タタ コンサルタンシ― サービシズジャパンへの転職は激務?離職率も紹介

タタ コンサルタンシ― サービシズジャパンへの転職は激務?離職率も紹介

タタコンサルタンシ―サービシズジャパンの転職情報について解説 します。 コンサルティング会社の事業内容、採用情報や社員の口コミなどの情報も公開。 タタコンサルタンシ―サービシズジャパンに興味のある方、コンサルティング会社に転職を考えている方はご覧ください。

記事の目次

  1. 1.タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンへ転職すると激務?
  2. 2.タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの転職難易度は高いか?
  3. 3.タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの募集職種
  4. 4.タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの年収
  5. 5.タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの離職率
  6. 6.タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの評判
  7. 7.タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの強み
  8. 8.タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの会社概要
  9. 9.タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの転職は自分が勝負できる職種を選ぼう

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンへ転職すると激務?

Photo bylukasbieri

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンへは、激務といわれています。

そこで実際の働く環境について、転職サイトなどの口コミ情報をご紹介します。働くにあたって評判を参考にしましょう。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンでは、裁量労働制を採用しており、プロジェクトによって忙しさが異なります。基本的にプロジェクトが進行している際は、残業になることが多く、身体を壊してしまう人もいますが、それほどの激務ではないという人もいるのが実情です。

繁忙期でなければ業務の調整がしやすく、No残業dayなども設けており、有給休暇もとりやすいことからワークライフバランスが保たれている企業といえます。

以上の内容から、タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンは激務という声もありますが、働き方改革によって職場環境がされてきている傾向が見られます。ですが、大きなプロジェクトや繁忙期になると残業が多くなることがあるため、考慮して転職を考えましょう。

難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの転職難易度は高いか?

Photo bygeralt

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの転職難易度は、比較的高いです。
その理由として、下記の理由が挙げられます。

  • 大企業である
  • 知名度が高い
  • 応募者が多い
タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンは、インド最大の財閥タタグループと三菱商事が合併したことで設立された企業です。大企業同士が合併した企業であることから、知名度が高くなっています。
そのため多くの入社企業者がおり、中途採用枠は多いですがそれでも応募者が多いことから、倍率が高い企業です。

以上の理由から、タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの転職難易度は高く、転職するのは容易でないことがわかります。タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンへ転職をする際は、募集要項を見て基準を満たしていることを確認しましょう。また、自分の強みを企業でどのように活かせるかなど、自己PRの準備をしておくことが重要です。

コンサルティングファーム・FASでの内定率向上をさせる方法をお探しの方はインテリゴリラへ

コンサルでの内定率を劇的に変える方法とは?

  • MBB出身者からのケース面接対策を無料で提供しているエージェントが存在する
  • ケース面接対策、モデリングテスト対策、複数回の模擬面接対策を行ってくれる優良エージェントをご案内
  • 志望ファームの内定実績が豊富なエージェントをご案内
  • オファー交渉可能(数百万円のサインボーナスが発生した実例多数
無料転職相談はこちら

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの募集職種

Photo byStartupStockPhotos

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの募集職種は、下記の通りです。

  • 営業職
シニアビジネス・コンサルティング・クライアントパートナー/アカウント営業責任者/インダストリー・ソリューションコンサルタント/金融部門本部長/M&Aチーム立ち上げリード
  • 積極採用職
シニアプログラムマネージャー/ITアウトソーシング・SCMビジネス・ファイナンスビジネス・テクノロジー・インダストリーコンサルタント/ライフサイエンスBPO /ビジネスアナリスト/ソリューション・エンタープライズアーキテクト
  • インフラ職
ITSMプロセス・クラウド・ネットワークSME /テクニカルリーダー/デリバリー・プロジェクトマネージャー/セキュリティコンサルタント/セキュリティアセスメント/ネットワークオペレーション/インフラマネジメント/ITSMセービスデスク/クライアントエンジニア/クラウドサービスマネージメントサポート/セキュリティソリューションアーキテクト
  • IoT&デジタルエンジニアリング
ソフトウェアトレーニングコーディネーター/ADASシステム・アンドロイドプラットフォーム開発・ADASデザインサポート・EEシステムデザインサポート・PLMテクニカル・IoTプロジェクトリーダー/オンサイト・PLMテスト・システム・QAエンジニア/アンドロイドアプリケーション間初担当者/PLMソリューション・Javaソリューションアーキテクト/アンドロイドプロジェクト・プログラム・バイリンガルプロジェクト・テスト・MESプロジェクト・マニュファクティングプロセスマネージャー/IVIデザイン/MESコンサルタント・プロセスメント&ソーシング・ビジネス・ファンクショナルコンサルタント/マニュファクティングプロセスプランナー
  • バックオフィス
法務スペシャリスト/マネージャー
  • アプリケーションエンジニア
デリバリー・プロジェクトマネージャー/チーム・IT開発リーダー/Pegaアーキテクト/リードエンジニア
  • エンタープライズアプリケーション
SAP・ファインナンスビジネス・SCMビジネス・製造業向けSAP導入シニア・アプリケーションアウトソーシングコンサルタント/セールスフォースエンジニア/プロジェクトマネージャー
  • デジタルトランスフォーメーション
テスト・プロジェクトマネージャー/UI ・UX・サービスデザイナー/テクニカル・データ・Office365ソリューション・TOSCAアーキテクト/データアナリスト/AWSソリューション/RPAテクニカルリード/ビッグデータエンジニア
  • 人事
HR人事開発/新卒採用スペシャリスト
  • 製薬業界
ライフサイエンスデリバリーパートナー/プロジェクトマネージャー/BPO/チーム・テクニカルリード/製造領域コンサルタント

