【2021年版】凸版印刷への転職は難しい?選考フロー・コロナの影響まで

【2021年版】凸版印刷への転職は難しい?選考フロー・コロナの影響まで

凸版印刷への転職は難しいと評判で、その理由は求められる専門性の高さと同社の未来が明るく人気が高いことにあります。印刷テクノロジーをベースに半導体・FPD関連、アウトソーシングまで幅広く事業展開を行う凸版印刷への転職のために突破するノウハウを紹介します。

記事の目次

  1. 1.凸版印刷への転職は難しい!
  2. 2.凸版印刷の会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!
  3. 3.凸版印刷の転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?・
  4. 4.凸版印刷の転職の選考フローや面接傾向は?
  5. 5.凸版印刷への転職の面接対策方法とは?
  6. 6.凸版印刷に転職したい方への求人情報
  7. 7.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?
  8. 8.凸版印刷への転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

凸版印刷への転職は難しい!

凸版印刷への転職はインテリゴリラが総合的に評価したところ、【専門性が求められる】【景気の先行きが楽観的】という理由で転職難易度が高くなってきています

専門性が求められるという点では、凸版印刷が主力事業とする印刷テクノロジーや半導体およびFPD関連製品を製造、保守、営業するどの活動においても、高度な知識や経験が必要になってきます。
景気の先行きが楽観的という点では、景気の動向に左右される建設材、半導体、FPDという面で凸版印刷には追い風です。
昨今の新型コロナウイルスの感染拡大下での経済の再開期待から、建設材、半導体、FPDの社会からの需要が高く、企業の先行きも明るいため、将来有望であるとされています。

2021年の凸版印刷の動向やコロナの影響・課題やリスク

2021年度の凸版印刷は、株価も業績も堅調です。
印刷技術はもちろんのこと、コロナ禍で普及したパソコン、5G、電気自動車、IoTという社会環境の中で、凸版印刷が手がける半導体関連、FPD関連の需要が増し、業績も右肩上がりになっています。
しかし、今後、コロナ特需が終わり景気が冷え始めた際には、同社にとって逆風になってしまうので、注意が必要です。
凸版印刷は年収が高く人気の職種なので、中途入社の難易度は高いと言えます。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。

凸版印刷等の難関企業の転職選考体験記ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。
 



インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

凸版印刷の会社概要や事業内容とは?どこよりも詳しく解説!

Photo byPexels

凸版印刷は、「印刷テクノロジー」をベースに「情報コミュニケーション事業分野」、「生活・産業事業分野」および「エレクトロニクス事業分野」の3分野にわたり幅広い事業活動を展開しています。
そんな凸版印刷の会社概要は下表の通りです。
会社概要

社名 凸版印刷株式会社
所在地 (本店)
〒110-8560 東京都台東区台東1丁目5番1号
TEL:03(3835)-5111 (大代表)

(本社事務所)
〒112-8531 東京都文京区水道1-3-3
TEL : 03(3835)-5111
創業 明治33年 (1900年)
代表者 代表取締役社長 麿秀晴
資本金 104,986 (百万円) (2021年3月末現在)
業績
連結売上高
1,466,935 (百万円)
連結営業利益
58,789 (百万円)
連結経常利益
58,053 (百万円)
(2021年3月末現在)
従業員数 連結 52,401名 (2021年3月末現在)

凸版印刷の近年の業績と事業内容

凸版印刷の近年の業績は下表の通りです。

凸版印刷の業績は近年安定しています。
従来の印刷技術をベースに、「情報コミュニケーション事業」、「生活・産業事業」および「エレクトロニクス事業」の3分野を展開しています。

