ニュートン・コンサルティング の転職情報|ブラックといわれる真相は?

ニュートン・コンサルティング の転職情報|ブラックといわれる真相は?

ニュートン・コンサルティングの転職情報について解説 します。 コンサルティング会社の事業内容、採用情報や社員の口コミなどの情報も公開。 ニュートン・コンサルティングに興味のある方、コンサルティング会社に転職を考えている方はご覧ください。

記事の目次

  1. 1.ニュートン・コンサルティング の中途採用情報を紹介!ポジションは2つ
  2. 2.ニュートン・コンサルティング の新卒採用のポジションは2つ
  3. 3.ニュートン・コンサルティング の選考フローは5STEP
  4. 4.ニュートン・コンサルティング へ転職した場合の想定年収は経験やスキルによって異なる
  5. 5.ニュートン・コンサルティング はブラックといわれている?働き方改革の現状とは
  6. 6.ニュートン・コンサルティング のキャリアパスは主に3つの段階
  7. 7.ニュートン・コンサルティング の評判まとめ
  8. 8.ニュートン・コンサルティング の事業内容はリスクマネジメントに特化したコンサルティングを提供
  9. 9.ニュートン・コンサルティング へ転職しリスクマネジメントのコンサルティングスキルを上げよう

ニュートン・コンサルティング の中途採用情報を紹介!ポジションは2つ

Photo byStartupStockPhotos

ニュートン・コンサルティングのコンサルタント職の中途採用情報を紹介します。

 

ポジション

・リスクマネジメントコンサルタント
・ITガバナンスコンサルタント

仕事内容

・リスクマネジメントコンサルタント
顧客ヒアリング/提案書の作成/顧客へのプレゼンテーション/プロジェクトマネジメント/カスタマーリレーション/問題解決のコーチング/ドキュメント作成など

・ITガバナンスコンサルタント
サイバー演習/CSIRT構築/システム監査/グローバルプライバシーポリシー策定支援/標的型メール訓練/脆弱性診断/ペネトレーションテスト/IT研修/サービス開発業務など

応募資格

・大学または大学院卒業後、事業会社で3年以上働いた経験
・経営について一定の知識を習得
・Officeソフトスキル
・コミュニケーション力/対人折衝力
・ITに関して体感的にわかっていること

待遇

・給与:前職を考慮の上決定

・ボーナス:プロフィットシェア

・昇給 :年1回

・諸手当 :社会保険、交通費全額支給、401K、健康診断、社内イベント(懇親勉強会、全員合宿、クリスマスパーティーなど)、ライフステージ支援制度、コロナウィルス抗原検査費用負担制度、在宅勤務支援制度(備品購入費補助、光熱費補助など)、社内表彰制度、飲みにケーション、ニュートモ(ランチ代補助)制度、スマートワーク(テレワークやワーケーション等)制度

・勤務時間:9:00-18:00、フレックスタイム制度(11:00-16:00)

・週休2日制(土・日)、祝祭日、年末年始

・その他の休暇:有給休暇、産前後休暇、母体保護休暇、慶弔休暇、ファミリー休暇、インフルエンザ休暇、ワクチン接種休暇 など

・勤務地:東京都千代田区

 

iTiDコンサルティングのコンサルタントの募集内容は、上記の通りです。

仕事内容は、職種によって異なりますが、基本的には既存サービスの見直し・新規サービスの企画・立案やマーケティング関連業務などを行います。年収は公開されていませんが前職の経験によって異なるかたちとなっています。待遇・福利厚生は一般的な社会保険が完備されており、社内イベントなどのコミュニティも充実しています。

その他、インフルエンザやコロナウイルスに対する休暇制度などもあります。

 

ニュートン・コンサルティングでは基本的な待遇は完備されており、社内のコミュニケーションをよくするためのイベントも充実している企業です。

転職を考えている方は、下記に詳しい選考プロセスや年収などを記載していますので、参考にしてください。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

