【2021年版】テラスカイはホワイト企業と評判?口コミから年収や退職理由を調査!

【2021年版】テラスカイはホワイト企業と評判?口コミから年収や退職理由を調査!

Salesforceの分野で圧倒的な強みを持つテラスカイは、市場からの評判も良く人気の高いIT企業です。そこで今回はテラスカイで実際に働いている社員の声をもとに、福利厚生や年収、成長性などについての評判を徹底解説していきます。

記事の目次

  1. 1.テラスカイは風通しの良さと成長環境が評判!
  2. 2.テラスカイの退職や離職率に関する評判や口コミ
  3. 3.テラスカイの年収・福利厚生に関する評判や口コミ
  4. 4.テラスカイの仕事のやりがい・成長に関する評判や口コミ
  5. 5.転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト
  6. 6.テラスカイなどの評判は内定者に聞こう!

テラスカイは風通しの良さと成長環境が評判!

Photo bygeralt

全国に多くの関連会社を抱えるテラスカイは、比較的若いうちから大きな仕事に携わり、成長ができる環境が揃っているベンチャー企業です。

テラスカイでは社員教育に非常に力を入れており、スキルアップを目指すエンジニアなどには徹底したサポート体制を準備しています。
また若いうちから大きな案件に携わることができることに加えて、上司や先輩からのフォローも厚く、非常にフラットな職場な環境です。
そのため、積極的に意見を発信することもでき、根拠のある意見であれば、上層部も積極的に取り入れます。
部署により異なりますが、全体を通してみるとチームワークも良く、社員同士が成果を上げるために協力しているのがテラスカイの現状です。

テラスカイなどの難関企業への転職ならインテリゴリラ

インテリゴリラが内定者に直接インタビューした情報によると、転職活動をしようと考えている方や、既に始めている方の多くが持っている悩みは3点あります。

転職活動をする上で多くの人が悩んでいること

転職活動は新卒の就職活動よりも難易度が高いです。その理由は、年齢・現職の業界や業務内容・志望業界などが無数に存在し、「とりあえずココに行けばOK」のような正解がありません。企業選びをする上で、転職軸を決め、内定を獲ることができるかを検討したいです。
志望企業が決まっている方は、転職の選考対策方法に困っているのではないでしょうか。中途採用の選考基準は細かく書かれていたり、日々更新されているわけではありません。どういった人を募集をしているのか、自分が内定を獲ることができそうかは転職に成功した人の実体験をヒアリングする必要があります。
選考対策をして、転職をすると覚悟を決めた方は、最後はどのように内定を獲ることができるか知りたいでしょう。内定者の面接内容を確認したり、内定実績がある人に協力してもらいながら、書類選考・面接を進めていきましょう。

上記の3つの悩みを解決してくれるのが、インテリゴリラの選考体験記です。
インテリゴリラの選考体験記は、内定者の学歴、社歴、職務経歴書、志望動機や転職軸、自己PR、選考対策方法、1次面接・2次面接・3次面接・最終面接での回答内容、内定理由、応募者へのアドバイスを全て余すところなく書いています。

インテリゴリラの選考体験記はコチラ

掲載企業一覧 | 転職選考体験のインテリゴリラ
内定者だけが知る内定方法を完全公開。ここだけにしかない中途採用内定者の選考体験記(選考対策、志望動機、自己PR、職務経歴書、面接の質疑応答等)を読んで確実に内定獲得へ。特別選考のご案内や、真のNo.1ヘッドハンターや現役社員のご紹介も。

テラスカイの退職や離職率に関する評判や口コミ

Photo byFirmbee

テラスカイの離職率に関しては具体的な数字が出ていませんが、口コミなどを参考にすると、極めて高いわけではないものの、一定数退職者はいるとのことです。

大きな原因としては、他社へ移ることで年収アップを目指す人が多い傾向などがあり、退職理由としてはネガティブなものがやや多い印象です。

女性

女性

周りを見ると、極端に辞めていく人が多いわけではないですが、一定数他社に移っていく人は多い傾向にあります。
テラスカイではSalesforceに強みを置いて現在注力して事業展開をしていますが、他の分野を学びたい人からは途中で飽きてしまうとの声が出ている印象です。