情報コミュニケーション事業

円滑なコミュニケーションを求めるお客さまに対し、「情報の価値を高める」、「情報を効果的に届ける」ソリューションを提供する事業分野です。
情報コミュニケーション事業では、セキュア関連・コンテンツ・マーケティング関連・BPO関連を展開しています。
セキュア関連では、最先端かつ適切なセキュリティシステムを提供し、コンテンツ・マーケティング関連では、マーケティング×テクノロジー×クリエイティブの融合によるソリューション展開
を行っています。
BPO関連では、全国の拠点と強固なセキュリティでアウトソーシングをサポートしています。

生活・産業事業

快適で安心できる生活環境づくりを目指し、さまざまな製品・サービスをグローバルに提供する事業分野です。
生活・産業事業では、パッケージ関連・建装材関連を展開しています。
パッケージ関連では、幅広い領域で総合的なパッケージングソリューションを展開し、建装材関連では、快適で安心・安全な生活空間をプロデュース高機能・エネルギー関連高品質・高性能な製品をグローバルに提供しています。

エレクトロニクス事業

エレクトロニクス事業では、微細加工技術をベースに、エレクトロニクス関連の製品を提供する事業分野です。
半導体関連とディスプレイ関連を展開しています。
半導体関連では、高度な技術力で半導体産業をトータルにサポートし、半導体フォトマスク、カラーフィルタ、LC MAGIC、LCD製品を提供しています。
ディスプレイ関連では、先進の技術と生産力で高品質なディスプレイ関連製品を提供しています。

【2021年版】大日本印刷への転職は難しい!理由は安定業種である故の高い競争率にあり!のイメージ
【2021年版】大日本印刷への転職は難しい!理由は安定業種である故の高い競争率にあり!
大日本印刷は競争率が高いため、転職難易度は高いです。この記事では大日本印刷の転職難易度や転職が有利になる人の特徴、転職希望者への求人について解説しています。大日本印刷へ転職したい方には必見の内容なのでぜひ最後までご覧ください。

凸版印刷の転職で求められる人物像や転職する人の特徴とは?・

Photo byDariuszSankowski

凸版印刷の転職で求められる人物像は下記二点です。

凸版印刷の転職で求められる人物像

  • 関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行まで行うことができる
  • 価値観や立場の異なる人と協力して成果をあげることができる

凸版印刷の業務内容は様々な分野をこなさなければならず、その分様々な価値観や立場の人との交流が盛んになります。
そして新しいアイディアを発案するにはどのようなものが求められているのか、また、利益をあげられるものとして製品化するには生産コスト等課題を引き出し解決する力も求められます。

また、取引先の人とだけではなく、社内の様々な人との関わり合いの中で仕事をしています。
編集サイドと社内の制作サイドはそれぞれにプロ意識を持ってより良いものを作ろうとしています。
そんな中でそれらの人を有機的につなぎ、進行や管理を行う能力は非常に高く評価されます。

凸版印刷の転職の選考フローや面接傾向は?

Photo byAenigmatis-3D

世界最大規模の総合印刷会社として知られる凸版印刷への転職。
中途採用面接は新卒の場合と違い、これまでの仕事への取り組み方や成果を具体的に問われるほか、キャリアシートだけでは見えてこない「人間性」も評価されます。
即戦力として、一緒に仕事をする仲間として、多角的に評価されるので、事前にしっかり対策しておきましょう。

凸版印刷の転職の選考フロー

書類選考通過後、内定までには通常3回の面接があります。
1次面接は人事部担当者が面接官となりますが、2次面接・3次面接は現場管理職や人事部長、役員など、ケースに応じた役職者との面接になることが多いです。
エントリーシート通過後にグループディスカッションを挟んだ人もおり、志望する部署・ポジションによって選考プロセスが異なる場合もあります。

面接では、オーソドックスな質問に交じって、ときに意表を突く質問をされることもあります。
予想外の質問に慌ててしまい、うまく自分をアピールできなかった…ということのないよう、落ち着いて面接に臨みましょう。