ニュートン・コンサルティング の新卒採用のポジションは2つ

Photo byStartupStockPhotos

ニュートン・コンサルティングの募集ポジションを紹介します。
現在新卒採用で募集が行われているのが、下記の2つのポジションです。

  • コンサルタント職
  • スタッフ職

応募条件・求められる人物像は下記のとおりです。

応募条件
2023年3月卒業 4年生大学、大学院卒業見込み(学部不問)

求められる人物像
・向上心があり自走できる人
・グローバルに興味のある人
・仕事の経験を通じて圧倒的に成長したい人 
 

ニュートン・コンサルティングは、2つのポジションで募集を行なっており、大学以上を卒業または卒業見込みがあれば応募できます。それぞれの初任給は297,000円で、32時間分の見込残業代が含まれています。
基本的な待遇・福利厚生は中途採用の場合と同じ内容となっています。応募の際には必要なスキルや資格は特にないので、求められる人物像に対して自分の強みをアピールできるようにしておきましょう。

ニュートン・コンサルティングへの転職を成功させるためには、最低条件である学歴と求められている人物像に当てはまる人材であると採用に有利になります。

応募の際は、グローバルに興味があること・向上心があることなどをアピールしましょう。成長意欲があることなど具体的なエピソードを交えて説明できるよう準備をしておくことが重要です。

ニュートン・コンサルティング の選考フローは5STEP

Photo bygeralt

ニュートン・コンサルティングの選考フローは、異なる職種であっても主な流れは同様で下記のとおりです。

  1. コーポレートサイト上のエントリーフォームよりエントリー
  2. 書類選考
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 最終面接

書類審査はエントリーフォームによる応募で行われます。書類審査が通過後は、一次面接で人となりや業務内容・働き方などについてのお互いの理解をしていきます。場合によっては筆記試験がある場合もあるようですが、事前準備はなくても大丈夫です。一次面接通過後は、二次面接でコンサルタントとしての基礎力のチェックを行います。課題が提示されるので、それに対する解決策を作成し、プレゼンをすることで必要なスキルをみられます。最終面接では、企業とのミスマッチがないかの確認を社長と行います。
選考に進むにつれて、企業が求めている人物像であるか、コンサルタントとしてのスキルがあるかに関する質問が多くなってくるので、企業研究・自己分析を十分に行い、企業の求める人物像とマッチするよう理解を深めておきましょう。

ニュートン・コンサルティング へ転職した場合の想定年収は経験やスキルによって異なる

Photo bynattanan23

ニュートン・コンサルティングの年収は、正確な数字が公開されていません。そのため、口コミサイトなどの情報から想定される年収を職種別に紹介します。

職種 年収(万円)
情報セキュリティコンサルタント 600〜1,000
コンサルタントアシスタント 320〜
ITコンサルタント 400〜1,000
リスクコンサルタント 450〜900
リスク管理コンサルタント 400〜600
リスクマネジメントコンサルタント 450〜600
 

基本的にニュートン・コンサルティングの年収は、職種によって異なるため、経験やスキルで左右します。

口コミサイトの情報であるため、正確な金額はわかりませんが、外資系の大手コンサルティングと比較すると低い水準です。また45時間までは残業代も出ないので、昼食会や研修合宿などのイベントにお金をかけないで給与にまわしてほしいと言う声が多々あります。

ニュートン・コンサルティングの年収は20代としては悪くないが、経営陣のみの調整会議で行われるで給与が上がるのは簡単ではなく、評価基準も不明確な評価制度であるといえます。ですが近年は、社員の給与の引き上げやスキルに対する手当も支給されるようになったので、改善されてきている傾向です。経験・スキルで給与が左右するので、年に1回の昇給のタイミングで、自分の実力をきちんとアピールしましょう。