加えて年収があまり高くないことに関して満足がいっていないエンジニアも多く、他社から魅力的な条件を提示され、引き抜かれていくことも少なくありません。
特に優秀な人ほど好条件でスカウトを受けているようで、徐々に優秀な人が抜けていってしまうイメージがあります。

中途入社に関しては、50代の管理職の中途採用を積極的に行っています。
しかし、管理職を外部からの採用に頼っているためか、現役社員の成長やポストが圧迫され、入ってきて特に何もできない人が良い給料をもらっているように思えます。
そのあたりも、現場からは不満の声が出ており、なかなか出世できないことに嫌気をさし、他社に移る人も比較的多くいます。

このように退職者の理由は様々あると思いますが、私の周りだとあまりポジティブな理由で退職する人が少ないと思います。
多くの人がネガティブな理由で会社を辞めてしまうため、上層部には現場の状況をもう少し理解してほしいです。

【2021年版】転職で年収アップを実現させる方法は?4つの方法や上がりやすい業界・職種を公開のイメージ
【2021年版】転職で年収アップを実現させる方法は?4つの方法や上がりやすい業界・職種を公開
「年収を上げたい」「転職で年収アップしたい」という方が多いですが、転職すれば必ずしも年収アップするとは限りません。本記事では転職で年収を上げる方法や注意点、上がりやすい業界などをご紹介します。転職で年収アップしたい方は、ぜひ参考にしてください。

テラスカイの年収・福利厚生に関する評判や口コミ

Photo bynattanan23

テラスカイの年収に関しては、他社と比較してそこまで高いこともなく、業界の平均あたりといったところです。
そのため、社員からは特段高評価が出ていないのが現状です。

一方で福利厚生に関しては、残業時間が少ないなどポジティブな意見も多く見られました。

男性

男性

年収に関しては他社と比べると低いと思います。
年俸制のため年収を12で割って支給されますが、ベースサラリーも低い方です。
また規定上決算賞与がありますが、ほとんどないに等しいと言ってよいでしょう。
上場企業に勤める他社の同世代と比較しても、100万円近く年収の差もありますし、年収を求めるのであればテラスカイはあまりお勧めできません。

平均的に見ると残業時間は少ない方ではありますが、そもそも見込み残業が45時間あることも考慮すると、結局のところ総合的な労働時間は長い方です。
基本的に残業規制があり8時を超える残業は申請が必要ですが、申請を出さずにサービス残業で業務を行っている社員も多くいます。
せめて賞与と残業代が払われれば、もう少し年収も上がると思うので、そのあたりは課題として残っていると言えるでしょう。

評価制度もやや曖昧で、結局のところ直上司からの評判に左右されることが多々あります。
そのため、評価制度の透明性がなく、自身の年収を決める上では上司との話し合いがカギを握ります。

ただ一方、開発能力を極めてキャリアアップを目指せるスペシャリスト制度があるため、管理職にならずとも年収アップを目指すことができます。
現場でスキルを磨き続けたいエンジニアからは非常に評判が高く、人をマネジメントするポジションではなく、自身がプレイヤーとして長く勤めたい方には良い制度と言えます。

女性

女性

テラスカイの福利厚生については、平均的な水準で特段悪いこともなく、ある程度満足しています。

技術力に重点を置いているテラスカイでは、エンジニアをバックアップするための様々な制度が整っています。
そのため、技術力向上のための研修が多く設定されていたり、業務に必要な資格の取得においては、会社が負担してくれるなど、スキルアップするには良い環境です。

また社員食堂もあったり、オフィスづくりにも力を入れているため、社員が働きやすい環境も配慮していると思います。
現在では積極的にテレワークや時短勤務なども行っており、以前に比べ働き方も自由に変化しています。

全体的に見ると社員を大切にし、働きやすい環境や技術力向上の支援も行っているため、福利厚生に関しては満足度は高いです。

ただ退職金がないことが非常にネックで、上場企業で業界をリードする会社であれば、退職金はあっても良いのではないかと思います。
加えて年収が低いため、生涯テラスカイで勤めていけるかどうかはやや心配に思うことも少なくありません。