凸版印刷の転職の面接傾向

「あなたの強み・弱みは何か」「転職したい理由は?」というような、面接ではオーソドックスと言える質問はもちろん、少し目線を変えた質問をされることがあります
「面接前日時点での凸版印刷の株価」や「街で見かけた面白いもの」について質問されたという口コミがありました。志望する企業・業界に関連する情報に対してどれだけアンテナを高く張っているかを問われているようです。
日頃から幅広い情報に触れるようにし、会話の引き出しを多く持っておきましょう。

また、面接の雰囲気について散見されたのが「圧迫面接気味だった」という口コミです。
応募者の臨機応変さやストレス耐性を見るためか、当たりの強い質問をされることもあるようです。「(応募者の)回答に対し『そんなふうに見えないけど?』と切り返された」という口コミや、「持参した自己PR資料を見せたところ『それを使ってこの場でプレゼンしてください』と言われた」という口コミがありました。
答えや対応に窮し、とんちんかんな回答をしたり沈黙が続いたりすることだけは避けたいものです。
面接官に気圧されないよう、こうした質問が出る可能性を踏まえて心の準備をしておきましょう

【2021年版】リコーへの転職は難しい!理由は求められるスキルと待遇が高いため!のイメージ
【2021年版】リコーへの転職は難しい!理由は求められるスキルと待遇が高いため!
リコーは求められるスキルが高く待遇が良いため、転職難易度は高いです。リコーの転職難易度や転職が有利になる人の特徴、転職希望者への求人や評判口コミについて解説しています。リコーへ転職したい方には必見の内容なのでぜひ最後までご覧ください。

凸版印刷への転職の面接対策方法とは?

Photo byFree-Photos

凸版印刷への転職の対策方法としては、下記の3点をしっかり把握することが大切です。

凸版印刷への転職で必ず覚えておくべきポイント3選

  • 会社を経営する上での基本方針
  • 中長期的な会社の経営戦略
  • 会社の対処すべき課題

会社を経営する上での基本方針を知ることで、凸版印刷という会社のアイデンティティを知り、自己分析と重ね合わせることで、同社へのすり合わせを行うことができます。

中長期的な会社の経営戦略について把握することで、会社の未来や行先を把握することができます。

また、会社の対処すべき課題やリスクをす知ることで、同社の脅威を知り、より、俯瞰的に凸版印刷を見ることができます。

凸版印刷を経営する上での基本方針

凸版印刷グループは、「常にお客さまの信頼にこたえ、彩りの知と技をもとにこころをこめた作品を創りだし、情報・文化の担い手としてふれあい豊かなくらしに貢献する」ことを企業理念として掲げ、お客さまや社会とともに発展していくことを経営の基本方針としています。
21世紀の企業像と事業領域を定めた「TOPPAN VISION 21」に基づき、全社員が目的意識と価値観を共有し、新しい技術や事業の確立に挑戦するとともに、社会との関わりのなかで企業倫理を遵守し環境と安全に配慮した企業活動を推進していきます。

凸版印刷の中長期的な会社の経営戦略

凸版印刷は、この度の世界的な新型コロナウイルス感染症拡大を踏まえ、BCPのさらなる強化を進めると同時に、感染症収束後の消費者行動や価値観の変化に向けた対応を推進しています。
中期的な経営課題として、収益力の向上を目指す「事業ポートフォリオの変革」、新たな成長を創出する「経営基盤の強化」、持続的な価値向上を支える「ESGへの取り組み深化」を重要な経営課題と位置づけ、「Digital & Sustainable Transformation」をキーコンセプトに、次の施策を展開することにより経営資源の最適配分と有効活用を進め、さらなる事業の拡大を図っていきます。

凸版印刷の対処すべき課題

凸版印刷グループは、新型コロナウイルス感染症の拡大抑止及び従業員の安全確保を目的に「新型コロナウイルス対策本部」を2020年2月に立ち上げました。
社内対応としては、ピークシフト通勤やテレワーク、また子供の学校の休校等により出社困難となった従業員が利用できる特別休暇制度の導入などの対策を速やかに実施しました。
今後も、従業員の安全確保を第一に、会社として感染拡大防止に努めるとともに、社会インフラの維持に必要不可欠な事業、例えば食品や医療医薬に用いられる包材等について、BCP(事業継続計画)に沿って、継続的かつ安定的な供給を行うことで社会課題の解決に貢献していきます。

