタフなものです。
経営に対する知識はもちろん、分析力、問題解決力、論理的思考力、コミュニケーション能力、さらにはクリエイティブな発想など、高度な知的能力が要求されます
志望動機などの一般的な質問であっても、論理的に深堀りした回答が求められることを肝に銘じておきましょう。

A.T.カーニーの採用面接で実際に聞かれた質問内容を下記に紹介します。
非常に抽象度が高く高難易度ですが、これらの質問に対する答えを短時間でまとめられるよう、しっかり準備をしておきましょう

質問①
町の花屋の売り上げ見積もりと売上拡大策はあるか?
質問②
ハードリカーの売上を2倍にするにはどうすればいいか?
質問③
製造業は海外に進出すべきか?日本で製造すべきか?
質問④
いじめをなくすには?

同社の面接では、コンサルタントとしての高い能力はもちろん、タフな内容を乗り切るスタミナが必要です。
また、ケースインタビュー対策として、日頃から問題の本質を捉えて構造化するトレーニングを積んでおくことが重要です。

採用大学や採用人数について

A.T.カーニーには、かなり高学歴の人材が集まります
具体的には、東京大学を始めとする難関国公立、早慶などの難関私大がほとんどです。
特に新卒採用の場合には、かなり強力な学歴フィルターが存在します。
実際に、新卒採用の際に書類選考を通過するのは、上記の学歴の人だけである場合が多いです。

採用人数については、新規採用の場合は、5〜10人程度とかなり少なくなっています。
しかし、新卒採用者は5年以内に退職することも多く、年間を通して中途採用活動を行っているという事情もあるため、全社員の大多数は中途採用者です。

A.T.カーニーの求める人物像

A.T.カーニーでは、チームの一員として誠心誠意働くことができる「協調性」や、一人一人が違うという事実を根ざす「多様性」、正直な意見でサービスを提供できる「誠実性」の3つを持っている人材を求めています。


また、「常に顧客と従業員に対して短期的な効果と長期的な利益の両方を提供すること」を大切にしており、成長意欲や責任感がある人材も求めています。
面接の際は、これらを持っていることを上手にアピールすることで、採用してもらえる可能性が高くなります。

A.T.カーニーの採用情報

Photo bykaboompics

A.T.カーニーの募集職種

A.T.カーニーでは、下記の種別で採用活動を行なっています。

A.T.カーニーの採用活動

  • 新卒採用
  • 中途採用・第二新卒採用
  • MBA採用

上記のどのプロセスにおいても、求められるスキルは下記の通りです。

求められるスキル

  • 分析力
  • 問題解決力
  • 論理的思考力
  • コミュニケーション能力(クライアントに対するインタビューやプレゼンテーション、社内での議論)
  • チームワーク

コンサルタント

コンサルタントのグレードは下記のようになっています。

コンサルタントのグレード

  • ビジネスアナリスト
  • シニアビジネスアナリスト
  • アソシエイト
  • マネージャー
  • プリンシパル
  • パートナー

新卒採用、第二新卒では、ビジネスアナリストでの採用のみになっています。
シニアビジネスアナリスト以降では、前職での経験、保有する学位(MBAなど)で、就けるポジションが変わります。

A.T.カーニーに転職するためには英語力が必要?

A.T.カーニーのコーポレートサイトには、次のように述べられています。

応募に際して、TOEICが何点以上なくてはならないということはなく、海外経験が必要であるということもありません
コンサルタントとして必要な資質は、もっと本質的な部分にありますので、学習する意欲があれば、英語力を伸ばしていくことは十分可能と考えます。
しかしながら、入社後は、プロジェクトやトレーニングなどで英語を使う機会がありますので、英語力が高ければそれだけコンサルタントとしての可能性が広がるということは言うまでもありません。
当社は教育研修補助制度を有しており、これを利用して英語力をブラッシュアップしているコンサルタントもいます。

上記のように考えれば、特別に高い英語力が必要であることはないように見えます。
しかし、競合の外資系戦略コンサルの会社などの評判・口コミも考慮すると、やはりTOEICで800以上は最低欲しいところです。
英語がわからないだけで、元々難易度の高い業務が更に、高難易度になってしまいます。
欲を言えばTOEICで950点を平均して取れることが望ましいです。

男性

男性

業務に支障ない英語力というところではTOEIC800以上を、念頭においておくといいですね。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

A.T.カーニー への転職は手厚いサポートのある転職エージェントへご相談を!

A.T.カーニーの会社概要について、紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

戦略ファームである中、実行できる粒度にまで落とし込んだ現場のアクションプランの策定やITに至るまで一貫した高品質のサービスを提供しています。
また、クライアントの9割は日本企業で構成され、日本経済へのインパクトも大きいです。
しかし、A.T.カーニーで働くためには難易度の高い面接をクリアしなければなりません。

そこで、高難易度の選考が評判の外資系コンサルのA.T.カーニーへ転職したいのなら、転職エージェントの利用をおすすめします。
なぜなら、A.T.カーニーのような大手企業の場合は、大手の転職エージェントに求人依頼をして採用をおこなっているケースが多い傾向にあるからです。
また、これまでに転職者を支援してきたノウハウで、応募書類の作成・添削から、難易度の高いケース面接の対策までおこなってくれます。
自分で直接応募するよりも内定獲得に向けた対策を万全にすることができます。

そこで、実際に各トップ企業に実際に内定した方の非公開の選考体験記を載せたサイト、インテリゴリラを利用してみてはいかがでしょうか。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング