【2021年版】日本ガイシの平均年収は777万円と高い!理由は複数製品の売上の良さにあり!

【2021年版】日本ガイシの平均年収は777万円と高い!理由は複数製品の売上の良さにあり!

日本ガイシの平均年収は777万円(2020.3期)です。安定的に推移しており、2019年は789万円、2018年は785万円、2017年は786万円でした。年収が高い理由や、職種や年齢別の年収、初任給、給与・評価制度等も解説しています。日本ガイシに就職・転職を考えている方はご覧ください。

記事の目次

  1. 1.日本ガイシの平均年収は777万円と高い!理由は営業利益率の高さにあり!
  2. 2.日本ガイシの職種別・年齢別の平均年収とは
  3. 3.日本ガイシの競合との年収比較
  4. 4.日本ガイシの年収や評価制度に関する口コミ
  5. 5.年収が高い日本ガイシに転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  6. 6.日本ガイシの中途採用を成功させたいならしっかりとした準備を!

日本ガイシの平均年収は777万円と高い!理由は営業利益率の高さにあり!

Photo byColiN00B

日本ガイシの平均年収は777万円で【営業利益率が高い】という理由で高いです。
これは、他業種と比較しても高い水準であるといえます。

日本ガイシは2020年3月の営業利益は532億円で、前年度からは80億程度下がっているものの、いずれにしても高い水準で推移していると言えます。
この背景には、車載用高精度NOxセンサーや自動車関連製品の売上が好調であること、また、半導体製造装置部品の売上が好調であることが影響しています。
これらの影響もあり、日本ガイシは土石製品の業界年収ランキングで第5位にランクインしており、高い年収を誇っています。

日本ガイシの事業内容はセラミック技術を中心としてエネルギー、エコロジー、エレクトロニクスの事業領域で下記の事業を展開しています。

  • セラミックス事業
  • プロセステクノロジー事業
  • エレクトロニクス事業
  • エネルギーインフラ事業


 

社名 日本ガイシ株式会社
創立 1919年5月5日
資本金 698億円(2020年3月)
代表取締役 代表取締役会長 大島 卓
代表取締役社長 小林 茂
従業員数 単独 4,224人(2020年3月現在) 臨時870人(2019年度平均)
連結 20,000人(2020年3月現在) 臨時3,310人(2019年度平均)
本社所在地 〒467-8530 名古屋市瑞穂区須田町2番56号

日本ガイシは転職希望者から人気があり、入社の難易度は高いと言えるでしょう。
入社難易度が高い企業への転職を有利に進めるには、面接を通過するポイントやアピールすべき点を把握しておくと良いです。
面接の内容については内定者からの情報を得るのが一番です。
情報収集におすすめのサイトを紹介します。

日本ガイシなどの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

日本ガイシの職種別・年齢別の平均年収とは

Photo bykschneider2991

ここでは、日本ガイシの職種別・年齢別の平均年収について解説をしていきます。

日本ガイシは年次を重ねるごとに年収が上がる傾向があり、50代を超えると1,000万円を超えることも可能なようです。
これらにより年功序列の色が強い会社であると言えるでしょう。
特徴としては研究開発職の年収が高くなっているようです。

また、平均年齢は38.8歳、平均勤続年数が13.7年となっており、長く勤める人が多いようです。
年齢や職種によって年収が異なるので、転職をお考えの方は事前にしっかり確認しておきましょう。

日本ガイシの職種別の平均年収

まずは日本ガイシの職種別(生産技術・品質保証・自動車部品の設計・設計開発・研究開発業務)の平均年収を紹介いたします。

職種 平均年収
生産技術 584万円
品質保証 565万円
自動車部品の設計 553万円
設計・開発 569万円
研究開発業務 585万円

上記の表を見ると研究開発職の平均年収が一番高い結果になっています。
こちらはどこの会社でも基本的には開発系や技術系は専門的な知識が必要であり、このように年収が高い結果になっています。
あくまで口コミのデータですので、参考程度にしてください。

日本ガイシの年齢別の平均年収

次に日本ガイシの年齢別(20代から50代)の平均年収を紹介いたします。

年齢 平均年収
20代 400万円
30代 550万円
40代 600万円
50代 1,000万円


日本ガイシは年功序列の色が強く、上記の表からも分かる通り、特に40代から50代において年齢による上がり幅が大きいです。
50代で年収1,000万円も目指せるラインに達成する見込みです。