転職の際には、スキル・経験などで給与が決まるので、コンサルタントとしてのスキル・経験を積んでおくこと重要です。

ニュートン・コンサルティング はブラックといわれている?働き方改革の現状とは

Photo bylukasbieri

ニュートン・コンサルティングは、一部の口コミによるとブラック企業と言われています。
今回は、その理由と対策について紹介します。
ニュートン・コンサルティングは、チームごとに仕事が割り振られます。そのチームごとに業務の負荷が異なり、業務が多いチームになると残業が月に60時間以上になることもあるため、ブラック企業だと言われています。
ブラック企業のイメージを無くすべく、働き方改革としてニュートン・コンサルティングは「健康経営宣言」を打ち立てています。
企業ビジョンである「『あの時もっとこうしておけば良かった』を世界から失くしたい」という思いから組織の「体質改善」を促し、リスクマネジメントをおこなっています。そのため、自社でも基本となる体を大切にすべく「食事、睡眠、運動、脳のトレーニング」の取り組みをセルフマネジメントと環境整備の2つの側面から推進しています。
経営の推進事項として、下記の3つを主軸に経営をおこなっています。

  1. 健康増進、ヘルスリテラシーの向上~イントラネットで発信
  2. 休暇の計画的取得と時間外労働の削減
  3. モニタリング、メンタルケアの実施


ニュートン・コンサルティングは、1人の業務の量が多いことからブラック企業と言われていますが、実際はホワイトに働くことに注力し、社員が健康に気遣い働けるようさまざまな取り組みをおこなっています。
働き方改革に沿って社員一人一人が働きやすい会社・組織をつくるべく社内イベントなどのサービスも展開しています。

ニュートン・コンサルティング のキャリアパスは主に3つの段階

Photo bygeralt

ニュートン・コンサルティング のキャリアパスについて紹介します。
ニュートン・コンサルティング のキャリアパスは主に下記の3つの段階に分けられています。

  1. 駆け出し・成長期(1〜2年目)
  2. 飛躍・充実期(3〜5年目)
  3. 全盛期(6年目)

駆け出し・成長期である1〜2年目は、先輩社員から会社のソリューションを学び、研修やOJTを通じて営業、デリバリーのノウハウを身につけます。議事録・リサーチ・データ入力などの作業から提案書の作成・提案プレゼンの実施などを行います。
飛躍・充実期の3〜5年目は、クライアントとは数年来の付き合いになり、中長期戦略の提案ができるようになるので、コンサルタントとして自信がつくようになり、社内ではリーダーの立場に成長します。事業の戦略立案・戦略遂行・チームメンバーの育成・管理などを行います。
全盛期である6年目以降は、大規模なカンファレンスへの登壇やメディア取材の対応、外部媒体での執筆などができるようになり、新ソリューションの立ち上げ・クライアントのニーズのヒアリングからマーケティング戦略の策定までを行います。

ニュートン・コンサルティング の評判まとめ

Photo byStartupStockPhotos

ニュートン・コンサルティングの評判を紹介します。

組織体制や働き方について下記に記載していますので、転職の際にはぜひ参考にしてください。

ニュートン・コンサルティング の組織体制や特徴の評判とは?

ニュートン・コンサルティングの組織体制や企業の特徴などについて口コミサイトから紹介します。


ニュートン・コンサルティングでは、海外経験者やバイリンガルの人が多いことからグローバルで優秀な人材が多いです。企業としてはソリューション・クライアントの系統別にチーム編成しているので、社員同士のコミュニケーションがしっかり取れる環境となっています。しかし上層部には設立メンバーしかいないため、社内文化・風土に変化が起こっていない面もあるようです。

ニュートン・コンサルティングの強みは、リスクマネジメント業界におけるリーディングカンパニーとしての経験と実績を兼ね備えていることで、インバウンドマーケティングに関しても強みを持っていることが挙げられています。
また、企業の弱みとしてリスクマネジメントを行う企業でありながら、自社のリスクマネジメントが甘いと言う声があり、離職者も多く体勢が弱いと感じられるなどの意見があります。

入社理由と入社後のギャップとして、ベンチャーであるため、トップとの距離が近くさまざまな仕事を経験できることに魅力を感じるが、組織が小さい分評価が固定されやすいなどの意見があります。また顧客のためという意識で働いている企業であるが、その分労働時間が長くハードな面もあるので、離職率も高い傾向にあるようです。

ニュートン・コンサルティング の働き方や環境の評判とは?