川崎重工業への転職は難しい?コロナの影響や求人情報・面接フローも解説!のイメージ
川崎重工業への転職は難しい?コロナの影響や求人情報・面接フローも解説!
川崎重工業への転職は景気悪化の影響や需給の問題により、難しくなっています。川崎重工業の持つ事業、新型コロナウイルスの影響とその先、中期的な経営目標など川崎重工業の転職に役立つ情報を載せています。過去に求人があった職種やその面接フローも確かめ、転職に対して万全の対策をしましょう。

凸版印刷に転職したい方への求人情報

Photo byFree-Photos

次に、凸版印刷の中途採用の求人情報を紹介いたします。
公式HPを参考に現在募集が行われている求人について紹介します。

【ポジション マーケティング事業部 プロモーションデザイン本部2部】

  • 職務内容

医療用医薬品ビジネスに関する様々なステークホルダー(医療従事者/患者さん等)に向けたコミュニケーション戦略の企画立案および施策の実行。

  • 必要なスキルや資格

医療用医薬品メーカーでの営業(MR)経験(新薬ローンチの告知方法、医療従事者とMRのコミュニケーション手法を理解していること)
マーケティング領域への強い興味・関心

  • 勤務地

東京都 千代田区 富士見一丁目8番19号住友不動産千代田富士見ビル


現在、凸版印刷ではBPO業務、新規事業、マーケティングなど幅白い職種でそれぞれ採用募集があります。
コーポレートサイトでは随時、募集される職種が変わるので、こまめにコーポレートサイトをチェックしておくと良いでしょう。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られるインテリゴリラとは?

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに完全非公開の選考情報をご提供している転職メディアです。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

 

企業名 人気度
リクルート ★★★★
楽天 ★★★★
Speee ★★★
エムスリー ★★★
サイバーエージェント ★★★
メルカリ ★★★


インテリゴリラでは、上記のような各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

特別選考へ挑戦できる

 会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

凸版印刷への転職を成功させたいならしっかりとした準備を!

インテリゴリラLINE公式アカウントに相談

凸版印刷の中途採用が難しい理由、会社概要や事業内容、選考フロー、求める人物像、求人情報を紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

凸版印刷は、求められる専門性は非常に高いですが、印刷テクノロジーや半導体及びFPD (フラットパネルディスプレイ)関連まで現在の社会に必要な部分を担っていることから、転職市場では人気を博しています。
そんな凸版印刷では、中途採用が難しいだけでなく、年収も高水準である為、応募者も優秀な人材が殺到します。
そういった難易度の高い凸版印刷への転職は情報収集が大切になります。
具体的には、過去にどのような人材が転職に成功したのか、また、選考フローではどのような質問をされ、どのような受け答えをすることで合格を掴み取れたのかという事です。
通常、転職活動での選考体験記は情報が出回っていないため、閲覧をすることは難しいですが、インテリゴリラでは可能です。
是非、インテリゴリラを活用して転職活動を有利に進めてみてはいかがでしょうか。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

有名企業の選考実体験を掲載 | 転職ならインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

インテリゴリラの公式LINEアカウントから、非公開の転職情報を受け取りたい方は下のボタンをクリックしてください。

友達追加
亀ちゃん
ライター

亀ちゃん

新卒でコンサルティングファームに入社し、様々な業種のクライアントの課題解決に取り組む。コンサルティングファームで得た人脈やスキルを活かし、フリーコンサルタントとして独立。コンサルティングファームで得た専門性を基に、コンサルティングファームや難関企業の記事を執筆。

関連記事

目次

人気記事ランキング