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの募集職種は多様で、さまざまなポジションがあります。
職種が細かく分かれていることから、オープンポジションとなっていることも多いので、自分がやりたいことができる職種を見極めて応募するようにしましょう。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの年収

Photo bynattanan23

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの年収は、公式サイトなどで明確な記載がされていません。そのため転職サイトなどの口コミによると平均年収は約300〜1,500万円といわれています。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの年収は職種やポジションによって大きな差があるようです。中でも営業職も平均年収が高く約650〜1,500万円との口コミが多いです。
職種での平均年収の差が最も大きくなっていますが、同じ職種の中では、年功序列の傾向が見られ、年齢を重ねるとそれに伴って年収も上がっています。
タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの給与は、年に1回6月に行われる評価によって決定されます。評価制度は、以前自分が設定した目標にブレイクダウンしたのち、上長との面談で決まります。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンfでは、一定のグレードに上がると残業代がなくなり、裁量労働制手当が支給されるようになり、固定給が上がるので年収の中でも基本給が占める割合が高くなる企業です。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの離職率

Photo byStartupStockPhotos

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの離職率は、業界最低水準を維持しています。
またITサービス部門での離職率は8.9%と低い水準です。


タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンは、有機的な人材開発への投資を継続していることから、業界最高水準の実績を達成し、従業員に複数の新規技術に関する研修をなどを実施することで、従業員保持率を高めています。

 

そのため、コロナ禍による影響を大きく受けることなく、成長軌道への回帰を見据えた採用活動を進め、リモート環境下で働ける体制整備を整えるなど、従業員のストレス軽減とモチベーションの向上を目的とした、さまざまなサービスを提供しています。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの評判

Photo byStartupStockPhotos

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンは、法令主義的な傾向があるものの、20代の成長を支援した環境であることから風通しの良い企業です。
そんなタタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの評判を具体的に紹介します。

職場の雰囲気・組織体制は、「海外企業との合併企業ということもありグローバルな知見が多く見られる」「上層部の意見は絶対というような、日本の企業の風潮も見られる」「コロナ禍において全社リモートワークを導入するなど、社員にとって働きやすい環境づくりがなされているが、コミュニケーションの希薄化も感じられる」などの意見があります。

働きがいに関しては、「案件の規模に関わらず士気が高く、刺激を受けることが多い企業」「研修制度が整っており、さまざまな資格も取得できる」「プロジェクトのアサインに関しては、本人の希望があまり通らないので、キャリアパスの形成が難しいと感じる」などの意見があります。

ワークライフバランスについては、「プロジェクトの中でも事前に休暇予定を共有しておけば、比較的休暇がとりやすい環境」「毎週水曜日はNo残業dayといった残業を減らそうという取り組みがなされているので、比較的残業は少ない」「基本的にテレワークで有給休暇の取得も容易なことから、プライベートとのバランスは取りやすい」などの意見があります。

入社後とのギャップについては、「業務内容はSlerに分類され、ITコンサルティングとは異なっていると感じる」「グローバルに活動できるかは案件によって左右される環境」「外資系企業であることから英語能力を身につけておいた方がよい」などの意見があります。

以上の意見から、タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンは外資系企業と日本企業が合併した企業であるので、それぞれの企業文化が混合している企業です。自分のキャリアパスを明確にしていないと、難しい企業ともいえるので、きちんとやりたいことを決めておくことが重要です。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの強み