ニュートン・コンサルティングでの働きがいや環境などについて口コミサイトから紹介します。

ニュートン・コンサルティングでは、現在日本で問題となっている自然災害に貢献できる仕事があり、災害対策を行うことができるのでやりがいを感じるという声が上がっています。また案件数が多い分、さまざまな経験を得られ充実感を感じるという意見もあります。

ワークライフバランスは、時期によって残業が多い期間もあるが、フレックス制度を積極的に導入するなどの業務時間のコントロールは、仕事に慣れていくにあたり自由にできる環境です。有給休暇に関しても休みにくいという雰囲気はなく、プライベートの時間をきちんと取れる風潮があます。

キャリア面でのスキルの定着はあまりないが、入社してすぐの社員でもやりたいと声を上げれば任せてもらえる企業文化があり、営業活動にも携わることができます。

ニュートン・コンサルティング の事業内容はリスクマネジメントに特化したコンサルティングを提供

Photo bygeralt

ニュートン・コンサルティングの具体的な事業内容について紹介します。


ニュートン・コンサルティングは、リスクマネジメントに特化したソリューションを展開しているコンサルティング業務のプロフェッショナル企業です。

コンサルティング領域としては、下記の7つに大きく分かれています。

  • 全社的リスク管理(ERM)
  • 事業継続(BCP/ BCMS)
  • ITガバナンス/IT-BCP
  • サイバーセキュリティ
  • ISO等 認証取得支援
  • DX/デジタルリスク管理
  • 調査/分析
ニュートン・コンサルティングは、リスクマネジメントに特化したコンサルティングを提供し、クライアントとパートナーと共に企業の課題設定やトラブルに対する対処などの幅広いサービスを提供しています。
リスクマネジメント業界のリーディングカンパニーとして、災害に対するトラブル・サイバー攻撃に対する対処法を提供し、クライアントのリスク管理を考えた改善策をパートナーとして寄り添いながら活動している企業です。

事業体レベルでのリスクマネジメントシステム構築を支援し、クライアントと共にリスク対策の全体最適を行っています。
またクライアントの企業活動復旧フロー整備を提供していることで、企業が抱える課題の洗い出しから計画の作成まで一掃したサービスを提供している企業です。
 

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

ニュートン・コンサルティング へ転職しリスクマネジメントのコンサルティングスキルを上げよう

以上の内容をまとめると、ニュートン・コンサルティングはリスクマネジメントに関わる企業のコンサルティングを行う企業であるため、リスク回避におけるコンサルティング能力の向上ができる企業です。
転職の際には、コンサルティング、営業を行う上で必要なコミュニケーション能力や経歴が高いことが有利になるといえます。
その他にも経営に関する高いスキル・豊富な知識・経験が求められているので、自分の強みをアピールする必要があります。自分の強みが活かせるよう、転職活動を進めていきましょう。
コンサルティング経験だけでなく、営業に関わる経験・スキルに関しても求められるので、自分の持つ経験・知識をきちんと話せるよう準備をしておくことが重要です。

ニュートン・コンサルティングへの転職の際には、高いコミュニケーション力、豊富な経歴・スキルをアピールできるようにしましょう。

そのために、まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントの担当者は、高いコミュニケーション力、豊富な経歴・スキルを活かした転職サポートをしてくれます。

高いスキルを求められる難関選考の場合、ハイキャリア向けの転職情報サイト「インテリゴリラ」の利用をおすすめします。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
Fujita
ライター

Fujita

関連記事

目次

人気記事ランキング