日本ガイシの初任給

日本ガイシの初任給は22万円から24万円程度のようです。
この初任給は日系大手企業と比較すると、ほぼ平均と同水準であるといえそうです。

区分 初任給
院卒 月給241,900円
大卒 月給222,900円

上記ように、初任給は平均と同水準ですが50代になると1,000万円の年収を目指せるほどの水準まで上がる傾向があり、日系大手企業に比べると年収面は高水準であると言えるでしょう。

日本ガイシの競合との年収比較

主要な土石製品業界の企業について、有価証券報告書を参考に平均年収を比較したところ、上記の表のような結果になりました。
結果としては業界内では5番目に平均年収が高くなっており、複数の製品で売上が好調なことが関係していると言えるでしょう。

日本総合研究所の平均年収はいくら?ボーナスや評価制度など徹底解説!のイメージ
日本総合研究所の平均年収はいくら?ボーナスや評価制度など徹底解説!
日本総合研究所への転職で気になる平均年収、給与制度、ボーナス、評判・口コミを紹介します。年収が高いと評判のコンサルティング業界で、SMBCグループの安定した地盤を持ち、シンクタンクからコンサルティングまで幅広くこなす日本総合研究所へ転職をお考えの方は必見です。

日本ガイシの年収や評価制度に関する口コミ

Photo byStockSnap

次に年収に関する口コミをインテリゴリラが独自に調査しました。
口コミの特徴としては、他社と比較してかなり高水準な給与であるなどポジティブなものが多く見受けられました。
評価制度について形骸化している等の不満の声もありますが、総合的に待遇面は良いと言えるでしょう。

男性

男性

・給与制度
給与は同世代の中ではかなり高待遇であると感じる。
若手でも海外事業に携わるチャンスが多くあり、その場合は海外手当等で給与が大幅に増加する。
業績連動型の管理職以外は、賞与の変動はほぼなく安定した額を支給されている。

・評価制度
非管理職の評価制度は数年前に見直されていますが、形骸化してしまっており見直し前とあまり変わっていないと感じます。
管理職も年功序列な風習が残っており、納得の行かない昇進も正直ある。
長く働く分には優しい会社であると感じる。

女性

女性

・給与制度
基本給自体はそこまで高水準ではないが、ここ数年上がっているように感じる。
ボーナスの支給額は最近6.5ヶ月以上出ているので、業績が良いと従業員に還元される仕組みはしっかりあるように感じる。
残業代は満額支給されるので不満はない。

・評価制度
仕事ができる人が評価されやすくなっているところはあるが、年功序列の色は強い。
主任への昇進試験は論文と面接が行われる。

年収が高い日本ガイシに転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

日本ガイシの中途採用を成功させたいならしっかりとした準備を!

フリー写真素材ぱくたそ

この記事では、日本ガイシの年収を職種別や年齢別に分けて詳しく解説してきましたがいかがだったでしょうか。
本記事の主なポイントは下記の通りです。

この記事のポイント

  • 日本ガイシの平均年収は777万円であり、他業種や同業他社と比較しても高い給与水準である
  • 高年収の理由としては、自動車関連製品の売上が好調であること、また半導体製造装置部品の売上が好調であることが挙げられる
  • 日本ガイシは年功序列の特色が強い会社であり、年次を重ねるごとに年収が上がる傾向があるが、直近では評価制度が見直されており実力が評価されやすくなる動きがある

記事を読んでいただいてわかる通り、日本ガイシは年収が高く成長できる環境が整っているため、転職者からも非常に高い人気があります。
日本ガイシをはじめとする日系大手企業には新卒採用が多いという特徴があり、比較的転職難易度は高いことが予想されます。

転職活動を有利に進める上で重要なポイントは、転職先の働き方を知ることの他、選考情報を深く知ることが大切です。
選考フローには企業ごとに色があり、評価ポイントは千差万別です。
インテリゴリラでは内定者に実際にインタビューをして得た内定のポイントや面接の質問等の選考体験記が無料で読める、転職情報サイトです。
確実に内定を勝ち取りたい方は必見の内容になっているので、ぜひご一読ください。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

関連記事

目次

人気記事ランキング