Photo byadamr

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの強みは、下記の4つです。

  • 業界最高水準のITサービス、ソリューションの提供
  •  デリバリー体制
  •  日本企業向けのデリバリーモデル
  •  日本市場における知見の蓄積

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンは、多くのグローバル企業に価値をもたらし、業界最高水準のITサービス・ソリューション提供している企業す。さまざまな業界の大手企業を支援するため、国内外合わせて8,000人のプロフェッショナルが豊富な知見で、各業界の特性に対する理解を元に、サービスを提案しています。
デリバリー体制では、2015年9月にインドのプネにあるTCSサヤドリパーク内に、日本企業専用のデリバリーセンター(JDC: Japan-centric Delivery Center)を開設しました。 それにより、インド以外にもJDCのサテライトセンターを設置し、日本(東京・名古屋・大阪)、インド(チェンナイ・プネ)、中国など、世界中にあるデリバリーセンターとのコラボレーションにより、各業界・技術分野に精通した各地のプロフェッショナルが連携をとり、問題の解決策を日本のクライアント視点で行なっています。
また、日本のクライアントが求めるサービスを提供するため、ビジネスの慣習や日本語を学ぶ研修施設「光アカデミー」を同時に設立し、JDCに所属するTCSのプロフェッショナルが日本の理解に励んでいます。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンは、世界各地のデリバリーセンターと人材を組み合わせ、ビジネス特性や状況に即した体制を構築し、さまざまな規模のプロジェクトにも対応すスケーラビリティを持ち合わせている企業です。また、日本だけでなくグローバルのプロジェクトに参画し、技術力や経験を培ってきたプロフェッショナルが一体となってサービスを提供に対応しています。数多くのグローバル企業にIT面の支援を行い、蓄積してきた実践的なノウハウを提供しています。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの会社概要

Photo by12019

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの会社概要を紹介します。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンは、50年の歴史を持つITサービス、コンサルティング、ビジネスソリューション企業で、日本だけでなくグローバルな視点で事業を展開しています。

社名 日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社
本社 東京都港区芝公園四丁目1番4号
発足 2014年7月1日
株主 タタ コンサルタンシー サービシズ(66%)
三菱商事株式会社(34%)
代表取締役 垣原 弘道
社員数 約3,000名 (2022年4月1日)

1968年に世界有数のコングロマリット「タタ・グループ」の IT サービス企業としてタタ コンサルタンシー サービシズが設立し、2004年に日本法人としてタタ コンサルタンシー サービシズ ジャパンが設立されました。
2012年には、デリバリーセンターとして日本TCSソリューションセンターを設立し、2014年にはタタ コンサルタンシー サービシズ ジャパン株式会社、株式会社日本TCSソリューションセンター、株式会社アイ・ティ・フロンティアを統合した日本タタ・コンサルタンシー・サービシズを発足しました。
その後も日本のクライアントに対するデリバリー体制強化のために、Japan-centric Delivery Center (JDC)をインドに開設しています。
またイノベーションやビジネス変革の実現に向けた企業支援のための共同開発ネットワーク Pace Port™ や専門性の高い IT 人材が迅速なソリューション提案を日本でできるようマネージド IT 運用サービス PRISM™ の運用拠点を東京に開設しました。

近年は、SAPを中心とした運用保守をサポートする日本企業専用のサービス拠点を社内に開設したり、TCS Pace Port™ Tokyoの一部として、エンジニアリングサービスの体験型ショールームを開設するなど、日本企業に対応した事業を幅広く展開している企業です。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

会社名 転職難易度 人気度
ボストンコンサルティンググループ ★★★★★ ★★★★
デロイトトーマツコンサルティング ★★★★ ★★★★
アクセンチュア ★★★ ★★★★★
日本M&Aセンター ★★★★ ★★★
リクルート ★★ ★★★★★
楽天 ★★★ ★★★★
Amazon Japan ★★★★ ★★★★★
インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス


「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンの転職は自分が勝負できる職種を選ぼう

以上の内容をまとめると、タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンは日本企業のグローバル化などの支援を行う企業であるため、グローバルに活躍できるコンサルティング能力の向上ができる企業です。
転職の際には、コンサルティング、事業支援を行う上で必要なコミュニケーション能力や経歴が高いことが有利になるといえます。
職種によって異なりますが、高い英語スキル・コンサルティング経験が求められているので、自分の強みをアピールする必要があります。自分の強みが活かせる部署、やりたいことができる部署を見定めて転職活動を進めていきましょう。

タタ コンサルタンシ― サービシズ ジャパンへの転職の際には、高いコミュニケーション力、豊富なスキル・経歴をアピールできるようにしましょう。

そのために、まずは転職エージェントに登録することをおすすめします。転職エージェントの担当者は、高いコミュニケーション力、豊富なスキル・経歴を活かした転職サポートをしてくれます。

高いスキルを求められる難関選考の場合、ハイキャリア向けの転職情報サイト「インテリゴリラ」の利用をおすすめします。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

転職選考体験記のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
Fujita
ライター

Fujita

関連記事

目次

人気記事ランキング