転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!のイメージ
転職の面接回数は平均何回?一次から最終面接まで面接官がみるポイントを紹介!
「転職の面接は平均何回行われるの?」「面接回数が変わる理由は何?」と気になっている人は多いのではないでしょうか?この記事では「転職で面接が平均何回行われるのか」「面接回数が増減する理由」「面接で気を付けるポイント」について説明しています。

テラスカイの仕事のやりがい・成長に関する評判や口コミ

Photo byFree-Photos

年収や福利厚生ではややネガティブな意見が多いテラスカイですが、やりがいや成長に関しては高評価の声が多く出ています。
特に1つの分野で技術力を極めたり、ベテランからのサポートが厚いなど、若いうちから十分な経験を積むことができる環境が整っています。

男性

男性

40代、50代のベテランが多く、面倒見も良いため困ったときなどは頼りにできますし、積極的に自分から案件に関わることもできます。

Salesforceを扱っている会社の中でも、特にテラスカイは規模が大きいため、ビッグプロジェクトが多く、やりがいは非常に感じます。
特に国内の有名大手企業との取引が多いため、他社では携われないようなダイナミックな案件も多く、大変ではあるものの、着実に実力はついていると思います。

合わせて会社が資格の取得を強く推奨していることに加え、受験費用の負担などバックアップ体制も整っています。
さらに資格取得手当なども多数あるため、若いうちから技術力の向上を考えているのであれば、スキルアップにはうってつけの職場だと思います。

年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2021年最新版】のイメージ
年収1000万円以上稼げる仕事内容・職業・生活は?【2021年最新版】
年収1000万円以上を稼げる仕事には、どのような職業があるのでしょうか。年収1000万円稼げるかどうかは企業や業種によっても変わります。今回は、年収1000万円稼げる仕事の職業や業界、年収1000万円稼いだ場合の手取りなどを紹介していきます。

転職したい人必見!内定者の選考体験が見られる唯一の転職サイト

ロゴPhoto by 転職ゴリラ

インテリゴリラ』は、最難関企業への転職を目指すハイキャリア志向の方向けに
完全非公開の選考情報をご提供している転職メディア
です。
実際に内定を獲得した方々から独自インタビューを実施した内容ですので、
完全に独自のコンテンツとなっています。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

各業界トップ企業の選考体験記が網羅

リクルート/ベクトル/Speee/エムスリー/SmartHRなど、
各業界No.1の難関企業の選考体験記が掲載してあります。

また、一般的な選考体験記と大きく異なり、インテリゴリラの選考体験記からは
下記の情報が得られます。

内定者が職務経歴書で何をPRしたのか
面接での質問とそれに対する効果的な解答とNG解答例
内定者から応募者への面接アドバイス

「読むだけで内定獲得の勝ち筋がわかる」
ほど詳細な選考情報が網羅されているのが最大の特徴です。

リクルートの選考体験記はこちら

特別選考へ挑戦できる

会員登録いただいた方限定で、業界No.1エージェントによるサポートや社員紹介(リファラル)での選考のご案内など、
幅広いご案内が可能です。特別選考の場合には、
書類審査なし/1次面接免除/社長面接確約/土日面接などのご案内ができる可能性があります。

自分のスキルやキャリアに自信のある若手の方は、
志望難関企業の内定に近づくために是非登録しておきましょう。

インテリゴリラ 公式サイトはこちら

テラスカイなどの評判は内定者に聞こう!

Photo bygeralt

現役社員からの評判を見てみると、高評価と低評価が分かれる形となったテラスカイですが、若手の成長環境や資格取支援など、スキルを伸ばしたい若手からは非常に支持の熱い企業です。

そのため、テラスカイへ転職を目指すのであれば、実際に内定をもらった人や入社した人の意見を参考にすると良いでしょう。
インテリゴリラでは実際の内定者や選考経験者の声を多く取り扱っていますので、ぜひ登録を済ませリアルな声を参考にして下さい。

有名一流企業の選考体験記は一覧はこちら

Noah
ライター

Noah

札幌の広告代理店で営業兼ライターとして活動しているNoahです。 HR領域全般のライティングをメインに活動しています。 「IT企業」「ベンチャー企業」「コンサルティング」がメインクライアントのため、 この3つを中心によりリアルな業界の情報をお届けします!!

関連記事

目次

人気記事ランキング